Hatena::ブログ(Diary)

あまやん胸いっぱい このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-03

[] 竜 超「消える「新宿二丁目」―異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?」

消える「新宿二丁目」―異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?

消える「新宿二丁目」―異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?

薔薇族」の元副編集長がつづる新宿二丁目論。ヤマジュンの表紙にウホッとなって購入したものの、予想以上に面白くてがーっと読破してしまいました。

銀座鶯谷に点在していたゲイバーから流出した人々が戦後の赤線跡地に流れ着き「二丁目」が形成され、やがて再開発の波に飲まれて存在が揺さぶられ・・・オタクコミュニティゲイコミュニティの共通性についても触れつつ、一定の「性的指向」を持った人々による街の形成の様子をポップに解説しています。

最盛期には5誌ほど出ていたゲイ雑誌それぞれが担っていた立ち位置とお互いのせめぎあいについて、また「ゲイ」「オカマ」「ホモ」それぞれの言葉のルーツの違いや、その違いに対して敏感に反応する人たち、転じてゲイコミュニティの中で生まれる左翼的思想の話まで・・・まさに中に居るからこそのホンキのコミュニティ論が展開されていてかなり秀逸。

予想以上に洞察豊かな内容で、社会学・都市学の副読本としてなかなかの価値ありな感じです。

趣味・指向を持った人たちによって形成された都市という点で共通点の多い、森川嘉一郎趣都の誕生 萌える都市アキハバラ 」とあわせて読まれることをおすすめします。

趣都の誕生―萌える都市アキハバラ (幻冬舎文庫)

趣都の誕生―萌える都市アキハバラ (幻冬舎文庫)