Hatena::ブログ(Diary)

ぁまんにょですぅ〜

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2009 | 01 | 04 | 06 | 07 |
2010 | 07 |
2011 | 05 |
2012 | 07 |

2012-07-05(Thu) へぇ。

LSUnitの置き場所を移動してみた。 00:53

LSUnitとは、LotusScript用の、xUnitフレームワークです。

前の置き場所が無くなっていたので、オブラブの中に持ってきました。

まぁ、誰も使っていないとは思いますけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amapyon/20120705

2011-05-24(Tue) うー

Rubyエディションのリファクタリング名一覧 02:55

http://asciimw.jp/search/mode/item/cd/A1000670

リファクタリング:Rubyエディション

79個もあるのか。

大規模リファクタリングも含めると、83個。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amapyon/20110524

2011-05-19(Thu) あらら

不吉な匂いの比較 10:31

リファクタリングの、オリジナルと、Rubyエディションの不吉な匂いを比較してみた。

名前がかなり違っていて驚いた。原書からして名前が変わっているのだろうか。

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series) リファクタリング:Rubyエディション

No.オリジナルRuby
1重複したコードコードの重複
2長すぎるメソッド長いメソッド
3巨大なクラス大きなクラス
4多すぎる引数長い引数リスト
5変更の発散変更系統の分岐
6変更の分散ショットガン創の手術
7属性操作の横恋慕メソッド浮気
8データの群れ群れたがるデータ
9基本データ型への執着プリミティブ強迫症
10スイッチcase
11パラレル継承パラレル継承階層
12怠け者クラス仕事をしないクラス
13疑わしき一般化空論的一般化
14一時的属性一時フィールド
15メッセージ連鎖メッセージ連鎖
16仲介横流しブローカー
17不適切な関係親密すぎるクラス
18クラスインタフェース不一致インターフェイスの異なるクラス
19未熟なクラスライブラリ不完全なライブラリクラス
20データクラスデータクラス
21相続拒否継承した遺産の拒絶
22コメントコメント
23-メタプログラミング
24-柔軟過ぎるAPI
25-紋切り型コードの繰り返し

AkiyahAkiyah 2011/05/19 13:42 amazonの目次を見てみると原著のBad Smells in Codeは(Rubyエディションで増えた三つ以外は)全く同じですね。
http://www.amazon.co.jp/dp/0201485672 http://www.amazon.co.jp/dp/0321603508

amapyonamapyon 2011/05/19 15:21 おお、調査ありがとうございます。ということは、訳者のセンスということですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amapyon/20110519

2010-07-22(Thu) オブラブイベントが終わって

あれから一週間[oblove2010summer] 01:42

早いもので、オブラブの夏イベントが終わってから1週間が経ちました。http://d.hatena.ne.jp/objectclub/20100721/1279678762

今回のイベントで、関さん、本間さんを紹介できてうれしいです。

改めて、この二人のすごさに感動しました。

どちらも、一方的に師匠と思っている人で、私の考え方に多大な影響を与えています。このような方をお招きできて本当に光栄です。

ファッションと実践」関 将俊 氏 01:42

今回は、関さんの実践をモデル化して、そのモデルを紹介してくれるという内容でした。

前半は、これまで各所で発表してきた内容を、まとめて一気に紹介してくれるという濃いものでした。

方法論のインストールという言い回しお気に入りです。

「わくわくワークショップ01:42

本間直人さんにファシリテータをお願いして、ワークショップを作るワークショップを行いました。メタワークショップです。

参加された人は多くのヒントを持ち帰ったことと思います。

私は、事前の打ち合わせの中で、本間さんがワークショップを作るワークショップをどのように作るかについて多くの議論をさせてもらい、多くの気づきを貰いました。それ以外にも、ワークショップ参加者をのめりこましていく過程を第三者的に追えたのも大きな収穫です。役得です。感謝です。

ぴちぴち若人トラック01:42

当日はまったくノータッチでしたが、公開されている資料を見ると、こっちにも参加したかったなぁというのが今の感想です。若人ならでは?の感性を感じさせる内容になっていますね。さすがです。

