Hatena::ブログ(Diary)

amanokotoneの日記

2016-12-09

良く休養を取った。

10:39

この二日間午前中は眠りの世界と起きて何かを考える世界の間をさまよう

楽しい時間を持てた。こんな時間に大きなアイデアを一人で考えていて

眠たくなる瞬間にポット良いアイデアが浮かびノートに書きだす。

そしてまた、まどろむ。お日様がポカポカと差し込む部屋でこれからの計画を立てたり、

暫く電話をしていなかった人との会話を楽しむのも、たのしいものだ。

「コトネさんは忙しすぎます。身体を大切にして下さい。」勿論です。

この2日間はとても良い時間を過ごしております。

新しい、企画にうきうきとしていますが、来年の事を話すと鬼が笑うそうですので、

もう少し、待っていましょう。

2016-12-08

死なないでにも出ているカルマのこと。

15:49

カルマ」とは

カルマとは「深い悲しみ」「苦しみ」「欲」のことです。

人はこの地球上で多くの事を学び、また多くのカルマを解消しながら

最後の時を迎えます。

カルマが一つの人は死んだあと、てんごく=仏界と言う所に行きます。

数が多い人は、三次元に近い四次元の世界(霊界)に行き一つになるまで漂い暮します。

カルマはその重さ故、一つ以上あると仏界には帰れないのです。

「死なないで、殺さないで」にそのように、書いてあります。

この本はアマノコトネ伝です。私の考えではなく、天国からのよりよく生きる為の

システムを教えてくれている本です。

今回は元旦那さんの横暴で離婚した二人の女性からのご質問でしたが、

この旦那さんがついこの前亡くなられ、心のどこかで自分を責める気持ちがある方と、

攻める気持ちが無い方との話を聞いて思いました。

「貴女は何か悪い事をしてその人が死んだのですか?」

「いいえ」ならあなた自身のカルマにはなりませんから、良かったのです。

ここで重要なことはあなた自身のカルマにしない事なのです。

貴方は、何も悪い事をしていないのですから。それでもわだかまりがあるならば、

墓前で謝る、勇気を持つか、自分が死んでから「鏡の間」に行ってこの件に関しては

終わったことです。と判断できることです。

2016-12-07

私もまだまだですね。

15:28

人間として、真っすぐに生きているつもりである。

負けず嫌いでもある。100%の人間はいないという事は解っているが、

誤解を受けていることはつらい。

酷く誤解されると悔しくもある。

私の生涯の一番の悔しさは「日本新生」に書かれた地震予知がはずれていたという

評価がある事だ。そのあと私がとった行動の事は、知る人ぞ知るで良いと思ってきたが、

世間一般評価を見るにつけ、いいじゃないか、来なかったんだから、と思う反面、

私は死を賭してお業をしたことを思い出す。今回書いている「龍」の本についに、その全貌を

明らかにしてしまった。全く私の肝っ玉も大した事では無い。

まだまだ、一人前ではない。と、自暴自棄になりながら、もう私も歳だし、

二度とあのような命がけのお業はしないし、出来ないであろう。と思う故

もう、真実を公表しても良いだろうと、ウエに許可を頂いて書いてみた。

巫女の腹のくくり方、は昔から命がけである。

生半可な、お遊びや、格好だけのお業では済まない。厳しいものである。

「死なないで、殺さないで」は、作者でも筆者でもない。伝者なのである。

私は、お伝え人にしか過ぎない。今度、1月28,29日に講演会を関西で考えている。

1月28日は「死なないで殺さないで」を笑福の会さんで、1月29日を『ヒヨルコ伝』他

をサラ・シャンティさんで行う予定です。

よろしければいらして下さい。またお話しするのを楽しみにしています。

2016-12-06

魑魅魍魎

09:21

昨夜、妹から「こんなに遅くご免。今あまりにも生々しい、

嫌なものに襲われたの。まず金縛りにあったのだけど、

『トウカミエヒタメ、』を心の中で10回も念じてた。」

どうも、眠りにつく前の仮眠状態の時らしい。こんなことも起こるのがこの3次元だ。

こんな時も負けるわけには行かない。

皆さんはどうやってこのような場をしのぐのであろうか?

私のやり方は今から出かけねばならないので夜にまた、書くことにします。

行ってきます。



お待たせいたしました。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)や生霊が横行するのは12:00過ぎからです

のでそのような症状に見舞われないようにするには10:30にはお風呂に

入って寝る準備をして出来れば眠りに入っている事です。榊風呂は最高です。

13面体水晶鍼を持っている人は、水晶のサザレをコップに入れ水晶k鍼の先を

上に向けて枕元に置き眠って下さい。

首のボンの窪と言われる所を温めるのもよく眠れます。私の所に勉強に来ている人は

イメージトレーニングの瞑想状態に入り、心を穏やかにして、深い睡眠に入って下さい。

生霊は一番質が悪い、生きた人の恨みの念や、「ちょっと言い過ぎたかな?」とか

私もかなりの念を飛ばしたな、などと反省した時が起こりやすいようです。

心に後悔の念がある時などです。

心得1、「そのように成りたくなければ言わない。」

心得2、やってしまったら、寝る前に反省して、あやまる。

心得3、それでも自分に納得行かなかったら、応戦を覚悟する。

大体心の隙間に禍々しいものは忍び寄ります。その時絶対自分がかつ。

負けないぞ。と心から覚悟を決める。

故に私は負けません。だってわたし、悪いことしてないし、嘘は嫌いだから、

つかないもの。そうでしょ。

2016-12-04

世間は厳しい。

23:43

今日は大きなパーテーにご招待されて行ってきた。私の周りは全てに

厳しい評価を歯に衣を着せず、言ってくれる人ばかりであるから世間と言う壁も

薄く透けて見えるようなものである。こわいこわい。

人間と言う動物に優劣はないと思っておいでの方があるかもしれないが、

そうはいかないのである。人間も動物である。ましてや優秀な、脳と言う機能が

働く、細やかに気ずかいしたり、心を砕くことは勿論のこと。

例えば、興味を持った理想に思えることをやっている人物に対しての評価は厳しいものがある。

その評価基準に応えるべく、コトネは毎日精進に励んでいる。

誰でもそうであろうが、理想の人物でなかった時の落胆は、計算では結果が出ないほどの落胆を

人は起こすことを、人間関係において理解せざるを得ない。

どんなにすごいと言われる人でも邁進の精進が大切なのである。

少しでも高みを目指して、精進精進。