Hatena::ブログ(Diary)

笑って進め RSSフィード

about / archive / antenna
 | 

20110625 Sat

ルンバさんがやってきた! (7)Life with Rumba

ルンバさんとの生活もちょうどひと月くらいここいらでルンバさんとの生活を振り返ってみます。

掃除性能

当初、ゴミ、ちょっと取り残しがあるのかなーなんて思ってたけど、毎回ダストボックス結構ゴミが溜まっていて…こんなに…掃除してくれてたのか…。

クイックルワイパーでとれてなかった綿ぼこり他ゴミがたくさん。取り残しがあるなんてとんでもない、よく働いていてくれてました。ごめんなさい。

ルンバさんとセコム

家に誰もいない昼間、ルンバさんに掃除してもらおうと思って掃除をお願いして出かけたらなんと、アパートの警備をしているセコムから電話が。「侵入者警報がありましたので、お宅に伺いましたところ、お掃除ロボット掃除をしてましたので止めても良いですか?」「え、と。…はい…」帰宅後一枚のレポート「侵入者警報があったため警備に参上しました。理由:ルンバ

セコムすごい蟻一匹逃さない完璧な警備。ついでにゴキブリがいらした時は退治もしてくれると良いなー。

留守の間 家を警備するように、セコムの出入り口の開閉センサーと宅内に動きがないか見張る赤外線センサーがついているんだけど、赤外線センサールンバさんが見つかったみたいでした。

とりあえず、うちではルンバさんのお掃除は家に誰かがいる時にしかできない、と。いない時にやっといてくれると楽なんだけどな、しかたない。

人工知能AWARE

はじめはイスの脚とかなんかいろんなところにガツガツンぶつかっていたけど、少し経ったら掃除をするところを覚えてきたのか障害物にはちょっとスピードを緩めてぶつかるようになった。あと、部屋を掃除するのにかかる時間も短くなってきたような?

ここら辺がルンバに搭載した人工知能の威力なのかも。ついでにtweetでもしてくれれば良いのになー。

かな。


そして、掃除をしないでも良いって言うのがすごい楽。

この、ちょっとした気持ちの問題、ついつい疎かにしてしまう2の次にしてしまう気持ちの問題。これが解消されるのがこんなに楽になるんだなーてことで次は食器洗い洗浄器が欲しいです。

掃除自分でやると、物をいろいろと(あー邪魔なー)と思いながら机をどかしたりとか、あるいはしばらく掃除できなくて、ううゴミが溜まってる…掃除してない…自己嫌悪…とかそう言うのがちょいちょいあるんだけど(ずぼら!)、ルンバさんに掃除してもらってるのでそう言うのがさっぱりない!ルンバさんに掃除してもらうには、マットとケーブルだけ上に上げれば良くて、机とかは動かさなくてよいから楽だなーっていう。

と言う感じで、「掃除をしなくてはいけない」と言うのから開放されたのがすごい良いです。掃除をやってくれるルンバさん、うちではルンバだなんて呼び捨てにできなくてルンバさんと呼ばせてもらってます。

あとルンバさんはなんだかとってもかわいい。掃除してるところをつまづいて蹴飛ばしたりしちゃうと、向かってきたりとか、ケーブルとかがあっても何とかしようと頑張っちゃったり、カーテンと戯れていたりと、なんだかんだとかわいいです。でもカーテンはやめて。

あと掃除もちゃんとやってくれるし。

こうしたいろいろを考えれば安いものです、とはちょっと言えないけど、それでも買って良かったなーと思える物でした!

