amari3のはてなダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-08-22

[][]YAPC::Asia Tokyo 2015に参加してきた

東京ビッグサイトで開催されたYAPC::Asia Tokyo 2015に参加してきた。ちなみに今回の参加は7回目である。初めて参加したのは2007年で、確かSledge 2の話とかがあったと記憶している。ブログを書くまでがYAPCなので、僕のYAPCはもうちょっとだけ続くんじゃ。

セッションの内容の多くはスライドが公開されると思うし、自分の感想を中心に書いていこうと思う。


Opening

会場での注意事項等の連絡が中心かな。YAPCを正しく楽しむためのスタート地点だと思う。

メリークリスマス!

ついについにラリー・ウォール氏が今年のクリスマスにPerl6をリリースしてくれる(かもしれない)ぜ!。Perl Mongerとして一番喜びがあったセッションではなかろうか(個人的感想です)。とりあえず、バスにはひかれないでーー

世界展開する大規模ウェブサービスデプロイを支える技術

MiiverseのJP/US/EUのリージョンに対する数百台のデプロイは興味深かった。数台だとcapistrano + Gitというよくあるデプロイ手法で対応できるし、実際そのようにしている事例は多いと思う。Consul + stretcherは速度比較を見ると、導入するかどうかは置いておいて、検証してみる価値はあると思う。

HTTP/2時代のウェブサイト設計

立ち見であまりメモを取れなかったけど、ヘッダ圧縮が強力なのとlibcurlがHTTP2対応してるのはちゃんと覚えてる。H2Oは注目はしていたけど実際に試す段階までは行っていない。でも、この話を聞いていつ試すか?今でしょ!と本気で思っている。社内勉強会ドリブンデベロップメントみたいな感じでまずは触り始めて見たい。

Perlの上にも三年 〜 ずっとイケてるサービスを作り続ける技術

トークの内容もさることながら、すごく人を惹きつけるようなプレゼンだったと思う。DDDに関しては最近、エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計の本を買ったということもあるし、少しずつ読み始めて行こうと思う。

Electron: Building desktop apps with web technologies

AtomやSlackを開発したアプリケーションエンジンとでも言えばいいのかな?(間違ってたら教えて下さい)仕事ではnode.jsを書くことが多いので、興味は持ったけど実践まで行けるかしら。

esa.io - 趣味から育てたWebサービスで生きていく

まず印象に残っているのはesaのアイコンがかわいい。それ以外でも、リリースノート駆動開発等、面白い取り組みをされていると感じた。

Lightning Talks Day 1

YAPCの醍醐味。ちょっと雑ですが楽しかった!!(メモまったく取ってない。。)

懇親会

今回の懇親会は、最後だということが後押しをしてくれて、ラリー・ウォール氏と写真を撮ってもらったり、miyagawaさん、lestrratさん、hitode909さんと話すことが出来た。


社内の技術勉強会のファシリテーターをやっている身として、lestrratさんにはイベント運営のコツや気をつけている事を聞いてみた。参加者が数百人から数千人規模のイベントと、一企業の勉強会だと当然気をつける事もやらなければならないことも違う。でも、勉強会をより良くしていくヒントは掴んだと思う(具体的には役割分担の大事さ)。


hitode909さんにはDDDをなぜ採用したのかということを聞いてみた。色々試行錯誤をするのも大事だけど、指針となる考え方があるならそれに乗っかってみようと言う話だった。まずはDDDについての知見を深めようと思う。


miyagawaさんにはベタですが、注目している言語を聞いてみた。パラダイムありきで考えるのではなく、目的と手段を見誤らないようにすることは大事だと再認識した。

Mackerel開発におけるScalaとGo、そしてPerl

適材適所で言語を選択しているのが素晴らしいと感じた。Scalaは非常に魅力的で個人的にもコップ本で勉強している。ただオールScalaはしんどいという話もあった(デプロイに時間がかかる)ので、Scalaを使う際には気をつけようと思う。

