amari3のはてなダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-11

[][]Google Developer Day 2009 行ってきたよ

昨年に引き続き、Google Developer Day 2009 に参加してきましたので、そのレポートです。

サプライズで、GDD Phone(Android端末)を参加者にもれなく配っていたので、ありがたくもらってきました。SIMフリーとのことなので、SIMカードを挿すだけでそのまま使えるみたいです。

実際に参加したセッションです。内容はほとんど列挙となりますがご了承ください。


HTML5により拓かれる次世代Web

Web Workers
  • バックグラウンドでスクリプト実行する仕組み
  • スレッドを生成するWorkwer
  • 複数のウィンドウで共有できるShared Worker
  • ウィンドウを閉じても動くPersistent Worker
Web Sockets
  • 専用プロトコルでサーバと文字列を送受信
  • XMLHttpRequestと比べてオーバヘッドが小さい。リアルタイム性が高い。
Web Storage
  • クライアント側にデータを格納する機能(感覚的にはCookieみたいなもの)
  • データの保存方法
    • key/valueペア Storage型
    • SQLを扱う Database型
  • Storage型
    • サイト別にkey/valuesペアが作られる
    • 消さない限りはローカルに残る
アプリケーションキャッシュ
  • キャッシュしておくURLしないで欲しいURLを宣言しておく
  • ブラウザがオンライン時にはキャッシュされない
  • URLを先読みしオフライン時はキャッシュを使う
フォームの強化

input要素のタイプがいっぱい追加されている。

  • search
  • tel
  • url
  • email
  • time

など他にもいっぱいある。

  • キータイプをするとValidateが行われる
  • Pattern属性には正規表現が指定できる

JavaScriptやサーバ側で実装していた、入力値のチェックがHTMLだけで完結できるようになる。

メディア要素

メディア要素のタグも追加されている。

感想

HTMLの標準で出来ることがたくさん増えていて、リッチなアプリケーション開発がやりやすくなると思う。

ソーシャルWebの可能性

ソーシャル化をすることでWebはさらによくなるということがテーマ

ソーシャル化

Eコマースサイトをソーシャル化することでファインダビリティやスティッキネスが上がる。これにより、ポジティブスパイラルが発生する。

知らない多数のレビューより、自分の友人のレビューの方が役に立つのではないか。

OpenID/OAuth
OpenID プロバイダ
Google,mixi 等のOpenIDを発行している業者
OpenID リライングパーティ
OpenIDを利用する業者

色んなサイトでそれぞれのIDが必要になる。ほとんど利用していないサイトのIDを覚えていられない。こういった問題を解決するための技術。

OpenIDとOAuthのハイブリッド化を検討している。

感想

Eコマースサイトをソーシャル化するのは面白いと感じた。実際に購入した商品の評判が口コミで広がり、ユーザにリーチ出来るのではないかと思う。

Google Chromeの内部構造

  • 基本構造はマルチプロセスアーキテクチャとなっている。
  • ブラウザの機能を分割し各機能にプロセスを割り当てる。
プロセス間通信

Chromeの各プロセスはプロセス間通信の専用スレッドを実装している。

サンドボックス

マルウェア対策として導入している。

  • 悪意あるWebページからしステムを守るためのライブラリ
  • Google Chromeのすべてのプロセスはライブラリ上に実装
Webkit

シンプルなので採用。Webkitのパッチを送ったりして貢献もしている。

V8

高速JavaScriptエンジン

Google & Open Source

GoogleがOpen Sourceを使う理由みたいなこと。

なぜオープンソースを使うの?
  • スマートになりたい
  • (情報)共有したい
  • 不具合があったとしても自分たちでコントロールできる
  • ライセンスの99%はApache/BSD

Life of 新卒エンジニア

2008年4月に入社した新卒エンジニアの話。

エンジニアの仕事
開発体制
  • 共有されているドキュメント/ソースコード
  • コーディングスタイルガイド
  • 社内共通のインフラ
  • 社内共通のライブラリ
  • コードレビュー/ユニットテスト
  • 質問は歓迎されている
  • メンターがついている
  • プロジェクトはエンジニアのもの
  • 積極的に動かないといけない
  • 一人前になるためのバックアップがすごくある
感想

面白くてあまりメモが取れてないのですが、印象に残ったことは、エンジニア主導の会社というのがよくわかる。エンジニアとしてはうらやましい環境だと思った。

新人の育成をしていることもあり、参考に出来ることが多かった。


昨年度は Android 用アプリの開発とかしていたくせに、Android 関連のセッションにまったく参加せずに Web 関連のセッションばっかり参加してた気がする。でも、Web の方が好きだしいいか。

*1HTMLのときはDocTypeの記述が必須

2008-09-05

[]Google Chrome

Google製のブラウザ、Google Chromeを入れてみたよ。

シンプルなデザインで意外といいかもです。ページの読み込みも早いし、今後のバージョンアップとかとかに期待です。

とはいえ、使い慣れたFirefoxからの移行はまだきついかも。しばらく並行して使ってみます。

2008-06-10 横浜上陸

[][]Google Developer Day 2008

Android や OpenSocial といった、Google の技術系のカンファレンスError 404 (Not Found)!!1に行ってきた。

技術的に非常にわくわくするような内容ばかりで、参加したセッションすべて楽しむことが出来たし、今後の Web 開発にも生かしたいと思う。

実際に参加したセッションは。

Google Data API

Atom や RSS の機能が拡張されたみたいなものらしいです。差別化として、Authentication が出来たりするのが結構よさげです。Google が提供しているアプリを Google Data API 化することを全社をあげて行っているらしいです。今後の動向が楽しみです。

Android アプリケーションの構築(基礎編)

こういった基礎的な話があると、ルーキーにはありがたいです。

Android Dalvik VM の内側

VM の実装等、Android のアーキテクチャを知ることができ、非常に興味深かった。memory や CPU の動きを知ることで、より効率的なプログラムを書くことができると思う。

Google AJAX API を活用した、進化したガジェットと UI の開発

Google が提供している、AJAX の API を利用した開発手法等についてのセッション。参加者が多くて、立ち見だったのであまりメモが取れなかったのが残念。

Ask The Expert

Gadgets、OpenSocial、Android、Google Maps のエキスパートの方(Google Group のディスカッションのリーダー的存在)および、Google の社員の方がセッション参加者から質疑応答を行うもので、参加者が本当に知りたいと思うような内容が多かった。Google Group のディスカッションにも参加したいと思う。


スピーカーの方々、本当にお疲れ様でした。Google デベロッパー交流会にもどんどん参加して行きたいです。

2008-02-03 雪すげぇ。

[]Google Analyticsを設定した

今までやろうと思ってやっていなかった、このブログのGoogle Analyticsの設定をやった。めんどくさかったからと言って怠惰なもんである。

Google Analyticsのアカウントすら持ってなかったので、アカウントを作成するところから。えぇ登録は非常に簡単、ユーザフレンドリーです。これだったら早くやっとけば良かった。

Google Analyticsを使用する目的は、こんな感じ。

  • やっぱり自分のブログのアクセス状況が気になる
  • 会社でログ解析のシステム作成の担当にこっそりなってたのでその参考に

会社のログ解析はAWStatsとか入れとけば、十分な気もしないでもない。車輪の再発明にならないようにしなければ。

アクセスログ解析の教科書

アクセスログ解析の教科書