見る専プロデューサー生活、始めました

2009-12-05

素晴らしい公演を、ありがとう。

今日は帰ってからずっと【@Club Nights】三昧でした。



少し遅れてから会場へと足を運んだのですが、最初の春香が歌う「太陽のジェラシー」からもう雰囲気に浸りっぱなしでした。



19:00の曲は「太陽のジェラシー」と「リゾラ」。

20:00の曲は「I Want」に「迷走Mind」

21:00の曲は「いっぱいいっぱい」、「9:02pm」、「Kosmos, Cosmos」、「Colorful Days」

22:00の曲は「目が逢う瞬間」と「隣に…」


こうして見ると各時間帯に設定されたテーマはなんとなく伝わると思います。こうした演目の並びにも気を使ってあるところが「公演」なんだなぁ、と再確認しました。



が、そうした並びに気付いたのは通しで聞き終わったあと。

1つ1つの楽曲が本当に、本当に素晴らしくてすっかり聞き入ってしまったのですよ、これが。



どういう趣旨のライブかというイメージを捉えるのにばっちりな「太ジェラ」で雰囲気を掴んだあとは、「リゾラ」の可愛さとアレンジに驚き、本来の歌い手と異なる魅力を引き出した「I Want」、「迷走Mind」のコンボに魅了され、「いっぱいいっぱい」で脳が蕩けるような味わいに浸り、動画内時間きっかりに始まる「9:02pm」をウィスパーボイスで楽しみ、これほどまでに相性がいいものだったのかと驚く「Kosmos」に聞き入ったかと思えば、明るく楽しい笑顔がまざまざと目に浮かぶ「カラデイ」とコーラスに思わず歓声を上げ、そして情熱と感情がこもったラストの2曲に思わず涙が目に浮かぶ…。



ヘッドホンをし、目を閉じればそこに浮かぶのは貴方だけの空想の世界。

私には程よく照明の落とされた雰囲気の良いジャズバーで、スポットライトを浴び揃いのライブフォーヴィーナス衣装に身を包んだアイドル7人が、入れ替わり立ち替わりながらスタンドマイクを握り締め歌う姿が目に浮かびました。

私たちに「歌」を聞かせるべく、いつものダンスは封印して最小限の足の運びと手の動き、そしてスポットライトの明かりに映えるとびきりの表情で。感情を乗せて、情熱を込めて。

一流のバックバンドの皆さんとの静かだけれども、熱いセッションがありありと目の前の光景として浮かび上がりました。

チャットなどを通して聞くと、他の方々の浮かんだ光景もそれぞれ微妙に違っていたりして、こうした点も楽しみの一つかと思われます。



そして今回のリミックス、「音」も非常に豪華に感じました。

普段はここまで贅沢な味わいに浸ることはめったにないと思います。溢れ出る音の繋がり、心地よい響きは想像の翼を大きく広げるのに一役どころか二役も三役もかっていたことは間違いないでしょう。

こうしたこだわりもヘッドホン推奨と言える部分。ノンボーカル版も聞いてみたいという声も分からないことではないですね。



心地良い雰囲気に身を委ねたあとには、最後のテロップを見てまた心が揺り動かされる。そう、まだ終わりではない。

作り手の「アイドルマスター」公式楽曲への愛がこれ以上ないほどに伝わりました。

完全に匿名での企画運営、ニコマスブロガーへの宣伝活動の委託、つける動画は想像を膨らませるのに必要最小限で(照明や星の合わせ方は素晴らしいものでした)、と異例の企画ではありましたが、これほど素晴らしいセッションが聞けるとは…。感無量です。

公式曲の良さを再確認すると共に、雰囲気と曲に「酔える」場をもたらしてくれた企画主様への感謝もいっぱいです。本当にいいライブでした!ありがとうございます!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証