Hatena::ブログ(Diary)

アル・ガド:パレスチナ/イスラエル イベント情報 al-Ghad アルガド

このページをはてなアンテナに追加 はてなブックマーク RSS

パレスチナ/イスラエル関連を中心としたイベント、テレビ番組、書籍、映画などの情報メモ

更新情報をとばして本文へ

更新情報 RSS

2015-2-21
【イベント】2月28日:【京都】『自由と壁とヒップホップ』上映+公開ゼミ(講師:田浪亜央江)を追加
【イベント】3月1日:【京都】講演会「パレスチナの長期占領 ―それが意味するものと私たちの課題―」(講師:ラーセム・ハマーイシー)を追加
2015-2-18
【イベント】2月22日:【東京】岡真理さんと考えるパレスチナと日本の今+古居みずえさんのガザ取材報告 を追加
【書籍】『オルタ』2015年1月号を追加

2015-03-01

【京都】講演会「パレスチナの長期占領 ―それが意味するものと私たちの課題―」(講師:ラーセム・ハマーイシー)

| 14:31 | 【京都】講演会「パレスチナの長期占領 ―それが意味するものと私たちの課題―」(講師:ラーセム・ハマーイシー)を含むブックマーク

2015年3月1日(日)午後2:00-5:00

  • 会場:京都大学 吉田南総合館 西棟 4階 41教室(京都市左京区吉田本町)
  • 情勢説明:「占領というテロル―反開発、スペィシオサイド、漸進的ジェノサイド」
    発表者:岡真理(京都大学。現代アラブ文学、パレスチナ問題)
  • 講演:「イスラエルによるパレスチナ長期占領 ―その意味と課題」
    発表者:ラーセム・ハマーイシー(ハイファ大学。地理学、地域計画)
    使用言語:英語/逐次通訳つき
  • 参加費:無料
  • 連絡先:メール:tobina.hiromi@gmail.com(飛奈)

詳細情報

共催:京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室、大阪市立大学人権問題研究センター

協力:日本国際ボランティアセンター(JVC)市民社会フォーラム

2015-02-28

【京都】『自由と壁とヒップホップ』上映+公開ゼミ(講師:田浪亜央江)

| 14:05 | 【京都】『自由と壁とヒップホップ』上映+公開ゼミ(講師:田浪亜央江)を含むブックマーク

2015年2月28日(土)午後4:00-7:00

『自由と壁とヒップホップ』監督:ジャッキー・リーム・サッローム(2008/パレスチナ、アメリカ/83分)
アラビア語・英語・ヘブライ語(日本語・英語字幕)

自身もパレスチナにルーツを持つ女性監督ジャッキー・リーム・サッロームが描く、若者たちの音楽による非暴力の抵抗。中東の若者たちに芽生えた新しいカルチャーの動きを最先端で捉え、彼らが抱える社会的問題や歴史的背景の複雑さを映し出す。パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー。(公式サイトの紹介文より)

  • 公開ゼミ:
    「パレスチナの若者たちの姿から考える<表現と社会>」
    講師:田浪亜央江(成蹊大学アジア太平洋研究センター主任研究員/パレスチナ文化研究・中東地域研究)
  • 参加費:無料(要事前申し込み)
  • 申し込み:Tel:075-791-8240(平日10:00-17:00)
    ウェブサイト申し込みフォーム
  • 問い合わせ:Tel:075-791-9437

京都造形芸術大学 ダンスゼミ&ラボ Vol.3/3内での公開ゼミです。

『自由と壁とヒップホップ』公式サイト

『自由と壁とヒップホップ』公式フェイスブック

主催:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

2015-02-22

【東京】岡真理さんと考えるパレスチナと日本の今+古居みずえさんのガザ取材報告

| 10:08 | 【東京】岡真理さんと考えるパレスチナと日本の今+古居みずえさんのガザ取材報告を含むブックマーク

2015年2月22日(日)午後2:00-4:30(予定)

  • 会場:レストラン・らくだ(東京都世田谷区南烏山6-8-7 楽多ビル2階/京王線千歳烏山駅5分)
  • 講師:岡真理(京都大学教授)、古居みずえ(ジャーナリスト)
  • 参加費:1000円/学生500円
  • 定員:50人
  • 申し込み:今とこれからを考える一滴の会
    メール:hitosizukunokai@gmail.com/Fax:03-5313-1525
    楽多有志:Tel:03-5313-8151(11:00〜16:00 火・水・木・金)

