amamuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-24 「財務省、答弁の裏で意図的廃棄 「政治史に残る大事件」」

amamu2018-05-24

[][][][][]「財務省、答弁の裏で意図的廃棄 「政治史に残る大事件」」 16:31 「財務省、答弁の裏で意図的廃棄 「政治史に残る大事件」」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月24日09時46分)から。

 国会答弁の裏で、決裁文書を改ざんするだけでなく、交渉記録を意図的に廃棄していた。森友学園問題で財務省が23日、衝撃的な事実を明らかにした。この日公表された文書からは、土地取引の特異さが改めて浮かぶ。財務省の体質に、市民が、国会議員が、怒りの声を上げた。

 23日午前、国会内では、財務省から交渉記録の廃棄を説明された野党議員が憤りの声を上げた。

 「行政の信頼を根こそぎ失うような政治史に残る大事件だ」。国民民主党の玉木雄一郎共同代表は記者団にこう語り、「これまで1年にわたり政府が説明してきたことが虚偽だと明らかになった」と断じた。

 財務省は、森友学園との土地取引について国会で一貫し、学園側との交渉記録は保存期間がすぎて廃棄した、と主張してきた。ただ、この日は、昨年2月以降に「国会答弁との関係で文書を廃棄」していたと明かした。

 立憲民主党の逢坂誠二氏は「国民をだまし続けた。だまされた中で我々は質問せざるをえない。どこが民主的国家なのか」と憤り、「監督する財務大臣の積極的な反省の弁がないことも驚きだ」と麻生太郎財務相の対応ぶりに疑問符をつけた。

 国民民主党の今井雅人氏は、日本大アメフト部のタックル問題を引き合いに、「選手がおわびして、語った。官僚の中に日大の選手を見習う人が出てほしい」と述べた。

 午後には野党各党が国会内で合同ヒアリングを開き財務省幹部を追及。ただ、財務省側は言葉を濁す場面が目立った。

 誰が廃棄に関与したのか問われると、富山一成・理財局次長は「指示したのは理財局の一部職員だと考えている」。細部は「誰がどういう指示を誰に(出した)かは人事当局の調査結果を待つ」と下を向いた。

 公表された交渉記録は、職員が「手控え」として紙やパソコンで保管していたものだが、なぜ1年前に見つからなかったかについても「(職員に)聞き取りをしたかどうかも含めて、調査結果を待つ必要がある」とした。廃棄されたまま見つかっていない文書がある可能性も指摘されたが、明確な答えはなかった。

 富山次長は「国会答弁での説明が事実と異なっていた。深くおわび申し上げたい」と述べたが、その説明は最後まで煮え切らなかった。

 玉木氏は記者団に「平成という時代の歴史に残る事件だと思う。現職の総理夫人の名前がそこに出てくる。改めて真相究明に向け、政府の責任が厳しく問われる」と語気を強めた。

 今回、交渉記録を確認した経緯については、「検察の協力も得た」と明らかにした。

文書存在判明」本社記者に電話

 財務省は23日、森友学園との国有地取引をめぐる記録を情報公開請求していた朝日新聞記者に対し、「昨年4月に文書がないと回答したが、存在が判明した」と電話で連絡した。

 記者は昨年3月、「土地取引に関する文書一式」と「森友学園関係者と財務省理財局幹部との面会記録や協議内容」の2件について、情報公開を請求。同省は翌4月、「文書保有が確認できなかった」として不開示としていた。

 今回の連絡について、同省理財局は「行政サービスの一環。今回は丁寧に説明する必要があると判断した」としている。同様の情報公開を請求した人に、電話連絡をしているという。同局は、文書を「ホームページに掲載した」と説明。いったんは掲載されたが、23日午後11時現在、見ることはできなかった。

「誰の指示か解明を」関係者

 森友問題を追及してきた関係者らからは憤りの声が上がった。

 交渉記録の開示を請求していた神戸学院大の上脇博之教授は「公文書は民主主義を支える知的資源。廃棄、改ざんがまかり通れば民主主義が成り立たない」と指摘。交渉記録だけで1千ページ近くに上る点に触れ、「個人の手控えと言うには分量が多すぎる。首相夫妻案件であることを隠し、国会答弁との整合性をもたせるために、文書の廃棄と改ざんがセットで行われた疑いが強い。政治家の関与を含め誰の指示で廃棄されたのかを解明しないと説明がつかない」と話す。

 「昨年3月から交渉記録は絶対にあると言い続けてきた。1年間無駄にされた」と憤るのは、木村真・大阪府豊中市議。国有地を不当に安価で売却したとする背任容疑で近畿財務局職員を告発していた。

 安倍晋三首相の妻昭恵氏付の政府職員が、土地取引での優遇を望む森友学園の意向を財務省に伝えていた記録も明らかになった。木村市議は「昭恵さんが動かなければこれほどの値引きはないはず。関与の度合いはどうだったのか、法的に問題はないのか。今後、司法や国会の場で明らかにしていく必要がある」と主張した。

 財務省の担当者らを背任などの容疑で刑事告発している阪口徳雄弁護士は昨年3月と9月、財務省と森友学園の土地取引を巡って情報公開を請求したが、交渉記録や面談記録は開示されなかった。「なぜこれほどの改ざん、隠蔽(いんぺい)が行われたのか。国家賠償請求を提訴して、公開の法廷で納得するまで真相解明を追求したい」と反発した。国会答弁にあわせて記録を廃棄していた点についても、公用文書等毀棄(きき)容疑で追加告発を検討するという。

 (後略)

