Hatena::ブログ(Diary)

まなのブックレビュー

2016-02-24

Book Review!


作者:高野 文子

レビュー: るきさん (ちくま文庫) (文庫)


主人公の「るきさん」は、この世のいかなるしがらみにもとらわれず、自由気ままに飄々として生きているように見える。

浮世離れした、どこか超越した感じの「るきさん」に対し、友人の「えっちゃん」は、ごく現実的、世俗的で常識的な人。

「えっちゃん」から見ると、「るきさん」は危なっかしくてしょうがないわけだが、「るきさん」自身はその心配をよそに、それなりに現実社会に適応し、案外たくましい。

るきさん」の生き方に憧れる気持ちは、しかし決して渇望するような激しいものではなく、ほんのりと心を満たすような、柔らかい充足感にも似ている。

るきさん」は、どこに行っても、何をしても、いつも「るきさん」であり続ける。

つくづく、幸せは自分次第で??!
?り、自分で生み出すものであり、また、幸せの定義自体、そもそも、周りではなくて自分自身が決めるものなのだなあと思わせられる。


更に詳細を見る

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amakit/20160224/1456307060