amendou09の日記 このページをアンテナに追加

2013-02-27

[]正直に腹を立てずにたゆまず励め〜鈴木貫太郎 正直に腹を立てずにたゆまず励め〜鈴木貫太郎を含むブックマーク 正直に腹を立てずにたゆまず励め〜鈴木貫太郎のブックマークコメント

「正直に腹を立てずにたゆまず励め」、正確には「正直に腹を立てずに撓(たわ)まず励め」は、宰相鈴木貫太郎の言葉だという。

昨日のNHKニュースウォッチ9は、二・二六事件で銃弾を撃ち込まれた鈴木貫太郎の妻たかの肉声テープが発見されたとして、その内容を報じていた。そのテープのほかに、昭和40年に地元群馬県前橋市の若者たちに語ったテープも見つかり、その中でたかさんがこの言葉を紹介していた。前橋市立桃井小学校の校歌の歌詞にもなっているそうだ。

興味を引いたので、ニュースの全部を文字に起こしてみた。

二・二六事件の証言テープ発見

キャスター=青年将校らに率いられた部隊によって4日間にわたり首都が占拠されたいわゆる二・二六事件から今日で77年です。事件の現場にまさに立ち会ったある人物の肉声を録音したテープが新たに見つかりました。このテープです。昭和40年に録音されました。「2.26事件」と書かれています。このテープに残された証言、事件を生々しく伝えています。同時に、激動の時代を生き抜いたある人物の人生訓を後世に伝えるものともなっています。

二・二六事件 新発見のテープには…

(テープ音声)

軍曹は「ヒマがありませんから撃ちます」と

その時パンパンパンと撃つとそこへ倒れてしまいましたからね

眉間に一つ当たって、一つは肩へ当たって

一つは心臓の右の方へ当たって

一つがね、横腹へ当たって

二人くらいで撃ったようでしたね

眉間からもう胸のところから血がドロドロドロドロ出てくるんです

■肉声で甦る二・二六の真実

■対話重視

証言をしているのは鈴木たか。二・二六事件で瀕死の重傷を負った鈴木貫太郎の妻です。終戦時の総理大臣を務めることになる鈴木は、当時、侍従長でした。人の話をよく聞き、対話を重視する人物として知られていました。

(当時のニュース音声)

お前たちがあくまで抵抗したならば、それは勅命に反抗することになり、逆賊とならなければならぬ。

■昭和11年2月26日

昭和維新

■政府要人ら9人殺害

首都が大雪に見舞われた昭和11年2月26日。青年将校らに率いられたおよそ1400人の部隊が「昭和維新」を掲げて決起した二・二六事件。総理大臣官邸や警視庁など東京の中枢が4日間にわたり占拠され、政府要人ら9人が殺害されました。鈴木が襲撃を受けたのは侍従長の官舎でした。妻のたかはその一部始終を隣の部屋で聞いていました。

(テープ音声)

ドヤドヤっと人が入ってきてしまったんでね

わたしのところはもう兵隊が入ってくると二人で、剣つき鉄砲でね、座ってるんですからね

どうすることも動くこともできないけど次の部屋だから聞いてたんです

十何人ぐらいいたんでしょうね、兵隊さんが

入ってくると「閣下でありますか」って聞いてるんですよ

「ああそうだ」って、「私は鈴木だ」って

「何事が起こってこんな騒ぎをしてるのか。話したらいいじゃないか」

誰も返事をしないんですね

■作家 半藤一利さん

今回の証言、驚きをもって受け止めたのが、昭和史をテーマに数多くの作品を手がけてきた作家の半藤一利さんです。

「奥さんの話がですね、残っていたというのは、ほんとに初めて知りました。非常に貴重なものだと思いました」

■陸軍大尉 安藤輝三

■事件の2年前 鈴木と面会

■犒蛙佑砲茲觜饑の刷新を

■爐修譴牢岼磴辰討い覘

鈴木を襲った部隊を率いていたのは陸軍大尉の安藤輝三です。実は事件の2年前、鈴木と直接会っていました。政治腐敗を嘆き、軍人による国政の刷新を訴える安藤に対し、鈴木は「それは間違っている」と諭しました。

