Hatena::ブログ(Diary)

Feels like it with my old alembic このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-02-10

ヨーロッパでは当然のように売っているミントが日本にはなかった・・・フィッシャーマンズ・フレンドなど

f:id:alembic:20150210150107p:image:w500
◆「ミント持ってる?」

私がイギリスに住んでいたとき、「ガム持ってる」「タバコ持ってる?」「ライター貸してくれない?」「バー行こうぜ」と同じくらいの頻度で聞いていた言葉に、「ミント持ってる?」がありました。

イギリスで言うミントとは、粒ガムより少し大きなサイズのタブレット/ トローチです。どこの商店でも売っていて、ガムよりもメジャーな食べ物でした。

食事の後にはミント、デートの前にはミント、キスの前にももちろんミント。それぐらい当たり前に存在する嗜好品なのです。

日本に帰ってきていざミントを買おうと思ったらどこにもない。フリスクとミンティアはあるものの、あのサイズでは物足りない。そもそも美味しさが全然違う。クセがある強烈ミント味が最高です。フリスクやミンティアはメントールだけですが、イギリスのミントはユーカリエキスも入っていて、そこから来るスースー感によって口中、喉のイガイガ感を除去される感じもまた何とも言えない。

個人的に一番好きなのはフレーバーが充実していてパッケージもオシャレなフィッシャーマンズフレンド(fishermans' friend)。粒が大きいのがすごい食べてる感があって良いです。袋はジップロックで閉じておけるようになっているのもGOOD。食べる程にその独特な味の魅力に引き込まれ、病み付きになります。

クロアチアやロシア、フランス、タイ、メキシコ、インド、南アフリカなどどこでも世界中売っているミントタブレット。検索してみたところ日本のAmazonでも買えるものもあるのでオススメです。

『本当にすっきりしたい』『他人と同じでは嫌だ』『イギリスの本物を味わいたい』『強い刺激が欲しい』などの方にもオススメです!

●その他のミント

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証