SciPyとかUbuntuとか

2007-07-06 Feistyのberyl+totem

Feistyのberyl+totem

berylを使っている時にtotemなどのアプリで動画が上手く再生できない.

これはgstreamer-propertiesというコマンドで設定してやれば直る(GUI).

ビデオ->デフォルトの出力 で 「Xウィンドウ・システム(Xvなし)」を選択.


元ネタはここ

http://ubuntuforums.org/archive/index.php/t-419742.html

2007-06-28 Feistyのglipperのバグ

Feistyのglipperのバグ

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/glipper/+bug/104432

ここに書いてあるようにglipperというクリップボードマネージャを使っていると

openoffice.orgでビットマップ(画像)を貼り付けようとしてもできない.

上のバグレポートのページに書いてある通りにパッチを当ててコンパイルしたら直った.

2007-06-16 FeistyのIPython

FeistyのIPython

feistyのipython (0.7.3-1)でimportの時にTabで補完しようとすると

 $ import # ここでTab

 [Standby while scanning modules, this can take a while]

とか表示されてそのままフリーズしてしまう.これは

~/.ipython/ipy_user_conf.pyの

  import ipy_stock_completers

の行をコメントアウトすると直るらしい.


おとなしく新しいバージョンをインストールしてもいいんだけど...

2007-06-09 続 subversionのホスティングサービス

subversionのホスティングサービス

いくつか実際に使用してみた感想。

  • freepository.com

こんなものも発見。これはあまり知られていないようだけどサービスは非常に良い。

無料のディスクスペースも1GB。ただし現状ではsvnadmin load/dumpなど既存リポジトリ

importやexportはできないようだ。それに目をつむれば中々良さそう。

  • opensvn.csie.org

サービス自体はいいんだけど重たくてちょっと使いものにならない気がする。

  • assembla.com

tracからリポジトリのimport/exportができる。

(最初はエラーが出て失敗したけど管理者にお願いしたらすぐに修正してくれた)


というわけでassembla.comを使ってみることに。

2007-06-01 subversionのホスティングサービス

subversionのホスティングサービス

個人で使える無料のsubversionプロジェクトのホスティングサービスを探してみた。

これはオープンソースプロジェクト用。個人用途にはあまり向かないかも。

ディスクスペース 15MB。

ディスクスペース 200MB。

ディスクスペースの制限は無い?


ということでOpenSVNを使ってみることに。Tracも利用可能みたい。

これで無料ってのはすごい。