見る専プロデューサー生活、始めました

2009-09-30

何か忘れてると思ったら

しまった、今日はSPのカタログ8号の日じゃないか…orz

今回はアイドラ絶対買うって決めてたのになんたる不覚w

(ウォレットがカラだったようです)




・その1、未来派P

この脳内をじわじわと甘い声で侵食される感覚…ッ!

クセになりすぎてたまりませぬなぁ。とかち以外の未来派先生作はあんま聞いたことないのですが、流石としか。うーん、電子ドラッグ




・その2、赤菱P

おおっ、この雰囲気はいいぞっ。

夏の青さ眩しい実写背景との親和性も……って、ここで終わりか!w

暫定版ながらこれは完成が待ち遠しくなったので。




・その3、ツークンP

これまた期待の新人さんか。

ステージパートのダンス選択に少し私好みではないところもありますが、真ソロのパートが面白い!このリズム合わせって新鮮だなー。

絵作りのセンスはかなりいいと思います。次も期待。




・その4、あんぴおP

とかなんとか書いてたらえれーテクニシャンな処女まで来ちゃった。

まぁ、見て貰えれば分かりますが、ズームさせたカメラワークとか抜き合成とか色々やっちゃってるわけですよ。

でもやはり白眉なのはダンスシンクロ。長回しすげぇと素直に思ってしまった。

なんかもう完成されてるなー…驚いた。




・その5、ぼうP

今日が誕生日だそうで。おめでとうございます!(あ、日付変わっちった)

やよいも祝ってくれていますが、その歌はバースデーソングなのかい…?w

ダンスシンクロが気持ちいいですね。




・その6、チラットP

メインとなる真と雪歩をノベマスなどで使われる立ち絵だけを使って描写。こういうのは静止画MADPV…とでも言うのでしょうか。面白い試み。

こうした雰囲気の曲だからこそ伝わる味わい。えらく見入ってしまいました。




・その7、ok3P

そんな餌に釣られクマー。


相変わらず仕事の早い北米版。

うさちゃんがまたたくましくなってる気がするんですが気のせいでしょうか?w

そして3人にフルボッコにされる黒井社長あわれw




・その8、ぷっつんP(企画支援CM)

おお、今やってるi pod nanoのCMそのままですな。さらりとこなしてますが、合成に手間かかってるんだろうなぁ…。

ところでこれ、肝心の「百合m@s」の内容に何1つ触れてないんですがwまぁいいかw




・その9、焼き肉P

ああ、ホントに始めてしまったのね、鋼-HAGANE-の架空戦記…w

「春香の挑戦」シリーズスピンオフ的な感じですが、制約が無い分ノリがスゴイことになってるwメタ発言に掛け合い漫才の連発だw

とは言え、ちゃんと鋼-HAGANE-のストーリーに乗っ取って話が展開されているので安心して見れますね。こちらも勿論続けて見ますよ〜。




・その10、P名無し

このなんとも気の抜けた「わっはっはー」はクセになるなぁ。

わっはっはー。




・その11、P名無し

…………標準モデ…ル…?


今日の処女は色々とおかしなのばっかりだなw

ダンスはガチとだけ言っておきましょう、うんw

2009-09-29

一段落

怒涛の大作・良作ラッシュも落ち着いたようですね。

リピート作品で引っかかりながらまったりと視聴。



・その1、スキップフロアP


SP素材で!

ベリーナイスジャンキー組合で!

問答無用で楽しい!!


うーわー、久しぶりのSPMADでのヒット作だわ。スリーベース級(細かいなw)

まさに祭りだワッショイ!キミも貴方様も自分もワッショイワッショイ!ってなノリとシンクロが本当に楽しい。

ああっ、私も体が踊り出すっ!


そしてデビュー1周年おめ!めでたいから踊るか!




・その2、ぎみっくP

ぎみっくPが2年の長きに渡り製作してきた真の単身赴任シリーズ。そのラストを飾る作品は…、なんとこの曲か!

私は全部見ていないので完結記念に(消えてしまったものもありますが)全部通し、或いは時系列順で見ておきます…。2年の長期に渡ったシリーズを締めくくるに相応しいキレイな作品でした!勿論、「最後まで」しっかり見させていただきました!




・その3、ぺろP

心に

どかんと

ド直球




・その4、いちじくP

岡田雪歩とは上手く言ったものだ。

固定アングルだけの繋ぎで雪歩のキレカワイさを存分に味わえるこの作りは嬉しい。

それにしても作詞作曲が豪華な面子だったんだな、この曲w




・その5、武蔵浦和P

この速度でじっくりと魅せるダンスシンクロ。たまりませんなぁ。

衣装の黒さとダンスのカッコよさで真の凛々しさも3割増し?




・その6、たろうP

L4UDLCが終わってもやっぱりたろうPは毎日楽しそうでしたとさw

上は秋の味覚の替え歌が、下は雪歩の避けっぷりがめっちゃワラタwww

下は過去最高レベルの避けられっぷりじゃないか?w




・その7、マスターボールP

中村先生?それとも春香先生?

どっちにしてもテンション上がってきたあああああ


あ、でも教師が刀持つってどうなの?w

「言うこと聞かない生徒はバッサリですよ、バッサリ!」




・その8、備前焼P(柊Pから改名)

おや、pixivユーザー名と統一したんですね。

小鳥さんを気遣う765プロのみんな。いいなぁ、ほっこりほんわか。

そしてPが残していったメッセージカードの中身がこれまたにんまりしちゃう。

癒された!




・その9、ポートP

1発限りのネタかと思ったらさらっと続いて、しかもむちゃくちゃ面白いってどういうこと!?wこれはヤバイ、ノベマス+愛ドットるマスター界に脅威の新人現る、だわw

もうね、仕込んだネタが豊富すぎてツッコミまくったあげく今度はちゃんと事件解決になってて、そっからまた二転三転して、最後はヤスキター!!なわけですよ(訳分からんw)最後までゲラゲラ笑いながら見てましたw

ずっとこのスタイルで続けるのかなぁ…。勿論続けて欲しいが大変そうではあるw

何にせよ、これは今から次回が待ち遠しい!




・その10、ましんめいかーP

なんなんだ、このテンポのと歯切れとノリのいいコントはw

ましんめいかーPの一連のシリーズでは一番好きかもw

そして伸ばす方法は何!?ねぇ!?ww




・その11、狡猾全裸富竹P

やだ、ちょっと………。

ネタかと思ったらむちゃくちゃガチじゃないの………。

どういうことなの………?


ガールズサイドになるとりっちゃんファミマ転職しちゃうのかーw

2009-09-28

新作ラッシュに溺れそうです

途中、完全に巡回が止まったりしてもうね。

連休中に一気に作業を進めたのか、みんな示し合わせたように良作出してくるんだもんなぁ…スルー出来ないよ。




・その1、赤ペンP

作り込み半端ないのが来たっ…!


ユニット解散後、国内活動とアメリカでの活動とに別れた春香と千早

時折、相手のことを思いながらもそれぞれの場所で自分の道を歩んでいく…。


イチから出直した千早は小さなライブハウスから。

国内での活動を引き継いだ春香はアリーナで大勢の観客を魅了。

この辺りの対比やアメリカでの千早の描写をしっかり入れてくる辺り、赤ペンPのぶれない軸が垣間見えるようです。

そして何と言っても隅々までしっかり作りこまれたスポーツ新聞!一時停止するとしっかり文章が読める(しかも2人とは関係ない部分までしっかりと)本物と見紛うかのようなクオリティ。半端ねぇ、半端ねぇよ赤ペン先生


ちょっとしたネタ要素からお得意の回想を用いた歌詞シンクロした心情表現まで。

文句のつけようのない心に染みるはるちは作品でした!最後、久しぶりに会った2人はどんな会話をしたのかなぁ…。




・その2、七夕P

新しい表現にチャレンジし続ける七夕Pの新作はこれまた凄かった。

PVリスペクト要素と曲からイメージされた七夕Pオリジナルの要素が融合して、また新たな映像表現に踏み込んでいる。元PVようつべなどにあったりするので、一度見ておくと更に味が深まりますよ。

それにしてもアダルトな洋楽と美希の組み合わせは最高だな!

アイドルで一番年長なのはあずささんだが、彼女ではLady Gagaのこの味を表現仕切れないのでは。まさに金髪美希ならでは。




・その3、木っ端っP

有無をも言わさぬすげぇ勢いだ。

これだけのパワーを持った千早とならどこまでだって飛べそうな気がする。そしてその原動力は勿論「歌の力」だ。

実写との融合シーンも相変わらずお見事でした。




・その4、ままかりP

白背景とそこを流れる思い出の風景の数々、懐かしい感じを受ける手書き風のフォント、そして雰囲気を壊さないスローなダンス…やばい、開始10秒で完全に持っていかれた。即マイリス。

おっホイされて損無し。律子ファンは今すぐ全員視聴せよ。




・その5、ヒデレックスP

Hey!!

Ho!!


問答無用のノリノリダンスとダイナミックな演出!

ロックの勢いを感じろ!そして乗れ!

思わず身体が踊り出す熱いステージをご堪能あれ。




・その6、櫻香P

うっぎゃああああああ、後半の破壊力が半端ねぇぇぇぇぇ!

はるるん可愛すぎるぅぅぅぅぅぅぅ…(落ち着け)




・その7、かりふらP

素材のハンデを感じさせないDSでのPVMAD。

普通のPVよりも小さくしたダンス画面とそれを補う字幕、そして後半に入ってくるシルエット…。こういうアイディアってどこから湧いてくるんだろうなー…。思わず見入ってしまった。

記憶にある限り初のDS素材でのPVマイリス入りです。参った。




・その8、マスターボールP

ニコマスの広告王ことturn-Kさんの誕生日を祝って。

生放送にはお邪魔できませんでしたが、改めましておめでとうございます(もう日付変わってますけど)


いやしかし、誕生日動画に記念生放送かぁ。

kinacoさんの時も思ったけど、ニコマス民の繋がりと団結力はスゴイ。




・その9、みそしるP

なんでこんなにおっホイ曲ばかりの構成なんだw…と思ったら貴方の仕業か!w

くそー、どれも無駄にいいPVだらけで負けたわw単品希望しちゃうよw




・その10、arrangerP

7章完結でようやく出せるようになったアレンジ曲と没曲、合計6曲が収められたサントラVol.2が来た!

どれもまさに職人芸、ボスの無茶な要求もその手腕で見事にこなし続けるarrangerPの名アレンジの数々を堪能せよ!


しかし、没予定曲は惜しいな…どこかで出番はないものだろうか…。



・その11、ベタ塗りP×やなぎP

名作ブレイカーwいや、確かにところどころのネタはひどかったりしますがw


そんなわけでカワイイ絵柄とは裏腹な?お2人の合作はセリフやネタの端々にニコマスネタを詰め込んだ大変楽しい紙芝居。凄く違和感のない合作ですね。

桃の世界ではどんな話があったのかなー、そこだけ気になるw


ああ、それにしてもみんなカワイイ。



・その12、ト・アルP

おおう、キリキリと胃の痛くなる会話だw

こりゃ双方が信頼関係を結べるようになるまではずっとこんな調子かも知れませんなぁ。伊織が律子を信頼出来るようになるのはいつの日か?そして律子も…。


ところでコメ、シャワーシーンだけむちゃくちゃ元気になるんじゃねーってw

バスローブ姿で我慢せぇ!w




・その13、メタチュウP

作曲の依頼相手はなんと…!?

そして語られる春香の過去と以前に見せた信念が形作られた事件…。

今回もまた重めな話ですが、それだけに続きが気になる。

次も一筋縄では行かなさそうですが、無事に終わって欲しい!




・その14、フュージョンP

5話目キター。そしてサムネの吸引力w


心当たりを巡ってはみたものの(一部寄り道アリw)だが断るを喰らい続けた春香さんのフュージョン相手は「多分この人しかいないんじゃないかなぁ…」と思った通りの人でしたが…


「そうきたかぁ〜〜〜!!」


くそっ、見事にやられたぜww




・その15、LCARS-P(企画支援動画)

シネ☆MAD2ndの時も思ったけど、428のOPってなんでこんなにカッコイイの。名曲すぎるわ。

しかしこの企画、包囲網敷かれること前提になってきてないか?w




・その16、ぐっさんP

ウマウマ〜♪

そしてループから抜け出せない〜〜w


−−−−−−


くっ、時間切れで765ピアが見れない!明日見る!

2009-09-27

なんか閣下作品多くね?

と巡回していて気付いた今日の新作。

なんだろう、記念日とかでもないのにこのシンクロ率の高さは一体w



・その1、カブキンP(音源はぐり〜んPのマッシュアップ

新たな愚民の聖地が今、ここに生まれた…!!


ぐり〜んPのマッシュアップに映像をプラスする、と言えばM.黒裏氏が真っ先に思い浮かびますが、なんとカブキンPがそれをやってくるとは!

照明舞う中、演壇で踊り歌う閣下の「跪いて!」には全力で平伏せざるを得ない!

党首であり広報でもある春閣下。ああ、なんとお勇ましい…。


そしてそれだけに非ず、


f:id:akuraiNSX:20090926211958j:image


十字架の墓が立ち並ぶシーンでこの奥にある柱(?)

閣下が消えたあとでアップにされる文字は【NICOM@S PV-MAD】【NICOM@S NOVELS M@STER】【NICOM@S DLC FESTIVAL】など…、その全てにつく【2007-2009】の数字。

最初、愚民の墓かと思っていたらこれはもしや埋もれていった作品達の墓なのか?

ギリギリ読み取れるラインにあるDLC祭りと2009で区切ったところが意味深…。


色々深読み出来そうですが、私は素直に上記のように受け取っておきましょう。




・その2、ゆみすP

間もなくデビュー1周年おめでとうございます。

初の全抜き作品にチャレンジということですが、そんなことは全く感じさせないこの出来は一体!?


f:id:akuraiNSX:20090926214730j:image


f:id:akuraiNSX:20090926214807j:image


太陽の暖かさ、森林の瑞々しさ、そして雪歩の優しい息使いまで肌に伝わってくるようなこの空気はもうなんと言ったらいいのやら。

色々なことに疲れて、癒しが欲しくなったら、この場所を訪れて。

そんなお誘いを雪歩から受けているかのようです。参った。




・その3、いろはP+dodoP

こりゃまた素晴らしい再現m@sterが来たもんだ!