主催:今とこれからを考える一滴の会

2015-02-18

『オルタ』2015年1月号

| 10:16 | 『オルタ』2015年1月号を含むブックマーク

『オルタ』2015年1月号表紙

アジア太平洋資料センター(PARC)の月刊誌『オルタ』2015年1月号が発行されました。

  • 銀行の社会性をまるっと格付け! ─ Fair Finance Guideが目指す市民による金融変革
  • 定価:300円(+税)

目次詳細(このページから注文できます)

PARC(アジア太平洋資料センター)

2015-02-11

【東京】「映画から見る中東社会の変容」(古居みずえ監督作品『ガーダ パレスチナの詩』上映+対談)

| 08:26 | 【東京】「映画から見る中東社会の変容」(古居みずえ監督作品『ガーダ パレスチナの詩』上映+対談)を含むブックマーク

2015年2月11日(水・休)午後3:00-

『ガーダ パレスチナの詩』 撮影・監督:古居みずえ(2005/日本/106分)

1988年、戦火のパレスチナで取材を始めた古居みずえは、ガザで出会った若い女性ガーダを通して、豊かなパレスチナの歴史・風土・老人たちの記憶を記録しつづけてきた。いまだ女性の声が表に現われることの少ないパレスチナで、同じ女性であるからこそ、ともに語り合い、カメラに収めることのできた古居みずえの最初の長編ドキュメンタリー作品。第6回(2006年度)石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞受賞。

  • コメンテーター:古居みずえ(対談者:後藤絵美)
  • 要事前予約
  • 予約先:メール:mecinema2014@gmail.com

詳細情報

主催:中東映画研究会

共催:東京大学・東洋学研究情報センター・セミナー 東文研・班研究「中東の社会変容と思想運動」

2015-02-08

【津】朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」

| 06:57 | 【津】朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」を含むブックマーク

2015年2月8日(日)午後2:00-3:45(受付開始1:10/開場1:30)

  • 会場:津市中央公民館 ホール(三重県津市大門7-15 津センターパレス2階/Tel:059-228-2618)

朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」

・脚本・演出:岡真理
・出演:国境なき朗読者たち

※朗読劇の詳細については、国境なき朗読者たちのホームページをご覧ください。

  • 入場料:事前予約1500円(障害のある方および介助者・大学生以下800円)/当日2000円(同1300円)
  • 開場:開演の30分前/受付:開場の20分前
    ※開演前10分を過ぎても受付をされない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。
  • 定員:100名
    ※満員の場合は入場できません。事前に予約・お申し込みください。
  • 予約・問い合わせ:Tel/Fax:059-229-3078/Tel:090-1239-1410(宮西)
    メール:syashinten@za.ztv.ne.jp

詳細情報

制作:ガザ朗読劇三重公演実行委員会、つばめクラブ

協賛:市民社会フォーラム

2015-02-01

【大阪】朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」

| 06:38 | 【大阪】朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」を含むブックマーク

2015年2月1日(日)
 1) 午後2:00-3:45(受付開始1:10/開場1:30)
 2) 午後6:00-7:45(受付開始5:10/開場5:30)

朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」

・脚本・演出:岡真理
・出演:国境なき朗読者たち

※朗読劇の詳細については、国境なき朗読者たちのホームページをご覧ください。

  • 入場料:事前予約1500円(障害のある方および介助者・大学生以下800円)/当日2000円(同1300円)
  • 開場:開演の30分前/受付:開場の20分前
    ※開演前10分を過ぎても受付をされない場合はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。
  • 定員:100名
    ※満員の場合は入場できません。事前に予約・お申し込みください。
  • 予約・問い合わせ:Tel:080-5314-1539(つくい)
    メール:tsubamegekidan@gmail.com(つばめ劇団)

詳細情報

制作:ふぇみん大阪、つばめクラブ

協賛:市民社会フォーラム

2015-01-31

【東京】川上泰徳氏退社記念講演会「私の中東取材」

| 07:17 | 【東京】川上泰徳氏退社記念講演会「私の中東取材」を含むブックマーク

2015年1月31日(土)午後2:00-4:30(開場1:30)

呼びかけ人:長沢栄治(東京大学教授)、臼杵陽(日本女子大学教授)、錦田愛子(東京外国語大学准教授)、土井敏邦(ジャーナリスト)

2015-01-23

【東京】緊急講演会「臼杵陽氏が読み解くパリ襲撃事件と "表現の自由" 」

| 06:58 | 【東京】緊急講演会「臼杵陽氏が読み解くパリ襲撃事件と "表現の自由" 」を含むブックマーク

2015年1月23日(金)午後7:15-9:00(開場7:00)