我々はどのように冗長化を失敗したのか

式年遷宮インフラストラクチャと言う思想は面白いと思った。実際、アクティブスタンバイ構成にしてても、正常にフェイルオーバーされるかどうかは不安だし、実際に自動フェイルオーバーを切って、手動でやる運用体制を取ってた事もあると記憶している。

MySQLで2億件のシリアルデータと格闘したチューニングの話

なんというか、自分が置かれている状況と近い話が聞けたのが面白かった。自分も億単位のレコードを扱う様なプロダクトを運用していて、UPDATE文を打ったらえらく時間がかかったこともある。すごく身近感があったので、YAPCあるあるじゃないけど、あるあると感じた。

データ分析基盤を支える技術

あまりメモが取れなかったけど、印象に残っている言葉がある。「データ分析基板は使わずにサービスに任せよう!!」これがすべてだと思う。

YAPCあるある

YAPCの歴史が集約されていたと思う。その次代においての最先端のPerl技術やIT技術があったということは間違いないと思う。あまりにも贅沢な座談会?でしたね。

Profiling & Optimizing in Go

Goのプロファイリングやテスト、最適化をするための手法をライブコーディングでやってくれたのが楽しかったですね。Goはまだ手を出せてないけど、ああいうのを見てしまうと、好奇心がくすぶられますね!

Lightning Talks Day 2

一日目と同じ感想ですが、YAPCの醍醐味!!

CONBUさんのネットワーク設営は神でしたね!

クロージング

ついにYAPCが終わってしまうのかと思うと、ちょっと寂しくもあるけど、ちょっとした未来への布石もあったので、これは期待をせずにはいられない。

まとめ

最近はPerlを離れてnode.jsを書くことが多い僕ですが、やっぱりPerlは楽しい。そしてPerlコミュニティはもっと楽しい。どういう形かはわからないけれど、Perlはずっと書き続けていきたいですね。


最後に、登壇者の皆さん、スタッフの皆さん、YAPCに関わったすべての皆さんにあらためて感謝したいです。ありがとうございました!!

2014-08-31

[][]YAPC::Asia Tokyo 2014に行ってきた

慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されたYAPC::Asia Tokyo 2014に参加してきたので、自分なりの感想を書こうと思う。昨年は諸事情で参加できなかったんで2年ぶりの参加となる。通算では6回目の参加。

各セッションの内容は、公開されているスライドを見ていただく方がいいと思うので、自分が感じた事を手短に書いていこうかと。


Perl meets Real World 〜ハードウェアと恋に落ちるPerlの使い方〜

正直言ってこのセッションを聞くまでは、あまりハードウェアとかにはあまり興味がなかったんだけど、なんか一気に何かに目覚めた気がする。近いうちにRaspberry Piを買ってごにょごにょしてみたいと思う。

Go For Perl Mongers

Goを書いてきて色々はまったことや、そうならないための書き方がすごくためになった。nilの件(型も値もnilじゃないとだめ)個人的には衝撃的すぎて忘れることはないだろうと思う。そして何よりも説明が旨すぎてどんどん引き込まれていく。

最近のウェブサービスの検索機能やその先の話

Elasticsearchを個人的には使っていきたいと考えていて、このセッションはその導入の手助けになると思っているし、また自分で色々調べてみようという気になった。

DBIx::Class - what is it and what is it good for?

自分がDBIC使ってたのって確か6年位前くらいだった記憶がある。その時から比べるとすごく進化している印象がある。当時の記憶が曖昧なのであれですが、副問い合わせが普通に出来るようになってたり、より洗練されてますね。

Scala In Perl Company : Hatena

自分としてもPerl/PHP以外の選択肢を持っていたいと思ってて、Scalaは前から注目してはいたけど、手が出せずに今まできてた。このセッションを聞いて、Scalaぜひやって見たいと感じるようになった。コップ本を買ってまずは写経かなぁ。

One layer down below.