今後のランニングコストとか故障具合の実際によって次機種を日本版にするか輸入版にするかは決めようかな。

以上、とりあえずルンバさんがいらっしゃいましたレポートおしまい

20110615 Wed

ルンバさんがやってきた! (6)ルンバさんをお掃除

ゴミが溜まってきたので今度はルンバさんの掃除

1~2回に1度、ダストボックスに溜まったゴミを捨てて、ついでにフィルターエアダスターで噴いたりしてきれいにする。

P6121388

後は、タイヤとかブラシを適当にきれいにしたりする。

その時、ブラシを外したところにあるゴミセンサーを綿棒とかできれいにする。

P6121389

P6121386

P6121387

日常的にできるのはこれくらいかなー。

後は後ろのねじとか外して、適当に細部に溜まったゴミとかをきれいにするとよいと思うけど、それはそんなに頻繁にやらなくても良いんじゃないかしら。

20110614 Tue

ルンバさんがやってきた! (5)ランニングコスト

次はランニングコストのまとめ。ランニングコストとしてかかるのは (1)メンテナンスコスト (2)消耗品 (3) 電気代。

1) ルンバさん本体のランニングコスト

メンテナンス代(\7,000/年)

※ 初年度無料

2) 消耗品

3サイト比較

専用バッテリー(1年位)
公式価格 \10,000

アマゾン \3,980 asin:B000VPR8TU

ルンバ.com \8,800

エッジクリーニングブラシ(摩耗してきたら)
公式価格\2,100

アマゾン \1,750 asin:B001CP14BG

ルンバ.com \1,780

メインブラシ(摩耗してきたら)
公式価格\2100

アマゾン \1,680 asin:B004H322ZC

ルンバ.com \1,780

フィルター 3枚セット(3~4ヶ月)
公式価格\3150

アマゾン \830 ASIN:B001H0GD76

ルンバ.com \2,580

ルンバ消耗品専門店Amazonは、iRobot社製になってるけど、レビューを見ると純正パーツじゃないのかな…?

消耗品の交換具合は、こちら(Roomba 570 014 自動掃除ロボット・ルンバ使用2年、消耗品交換リスト | escape while you can)を見ると、クリーニングブラシ、メインブラシはあまり交換必要なさそう。フィルターはそれなりに。バッテリーは1年で1度と考えたほうが良いのかな。

3) 電気

スクリーンショット(2011-06-05 8.30.02)

マニュアルによると、ルンバは常時充電していることがお勧めとのこと。待機状態でも結構バッテリーを消費するので、一週間くらい放置すると過放電になってしまう可能性があるとか。

ルンババッテリーニッケル水素バッテリーとの事なので、寿命を考えるとあまり充電させたくはないんだけど…。

ともあれ、ルンバサイトによると、使用電力は充電時33W。東京電力では1kWhで17.87円なので、ずっと充電してるとして0.033(kWh)*17.87(円/kWh)*24時間*30日で、一月当たり430円。

実際は充電ステーションに置いておいても、ずっと充電してるって事はないだろうから100円くらいになったりするのかしらとは思うけど、どうかな?

ルンバサイトには、電気代がお得!掃除一回あたり1円!と書いてあるので、充電時間がもっと短いのかもしれないなー(でも多分ちょっと誇張してるよねその電気代、て気もする)

まとめ

1年当たりでまとめると24,000円くらい。かな。

ルンバ初期費用が高い+2年で1台くらい普通掃除機が買える…てことか…。

海外版買って3年くらいで買い替えって言うのが割とお得なのかなー…。

ともあれ、ここらへんは来年とか再来年にまたまとめ直したいところ。

20110613 Mon

ルンバさんがやってきた!(4) ルンバさん、ゴー!

買ってきて、まずは数時間充電して、そしておもむろに電源を入れる。ルンバさん、ゴー!

小一時間くらいで、40平米の家の掃除をし終えて、しずしずとハウスに戻るルンバさん。ルンバさん、ハウス

P5291353

というわけで、ルンバさんのお掃除ファーストインプレッション。

時間くらいかけて、一通り掃除をしてもらったけど、部屋の角のほうとか目を凝らしてみると、ゴミがちょっとあるかなーてところもある感じ。でも、自分がやったら同じくらいというかもっと酷いかなて気がします。

動作音は…どうだろ?昔使っていた安い掃除機を考えると静かだなーって思うけど、最近掃除機は静かなのかしら?使っていて特別うるさいとは感じない、と言うくらいの喧しさ、かな。

夜中に掃除ができる、と言うわけではないけど、夜中に掃除はしないよね?

