Hatena::ブログ(Diary)

amanokotoneの日記

2016-08-22

4 時44分の訪れ

04:39

この訪れとともに毎朝起床している。

誰のおとずれか?ある姿の無いエネルギィーの塊の訪れなのである。

私には大変に爽やかである。

ともかく、この来訪者を「爽やかさん」となずけよう。

後20分もすると日の出とともにやって来る。

「爽やかさん」の伝言として、今本を書いている。

ワカ姫様や、セオリツ姫様と違い、この「爽さん」との問答はちょっと違っている。

なんせ波動が大きすぎる。ワカ姫様たちの波動はさやさやと頭に入って来るから

読み取りがしやすいし、パソコンを打つことも出来る。

そこで「爽やかさん」にはiパットの録音機能を使う事にした。

こんな便利な時代になったことを誰に感謝したらよいのだろう。

こんな朝早くにもう新聞屋さんのバイクの音がしている。

さあ、今日はどんな一日になるのだろう。楽しみである。

昨日のニュースはブラジルのリオオリンピックの閉幕式に着物姿の小池百合子さんが

オリンピックの旗を振っていた。本当に色々な事に目を見張る、オリンピックも終わった。

次はパラリンピックだ。

さてそろそろ準備をしなければならない。

台風直撃

23:32

朝からかなりの勢いで雨が吹き込み始めたのは6時過ぎてから武蔵野市役所の

広報放送も始まった。

物凄い勢いで雨が叩きつけられる。可愛そうなセミが腹を出して足をバタバタさせている。

この強風で雨の溝に叩きつけられている。表に返してやったが乾いていない羽が重たいのだろう

動かない。自然の驚異一端を感じる。私たち人間だってこんな目に合わないだなんて誰が言い

切れようか。

明日も4時44分に起きなければならない。今日はかなりきつい。

おやすみなさい。

2016-08-21

友人から褒められた。

11:18

わたしの前の部屋を知る人はこの人くらいだ。

彼女が模様替えをした部屋に初めて泊まった。

ブログに何でも書いているから「これがあの掃除機ね。」とか、「キッチンスペースが出来たの、いいね。」とか言ってくれた。

ニンマリ。しかしまだ、手付かずの残してある部分もある。何人もの生活を重ねてしている人間に取って、紙の量はただ事ではない。

本を書く人間にとって資料は一番便利な直ぐ欲しい物である。ジックリやる事にした。

朝は青空で晴れている。

6時頃から雨の予報だ、どうなるかな?

2016-08-20

EHC5周年記念の企画講座

22:18

面白かった。

現代神道である神社庁の話から、吉田神道、白河神道古神道の話。麻の話や、八百万の神の話。

古事記は読み進めるうちに国生みの実態と、時代背景。かなり学んでこられた方も目から

鱗の落ちる話であった。

私はホツマツタエしか学んでおらず、古事記に正式に触れた事から解る、その他の歴史に見る、

国生みを身近に感じた。もう一歩進めた人間の古代人が何を求め、何が真実であるかをじっくり

見せてもらえた。これからも多方面から情報を集めたいと思った。

今日は降ったりやんだりの、おもわしくない天気であった。ビショビショになって飛び込んでこられた

会員様には大変気の毒な気がした。明日も雨模様のようだ。明日は中級の勉強会である。

お腹の施療の基本を解ってもらう。そういうことになる。

2016-08-19

新幹線のマナー

10:47

東京に向かう新幹線の中です。

私の車両に体育会系の小学生が30人が揃いのユニホームで座っている。その後ろは父兄とマネージャー、応援団である。とても静かに席に着いている。団体行動をしているのに指導者の力量なのだろう。

これと相対することが、昨日あった。

私は、4時に起きたので、眠って行きたかった。しかし、小田原から隣りに、もの凄い一団が乗ってきた。うるさい子供五人、老人二人、

若い母親二人。まるで、家の延長の様な、静かにさせようという頭の無い人達であった。

完璧に私の眠りは奪われた、親も自分が静かにさせようとはしていない。余り煩かったのか最後には、ゲームを与える。子供はますますエキサイト

高い座席を買って、損したと私は思う。

名古屋から大人の男の人が乗ってきて、初めて静かになる。余り旅行をしたことが無い子だとしても、これは親に問題があると、私は思う。

若い母親二人がスマホを見ながら、おおきな声で今から行く京都で何処に行くか決めている。

普通これだけの人数で京都にいくのだ、食事はどうする気なんだろう。老婆心ながら、呆れてしまった。

2016-08-18

朝4時に起きました。

06:18

ひかり501号6時26分で岐阜羽島に向かいます。今は東京駅です。外は曇り。湿気で もあっとしております。今日から雨模様のようです。

東海道新幹線に乗ると何時も思います。このま

京都に行ってしまいたいと。この季節蒸し暑い京都ですが、夏の涼の取り方を京都人は良く知って居るのです。河床と言って賀茂川の川の上に涼を求めて座敷を設えらえ、そこで食事をしたりおしゃべりを楽しむことをします。

京都の家は間口が狭く奥に長いのですが、これは、昔間口の幅で税金が決められたからだそうです。生活の知恵ですね。

所変われば、天候が変わります。岐阜はどうでしょうか?今日の岐阜の講座は、「祈り」と

「心の暴走と制御」です。どうすればストレスから自分を守れるかめ学びます。