主催:土井敏邦パレスチナ記録の会

共催:社会思想史研究会

2015-01-11

【大阪】差別と戦争 〜アフガニスタン・特定秘密保護法・集団的自衛権・ヘイトクライム〜

| 05:44 | 【大阪】差別と戦争 〜アフガニスタン・特定秘密保護法・集団的自衛権・ヘイトクライム〜を含むブックマーク

2015年1月11日(日)午後1:30-4:30

  • 会場:ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)5階 特別会議室(大阪市中央区大手前1-3-49/Tel:06-6910-8500/地下鉄谷町線・京阪天満橋駅)
  • 講師:西谷文和(ジャーナリスト)/清末愛砂(室蘭工業大学教員)/前田朗東京造形大学教授)
  • 参加費:1000円(学生500円)
  • 申し込み不要
  • 問い合わせ:RAWAと連帯する会・関西
    Tel:090-3656-7409(桐生)
    メール:rawa-jp@hotmail.co.jp

主催:RAWAと連帯する会・関西

共催:室蘭工業大学大学院ひと文化系領域清末愛砂研究室

2014-12-31

『オルタ』2014年12月号

| 05:29 | 『オルタ』2014年12月号を含むブックマーク

『オルタ』2014年12月号表紙

アジア太平洋資料センター(PARC)の月刊誌『オルタ』2014年12月号が発行されました。

目次詳細(このページから注文できます)

PARC(アジア太平洋資料センター)

2014-12-20

『オルタ』2014年11月号

| 12:50 | 『オルタ』2014年11月号を含むブックマーク

『オルタ』2014年11月号表紙

アジア太平洋資料センター(PARC)の月刊誌『オルタ』2014年11月号が発行されました。

  • なぜ日本は今石炭火力を輸出するのか?
  • 定価:300円(+税)

目次詳細(このページから注文できます)

PARC(アジア太平洋資料センター)

2014-12-14

【鹿児島】国際理解連続講座 第2回 パレスチナ編(第3部・第4部)

| 13:05 | 【鹿児島】国際理解連続講座 第2回 パレスチナ編(第3部・第4部)を含むブックマーク

2014年12月14日(日)午後1:00-

  • 会場:鹿児島市社会福祉協議会 ボランティアセンター 5階 中会議室 (鹿児島県鹿児島市山下町15-1 かごしま市民福祉プラザ)
  • 内容
    ・第3部:午後1:00-2:30 映画上映

    『ぼくたちは見た ─ガザ・サムニ家の子どもたち─』
    撮影・監督:古居みずえ(2011/日本/86分)

    2008年暮から3週間にわたったイスラエルによるパレスチナ・ガザ地区の大規模無差別攻撃では、未成年者を含む大勢の人が殺され、生き残った多くも、家族が残虐に殺されるのをまのあたりにするといった想像を絶する体験を強いられた。報道管制が解かれた直後、現地入りしたジャーナリスト・古居みずえが、厳しい状況下、多くの子どもの "心" にフォーカスして撮影したドキュメンタリー。『ガーダ パレスチナの詩』に続く第2回監督作品。

    ・第4部:午後2:40-3:40 現地報告
     パレスチナ子どものキャンペーン エルサレム現地スタッフ
  • 参加費:無料

詳細情報

主催・問い合わせ:ささえあいネット ATLAS
 メール:atlas.kagoshima@gmail.com

協賛:きりしま市民法律事務所、朝日保険サービス

2014-12-13

こころの時代 〜宗教・人生〜「ガザに "根" を張る」(ラジ・スラーニ/徐京植)(再)

| 10:54 | こころの時代 〜宗教・人生〜「ガザに "根" を張る」(ラジ・スラーニ/徐京植)(再)を含むブックマーク

2014年12月13日(土)午後1:00-2:00

NHK Eテレ

出演:ラジ・スラーニ(パレスチナ人権センター代表、弁護士)
聞き手:徐京植(作家、東京経済大学教授)

ラジ・スラーニさんは弁護士の傍ら、戦争や暴力の絶えないガザで人権保護団体を創設。ガザの現状を世界に向け告発し続けた。その闘いはイスラエルのみならずパレスチナ自治政府にも向けられ、両者から逮捕拘禁されるなどの弾圧を受けた。悲惨な状況の中でも心の支えとなったのは「人間としての尊厳」。来日したスラーニさんは原発事故で汚染された飯舘村を訪ね、ガザと共通する問題を見つめた。苦難から見いだした思想と人生を聞く。[放送案内より]

