amari3のはてなダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-08-22

[][]YAPC::Asia Tokyo 2015に参加してきた

東京ビッグサイトで開催されたYAPC::Asia Tokyo 2015に参加してきた。ちなみに今回の参加は7回目である。初めて参加したのは2007年で、確かSledge 2の話とかがあったと記憶している。ブログを書くまでがYAPCなので、僕のYAPCはもうちょっとだけ続くんじゃ。

セッションの内容の多くはスライドが公開されると思うし、自分の感想を中心に書いていこうと思う。


Opening

会場での注意事項等の連絡が中心かな。YAPCを正しく楽しむためのスタート地点だと思う。

メリークリスマス!

ついについにラリー・ウォール氏が今年のクリスマスにPerl6をリリースしてくれる(かもしれない)ぜ!。Perl Mongerとして一番喜びがあったセッションではなかろうか(個人的感想です)。とりあえず、バスにはひかれないでーー

世界展開する大規模ウェブサービスデプロイを支える技術

MiiverseのJP/US/EUのリージョンに対する数百台のデプロイは興味深かった。数台だとcapistrano + Gitというよくあるデプロイ手法で対応できるし、実際そのようにしている事例は多いと思う。Consul + stretcherは速度比較を見ると、導入するかどうかは置いておいて、検証してみる価値はあると思う。

HTTP/2時代のウェブサイト設計

立ち見であまりメモを取れなかったけど、ヘッダ圧縮が強力なのとlibcurlがHTTP2対応してるのはちゃんと覚えてる。H2Oは注目はしていたけど実際に試す段階までは行っていない。でも、この話を聞いていつ試すか?今でしょ!と本気で思っている。社内勉強会ドリブンデベロップメントみたいな感じでまずは触り始めて見たい。

Perlの上にも三年 〜 ずっとイケてるサービスを作り続ける技術

トークの内容もさることながら、すごく人を惹きつけるようなプレゼンだったと思う。DDDに関しては最近、エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計の本を買ったということもあるし、少しずつ読み始めて行こうと思う。

Electron: Building desktop apps with web technologies

AtomやSlackを開発したアプリケーションエンジンとでも言えばいいのかな?(間違ってたら教えて下さい)仕事ではnode.jsを書くことが多いので、興味は持ったけど実践まで行けるかしら。

esa.io - 趣味から育てたWebサービスで生きていく

まず印象に残っているのはesaのアイコンがかわいい。それ以外でも、リリースノート駆動開発等、面白い取り組みをされていると感じた。

Lightning Talks Day 1

YAPCの醍醐味。ちょっと雑ですが楽しかった!!(メモまったく取ってない。。)

懇親会

今回の懇親会は、最後だということが後押しをしてくれて、ラリー・ウォール氏と写真を撮ってもらったり、miyagawaさん、lestrratさん、hitode909さんと話すことが出来た。


社内の技術勉強会のファシリテーターをやっている身として、lestrratさんにはイベント運営のコツや気をつけている事を聞いてみた。参加者が数百人から数千人規模のイベントと、一企業の勉強会だと当然気をつける事もやらなければならないことも違う。でも、勉強会をより良くしていくヒントは掴んだと思う(具体的には役割分担の大事さ)。


hitode909さんにはDDDをなぜ採用したのかということを聞いてみた。色々試行錯誤をするのも大事だけど、指針となる考え方があるならそれに乗っかってみようと言う話だった。まずはDDDについての知見を深めようと思う。


miyagawaさんにはベタですが、注目している言語を聞いてみた。パラダイムありきで考えるのではなく、目的と手段を見誤らないようにすることは大事だと再認識した。

Mackerel開発におけるScalaとGo、そしてPerl

適材適所で言語を選択しているのが素晴らしいと感じた。Scalaは非常に魅力的で個人的にもコップ本で勉強している。ただオールScalaはしんどいという話もあった(デプロイに時間がかかる)ので、Scalaを使う際には気をつけようと思う。

我々はどのように冗長化を失敗したのか

式年遷宮インフラストラクチャと言う思想は面白いと思った。実際、アクティブスタンバイ構成にしてても、正常にフェイルオーバーされるかどうかは不安だし、実際に自動フェイルオーバーを切って、手動でやる運用体制を取ってた事もあると記憶している。

