Hatena::ブログ(Diary)

ということ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-03-09

誤字・脱字のない文書をつくるための5つのポイント、ということ

サラリーマンやってると文書を制作する作業が多いんですけど、意外と誤字・脱字を防げない。社会人なのに!
本人はどれだけ厳重にチェックしているつもりでも、
なぜか、ポロポロとミスが…。
すごい不思議ですよね。

俺は編集職なわけですが、編集部署に移動した直後は、校正がうまく出来ず、しょっちゅう上司に怒鳴られてました。
しまいには…

「いま、テロリストがお前の彼女を人質にとっている。お前が誤字脱字を出すと、彼女は死ぬ。さあ、校正をはじめようじゃないか」

なんていわれちゃったり。
(どこかの連続猟奇ゲーム殺人鬼みたいな台詞…!)
当時、俺の彼女は死にまくりで、一つの原稿で三回くらいご臨終してました。

移動して数年、ようやく彼女は死ななくなったわけですが、
振り返ると、気合や根性や集中力の問題じゃなく、
技術の問題だったように思える…。

というわけで、今日は彼女の命を救う方法、
もとい、校正の技術をまとめていこうと思います。


(1)項目ごとにチェックする
どれほど真剣に、目を皿のようにして文書を読んでも、誤字・脱字は全て拾うことは、絶対にできないです。あと、意外なことに、日ごろ、文章を読みなれている人、読書が好きな人ほど校正が下手な傾向があったりします。
 これは、脳が文章を補完してしうまため。いま、あきらかに文章がおかしかったですけど、意味はちゃんと伝わりましたよね?文章って、頭と最後の文字さえあっていれば、あとは脳みそが勝手に修正して意識に送り込んじゃうんですよ。
 どうすればーいいんですかー上司先生〜。
上司「ばらばらにチェックすればいいじゃないか。文章構造をばらばらにして、一個ずつ見ていけばいいんだよ」

・タイトル
・大見出し
小見出し
・イラスト・写真の位置、イラストの内容
・本文(誤字脱字)
・本文(改行・行間・字間)
・本文(数字の半角・全角)
・本文(単語の統一)
・本文(ルビの必要性)
・本文(事実確認)
キャプション


上が俺がチェックするときの順番です。
チェックのさいは、たとえばですけど、本文の「改行」だけ、ダーっと見る。文章の意味なんかはまったく見ずに、ひたすら「改行」だけチェックし続ける。頭が一字下がっていないところはないか、逆に二字下がっているところはないか。

全角・半角の統一なら、それだけを、ルビならルビだけをチェックしていくと、意外とぽんぽん間違いを発見できたり。


(2)末尾から読む 
 校正作業って、ものすごい集中力を使うんで、先頭から読み始めると、後半は息切れして、しっかり見れなくなってるんです。そういうわけで、二回目は後ろからチェックしていくと、ぽんぽん間違いが出てきたり。


(3)紙を裏返して、すかしながら読む

 さっき、脳みその補完機能の話をしましたけど、紙の裏側から読むと、補完機能が働かないんで、意外と見つかりやすい感じ。


(4)平仮名だけを読む

 これも補完機能防止について。補完能力は、主に平仮名に対して発揮されるんで、漢字をすっとばして、平仮名部分だけ集中的にチェックします。


(5)赤字を入れる場所がひとつもなかったら、そのページには確実に間違いがある。
 

  間違いのない文章なんてこの世には存在しないのです。
  ほら、映画であるじゃないですか。

 警察官「おかしい…静かすぎる…」
 相棒 「なにがだ…?」
 警察官「ここには犯罪者がやまのようにいたはずだ。やつらはどこにいった?」
 ゾンビ「キシャーーーーーー!」
 警察官「うわああああああああ!」



  間違いがないのは、現場が静かすぎることを意味する!



 ちなみに、うえの技術は、早い段階で上司から教わっていたんですけど、
 きちんと実践し、間違いを拾えるようになるには数ヶ月かかりました。
 運転の仕方を知識として知っているからといって、運転ができるわけじゃないのです。
 
 ミスのない文書をつくるべく、四苦八苦しているみんな!チェックの仕方を覚えて、恋人の命を救おー


===================
こんな記事も書いたよ!

○エジプト神話に出てくる破壊の神の名です、ということ

○このポッキーを覚えているか…?ということ

○なめくじは可愛い!ということ

○すべて魔物のせいなのです、ということ

○失われてしまった偉大な能力、ということ

○暗殺者の運歩、ということ

○裏切りの傘職人の作った傘が欲しい、ということ

○マイクロ一眼レフが三万円、ということ

○圧倒的お客様力、ということ

myrtus77myrtus77 2012/03/12 11:42 私なんて、記事をアップしてから文章を変えたくなってしまって、何度も書き換えています。その上、間違ったまま掲載しているものもあるのだろうなぁと・・。
今日はてなダイアリーのほうに先日了承して戴いた記事をアップしました。
又、楽天ブログ「ナラティヴひとり語り」のほうには数日前にアップしました。よろしければ、ご覧ください。

http://plaza.rakuten.co.jp/narrative1gatari/diary/201203080000/

amane1234567jpamane1234567jp 2012/03/15 10:22 ブログの文章って、なかなかに難しいですよね!
本当なら、紙に印刷して読み返したいんですけど、まあブログだからいいかあ!って適当に流しがち…

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amane1234567jp/20120309/1331268014