番組紹介ページ

番組サイト:こころの時代

2014-11-30

【鹿児島】国際理解連続講座 第1回 パレスチナ編

| 10:03 | 【鹿児島】国際理解連続講座 第1回 パレスチナ編を含むブックマーク

2014年11月30日(日)午後1:00-

詳細情報・第1部第2部

主催・問い合わせ:ささえあいネット ATLAS
 Tel:090-1928-4485(塚田)

協賛:きりしま市民法律事務所、朝日保険サービス

2014-11-29

【京都】『自由と壁とヒップホップ』劇場公開(立誠シネマプロジェクト)

| 05:42 | 【京都】『自由と壁とヒップホップ』劇場公開(立誠シネマプロジェクト)を含むブックマーク

2014年11月29日(土)〜12月5日(金)

『自由と壁とヒップホップ』監督:ジャッキー・リーム・サッローム(2008/パレスチナ、アメリカ/83分)
アラビア語・英語・ヘブライ語(日本語・英語字幕)

自身もパレスチナにルーツを持つ女性監督ジャッキー・リーム・サッロームが描く、若者たちの音楽による非暴力の抵抗。中東の若者たちに芽生えた新しいカルチャーの動きを最先端で捉え、彼らが抱える社会的問題や歴史的背景の複雑さを映し出す。パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー。(公式サイトの紹介文より)

  • 上映時間
    ・11月29日(土)、30日(日):午後0:00-
    ・12月1日(月)〜5日(金):午後3:00-

※詳しいことは立誠シネマプロジェクトのサイトでご確認ください。

『自由と壁とヒップホップ』公式サイト

『自由と壁とヒップホップ』公式フェイスブック


【横浜】『自由と壁とヒップホップ』アンコール上映(シネマ・ジャック&べティ)

| 05:26 | 【横浜】『自由と壁とヒップホップ』アンコール上映(シネマ・ジャック&べティ)を含むブックマーク

2014年11月29日(土)〜12月5日(金)

『自由と壁とヒップホップ』監督:ジャッキー・リーム・サッローム(2008/パレスチナ、アメリカ/83分)
アラビア語・英語・ヘブライ語(日本語・英語字幕)

自身もパレスチナにルーツを持つ女性監督ジャッキー・リーム・サッロームが描く、若者たちの音楽による非暴力の抵抗。中東の若者たちに芽生えた新しいカルチャーの動きを最先端で捉え、彼らが抱える社会的問題や歴史的背景の複雑さを映し出す。パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー。(公式サイトの紹介文より)

  • 上映時間:午後6:05-7:45

※詳しいことはシネマ・ジャック&ベティのサイトでご確認ください。

『自由と壁とヒップホップ』公式サイト

『自由と壁とヒップホップ』公式フェイスブック


【東京】「ガザ復興に寄り添う 〜NGOスタッフが見た人々の姿と展望〜」(報告:金子由佳(JVC))

| 06:06 | 【東京】「ガザ復興に寄り添う 〜NGOスタッフが見た人々の姿と展望〜」(報告:金子由佳(JVC))を含むブックマーク

2014年11月29日(土)午前11:00-午後1:00(開場10:30)

  • 会場:クリエイティブOne秋葉原ビル8F ラーニングカフェ(東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル8F/ Tel:03-3834-2388/JR御徒町駅・秋葉原駅7分、地下鉄末広町駅5分)
  • 報告:金子由佳(JVCパレスチナ事業現地調整員 ガザ事業担当)
  • 参加費:一般1000円/JVC会員500円
  • 定員:25名(要事前申し込み)
  • 申し込み・問い合わせ:Tel:03-3834-2388
    メール:namiki@ngo-jvc.net(並木)
    ※以下の詳細情報ページからも申し込めます。

詳細情報

主催:日本国際ボランティアセンター(JVC)


【東京】11.29 チャリティ・イベント「パレスチナに思いを馳せて」パレスチナ人民連帯国際デー記念(トーク:酒井啓子)

| 09:34 | 【東京】11.29 チャリティ・イベント「パレスチナに思いを馳せて」パレスチナ人民連帯国際デー記念(トーク:酒井啓子)を含むブックマーク

2014年11月29日(土)午後2:30-7:00(開場2:00)

  • 会場:日本聖公会聖アンデレ教会 アンデレホール(東京都港区芝公園3-6-18/地下鉄神谷町駅7分)
  • 内容:トーク、アラブ音楽の集い、ほか
    ・トーク:酒井啓子(千葉大学教授)
    ・ウード演奏:常味裕司
  • 参加費:1000円(ソフトドリンク、お菓子つき)

