Hatena::ブログ(Diary)

Twitterに適さない長文とか Twitter

2012-06-13

氷菓7話・湯めぐり探訪〜日帰り編〜

氷菓7話「正体見たり」が温泉回ということで、
モデルの平湯温泉までちょっと行って来ました。

作中だとバスで1時間半ということでしたが、高山から平湯だと1時間弱ですね。(料金は1530円)
平日ということもあり、乗客は8人ほど。地元の人と観光の方と半々といったところ。
バス車内>
f:id:albatros:20120613214610j:image:w240f:id:albatros:20120611103817j:image:w240

f:id:albatros:20120613220039j:image:w240f:id:albatros:20120611103842j:image:w240
せっかく作中通りバスを利用したのに、全く一致せず。まあ、ここはいいんですけどね…
道程は山道とカーブが多く、後部座席に乗って1時間以上揺られていれば、
ホータローが酔っちゃうのもまあ、わからなくはない…かも。

<平湯バスターミナル>
f:id:albatros:20120613222939j:image:w240f:id:albatros:20120611114617j:image:w240
ここは知ってる人なら一発で分かるくらい、完璧な一致ですね。
f:id:albatros:20120613222941j:image:w240f:id:albatros:20120611114805j:image:w240
柱の太さ以外はほぼ一致。

<平湯民俗館・平湯の湯>
バスターミナルから北へ2,3分歩くと、作中で登場した温泉があります。
f:id:albatros:20120613222943j:image:w240f:id:albatros:20120611131558j:image:w240
ここは平湯民俗館という、無料見学施設に併設された公衆温泉です。
民族間は茅葺きの古民家で、山村の生活ぶりが見学できる…そうなんですが、残念ながらこの日は休みでした。
f:id:albatros:20120613232932j:image:w240f:id:albatros:20120611133053j:image:w240

f:id:albatros:20120613225259j:image:w240f:id:albatros:20120611135217j:image:w240
広さは作中の半分くらいのイメージですね。屋根なしの部分がまるっと無い感じ。
ホータローを華麗にガードした、黄色のケロリン洗面器は健在です!

温泉は鉄分が多くて(顔洗うと鉄の匂いするくらい)白濁したお湯。
野趣あふれるいい雰囲気露天風呂でした!

<お宿・青山荘>
作中で古典部メンバーが泊まった「青山荘」なんですが、
風景から特定できる位置にある旅館は、外観が一致せず、内観もモデルとはなっていないようです。
この辺りは千反田邸と同じですが、「青山荘」にモデルがあるかは不明です。
構造が謎に関わっている+幽霊ネタイメージ悪い、ということで架空の可能性が高いと思います)

<周辺の風景とか>
f:id:albatros:20120613232935j:image:w240f:id:albatros:20120611140253j:image:w240

f:id:albatros:20120613232936j:image:w240f:id:albatros:20120611131414j:image:w240

f:id:albatros:20120613232938j:image:w240f:id:albatros:20120611115850j:image:w240
さっきの温泉から徒歩2分圏内で全部回収できちゃいました。
まあ、何度も温泉に入りに行けるくらいの距離なので、設定通りなんですが。

意外と時間が余ったので、更に奥に進んで「神の湯」とか、
バスターミナル近くの「ひらゆの森」とか、温泉巡りも楽しんできました。
奥飛騨温泉郷という括りとしては、福地、新平湯、栃尾、新穂高へも足を伸ばすことができるので、
今度は素直に車で来ようかなと思います。



最後に、
7話は温泉シーンのみならず、話としても綺麗にまとまった回だったと思いますが、
個人的に不満な点がありまして・・・

摩耶花が温泉行く描写すらないってどういうこと!

しかも、えるとホータローばっかりに話題が言ってほとんど気にされててないのが哀れ…
11.5話のプール回に期待します。

※当ブログでは比較のために画像の引用を行なっています。
これらの著作権は©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会に帰属します。

2012-05-25 アフター5は氷菓探訪へ〜4話・5話〜

最近どうにも休みが取れないので、地元民ならではの荒業で
仕事終わりに氷菓探訪行って来ました。(実際はアフター6近かった…)
とりあえずの目的は、4話と5話千反田邸への行き帰りシーンの回収です。
(PCでキャプ取る環境ないので、TV直撮りですいません)

というわけで、まずは4話から
<サイクリングシーン冒頭>
f:id:albatros:20120525214941j:image:w240f:id:albatros:20120525182104j:image:w240
<酒屋の看板前>
f:id:albatros:20120525215014j:image:w240f:id:albatros:20120525183147j:image:w240
<止まれの交差点>
f:id:albatros:20120525215052j:image:w240f:id:albatros:20120525182510j:image:w240
<川沿い>
f:id:albatros:20120525215109j:image:w240f:id:albatros:20120525181707j:image:w240
実はここまでのコースと次の陣出方面案内板は、
進行方向が逆になってるんですよね。4話・自転車コース2〜5から6のとこ。
http://goo.gl/maps/eIne

<陣出方面への案内板>
f:id:albatros:20120525215315j:image:w240f:id:albatros:20120525190144j:image:w240
この辺りで、明らかに暗くなりかけてますw
この後の田んぼとビニールハウス風景の一致ポイントを探していたんですが、
脇道にそれて吟味しているうちに、どんどん日が沈んでいって…
<千反田邸正面>
f:id:albatros:20120525142138j:image:w240f:id:albatros:20120525191823j:image:w240
この暗さだと、何が何やらって感じです…。
一応右手の民家が一致しているので、千反田邸の位置モデルと言うことになるでしょうか。
(邸宅がある場所は、実際には神社になっています)
f:id:albatros:20120525191954j:image:w240

