Hatena::ブログ(Diary)

工作blog

2011-03-27 福島原発事故は『奇形』を発生させるか?

福島原発事故は『奇形』を生み出すだろう。しかしそれはたぶん放射線の影響ではない。 21:47

 またしても福島原発事故関連です。

 おそらく今後、『福島原発事故で放射性物質が撒き散らされ生物の奇形が増えた』とか『原発地域周辺で生物の異常行動が観測される』といった報道、報告がなされるのではないかと考えられます。

 しかし、今回放出された放射性物質の量、質から考えて生物の突然変異およびそこから導かれる『奇形』が増えることはないと推測されます。

 にもかかわらず『奇形』や『異常行動』は報告されるでしょう。そして当然のようにその原因は放射線のせいであるといわれるでしょう。今回はなぜそうなるのかの説明文を工作したいと思います。

フォークランド紛争がもたらした『ペンギンの楽園』

 フォークランド諸島は紛争の影響で今も地雷が埋まっています。海岸にも地雷が埋まっており、人間は立ち入り禁止になっています。人間が立ち入れないため、その海岸はマゼランペンギンの楽園になっています。*1ペンギン大丈夫か?』と思いますが、地雷は50kgの力で踏まれないと動作しないように設定されているため、ペンギンは踏んでも大丈夫です。なんとも皮肉ですが地雷ペンギン繁殖を支えています。因果関係を整理すると以下のようになります。


『海岸に地雷が埋まっている』→『人間が近づかない』→『ペンギン繁殖する』


ではこれが地雷ではなく放射性物質であったらどうでしょうか?そして繁殖するのが愛くるしいペンギンではなく、イナゴのような昆虫の大繁殖だったらどうでしょうか?

単純に入れ替えるとこうです。

放射性物質の影響がある』→『人間が近づかない』→『イナゴが大繁殖する』


しかしおそらく実際はこう考えられ、報道されます。

放射性物質の影響がある』→『イナゴが大繁殖する』


ステップが一段とばされてしまうのです。人が立ち入らないおかげで環境が守られたためにイナゴ繁殖したとしても、『放射性物質の影響』という言葉の前にはかき消されてしまうことでしょう。


 簡単に言えば『奇形』や『異常行動』の原因が何であれ『放射性物質の影響』のせいにされるだろうということです。

 


 そうは思わない?



では原発の周辺でこのようなタンポポが見つかったらあなたはどう思いますか?




f:id:aljabaganna:20110327205153j:image*2



もしかしたら『放射性物質の影響』だという声に賛同してしまうのではないでしょうか?


 ここで挙げたタンポポは『帯化』という肥大化現象を起こしたタンポポです。帯化する原因は病原菌の感染*3とか、土壌中のリン酸トリスの影響である*4とか言われています。タンポポに関して言えばこの形質は遺伝しないようです*5


 もちろん、もしかしたらこの帯化も本当は『放射線の影響』であるかもしれません。

放射線がたまたま帯化を起こすように遺伝子を傷つけた可能性もわずかながらあります。でも放射線の影響がほとんど関係ない地域でも帯化は普通に見られる現象であるということも心に留めておくべきです。


 放射線の影響で"ない"ということの証明は『悪魔の証明』であり、ほぼ証明不可能です。


 だからこそ科学者は(科学的に誠実であるほど)『放射線の影響じゃないんだな?』と聞かれると『放射線の影響ではないとは言いきれない』といった煮え切らない返答をしてしまいます。そしてそれが不安に拍車をかけて結局は『放射線の影響』になってしまいます。『直ちに影響があるとはいえない放射線量』という言い回しをしてしまうのも同じ構造です。


 今後、東北の海域で異常に大きな魚が獲れたとしましょう。

 おそらく『放射線の影響』ということになるはずです。

 もし本当の原因が、長期の休漁による世界有数の漁場、三陸*6の回復であったとしてもそんなことは『言い訳』としかとらえられないでしょう。

 