詳細情報

主催・問い合わせ:パレスチナ子どものキャンペーン
 Tel:03-3953-1393/メール:ccp@bd.mbn.or.jp

2014-11-28

【大阪】『自由と壁とヒップホップ』上映+トーク(岡真理)

| 15:29 | 【大阪】『自由と壁とヒップホップ』上映+トーク(岡真理)を含むブックマーク

2014年11月28日(金)午後6:35-

  • 劇場:第七藝術劇場(大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ6階/Tel:06-6302-2073/阪急十三駅3分)

『自由と壁とヒップホップ』監督:ジャッキー・リーム・サッローム(2008/パレスチナ、アメリカ/83分)
アラビア語・英語・ヘブライ語(日本語・英語字幕)

自身もパレスチナにルーツを持つ女性監督ジャッキー・リーム・サッロームが描く、若者たちの音楽による非暴力の抵抗。中東の若者たちに芽生えた新しいカルチャーの動きを最先端で捉え、彼らが抱える社会的問題や歴史的背景の複雑さを映し出す。パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー。(公式サイトの紹介文より)

  • トーク(上映後):岡真理(現代アラブ文学、京都大学教授)「自由と尊厳を求めて」
  • 料金:前売500円(11月21日まで、チケットぴあ、ローソンチケットで販売)/当日700円/ヒューライツ・ナナゲイ会員500円

※ヒューライツ大阪設立20周年記念事業 "映画は自由をめざす〜「問い」と出会う7日間" での上映。全5作品が上映されます。詳しくは詳細情報をご覧ください。

『自由と壁とヒップホップ』公式サイト

『自由と壁とヒップホツプ』公式フェイスブック

主催:ヒューライツ大阪

協力:アニープラネット、エスパース・サロウ、シグロ、スターサンズ、北星株式会社、中村一成(ジャーナリスト)、第七藝術劇場

2014-11-22

【大阪】『自由と壁とヒップホップ』上映+トーク(東琢磨)

| 15:21 | 【大阪】『自由と壁とヒップホップ』上映+トーク(東琢磨)を含むブックマーク

2014年11月22日(土)午後1:45-

  • 劇場:第七藝術劇場(大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ6階/Tel:06-6302-2073/阪急十三駅3分)

『自由と壁とヒップホップ』監督:ジャッキー・リーム・サッローム(2008/パレスチナ、アメリカ/83分)
アラビア語・英語・ヘブライ語(日本語・英語字幕)

自身もパレスチナにルーツを持つ女性監督ジャッキー・リーム・サッロームが描く、若者たちの音楽による非暴力の抵抗。中東の若者たちに芽生えた新しいカルチャーの動きを最先端で捉え、彼らが抱える社会的問題や歴史的背景の複雑さを映し出す。パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー。(公式サイトの紹介文より)

  • トーク(上映後):東琢磨(音楽評論家)「<うた>とは、持たざる者たちの唯一にして最強の武器である」
  • 料金:前売500円(11月21日まで、チケットぴあ、ローソンチケットで販売)/当日700円/ヒューライツ・ナナゲイ会員500円

※ヒューライツ大阪設立20周年記念事業 "映画は自由をめざす〜「問い」と出会う7日間" での上映。全5作品が上映されます。詳しくは詳細情報をご覧ください。

『自由と壁とヒップホップ』公式サイト

『自由と壁とヒップホツプ』公式フェイスブック

主催:ヒューライツ大阪

協力:アニープラネット、エスパース・サロウ、シグロ、スターサンズ、北星株式会社、中村一成(ジャーナリスト)、第七藝術劇場

2014-11-16

【那覇】『自由と壁とヒップホツプ』上映+ライブ

| 11:16 | 【那覇】『自由と壁とヒップホツプ』上映+ライブを含むブックマーク

2014年11月16日(日)開場 午後5:00
 第1部 6:00-/第2部 10:30-

  • 会場:LOVEBALL(沖縄県那覇市久茂地2-13-14 ヨーロピアンビル4階/Tel:098-867-0002)
  • 内容:『自由と壁とヒップホツプ』上映+ライブ(三宅洋平ほか)

『自由と壁とヒップホップ』監督:ジャッキー・リーム・サッローム(2008/パレスチナ、アメリカ/83分)
アラビア語・英語・ヘブライ語(日本語・英語字幕)

自身もパレスチナにルーツを持つ女性監督ジャッキー・リーム・サッロームが描く、若者たちの音楽による非暴力の抵抗。中東の若者たちに芽生えた新しいカルチャーの動きを最先端で捉え、彼らが抱える社会的問題や歴史的背景の複雑さを映し出す。パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げた初めての長編ドキュメンタリー。(公式サイトの紹介文より)

