amamuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-28 「新たな護岸工事、沖縄防衛局が開始 辺野古移設計画で」

amamu2019-01-28

「新たな護岸工事、沖縄防衛局が開始 辺野古移設計画で」 16:32 「新たな護岸工事、沖縄防衛局が開始 辺野古移設計画で」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月28日13時11分)から。

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、沖縄防衛局は28日、キャンプ・シュワブから新たな護岸を造り始めたと発表した。辺野古崎の先端部分から南東に伸びる「N4」護岸で全長135メートル。

 防衛局は22日の環境監視等委員会で、N4護岸と、その先のK8護岸のうち250メートルを造っても、汚濁防止枠を設置すれば、移植対象のサンゴを移植しなくても影響はない、と報告していた。防衛局は約4万群体のサンゴを移植するための特別採捕を申請したが、沖縄県は1月16日に不許可にしている。

 移設計画をめぐっては、埋め立て予定海域の北東側で軟弱地盤が確認され、政府は設計計画を変更する方針。県は承認しない構えで、工事の先行きは見通せないが、政府は水深の浅い南側で工事を進め、昨年12月には土砂投入を強行した。

「「未払い、暴力、解雇」実習生の実態、政権の看板と乖離」 16:32 「「未払い、暴力、解雇」実習生の実態、政権の看板と乖離」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月28日09時31分)から。

 人手不足解消や次なる経済成長をめざす手段として、人の「働き方」を大きく変える法律が、昨年の国会で相次いで成立した。法律の当事者ともいえる外国人技能実習生や裁量労働制で働く人たちを取材すると、安倍政権が掲げる「美名」とかけ離れた実態があった。

 「一時退避施設あり」。東海道新幹線・岐阜羽島駅前に、そんな看板を掛けた3階建てのビルがある。NPOが運営する外国人技能実習生のためのシェルター外国人労働者救済支援センター」だ。地元だけでなく全国から実習生らが駆け込んでくる。

 昨年12月中旬の昼食時。記者が訪れると、2階の食堂で外国人の男女が豚の煮物や野菜炒めなどを囲んでいた。年代はさまざま。中国語や日本語など多様な言葉が飛び交う。

 入居していたのは中国、ベトナムカンボジアなどから来た実習生ら17人。3階は寝室で、6畳ほどの5部屋に男女別に暮らしている。1階の事務所わきには、入居者の財産が詰まったスーツケースやかばんが山積みされていた。

 (後略)

中崎太郎

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amamu/20190128

2019-01-27 「若者を殺し、もうけるのが戦争…語り続けた元日本海軍兵」

amamu2019-01-27

[][]「若者を殺し、もうけるのが戦争…語り続けた元日本海軍兵」 15:18 「若者を殺し、もうけるのが戦争…語り続けた元日本海軍兵」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月27日13時55分 )から。

 戦争の愚かさを子どもたちに語り続けた元日本海軍兵の瀧本邦慶(たきもとくによし)さん=大阪市東淀川区=が昨年12月28日午前6時8分、入院していた吹田市の病院で誤嚥(ごえん)性肺炎のため亡くなった。97歳だった。

 香川県出身。1939(昭和14)年に17歳で佐世保海兵団へ志願し、太平洋戦争の始まりとなる41年12月の真珠湾攻撃や、戦局の転換点ともいわれる42年6月のミッドウェー海戦に送られた。「餓死の5分前」まで追いつめられたトラック諸島(現ミクロネシア連邦チューク諸島)で敗戦を知った。

 戦後は大阪市で不動産業などを営み、2008年から語り部に。ときに軽妙な語りが評判となって府内の学校を積極的に回った。

 17年7月に脳梗塞(こうそく)で倒れたが、リハビリを重ねて18年3月に講演を再開していた。同年11月28日に再び発症。家族によると、驚異的に持ちなおして1カ月後にはリハビリのため転院する予定だった。瀧本さんは生前に献体登録をしていたため、遺体は大学病院へ送られた。

 遺言に従い遺族は死去を伏せていたが、講演依頼が今も寄せられるため公表することにしたという。「葬儀などについては遺骨が帰ってきてから考えようと思います。それまでは連絡や心遣いは遠慮させてください」と話している。

若者への言葉 拝みの響き

 戦争そのものへよりも、戦争を起こす者への怒りが大きかった。息子や夫の戦死を言祝(ことほ)ぐように強いた者に、みじめに餓死していった戦友を英霊とうそぶく者に対して、真っすぐに怒っていた。「安全地帯」から戦争をあおった政治家や官僚、軍の上層部を生涯、許さなかった。