サンレッドは見たことないのですが、


比較版を見たら一目瞭然。

というか、わざわざ現地ロケまで慣行したんですか!すげぇ!w


途中でちゃっかりガミP混ざってる…、が別に違和感ねぇwww

周りの衣装が衣装だからでしょうかw

そして字幕職人も来てくれた!これで川崎市の平和も安泰だ!?




・その4、むーくP

何事もチャレンジあるのみ!と春香さんが挑戦したのはシャンソンの名曲。

見事に歌い上げた春香さんに惜しみない拍手を。

ちょっと自分が過去にタイムスリップしてしまったかのような感覚、こんな雰囲気が味わえるのは嬉しい。


そしてこれを極短時間で仕上げてしまうむーくPパネェ




・その5、P名無し

普通「☆矢」でMADを考えると青銅5人になってしまうのですが、人数の多さと誕生日ネタを生かして黄金聖闘士で固めてくるとは!懐かしさでおじさんホイホイされちゃうよw

必殺技や場面再現もいいなー。これは上手かった。




・その6、たる吉P

シンプルだからこそ素性の良さが光る好例。

絵理の声質は雪歩にも合うんだなぁ、と再発見。

このダンスシンクロ、好きです。




・その7、たろうP

デビュー2周年&誕生日おめでとうございます!


実にキレイで安心出来る雪歩作品だ。DLC祭りの時はやはり別人がいるとしか…w

ラストにコミュシーンを持ってきて、それがまたいい締めになっているのは流石!




・その8、P名無し(qb氏)

楽しいのは今日から

楽しいのは今日まで

悲しいのは今日まで

悲しいのは今日から


ソロステージと雪歩(夢の女?)とのステージ。

2つの場面が表すものとは?

それを解く鍵は間奏部での言葉の羅列にあるのかも知れない…。




・その9、崖っP

定番の偽者ネタでOP乗っ取りとは流石です、閣下!

本家そのままの構成+アサミンゴスで笑わずにはいられないwこれは良い布教活動。




・その10、motaP

響のペットのハム蔵が主人公という一風変わった秋の紙芝居。

3話分に分けただけあってお話も面白そうです。果たして手紙の中身とは?そして無事届けることが出来るのか?気になる引きだなぁ。

何気に細かいところがアニメーションしてたりでそこも気になったりw




・その11、グリチルリチン酸ジカリウムP

これだけは言わねばなるまい。宣伝乙w


ようやっと他のアイドルの説明して現状を理解してもらえるかと思ったら、Pの身体にも誰か入ってること確定だと?これでは信じて貰えるハズもなく、真美がどんどん不憫になっていくw

そして相変わらずの下ネタの酷さであるw




・その12、罵りP

12月開催予定のイベント「i-Fest@!」

1枚の絵から想像を膨らませてみんなで異なるお話を考えちゃおう、という企画のサンプル動画が今日は3つ上がっていますが、その中から罵りPをチョイス。


「πタッチは格闘技。ちぃおぼえた。」


って、んなわけはるかぁー!!www

どうやったらあの絵からこうなるんだかwww




・その13、G様P

先日の新作で使った素材を使っての美希のお化粧講座。こういう工程を解説してくれる動画は非常に興味深いのです。作らないけど。

やっぱり地道な手作業なんですよね〜。愛と根気があれば100枚あったって怖くない?そして気になる次回の作品は…?




・その14、合作こく…ち?

!?


マジネタなんでしょうけど…。

えーと、色々と大丈夫か………?


そして匿名のハズなのに完全に正体バレバレなあの人w

隠す気ゼロとしか思えぬw

2009-09-26

ミュージカルなのか映画なのか

今日は著名なPの新作が続々と上がり「週マス激戦週間違いなし」との声が多く聞かれましたが、何はともあれまずはこの方の作品を見なければ始まらない。


・RidgerP


予告と進捗状況の報告を経てついに完成した-MA66-。

その中身は。



……


………


…………


……………。



驚嘆


前作で自作3Dステージの構築力が半端ないレベルになっていたことは分かっていましたが、まさかこれほどとは……。



f:id:akuraiNSX:20090926204858j:image


f:id:akuraiNSX:20090926204918j:image


f:id:akuraiNSX:20090926204940j:image


f:id:akuraiNSX:20090926204956j:image


f:id:akuraiNSX:20090926205012j:image


持ち前のダンスシンクロの素晴らしさに加えてこんな映像美がついてきちゃうんだぜ?もう無敵とか神とかも超越してしまった気がする。

勿論、エンドロールにあるような協力者の皆さんのご助力あってのことでしょうが(And You!はお約束とは言え「何もしてません!」って言いたくなっちゃいますねw)、それにしたってこんなクオリティを誰もが作れるわけでもない。


映画館で大傑作映画をスクリーンで鑑賞したのか、はたまた大劇場で生のミュージカルを堪能したのか。視聴後にはそんな印象さえ残るこの最強のMA。また1つ、ニコマス史に残る傑作の誕生と言えそうですね。

劇場なら間違いなくスタンディングオベーション級だよなぁ…。



この上で更にカブキンP、ゆみすPらの新作も見れるとは!

嬉しすぎて今日はパソコンから離れられない!!

縮小更新で

2時間で済むだろうと思っていたら、3時間以上経過していたでござるの巻。

多分、見た方にはなんのことだか分かるとは思いますがw


そんなわけでまともな巡回しとりませんので目についたのだけパパッと。



・その1、てつこP

処女作、「Kosmos,Cosmos×スペースハリアー by雪歩」のヒットが記憶に新しいてつこPの新作は期待通り?のセガ懐ゲーマッシュアップ

今回もまたマッシュアップと映像、両方の面でいい仕事してます。

あえて変えてないキーが逆にいいと思いませんか?


壁(苦笑)にぶつかってクラッシュやゴールにさり気なく混ざる美希と千早、更にはランキングや金曜ロードショーまで!?

ガチとネタを適度に織り交ぜたおっさんにはたまらない懐ゲーワールドを堪能させていただきました。次はやっぱりアフターバーナーかなぁ?w




・その2、G様P

カッコエエ!!

動画イメージは投コメの通り。それを実現させるために注ぎ込まれる技術力。

特に入れなくても問題ない分かりやすい死亡フラグまで入れちゃう辺り、派手な演出だけに捉われてないなぁ、というのが感じられて。こういうところも好きです、G様P。


相変わらずのキラキラはやっぱり見る人選んじゃうのかな?でもやっぱり大勢の人に見て欲しいぜ。




・その3、安息香P

マクロスFだけにFランク営業ってか。やかましいわ。


などと1人ボケツッコミはさておき、7色ニンジンフレームと背景だけでもやよい大勝利って感じがしますわw

宇宙人をホイミスライムで表現(しかも7色)というのも面白かったw

そしてお約束のループで抜け出せなくなる罠。




・その4、19P

ダンス、リップ、表情。

全てのシンクロ率が高すぎる。

曲の良さまで丁寧に味わえる良作。




・その5、P名無し

開始からしばらく薄暗い部屋の中でしっとりと踊り歌う千早

ミドルとロングカメラ続きだし、そろそろアップも欲しいな〜…、と思ったところへ突然のステージ意向。このタイミングと変える衣装が目にも鮮やかな白。

これだけでも掴まれるが、更に別のステージ、私服、そして振り向きまた前を向くと最初の部屋へと戻る…、という構成がこれもまたいい。

初MADPVなのだろうか。だとしたらスゴイなぁ。




・その6、R(略)P

にゃんにゃんするのは某Uの字なPだけかと思っていたのに…何やってるんですか…。


にゃんにゃーん

にゃんにゃーん




・その7、0904P合作「すとっか」Cチーム

本格推理物に挑戦したCチーム。そのボリュームは「すとっか」中最大級!

まぁ、冒頭のつぶやきはこれのことなんですけどねw


オーディション会場で起きた殺人未遂事件。その真相を暴くのは果たして…!?


逆転裁判」シリーズリスペクト要素も含むだけあって、少し強引?なところも目につきましたが、どんでん返しをきっちり決めてくれたり、春香さんが活躍したり、事件現場にいない事務所組アイドルたちの出番もきっちり作ってくれたりと、推理以外にも娯楽作品としてもきっちり楽しめるものに仕上がっていました。

あ、でも解決編のSE連打はちょっとうるさく感じてしまったかも知れないw

難しいテーマでの挑戦、お疲れ様でした!


そんなわけでEDまで無事完走。

製作チームの皆さん、ホントお疲れ様です!

そして全部見た貴方もGJ




・その8、はじめP

ドリクラからの発想がこんな形で動画にされるとは…ッ!!

けしからん、これは延長お願いするべき。

2009-09-25

今日の紹介分

・その1、R2P

マクロスプラス」のあの曲とメカ千早の組み合わせ…!

確かにこれはシャロン・アップルを彷彿とさせるが……ッ!!

千早のため」から徐々に自分の自我を得て千早を飲み込もうとするこの歪んだ意思、予想は出来てもいざ演出として目にすると頭を殴られたような衝撃がある…ッ!!

前半との感情の落差があるだけに余計にガツンときますな!いや、お見事。




・その2、ねーよwwwP

デートの日が待ちきれなくてそわそわしちゃう春香さん。うーん、乙女だね!

カレンダーの印が増えてく度になんだかこっちもそわそわしちゃう?

カワイイカット満載でとっても素敵です!




・その3、R(略)P

ラフタイム祭りでは珍しい?野外の明るさではなく、星空の下のほのかな明かりを身にまとったステージ。

指を下ろす動作を印象的に見せたり、別々のカットの千早を合成して1つにしていったりなど目を引く演出も抜かりなし。




・その4、けだるいP

色を失くした世界で彼女たちは何を思って語り、踊り、うつむき、涙するのか。

人目を大きく惹きつけることはないかも知れないが、評価したい一品。




・その5、?P

シンプルであるがゆえに、曲、ステージ、衣装、そしてダンスシンクロ。

これらの組み合わせの妙技が映える。良作。




・その6、ぼうP

雪歩が爽やかなお目覚めをお届けします。

朝イチに見て挨拶したくなる動画ですな〜。

「今日もおはよう、雪歩」




・その7、eijiP

タイトルにホイホイされて。

それほど激しくないゆったり目のダンスが嬉しいですなぁ。画像を見て懐かしさに浸ったりするなども。

…そうか、幽白もおっホイタグがつくのか……。




・その8、れしあP

SPならではの背景パネルの有効活用だなぁ。

ミクの歌声もどことなく緩くていいw


やよいさん、それギターソロ違いますから!w




・その9、フュージョンP

おおお、アイドルフュージョンしちゃうシリーズの人の単発だ。

ジョジョ5部のアバッキオ達とジョジョの初対面のシーンを再現したやつですが…、ということは当然アレがあるわけでして…。

タグの「ちは茶」が全てを表しておりますw


あとやっぱり合成で笑うwww特に今回はジョジョ服と髪型だから余計にw




・その10、0904P合作「すとっか」Bチーム

ドッと疲れましたw

タイトル通りの物凄いカオスっぷりで無茶振り、投げっぱオンパレードw

それでいて最後にホッと一息ついた…と思ったら解決策がアレだもんなぁwww

小鳥さんの妄想力には生半可なことでは対応出来ないとはいえ、見てるこっちも逃げ出したくなるわwwww


どこら辺まで会議してこういう内容になったのか(或いは最初から好き放題やる方針だったのか)は知りませんが、見るほうはかなり疲労しましたw

というわけで残るCチームとEDは明日以降に…w




・その11、CAPRIP

DSにはデモ画面がないそうなので作ってみたということですが…。

何と言う公式クオリティwこれはそのままゲームで流しても違和感ないかも知れないw

2009-09-24

連休最後は新作ラッシュ

ちょっと数が多くてどうしたものか…。

ゆっくり見ながら更新。



・その1、ともきP

連休中に間に合ったああああああ!バンザーイ!!


あずささんの婚約者が出てきましたが、こいつうっぜえええええええ!w

しかも無駄にグラ多いし!どんだけ手間掛けてるんですかw


しっかしまぁ、あらゆる要素が完璧すぎますな。

原作イベントのストーリーへの組み込み、移動のワンクッション、サイコロック完全再現、フラグの積み上げ方等等。ホントにタダで見せてもらっていいのか、って感じですよ。

そして次回の法廷パートからはついにあの人が登場!「最も優秀な一番弟子」を相手にして春香はあずささんの無罪を勝ち取ることが出来るのか!?そして気になるやりとりは!?




・その2、ヨナP

ヨナPの架空戦記の続きもきてれぅ〜〜。


ああ、傭兵生活でりっちゃんがキャラ崩壊していく…w

掛け声やら魔改造やら、普段のりっちゃんからは想像もつかんような壊れ具合だwそれがまた楽しい!w


そして何やら話は不穏な空気が。一体何が起こるっていうんです?




・その3、b.o.sP

b.o.s.P、6ヶ月以上ぶりの新作ですか!しかも伊織!

パステル調になったステージと明るさを増した色調の調和がヤバイ。このPOPな空間はじんわりと心を癒すような味付けだなぁ。


間奏、あえてのアップカメラに口パク付きは狙ったものなのでしょうか?




・その4、No.0P

カメラワークやべぇ。アップカットの入り方も印象に残るし、スローや被写界深度調整も効果的に使ってるなぁ。ステージMADのお手本のような作品。

何より爽やかなのがいいですな!GJ!