  • 料金:前売2000円/当日2500円(1ドリンクつき)

詳細情報(facebook)

『自由と壁とヒップホップ』公式サイト

『自由と壁とヒップホツプ』公式フェイスブック

2014-11-14

ETV特集「2014 ガザからの報告 〜イスラエル・パレスチナ紛争〜」(再)

| 09:27 | ETV特集「2014 ガザからの報告 〜イスラエル・パレスチナ紛争〜」(再)を含むブックマーク

2014年11月14日(金)深夜24:00-25:00(15日(土)午前0:00-1:00)

NHK Eテレ

番組紹介ページ

番組サイト:ETV特集

2014-11-12

【大阪・京都】ガザに自由を! パレスチナに公正な平和を! 《イスラエル・ボイコット》マラソンデモ

| 15:48 | 【大阪・京都】ガザに自由を! パレスチナに公正な平和を! 《イスラエル・ボイコット》マラソンデモを含むブックマーク

2014年11月12日(水)〜12月24日(水)

  • 場所・時間
    ・大阪:ヨドバシ梅田前でアピール行動
     (平日は午後6:00-6:30/土日休は午前11:30-12:00)
    ・京都:京都ヨドバシ前でアピール行動
     (平日の午後4:30-5:00)
    ※全国の皆さまへ:各地のヨドバシカメラ店舗でアピール行動を行なってください。
  • 連絡先:Tel:06-7777-4935(市民共同オフィスSORA)
    メール:palestine.forum@gmail.com

詳細情報

呼びかけ:《イスラエル・ボイコット》マラソンデモ実行委員会

賛同団体(11月11日現在):ATTAC関西、アハリー・アラブ病院を支援する会、がらくた茶房 どるめん、関西共同行動、キリスト教事業所連帯合同労働組合、「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン、占領に反対する芸術家たち、日本キリスト教団大阪教区社会委員会、日本キリスト教団羽生の森教会、パレスチナと仙台を結ぶ会、パレスチナの平和を考える会、靖国・天皇制問題情報センター

2014-11-08

ETV特集「2014 ガザからの報告 〜イスラエル・パレスチナ紛争〜」

| 09:22 | ETV特集「2014 ガザからの報告 〜イスラエル・パレスチナ紛争〜」を含むブックマーク

2014年11月8日(土)午後11:00-12:00

※再放送:2014年11月14日(金)深夜24:00-25:00(15日(土)午前0:00-1:00)

NHK Eテレ

番組紹介ページ

番組サイト:ETV特集

2014-11-04

『オルタ』2014年10月号

| 09:54 | 『オルタ』2014年10月号を含むブックマーク

『オルタ』2014年10月号表紙

アジア太平洋資料センター(PARC)の月刊誌『オルタ』2014年10月号が発行されました。

  • TPP交渉の現在─さらに運動を強めよう
  • 定価:300円(+税)

詳細

PARC(アジア太平洋資料センター)

2014-11-03

【大阪】憲法公布69周年記念シンポジウム「武力で平和は守れない ─イラクやガザなど中東地域の現状と私たちにできること」

| 10:31 | 【大阪】憲法公布69周年記念シンポジウム「武力で平和は守れない ─イラクやガザなど中東地域の現状と私たちにできること」を含むブックマーク

2014年11月3日(月・休)午後2:00-4:30(開場1:30)

  • 会場:エル・おおさか 南館1023号室(大阪市中央区北浜東3-14/Tel:06-6942-0001/京阪・地下鉄谷町線天満橋駅より西へ300m)

[パネル報告]

  • 「イラク危機の現状 ─人道支援の現場から」 高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)
  • 「ガザ・ジェノサイドの実相」 岡真理(京都大学教授、アラブ文学)
  • 「自衛隊イラク派遣の教訓と集団的自衛権」 泥憲和(元自衛官
  • コーディネーター:梅田章二(弁護士)
  • 参加協力費:1000円
  • 連絡先:
    メール:civilesocietyforum@gmail.com(市民社会フォーラム)
    Tel:06-6966-9003(WSFおおさか連絡会)

詳細情報

共催:WSFおおさか連絡会、市民社会フォーラム、イラクの子どもを救う会

2014-10-26

【東京】講演会「パレスチナと中東でいま起きていること」(講師:川上泰徳/古居みずえ)

| 05:38 | 【東京】講演会「パレスチナと中東でいま起きていること」(講師:川上泰徳/古居みずえ)を含むブックマーク

2014年10月26日(日)午後1:30-5:00

  • 会場:中央大学駿河台記念館 2階280号室(東京都千代田区神田駿河台3-11-5/JR中央線・地下鉄丸の内線・千代田線御茶ノ水駅5分)
  • 講師:川上泰徳(朝日新聞記者、前中東アフリカ総局長)/古居みずえ(フォトジャーナリスト。映画監督)
  • 参加費:1000円
  • 定員:140名(当日先着順)