田んぼやビニールハウスの風景は何枚か撮ったんですが、
これ!というものは見つけられませんでした。
f:id:albatros:20120525184049j:image:medium f:id:albatros:20120525184328j:image:medium f:id:albatros:20120525190742j:image:medium


撮影時間は前後するんですけど、続いて5話へ
<帰り道・遠くに見える鳥居>
f:id:albatros:20120525140427j:image:w240f:id:albatros:20120525184751j:image:w240
行きの時にビニールハウス探してたら、突然目に入って来ました。
横の街路灯と赤い棒が一致してるので間違いないと思います。
帰りに神社も覗いて行こうと思ったんですが…
f:id:albatros:20120525193626j:image:w240
一人肝試し状態だったので、諦めましたw

<ラストシーンのポスト>
実はこれはルートも違ったので帰るまで忘れてました。
f:id:albatros:20120525141542j:image:w240f:id:albatros:20120525200615j:image:w240
一応回収に行ってみたんですが、
f:id:albatros:20120525141605j:image:w240f:id:albatros:20120525200748j:image:w240
・・・うん、思いっきり夜ですね!
完全な写真は、市外から高山まで足を運んで下さる方々にお任せします。

限られた時間でしたが、概ね目的も達せられた上に、
風景も良くてなかなかいいサイクリングができました。
高山に住んでる自分にとっても、氷菓をきっかけに地元風景の再発見が多くて楽しいです。

※当ブログでは比較のために画像の引用を行なっています。
これらの著作権は©米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会に帰属します。

2012-05-14 【速報】〜千反田邸遠征、空振りのお知らせ〜

「氷菓」チバテレビ視聴組のTLを覗いていたら、
千反田邸のモデルは、静岡県掛川市の加茂荘さんだったみたいです。
http://www.kamoltd.co.jp/kakegawa/kamoso.htm

四反田さんをそのまま使うのは難しいとは思ってたんですけど、
別の地方の建物使うとは思ってませんでした。

まだ映像見てないので、陣出地区の風景まではわからないんですが、
どうなるんでしょうね。高山市民としてはちょっと心配です。

千反田邸は後々も登場しますので、その時の位置関係もまた微妙に…


うーん。

とりあえず、3日後の岐阜放送を待つことにします。


−5月17日追記−

放送見たところ、千反田邸に向かう道は高山の風景でしたが、
市街地東の江名子方面で、丹生川行く道じゃありませんでした。
原作の記述にとらわれず、イメージに合う場所使うみたいですね。

2012-05-08 チャリで来た。(千反田邸まで)〜氷菓〜

チャリで来た。(千反田邸まで)〜氷菓〜

タイトルの通り、千反田邸と目される「四反田旅館」さんまで
"チャリで"行って来ました。

氷菓4話でも、古典部メンバーは自転車で集合するわけだし、
実際の道程を体験しておこうというわけで。

※位置に関する情報のみ、シリーズ作品を参考にしています。
 物語や人物のネタバレにはなりませんが、ご注意下さい。



神山高校を出発点として「四反田旅館」へ向かうルートとしては、
県道458号を使うものと、国道158号を使うものがあるんですが、
http://g.co/maps/ztrpk

実際走る場合、明らかに国道ルートのほうが分かりやすいし楽です。
ただ、県道ルートは田園風景を抜けるという条件に合致することや、
「二人の距離の概算」で陣出地区の位置説明に用いられたことも
考慮して、行きと帰りで両ルート走ってみることにしました。

【行き・県道458号ルート】
こっちのルートはアップダウン激しすぎです。
しかも途中からは案内板が全くなくなるので、
土地勘のないと不安になること必至。

こんな坂がいくつも待ち受ける…
f:id:albatros:20120508134426j:image:w360

ただ、山間の田園風景は十分に堪能できるので、
豪農・千反田家に思いを馳せるには最高かもしれません。
f:id:albatros:20120508140619j:image:w240f:id:albatros:20120508144008j:image:w240

お地蔵様を見かけたりと、何かいい感じです。
f:id:albatros:20120508141222j:image:w240f:id:albatros:20120508143913j:image:w240

【四反田旅館さん】
原作時点から千反田さんの実家モデルと言われ続けてきましたが、
実際決まったわけではないので、空振りの可能性もあったり…
f:id:albatros:20120508150627j:image:w240f:id:albatros:20120508150728j:image:w240
門構えや雰囲気は感じが出てましたが、
やはり豪農、神山随一と言うには広さが…という感じは否めません。

使用されるとしたらイメージを再現しつつアレンジとなるのか、
それとも別の場所が使われるのか、私気にry)


【帰り・国道158号ルート】
写真ありません!(撮ったものはネタバレ要素大で…)
途中からずっと下り坂だったので、
行きの疲れもあってノンストップで直行してました。
行きだとそれなりに大変だったかも。







【結論】

千反田えるの太ももはパンパン!

あの坂を毎日自転車で通学してたら、そうなるって…
バス通学とか、そういう事情があれば知らない。