・その5、harry.P

フレームとか星パーティクルとか背景とか。

色々あるけど最終的にはやよいかわいいよやよいで全て表せると思うんだ。

ぎゅってしたくなる。




・その6、ふらうP

もいっちょやよいソロ。

こちらはエフェクトバリバリの本格的PV風味ですな。


右へ左へ、奥へ前へと繋いでいくカメラの動きもリズミカルで楽しい。

こっちはまさに「女優」といった赴きですね。




・その7、rumbaP

5分20秒の衝撃。

全くだれることなく最後まで突き抜けてしまった。

緩急自在、リズムの魔術師

rumbaP恐るべし。




・その8、音P

亜美真美からプロデューサーの兄(C)姉(C)へ感謝の歌を。

引退しても、また会えるから。一緒に遊べるから。

次に会う日まで、「またね」。




・その9、農民プーP

出だしでネタ動画かと思ったら中身のCoolなカッコよさに2重の意味で吹いた。

次々に切り替わるカットがたまらん。センス炸裂しすぎ。




・その10、P名無し

………こうして絵にされると、改めてMSでリクエストした人の慧眼に恐れ入るしかない。まさに貴音のために用意されたかのような歌じゃないか…。

黒井社長やPのセリフをいいところで入れてきている辺りも泣かす。




・その11、メタチュウP

前回の春香さんの奇行(苦笑)は辛くて見ていられませんでしたが、ここで逆転ホームランをかますのが王道と言うものだ!

というわけで見事に奇跡を起こした春香さん。ちゃっかりおねだりまでしちゃってまぁwヒロインの名に相応しい活躍ぶりでしたね。

しかし今回の件ではPはほとんど何もしてないなぁw

二人三脚で支え合っていくためにも…ですかね。




・その12、悪魔の耳P

おお、「FB」久しぶりの続編が来ましたな。


画面下のL4Uチックなアレを押すとSEがなったりガヤ音声が入ったりしてるwおもろいwちゃっかりライダーネタまで入ってるしw

この意味不明さがいかにも「ファイアボール」だなぁw




・その13、ンモーP

ンモー、ブログ5万アクセス突破記念にまたこういうの作るーw


しかしどれも上手い短歌だw

ちょっと身につまされるのから「それはあかんやろw」まで取り揃えられる辺りは流石小鳥さんw




・その14、animebrass氏

タイトルだけ見て爆弾ドアとかエスコンMADとかそっち方面のドカーンボカーンなやつかと思ったら…


(ノД`) ゆるっ


こっちの方面でしたかw

このゆるさ、たまんないわぁw




・その15、玉葱P

早い!早いよ、玉葱Pさん!w


千早ホットスポットが音符というのはいいですなー。

お尻ふりふりする亜美真美もカワイイw




・その16、ひびきP

(満面の笑みで)

うん、それ無理♪」


耐えられるかっつのwww




・その17、Not-Sixx氏

カオスwwwwwwwwwwww


だが合成や編集(音いじりも当然含む)の上手さはガチムチ、じゃなかったガチw




・その18、どろっP

はいはい、サ特余サ特余ww

仕事早い上に3人分てwwww

2009-09-23

今日のご紹介

・その1、まこTP

曲選択:完璧

ねんぷち:かわいい

ストーリー:まこTPのアイマスの歴史(アケ→箱○→SP)

撮影:半端ない努力


あはははははは、完全にやられましたわ。

お手上げ。

降参。

参りました。


更にブログでのご本人からの詳細な解説付きとあってはもう何も申すことはございません。

ただただ、賛辞の言葉を。




・その2、0904P合作企画【すとっか】

何故か千早の中に伊織の精神だけが入ってしまい、奇妙な同棲生活が始まってしまうという物語。


友情、恋愛、お色気、SF、様々な要素が詰まったこのストーリーを、よくぞここまで見事に調和の取れた良質の合作として作り上げたものだ!スゴイ!

リレー形式の合作ノベマスでここまで各動画間の違和感を解消出来たものはそうはないであろう。とにかく全員クオリティ高い!これは相当会議を重ねたんだろうなぁ…。


5分くらいの後日談が欲しくなってしまうラストでした。

とはいえ、ラストの絵が全てを表していますけどね。

PV班もイラスト班もいい仕事してくれています。気合の入った合作ありがとう!




・その3、めいろっくP

眩しい。

この動画は眩しくてとても素敵で。

言葉にならないよ。




・その4、おかおP

おお!?バッシュがリズミカルにステップ踏んでる!

これはCMか何かの素材なのかなー。だとしたらいいのを見つけてきたものだ。

(当然自作ならもっとスゴイ)


自作ステージもカッコイイなぁ。

締めのふわふわと漂って集合してくるテロップもナイスですな!




・その5、卓球P

もはや説明不要のノリの良さである。

シンプルと言えばシンプルかも知れないが、それだけでこのノリは生まれてこない。カメラワークも繋ぎ方も実に手慣れたものですなぁ。




・その6、納豆之介P

色々な演出方法が詰まっていて楽しいなぁ。

ステージ、モニター、シルエット、白背景、実写画像融合…。色々あってちょっと詰め込みすぎなようにも感じなくはないですが、なかなか凝った作りですね。

曲の雰囲気との合わせ方もよろし。




・その7、ikd氏

先日11作連続投稿した方の新作。

シンプルなステージPVですが、力強く訴えかけてくるような魅力がある。

フルでじっくりと堪能しちゃいました。特に間奏のダンスシンクロがいい。




・その8、(・A・)P

おおお、最新作にリアルタイムでコメント出来るこの喜び!


インターミッションだし、次の目標と設定説明かな〜、と思ってたら…。

そうか、そういうことか…。いや、どことなく違和感はありましたが。

だとするとこれは今回明かされたことを踏まえつつ、もう1回最初から見てこなきゃいけないということか!?

なんという繰り返し視聴推奨作品。いやー、(・A・)Pは狡猾だな!w


プロデューサー、カッコ良すぎですよ。ホント。




・その9、なかにP

回想の時まで高性能だったwこの春香さんは何かを超越しとるww


そして現在。Pと触れ合うことで春香さんの心情が揺れ動き続けてるのがたまりませんなぁ。このまま一緒に…というのと、言うことはちゃんと聞いたほうが…という気持ちがせめぎあってる…。

そして最後にあの人登場。そういう役回りで出してきましたか!




・その10、しおたP

一言一言が。

胸の奥に突き刺さるような。

最後のセリフ…。




・その11、テンπP

あずささんに妹属性+幼馴染属性を付加するとこんなことになるのかw

でもなんだかんだ言っておきながら面倒見のいいお兄ちゃんPなのであったw


BGMは予想がついてたのでスルーですよ?




・その12、cyanP(シネ☆MAD宣伝)

週刊宣伝きたああああああああ

そして相変わらずカオスで宣伝になってねええええええええええwwwww


いやもうツッコミコメント打つのに疲れるんですけどw

2009-09-21

静かな連休

皆さんお出かけ中なのか再生数もさほど回ってはいないようで。



・その1、ぐっさんP

ピッチ変更で伊織の声に近づけて、なおかつグッドスリープパジャマでこの曲ってもはや反則に近くありませんか!?

2828が止まらないこの破壊力。恐るべし…。




・その2、keykeiP+牛乳P(企画OP動画)

0904P合作ノベマス企画【ストーリー・カーニバル】が開幕!

本日の作品はもう来ておりますが、とりあえず私はゆっくりとコメントが増えたころに見に行こうかな…。それにしても実にNiceなOPです。

イラストは「闇鍋PARTY 3rd」でデビューしたあの牛乳Pのようですよ〜。


この動画と大百科の項目からリンクを貼ってくれてるようなので、どちらかを拠点としておくのが吉かな。




・その3、エムP

まぁ、こういうのは普段あんまり言わないんですが。



f:id:akuraiNSX:20090921221055j:image


f:id:akuraiNSX:20090921221121j:image


f:id:akuraiNSX:20090921221149j:image


f:id:akuraiNSX:20090921221217j:image


地味なサムネ画像と内容の手間のかかり具合が全く釣り合ってないですからこれ!

今はちょっと埋もれてますが、見れば分かるこの作り込み。

正直、ダンスの選択とかに私の好みとはちょいずれてるところもあるのですが、もうそんなのどうでもいいや。もっと見られるべき。




・その4、てってってーP

ノーマルPVのようでいて、ノーマルPVに非ず、といったところでしょうか。

やっぱり魅せ方にこだわる人がこだわるとここまでの物が出来上がっちゃうんですね…見惚れる。




・その5、ジムスキーP

相変わらず上手さとネタのはじけ具合が核融合しまくってる方やでぇw


ついに勇者王まで持ち出してきましたか…ああ、これは見事な萌死っぷりだ…w

で、これどっちが本編なんでしょうか?w




・その6、ニット帽P

リッチャンハオンガクデスヨ


…………うわー、これはクセになるわー…。

エスニックな感じがたまんねー。




・その7、umahome氏

メロディと歌詞を入れ替えた簡単なマッシュアップですが、ちょっとしたネタ入り。さて、どこに入ってるか分かるかな?




・その8、ズブロカP

芸術的センスのない私では理解しきれるわけもないが。

どういう発想を経てこの作品が出来上がったのか、気になってしょうがない。

不思議な世界だ…。




・その9、にわP

気付くの&見るのが遅れてましたがあえて載せます。

にわPの【iM@sShortFestival】3rd参加作。お題はおそらく「箱」?


「あれ?にわP作品なのにこんな短いの?」と思ったあなた、正解。

あえて長さは申しませんが…まぁ、そういうことです。


千早派+にわPファンの私にとってはまさにご褒美とも言える内容。

プロデューサーの側にいることでだんだんと変化していく千早が…うん、たまんないなぁ。内容に酔いつつも2828しっぱなしでした。




・その10、玉葱P

雪歩カーソルを作った玉葱Pが今度は伊織カーソルを作ってくれましたよ〜〜…

って、光りすぎだコレー!?(ガビーン!!)

いやまぁ、確かにその発想はうんたらかんたらw




・その11、P名無し

線画アニメーションの絵がサムネでは視聴者を引き付け辛い→ほめ春香さんにホイホイしてもらうか。

全くもって正しい発想だと思いますw


そんなわけで中身は「テイルズ〜」シリーズのどれか(すんません、最近のゲーム全く分からんもんでw)をベースにした手描きアニメーション

まだ未完成品ながらこれは色付き完成版を期待せずにはおれませんなぁ。

2009-09-20

みてれぅさんすげぇ。

リフレッシュ工事を経て「ダイナミックシンジケーション(DS)」へと生まれ変わった「みてれぅチャンネルDS」さんがまたやってくれたw

東方ボカロ専用トップページにタグチャンネルの増加、各動画のタグリスト表示、更にはレビューページを調べる際には動いて別枠表示までw

どんだけパワーアップしたら気が済むのかw

恐るべし、みてれぅさん。


…ホンマ頭上がらんよなぁw


あ、今日の紹介です。


・その1、少年P

辛く、厳しい再デビューの道。

挫折も屈辱も味わって。それでもなお折れない2人を支えるものとは。


「オーディション合格」の文字が見えた時。

自然と出てきたガッツポーズ。

これこそが、私の偽らざる感想と言えよう。


下半期20選用マイリス直行!




・その2、お茶P

アイドルとしての時間が刻まれていく中で。

ふと弱気になり歩みを止めてしまっても。

何事もなかったかのように振り向いて笑顔を見せる春香さんがたまらなく愛しい。


そしてまた、動き出す時間。

たった一言。

それだけで、春香さんはまた前へ踏み出せる。




・その3、夕叢P

どこか不思議で、どこか違う。

そんな原色のステージで踊るオールスターダンスはくるくると立ち位置が変わったりして実に面白い!

カメラワークも勢いあってナイスですよ!




・その4、かおらP

美希を正面から捉え続けるカメラが魅力の虜となった男の目線のようでたまらないなぁ。

強気な女性側から見た背後の意訳詞、英語字幕の面白さ、実写背景。

そして最後は字幕も消えてマリアの絵と美希だけを写す。


いい。これはたまらん。




・その5、いちじょーP

リミックスの混ざり具合がまだ未完成?それとも「edge」側の強さはこれが想定通りなのだろうか。

テスト版だからと言って見逃すなかれ。映像、かなりいいです。

両方ともまだ一手間加えるのかなぁ。楽しみ。




・その6、a-eruP

………なんだこの曲w

いやまぁ、ネタ成分だったりステージがいい出来だったり曲の面白さだったりと色々あるのですが。


オチで全部持ってかれたwww




・その7、P名無し

サムネホイホイに見事引っかかって見てみたら…w何たるヒドいゲームだこれはw

選択肢に対する会話があらゆる意味で病気だw


…って、後半そういう話に持ってっちゃうの!?

うわ、よく見たら作者コメでエラいネタバレしてる!w

これはやられたわーwww




・その8、PNP

流石に逆転はなかったですね。

粘りましたがそのまま決着の形で。

相手が相手だけに上手く話を筋道立てて進めるには難しかったでしょうが、特に気になるところもありませんでしたよ。

まぁ、将棋初級者ですけどもw


みきいおはやっぱいいなぁ。



・その9、P名無し

「ギターソロ、カモーン!」全員分と一緒になんだかおかしかわいいアイドル達をお届け。豆タンクとか1→2→3→とか笑えるネタが楽しいw




・その10、しおP(0712デビューPの皆さんへお知らせ)

お、今年もやるんですかー「しわっす!」

………で、何やるかまだ決まってないからって、IRCチャンネルでの会議のお知らせ動画作るってどういうことですかw

まぁ、今年も12月は楽しくなることでしょう。多分w



・その11、にぎりがくさいP

ほうとうの具Pが連載している架空戦記「アイドルたちのオウガバトル」。その支援作品になります。

劇場版と銘打ってるだけあって、「オウガバトル」ではなく、「タクティクスオウガ」のシステムで一章の終わりを再構築した物語になっているのですが…。


まず言っておきますと、私は「アイドルたちのオウガバトル」それ自体の存在は知っていてもまだ見たことはありません。「オウガバトル」自体をやったことがないためと(そのくせ「タクティクスオウガ」はプレイしているという不思議w)、単純に時間がないためなんですが…。


それでも言わせてくれ。


(ノД`) 今すぐ見ないと損するぞコンチクショウ


これもう支援とかそういう幅超えてるわ…。

にぎりがくさいPの凄さが存分に味わえるこの逸品。

もうネタバレとかあまり気にしなくていいから見ろって!マジで!

多分これ見たら「オウガバトル」本編のほうも気になっちゃうから!