詳細情報(PDF)

主催・問い合わせ:パレスチナ子どものキャンペーン
 Tel:03-3953-1393/メール:info@ccp-ngo.jp

2014-10-25

【東京】平和・学習講座〈パレスチナの人びとに学ぶ平和の創りかた〉第3回「私にできること、私だからできることを求めて」

| 11:57 | 【東京】平和・学習講座〈パレスチナの人びとに学ぶ平和の創りかた〉第3回「私にできること、私だからできることを求めて」を含むブックマーク

2014年10月25日(土)午後1:30-4:30

[内容]

  • 発表「これまでの学習をふりかえって」
  • 報告「私にできることへのヒント」:鈴木啓之(パレスチナ学生基金)/藤屋リカ(日本国際ボランティアセンター(JVC))/岡本達思(パレスチナの子どもの里親運動)/古居みずえ(ジャーナリスト)/齋藤真哉(板橋区立大原社会教育会館)/ほか
  • グループセッション「私だからできることを求めて」
  • フリートーク(感じたことや思いを自由に)
  • まとめ:長沢栄治(東京大学東洋文化研究所教授)
  • 定員:60名/当日会場で受け付け、事前申し込み不要
  • 参加費:無料
  • 問い合わせ:大原社会教育会館(齋藤)
    Tel:03-3969-0401
    メール:osyakyo@city.itabashi.tokyo.jp

・第1回:9月27日(土)午後1:30-4:30
・第2回:10月4日(土)午後4:30-7:30
・第3回:10月25日(土)午後1:30-4:30

主催:板橋区教育委員会

共同企画・運営:ピース・スコーレ(平和の学校)、ピース・ファクトリー、パレスチナ学生基金

共催(第3回のみ):日本国際ボランティアセンター(JVC)

2014-10-19

【武蔵野】越境・表現・アイデンティティ ─アラブ文学との対話 ラウィ・ハージ/モナ・プリンス/サミュエル・シモン氏を迎えて

| 06:25 | 【武蔵野】越境・表現・アイデンティティ ─アラブ文学との対話 ラウィ・ハージ/モナ・プリンス/サミュエル・シモン氏を迎えてを含むブックマーク

2014年10月19日(日)午後1:00-(開場0:30)

  • 会場:成蹊大学 10号館2階 大会議室(東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1/吉祥寺駅北口より徒歩約15分・バス乗り場1番2番より関東バスで約5分「成蹊学園前」下車) キャンパスマップ
  • ゲスト:
    ・モナ・プリンス(作家、スエズ大学芸術学部助教授(英文学)。2011年「アラブの春」には積極的に抗議行動に参加し、18日間の経験を記した『わが名は革命』を発表)
    ・ラウィ・ハージ(作家。2006年に内戦下のベイルートを少年の視点でとらえた『デニーロ・ゲーム』(白水社)を発表)
    ・サミュエル・シモン(編集者。多様な現代アラブ文学を英語で紹介する雑誌『Banipal』を刊行)
  • コメント:小野正嗣(作家。フランス文学)/山本薫(アラブ文学)/太田昌国(ラテンアメリカ文学。現代企画室)
  • 参加費:無料/逐次通訳あり
    ※終了後、7時頃より大学内の施設でレセプションを行なう予定
  • 問い合わせ:成蹊大学アジア太平洋研究センター(CAPS)
    Tel:0422-37-3549/メール:caps@jim.seikei.ac.jp

主催:成蹊大学アジア太平洋研究センター(CAPS)、科学研究費基盤研究(A)海外調査「レバノン・シリア移民の拡張型ネットワーク」(研究代表者・黒木英充)


【東京】「パレスチナ難民の生と死を見つめて 〜なぜパレスチナ難民は今も『難民』なのか〜」

| 08:53 | 【東京】「パレスチナ難民の生と死を見つめて 〜なぜパレスチナ難民は今も『難民』なのか〜」を含むブックマーク

2014年10月19日(日)午後2:00-7:00(開場1:30)

[プログラム]