掃除をしている最中は、壁にはそっとぶつかるけど、机の脚とかには割と勢いよくぶつかっていく感じです。今後いろいろ掃除するところを覚えていったら変わるのかしら?

他に気になったのはこんなところかな。全部対応可能。

1) 「ケーブル巻き込み防止機能がついてる」とは言うけれど、やっぱりケーブルは巻き込むので、ケーブルは床からあげとくと良い

2) 「段差の前で立ち止まります」とは言うけれど、3cm位の段差だと段差に気がつかず段差から落ちる→段差から上れないと言う風になるので、ルンバよけを使うと良い

3) 玄関マットとかキッチンマットとかっていうちょっとしたマットはルンバさんの移動とともに動いてしまうので床からあげて置くと良い。

4) 甲斐甲斐しく掃除をする様がかわいい。甲斐甲斐しく掃除してもらった後に、ゴミが残ってるなーって思う自分って「あらあらルンバさん?まだここに芥が残っているのではなくて?」とまるで嫁をいびる姑みたいなイメージになってしまって、ちょっとくらいゴミが残ってても良いよ!自分がやったらきっともっと適当だよ!て思いました。

とりあえず、ルンバさんが掃除をする前に軽く部屋を片づけておくだけで、掃除の手間がかからない分、こまめにルンバさんに掃除してもらって小奇麗を保つ、って感じで良いんじゃないかなーと言うのが、とりあえず一回使ってみての感想

まかせっぱなしですべてがうまくいく、と言う感じでなくて、ルンバさんと共存していくって感じかしら。とりあえずは良い感じだ!

次は、ランニングコストのまとめ。

20110612 Sun

ルンバさんがやってきた!(3) ルンバさん、ハウス!

3回目はルンバさん購入と箱を開けるまで。しばらく使ってみて、は別項で。

僕が、購入したのは日本ルンバ中位機種530のピンクリボンモデル

長期保証ビッグカメラが「回数制限・経年減額なし。全損時は代替提供」と、他に比べて良いとのことでビッグカメラで購入。今までビッグカメラで物なんて買ったことなかったなー…。

同梱品はこんな感じ。

P6121383

充電ステーションルンバさんを載せると充電してくれる。

ルンバよけは、グリーンのランプの方向に赤外線かなにかを出していて、そのラインをルンバさんが通らないようにしてくれるもの。始めは使わないかなと思ったけど、意外と使いました。

あと、消耗品のブラシとフィルターが一つずつ。

ルンバさんは普段充電ステーションにいて、掃除するときはCleanボタンを押すと掃除を始めて、掃除し終えると充電ステーションに帰っていって休むんだけど、まるでその様が小屋に帰ってごはんを食べるペットだよね、と言うことでうちでは掃除開始の時に「ルンバさん、ゴー!」掃除し終えると「ルンバさん、ハウス!」なんて言っておりまし。

そこら辺の、使い始めて一回目の感想と、その後の感想は次回に。

20110606 Mon

ルンバさんがやってきた! (2)日本版と輸入版の違い

(1) 日本ルンバ

日本ルンバは527(下位機種),537(エントリーモデル), 577(上位機種)の3種類。機能と値段の違いはこんな感じ。

527537577
シンプルルンバ527+
自動充電機能付き
(うちではハウスって呼んでる)
自動充電+
掃除スケジュール機能+へやナビ
\48,800\69,800\79,800