「すくすくスクラム01:42

休憩時間にちょこっとお邪魔しました。楽しそうなワークショップをやっていました。認定スクラムマスターともなると、やはりレベルが高いのだなぁというのを実感しました。

ライトニングトーク01:42

私もトーカーとして登壇しました。資料はこちらです。http://astah.change-vision.com/astahshare/#astahfile=58

(2011/8/2 追記) 資料をastah publish で公開しましたhttp://p.astah.net/a/k7msh0xi

astah*のマインドマップで資料を作成し、そのままプレゼンしました。ライトニングトークスぐらいの時間だと、このスタイルの方が発表中に調整がしやすくて良いですね。

他の方のトークは、かなりレベルが高いですね。内容も、プレゼンの仕方も。とても勉強になりました。

2010-07-12(Mon) オブラブ夏イベントいよいよ今週末です

久々にこのブログ更新します。なんと、1年ぶりです。

[] 12:20

今年もオブジェクト倶楽部の夏イベントを開催します。

ここ最近夏イベントの方針は、敷居を低くするです。

新入社員研修が終わったばかりの新人でも来てくれれば、何かしらの気づきを持ち帰れますし、ディープな方はディープな方たち同士で語れるような方針でセッションを準備しています。

オブジェクト倶楽部と聞くと、内容が難しいと思われる方がいるようですが、夏イベントに関してはそれまでのことはありません。

作る物に関する技術と、作る人に関する技術の両方をバランスよく混ぜています。

セッション概要■

[基調講演]

 『ファッションと実践』

  関将俊氏

 「那須Kent Beck」とも称される関氏の鋭い視点で、ソフトウェア開発の

 現状を語っていただきます

 関氏は、長期間にわたるアジャイル開発の経験を持つ上に、dRuby、ERBの作者

 でもあり、マネージャや、プログラマなど、多くの立場や視点でソフトウェア

 開発を見てきています。

[わくわくワークショップトラック]

 『ワークショップの作り方』

  本間直人氏

 現場を元気にするための20分程度のミニワークショップが体験できます。

 さらにミニワークショップを持ち帰って、自分でもワークショップ

 できるように、ワークショップの作り方、進め方を学びます。

 ファシリテーションに興味がある人にもオススメ

[すくすくスクラムトラック]

 『スクラム入門〜やさしいスクラムの組み方〜』

  今村哲也氏、川口恭伸氏、林栄一

 アジャイル開発手法の一つであるスクラムを、認定スクラムスター

 ファシリテートするワークショップ体感できます。

[ぴちぴち若人トラック]

10分〜30分の短い講演を行います。

 『コーディングの基礎知識 出張版』赤松祐希氏

 『朝会ファシリテーターをやってみたよ』加納優気

 『自分紹介と今熱いこと(仮)』角掛拓未

 『モデル駆動開発におけるモデル変換への挑戦』伊藤邦彦

 『Good Software森田秀幸

 『究極と至高、あれから1年(仮)』高橋健一

 『不自然car/ナチュラルにconsして』えむ氏

 『オブラブ中の人仕事してみて... その後(仮)』nsgc氏

 『えっ、なにそれこわい(仮)』kei_s氏

 『self.hack!』大和田純氏

[ライトニングトークス]

 5分1本勝負。5分間という短い時間に凝縮した、濃厚なプレゼン

 お届けします。(一般公募)

■開催概要■

日 時: 2010年7月16日(金)

     10:00〜18:00

     懇親会:18:30〜20:30

場 所: 国立オリンピック記念青少年総合センター

     http://nyc.niye.go.jp/

参加費: 3,000円(懇親会は別途5,000円)

申込み: http://ObjectClub.jp/event/2010summer/

主 催: オブジェクト倶楽部

     http://ObjectClub.jp

     株式会社永和システムマネジメント

     http://www.esm.co.jp/

協 賛: 株式会社オーム社

     http://www.ohmsha.co.jp/

     株式会社オライリー・ジャパン

     http://www.oreilly.co.jp/

     株式会社技術評論社

     http://www.gihyo.co.jp/

     株式会社翔泳社

     http://www.shoeisha.co.jp/

     ソフトバンク クリエイティブ株式会社

     http://www.sbcr.jp/

     株式会社日経BP

     http://www.nikkeibp.co.jp/

     (五十音順)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amapyon/20100712