1つの謎が紐解かれた時、そこにあったものは。

・ておくれP

【魔を統べる者編】、ここに完結。


そして終章【第八章】は12月開始予定。



……………………………ネタバレできん。



とにかく今すぐ。

今すぐに見に行くんだ。



続きを読む

今日の紹介分

・その1、バロンP&ベルナール・リヨ3世さん(企画宣伝CM)

【百合m@s108式】公式CM第1弾はバロンPとリヨさんから。

この後も続々とCMを投入していく予定のようです。

ニコニコでの開催期間は11/13〜11/15の3日間ですよ〜。




・その2、ままかりP

うん、これは良い雰囲気だ。

連続切り替えも小気味良いしダンスシンクロもばっちり。

安心して最後まで味わえる。




・その3、ぐっさんP

なんと激しいロックなファミマ十勝店w

そして画面も激しい!この店はレジに行く前に酔っちゃいそうだわw




・その4、椅子P

むお、今度はサンホラ作品ですか。決まった型がないのかこの方は…。

淡い光の加減とダンスの選択がなんともたまらん。時折入る印象的なカットで更に作品全体が引き締まる。




・その5、うこんちゃP

過去作リメイク

背景とか設定とか、そういうものは分からなくてもカッコイイならそれでいいと思う。演出とエフェクトの強化が嬉しい。




・その6、えいぷP

亜美真美がメインですが、他のねんぷちも出演してますよ〜。

ねんぷちはどこに置いても絵になるなぁ…。わたしゃ特に真美の顔がお気に入りなので「連れてきてくれてありがと→♪」ってな感じの真美の声が聞こえてくるようでたまりませぬ。

ラストの亜美真美の写真はたまらん!




・その7、thumbP

『First Stage』のリミックスは最近では珍しいですね。

プログレッシブハウス」がどういうものを指すのか分からないほどの音楽知識のない私ですが、これはよい。ヘッドホンでじっくり堪能したくなる味わい。




・その8、明音(代理)P

注意標識と禁止標識ばっかりw

ぷちどると付き合うには気をつけなきゃいけないことばかりなんですねw


それにしてもちひゃー標識がヒドイw




・その9、焼き肉P

「鋼-HAGANE-」むずっ!!これは骨の折れるソフトでしたなぁw

現実戦記のため更新ペースが大幅に落ちるそうですが、今までが相当早かったのでここらで休憩とってもみんな文句など言いませんよ。

更新再開、楽しみにしてますね〜。


今回のおまけはいおりん。舞台裏はいい話が続くなぁ。




・その10、井川KP

没ネタ集と後日談以外はフルボイスとかwホンマエンターテイナーですのぅw

嘘Part1祭りにも参加されるようですが、全部作れるのかな?ちょっと心配w


最後の最後までお約束を外さないKPの姿勢が大好きですw




・その11、週マス編集部(くたーP)

普段は貼らない週マスを貼るということはいつもと違うからなわけで。


腹抱えて笑いましたwwwww

なんという感染力なんだ【Tam@home】www

2009-09-19

久々に画像抜きしまくりたい動画に出会った

・みゆりP


だからね。

わたしゃね。

こういうのに弱いんですって。



もうツボった映像バンバン抜いちゃいますよ?

見てない人はまだ開かないで。

動画を見てから開くのじゃ!


続きを読む

遅くなりましたが本日分

・その1、タケミツP

問答無用でぐりぐり動いて楽しいのである。

この選曲の独特なところもタケミツPの持ち味。

なんて言うか理屈のいらない人である。


今回も楽しかったぜセンキュウ!!




・その2、Janpro合作(アワビP×シロP×むびょーちゃんP)

0901Pプチ合作企画第3弾はMMDを使った春香さんの日記帳

しっとりとしたメロディーに載せて綴られる春香さんのPに向けた片思いが日記帳に記されるたびにちょっとしんみりきてしまう…。

またいつか、一緒に歩めることを願って。今はそっと、思い出をしまって追いましょう…。


ところで、スタッフロールにあれはどうなんですかw

せっかくの雰囲気がw

そして次回担当者がこれまたクセが強い!コラーゲンP×手品師P×44APですと!?どんな合作になるのか正直想像がつきませぬ。




・その3、P名無し

のぅわ、これはやべぇ。やばい楽しさだ。

冒頭の真と真美の切り替えから始まり、ルーレットからのキャラ替え、更に3人増えてトドメのモノクロ&スロー。

ダンスシンクロの上手さも見逃せない良作。

こんな作品がポッと現れるからPVは面白い。




・その4、JAYP

仮面ライダー剣ブレイド)を見てたもんにとってはたまらんですねこれw

真=ブレイド、伊織=カリス、あずさ=ギャレン、美希=レンゲルブレイドの世界を巧みに表現しております。

フォームチェンジも衣装で分かりやすくなってますな〜。お見事。

しかし、あずささんのジャックフォームは分かっててもクスリとくるなw




・その5、シュコウ氏

導入部のあずささんといい、朝焼けからの衣装チェンジといい、間奏のダンス選択といい、PVのセンスもあるのになー。

「次回作→宇宙が一巡したら」ってもったいなさすぎません?w

いや、そりゃカビラロイドは楽しいですけどもw




・その6、きゃのんP

菊地真、22歳。

オトナのオンナへ。


なんとなくそんな言葉が出てきてしまうきゃのんPのブレなさなのである。


いや、でもこの真って16に見えなくね?




・その7、合作企画告知CM

おいおいおい、なんかデカイプロジェクト来たぞ。


匿名P集団による5作連続メドレー合作が10月、ニコマスを席巻する!?

その内容とは……


(引用)

【10月公開作品 タイトル紹介】

10/02  MASTER SPECIAL・メドレー

10/09  MASTER ARTIST・メドレー

10/16  ドラゴンクエスト・メドレー

10/23  ファイナルファンタジー・メドレー

10/30  ?????

(ここまで)


そしてCMの内容。

これは期待するなと言うほうが無理だわ。

今からwktkが止まらねぇ…。




・その8、潟D

うてにゃんさんのところから。

現在開催中の【DxMfestival】参加作品です。

DxMのことはあまりよく知らないのですが、カメラワークもいいし基本カワイイ系な振り付けの多いDxMモーションでバリバリロックなこの曲を踊りこなしています。カッチョよかった。




・その9、もう、ダメP

おそらく見た人の8割ぐらいは思ったであろう言葉。


「もう、ダメPがこんなことする人だったなんて…っ!」


ホント、どうしてこうなったwwww




・その10、ハイドP

カワイイんだけどノドが乾く歌だなぁw


と思ってたらやっぱりw

そこまでしてカピカピのパンが食べたいか!w

なんとなくほっこりしちゃう作品でした。


元ネタがちゃんとあるんですねー…、っておよそ2時間半のジェバンニ作品かい!w仕事早いですなぁ…。




・その11、グリチルリチン酸ジカリウムP

なんというまっすぐさんいじめ。

もうツッコミ追いつかねぇよwww

2009-09-17

祝・DS発売

それはそれとして(未だDS持ってない…)動画紹介。

今日はPV成分の日。



・その1、フランP

…………はふぅ。

やられたわー………


青春時代の恋人との甘い思い出を演じてくれる春香さんが死ぬほどカワイイのです。

胸に染み入るこの感じ、少しノスタルジックな思いに浸ってしまうと言いますか………、実に「雰囲気に酔える」作品。

たまにこういうのを見せ付けられるとおっさんはたまらんのですよ。




・その2、R(略)P

これはいい!微妙な緩急とノリのいいリズムがぐさりとハマる高速m@ster。

ステージとタキシードの組み合わせもさることながら、全編ロングカメラのみで押し通しそれがリズミカルに踊る3人を始終映し続けるというのがこの上ない気持ち良さを生み出してます。

アップを使わないという選択肢がこれほど面白いとは。




・その3、わるつP

春香さんが素敵すぎて2828しっぱなしなんですがどうしたらいいでしょう。




・その4、友P

ぶっふぉおおおおおおお!!!!

やべぇぇぇぇぇぇぇぇカワイすぎるぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!


いかんいかん、テンション上がりまくってしまったw

しかし、このテンションの上がりようは見れば納得というもの。

絵理モデルはもはや完成形と言ってもよく。PVの出来も半端じゃなくスゴイ。

流石は友Pやでぇ…恐れ入りました。




・その5、MIP

翼Pに続きMIPもRidgerPリスペクト作で!

演出とかカット割りとか、そういう専門的なことはRidgerPフリークなあの方やらあの方におまかせするとして。

後半のMIP独自の演出も入った怒涛の映像美に圧倒された。見るべし見るべし見るべし(大事なことなので3回言いました)




・その6、マスターボールP

目に痛いほどの大胆な色調変化が刺激的なアクセント。

ダンスシンクロも流石に手馴れたもの……なんですが、誰だ「MBPは発作的に綺麗になるな」ってコメしたやつwそういう作品じゃないのに笑っちまったじゃねーかw

歌詞職人もGJですよ〜。




・その7、ikd氏

昨日の夜から明け方にかけて、コツコツ作ってきた11作を連続投稿。

11作と言うことは勿論アイドル11人で1人1作、しかもステージと衣装も全て揃えて製作という作者の気合の入れようが伝わってきます。

そんな中から雪歩が演じるこちらをチョイス。

出だしのスローがやはりパッと目を惹かれますし、雰囲気も好き。

律子の作品もオススメですが、8分と長い作品なのであえてこちらで。




・その8、765_16P

早速来てますねー。Tシャツの柄をエディットで………って、コラw


しかしカメラとモーションとか「これホントにDS?」って感じが…。

シャニスマ歌えたりキュンキュンメガネがあったり髪も揺れたりで、SPの立場ないじゃんとか思うんですががががw




・その9、小町P

『i』の65人大合唱で【歌ってみm@ster2】も無事閉幕!

参加された140組以上の皆さん、お疲れ様でした!

小町Pも編集&全員集合ステージ製作お疲れ様です!




・その10、藪柑子P(合作宣伝CM)

0903P合作の概要が分かったのでご紹介。

どうやら1作ではなく複数本のまとめ動画形式になるようですね。

うちでも何度かご紹介してる方も含まれており楽しみな合作です。

2009-09-16

あっさり目更新

・その1、どろっP

どろっPの突発企画、「選挙m@ster」の結果発表が来てますよ〜〜〜。

1位はまぁ、当然予想通りのあの政党だったわけですが…ガミP票集めすぎだろwwwあとやよいさん自重せぇwww


(ひそかにバンナム党に1票入れてたなんて言えない…)




・その2、ayakanP(仮名)

ぐいぐいと勢いよく押しまくる5人ステージ!

キラメキラリそのままというだけあってシンクロ面では甘いところもありますが、そんなものはどうでもよし!激しく楽しく動く高校生組を見ているだけで心が躍ります。

おまけに手描きもこなしてしまうとは!ayakanP(仮名)の手先の器用さは多人数合成だけではないということか…。恐るべし。




・その3、爺さんP

カタログ最終号を迎えた箱版DLCを振り返る…のですが、画像とか替え歌とかヒドイw

でも曲のせいか、何故かしんみりきちゃうんですよね。


つーか、最後は「ありがとう」で締めないのかw

バンナムも私達も変態だよねーw




・その4、目が根っこP

オチ担当:K.O


ダメだこの人、早くなんとかしないと…w




・その5、Spy_108氏

お、マイリストの人ことスパイ108号さんが【Loc@lM@ster】にフライング参加ですか。


いやはや、ホントに何でもありますなぁニコマスはw

流石マイリス神の異名をとるだけあって参考資料も豊富だw




・その6、お茶P

0901Pのプチ合作企画「JanPro」。第3弾は9/18公開予定。

むびょーちゃんP、アワビP、シロPの3名が担当だそうですよ。




・その7、なかにP

サムネの通り双子現る。しかしちょっとした設定の変化を入れてあります。

騒がしいことは騒がしいですが、こういう亜美真美も新鮮だ。


そして表情改変も頑張ってるなぁ。こっちも見たことないものばかりで新鮮だ。




・その8、ミルクレゥプP

「やったああああああああああああああ!!!!!」は分かったから落ち着けw

2009-09-15

本日分のご紹介。

・その1、レスター伯P

【90's洋楽m@ster】開幕を告げる1発目はレスター伯PのOasisから。

最初から気合十分の千早と真に対して少し不安げな春香…、でもPの言葉ですぐに気合が入りステージに上がれば「今夜は私がロックンロールスターだ!」とばかりに魂のこもったダンスを見せてくれる。

いいですねぇ、こういうの。

フォントや実写背景も雰囲気を高めるのに一役買っていてとても好み。流石は英国紳士。初っ端からいいものを見せてもらいました。




・その2、ジェットP

【90's〜】からもう1本。

曲調と独特の画面効果が見事にマッチ。

リズミカルに切り替わるカメラとこれらが組み合わさることで見る者の目を釘付けにする…。この不思議な魅力はクセになる。




・その3、R(略)P

なんて知的な美希。いつものゆとりっぷりを微塵も感じさせ…、と思ったら遊びもやっぱり楽しんでるのねw

衣装合成もダンスシンクロも上手いわー。短い作品だけど手抜かりなし。




・その4、ぐっさんP

みくるボイス+メルヘンメイド2+雪歩+アップカメラ固定

なんだよこの殺人コンボ




・その5、炎のP

おおっと、ギャグ要素無しのガチ作品じゃないですか。

ステージで踊る3人はiphoneで見ている動画、真と雪歩はそれを持って2人でバイクに乗り…

うーん、いつもの楽しい作品は勿論大好きですが、こういう渋めの路線も雰囲気作り上手いじゃないですか。また1つ新たな魅力が。




・その6、聖ジェルノンP

良い子のみんなはもうスイハンジャー10話を見たかなー?

まだ見てない子は10話を見てからこっちも見てね!


なんでこんなにシンクロしてんのw

聖ジェルノンPの歌声カッコヨス。




・その7、シラカワP

最新作を参考例にしたシラカワPの動画製作講座。

Macでの製作なのでwindowsソフトをお使いの方とは少し違う環境下ではありますが、それでもちょっとした気遣いなど参考になる面は多いかと思われます。

見る専の私ではありますが、大変興味深く拝見させていただきました。




・その8、P名無し

さてさて、9/15は秋月涼の誕生祭だったわけですが。その中から変わり種を1つご紹介。

9/19の22:00からニコ生「紳士が群れなす変態飛行 秋月涼誕生日記念 生航空祭!」を開催予定だそうです。

誕生祭にはお馴染みのあの変態飛行技術を持ったエスコン×アイマスコミュの面々が、生放送でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。時間があったらお邪魔して是非拝見したいところですね。

2009-09-14

今日の紹介文

・その1、カジカP

カジカPもラビットパニックか!この増殖っぷりは嬉しい。

ちょっと角ばったウサギがいかにも落書きらしい?

