M2 Kaleido

October 04(Tue), 2011 [TOKIO]テレビ朝日ドリームフェスティバル2011 9/23レポ

テレビ朝日ドリームフェスティバル2011 9/23レポ

| 01:19

今さらだけど初日行ってきました!

みんなで計7口突っ込んで外れたときはどうしようかと思いましたが、りょうさんに譲っていただけてほんとによかった\(^O^)/ありがとう!しかも行ってみたらアリーナどセンター、18列だったけど3列前が通路なのでずいぶん見やすかったです。隣のキキさんは前に男の人がいたのでちょっと見えづらそうだったけど……。

まずはカレー屋さんでたろさんたちとごはん。うきゃさん、キキさんと合流して(ここで早速一悶着あったのですがまあそれは想定内)『ハングリーアイ』というお店に。ただ問題は、参加者全員を知っているたろさんの到着が一番遅くなり(^^;;)すでにいらしていたみうさん、やすしさん、きよしさんと思いっきり合コン状態に陥りました。

……いや、ほんとに前日に3人で一緒に行こうって決めといてよかったと思った(笑)

カレーはずいぶん日本人が食べても食べやすいようになっていて、全く辛いものアウトなあたしでも食べられました。チキンカレーのマイルド。キキさんの食べていたベジタブルカレーがまるでシチューみたいになっていてなんか辛いとか辛くないとかそういう域を超えていた(笑)ナンがすげー美味かったです。あれならまた行ってみたいかも。


会場に入ったのは10分前。時間が始まると、なんか謎なVTRが……(笑)マッスル田中という謎な外国人(声は日本人アテレコ)が登場。川越出身といって東上線の駅舎映像が出てきて、どこだか解るあたしとキキさんは爆笑でしたが……ニッチすぎるでしょ。『北海道から来た人ー!』といっては写し、『今日誕生日の人ー!』といってハッピーバースデーを歌い、『明日誕生日の人ー!……歌わないよ!』と肩すかしをしたりした後、拍手と声だしの練習をしました。これ収録じゃないっしょ。

今日の参加アーティストは6組。映像が五十音順に紹介される。

いきものがかり倉木麻衣クロマニヨンズTOKIOユニコーンラルクアンシエル

その後、『NEXT ARTIST』としてもう1回いきものがかりの映像が流れてスタート。


■1組目 いきものがかり

最初に紹介映像が流れ、それからメンバー登場。ボーカルの吉岡さんかわいかったです。前の職場にいた後輩に「似てんなあ……」とずっと思いながら見てた(笑)

ステージ上はメンバー3人が前列、うしろに4,5人のサポートメンバーが。結構いるなあと思った。

セットリスト

NEW WORLD MUSIC

笑ってたいんだ

ありがとう

気まぐれロマンティック

じょいふる

全部何となくは知ってる曲だった。吉岡さんのMCは元気よくてかわいい。すげー端から端まで走り回ってたし、くるくる回ってた。リーダーのギターの人がすごく緊張してたらしい。「いきものがかりのライブ初めてだという方ー!」と手を挙げさせておいて「多いなー!」と勝手にへこんでた(笑)もう一人のアコギの人は名前を呼ばれても「ホームだと信じてます!」としか言わなかった(笑)

あおりも盛り上げ方も上手いし、初心者に優しかったです。トップバッターとしてはとてもよかったと思う。

【MC】

・今年初めてのドリームフェスティバルの、3日間のトップバッターで光栄です!

・みんな入ってくるのがギリギリで、お客さんがいないうちに始めるのかとどきどきした(笑)けど来てくれてよかったです。

いきものがかりのLive初めての人!(8割方手が上がる)完全アウェーですね……

・吉岡さんの服が一人紅白歌合戦(白いチュニックで襟元がキラキラビーズ、赤いパンツ)。アコギの人は「今日の衣装は……きこりですか?」といわれていた。

・じょいふるでタオル回しがあった。「持ってるタオル、どのアーティストの物でもいいんで……楽しかったらグッズのタオル買ってってくださいね〜」


いきものがかりの演奏が40分くらい、そこからセットチェンジ。だいたい20分くらいかかると聞いていたのでまあそんなもんかな?とステージを見てたら……

どこかでみたような紫ドラムセットが。

オペラグラスで見たら「MABO」と書いてあって、「あ、じゃあ次TOKIOなのか!」と。3番目くらいかと思っていたのでびっくりした。気づくとえらい高い位置にドラムが積み上がってるし、隣に太一の台所(=キーボードセット)が出来てるし……なんか音出しの音が聞き慣れた音してるし。