 今後、変わった模様のヒャクニチソウが見つかったとしましょう。

 おそらく『放射線の影響』ということになるでしょう。

 ヒャクニチソウZinnia elegans)がもともと突然変異しやすい品種*7であったとしても関係ありません。


 生物は突然変異を起こすことが普通であり、その例はしばしば目撃されます。目をこらせばちょっとした花畑でも『奇形』を見つけられるはずです。原発事故で広い範囲が観測対象となり、多くの人が興味を持って、さまざまな生物を探せば『奇形』は必ず見つかります。

 でも同じくらいの範囲を同じくらい熱狂的に探せば、日本全国どこでも同じ程度『奇形』が見つかるはずです*8

 短絡的に因果をとらえるのではなく一歩引いたところから検討してはどうでしょうか?

 ようは放射線とかは気にせず、気楽にいこうということです。 

関連エントリ

 チェルノブイリとツバメの奇形についての論文を読んだ - 工作blog

チェルノブイリとツバメの奇形についての論文を読んだ感想 - 工作blog

『本当にチェルノブイリのツバメは奇形になったの?』レターを読んだ - 工作blog

チェルノブイリ原発と植物の奇形に関する論文を読んだ - 工作blog

チェルノブイリでマウスを育てたら奇形になるの? - 工作blog

NNNNNN 2011/04/04 21:10 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17439847
奇形、多少の報告はあるようですね
ヒトについても同様です
私も調べるまでは同意見でしたが・・・

aljabagannaaljabaganna 2011/04/05 20:22 >NNN 様  情報ありがとうございます。紹介いただいた論文を読んでみたいと思います。

原発推進委員会。原発推進委員会。 2011/06/05 23:02 原発推進派の工作員、お仕事お疲れ様でした。

愛国者愛国者 2011/06/06 00:46 おめえは東電からいくら貰ってるんだ?

aljabagannaaljabaganna 2011/06/07 18:55 >原発推進委員会。様
ねぎらっていただいたのに恐縮なのですが、僕は原発推進の立場ではありません。お役に立てず申し訳ありません。

>愛国者様
東電がお金か何かを配っているんでしょうか?それでしたらいただいておりません。また今月の電気使用量でしたら200kwh程度でした。ただ電力網はつながっていますので、このうちのどれだけが東電由来であるかは不明です。真剣に考えると意外に分からないものですね。

NoAtomNoAtom 2011/09/27 16:33 実際に奇形が出現してもその固体は放射能の影響ではないかもしれません。
証明は不可能でしょう。
しかし、少なくともこの事故がなければ放射能による奇形のリスクの心配はしなくても良かったはずです。
また、自然界に存在するものである細菌などのウイルスと違い、
これは人間が作り出したものであり、自然界には存在しないリスクです。
放射能が人間を含めた動植物に対して良い影響があるといえない以上、
私は放射能による奇形であろうと、違う理由の奇形であろうと、心情的に許せるものではありません。

nono 2011/09/27 16:35 上記文章訂正
誤:また、自然界に存在するものである細菌などのウイルスと違い、
正:また、自然界に存在するものである細菌やウイルスなどと違い、
失礼いたしました。

aljabagannaaljabaganna 2011/09/27 22:09 >NoAtom 様
コメントありがとうございます。

mm 2012/02/01 18:00 噂が正論として通る時代に、アナタノブログは魅力的キワマリナイです。

aljabagannaaljabaganna 2012/02/01 20:35 >m 様
ありがとうございます。

? 2012/04/08 19:01 あなたは、テレビやニュースの情報しかたよれないクズ野郎ですね。
実際の現地に行ってこいボケ

aljabagannaaljabaganna 2012/04/08 21:06 >? 様
コメントありがとうございます。

h/sh/s 2012/09/03 14:58 情報を鵜呑みにするなとの警告の通り、この話を鵜呑みにはしない。
しかし、これは重要な見解だと思います

aljabagannaaljabaganna 2012/09/03 21:46 >h/s 様
コメントありがとうございます。

この日記のはてなブックマーク数
最近のトラックバック