(半藤氏)鈴木さんという方は相手がどんな乱暴な者であろうとなんであろうと(部屋に)通してちゃんと話を聞いているんですね。そういう人なんです。

事件の日、血まみれになっている鈴木をはさみ、安藤と対峙した妻のたか。

(テープ音声)

ちょうど安藤大尉が来てね

兵隊さんたちの方はね、「とどめとどめ」って大きな声で言ってたんです

ひと言生きている間に別れを言いたいと思って

「とどめだけはどうかそのね、待ってください」って

で安藤さんがそれ聞いてね、「とどめは残酷だからやめ」

そうするとみんなぱたぱたっと座ってね、敬礼していきましたがね

■一命をとりとめる

■狎燭卜派な惜しいというよりもむしろかわいい青年将校であった

鈴木は安藤大尉によってとどめを刺されず、奇跡的に一命をとりとめました。安藤をはじめ二・二六事件に参加した将校らは処刑されました。鈴木は安藤について「誠に立派な、惜しいというよりもむしろかわいい青年将校であった」とのちに語っています。

■昭和20年4月

(ニュース音声)

鈴木内閣総理大臣兼外務大臣…

■首相就任

ポツダム宣言受諾に道筋

昭和20年4月、敗戦の色が濃くなるなかで鈴木は総理大臣に。人柄が信頼されてのことでした。本土決戦も辞さないという声があるなか、意見をとりまとめ、ポツダム宣言の受諾に道筋を付けたのです。

■狎議召法(△鯲てずに たゆまず励め

終戦後、ふるさとに戻った鈴木。「正直に腹を立てずにたゆまず励め」という人生訓を残し、3年後に亡くなりました。

■報告 関根尚哉(社会部)

今回見つかったテープには、二・二六事件の生々しい証言とともに、妻のたかが昭和40年の新年会で地元の若者たちに語った言葉が録音されていました。

(テープ音声)

たとえ狭い小さな日本であっても

日本人として世界に立って

少しも恥じないというのは

やはりその、正直に腹を立てずにたゆまず励め

これが鈴木の皆さんにお願いする一つの新年の希望だろうと思いますから

■前橋市立桃井小学校

正直に、腹を立てずに、たゆまず励め♪

鈴木貫太郎が卒業した前橋市立桃井(もものい)小学校です。今も鈴木の人生訓を歌にして伝えています。

(小学生男子)

「自分でもうそついちゃうところがあったり、正直にならなかったところがあったりするので、それを読んだら、ちょっと直さないといけない」

■コピーライター 糸井重里さん

コピーライターの糸井重里さんも桃井小学校の卒業生です。

「あの、覚えているどころじゃないですね。忘れたこと、ございません」

「腹を立てずにってところは、相手と自分との間にある違いを相手の側からも見られるってことでもあると思うんですよ」

「大人になって多少とも自分が言葉を使う人間になって、見事だと思いますね」

古いテープに残されていた事件の証言と今に伝わる人生訓。考え方の違いを乗り越え、対話する姿勢が大切だと今も私たちに訴えかけます。

キャスター=はい、こちらの色紙なんですけれども、テープの声の主、鈴木たかさんが書き残した夫、鈴木貫太郎の言葉です。「正直に 腹を立てずに 撓まず勵め」。こちら「たわまずはげめ」と書いてあるんですね。この難しい字「撓(たわ)まず」というふうに読みます。しかし、たかさんも母校の子供たちも「たゆまず」というふうに発音をしていました。意味が通ずるところもあって、「たゆまず」というふうに伝わっていったのかもしれません。

小学校に尋ねますと、「元々の読みは当然、知っていますけれども、伝わったそのままを引き継いでいます」ということでした。伝わったそのままを引き継いでいたということなんですが、時が過ぎても、この貫太郎の精神、しっかりと受け継がれているようです。

missymissy 2013/05/03 23:07 私も同じテレビを見ていました。テレビを見てから、私はこの言葉を座右の銘にしています。パソコンの附箋にこの言葉を貼っているくらいです。本当に意味深い、素晴らしい言葉だと思います。45歳にして初めて「座右の銘」を得ました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/amendou09/20130227/p1