amamuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-11 「首相のサンゴ発言、NHK「自主的な編集判断で放送」」

amamu2019-01-11

[][][]「首相のサンゴ発言、NHK「自主的な編集判断で放送」」 11:55 「首相のサンゴ発言、NHK「自主的な編集判断で放送」」を含むブックマーク

 以下、朝日新聞デジタル版(2019年1月10日20時00分)から。

 米軍普天間飛行場名護市辺野古への移設計画をめぐり、安倍晋三首相が「土砂投入にあたってあそこのサンゴは移している」と不正確な説明をしたと批判されている問題で、発言を放送したNHKは10日、「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送した」との見解を示した。沖縄県の地元紙などから、「間違いとの指摘も批判もないまま公共の電波でそのまま流した」とNHKの責任を問う声が上がっていた。

 この日の定例会見でNHKの山内昌彦・編成局計画管理部長は「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送しておりますので、必要に応じてきちんと判断して対応しているという風に考えております」と説明。「番組内での政治家の発言についてNHKとしてお答えする立場にはございません。事実と異なるかどうかという他社の報道についてもNHKとしてコメントする立場にはございません」とも述べた。

 安倍首相の発言があったのは6日午前に放送された「日曜討論」。事前の収録で、首相はNHKの解説副委員長と差し向かいで30分ほど質問に答えた。この際、移設計画にどう沖縄県民の理解を得ていくか、と問われたのに対し、「(辺野古沿岸部へ)土砂を投入していくにあたって、あそこのサンゴは移している」などと発言した。

 放送後、沖縄県の玉城デニー知事は「現実はそうなっていない」とツイッターで指摘。県は移植対象の希少サンゴを全て移してから着工することを求めているが、政府はごく一部を移植しただけで工事を進めようとしており、県は反発を強めている。

 地元紙の琉球新報は9日付の社説で「事前収録インタビューであるにもかかわらず、間違いとの指摘も批判もないまま公共の電波でそのまま流された。いったん放映されると訂正や取り消しをしても影響は残る。放送前に事実を確認し適切に対応すべきだったのではないか。放置すれば、放送局が政府の印象操作に加担する形になるからだ」と書き、NHKの対応も問題視していた。

[][][][][][]スキー合宿5日目 スキー合宿5日目を含むブックマーク

 スキー合宿5日目。いよいよ最終日。

 今回の合宿は、ターンを繰り返す際に、高い姿勢をつくってスキー板をフラットにしてニュートラルをつくり、次のターンに移るというエッジの切り替えが中心のレッスン課題だったが、ようやくコツをつかめた感じだ。

 もう少しレッスンが続けば確実な技術獲得となっただろうが、残念ながら本日の午前中でレッスンは終了。

 成果の多いスキー合宿だった。

f:id:amamu:20190113183531j:image:w360

f:id:amamu:20190113183546j:image:w260

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amamu/20190111