そしたら音出しの音からすーっとフェードインするみたいに『宙船』のイントロが。慌ててみんな立ち上がったよ!だって映像まだ出てなかったんだもん。後でレポを読むところによると、「いっちゃう?いっちゃう?」という太一の声が聞こえてからフライングのようにスタートしたようで。だめじゃん(笑)


■2組目 TOKIO

PLUSに近いセッティングでしたが、太一の台所もドラムセットに近い後方ラインで、前に兄ぃ、長瀬、リーダーが並ぶ形に。サイドには8人のホーン隊が。ストリングスは今回ナシでした。これがセットリストにかなりの影響を与えていたと思われ。どんな衣装で来るかはみんないろんな予想をしてましたが、まさかのドリフェスのグッズTシャツ!下はジーンズが多かったような。

リーダーが若干髪を長めにしていて(肩くらいまでかなあ)、キキさんの隣にいたカップルが「あれ、かつら?かつらだよね?」とどよめいていたのが面白かった。お兄さん、あれは地毛ですよ(笑)

セットリスト

宙船

WATER LIGHT

Love&Peace

ALIVE-LIFE

LOOP 〜愛しき日々のメロディ〜

LOVE YOU ONLY

NaNaNa(太陽なんていらねぇ)

トランジスタGガール

うんまあ、1曲目の『宙船』は予想2択のうち1択だったんだけど(もう1択は『advance』)、2曲目のイントロで『WATER LIGHT』だったときはびっくりしましたね。もう少しメジャーな曲やると思ってたら、完璧どアルバム曲(しかもイントロ変拍子)で来たので超びっくりですよ。

しかも曲間に全く切れ目がないで次々繋いで(あんなに出した曲を編曲しまくって曲繋ぐのは奴らの趣味なのか?編曲すごくてイントロクイズできないことがライブだと多いわ……)、挨拶もMCもなしで5曲ぶっ通して(笑)アリーナの真ん中へんから周りを見回してみた感じで、TOKIOのファンはまんべんなく6分の1はいた感じでしたが(踊れてる人の割合が数えられるw)、他の人たちはどう思ってるんだろう?ぽかーんとしてないか?とかなり不安でしたね。

LOVE YOU ONLY』はさすがに(しかもラルクファンの方々がKIOTOにて予習済み)盛り上がってる方多かったんですが、『LOOP』とか長瀬が好きらしくてしょっちゅうやるんだけどテンポが微妙にミディアムでファンでも踊る曲じゃないので、なんかもうみんなして思わず眺めちゃったよね……。

あ、でも『Love&Peace』の途中で『イージューライダー』の一節入れてきたのはすごかったな。

ラブユーが終わったところでようやく長瀬のMC。うんまあ、持ち時間ギリギリまで曲詰め込もうとしてMCをショートにしたのは解ります……が。

【MC】

基本ほぼ長瀬しかしゃべってない。

「皆さん、元気そうじゃないっすか!こっちはおかげさまでメーター振り切っちゃったよ!」

テレビ朝日が初めてフェスをやるということでお招きいただきました。今日は前座のつもりでやってます!」

「皆さんはこれから長丁場なんで温存してください!でも僕らはここで燃え尽きます!」

そして次曲紹介……が。

「某FNS音楽祭で……」←伏せれてない(しかも他局)

ここで会場中からくすくす笑いが……有名すぎんだろ!

「玉置さんにドタキャンされたので悲しかったんですけど、今ここで皆さんと一緒に歌えたら嬉しいなと思います」

「簡単ですよー!『ナ』しかないですから」と兄ぃ。

演奏開始して、みんなが「ナーナナナーナナ…」と歌うと演奏がいきなり止まって。

「上手い!上手すぎでしょみんなぁー!練習してきたんじゃないのー?」

長瀬の大声が。そう来るか(笑)

ここでやっと会場とのC&R。「○○いいか〜!」「いえーい!」を2階、1階とやってから「関係者席のお偉いさーん!」「お偉いさんだと自分で思う人は声出してください!」と案の定政治的いじりを(笑)やっぱりこんなことするアーティストは他にはいないようで(笑)右、左、中央と結構きっちりテンポよく煽ってました。すっげー反応よかった。これやっぱりもっと早くやってよかったんじゃないかい?