(後略)

下地毅

[]「(私のThe Best!)自由に一人でテント張る 芸人兼ソロキャンプYouTuber・ヒロシさん」 21:22 「(私のThe Best!)自由に一人でテント張る 芸人兼ソロキャンプYouTuber・ヒロシさん」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月26日03時30分)から。

 ヒロシです。イメージとちがうかもしれませんが、キャンプが好きです。それも、ソロキャンプです。

 キャンプの様子を動画サイト「YouTube」にアップしていますが、チャンネル登録者数は32万人にもなりました。

 家族について、幼いときからキャンプをしていました。小学4年のときにはもう、子どもだけで山に入って、テントを張っていましたね。

 8年ほど前、グループでキャンプに行ったときのことです。後輩がつれてきた知らない人が「焼きそばないんっすか?」って言うんです。ぼく、気を使うほうなのでグッとこらえましたが、そこから大人数でいくキャンプが苦手になりました。時間を合わせて集合したり、おなかもすいていないのに「ごはんたべよう」となったり、不自由なのです。

 4、5年前、同じ思いをもった芸人仲間とキャンプへ。グループではなく、各自がテントも食事の準備もするソロキャンプの集まりでした。それがとっても自由で、楽しくて、心地よくて。

 動画を多くの人に見てもらうのはうれしいのですが、あくまで基本は自分が楽しむこと。ソロキャンプを始めるのにおすすめのアイテムは?とよく聞かれますが、答えません。

 自分にあった道具は何かを考え、選び、行動に移す。それもソロキャンプの楽しみだからです。ぼくが楽しみを奪っちゃいけませんからね。

 昔は「ヒロシ」と呼び捨てでしたけど、最近は「ヒロシさん」と呼ばれます。うれしいことです。(聞き手・斎藤健一郎、写真・北村玲奈)

     *

 1972年熊本県出身。本名・齊藤健一。大学卒業後、保険会社で働くが人見知りで続かず、芸人の道へ。「ヒロシです」で始まる自虐ネタでブレーク。YouTubeの「ヒロシちゃんねる」は撮影から編集までを自らこなす。近著『働き方1.9 〜君も好きなことだけして生きていける』(講談社)が好評。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amamu/20190127

2019-01-26 「外国人労働者、146万人に 中国最多、東南アジアも増」

amamu2019-01-26

「外国人労働者、146万人に 中国最多、東南アジアも増」 15:09 「外国人労働者、146万人に 中国最多、東南アジアも増」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版( 2019年1月26日07時31分)から。

 日本で働く外国人の数は昨年10月末時点で、146万463人だった。1年前と比べて約18万人(14・2%)増え、6年連続で過去最多を更新した。厚生労働省が25日発表した。人手不足に悩む企業の積極的な活用が続いており、この5年間で倍増した。4月からは外国人労働者の受け入れ拡大を目指す新たな在留資格も導入され、今後も増加が続くとみられる。

 在留資格別で最も多いのは、永住権を持つ人や日本人と結婚した人などの「永住者ら」の約49万5千人で、前年同時期より8・0%増えた。アルバイトをする留学生などの「資格外活動」が約34万3千人(15・7%増)、「外国人技能実習」が約30万8千人(19・7%増)で続き、それぞれ全体に占める割合が2割を超えた。

 増加率が最も高かったのは「特定活動」の35・6%増で、約3万5千人になった。特例で特定活動の在留資格が得られる建設業などで増えた。

 産業別では「製造業」が29・7%で最も多かった。「サービス業」が15・8%、「卸売業、小売業」と「宿泊業、飲食サービス業」がともに12・7%を占めた。製造業で働く人の16・9%にあたる約7万3千人が、労働者派遣や請負事業所で働いていた。

 国籍別では、中国が約38万9千人で最も多く、全体の26・6%をしめる。ただ、前年同時期からの伸び率は4・5%にとどまった。増加が目立ったのは東南アジアで、ベトナムが31・9%増、インドネシアが21・7%増、ネパールが18・0%増だった。技能実習や資格外活動で働く人が多いという。(松浦祐子)

「自民国対委員長、統計不正「さほど大きな問題はない」」 15:09 「自民国対委員長、統計不正「さほど大きな問題はない」」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月26日19時18分)から。

 自民党の森山裕国会対策委員長は26日、鹿児島県鹿屋市で講演し、厚生労働省の「毎月勤労統計」をめぐる不正調査について、「今回はさほど大きな問題はないように今のところ思う」と述べた。28日召集の通常国会を控えて統計の不正問題が拡大する中、与党の国会対策責任者の認識は野党から厳しく問われそうだ。