そしていおりんのかわいさ+ウサギのとぼけた表情に2828。




・その2、にゅーとんP

歌謡曲の女王、律子。

もうこの雰囲気味わえるだけでもお腹いっぱいです。

それでいて歌詞ネタも効かせてあるとなればマイリス行き決定でしょ。




・その3、いっぺいP

雪歩はかわいいなぁ…。

シンプルでオーソドックスな良さが優しく包み込んでくれる感じです。




・その4、すっきりぽんP

春香から見た十刻館住人+社長たちの印象や人となりを…という体裁を成していますが、「アイドル寮空き室あり!」シリーズの設定紹介そのままですね。

生年月日(昭和何年と記載されていたりする)や性格付けやら、細かく考えてあるのですなぁ…。そして春香が書き終わったあとには住人みんなからの寄せ書きがw

この寄せ書きの正解は作者ブログにありますので、見終わったら答え合わせをしてみるのも面白いかと。

それにしてもいい「どんでん返し」だw


似たようなところではハリアーPの

こういうのもあったり。こちらは50作目の節目として自分の作ってきたシリーズの性格設定を振り返っておられますが、見所はやはり雪歩の詩集に関するエピソード。

ね?簡単でしょう?…って、ないわーw


また「アクトマスター」が完結した井川KPからも

設定集-Aでは明かしきれなかった裏話を満載した設定集動画が来ています。

こういうのも何気にシンクロニシティっていうんですかね?




・その5、ゆき☆P

このシリーズも最終章ですか。正直、よくこのクオリティを保ったままここまで来れたなぁ…と感慨深いものが。

勿論、今回もよく動くお馴染みのクオリティ(&細かい小ネタ)は健在。後編は9月中に、とのことですが、焦らずじっくり取り組んで下さいね。


原作知らないから最後の展開は意表を突かれた。

一体後編はどうなってしまうのか!




・その6、柴田P

キャーシバタサーン


・柴田市長はオンリーワン

釘宮病患者暴走

・濃厚なやよいおり


本筋以外のところで見所多すぎw

いやまぁ、ちゃんと本筋も怪しげな流れになってますけどねw




・その7、メタチュウP

久しぶりにシリアス全開、そして一気にストーリーが重くなってしまいました…。

ここの春香さんならこうなることは予想出来ることとはいえ、辛いなぁこれは…。


最後にPが放ったセリフ…。次回は一体どうなってしまうのか?




・その8、P名無し

…………あれ、春香さん十分芸人として個性的じゃね?w


まぁ、それはともかく後編で誰と合体する気なのかなぁ。

アイドル皆に断られたのなら小鳥さんとか社長とか…?

予想の斜め上に期待w




・その9、マンタP

デデーン対策を備えてブロリーPが帰ってきた!

相変わらず笑いが止まらないんですががががががw




・その10、rumbaP

それかよ!wwwww


いや、秒数で何となく違うなー、とは思いましたがw




・その11、P名無し

ああ、ついに比較版が…って、64作品!?多っ!!w

時間もバラバラだったりするのによくぞここまでまとめてくれました。




昨日すぐに消されてしまったエコノミーPの新作ですがzoomeに再アップがありましたのでご報告。

昨日見れなかった方は猛ダッシュでチェキだ!

タマホーム続々増殖中

それとは別ですが、エコノミーPの新作が紹介する前に消されてしまった…なんてこったorz



・その1、カイザートP

東方m@sterにまたもスゴイのが来たっ…!!

f:id:akuraiNSX:20090913225605j:image

東方キャラを知らなくてもこの迫力の前には屈さざるを得ない。

そして勢いだけではない、細かい演出も当然見逃せない。ちょっとしたネタまでさらりとこなして死角無し。




・その2、タグロックP

色んな意味でチャレンジャーな方である。


贅沢にも美希を2人使った豪華オールスター

その美麗さに酔いしれるがよいよいよい。




・その3、ピーピーP(ホントは偽名が好きなあの人)

はいはい、負けました負けました。

何度見たってこんなの勝てる気しないってのw


…ふぅ




・その4、コロP

その1年に

あなたは何を見る




・その5、かおらP

視聴者の心を掴むため冒頭、かぶせた手のアップが効果的。

雰囲気も大変宜しく、締めもまたキレイにまとめる。こういうのを見るとほっとしますなぁ。




・その6、むらたんP

もうなんなの!?この凄まじい特撮クオリティは!!

専用BGMに漫画風カットイン、更には変形シーンまで!

面白すぎて泣けてくるわ。


スイハンジャーはニコマスが誇る最高の番組だね!


そしてCMがTam@homeてwwwwどんだけ早いんですかwwww




・その7、爽快P(協力:にぎりがくさいP)

2話目きてれぅ〜。


ちょw誇張表現すごすぎww流石にぎりがくさいPwwww

上と下、双方の細かい動きがしっかりシンクロしていて見てて飽きませんね。

次回にも勿論期待。




・その8、フリージアP

すごい

テンポの

良さ


フリージアPパネェっす。

3Dカスタム少女とかも久しぶりに見た気がするなぁ…。

ノベルパートもステージパートも演出力もホント一級品な方ですね…。




・その9、のぽぽんP(企画延期のお知らせ)

あらま、1ヶ月延期ですか。

しかし1ヶ月くらい余裕ですよ、余裕!




・その10、cyanP

………………この濃厚さが毎週来ると言うんか。

かーちゃん、ちゃんとCMになってるのか心配になってきたよ…


いえ、勿論半分嘘ですけど(半分かい)




・おまけ、dbdbPのTam@homeまとめマイリス


ちょっと!増えすぎだからっ!!w



そしてタイムアップ。

色々見れてねぇが仕方ねぇ…

2009-09-13

タマホーム流行りすぎ吹いたw

昨日のdbdbPの作品から続々と感染者が増えていって視聴履歴がタマホームだらけだよ!w

このノリの軽さ、たまらんw


まとめは誰かにおまかせしようっと…(ぇ



・その1、木っ端っP

実写合成の中笑ったり振り向いたり近づいてきたりする美希。

髪型こそ違いますが、覚醒美希のあのED前の一時…という印象さえ受けます。

ほとんどが自然の中での美希の美しさを印象づける中、間奏の1場面が妙に印象に残る…。

水面に映る美希がちゃんと平面になってたり、光の使い方もしっかり考慮してあったりと技術的な面も文句無し。お見事。




・その2、あかしP

やよゆきとはまた珍しい組み合わせ?

可愛さに見事に撃沈されました。

手描きやよゆきもカワイイんだなぁ、これがまた。




・その3、カブトガニP

またもテクニシャンな新人さんですね。

冒頭と締めをオールスターで、ダンスパートは声質の合っている雪歩におまかせ。

表情がころころと変わって面白い冒頭部には何気にクリーチャー枠まで設けてたりする遊び心もw

ダンスシンクロも問題なく画質も最初からこのキレイさとはなかなか。



ちなみにうp直後はタイトルの雪歩が春香になってたので突っ込まれてますw




・その4、yosidP

圧巻




・その5、ト・アルP

Pなりっちゃん=ぴりっちゃんなわけですね。なるほどw

担当アイドルが決まりましたが、この衣装…流石の改変力です と、ある女史さん。くっ、もっとはっきり見たい!w

なかなか前途多難な船出になりそうですね。




・その6、なかにP

お、P名つけられましたか。

最近はここの高性能な2人のやりとりが楽しくてw

話はようやく春香を伴って事務所のほうへ移ってきたわけですが、その道すがらでの春香さんの表情が………何と言うか、その…ツボでしてね…w

以前の話でも出ていましたが、いい表情改変するなぁ。




・その7、グリチルリチン酸ジカリウムP

ギャップぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!www


いかん、テンポ良過ぎて頭が変になりそうw

どんだけネタの幅広いんだこの人w


そしてPの身体は一体…。




・その8、優希P

恒例あとがきのあとは本編中の武道館コンサート後のお話が。

小鳥さんが美味しい餌に飛びついて収穫祭を始めてしまいましたw

複数コミュシーンの音声を使った合成、違和感なく組み立ててるのはホント凄いと思いますよ。




・その9、南無古奈美P

一連のタマホームでこれが面白かったw

きめええええええええええと打たざるを得ないこの魅力!流石はほめ春香さんだ!w

2009-09-12

生放送聞いてたら遅くなった…

たまにはこんなこともあるよね。

ではさくさくと動画紹介。



・その1、お茶P

静謐と静寂。

その時間の止まったひと時、蝶が、舞う。


………下半期20選用マイリスに入れてしまいました…。

息を呑み、見惚れる、ただただ、春香さんは、美しい。




・その2、つかさP

生放送で捕捉。

いつもながらの白背景+カラフルな色彩は目を奪われますわー。

まさに「smile」!踊っているアイドルも見てる私達も笑顔がこぼれてきますわ。




・その3、8名による誕生祭合作

ハルカニでもご活躍された生放送主のkinacoさんの誕生日をお祝いにこれだけのPが力を結集してくれましたよ!

バースデーソングをメインにしたPVメドレー、特にラストを飾るみそPのパートは必見!手描きも交えて流石の演出が目白押しでした!




・その4、QP

これはカッコイイ春閣下。暗闇と光のバランスがいいですな。

特に満月を背にした春香は「気高く美しい」という言葉が良く似合う。

エフェクトの使い方もGJです。




・その5、胸囲91cmP

誕生祭遅刻とはまた随分…と思いましたがこれは良い改変トレス作。

なるほど、時間がかかるのも頷ける…。いやぁ、それにしてもところどころけしからんなwバニーとか裸Yシャツとかあずささんに着せたらもう辛抱たまらんでしょw




・その6、dbdbP

1発ネタですがこういうのは大歓迎ですw


かわえええええええええええ




・その7、G様P

ひろ。Pの新作に提供したやよいのギター演奏パートのメイキングですが…。手動でモーション取り込みとか手のかかることやってたんですね〜…。

そして編集前の映像も圧巻。流石だわ…。




・その8、青空文庫P

PV系のプロデューサーの方にこそ見て欲しいかも知れない。

何かしらインスピレーションが湧くかも知れませんよ。

(書いてる間に新作来てました…このシリーズはペース早いなー)




・その9、ハリアーP

新ジャンル:監獄アイドル


むちゃちやがって…


そして面会に来た面子が過去作で酷い目に遭わされた人たちばかりw

ここぞとばかりに復讐するのも分かるが、その先は考えてあるのか…?

…って、やっぱりそうなるんかい!w




・その10、メタチュウP

自分で中二キングP襲名フラグを着々と立てていってる気がするのは何故だろう?w


それはそれとして、貴音との勝負だろうがなんだろうが。

春香をトップアイドルに導くためにはそういう指示を出すしかないわなぁ…

無二の友達を自分の倒す…王道な展開ですが、やはり辛いとこですな。




・その11、P名無し

かたくりこP作による選択肢動画作るスクリプトを早速使った紙芝居…なのですが、それ以外の部分も面白すぎるw

シュールな展開、そしてオチがええわぁ。




・その12、コムP

10/10の響誕生祭動画用のイラストを募集しております。

締め切りは10/8の午後6時まで。その他の要綱は動画からのリンクにて。

沢山集まるといいですな!




・その13、かまおさん

プロデューサー業は引退されましたが、1ファンとして変わらぬ活動していくこととなりましたので、「かまおさん」でご紹介。

とても澄んだキレイな歌声。癒されますな。

2009-09-11

PV欠乏症

『S H IDOLM@STER』を見続けたので著しくPV分が不足しておりますw

今日はノベマス架空戦記の巡回無し!w

小鳥さん誕生祭作品を交えつつお送り致します。



・その1、下井草P

え?あれ?

確かデビュー作は紙クリ使ったノベマスだったような?w

いやまぁ、確かにPV作りかけのようなものもありましたが。


それが一転。手描きアニメーション+シルエットダンスを使った本格PVとは!

炎天下のフリーウェイで車が故障して立ち往生。暑さを凌ぐため水着になって、なおかつヒッチハイクのためドライバーを悩殺しようとするけれども…、という実に分かりやすい内容。おまけにアングルやポーズが上手すぎる!

マイリス率が半端ないことになってるのも頷けるというもの。これ、1日で週マスにランクインは確実じゃないですかね。まだまだ伸びるぞ。




・その2、ぎみっくP×GrayP×話師P

3人のPによる小鳥さん誕生祭合作。意外と伸びてないのはおそらくPVと思われてないせいと思われる。つまり歌詞に合わせた画面や演出がいちいち楽しく面白いPVだということなのですよ奥さん。


f:id:akuraiNSX:20090911004240j:image


オーケー、俺は男だ。分かりやすく釣ってやろうじゃないか。


最後の走ったりダンスしたりするシーンは必見なのじゃよ。




・その3、小町P(他48名の皆様)

総勢49人による合唱でお送りする「空」。皆の愛がこもっております。

PVも非常に出来が良く、最後の全員整列しての「この指に止まれ」ポーズは圧巻。

いいものを見させて&聞かせて頂きました。皆様GJ




・その4、柏城P

歌ってみたの美声もムキリョクなほうも好きだけど、やっぱり柏城Pと言えばこの路線が一番好き。

色使いのセンスのさることながら、花びらが傘だったり太陽だったり風に舞うような動きだったり落ちてきたり上ってきたり。そして最後は歯車のようでもあり。

そうした動きや置き方の1つ1つがやっぱりこの方ならではだなぁ、という味がある。




・その5、渡り鳥P

直近作、【人力Vocaloid】あずささんにFF6オペライベントを演じてもらったが記憶に新しい渡り鳥Pによる初挑戦PV

悪魔城ドラキュラ」シリーズの幻想的な音楽とこの3人の組み合わせは異様にハマる。画面効果も怪しい妖気のたち込める古城…といった感じの、実にそれらしい雰囲気を漂わせております。見惚れちゃうなぁ。




・その6、sinsin氏(iM@Sエスコンコミュニティの皆様)

誕生祭恒例、変態飛行を制御の難しいA-10でも披露。歌詞とシンクロさせたゲスト出演も良い編集です。それにしてもキレイな風景だー。

ラストは全員のレインボーミサイルで決め!


