Hatena::ブログ(Diary)

戦争の時代をこえ立ち上がる若者たちのメッセージ〜連続上映引き続き全国展開へ

2012-01-27

【公教育と公務員労組の解体攻撃と闘い100万人署名で知事リコールを実現!】 全米労働運動の最前線 ウィスコンシン州の労組活動家(教育労働者)大阪に来る!

「おおさか社会フォーラム」の招聘により、米オキュパイ運動の原点であり全米労働運動の最前線であるウィスコンシン州より二人の教育労働者公務員組合員)が来日します。2月27日には大阪(エルおおさか)で、2月24日には京都(ひと・まち交流館 京都)で交流集会が行われます。「公務員バッシング」「公教育解体」の嵐が吹き荒れる日本の労働運動が100万人を超える署名労組解体攻撃をしかける反動的な州知事リコールにまで追い込んだ米労働運動の経験から学ぶことは極めて大きいと思います。ぜひ、ご参加を!

おおさか社会フォーラム公式ブログ
http://osaka.socialforum.jp/

f:id:hansenkyodo_kyoto:20120127182212j:image
「おおさか社会フォーラム」プレ・フォーラム2のチラシ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「おおさか社会フォーラム」2012 プレ・フォーラム2

公教育公務員労組の解体と闘うウィスコンシンからの報告」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●日時:2012年2月27日(月)午後6時開場 6時15分上映開始

●会場:エルおおさか南館ホール
(アクセス)
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

ドキュメンタリー『闘いの最前線ウィスコンシン』上映(30分)

●報告:

ペギー・コインさん(マディソン郡教員組合委員長

カスリン・バーンズさん(同組合員、小学校教員)

●主催:「おおさか社会フォーラム」実行委員会 http://osaka.socialforum.jp/

●連絡先:市民オフィスSORA(06−7777−4935)

f:id:hansenkyodo_kyoto:20120127052814j:image
ウィスコンシンに人口は約550万人とか。100万を超す署名は地域全体の大変動が進行していることをものがたる。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)

f:id:hansenkyodo_kyoto:20120127052751j:image
橋本の公務員攻撃に身をすくめる大阪市の組合、立ち向かう米労働運動。今こそ米労働運動の息吹を日本にひろげたい。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)

f:id:hansenkyodo_kyoto:20120127052834j:image
問題となつたのは組合の団交権剥奪、まず大学・高校の教師が授業ボイコットで立ち上がる。それを大学生・高校生が支持する。やがて消防士、警察官まで闘いに立ち上がる。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)

f:id:hansenkyodo_kyoto:20120127052855j:image
来日されるカスリン・バーンズさん(労組委員長のペギー・コインさんも来日)
全米の焦点・ウィスコンシンから初ての代表が来阪されます。大阪社会フォーラム実行委の招きで、マディソン教員組合のカスリン・バーンズさん。またとない機会です。是非ご期待を。(ウィスコンシン現地の取材をされたマブイ・シネコープの木村修氏談)

(カスリン・バーンズさん略歴)

1997年から教員。現在はShorewood Hills Elementary Schoolの教員、幼稚園と第1学年の担当

組合はマジソン教員組合 Madison Teachers Inc. (MTI)

2011年2-10月にMTI Crisis Committee Co-Chair(MTI危機委員会の共同議長)
危機委員会ウォーカー知事の“Budget Repair Bill”(財政再建に関する州法)によって生じた危機に対応するために組織された委員会

「39歳、マディソンで育ち、これまでの人生の大半をマディソンで過ごしてきたが、今日(17日)ほどこの州を誇りに思ったことはない。ウォーカー知事リコール署名が100万人を超えた」

f:id:hansenkyodo_kyoto:20120127060200j:image

デモクラシー・ナウ!ジャパン】嘆願書に100万人の署名 ウィスコンシン州知事リコールへの歴史的取り組みに見る「民の力」 

共和党ウィスコンシン州知事スコット・ウォーカーに反対する人々が、州投票による知事リコールを要求する100万人以上の署名を提出しました。その100万人強の署名は、必要数54万のほぼ2倍で、米国歴史上最大のリコール要求になりました。

ウォーカー知事は、ほとんどの公務員団体交渉権を取り上げる問題の法律を押し通したことで、非難を浴びています。この100万人の署名は「前回、2010年の選挙で投票した人、と言うことは合理的に考えて、リコール選挙に投票に行く選挙民のほぼ半数と言うことになります」と、ネイション誌のジョン・ニコラスは言います。

