Hatena::ブログ(Diary)

五月鳴蜩 【altocicadaの雑記帳】

2080-05-19

【ごあんない】

oφo 蝉です。

生活雑感やシゴト関連、道具に雑貨、本やら音楽やら言語やら。

歴史的假名遣の練習中。鳥取モディファイも織り交ぜつつ。自作の鍵盤配列や表記システムで遊びます。

twitter

【総合】https://twitter.com/altocicada

英語学習https://twitter.com/Jn_English

※鍵盤配列関連記事をはてなブログ日暮らし配列日記」の方にまとめて移動しました。

バイオリンビオラ顎当ての工作記録を独立させました。altocicada’s 顎当て工作奮闘記 

謎絵ぎゃらりー(昔の落書きetc.)

http://d.hatena.ne.jp/altocicada/19800519

2017-04-22

【読書メモ】『イスラーム帝国のジハード』(読了)

3月15日

増える興亡の世界史 https://pic.twitter.com/jnkX7l2NBd

posted at 23:50:12

興亡の世界史シリーズを去年から読んでて中央ユーラシアのメジャーどころにはだいぶなじんだけども、チベット高原の事情についてはまださっぱり知らない。


3月16日

イスラーム帝国のジハード』、第1章を読んだ。セム的一神教の一派としてのアラブの揺籃、アラビア半島地理的条件など。


3月22日

疲れ切った腰痛のオッサンがカレー食いながら『イスラーム帝国のジハード』読んでる光景

そーいや第2章読み終わって第3章に進んでた。

アラビア語の地名や人名が全く憶えられないのだけどアラビア語勉強したら憶えられるようになるのかな

語感がさっぱり分からんよね……


3月27日

第3章読んだ。


4月2日

第4章読んだ。マディーナ時代のイスラーム共同体の発展、マッカの征服、ムハンマド死後のビザンツササン朝への勝利、等。


興亡の世界史、『シルクロード唐帝国』『モンゴル帝国と長いその後』『オスマン帝国500年の平和』『スキタイ匈奴 遊牧の文明』と読み繋いできて、中央アジアの歴史を経由して漸く、いくらかすんなりとイスラムの歴史を読める感じになってきた。

伊東俊太郎井筒俊彦をちょろっと読んだりもしつつ、地域の距離感とか、時間の座標感覚とか、人口や軍の規模の印象とか、そのあたりがつかめないからどうも抽象的にしか分からなかったけど、幾分具体的にイメージをつなげられるようにはなってきたな。


本の続きがいよいよ面白くなってきたけども明日のために打ち切らねばならない。つらい。


4月8日

第5章読んだ。版図の拡大に伴って限界を迎える正統カリフ制、帝国としての原理と制度を整備していくウマイヤ朝、など。

ATOK先生におかれましてはウマイヤ朝よりも美味い野鳥が優先されるご様子です。

第6章読んだ。新参ムスリムの地位の不平等の問題、シーア派の登場、イラン東方ホラーサーンに始まる革命運動、ウマイヤ朝終焉アッバース朝の成立、バグダードの建設、文化の成熟、内乱期を経て登場するカリフ直属の私的職業軍人の登場。等


4月11日

第7章読んだ。広大な版図にまたがる貿易ネットワークを背景としたバグダードの反映、大規模な翻訳事業、アラビア科学や神学の発展、ウラマー集団の登場。など


4月14日

第8章読んだ。ファーティマ朝の勃興とカイロの建設、並び立つカリフ、モンゴルによる征服とイスラム化するイル・ハン国、多極化するイスラム世界、イブン・バットゥータの大旅行記、など。


4月15日

第9章読んだ。オスマン帝国の解体を経て消滅する向かうイスラーム世界、体制の衰退の中でのジハードのあり方、西洋列強の植民地支配を経て勃興するナショナリズムの流れ、パレスチナ問題、など。

アフガーニー、アブドゥ、リダーらのイスラーム改革の話で、消滅していくイスラーム世界の中で、雑誌という媒体を用いたというのが近代近代してて面白かった。


しかしあれですね、イスラーム通史を見てると、イスラエルってナショナリズムの化け物みたいな国なんだなぁ、とかいう感想が出てくるね。(国際政治素人並みの感想


“「テロをめぐる短絡的な議論がいかに間違っているかは、多くの書で論じられている。イスラームジハードを論じる本書では、そのことを検討するのではなく、より的確な設問をしてみたい。それは、「過激派はいかにジハード理念を武装コウゲキの正当化に用いているのか「イスラームの理論では、どのジハードが許容され、どのジハード過激派の逸脱とみなされるのか」ということであろう。 ジハード思想は、もともと、人間が内面の悪と戦うことから始まっている。…」”


