albinoalbinism このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-03-17

ラノベ読みの不動産屋さんへ

欧米か*1。つっこみ待ちですよね?

売春婦を軽蔑するときは『何を』軽蔑しているのか - 不動産屋のラノベ読み

大変申し訳ないのですが、「欧米か」ってのが、どこかの芸人によるギャグであることは知っていても、実際に見たことがないので、よく分からんのですwwwwww 横文字を使用したことがお気に触ったのならご容赦ください。よくやります。で、スペル間違ったりしますwwww 今回は「シチュエーション」というカタカナがなんとなく嫌だったからに過ぎません。「シミュレーション」とか「シュミレーション」とかにも違和感があります。って、そんなことはどーでもいいですなっw

で、人が「売春婦を軽蔑している」と言うときは『何を』軽蔑しているのでしょう。

売春婦を軽蔑するときは『何を』軽蔑しているのか - 不動産屋のラノベ読み

さぁ〜。いろいろとあるとは思いますが、質問ばかりされても先生ではないので答える気になれません。むしろあなたの考えを先に述べてくださいませんか? (別に怒ってませんよ)

そう、読みました。てっきり、「売春婦は卑しい。なぜならば、神様がそうお決めになったから」系の人かと。

売春婦を軽蔑するときは『何を』軽蔑しているのか - 不動産屋のラノベ読み

それは悲しいww ま、分かりにくい書き方をしたのは意図的でもあったのですが、やはり直接的に書かない限り、いろいろと捉え方をされてしまうのは仕方のないことですね。

とんでもなくひどい人格の売春婦がいたとして、その人を軽蔑するのであれば職業差別ではないでしょうね。でも、この場合、「売春婦だから軽蔑している」訳ですよね?

売春婦を軽蔑するときは『何を』軽蔑しているのか - 不動産屋のラノベ読み

差別されてる訳ではなくて軽蔑されている」と書いたのは、あの主婦がどのような行為を行っているかといった問題とは別に、「職業差別」というなら、管理している男達も同様に差別されていなければならない筈なのに、尊敬こそされないものの、軽蔑の度合いが女に比べて低いという、男女間の差異が存在することから、単に娼婦という女側の「職業」のみを取り上げるのではなく、その背景にある「女の肉体の商品化は、人類の文化の成立の不可欠な要素の一条件」と岸田秀が言っていることに気付いて欲しかっただけです。「軽蔑」という言葉をもってきたのは、「職業差別」に範囲を限定していては、本質が見えなくなるのでは、ということから、区別する目的で違う言葉に置き換えてみました。決して、あの主婦が差別など行ってはいない、などと思っているわけではありません。男の側についての言及が見当たらなかったので、単に、「職業差別」という捉え方すら半端だよ、と言っただけです。

主婦は「自分の性的商品価値」が売春婦より高い、と思っているから見下していると、そういうこと? つまり、仕事が出来る奴が仕事が出来ない奴を見下しているのと、同じ構造だと言いたいのか?

売春婦を軽蔑するときは『何を』軽蔑しているのか - 不動産屋のラノベ読み

いやいやいや、そんなことは全然思ってませんよ。主婦が売春婦を軽蔑するのは、肉体や性を提供するのにあたって直接的に金銭と交換する行為を卑しいものとしておけば、自分が同じように肉体や性を提供していても自尊心を保ちやすいのかなぁ、などと考えたりしたことはありますが。

Lhankor_MhyLhankor_Mhy 2007/03/17 10:34 ああ、了解です。過激なモノ言いは芸風なんですね。

『管理している男達も同様に差別されて』いないのは、男達が性を商品化していないから、という理由なような気がしますが、それ以外は特に異論はないです。「売春婦が卑しい」のは絶対ではない、というのが私が言いたかったことなので、そこで衝突がないようですので。


「シミュレーション」については完全同意ですww

albinoalbinismalbinoalbinism 2007/03/18 11:36 ご理解いただけて幸いです。
>『管理している男達も同様に差別されて』いないのは、男達が性を商品化していないから、という理由なような気がしますが、それ以外は特に異論はないです。
「それ以外は特に異論はない」ということは、その点については異論があるということですが、「男達が性を商品化していないから」ということと、私が言った「その背景にある『女の肉体の商品化〜』」は同じことですので、この点についても「異論はない」と思います。
>「売春婦が卑しい」のは絶対ではない、というのが私が言いたかったことなので、そこで衝突がないようですので。
ここで満足されるのではなく、逆に「売春婦が尊い」という状態はどんなものかを考えてみるのも面白いのではないかと思います。「売春婦が尊い」とされた社会の場合、その価値は上昇し、大抵の男には手の届かない存在になるでしょうから、男達は性欲の処理に困ることとなるでしょう。そこらじゅうの男どもが年中むらむらしているようでは社会不安を引き起こしかねないので、政府なり宗教的な権威なりが制度的に妻をあてがうことが必要となるかも知れませんが、これでは逆に売春婦以外の女が貶められる可能性が高くなりますし、好きでもない女と強制的に結婚させられる男にとっても人権侵害されているような気になるでしょう。第一、「売春婦が尊い」のであれば、女はみなそれを目指すでしょうから、予備軍が増える一方であてがう妻が不足することは自明です。結婚は子供の養育に必要な制度なので、これでは人類の存続にさえ影響しかねません。この場合には、結婚という制度の変わりに定期的に男女が集まってセックスをさせ、妊娠期間中の女を保護し、生まれた子供を養育する別の制度が必要となってきます。SFのように精子と卵子を徴収して試験管と人工子宮みたいなもので子供を作る、みたいな想像も可能でしょう。これ以外の方法もいろいろと考えられますし、何かを「尊い」とすると必然的にその他のものが「卑しい」といった状況になりがちですので、「尊くも卑しくもなくフツー」といった状態について考えてみることも一興でしょう。

Lhankor_MhyLhankor_Mhy 2007/03/18 12:18 >「男達が性を商品化していないから」ということと、私が言った「その背景にある『女の肉体の商品化〜』」は同じことです

kwsk

まあ、つまり、まず岸田さんの本を読めと、そういうことですねw


了解いたしました。お付き合い頂きまして有難うございます。

albinoalbinismalbinoalbinism 2007/03/18 23:46 ??? 単に同じことを反対側から言ってるだけのことでしょう?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/albinoalbinism/20070317/1174066378