  • 第1部:講演会 午後2:00-
    広河隆一(フォトジャーナリスト、〈パレスチナの子どもの里親運動〉創設者)
    ・岡真理(アラブ文学。京都大学大学院教授)
    ※難民キャンプからのメッセージビデオ上映
  • 第2部:懇親会(第1部の講演者を囲んで) 4:00-
  • 申し込み・問い合わせ:パレスチナ子どもの里親運動
    Tel/Fax:03-3227-2706/メール:jccp@nifty.com
    ※会場のキャパシティに限りがあるため、事前に申し込んでください。特に、懇親会の参加については、10月15日(水)までに予約してください。

詳細情報

主催:パレスチナの子どもの里親運動

2014-10-18

【武蔵野】パレスチナ難民のオーラルヒストリーを聴く ─ムハンマド・ハッシャーン氏を迎えて

| 06:16 | 【武蔵野】パレスチナ難民のオーラルヒストリーを聴く ─ムハンマド・ハッシャーン氏を迎えてを含むブックマーク

2014年10月18日(土)午後2:00-(開場1:30)

  • 会場:成蹊大学 10号館2階 大会議室(東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1/吉祥寺駅北口より徒歩約15分・バス乗り場1番2番より関東バスで約5分「成蹊学園前」下車) キャンパスマップ
  • 講師:ムハンマド・ハッシャーン(パレスチナのソフマータに生まれ、長年レバノンの難民キャンプで暮らす。2007年よりメモワールの執筆を開始、『北部境界線』として刊行される)
  • 参加費:無料/逐次通訳あり
  • 問い合わせ:成蹊大学アジア太平洋研究センター(CAPS)
    Tel:0422-37-3549/メール:caps@jim.seikei.ac.jp

主催:成蹊大学アジア太平洋研究センター(CAPS)、科学研究費基盤研究(A)海外調査「レバノン・シリア移民の拡張型ネットワーク」(研究代表者・黒木英充)


【京都】カフェ・フリーデン「パレスチナ・ガザと私たち ─声を聞き、考え、応答する─」

| 08:25 | 【京都】カフェ・フリーデン「パレスチナ・ガザと私たち ─声を聞き、考え、応答する─」を含むブックマーク

2014年10月18日(土)午後2:00-4:00

  • 会場:京都YWCA うららかふぇ(京都市上京区室町通出水上ル近衛町44/Tel:075-431-0351/地下鉄今出川駅・丸太町駅10分)
  • 話し手:堀部碧(京都YWCA職員)
  • 参加費:無料(飲みもの・お菓子などは別途、うららかふぇで注文ください)
  • 申し込み不要
  • 問い合わせ:京都YWCA
    Tel:075-431-0351/Fax:075-431-0352
    メール:office@kyoto.ywca.or.jp

詳細情報

主催:京都YWCA 平和委員会

2014-10-17

【東京】自己多面化と空間構想力 ─ラウィ・ハージ氏を囲んで

| 06:03 | 【東京】自己多面化と空間構想力 ─ラウィ・ハージ氏を囲んでを含むブックマーク

2014年10月17日(金)午後6:00-7:45(開場5:30)

  • 会場:如水会館 コンファレンスルーム(東京都千代田区一ツ橋2-1-1/地下鉄竹橋駅4分、地下鉄神保町駅3分)
  • 講師:ラウィ・ハージ(作家。2006年に内戦下のベイルートを少年の視点でとらえた『デニーロ・ゲーム』(白水社)を発表)
  • 聞き手:黒木英充(東京外国語大学教授)
  • 使用言語:英語(通訳なし)
  • 参加費:無料
  • 問い合わせ:成蹊大学アジア太平洋研究センター(CAPS)
    Tel:0422-37-3549/メール:caps@jim.seikei.ac.jp

主催:成蹊大学アジア太平洋研究センター(CAPS)、科学研究費基盤研究(A)海外調査「レバノン・シリア移民の拡張型ネットワーク」(研究代表者・黒木英充)

2014-10-16

【東京】リングァ茶屋 Vol.14 モナ・プリンスさんの「アラブの春」

| 05:46 | 【東京】リングァ茶屋 Vol.14 モナ・プリンスさんの「アラブの春」を含むブックマーク

2014年10月16日(木)午後7:00-8:30(受付開始6:30)

  • 会場:アレイホール(東京都世田谷区北沢2-24-8 下北沢アレイビル3階/Tel:03-3468-1086/小田急線・井の頭線下北沢駅3分)
  • 講師:モナ・プリンス(作家、スエズ大学芸術学部助教授(英文学)。2011年「アラブの春」には積極的に抗議行動に参加し、18日間の経験を記した『わが名は革命』を発表)
  • 参加費:500円
  • 予約・問い合わせ:リングァ・ギルド
    Tel:03-5452-4450/メール:lingua@linguaguild.com

主催:リングァ・ギルド