MySQLで2億件のシリアルデータと格闘したチューニングの話

なんというか、自分が置かれている状況と近い話が聞けたのが面白かった。自分も億単位のレコードを扱う様なプロダクトを運用していて、UPDATE文を打ったらえらく時間がかかったこともある。すごく身近感があったので、YAPCあるあるじゃないけど、あるあると感じた。

データ分析基盤を支える技術

あまりメモが取れなかったけど、印象に残っている言葉がある。「データ分析基板は使わずにサービスに任せよう!!」これがすべてだと思う。

YAPCあるある

YAPCの歴史が集約されていたと思う。その次代においての最先端のPerl技術やIT技術があったということは間違いないと思う。あまりにも贅沢な座談会?でしたね。

Profiling & Optimizing in Go

Goのプロファイリングやテスト、最適化をするための手法をライブコーディングでやってくれたのが楽しかったですね。Goはまだ手を出せてないけど、ああいうのを見てしまうと、好奇心がくすぶられますね!

Lightning Talks Day 2

一日目と同じ感想ですが、YAPCの醍醐味!!

CONBUさんのネットワーク設営は神でしたね!

クロージング

ついにYAPCが終わってしまうのかと思うと、ちょっと寂しくもあるけど、ちょっとした未来への布石もあったので、これは期待をせずにはいられない。

まとめ

最近はPerlを離れてnode.jsを書くことが多い僕ですが、やっぱりPerlは楽しい。そしてPerlコミュニティはもっと楽しい。どういう形かはわからないけれど、Perlはずっと書き続けていきたいですね。


最後に、登壇者の皆さん、スタッフの皆さん、YAPCに関わったすべての皆さんにあらためて感謝したいです。ありがとうございました!!

2014-01-17

[][]エンジニアサポートCROSS 2014 に参加してきた

ブログを書くまでがイベントですよと言うことで書く!

エンジニアサポートCROSS2017

まずこのイベントを知ったのが、開催の二日前で facebook のウォールに流れてきて、楽しそうだなぁと思って参加を即決。なんとか仕事も落ち着いていたので、朝からフル参戦してきましたよ。

参加したセッション

  • 現場に聞く!テスト/CI/DevOps、実際のところどうなの
  • BaaS 一問一答 千本ノック
  • コードレビューCROSS 〜ぶつかり稽古 2014初場所〜
  • 技術書の未来はどっちだ!
  • クロスアンカンファレンス

ほとんどメモも取らずに聞き入ってしまってたので、それぞれのセッションの感想を書くのは難しいけど、僕自身が感じたこと、今後に活かしておきたい事を書こうと思う。

  • テストを書くことの意識向上
  • CIツールを導入したい
  • コードレビューもやっていきたい
  • github でもっとアウトプットしたい
  • pull request もしていきたい
  • 転職したい!

休憩時間では、CodeIQ の問題にチャレンジしておにぎりと限定キットカット、そして巫女さんにお祓いしてもらった!今年はなんかいい年になる気がする。いやいい年にする!

あと、たまたまイベント会場で前職の後輩にも会って話をする機会もあった。声を掛けられた時は、顔は知ってる声も聞いたことがある。でも、名前が出てこなくて本当にごめんなさい。一人で参加してたから会話が出来て本当に楽しかったです。

最後に2014年は今まで以上に技術系のイベントに参加していこうと思う。

2011-12-10

[][][][]Perl で Microsoft Translator API を使って翻訳するコードを書いてみた

Microsoft が提供している、Microsoft Translator API を Perl からコールして翻訳するコードを書いた。man page とか perldoc で英語を読む時に、分からない文章をコピーして、翻訳サイトに貼り付けるのが面倒くさくなったんで、コマンドラインから翻訳出来たら便利だなと思って作ってみた。

ソースコードは github に上げておきました - https://github.com/amari3/p5-translate.pl

デベロッパー登録

API にアクセスするためには、Windows Live の登録とアプリケーションを登録して、アクセスキー(アプリケーションID)を取得する必要がある。

こちらから登録が出来ます - http://www.bing.com/developers/createapp.aspx

デベロッパー用サイト

開発者向けのサイト。ドキュメント等もこちらから閲覧が出来る。

http://www.bing.com/developers

http://www.microsofttranslator.com/dev/

使い方

git clone 等で取り込んで、以下の様にコマンドを実行するだけ。CPAN モジュールの WebService::Simple と Config::Pit は入ってない場合は入れる必要があります。また初回実行時のみアクセスキーの入力が求められます。