 森山氏は不正の影響で本来より少なく各種保険料を給付されていた人に対する追加給付と原因究明を急ぐ考えを強調。ただ、「2度とこういうことがあってはデータの信頼性を失ってしまう」と述べたくだりで、「今回はさほど大きな問題はない」とした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amamu/20190126

2019-01-25 「梅原猛さん死去 「京都の宝物のような人」」

amamu2019-01-25

梅原猛さん死去 「京都の宝物のような人」」 15:16 「梅原猛さん死去 「京都の宝物のような人」」を含むブックマーク

少し前の記事だが、以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月16日09時28分)から。


 日本の文化や歴史を独自の視点で研究し、大胆な仮説を展開した哲学者梅原猛さんが12日、93歳で亡くなった。京都大で学び、京都市立芸術大学長や国際日本文化研究センター初代所長を務めるなど京都の学術や文化の中心的な存在だった。京都のまちづくりや伝統芸能の発展にも力を尽くした。

  ◇    ◇

実践的哲学者

  梅原さんは哲学者にとどまらず、社会問題や芸能分野でも存在感を放った。

 「哲学者というとともすれば部屋にこもっている印象があるが、梅原さんはアクティブで実践的な哲学者だった」

 「憲法9条京都の会」代表世話人を共に務めた立命館大国際平和ミュージアム名誉館長の安斎育郎さん(78)はこう話した。

 「自らの戦争体験をもとに、単に『平和は大事』と原則論をいうだけでなく、原発事故など具体的な日本社会の問題にも発言をされた。知識人や文化人を束ねて日本社会や地球が将来どうあるべきかを発言することが今こそ求められているが、そうしたことをされた象徴的な存在だった」と惜しむ。

 この会で一緒だった臨済宗相国寺派管長の有馬頼底さん(85)は「『憲法9条は日本の宝』というのが梅原さんの持論で、私もともに守ろうと活動を続けてきた。相国寺ゆかりの絵師・伊藤若冲についてもいろいろご助言をいただいた」と話す。

スーパー狂言

 スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」(1986年初演)を手がけた梅原さんは、長崎県諫早湾干拓事業を取り上げた「ムツゴロウ」、科学技術の危うさを描いた「クローン人間ナマシマ」、戦争をテーマにイラク問題などを反映させた「王様と恐竜」の「スーパー狂言」3本を書き上げ、京都を拠点に活動する茂山千五郎家によって2000年から03年にかけて初演された。

 「クローン人間ナマシマ」などに出演した五世茂山千作さん(73)は、「父(四世千作さん)とおじ(二世茂山千之丞さん)が心安くさせてもらった。スーパー狂言は時代を切り取った作品で、狂言師ではなかなか思いつかないもの。お客さんも喜んでくれ、笑いもたくさん起きた」と言う。「温和でいつもニコニコして優しい先生で、舞台稽古の時も『好きなようにやったらいい』と言ってくれたし、哲学のことを質問すると分かりやすく教えてくれた。能や狂言もよく知っておられた。京都にとってとても大事な方をなくし、寂しい気持ちだ」

小中でも授業

 長く京都で暮らした梅原さんは、地元に根差した活動も続け、京都の小学校や中学校でも熱心に授業をした。

 1996年には京都市立桂坂小学校(京都市西京区)で「学問の楽しさ」について6年生に授業。芸術家の岡本太郎さんらの物まねをしながら「人生は、最後はやはり創造ですよ」と説いた。

 京都市南区の洛南高校付属中学校では非常勤講師を務め、3年生に2001年に宗教、02年に道徳の授業をした。梅原さんは授業を前に、「心の教育の大切さを唱えてきたので、授業が実現できてうれしい」と話していた。

 怨霊などの研究で知られる梅原さんは74〜86年に通算2回、京都市立芸術大の学長に就き、「芸術学概論」などの講義も続けた。教え子らとの作品展も開き、自筆の書を出展した。教え子の一人で銅版画家の山本容子さん(66)は、梅原さんの90歳を祝う会で「黒板の前でチョークの粉だらけになり聖徳太子や(柿本)人麻呂について講義する先生は、怨霊が乗り移っていたようだった」と振り返った。

事業実現に力

 梅原さんは1981年、「府文化懇談会」の中心となって京都文化の創造発展に向けた提言をとりまとめた。西脇隆俊知事は「提言で提案された数々の事業の実現に御尽力いただき、平安建都1200年記念事業の実施、国際日本文化研究センターの開設、関西文化学術研究都市の建設、京都府京都文化博物館の開館、京都府文化賞の創設など、京都の発展に大きな役割を果たした」とコメントした。