4月16日

イスラーム帝国のジハード』、読了。とても面白かった。

引用

" もう一つの大きな問題は、「過激派」の誕生であった。この場合の「過激」とは、共同体コンセンサスに従わないことを意味する。

…初期イスラームにおいて内乱や分派の誕生などの問題が生じて、イスラームとは何か、正しい信徒のあり方とは何かをめぐって、混乱した時代があった。ウラマーたちは、それに対する解答を生み出すとともにその「解答」の力によって自らイスラーム世界の宗教指導者としての立場を確立した。

ウラマーたちの処方箋は、四つの鍵を持っていた。一つ目は、ウンマの一体性を重視し、他人の内面を問うて争わないこと。二つ目は、社会のイスラーム性はイスラーム法によって保障されていること。三つ目は、イスラーム法の解釈権はウラマーにあり、一般信徒は(統治者も含めて)ウラマーの指導に従うべきこと。四つ目は、統治と軍事(剣のジハード)は統治者にあずけ、私的に行わないこと。"

pp.335-336

2017-03-26

念願のOnkyo DAC-HA300の中古を買ったの巻

オークションで諸費用込み20kで買へる機会に遭遇したので、この際買ってしまはう、といふことで、DAC-HA300を購入したのであった。

はじめSDカードの操作性に面食らって悪態もついてしまったけども、工夫すれば使へないこともないしで、DACDDCとしての用途だけでなく、SDプレイヤーとしても常用してゆくことになりさう。

DDCとしての使ひ方の探求もぼちぼち進めてゆきたいけども、それは注文した同軸ケーブルが届いてからのお楽しみ。WAVEファイルを溜めてるHDC-1LのLubuntuの共有とか色々弄ることもある……。


以下、印象ツイート

3月23日

Onkyo dac-ha300の中古を買ったのだけどSDカードの読み込みに一回も成功しない( ・_・)少し悪い噂もあるし覚悟は少しだけしてたけど流石にこれは想像を遙かに超えたクソっぷり

f:id:altocicada:20170326230254j:image:w360


SDカードからの再生がどうにもならんのでLubuntuのXaplayからUSBで試してゐる。さすがにDACとアンプは良くできてる。

posted at 18:41:10

SDの操作性に関しては噂を聞いても(言うても使へるやろ)と甘く見てたがガチで使ひものにならん。何の躊躇ひもなくゴミ呼ばはりできるわ

ただ、USB接続では再生デバイスからの給電をオフに出来るのでそちらで使ふのは十分アリかなと。

それと、わざわざこの機種を中古でも買ひ求めたのは、AsyncのUSB-DDCとしても使へるといふ保険もあったので、総合的に損はしない見込み。

手持ちのオーテクで聴いた限りではPHA-1よりも、相性もあるだらうけど、低音モッコリも無いしだいぶ聴きやすい。

3月24日

DAC HA300、SDカードを一旦フォーマット、アルバム名をしこしこ登録したFlacファイルを入れていったらなんとかまともに読み込んだ。

f:id:altocicada:20170326230255j:image:w360

posted at 07:22:19

しかしアルバム名やアーティスト名が反映されてないのかあるしなんやねんそれはと……その辺はファイルの方の問題なのか?


わずかな空き時間をつかってATH-EW9でチェック。相性は悪くないけど高音が少し暴れる。

posted at 18:47:39

しかし、これくらい頑張ってくれてるとワシ的には十分ですわ。こーゆーのが欲しかったんや。


凄く久しぶりの🍶 https://pic.twitter.com/QjXJgUxeJW

posted at 23:16:06

操作性はともかく、このアナクロな液晶、愛ほしすぎません?