デフォルトは英語→日本語の翻訳。

% ./translate.pl "I love sushi."
寿司が大好きです。

オプション指定で日本語→英語の翻訳

% ./translate.pl --from=ja --to=en "チョコレートが食べたいです"
I want to eat is chocolate

オプション指定で日本語→フランス語の翻訳

% ./translate.pl --from=ja --to=fr "チョコレートが食べたいです"
Je veux manger est au chocolat

コマンドラインから簡単に翻訳ができて便利です。

今後やりたいこと

とりあえず、今後やりたいことをまとめてみた。

  • Microsoft Translator API を簡単に使うためのモジュール化
    • WebService::Microsoft::Translator みたいなモジュールを作りたい
  • ヘルプ機能の実装
    • サポートしている言語の一覧表示など
  • モダンな感じに書き直す

まとめ

github にソースコードを上げるのも初めてだし、Web API を仕事以外で利用するのも多分初めて。色々至らない点が多いと思うけど、積極的にアウトプットしていきたいと考えている。つっこみ等がありましたら、コメントやブクマコメントしてもらえると嬉しいです。

2011-11-29

[]Software Design Dec.2011 読了

Software Design Dec.2011 が読み終わった。今号の特集は開発者向けの記事が多かったと思うので、インフラエンジニアだけでなく開発者にもお勧めできる。

今号を読んでみて個人的によかったと感じた記事の紹介をする。

エンジニアの能力を引き出す Mac 活用術

Mac OS X Lion によって変わった開発環境の説明や、Mac 上で動作させる仮想環境の比較。クックパッドの開発環境に Mac を導入した経緯が説明されている。Mac は UNIX ベースだし、Web系のエンジニアやインフラエンジニアには普段使い慣れたコマンドやツールが使えるのも魅力的だと思う。

ちなみに僕の開発環境は、Windows のマシンに、VMware 経由で Debian GNU/Linux の GNOME を起動させて使っている。正直面倒だったりすることが多いので、Mac Book Air の購入を真剣に検討しているところ。

イケてる Git の使い方

Git と Subversion の比較がされていたり、git-svn を使って、共有リポジトリは Subversion そのままでローカルに Git を使うやり方が紹介されている。最後の章では、Git と Redmine の連携について説明されている。バージョン管理システムとチケット管理システムの相性はすごくいいと思うので、職場でも是非導入をしたい。

また、コラムでは、Git/Mercurial/Bazzer/Subversion の機能比較もされており、わかりやすくまとまっている。

「うんこ演算」を支える UnkoScript

まず初めに感じたのは、このアプリはアイデアの勝利だと素直に感じた。ただ、面白いだけではなく内部実装もしっかりしていて、UnkoScript と呼ばれる独自の DSL が実装されている。その仕組みの説明がすごく秀逸でアルゴリズムやデータ構造の基礎が分かっていると、すごく頭に入ってきやすい。

最後に

CyberAgent のコラム等、他の記事もとても興味深く読めたので、当然今号もお薦め出来る一冊。

2011-10-17

[][]昨日の戦利品

日曜日に新宿に買い物に行ってきたので、購入したものを紹介しようと思う。

購入したもの一覧

eneloop mobile booster
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (高容量リチウムイオン3.7V5400mAh電池使用) KBC-L54D

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (高容量リチウムイオン3.7V5400mAh電池使用) KBC-L54D

eneloop mobile booster は YAPC に参加したときに、Xperia のバッテリーが切れそうになったので、これを機に購入。

入門git / Emacsテクニックバイブル
入門git

入門git

Emacsテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする200の技?

Emacsテクニックバイブル ?作業効率をカイゼンする200の技?

入門git と Emacsテクニックバイブルは作業環境の改善を目的として購入した。

ももいろクローバー公式ビジュアルブック

ももいろクローバー公式ビジュアルブックは完全に衝動買いです。はいw


今はEmacsテクニックバイブルを読んでるんだけど、最初の数ページに書いてあること*1すら知らずに使っていたので、目から鱗です。Vimテクニックバイブルの方は買うかどうか分かりません。

*1:例えば、C-u 4回繰り返し