Hatena::ブログ(Diary)

萌え理論Magazine

ブックマーク追加 アンテナ登録 RSS配信
「萌え理論Magazine」はイラスト・小説・記事など幅広い共同執筆型ブログです

2007-03-09

[][]素晴らしきエロゲムービーの日々:すたじおみりす追悼編、及び用語解説

 本連載では、webに公開されたエロゲーの宣伝ムービー・オープニングムービーなどの中からおすすめの逸品を紹介します。

モーショングラフィックスとアニメーション

 まずは、大雑把に用語の解説をさせていただきます。

 ほとんどのエロゲムービーは、本編に使用されている画像素材を中心に、動きをつけて動画にしています。このように、静止画にエフェクトをかけて動画を製作する手法をモーショングラフィックスと呼ぶそうです。

 アニメーションは、いわゆる「アニメ」です。少数ですが、一からアニメーションで製作されているムービーも存在します。

改めて、すたじおみりすに哀悼の意を捧げます

 あんまりメジャーなのは避けていこうと思ってたんですが、企画を考え始めたところにちょうどみたじおみりす解散の報が飛び込んできてしまいました。それなら最初に紹介すべきは一つしかない、ということで、こちらのムービーをどうぞ。

D

 非常に有名なムービーなのでご存知の方も多いかと思います。エロゲ史上ベストムービーの呼び声も高い、『いただきじゃんがりあんR』オープニングムービーです。主題歌「Love Cheat!」は幾多の電波ソングを世に送り出した音楽製作ユニット「MOSAIC.WAV」(webサイト)が担当。ムービー製作はURA氏(webサイト)。

 MOSAIC.WAVによる主題歌、URA氏による超高速モーションの動画、いずれも極めて高いクォリティでまとまっているんですが、このムービーが異彩を放っているのは本編の画像素材を一切使用しないモーショングラフィックスムービーであるという点です。そう、ムービー中に使用されているキャラクターの絵素材は全てURA氏の描き下ろしなんです! プロモーションの意味ねえよそれ!

 どうもみりす側は、一切画像素材を渡さず「好きにやってください」というオーダーを出したそうで……。結果として、これだけ見ると「舞台はファミレスらしい」「麻雀やるっぽい」ということしか伝わらないながら、異例の動画的完成度を誇るムービーに仕上がっています。

 かような絶対の信頼を受けたURA氏がすたじおみりす作品のムービーに携わるのは3度目です。以下が他の2作、『SinsAbell』と『まじれす!』のオープニングムービーです。

D

D

 『SinsAbell』のほうは完成度は高いながら普通のエロゲムービーっぽいですが、『まじれす!』のムービーは『いただきじゃんがりあんR』に繋がる作風になっています。個人的には、『まじれす!』が作品内容を余すところなく伝える感じで、かつ見た目にも気持ちいいので好きですね。

 以下、見付からなかった『月陽炎』を除く、残りのすたじおみりす作品のオープニングムービーです。えっちぃのはリンクのみとします。18歳未満の人は見ちゃだめ。

D 『いただきじゃんがりあん』

D 『おめがねティーチャー』

D 『うさみみデリバリーズ!!』

http://youtube.com/watch?v=BaXc1CJDxyU 『鉄腕がっちゅ!!』

http://youtube.com/watch?v=9R_v5xBCElY 『チュートリアルサマー』

D 『青空がっこのせんせい君。』

 個人的には、『うさみみデリバリーズ!!』『青空がっこのせんせい君。』あたり、目新しくてなかなか良いのではないかと。後者はFLASHムービー作品としてはよく見る系統ですが、エロゲムービーでは珍しいですね。

2007-03-05

[][]オタクに役立つフリーソフト:youtubeの動画をいつものプレイヤで再生できる「FLV Splitter」

 前回はyoutube向けのダウンローダ「ebot Lite」を紹介しました。今回はyoutube関連の便利なソフトをもう一本と、ちょっとしたtipsを紹介しようと思います。

 頻繁にyoutubeから動画をダウンロードして鑑賞するようになると、動画再生ソフトの選択に悩みます。flvプレイヤーはけっこうな種類があるのですが、どれも押し並べて低機能と言わざるを得ません。それに、flvのためだけに別のプレイヤーを用意するのもめんどうです。flv形式の動画をなんとかして好きなプレイヤーで再生できれば理想的ですね。

 「FLV Splitter」は多くのプレイヤーでflvの再生を可能にしてくれますが、理屈がややこしい上に導入手順がおっかないのでちょっととっつきづらいです。それだけにガイドがたくさんありますので、元気のある人は挑戦していただきたいんですが、「DirectShowってなんだよ!」「ffdshowとか聞いたこともねえよ!」という人には「TAGIRI コーデックパック」がおすすめです。