f:id:altocicada:20170326230256j:image:w410

ATH-AD900でVaiとか聴くととても宜しい。

3月25日

ピヤソッラのブエノスアイレスのマリヤ聴きだしたら何やらとても気分に合ってる。

posted at 00:40:16

ブエノスアイレスのマリアは初めて死んだ

フゥガ・イ・ミステリヨ


DAC HA300でボタン操作で音楽再生の感触が戻って来たのか急にスマホのタッチ操作に拒絶反応が出てきた。

posted at 08:05:04

慣れると癖で触ってしまうけどあんまり良いもんじゃないよなやっぱりスマホって。さっさと滅びないかな

3月26日

ミニPCと非タッチディスプレイの音楽再生機器、これやねん、これがワシの好みやねん……

f:id:altocicada:20170326230257j:image:w410

posted at 09:30:42


ESW9だと低音モッコリで相性あまりよくないけどイコライザープリセットでだいぶ良くなるな。

posted at 10:16:03

つかM2xSのライブ聴いてるが結構うっとりする音だ。


DAC-HA300 > ATH-AD900でSuk, Brahms;Viola Sonatas を聴いてる、満足できる音ですわ。ヘッドホンとかプレーヤーとか探索し始めた時期にこのセットがあったらアレコレ試さずに済んだらうなァ、なんて思ってしまふほど、必要十分な音。

posted at 22:46:28

続いてHilliard Ensemble のJosquin; Motets & Chansons。これも必要十分で、音楽に没頭できる。

posted at 23:31:35


SD上の音楽ファイルのメタ情報は、アルバムタイトルは大丈夫だけど、アーティスト情報は反映されたりされなかったりいい加減なので、大雑把な分類はジャンルタグで整理することにした。こちらは何故かしっかり反映される。

3月27日

EW9だけどHA300でパーセルDido&Aeneas聴いてる。これも全く文句なしだなあ。

posted at 19:28:35

HA300身につけて移動するのが難しいので、コルセットに挟むといふ腰痛ならではのソリューション https://pic.twitter.com/XJIRWszuW9

4月1日

HA300, ESW9でヒリヤードアンサンブルのブリュメル

posted at 00:25:27

DAC-HA300の内蔵プレイヤーから同軸OutのSE-U55SXからの音が素晴らしいのでUbuntuのXaplayからのUSB出力でも試してみたら明らかにゴチャゴチャしててナンヂャコリャァ状態だったのだけどHA300の方でUSB給電をオフってみたら見違へるやうになったりなど

posted at 12:19:44

音数が増えてきたときがかなり厳しくてコリャイカンかと思ったけど取り敢へず聴感上はクリアといった趣

2017-03-11

【読書メモ】(読了)『スキタイと匈奴』

2月16日

今井書店吉成店の新装オープン行ってきた。そしてしっかり買わされてきた。 https://pic.twitter.com/y2kpWYFQKt

posted at 18:45:34


2月19日

スキタイ匈奴 遊牧の文明』、第1章を読んだ。牧畜の発生から騎馬遊牧民の登場までの考古学的考察。

posted at 10:34:19

ATOK先生はスキタイを御存知でなかったらしく、はじめ「好きたい」との候補のご提示を頂いた。


2月20日

自説を補強する待ち望んだ遺跡の名前がアルジャン古墳っていうの、日本語的には良くできてる。(第2章読んでる)

posted at 19:41:03

2月21日

第2章残り1ページほどで寝落ちした読み残しを読み終えた。

posted at 02:02:19


2月21日

第3章読んでる。これに限らずだけど中央アジアってホントに面白いなあ。

posted at 04:06:25

第3章読んだ。


2月26日

第4章読んだ。スキタイ編終わり、次章から匈奴のお話。

posted at 11:45:02

今日は土曜日、匈奴だけに、とか言おうとしたら日曜だった。南無


2月28日

第5章、昨晩寝落ちして続きをさっき読んだ。戦国から漢初の匈奴の様子、 冒頓単于の活躍など。

posted at 07:39:45


3月5日

第6章読んだ。匈奴内部のシステム、前漢との攻防、張騫の話など。

posted at 10:48:02

黄河屈曲部の東側ら延びた支流の中程近くに「上郡」て地名があることを憶えたのだけど、中国地方西部民としてはどうしても「かみごおり」と読んでしまう。

posted at 11:33:36

第7章読み進めようと思ったがなんか気分が乗らないのでやめた。

posted at 12:54:54


3月9日

第7章、途中まで。内輪もめしてる間に漢だけでなく周囲の烏桓烏孫などにも攻められ這々の体の匈奴、ってとこまで。

posted at 07:27:04


第7章読んだ。北から西に逃げ延びていった匈奴の一派のお話はまた後ほど。

posted at 20:30:17


スキタイ匈奴』、読了。

posted at 15:03:19