ラストのトラG、終わらすと思ったらまた続く、というのをやったんですが、ちょっと終わり感が強すぎてファン以外はぽかーん(というか完全に終わっちゃってた)でしたね……そりゃファンは律儀だから付き合うけどさあ、他の人はその義理ないわな(笑)その最後の部分でホーン隊の紹介を。

「Zuckey's Hornsー!」

これは胸が熱くなったなあ……余計なこと言わなくてもファンはちゃんと受け取ったよ!

ラストまで聞いて気づいた……こいつら、ほとんど名乗ってねえ(笑)

(途中演奏しながらWe are TOKIO〜てさけんでソロパートを順繰り演奏してたらしいんですが、そんなん聞こえるかいな)

いや確かにね、ある意味誰よりも「自己紹介がいらないメンバー」かもしれないけど……そこカットして、残したのが『玉置さん』と『お偉いさん』なんだね……(笑)


……とまあ、とにかくやたらと「やっちゃえー!」「行っちゃえー!」という気合いだけは伝わってきて、なんだろうこの引くことを知らない音の洪水は状態(笑)ミキシングの問題もある気がしますが、「なんだこのうるせえバンドは!」と思いました(笑)前後が女性だったんで余計ギャップがねえ(笑)

バンドメンバー自体がTOKIOは多いので、サポートなくても最低限の音は出せるんですよね。実際LOOPは5人だけで演奏してたし、十分うるさ…音量はあったし。そのうえで、「生音でシングルを演奏するために」ホーンやストリングスをサポートに入れる決心をしたところから今の形への進化が始まったんじゃないかと、振り返るとそう思います。

演奏技術的にはまだまだ未熟だったりしますが(詳しいことはよく解らないけど聞いててそう思うんだからそうなんでしょう)、とにかく「TOKIOって演奏するんだ!」とか「ロックやってんだ!」とかそこを知ってもらうところからスタートだったんですもんね。客席の人の声聞いても、ネットの書き込み見ても、そこだけは伝わったみたいで、おおむね好評でよかったです。

今後もしかしたらこういう機会があったとしたら、もうちょっとゆとりを持った演出が出来るようになってもいいのかなあと……まだ10年くらいかかるか(^^;;)


 この後、本来はTOKIOの演奏前に流すはずだった(と思われる)テレ朝番宣Vが流れた中に、リーダーの新番組の『ココイコ!』のVTRが流れてね……さっきまでステージにいた人とのギャップが激しすぎて笑ったわ(笑)


■3組目 倉木麻衣

スタイルのいいきれいなお姉さんでした。パンツ系の衣装のイメージないなあ……とよく見たら少し腰のあたりにシースルーなスカートがついてましたが。その衣装と、声のフェミニンな感じと、ダンサブルなバックダンサーズがちょっとずつ印象ずれてて面白かったですが。

セットリスト

Stand Up

SUMMER TIME GONE

Secret of my heart

Stay by my side

Your Best Friend

Love, Day After Tomorrow

『Secret of my heart』と、もう1曲サビ聞いて「ああ」と思ったやつあった気がするけどどれだろう?初期の曲の方がキーが低い気がする。『Love, Day After Tomorrow』で指文字でLOVEをやったんですが……「簡単なんで」って言われたけど難しかったよ(笑)

TOKIOがあれだけうるさかった後なんで、一服の清涼剤という感じでよかったです(笑)


■4組目 ユニコーン

セットリスト

頼みたいぜ

手島いさむ物語

WAO!

レディオ体操

さらばビッチ

オレンジジュース

ヒゲとボイン

晴天ナリ

曲自体は『ヒゲとボイン』くらいしか知らなかったけど、前のお姉さんがユニコーンファンだったので、まねして踊りました。やーさすがに上手かった……驚いたのは、奥田さんがあんまり歌わなくてギターの人がいっぱい歌ってたとか、あまつさえドラマーが歌ってて走ってドラムセットに戻ったとか、掛け合いみたいにヒップホップやってたりとか……実力に裏付けされた遊び心を感じた。

やっぱりねえ、リズム隊がしっかりしてると知らない曲でもノレるんですよ。すっげえなあ!TOKIOリズム隊にもいつかこんな日が……とwikipedia見てみたら、ユニコーンってドラムの人51歳とかなんだね!まぼ、まだ15年くらい修業できるわ(笑)


■5組目 クロマニヨンズ

セットリスト

クロマニヨン・ストンプ

キラービー

ひらきっぱなし

ナンバーワン野郎!