なお、小鳥さん痛機であるA-10の現実世界での性能については


トーネードPによるこちらの講座が大変ためになるのでオススメ。

コメで何故あれほどまでに恐れられているかが嫌でも理解できますよ。




・その7、ミアキスP

実は初めて聞いた「ハッピース」。楽しい曲じゃないですか。

セリフ風歌詞のパートをダンスではなく小芝居にしているのはいいですな。

ダンスもジェバンニ作ながらきっちり。




・その8、葱嗣P

爽快P発で着々と患者を増やしつつあった「RAINBOW GIRL」替え歌にまた無駄に頑張った編集技術が投入されていたw

いやぁ、この患者さんは集中治療室送り決定ですねw

隣の部屋にはI型釘宮病カジカPを是非(こちらの伊織との掛け合いもたまらんw)




・その9、saniP

色々な職業に挑戦しては失敗するののヮさん。

でも最後には転職を見つけたようです。かわええのぅかわええのぅ。




・その10、柊P

百合m@s」の支援なのか参加なのか。

とにかく!カワイイ!そして2828ー!!

大事に食べるんだぞーw




・その11、ンモーP

ンモー、ホントに手間かけすぎなんだからーw


小鳥さんに拾われたののヮさんとやよクリ。

他の人には見えないという奇妙な共同生活はこの後どんな話になるのでしょうか?

それにしても拾われてるのに非常に図々しい態度だw




・その12、シュコウ氏

北澤さん…

むちゃちやがって…


なんでこの実況入るだけでこのシーンで爆笑しちゃうんだよ!w勝てないよ!w

あとまっすぐさん呼ばなくていいから!生きてるから!w




・その13、ソラユニP

「ご本人が降臨なされた」ってそういうことかよ!!www


笑わずに最後までいられたら神認定。

私は1:46〜1:49で派手にずっこけました…w

MADとしては何も間違ってないが、もうこれ反則だろ…w

2009-09-10

「この空間に、神は、いない」 〜S H IDOLM@STER 第一章前半より〜

産業商会さんの紹介記事架空戦記スレでの評判の高さに激しく興味が湧いていたアイマスペースオペラ、『S H IDOLM@STER』シリーズ。

現在までに投稿された全ての動画を見終えました。


・(・A・)P(呼びはアマミP)


結論:「なんで俺は今までこれを見とらんかったんじゃあああ!!」


いやもう、激しく大後悔ですよホント。

これほど俺好みな要素がたっぷり詰まっていて、しかも万再生クラスの架空戦記になんらひけを取らない、どころか「万回ってないのがおかしくね?」という面白さ!

全く私の目の節穴っぷりもどうかしてるな…。


というわけで久しぶりに単独紹介記事を書きたくなった&応援したくなったのでありました。



さてさて、この『S H IDOLM@STER』とはなんぞや、というところから詳しく説明していきましょう。

ベースとなるゲームは「シュヴァルツシルトV」。

このゲームのシナリオをベースに話は進んでいきます。


銀河を二つに割った第二次星間戦争の開始から20余年。

両陣営の疲弊は極みに達し、銀河帝国とレプシトール……いずれの勝利か明らかにされないまま終結を迎えた。

終戦協定の締結後も、銀河を分かつこの二大超国家間の敵対関係が解消したわけではない。

しかし両国共通の利害は、それぞれの国情より遙かに大きなものだったのである。


一触即発の火種を抱える両陣営、銀河をわかつ時空の境。

その境界を守る「銀河帝国領辺境防衛機構〈ブルーインヴァルド〉」の任務はと問われれば……。

遙かな宇宙の闇、最新のHS航法をもってしても中央から一年は隔たる僻遠に在って存在し続けること。

存在しつづけることによって、銀河帝国の平和と秩序を守る。

壁向こうのレプシトールと再び戦端がひらかれ……今度こそ互いに退くことのできぬ最終戦争に入る、その日に備え。

その仕事の一端を担うべく、銀河帝国中枢からひとりの皇女派遣された。

大いなる野望を秘め、彼女は動き出す。

iM@S架空戦記シリーズ補完wikiより抜粋)


この文章中にあるブルーインヴァルドに派遣された皇女こそ、我らがアイドル『ハルカ・アマミ・ブレットローズ』


f:id:akuraiNSX:20090910061517j:image



シュヴァルツシルトV主人公+春閣下をベースとしたオリジナルキャラとして設定されていますが、この閣下がたまらなくカッコイイ!

もう命令されなくても跪きます orz……というか、そのカリスマ性の虜になってしまうほどの威厳あるキャラクターとなっているので、シュヴァルツシルトキャラが掛け合うと大抵が気圧されるか取り込まれてしまうという、言わば「銀河英雄伝説」の「皇帝ラインハルト」クラスの主人公。



で、ありながらアイドルプロデューサーとの会話となると、


f:id:akuraiNSX:20090910062259j:image



こんな風にニコマス内のいつでもどこでもで見かけるような優しい女の子の顔を見せるという2面性。このギャップがありえないんだけども、スゴイ。



そのハルカ皇女と行動を共にするアイドルプロデューサーの役割はというと。



まずはアイドル達。彼女らと皇女ハルカは同じ能力を持っているのですが(というかその能力のために一緒にいる)、超能力によりコンピューターとリンクして手足のように戦艦戦闘機といった艦船を自由に動かせる(一部例外あり)という力を持っています。

イメージとしては「ナデシコ」の「ホシノ・ルリ」、または「機動戦艦ヤマモト・ヨーコ」のシステムなどを思い浮かべてもらうとイメージしやすいかと思います。



各自に得手・不得手があり、


f:id:akuraiNSX:20090910062937j:image

(1行目のセリフはリンク開始時の始動キーのようなもの)


マコトの得意とするのはファイター・ガンシップなどの機動性に優れた小型戦闘機。マコトはこれら複数の小型機の全てを手足のように操ることが出来ます。

しかしその代わりに戦艦などの大型船はまるでダメ…といった具合に能力が設定されストーリー中でもそれを上手く生かしています。



そして今貼った戦闘中の画面こそ、この『S H IDOLM@STER』の「H」、「HOMEWORLD2」を使った宇宙空間で繰り広げられる迫力ある戦闘シーン。




f:id:akuraiNSX:20090910063530j:image

(冒頭の演習シーンより。中央付近に見える縦に平べったい物体がチハヤが操艦するマザーシップ『アイアンウォール』)




f:id:akuraiNSX:20090910063711j:image

艦船の爆発により漆黒の宇宙に閃光が広がる!)




f:id:akuraiNSX:20090910063846j:image

(戦闘ミッション遂行中の1場面。ファイターが敵戦闘艦への近接攻撃を試みる)




f:id:akuraiNSX:20090910064021j:image

(隊列を組んだ戦闘機部隊が悠然と進むシーンは見所の1つ)




宇宙空間ということで爆発などのSEは無し、という設定ながら、とにかく細かくよく動く戦闘画面(リアルタイムSLGなので作者が移動先や攻撃目標などの指示を出す、これらとはまた違った画面もあります)と多くのアニメ、ゲームなどからかき集めてきた燃えるBGM群が見ていて飽きない爽快感を演出。

「HOMEWORLD2」で用意されたシチュエーションを上手く調理して『S H IDOLM@STER』の戦闘シーンとして全く違和感なく見せてくれるその手腕はお見事。


更に手腕といえば欠かせないのは(・A・)Pの書く魅力的なテキスト。

限られた情報しか得られていないシュヴァルツシルトキャラをそのテキスト力で再構築、どいつもこいつも魅力的なサブキャラとして描いてくれているのですよ。


ハルカの師匠にして頼れる右腕、ケネス

いつでも冷静沈着な秘書官アリス

どこからどうみてもポプランです、本当に(ryな、デビッド

むささび?せっかくだから?なんのことだい、ハワード

アイマスキャラだって食っちまうガチレズ、フィオナ

謎が謎呼ぶ道化参謀、ルーケ

誇りと矜持と親友と、イーディス

魔術師ヤンか後藤隊長かといったキレ者臭漂う、ギャラガ

この数年胃薬が手放せません、パーシー

などなど。


もしノカデミー賞前にこのシリーズを見ていたら助演部門に誰か入れてたであろうことは確実クラスの人材がごろごろしておりました。うーん、その意味でも実にもったいないことをした。もっと早く見ていれば…。



本筋はシュヴァルツシルトのままでありながら、それを彩るキャラクターたちが容量などのくびきを解き放たれ一層輝いている。『S H IDOLM@STER』を見ていてそう感じました。

本当に(・A・)Pの描くキャラクターたちは魅力的すぎて困る。



そうそう、忘れちゃいけないPの立ち位置ですがマザーシップの設計者でもありハルカ達を支える良き大人であり(とある自覚がある辺りも大変宜しい)ハルカ達の目標の協力者でもあり、といった立場に置かれています。



f:id:akuraiNSX:20090910071026j:image



インターミッションなどでは視聴者への説明役に扮することも。

(ただし出番は少なめ。あくまで脇を支えるキャラの1人です。今のところは)



元ゲームを知らない私らのような立場の視聴者への配慮もしっかりとやってくれ、疑問に思ったことへの回答もすぐに出してくれる(年齢やユニット生産、ワープに関する納得いく理由付けなど)のも、しっかり設定を作りこんである証と言えましょう。


各章頭にOP、章終わりにはEDを持ってきてくれたりと至れり尽くせり。

クオリティは初回から折り紙つき。2章から既に燃えるポイント満載、先に進むにつれ涙腺刺激ポイントまで豊富になっていくというストーリー展開の上手さは私をファンにするのに十分すぎるぐらいです。

色んな場面が甦ってくるのですが、見終えたばかりの6章はホントにやばかった…。あそこまで色んな感情の混ざった泣き方をしたのはアイマスクエスト以来ではなかろうか…。何1つネタバレの出来ない感動を味わいました。


テキスト速度がややゆっくり目なので(情報処理の時間として配慮してあるのかな)人によっては合わない面もあるかとは思いますが、私はとにかく見ていなかったことを後悔しました。そんなレベルの内容です。



ストーリー的にはまだ序盤なのか中盤に入ってくる辺りなのか。

先は長いですが、ゆっくりじっくり追いかけ続けていこうと思います。



ああ、楽しみがまた1つ…。

2009-09-08

小規模更新です

・その1、ねーよwwwP

光の中や手ではなくあえての指繋ぎ、口元アップでのリップシンクなど印象的でキレイなカットが盛り沢山。

間奏に入る千早の心情といい、歌詞とのシンクロといい、千早派はこれ見ないと損するぞと言いたくなるほどの良作。


でも、これ作ったあとにドリクラ行ったかと思うとなぁw

そんなところもねーよwwwPらしいかも知れませんがw




・その2、ヒトコトP

今度はファミマブームが起きているようで…

ファミマと言えば緑、緑と言えば(りっちゃんローソンなので)美希の出番。

思いの外、元動画の歌い手さんと美希との相性が良くシンクロもバッチリ。

うーん、ジェバンニながらなかなかの良作。




・その3、P名無し

ちょっと薄くて見づらいのですがなかなか面白かったのでw

セリフはCDのアレの改変ですが上手いこと変えとりますなー。しかしなんてレートだw

ちょっとニゴってる辺りもよいよい。




・その4、0907P5名様

初合作がこれ………w

ついったでは「処女はもっと大事にしろ」と言われてましたがさもありなんw


真面目におバカなことをやる。

そんなあなた方が好きだ。




・その5、足汁P

ああ…今回もめでたくアウトは確実ですね…………w



DS販促動画?でありながら、さりげに色んなPネタを盛り込んでくる辺りが実にこうk…いや上手い。

2009-09-07

今日の動画紹介

・その1、MIP

ほー、これは上手い!

導入部からの「なんか違うぞ」と思わせる雰囲気といい、ノーマルグリーンを「魅せる」ことに気を配った演出や配色の妙といい、実にいい仕事。

完成品なのに未完成、という余地がある作品なので、これはまた機会がある時に3分バージョンで作り上げて欲しいなぁ…




・その2、ごまうP

せつねー…。でも2828してしまう〜…。

ほんにごまうPの姉御は良い表情を描きなさるでぇ…。

キレイなはるちははたまらんのぅ…。




・その3、tloP(新作予告)

…………ちょっとちょっと、予告の時点でなんか鳥肌立ってくるんですけど。

これは期待せずにはいられない……相当な傑作の匂いがする…。




・その4、P名無し

カッコイイんだけど。

カッコイイけどさぁw


なんと言うか、無駄に技術と演出力の高い千早いじめといいますかw

平面の列なんて悲しすぎるw

でも結構好きだなー、これ。いや、やっぱり作りはしっかりしてるので。




・その5、音P

なんだか心にじーんと染みる味わい。律子が常に抱える悩みと歌詞が上手くシンクロしているからなのでしょうか。

勿論、独特の色調も一役かっていることには間違いなく。

「ここにいるよ」って言ってあげたくなっちゃうよなぁ。




・その6、たまてぃP

おお、やはり音ゲー曲+キレのあるダンスはカッコイイのぅ。

冒頭の20秒辺りまでの演出やカットインをもう少し別のとこでも使って欲しかったかも。でも好き。




・その7、ままかりP

おっさんホイホイ曲でありながら若者ホイホイでもある。

この青春の1ページは、きっとどんな世代もが共感出来るはず。




・その8、やなぎP

カワイイ絵が描けて、歌えて、おまけにとかち病患者。

なんかもう怖いもんなんかないように思えてくるw

それつけてもいい声&可愛すぎるイラストである。




・その9、ハリアーP

この方の製作ペースは一体どうなってんだwってぐらい早いなぁ。

今回は今までとは一風変わったテイストでお送りする芥川龍之介の世界。

表現の幅も何気に広い…。いや、貪欲に取り込んでるのか。

新しい一面や変化など、ホントに見ていて飽きない方です。マジで。




・その10、ト・アルP

おおっと、ついに始動したト・アルPの新シリーズの主役は新人プロデューサーになったりっちゃんですか!これまた楽しみな題材だ。

さぁて、この後誰が出てくるのか楽しみ楽しみ。




・その11、青空文庫P

ほほう、今度は絵画紹介ですか。この方も幅が広いなぁ。

いきなり専門的なコメントがついてたりする辺りもニコマスの幅広さを伺え知れますな。美術に興味のある人でなければあまり見ることのない絵画を見れるだけでも一見の価値あり。

そしていつも通りのキレイな締めがたまりませんな。




・その12、P名無し(検討中)

ありゃ、2話目見逃してるうちに3話目が来てた…って手描きも入ってる!デスノジョジョは定番とは言え、こういうネタも入ると楽しいなぁw

そしてりっちゃんまさかの陥落ww呼び捨てネタがこうなるかwww




・その13、765_16P

リッチャンハショウバイジョウズデスヨ。

そして提供で華麗に締め。販促動画なのに美しすぎるw




・その14、すっきりぽんP

アイドルとは!変身するもの也!