 門川大作京都市長も「現在の文化芸術を基軸としたまちづくり、国づくりの先駆者として梅原先生の偉大さを実感している。文化庁の京都への全面的移転でもご貢献いただいた」と感謝し、「最近では、京都市立芸術大学京都駅東部、崇仁地域への移転についてとても喜んでいただき、いつもの柔和な表情で励ましていただいたことが私の脳裏に焼き付いている」とコメントした。

 京都市左京区熊野神社の境内に「八ッ橋発祥之地」と刻まれた碑がある。字は梅原さんの手によるものだ。神社近くの「本家八ッ橋西尾」会長の西尾陽子さん(81)が依頼した。

 梅原さんの教え子とのつながりで親しくなり、揮毫をお願いした。「有名な方なので、ぜひ書いてほしいと伝えたら、快く引き受けてくれた」という。その元になった書の現物は「一生の宝物」で、掛け軸にして大事にしまってある。「普段の表情はにこやかで優しかった。哲学者でもあり文化人でもあり、京都の宝物のような人でした」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amamu/20190125

2019-01-24 「入管法新制度「成立後に」と言ったが…法相、同様の答弁」

amamu2019-01-24

「入管法新制度「成立後に」と言ったが…法相、同様の答弁」 11:12 「入管法新制度「成立後に」と言ったが…法相、同様の答弁」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(浦野直樹 内山修 2019年1月24日05時00分)から。

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法について衆院法務委員会は23日、閉会中審査を開いた。成立前、政府は新制度に関して「検討中」と繰り返したが、成立後初となるこの日の質疑でも具体的説明は少なかった。4月の法施行を控え、受け入れ企業からは新制度への不安を訴える声が出ている。

 山下貴司法相は昨年の臨時国会で新制度について問われると「法成立後に政省令で示す」などと繰り返し答弁し、詳細な説明を避けてきた。法施行まで残り約2カ月となったが、この日も山下氏や政府側の答弁は抽象的なままだった。

 大きな論点の一つが、外国人との共生社会を実現するための「総合的対応策」。政府が法成立後の昨年12月25日に決めたが、地方自治体には「対応を丸投げされるのでは」との不安が渦巻いている。

 立憲民主党の逢坂誠二氏は地方自治体が担う施策の数と負担額を問うたが、法務省の佐々木聖子・入国管理局長は「検証を行っていない」と答弁。そこで逢坂氏は矛先を山下氏に向け、「(臨時国会では)『総合的対応策を講じるから大丈夫』と繰り返していた。でも、自治体でなんぼ予算を使うかも分からないし、どの事業を担うか数をカウントしていないなんておかしい」とたたみかけた。山下氏は「自治体としっかりと協議し、情報共有しながら実現に努めたい」と答えただけだった。

 外国人労働者が地方から賃金の高い大都市圏に流出してしまうのではないか――。臨時国会ではこうした問題が指摘されていた。だが、この日の質疑でも政府が具体的な対応策を示すことはなかった。

 立憲民主党の松田功氏が「大都市圏への(外国人労働者)集中をどう解消させていくのか」と聞くと、佐々木局長は、原因を探り必要な措置を講じるなどと述べた上で「看過しがたい偏在が生じていれば、大都市圏企業による人材引き抜きの自粛要請をする」と答弁した。

 しかし、「看過しがたい偏在」の基準は明らかでない。さらに企業への「自粛要請」がどれほどの効果を持つかも疑問符が残ったままだ。

 新在留資格「特定技能」に一部が移行する現行の技能実習制度の問題点も議論となった。国民民主党の階猛氏は、実習生失踪など問題点が少なくないと指摘。「根本的に見直す必要がある」とただしたが、山下氏は「さまざまな問題については(省内の)プロジェクトチームで検討している」と臨時国会と同様の答えに終始した。

 改正入管法は昨年12月の臨時国会で、与党が野党の反発を押し切る形で委員会採決を強行し成立させた。政府は昨年末に総合的対応策のほか、基本方針と分野別運用方針を決め、政省令案も公表。4月の法施行に向けた動きを次々と進めている。

 この日の質疑でどれだけ踏み込んで説明するか注目されたが、肩すかしに終わった。臨時国会で積み残しになった疑問は解消されず、むしろ準備の不十分さが浮き彫りになった。(浦野直樹)

(後略)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amamu/20190124