Hijkモジュールは正直全然知らなかった。curlFurlよりも早いらしいし試してみるか。

いろんな言語を適材適所で使おう

技術選択はシステムがユーザに提供する価値を最大化することが目的というのは、まさにその通りだと自分も思う。プロジェクト、プロダクトによって適切な技術を選択出来るようになりたいもんです。

WHERE狙いのキー、ORDER BY狙いのキー

コードっぽいのを使ってのインデックスの説明はすごく理解しやすいと感じた。JOIN時のインデックスの使われ方はすごくためになった。

Mojoliciousを使ったwebアプリケーション開発 実践編

WAFを使ったアプリケーションの開発をする上での一つの指標になる発表だったと感じた。本番環境の構築で使えるxbuildはちょっと導入してみたい。

Java For Perl Mongers

JavaでもPerlでもそう変わらないと言うのは、自分としてはうんうんと頷いてしまった。自分がどっちもやってきたからかもしれないですが。

Lightning Talks Day 1

あんまりメモってなかったんであれですが、Lensのはすっごく面白かった!

俺達のYAPC懇親会(勝手に名付けた)

1日目終了後に元同僚と池袋のスターバックスで技術談義を延々としてた。Emacsの話やらなんやらすっごく楽しかった。


オープンソースの開発現場 - Perl 5.20 のSubroutine Signaturesが来るまでの奮闘の軌跡

Martini氏の「ネガティブな一言に傷つくより、流して前に進もう」があまりにも自分に刺さった。技術力だけじゃなくて政治力も身につけなければと考えさせられた。

半端なPHPDisでPHPerに陰で笑われないためのPerl Monger向け最新PHP事情(5.6対応)

Perl,PHPがどうこうというよりも、圧倒的なプレゼン力でどんどん引き込まれていく。ベストトーク賞を取るのも納得。

Plack for Fun and Profit (But Mostly Profit)

PSGI/Plackの教科書的な説明かなぁと思って最初は聞いてたけど、Coolなだけではダメと、こちらもうんうんを頷きながら聞いてた。「お金を生み出すコードは消すことができない」はまさにその通りだと。

Perlあるある

ディスカッションと言うか座談会の方が近いのかな。普段なかなか聞くことが出来ない、ライフスタイル等を知ることが出来て楽しかった。

Mobile Application Development for Perl Mongers [ninjinkun x gfx]

サーバサイドと違って、ネイティブのアプリはロールバックが出来ない等、どのバージョンでもそれなりに動いてないといけないと言うのは大変そうだし、サーバサイドと同じ感じの開発フローではダメというのがすごく伝わってきた。

そんなにビッグでもないデータ処理手法の話

データが小さいうちはRDBMSでやって、メモリに載らなくなったりディスクの問題が出てきたら、MapReduceを使うというのでやっていくのがいいのかなと感じた。

Lightning Talks Day 2

あまりメモってないので簡単に。GaiaXの新人研修すごい。

キーノート

今年のクロージングキーノートは30代エンジニアの自分としてはすごく刺さる事が多かった。20代の頃自分なりに色々やってきたことが、今の年齢になって効いてきてるし、色々考えさせられることも多かった。

俺達のYAPC後夜祭(勝手に名付けた)

1日目と同様に2日目も池袋のスターバックスで技術談義を延々としていて、10月初旬に集まって何かやろうというところまで決めた。何をやるかは決めてないけど、Emacsでごにょごにょな気がしてるw


嬉しかったこと

今年のYAPCで導入された同時通訳は本当にありがたかった。英語があまり得意ではない身としては、今まで海外のスピーカーの話は聞きたいけど敷居が高いなぁと感じていて、少し避けてたけど今年は積極的に聞くことが出来たし、来年以降も是非お願いしたいです!

まとめ

個人としては、仕事で書く言語がJavaScript(node.js)になってPerlを書く機会が減っている。でもやっぱりPerlが大好きだし、今後もPerlのイベントには積極的に参加していきたいなとあらためて感じた。