で、何故これになるwwww

何回吹き出したか分かりませんマジでw

取り急ぎ

見た中だけでも紹介しておかないと溜まる一方でな…。



・その1、しょじょんP

しょじょんPがついにここまでやったか!という感じです。

個人的には処女作を超える衝撃度。

あまりに雪歩が美しすぎて言葉を失う。

半端ないリピート性と中毒性。


百聞は一見にしかずとはまさにこのことか。

どれだけ言葉を並べようとも1度の視聴の威力には勝てぬ。




・その2、介党鱈P

はぁん!!このちょうどいいのか悪いのかのタイミングで来るなんて!

嬉しすぎて死んじゃう!!


10勝先取戦ということで今までと少し闘ぷよシーンの見せ方が違っております。事前にPによる詳細な解説があるのですが………


なんじゃこりゃ。

小鳥さんラスボスすぎるだろ………。

正直、解説読んでいても繋がるぷよが把握しきれんw


案の定と言うか何と言うか、かませデュオがいつものポジションで驚いてくれつつ(笑)千早が圧倒される流れ………な、わけですが。



何 が 起 き た 。




・その3、ておくれP

伏線回収回にしてばら撒き回。

そしてりっちゃんの苦労がついに明かされた話でもありました。


あ、いや。苦労してたのはマスタードラゴンも一緒かw

例の「…」付きのセリフが凄く悲哀がこもってて悲しいw



Pの帰還不可フラグを折るべくりっちゃんは誰にも知られずめちゃくちゃ苦労してたわけですね…。あの数々の律子らしからぬ言動、マスドラ成分が強く出たためかと思っていましたが、実は誰よりもPのことを思えばこその発言だったとは…。

確かに最初から最後まで「全員のこと」を考えてるのは律子しかいなかった。何と言う苦労人。だからマスドラさんや、息抜きぐらい大目に見てあげて下さいw


そしてここに来てまだばら撒かれる伏線の数々。

そして気になりすぎる次回への引き。

いよいよ7章ファイナル。2週ほど座して待つべし。




・その4、蒼い子P

イメージカラーのシルエットから名前付きカラーバーへ、そして歌うシルエットから締めのカラーボールトンネルへの実にキレイな流れ。

踊っているダンスモデルがあるわけでもないのに、何故か全員揃ったステージを思い浮かべてしまう。そんな幻想をも見せるような余韻を残す。実に良い。良作。




・その5、リメイクと+α2作

・ナンカンP

・YuP

基本的に全く変わらずつぎはぎのまま、シンクロ再調整(一部変更があるそうですが見比べていないので…)だけだというのに、この受ける印象の鮮烈さ、新鮮さはいかがしたものかと驚くナンカンP。

先のデビュー作でのコメントの意見を取り入れ、後半に続きを載せてくれたYuP。

どちらも良い仕事をしてくれております。




・その6、メタチュウP

この貴音さん、素晴らしく積極的だよ!?

俺なら間違いなく理性崩壊しちゃうね、うんw


くそー。佐伯Pめ、うらやましいなぁ…

だが、そんな中二動作は実際にはやらないからな!w




・その7、P名無し

総統…ドリクラに現を抜かしてるから…w

てか、別の意味でスゴイwww


結局支援なのか文句なのか良く分かりませんがw

投票所はこちらですよ〜

締め切りは9/9 23:59:59 まで!


あと、今更言うまでもないことですが不正投票はダメ!絶対!

DRAM@S完走→感想

合計何時間になるんだか計算してませんがw、5日・6日の両日に投稿された全作品見終えました!

いやぁ、どれもこれも普段1人では作りきれない分野に踏み込んでいて、サポートチームの助力の凄さとシナリオを持ち込んだ皆さんのアイディアの豊富さに唸るばかりでありました。




特に演出面での派手さが目立ったのはねこようじPがシナリオを手がけた「モノクローム・ガールズ」



アイマス成分はかなり薄めで「ダブルクロス」というTRPGの世界を下敷きにしたSFものですが、これがまあ皆さん頑張りすぎだろwというほどのクオリティの高さ。

おそらくむらたんPもここに1枚噛んでいるであろう真の変身シーンは必見!

興奮もののバトルシーンでありました。



また、シナリオ面で特に気に入ったのが黒澤Pが手がけた「空色のギター」



かなりギリギリの進行状況ゆえか、テキスト推敲が間に合ってなかったようなのが残念ではありますが、それを補うほどの素晴らしいシナリオでした。

この主題の主役に伊織を据える辺りが心憎いですな。何気なく聞いていましたが、ノベルパートのBGM選曲もこの主題に見合ったものばかりで、こうした配慮も文句なし。

それにしても毛玉がカワイイw




また、ゆきまこに貴音を絡ませ「強さ」と「支えあう」2人を描いたターニャPの「深愛」、最初からフルスロットルで愛識Pテイストを存分に味わわせてくれた「貴音VAMP」の2作も勿論楽しませていただきました。




あえて苦言を呈するとするならば、シナリオ持込という企画の性質上やむを得ないことかも知れませんが、企画ものでありながら各アイドルの出番に偏りが激しい、といった辺りでしょうか。

特に全く出番のなかった子もいて、その子のファンの方たちは果たして?という気が無きにしもあらず(5日公開の2作はゆきまこ、及び修羅場トリオメインという被りようですから…)。




普段の製作環境ではなかなか踏み出せない1歩を後押しする、というこの企画。

サポートチームの豪華さもあって高いクオリティとノベマスの枠を飛び越えた演出など、色々な面を楽しませてもらいました。

EDでいきなりあのBGMが鳴り出した時は何事かと思いましたがw、第2回の予定もあるようでこちらも楽しみです。



先ほどの偏りや複数チームで作業を進める難しさなど(おそらく公開の遅れはその辺りにあるのではないか)今回で得られた問題点を生かして、次回は更に突き抜けた作品が生まれてくることを期待します!出来ればオールスター作で!w




参加者の皆さん、お疲れ様でした!!

2009-09-06

ヒトコトm@sterなので

感想も一言……じゃちょっと寂しいので1行でまとめてやろうじゃん!

「人、それを手抜きと言う」などとつぶやくなかれ!w



・abP=正統派!うまいねぇ。

・kuraP=こちらも正統派で。長回しいいね!

・でちぅ(仮)P=ライブ風!?凝った作りがたまらん!

・ok3P=正統…なわけなかったー!w期待通り!!

・UnknownP=!?そのデカさはないわwww


・cha-coP=OPチックだー。セリフ風吹き出しナイスですよ!

・あすきゅんP=ドット絵小芝居!そういうのもあるのか!

・R2P=メカEngage!との競演!?そしてヒトコト!詰め込み上手すぎる!

・歩望P=おお、ソロで攻めてくるか!セピア調はいい演出。

・爽快P=2週以上推奨w手前のシンクロもきっちり手を抜かない!流石爽快P!


・黒ジャコP=本物のライブ音源だー!カメラ揺れがいいね!

・aramaxP=あらゆる意味で質感高いなー。つかみからバッチリ!

・mwzP=どうしてこういう発想がwこらー!画面塞ぐなー!w

・のたれ氏=ヒトコトヌシwwそして改変ドット絵ナイス!

・P名未定氏=おお長回しのシンクロ上手いぞ!デビュー前の人?


・あみゅP=リズム合わせカットうめぇ!と思ったら後半の転調で2度びっくり!

・ひろっちP=スカっと爽やかな色合い!幸せ度アップしますな〜。

・tedescoP=オールスターアピールやばい!死ぬ!wあと、あずささん。

・asahiP=異色作+問題作ww万華鏡!ぎぃやあああああああ!www

・さいふぉんP=正統派が嬉しい!堅実な中身が伴っているからこそのこの作り。



いやー、どれも短い時間に出来うる限りの力を込めた力作って感じがしますなー。一部カオスってるのもありますが、それもまた良い!!


個人的MVPはR2Pかなー。まさかこの短い時間であそこまでやってくるとは、正直思ってもみなかった。どこにも無理がないのが素晴らしい。

あとは爽快Pの発想力もまさに氏ならではという感じが。特に意味はないが見つけると嬉しいものですw



久しぶりに復活した底辺P祭りですが、楽しませていただきました!

皆さんお疲れ様です!!

2009-09-05

通常更新分

・その1、井川KP

最後の最後で真剣に泣かせにきやがってこんちくしょう…!


作りながら何度も泣いたという最終回、あと少しおまけがあるそうですが、何はともあれ「アクトマスター」無事完結おめでとう&お疲れ様でした!

キレイな幕切れへの感謝と次回作への期待も込めて今日はトップでいかせていただきます。


でもね、泣ける最終回だけどギャグがないわけじゃないんよ。

OPナレの最後で爆笑したわいwww




・その2、ひろ。P(協力:AruP・G様P・小島よしおP)

「ギー太、俺と変われーー!!!」


などと口走ってしまうほどの完成度。気付かなかったが、「けいおん!」の唯ボイスとやよいは声質がかなり近いんだなぁ…違和感が全くないや。

3Dステージや背景にAruP、MMDやよいのギターソロにG様P、サムネ絵+ののヮさんモデルを小島よしおPからと、各方面から様々な協力を得て作られた「けいおん!」+「アイマス」作。これは伸びなきゃ嘘でしょ。




・その3、お茶P

そりゃこんなキレイな春香さん見てたら誰だって抱きしめたくなるだろう…

白さを見せ付ける締め前も目を惹くのおだが、実写背景をバックに踊る辺りも何気にいいダンスシンクロしてるんだよなぁ。お茶Pはまだまだ伸びる人だわ。期待が高まる。




・その4、かりふらP

これで速度無調整…だと…?BPMがぴったりあってるからなのかは分かりませんが、「フタリの記憶」ダンスまるで違和感なし。むしろばっちり?

背景のポロックの面白さ(マウスを動かす速度やクリックで色々変化がつけられる)も相まって最後まで目が釘づけでしたわ。




・その5、くろふねP

なんじゃこりゃあ!!っていうぐらいうねうね動く!楽しい!!

病院にPの見舞い?に向かう美希を護衛する765プロ+α一行と美希を狙う謎の3人組の壮絶な追いかけっこの結末は!?

いやー、それにしてもこの作画はスゴイなw




・その6、グリチルリチン酸ジカリウムP

Pの家に様子を見に行くだけの話がなんでこんなにツッコミどころ満載なのwwwいや、いつものことではあるんですがw

下ネタひどいしなんか謎が出てきたしで、もう毎回面白すぎるよなぁ。


…あ、今回ついに予約すらされなかったw




・その7、bbcP

……………どこをどうやったらこんな発想力が出てくるんだ…。

bbcPはホンマ謎多きお方やでぇ…




・その8、ヒデレックスP

あなたまでスネ夫かwwww

画像にもネタ詰め込んであってワロタw




・その9、tahiriP

オッケー、サムネホイホイだな。釣られてやるぜ。


(視聴後)……ア・ウ・ト♪

これはどう見ても痴早が悪いな、うんw




・その10、でぼんちょP

最初は「ちびみき」のパロかと思っていたら予想外の超天海にwwwww

この発想だけは真似たくないwwww

バーカバーカwwwww



ちーと消化不良ではありますが…

さー、「底辺P祭り2009」と「DRAM@S」見なきゃ。

2009-09-04

月1の楽しみ

今日のトップは勿論それですw

そして新作紹介。



・その1、カマトロP

毎週第1金曜日はカマトロPの日!

今回は961プロ所属の響が765プロに来ちゃったわけですが…これはひどいフルボッコwwww響カワイソウです><

そしてお約束のちょっといい話成分が…。それで「キュン」きちゃうのかよ!w


しかし「にゃー」をちゃんとコメする辺りみんな分かってるというか何と言うかw

これもカマトロPの計算通り?w




・その2、museP

musePのガチ春香さんktkr

しかも活動停止後を描いた作品なんて即マイリス余裕でしたじゃないか…。

視聴後はご本人による詳細な解説を読んでからもう1週すると更に味わい深くなる…。ロケハン風景の演出も感じ方、捉え方が一層重みを増すというものです。


2人で。側にいて。支え合って。

そんな未来が見えてくるようです。GJでした。




・その3、ロジックP

765幼稚園オールスター!!

前半部のメインキャラを順番に変えてくところもいいです、演出もばっちぐー。

うむ、これは「たいへんよくできました」をあげるしかないですね!


