ある地方公務員電算担当のナヤミ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2012 | 05 | 06 | 08 |
このブログは、「地方公務員のためのブログガイドライン」に準拠しています。

2008年5月8日(木)

地方公務員のためのブログガイドラインを書いてみた

IBMマイクロソフト、サン・マイクロシステムズといった企業では、社員がブログを書くことについてのガイドラインが存在するようです。リンクは張りませんでしたが、検索してみるといくつかのブログでその内容が一部紹介されています。

これらのガイドラインも、ブログによって情報発信することが最終的には会社の利益になるという前提で、ブログを書くにあたって留意すべき点が取りまとめられておりまして、どれもたいへん参考になるものでした。

しかしながら、当たり前のことですが、どのガイドラインもその会社の方針に立脚して書かれているものですので、地方自治体に勤務する自分にとってはなじまない部分もあったりするものです。

そこで、これらを参考にして、試しに「地方公務員のためのブログガイドライン」を書いてみました。

---

1.守秘義務を守りましょう。

地方公務員でなくても、組織に属するものならば誰もが守らねばならない基本的な事項です。更新する前に必ず確認しましょう。書こうとしている題材について、事前にひととおり検索してみることが大事です。

2.職務専念義務を守りましょう。

ブログを書くことは自身の業務遂行に役立ちますが、あくまでも私的な行為として位置づけられるものです。PSE法の関係で経済産業省局長のブログが批判を浴びたのは記憶に新しいところです。勤務時間中は職務に専念しましょう。

3.セキュリティポリシーを守りましょう。

ほとんどの団体で情報セキュリティポリシーが定められているはずです。その内容を確認して遵守しましょう。多くの団体では私的にPC等を利用することを禁じているはずです。

4.著作権等の他者の権利に留意しましょう。

文章を書くものがみな守らねばならない当然の努めです。他者の文章を引用する場合には法令等の範囲において適切な量にとどめましょう。

5.個人的見解であることを明確にしましょう。

あくまでも個人の活動である以上、書く内容が組織を代表する見解であるということはありません。一個人の私的見解であることを明確にする必要がありますが、その一個人が地方公務員であるという属性を持つことは常に意識する必要があります。

6.業務知識の情報価値の高さを意識しましょう。

市町村で平均して2人の担当者がいる業務であれば、全国でその業務に精通している職員は約3600人ほどです。自治体職員の持つ業務知識はそれほどに貴重なものなのです。市町村合併によって以前よりもその数は減少し、その貴重さも増しています。

7.文章にしてより多くの価値を付加しましょう。

業務知識を文章にまとめることを通じて、思考が整理され、そこには新たな価値が生まれます。できる限り多くの価値を付加しましょう。書き手にとって価値が低いと思っていても、読み手にとってはそうではないことも往々にしてあるのです。

8.読者、関係者に敬意を払いましょう。

ブログの存在理由は書き手が決めるものですが、ブログの評価は読み手が決めるものです。様々な方々がブログを読みます。度を超えた暴言や中傷、侮辱的な表現は反発こそあれど、生産的な行為とは決して言えません。このような悪意を受け止めた者がどういう気分になるか、地方公務員であれば痛いくらい理解しているはずです。

9.自分の担当する業務に役立てましょう。

良質の記事を書けば書くほど、徐々に周りからの反応が集まり、逆に書き手が勉強させられることばかりが増えていきます。これを業務に活かすことができてはじめて、地方公務員としてブログを続けた甲斐があったというものです。

10.わずかでもいいから、世の中の役に立ちましょう。

書き続けていれば、いつのまにか実現できているはずです。

---

とりあえず、このガイドラインを自分がブログを続けていくうえでの基本方針にすることにしてみます。随時改定するかもしれませんけれど。

schwantnerschwantner 2008/05/11 22:54 はじめまして、schwantnerと申します。以前から拝見しておりましたが、今回ちょっぴり引用させて頂きました。
これからお伺いすることがあるかと思いますので、宜しくお願いします。

alittlethingalittlething 2008/05/12 19:39 schwantnerさん、いつも楽しみに読ませていただいております。こちらこそよろしくお願い申し上げます。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。