 こちらは「FLV Splitter」と関連ソフトの詰め合わせで、インストーラをダウンロードして実行するだけで使えます。Windows Media Playerならすぐ再生できるはずです。たぶんこういうエラーメッセージが出ますが、シカトして「はい」で大丈夫です。これでたいがいのプレイヤーで再生できますので、連続再生もランダム再生も思いのままです。

 ちなみにこちらのサイトではflvファイルの管理ソフト等も公開されています。わりと便利ですので、試してみるのもよろしいかと。

Internet Explorerでyoutubeが見られなくなった場合の対処法

 今回は引用ばかりですが、何度か「youtube Hello, you either have JavaScript」を食らって、唯一確実に解決できたのがこの方法でした。flash playerのダウングレードです。アンインストールに失敗する場合は、IEが起動しっぱなしになっていないか確認してみてください。

 ブラウザをIE系以外のもの……Firefox・Opera・Sleipnir(Geckoモード)等に変えるのが一番確実ではありますが。

2007-02-28 月末報告

[][]オタクに役立つフリーソフト:最強のyoutubeダウンローダ「ebot Lite」

 web上に数多あるフリーソフトウェアを使いこなすことで、PC生活は劇的に向上します。この連載では、僕の愛用するフリーソフトを紹介していこうと思います。「解凍」とかの基本的なPC用語は解説しませんが、要望があれば考えます。でも、googleとかで調べたほうが、たぶん色々と早いです。

 最初に紹介するのは、検索式ダウンローダ「ebot Lite」です。

 このソフトの基本的な機能は、指定したキーワードでweb検索し、検索結果のページからキーワードに関連していそうなファイルを自動的にダウンロードするというものです。これだけでも、例えば特定の作品のイラストを大量に集めるといったようなことが簡単にできるのですが、このソフトの真価は、サーチエンジンにyoutubeが含まれていることです。

 youtubeから動画ファイルをダウンロードする手段は非常に多様なものが提供されています。例えば「youtube関連のアドレスをクリップボードに入れてダブルクリックするとirvineが立ち上がって以下略」や「Craving Explorer」などは特定の動画をダウンロードするには大変便利なものですが、「この検索結果全部ダウンロードしたいなあ」というような場合にはなかなか手間がかかります。

 「ebot Lite」を使用すると、例えば検索バーに「アルカナハート」と入力して検索すると、アルカナハートの対戦動画を自動的に集めてくれます。回線速度やマシンスペックによってはかなり重くなるかもしれませんが、操作はこれだけですので、寝る前にでも仕掛けておけば楽ちんです。

 インストールは不要、ソフト本体をダウンロードして適当な場所に解凍するだけで使えます。設定すべきこともほとんどありません。youtubeから動画をダウンロードする場合、1.画面上部ファイル種別選択欄の「動画」をチェック 2.画面下部「次」「Js/Jv/ActX」をチェック、「Downなし」のチェックを外す だけ確認しておけば充分でしょう。

 ダウンロードしたファイルは、初期設定では、「ebotlite.exe」のあるフォルダの中に「Down」フォルダが作成され、そこに保存されます。さらに検索キーワードとファイルの種類によってフォルダが分けられます。

 実際にダウンロードされた動画を確認してみましょう。youtubeの動画は「flv」という動画形式なので、検索キーワードの名前のフォルダの中の、「flv」というフォルダに入っています。エクスプローラ上でアイコンが表示されていなかったりすると思いますが、とりあえず問題はありません。ファイル名等を確認してみると、拡張子が付いていないものがあると思います。ファイル名の末尾に「.flv」と付けてやれば見られるようになりますが、大量だとこれも手間です。「FLV renamer」というソフトを使えば、一発で拡張子を付けることができます。「flv」のフォルダをドラッグ&ドロップするだけですので、操作も簡単です。「送る」に登録したりするともっと簡単です。

 これで動画ファイル自体は見られる状態になりますが、flvファイルは、Windows Media Playerなどの一般的な動画プレイヤーで再生することができません。flvの再生に対応した専用プレイヤーを使用するのがとりあえず手っ取り早いです。個人的には「FLVP」というプレイヤーがお勧めですが、「関連付けってなんですか!」「プログラムの選択がどうこうとか言われたんですけど!」という人には「Riva FLV Player」が簡単だと思います。こちらのインストールガイド記事などを参考にインストールすれば、動画ファイルをダブルクリックして再生することができます。

萌え理論Store