掃除機本体の性能は変わらない。この3種類に537をベースにしたピンクリボンモデルと、ハローキティモデルがある。

本体の重さは3.7kg、直径37cm。大きめのお盆くらいの大きさ。

577のへやナビは25畳以上?の部屋が複数ある時にうまく順番づけて掃除をしてくれるような付属品付き、って事みたい。

サポートはこちら「国内正規品ならではの安心サポート | iRobot 自動掃除機ルンバ 公式サイト」によると


(2) 輸入版ルンバについて

輸入版ルンバについては、「no title」の情報をまとめました。

【楽天市場】快適ライフ [トップページ]」の方も割とちゃんとしているように見えた。

530532560610
日本の中位版537と同じ530にメンテナンスパーツ付き530+スケジュール機能付き日本の上位版577と同等
\37,800\39,800\42,800\59,800

ルンバ自体は日本版と同じ。日本で\69,800(537)が\37,800(530)...。

サポートはこちらによると

と言う感じで安い。。消耗品ランニングコストは別項で。

20110605 Sun

ルンバさんがやってきた! (1) 下調べ

P5281342

大きな部屋に住んで経済的に何となく落ち着いたら、ルンバと、食器洗い機と、洗濯乾燥機が欲しいなぁなんてずっと思っていて。

洗濯乾燥機はなんかもうちょっと良くならないかな、食器洗い機はそこまでのスペースないかな、て事でルンバを!買う買いたい欲しい!て気持ちになったのでルンバのことを調べてみた。

(アリゾナにいた時はアパート食器洗い機洗濯乾燥機付属してたな…)

これまでは、クイックルワイパーで週末に掃除する、としてたんだけど、掃除するたびに部屋のものを大移動させなくちゃだったり、忙しくてできなかったりすると結構1週間2週間で汚れが溜まって自己嫌悪に陥ったりしてたので、勝手掃除してくれるルンバさんが欲しいなーて思ったり。


日本で購入できるルンバは、日本iRobot社が正規ルートで販売してる日本ルンバと、アメリカで売っているのを輸入して販売されてる業者からとか、直接輸入して購入する輸入版ルンバと2種類ある。

日本ルンバは、適当家電量販店とかで買える。輸入版ルンバno titleとか【楽天市場】快適ライフ [トップページ]とかで買える。

基本的に機種・スペックは同じで、じゃあなにが違うかというと(1)値段と(2)サポートと(3)法規格対応の三つ。

日本版は、

(1) 高い

(2) 日本iRobot社でメンテナンスするのは日本正式販売版のみ

(3) 日本で販売するに当たっての法律をいろいろ満たしている

輸入版はどうなっているかというと

(1) 日本版の半額〜7割位で入手できる

(2) no titleで購入した場合、業者によるサポートがある

(3) 特別日本対応はしてたりしてなかったりの様子。ここら辺は知らん。

詳しくは次項。


結論から言うと日本版を買いました。

輸入版がすごく安くてお得で輸入版にしよう輸入版にしよう、と思っていたんだけど、(1)ピンクリボンモデルがかわいい、(2)故障が割と多いとかで何となく不安だった(楽天の業者の事業継続性とかをどこまで信用できるんだろう…ていう。でもそんなの分かりようがないから気にしなくても良かったなーて気もする)て事で日本版。

でも、人に自信持って日本版を進められるかと言うと…いや高いし…別に日本版じゃないとって言う理由見つからないし…と言う感じがしないでもないです。。。

20110604 Sat

ガジェット

歯の治療にN万円…とかって言う話を聞いて、うはー…歯のケアは大事よな、と思っていたら、ちょうどABlogでドルジェットウォッシャーを宣伝してた。

ABlog これ使い出してから虫歯一本もできてない

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ ホワイト EW-DJ40-W

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ ホワイト EW-DJ40-W

歯医者でやってもらえる水流で歯間のゴミとかを取ってくれる機械、あれの家庭版だと思うんだけど、家電ウォッチにも過去世代機のレビューがあったりして、なかなかよさそう。

これで歯医者に行く回数を減らせるならいいよな…とちょっと思ってるけどルンバ買ったばっかだ。

 |