ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

::リトルアクトな日々:: RSSフィード

2011-12-26

NXT をフレームに。


2008年、2人のデンマーク人により創立された「MONOQOOL(モノクール)」。デンマークのデザインと日本のテクノロジーが融合し、他に見ない独創的なディテールを持っています。


「クルクル」のらせんヒンジが特徴の「HELIX(ヘリックス)」シリーズに、「NET」素材を使ったモデルが登場しました。


f:id:alittleact:20111226184001j:image

「MONOQOOL(モノクール) SPACE Dark Grey 54□19-143 ¥38.850」


NXT」とはポリウレタン製で、透明度が高く、軽量で、衝撃に強い性能を持っている素材で、ルディプロジェクトのレンズにも使用されていますが、フレームに使用しているブランドはほとんどありません。


元々は、軍事用に開発された素材で、軽量で銃弾を通さず、透明度が高く、より長く性能が持続します。


レンズシェイプは、日本人に相性が良いスクエア系。ブローラインも緩やかに弧を描いているので、キツい印象になりません。


f:id:alittleact:20111226184002j:image


見た目にも印象的な「らせん」ヒンジ。スプリングヒンジのような働きをしてくれるので、かけ心地も抜群ですよ。


f:id:alittleact:20111226184004j:image


かけてみました。見た目の印象も、重さは感じないんじゃないでしょうか。透明度の高いNETが、サラリと顔に馴染んでくれます。ビジネスシーンでも大丈夫だと思います。


f:id:alittleact:20111226184003j:image


こちらの3色がございます。ブラウンのみテンプルがプレートタイプになってます(¥42.000)


日常生活にしっかりと馴染みながらも、さりげなく表情にアクセントをつけてくれるアイウエアです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。