Hatena::ブログ(Diary)

萌え理論Magazine

ブックマーク追加 アンテナ登録 RSS配信
「萌え理論Magazine」はイラスト・小説・記事など幅広い共同執筆型ブログです

2007-08-12 「武林クロスロード」

[][]ラノベ『武林クロスロード』

武林クロスロード (ガガガ文庫)

武林クロスロード (ガガガ文庫)

武侠。それは一騎当千にして国をも揺るがす、無双の拳士たち。邪悪な朝廷の圧制に、人々が苦しむ時代。可憐な少女道士・リョウカは、世界を変える力を持つ「双天武王」を目指して旅に出る。危難に陥ったリョウカは、偶然にも一人の武侠を甦らせた。彼女こそはレイ・シュンライ――かつて反乱軍を率いて朝廷を苦しめた、最強の武侠だった! 立ち上がる二人の下に、集うは美貌の知将・豪傑。しかし朝廷の刺客が、無敵の女将軍率いる軍勢が、二人を狙う! 迸るエロスとバイオレンス。活劇の新次元! ここが武林の分かれ道!

http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200705.html#10

ほとばしる「The ガッツ」と「三国無双」

エロス&バイオレンスの武侠ライトノベル。R〜X指定くらいの性・暴力描写がある。また、表紙にあるように、ヒロインは筋肉質で、さらにヒロイン同士の同性愛が描かれている。

面白い、ただし上に書いてあるように、ラノベにしては過激で読者を選ぶので、注意されたし。本書は、超人的なヒロインが何百人・何千人もなぎ倒す戦闘シーンと、ヒロインたちの百合…というには生々し過ぎる官能シーンを中心に展開する。その合間合間に、この世界の非情さ・退廃ぶりを描くのも、スパイスになっているだろう。巻末によると作者は、山田風太郎などを好んで読んでいたということで、本書も清々しいまでに荒唐無稽な展開になった。

セカイ系のカンフー映画を見ないように、登場人物が悩まずに即決断・即行動するので、とても物語進行のテンポが良い。これは、1.ハードボイルド的に内面描写を最小限に禁欲、2.異国でファンタジーで非常事態、3.少女同士の同性愛的空間、という条件が幸いしている。…面白いとはいえ、後から冷静に考えると、バカバカしくなるので、一気に読んでしまうといい。中華料理のように、強い火力で調理してあるので、冷めない内に食べてしまおう。イラストはヒロインを肉感的に描いている。

ラノベでは珍しいジャンルだし、設定も面白く、続編が待たれる。新人賞なのに続き物の「Re:ALIVE」や、本来一発ネタの「携帯電話俺」「学園カゲキ!」の続刊を、ガガガ文庫が出すのなら、これも出して欲しい。

萌え理論Store