Hatena::ブログ(Diary)

Ideals and Reality このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-12-31

2012年振り返り

前回更新からとても時間が経ってしまいました。

今年も色々あったんですが、最後に振り返りをしたいと思います。


SNS依存度が極端に下がった一年

まず私自身のことですが、今年はTwitterfacebookなどのソーシャルネットワークサービスに対する依存度が非常に下がりました。

昨年まではSNSをとても活用していたんですが、SNSを使うほど自分に障害となるものが増えるという認識になりました。

もちろんSNSは便利に使うとすばらしいツールとなるのですが、SNSに依存しすぎると本当にやりたいことができなくなってしまったからです。

あとはSNSの中に依存していると非常に狭い世界の中で起きていることが常識と考えてしまうことです。

気づけば宗教のようなものに知らずのうちに入信していたような感覚です。

ただし、SNS自身は情報を得るためには非常に便利なツールでもあるわけで、今は一線から身を引いて使用することを心がけるようにしています。


ソーシャルゲームを中心に様々な変化が起きた一年

ソーシャルゲームの台頭はもはや言うまでもない一年ではあったのですが、その中でも様々なゲームがあったと思います。

ガンホーから今年リリースされたパズル&ドラゴンズソーシャルゲームのようにみられがちですが、ほとんどソーシャルな要素はありません。

他人のモンスターを借りて一緒に冒険するという程度でこれならコンソールゲームで今年発売されたドラゴンズドグマの他人のキャラを借りることのできるポーンと変わりません。

ここからわかることは必ずしもソーシャルゲームじゃないとヒットしないというわけではないということです。

ただし、ソーシャル要素がなければいいのかと言われるとそうではありません。

日本人が求めているのはユルくても他人と繋がれて気軽に楽しめるソーシャルなんだと私は思っています。

そこに上手くハマるゲームシステムを作りこむことで、きっと今のソーシャルゲームの常識は覆せるんじゃないかと。

来年はまた新機軸のソーシャル要素をもったゲームが確実に現れるでしょう。


技術力よりも価値を重視したい

私は今まで技術力こそが素晴しい価値を生み出す要素となり、技術力を磨けばできることが広がり新しい価値が生まれると思っていました。

今年はずっとそのために今まで挑戦していなかった分野の技術を磨いてきましたが、結果自分が何も生み出せていないことに気付きました。

技術力は大事な要素ですが、そこにこだわりすぎるあまり本当に大事なことを忘れていました。

沢山の技術の塊であるUnityのようなゲームエンジンを使っていたとしても素晴しい価値が生まれるわけではありません。

去に作ってきたゲームでは沢山の苦労をして、いくつもの価値を生み出してきました。

バカみたいにゲームを作ってきてもそれなりにいいものを作ってきたという自信もあります。

しかし今年はそれができませんでした。

何も生み出せていない自分に反省するためにも、来年は技術を磨くよりも価値を生み出したいと思います。


来年はもっとがんばりましょう

結局自分の反省ばかりでしたが、来年こそは自分にとって何かを達成できたなと思える一年にしたいと思います。

それでは今年一年お世話になった方々にお礼を申すと共に来年度もどうかよろしくお願い致します。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/alwei/20121231/1356949578
リンク元
Connection: close