それにしてもこんな衣装をDLCにするバンナムは実に変態だなw




・その4、二階堂P

動く画面分割、サビで合流する伊織の入り方、オーラのような光、ぐりんぐりん動くカメラ、リズムと合わせた視覚効果…全てが私好みのカッコよさ。

むむう、これはツボったぞ。




・その5、ままかりP

センスも良くカッコイイPVなのですが、真を見つめ続ける雪歩の目がアレなので変に笑いが込み上げてきてしまうw

真ーっ!後ろーっ!!w




・その6、農民プーP

ほとんど動きのない静止画メインの作品だからこそ、あずささんの一瞬の動作にハッとなる。

白背景に黒歌詞字幕という潔いシンプルさ、だからこそ表示タイミングに気を使った丁寧さも光る。うん、いい雰囲気です。




・その7、P名無し

手描きの新人さん。絵柄と実写風景、そして使用曲がとてもいい感じの親和性を見せていますね。ちょっとだけ入るゲーム映像も意味深。

このしっとりとした雰囲気を醸し出せる方はなかなかいないので、次作も期待。




・その8、柊P

ほんわか和む。笑顔で癒される。ええのう。ええですのぅ。

それにしてもりっちゃん先生、しつけに厳しくそれでいて優しいのはいいのですが、その仕掛けはどうやってw




・その9、ハリアーP

なんだよこの超人ドッジボールはwww

反射衛星砲に人質作戦に2段構えまでみせたと思ったらそんなオチがwww

ハリアーPのギャグ展開読めなさすぎるwwww




・その10、P名無し(メタモル星人(仮)氏)

765プロならフュージョンぐらい日常茶飯事というわけですね分かります。

…って、みんな普通に納得してるんかい!!ww

合成が多少荒いですが、それもまたよし。しかしホントになんて呼んだらいいんだかwDB風にならえばちずささん?あずやん?w


そして展開の素晴らしさに忘れそうになったがこのちーちゃんの発想もダメすぎるw



・その11、すあまP

!?

実にけしからん衣装だがよくやった!感動した!!

変態紳士に不可能はないんだ…




・その12、でぼんちょP

単なる出オチかと思ったらなんだよこのシンクロ率wwww

メカ千早に吹き出したわww




・その13、いよいよ明日!CM2作

・ポケP+仮面P

・699P


いよいよ明日から公開の「DRAM@S」ですが、製作の遅れの影響からなんと「底辺P祭り2009」と同日に重なってましたwうひょー、全然気付いてなかったわw

DRAM@S」は5日、6日にOP・EDを含む3作ずつを、「底辺P祭り2009」は5日午前6時から順次アップ予定とのことです。こりゃあ土日は丸々動画視聴で潰れるかなw忙しくなりそうだぜ!

2009-09-03

今日の更新分

・その1、isaP+ターニャP+ おぱマP

予告されてました0902Pのプチ合作企画「ちは93」から1つ。

PVパートはリップシンクを丁寧に合わせた千早がメインの春香とのデュオステージが展開、タイポグラフィも印象に残りますがやはりダンスとリップ、双方のシンクロ率の高さが光ります。

そしてノベルパートではこちらも基本千早視点で2人の絆を描くのですが…きゃーきゃー!これは間違いなく「百合m@s」作品ですわー!気になる方はチェックをw




・その2、やぴP

強烈なサムネに惹かれてw


ただひたすらにインドカレーを愛する替え歌とは!欧風も和風もダメですか?w

SP素材を使ってフルサイズで作ってくれてるのも何だか嬉しいなぁ。勿論歌詞もフルサイズ全て変更済み!いやぁ、参ったw




・その3、椅子P

オッシャレー。

目に痛いほどのカラフルさがいかにも真夏のバカンス風味。

ポップさもそうだが、締めの画面の作りとかもやっぱりセンスを感じざるを得ないよなぁ。




・その4、毒38型P

きゃー、見逃してたー。

NMB+「I Want」が選んだ曲とぴったりマッチしていてグッド。

この組み合わせは実に洋楽向きかも知れないなぁ。




・その5、朗読P

選挙M@STER」CMですが、それを超えた何かを感じる…

この空気を醸し出せる辺りが流石朗読P。




・その6、ゆき☆P

いや終わってない!!まだ「選挙M@STER」終わってないから!!www

それと再現上手すぎなんですけど!!ww



他にもR(略)Pが企画宣伝CM作るわ(つーかあなた昨日自分のところのCM作ってたやないですかw)、tdnP、レスター伯Pらが広報CM作るわでみんなノリ良すぎだろwww

いいぞ、もっとやれw




・その7、∀P

絵柄の可愛さもいいが、ネタの面白さもいい!

それにしてもなんでみんなこう、あと少しが足りてない感じなんだw

それにしても「絶叫mind」は泣けるでぇ……「Pの鈍さにみんなが泣いた!」




・その8、P名無し(ak47good氏)

今週一番のサムネバキュームwwwwwwww


このミックスも誰かやるとは思っていたが………ダメだ変な笑いが止まらんww




・おまけ枠、影山P

流石公式殺しに定評のある影山P。物凄く自然で何もおかしなところがないデュオステージ。上手すぎるわー。(「ドリームクラブ」はソロステージしかできません、今のところは)

ボーカルとカメラの切り替えタイミングといい、左右反転でも不自然さを抱かせない合成といい、ニコマスで培った手腕を遺憾なく発揮しとりますなー。


…で、ニコマスのほうの新作は…?w

2009-09-02

本日の紹介分

・その1、ピコちょこP

おおっと、ピコちょこPが更に腕を上げたか。

音響に手を加えつつ、振り付け、シンクロ共に文句無しの味付け。

自作ステージの出来も良く、更には急遽追加のSBGも上手く取り入れてきた!

この曲にはぴったりですなぁ、この衣装は。うーん、お見事!




・その2、うてにゃんP

復活、じゃなくて新作ktkr!!

巡音ルカオリジナル曲なので、歌詞もニコニコを意識したものがちらほら。それをまた上手く演出やネタに取り入れていて楽しい!

ステージの光らせ具合もまた派手でいいですな。



・その3、wyrdP

不 可 思 議 な 魅 力


説明云々より見てもらったほうが…としか言えないなぁ。




・その4、ぷっくりP

ほいきた孫呉のターン!ここは千早が一番年長者なのか…苦労しそうだなぁ…

今回はかなり真面目度の高いお話。と言ってもきっちりギャグ成分は含んできていますがw現代アイテム、何出すのかと思ったらそれかいwww宣伝乙www

至るところで出てくる「揺らす」表現、心が和みます。



それにしても残る1人は一体どこへ…?

それは次回の講釈で?




・その5、P名無し

この設定…新しいな…。

最後まで見て「!?」となってしまうことまず間違い無し。

果たしてこれは今後どういう展開を見せるのか…、続き来たら見よう。




・その6、ガテラー星人P

小鳥さんの中の人が「ダイの大冒険」にハマっていましてな…

そりゃこんなネタを思いついても仕方ないというかなんというかw

セリフの置き換えがいちいち上手いw


つーか黒井社長、あんたも読んでたのかよ!w




・その7、どろっP(突発企画宣伝)

どろっPが突発的に選挙ポスターと政党を集めて投票企画を立ち上げちゃいました!その名もズバリ、「選挙M@STER」!w

いやぁ、最初にブログで政党ポスター見た時にはこんなに集まるとは思ってもみませんでしたよw(ツイッターで「みんな書いちゃえ」とか無責任につぶやいてましたがw)


というわけでお気に入りのポスター(政党)に1票入れてきましょう。

投票所はこちら


って、R(略)P何やってますのんwwww




・その8、arrangerP

ど…どうしてこうなった…!?


アレンジの凄さも強烈だが、それ以上にやよいの加工画像が怖いwwww

エンドールを守れ!全力を振り絞った総力戦!!

・ておくれP

緊張のあまり汗だくになっていた…

全ての力を出し尽くした激闘の感想は格納先にて。



続きを読む

同時開幕だったとは

「歌ってみm@ster2」「アイマス秋の紙芝居祭り'09」が同時に開幕を迎えることに気付かず当日を迎えてちょっとパニックw

しかも20選クラスのスゴイの来てしまった…



・その1、いけP

で、その20選クラスがこちら。

これはもう説明無しで見て欲しい。いいから見るんだ。


曲とPV、両方ガチなのもスゴイわー。




・その2、M@co.jP

真誕生祭にこの方が来ないわけがなかった。と言うより我慢出来ない訳がなかった?過去作から真出演部分を抜き出しての集大成!

新作のステージパートもシンクロ合わせ上手いよなー…幸せな4分間を味わいました。




・その3、ジェットP

小品ながら、見るべきところの多い演出が詰まっている。

濃縮された味わい。




・その4、HemijiP

デビュー作。

写真やフィルムといった効果的な画面作りを使い、尚且つ背景素材も動くものだったり動かしたりで飽きさせない作りがいい。

抜き素材だけじゃなくステージも混ぜてきているバランス感覚がいいと思います。今後に期待の持てる0909P筆頭?




・その5、ホワイトファーブラックアイP

サムネとタイトルでクリック、余裕ですねw

「もりのくまさん」そのままに展開されてはいるのですがネタの加え方が上手すぎるwおまけに熊春香さんがめっちゃカワイイ!あのつぶらな瞳…たまらんっ!

そしてオチも秀逸でしたw




・その6、柏城P

な ん た る む き り ょ く 

おまけのあっさりとした笑いも好きw




・その7、小町P

「歌ってみm@ster」公式開幕作品。

歌詞改変うめぇwどこにも無理がないw

PVのほうもガッチリ決まっております。




・その8、熊峰P

何も妄想合戦始めてるんですかこの2人はw

着実にランクは上がってるがそれはなんか違う気がするぞw




・その9、りてP

……………まったくついていけねぇ。何このマイコン世代会話。

もうこの2人結婚しちゃえよw


りてPは絶対俺より年上だと確信したw




・その10、ハリアーP

あれ?ちゅう…へん…?w


精神的スイッチ+スポーツは人格変わりますねw

「律子さん」からの変化で笑ったと思ったら最後がアレだww

もうどうにでもしてくれwww




・その11、ねんどP(企画参加者募集CM)

ああっ、またKaku-tail Party形式を使った新しい企画がっw

とりあえずす指定時間内で「こねる」のが趣旨らしいのですが…このCMのレベルの凄さは一体wぬるぬる動きよる!!w

流石はねんどPといったところでしょうか、びっくりしたわーw

2009-09-01

どうしよう…

昨日の選挙F1とで更新する気力が失せていたら物凄く動画が溜まっていた…orz



・その1、8P8P(08年8月デビューP合作)

公開が遅れていた0808Pの合作がついに完成!

お祭り合作だけあってとにかく楽しい!!PVのレベルの高さもさることながら、繋ぎのノベルパートは既存の立ち絵に頼らない抜き素材をふんだんに使って、おまけにゆっくりしていってね!まで乱入というこちらもお祭り騒ぎなパフォーマンス全開!

中には最初「おおおお!」と思わせてすぐさま「ちょwwwww」と1人で多彩な芸風?見せる人までいたり、相変わらずの詐胸技術を見せ付ける人もいたり、いつも通りの?小沢だったりw

つーか、あそこで小沢は読めねーよwww大爆笑したわwwwww


ネタガチ混在の祭組、ガチメドレーで攻めるFES組、そして一部以外は「ふおおお!」という驚きが詰まったコラボ組(いや、あれも驚きと言えば驚きですがw)。どのパートも素晴らしく楽しかったです!参加者の皆さん、お疲れ様!!




・その2、リズモアP

久しぶり謎の技術を見たw

表情やポーズの改変、変身シーンの理屈はすぐ分かるとしても「エンジェルトルネード」のとこは一体どうやったんだ!?

再現はとことん再現で、オリジナルはとことん楽しく。やっつけとか言ってますが、いやいや十分楽しいですって!お見事です。




・その3、72oP

ウゴウゴルーガとはこれまた懐かしい。

ステージが変わるたびバックダンサーも変わったり、ひらがなフォントが種類豊富だったり(出し方も多彩)、アイマスニコマス)キャラとウゴルーキャラを融合させてみたりと楽しい仕掛けがいっぱい。

締めも非常に凝っていて全くつまんなくなんかありませんでしたとも!歌詞に偽りアリ?w




・その4、しょじょんP

アイドルの透過具合と実写背景のチョイスがちょうどいい塩梅。

「見せる」よりも「聞かせる」ようなダンスがしっとり落ち着いた味わいを醸し出す。ブレイクタイムに最適。




・その5、みそP

ニコ生リク対決」の宣伝用動画が字幕差し替えで!

改めて見ると歌詞シンクロ率高すぎてぱねぇ。




・その6、とにせんP

演出過多?

てやんでい!曲のシャウトに負けないためにはこれぐらいやっちまっても全然いいんだよ!

しかし濡れ春香とかなんなのかと思ってたら吹き出す水でしたのね。納得。




・その7、RoshP

おお、なんという80年代チック。曲も背景素材も。

星もアップルも、どうも実写っぽく見えるんですがどういう素材使ったんだろう?

おっさんにはたまらない味付けでございました。




・その8、さばうにP

リン・レンの歌にあわせて踊ったあとは天気予報が始まってしまったwしかも随分大雑把wコメにも書かれてますけど、予報欄空けておけばコメントアートで普通に天気予報動画として機能しそうですねw

それにしても亜美真美篠沢教授に賭け続けたらアカンて!w




・その9、P名無し(uyuyu氏)

ジャズにあわせてみんなでチキンを食べましょう?

なかなか個性的な味わい。事務所で屠っちゃいけませんよw

後半にも何か書いて欲しかったのが正直なところ。




・その10、爽快P

にぎりがくさいPの協力を得て、爽快Pがノベマス新シリーズを!

舞台版「ラヂオの時間」をベースに765プロアイドルだけで行うことになったラジオドラマは果たしてどんな展開を見せるのか?

ドット絵がマイク前での動きやキャラの立ち位置、入れ替わりを表現してくれているので非常に分かりやすいです。流石ブロガーとしてもPとしても様々な作品を見てきた爽快P。BGMからインターフェースまで手抜かり無し!

ニコ割で配役を表示し続ける辺りも心憎いですなぁ。これも完結まで追うシリーズになってしまいました。

(ちなみに舞台版も映画版も見てない私にとっては純粋にシナリオも楽しみです)




・その11、ハリアーP

・中二必殺技

・2人はサテライト

・Tシャツ


仕込むネタが笑いのツボ突きすぎなんですよハリアーPは!w

チーム青の逆襲はあるのか!?ないのか!?




・その12、ヨナP

事務所モード音声+ネコミミモード=事務所モード。

あれ、モードが被ったw


画像の雪歩とシンクロしちゃいます。電子ドラッグならぬ貴音ドラッグ




・その13、ちょいワルP(企画宣伝CM)

ボカマス祭り3の宣伝動画…なの…です…が………

さん、はい。


「こ れ は ひ ど い w」


全てにおいて上手いから尚たち悪いわwwwwww