Hatena::ブログ(Diary)

amanokotoneの日記

2017-01-19

朝から岐阜。緊張感パリパリ

10:51

初級コースは二年間でやるつもりを一年間でやるため、一日、午前、午後と詰め込んだハードスケジュールであったことで覚える事が多い事もありました。

一回目の試験が難しかったこともあり、全員が仲良く追試となりました。

本日はその追試です。

「甘く考えて、前回失敗しました。今回はまともにやりました。」

何故各コースに試験を入れるかと言うと、人の身体や心を扱う施療者である我々は、知らなければいけない、真の部分があります。

その覚悟が無くては、素晴らしい効果を上げることは出来ません。身体を知ること、だけでは無く、自分と向き合い、自分を研鑽する、ことを自ずと身に着けて頂く。頭を整理すると文章も自ずと整理されます。それで、二問文章を書いて頂きます。

今回の回答に期待します。

2017-01-18

一人きりの新幹線。

20:06

この新幹線の終着駅は京都。である。岐阜羽島駅より三駅先だ。私の束縛されたくない、自由人の血が騒ぐ。

京都か。京都だ。京都へ行こうと思う。何時もそう思う。

自由人の血が騒ぐもの。

お弁当も、その一つだ。乗客は、それぞれが個性豊かなお弁当を嬉しそうに食べている。食べ終わった頃にワゴン販売がやってきた。ビールを買い足す人、足りないのか、

性分で覗く人。私の夕食は今夜は東京駅弁当屋 祭で、蔵前国技館焼き鳥五本でお腹が一杯になった。(あの相撲の国技館で、桟敷席で食べるあの焼き鳥だ)

外は真っ暗。

蛍光灯の明かりが、窓の外をパッと飛んでいく。夜分出発はあまりやったことがない。

新幹線のうたた寝にマスクは欠かせない。ひとり旅を楽しみながら、

京都の夢を見るコトネです。置いてきた、旅仲間ゴメンナサイ。

2017-01-17

試験の準備も大変です。

00:34

我が家族の皆が今年の始動に入ったようだ。

皆帰りが遅い。あ。最後に息子が帰って来た。私は18日の夜に岐阜に入る予定です。

雪の岐阜だそうですね。暖かくして参ります。

岐阜の皆様ご苦労様です。問題は優しくしたつもりですが、難しく考えてしまうと

難しいかしら?素直な気持ちを忘れない。問題が何がききたいのか自分の気持ちや、考えを

自分の言葉で素直に書くと良いと思います。


岩手県遠野に昨日までいたわけですが、一昨日の講演会にご出席のミスターM氏が

エッセイを書いてくださった。なかなか味がある。試験作りでまだじっくり見ていない。

プリントして、岐阜に持っていき新幹線でじっくり見てみようと思っている。

こんな有難いお方も、いて下さる。うれしい。

2017-01-16

三人官女

16:33

三人官女は車(新幹線)の中。

旅の話にさざめきあい。

土産のお菓子に舌鼓。

キツイ冗談軽くいなし、幸せ旅の夢枕。

二人の官女は、従姉妹のヨシミ、恋の駆け引き、おのこの善し悪し。品定め。

笑い転げて傍ら見れば、外の景色は、雪から

冬枯れ、日本列島変われば変わる。

都の景色はまだ見えぬ。雪の姿も消え果てた。

旅の楽しみ、うたた寝、メール。

今度は、何処に旅立とうやと、楽しみ増える官女旅、

次の機会の楽しみは、兜山で歌おうぞ、淡路神戸と夢は広がる。アワノ歌。

何と気楽な女官旅。

2017-01-13

鬼の霍乱

17:51

私には胆のうと言う臓器が無い。12日は朝からないはずの臓器が腫れぼったく

吐き気と寒気、お腹の下りが始まる。一日何も食べずに寝ていたが、14日からの遠野への旅もあり

今日は妹の病院へ急行した。本当に医者が身内にいると安心だ。体の中をレントゲンで見てもらったが

胆のう胆管に異常はなかった。お腹にガスが充満している。

水分をたくさん取る事と、少しで良いから何かを食べる事を言われる。

明日は5時半起で寒い岩手に行きます。どれほど寒いかと言う−3℃と言う噂。

多分雪も降っているらしい。学びたいという私の気持ちを快く受けて下さった、千葉先生に

感謝である。「女の道」はたして何がきけるのでしょうか?