[][][][][]「「加計の車」新たな火種 内閣府幹部の利用、政府が調査」 22:09 「「加計の車」新たな火種 内閣府幹部の利用、政府が調査」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月24日21時48分)から。

 加計(かけ)学園の獣医学部新設をめぐる愛媛県の新文書で、首相官邸幹部らと学園関係者の接触が特区認定に影響を与えたかが再び焦点になるなか、内閣府幹部らが出張時に学園の車を利用していた問題が新たな論点になっている。野党側は学園側からの便宜供与とみて追及。政府は24日、国家公務員倫理審査会が法令上の問題を調べていることを明らかにした。

 (後略)

(又吉俊充、星野典久)

[][][][][][]「尾木氏が日大指導者に「独裁者の顔は見たくない」」 16:31 「尾木氏が日大指導者に「独裁者の顔は見たくない」」を含むブックマーク

 以下、日刊スポーツ(2018年5月24日)より。

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)が、日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が行った会見の内容に「恥ずかし過ぎる!」と不快感をあらわにし、辞職すべきとの考えを示した。

 尾木氏は24日、「これは恥ずかしい!学生の方が大人ーー」のタイトルでブログを更新。日大選手が悪質な反則で関西学院大の選手を負傷させた問題について内田前監督らが行った会見に「『なにこれ?! 恥ずかし過ぎる!』って思いました」と率直な感想をつづった。

 日大選手が22日に行った会見と比較し、「加害学生の単独記者会見の顔出し堂々とした潔い謝罪会見に比べると なんて白々しくも、隠し通そうとする恥ずかしい会見であったことでしょうか、見ていて1人の大人として1人の大学人として、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました!全国の子どもたちに見せたくない嘘が通る政治家や大人たちのズル賢い姿そのものでした!」と批判した。

 内田前監督は会見で、反則行為の指示を否定。日大常務理事の役職については一時停止して謹慎するとしたが、尾木氏は納得せず、「一時謹慎ではなく、スッキリ理事も完全に辞めることが最後の日大への奉仕、すべてのアメフト部員、教育界全体への償いではないのでしょうか?独裁者 専制者の顔は二度と見たくありませんから」と厳しい言葉で非難した。

 さらに辞任する意向を示した井上コーチについても「すぐにコーチを辞め 二度と如何なる立場でも子ども青年・学生の前には姿を見せないでいただきたい」とした。

 また今回の記者会見では、司会を務めた日大広報部の職員が何度も会見を打ち切ろうとして、報道陣と衝突する場面があった。この対応についても尾木氏は「会場司会の広報担当者は最悪!! 広報への期待は完全に失いました あんな広報の大学あるなんてーびっくりです」と不信感をあらわに。日大の学生に同情し「めげないでくださいね!」と呼びかけた。

[][][]「「色々なところで『安倍化』が進んでいる」立憲・枝野氏」 22:01 「「色々なところで『安倍化』が進んでいる」立憲・枝野氏」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2018年5月24日17時22分)から。

立憲民主党の枝野幸男代表(発言録)

 この間の安倍政権の状況は、国会や行政府の問題を超えている。証拠があっても開き直れば通用するという、こんな社会に日本の社会をしてしまっていいのか。安倍さんが言っていた「美しい国」というのは、証拠があっても開き直ったらそれでごまかしがきいてしまう、それが美しい国なのか。

 直接結びつけるのはいかがなものかと思うけれども、例えば日大のアメリカンフットボールの問題など、本当に色々なところで「安倍化」が進んでいる。こんな社会にしてはいけない。その強い思いで私たちは街頭に出て、国民のみなさんに呼びかけて、共に安倍政権を倒していく。自民党を追い込んでいくということを進めていかなければならないというふうに思っている。(党会合でのあいさつ)

[][]「大谷翔平、“折りながら”の執念の同点打に地元放送局興奮 「伝説は続いていく」」 16:31 「大谷翔平、“折りながら”の執念の同点打に地元放送局興奮 「伝説は続いていく」」を含むブックマーク

 以下、THE ANSWER(2018年5月24日 12時59分)より。

大谷が9回1死満塁の場面で、バットを折りながらも中前へ落とす同点打放つ

 米大リーグエンゼルス大谷翔平投手は23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」で先発。9回の第5打席で起死回生の同点2点タイムリーを放ち、5-4の逆転劇に貢献した。米スポーツ専門局「FOX Sports West」公式ツイッターが動画を公開している。

 たまっていたうっぷんを一振りに込めた。2点を追う9回一死満塁の場面で迎えた第5打席。ここまで4打席無安打の大谷は、右腕クリッパードの1ボールからの2球目、外寄りの79.4マイル(約128キロ)のチェンジアップにバットをぶつけた。

 バットを根元から折りながらも中前へ落とし、2者を返す執念の同点打。12打席ぶりの安打にも、大谷は口を真一文字に結んだまま、表情を緩めることはなかった。

 この一打に、エンゼルスの地元ロサンゼルスで中継している同局の実況席も大興奮だ。

「バットを折りながらセンターへ!これで同点に!」と実況アナウンサーが叫べば、解説者も「チェンジアップ、バットの先でしたが、外野まで運ぶには充分な一打でした。これでシーズン19打点目」とコメントを重ねた。

 同局のツイッターは、この場面を「伝説は続いていく ショウヘイ・オオタニがバットを折りながらもセンターへの2点打を放ち同点に!」とつづり公開している。

 ここぞの場面で集中力を発揮した“二刀流怪物”。この日はバットでチームを救った。(THE ANSWER編集部)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amamu/20180524