草原の輝き

ギリギリガガンガン

紙飛行機

エイトビート

タリホー


とにかくライティングが、上からと正面からのスポットで暗めでシンプルだった。そんな中をばね仕掛けのおもちゃみたいな奇怪な動きで甲本ヒロトが歌い踊る……!なんかすげえことになってた。曲、カッコいいんだよねえ。でも目はあの奇怪な動きに釘付け……(^^;;)

「次はレディガガの曲をやります」→演奏→「今の曲はレディガガのアルバム探しても入ってないですからね!ウソばっかりつくよ。でもテレビには負けるけどね!」シニカルだ(笑)ロックってもともとそういうもんかもしれないです。

そして帰り際にズボン下ろして前見せた(笑)ついでにケツも出した(笑)←でも、前は見えないようになってたって話もあるんだけどどうだろう?


■6組目 L'Arc〜en〜Ciel

打って変わってど派手なライティング。TOKIOは濃紺とオレンジで「夜の炎」みたいないかつい取り合わせだったんですが、ラルクは明るめの華やかな色をたくさん使ってて、衣装もきれいでした(それでもレポを読むと「大人しかった」らしいですが)。

セットリスト

READY STEADY GO

Caress of Venus

HONEY

ガラス玉

MY HEART DRAWS A DREAM

SEVENTH HEAVEN

Driver's High

Shout at the Devil

X X X(キス キス キス)

Link

正直『HONEY』と『Driver's High』しかわからなかったけど、そしてここに至るまですでにへろへろだったけど、カッコよかったしもっと元気だったら乗れたのになあとちょっと残念。でもラルクだったから最後まで持ったのかもしれないですが。

『ガラス玉』というのはファンの方の間でも「これやるのかびっくり!」みたいなコアな名曲だったみたいですが、抑えたAメロからがーっと盛り上がっていく様は確かにカッコよかったです。

【MC】

Hyde「……いまだにMステは緊張します。人見知りなんで他のしゅちゅえんしゃ〜の方々と話したり出来ないです」←力一杯噛んだw

「それに、後ろの方だからって気を抜いてるとワイプで抜かれて……マヌケ面がね(笑)」

これはまあ、普通のMCでした。ちゃんと名乗ってたし。

『SEVENTH HEAVEN』の前奏中に、21世紀型MCというお時間があったんですが……

ken「ラルクは20周年ですが、クレヨンしんちゃんも20周年。東京に出てきて初めて歌舞伎町に行ったときに『濡れよんちんちゃん』ていう風俗店があって『うまいことやってるなあ』と思いました」

ここらへんまではまあ、驚かないですけどね。

それをC&Rで「濡れよーん」「ちんちゃーん!」……あ、やっちゃうんだ。一応昔TOKIOで兄ぃが「Say!」で言わせようとしたときは止めが入ったと思いましたが、止めなくてもいいようです(笑)

ken「タモリさんは?」えええー?ken「イグアナでしょ!自分の思うイグアナをやってみよう!」いや無理だろ(笑)そのあとkenさんがやってたイグアナはにゃんこだった……。

TOKIO、次にフェスに参加することがあったら下ネタに挑戦してみますか?

リーダーのパンツくらいだったらいけるんじゃないかなあ(笑)


終了後はりょうさん、うきゃさん、キキさんと4人で近くの『ロドリゲス』という鉄板焼き系の洋風居酒屋へ。いつも渋谷新宿に移動してから飲んでるので、武道館近くで店を探すのがこんなに大変だとは!(休日は閉まっている店ばっかりで(^^;;)でもこの店はよかったです。混みすぎて食べ物がなかなか出てこなかったけども(笑)

飲んでいたのはあたしらだけではなかったらしく、ついったーで「TOKIOの面々が同じ店で揃って飲んでた。友達が『LOVE YOU ONLY』を歌ってあせってたらまぼの合いの手と共にみんなで歌ってくれた。そんで『続きはカラオケで歌ってね!』といってくれた」というのが流れてきて大爆笑。らしすぎる!すげえ!相変わらずキュートなオトコマエですよ!