ワシントン共和党指導部の緊縮経済政策を採り入れて公務員を犠牲にした財政改革をもくろみ、彼らの組合を破壊しようとし、学校予算の削減を試み、それに成功したことで、(ウォーカーは)選挙に直面せざるを得なくなるのです。われわれは経済問題のもっとも根幹について住民投票をするということになります。」

http://www.democracynow.org/2012/1/19/historic_effort_to_recall_wisconsin_gov

f:id:hansenkyodo_kyoto:20120127182330j:image

Organizers file more than 1 million signatures to recall Walker
host.madison.com
http://host.madison.com/wsj/news/local/govt-and-politics/walker-recall-leaders-say-they-gathered-more-than-million-signatures/article_5a9505e6-4141-11e1-9384-0019bb2963f4.html

Organizers of the effort to recall Gov. Scott Walker on Tuesday filed what they said were more than a million

連絡先:市民オフィスSORA(06−7777−4935)

2012-01-23

戦争の時代をこえ立ち上がる若者たちのメッセージ〜連続上映引き続き全国展開へ

【作品案内】

2011年アカデミー賞ノミネート サラ・ネッソン監督作品『ポスターガール』

f:id:american_antiwar:20101217100002j:image:w360:left★『ポスターガール』

 新鋭サラ・ネッソン監督の話題作。女性の機関銃ロビン・マレー。タイトルの『ポスターガール』は、彼女が雑誌『アーミー』2005年8月号の表紙を飾ったところからとられた。イラク民主化の指名に燃えてさっそうと活躍する彼女。しかし帰国したわが子の変貌ぶりに母親は言葉を失う。ロビンは戦場での体験が脳裏を離れず自分と葛藤する。やがて彼女は兵士だった自分に向き合い、戦場の真実を語る道を歩み出す。2011年アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門ノミネート作品。


f:id:american_antiwar:20100214125244j:image:w360:left
★『ポスターガール』のサラ・ネッソン監督からの同作品日本公開にあたってのメッセージ

写真(左):『ポスターガール』を撮影したサラ・ネッソン監督

◇私は2000年に大ワシの渡りの生態を追って北海道をたずねました。そ
 の時以来日本は私の心に深くのこり忘れえない国になりました。
 また今年のサッカー女子ワールドカップで日本チームが私たちのアメリ
 カチームに追いつきそして優勝した時、私はいつしか日本チームを応援
 していました。あの勝利は大震災津波という心を引き裂かれる経験を
 した国にこそふさわしい栄誉でした。

 その日本の皆さんにこの時期にこうして『ポスターガール』を見ていた
 だけることを私は本当に光栄に思います。この映像が、戦争がどれだけ深
 い打撃を人びとにあたえるものか、それと同時に人間の精神がそれを跳ね
 返していくすばらしいしなやかさをもつていることに光をあて、日本の
 皆さんにお伝えできるよう心から期待しています。

 親愛をこめて

                       9月15日     サラ・ネッソン

◇MCC・IVAWシリーズ第6作
       木村修監督作品『IVAW・明日へのあゆみ』

f:id:american_antiwar:20110813141656j:image:w360:left★『IVAW・明日へのあゆみ』マブイ・シネコープ2011年7月制作

 イラク戦争を世界にむけて告発した『冬の兵士』証言集会で一躍注目をあびた反戦イラク帰還兵の会。その代表として占領下のイラクの地を踏んだもと州兵アーロン・ヒューズ。

 一人の元兵士はイラクへの誓いを胸に今どう生きようとしているのか。舞台は2011年春全米労働運動の最前線となつたウィスコンシン州マディソン。労働者・学生とともに元兵士たちが州議事堂を占拠する。

 虚偽の戦争を見抜いた青年の眼は今、アメリカ内部の不正義向けられる。二年後の一元米軍兵士を追った注目作。


【上映スケジュール】

●1月28日(土)1:30開場 東大阪市民会館
(アクセス)
http://www2.wagamachi-guide.com/e-machimap/map.asp?dtp=1&mpsh=443&uid=347&mpx=135.5771723&mpy=34.6605458&mpsw=711&lid=21&mpcx=135.5771723&mps=2500&mtp=1&mpcy=34.6605458

●2月 5日(日)1:30開場 尼崎市立労働福祉会館 
(アクセス)
http://roukan.npos.biz/access.html

【これまでに鑑賞された方々の声】

  □マディソンでの集会。イラクの人々への謝罪と責任・そこから踏み出して
   生きようとしている姿に胸が熱くなりました。(東京都大田区 法谷泰代さん)

  □『許しを請うのではなく責任を、、』という決意が身をもつて行動に移されて
   いる。ラストのアーロンの訴えに感涙 (大津市 藤井直美さん)

  □アーロンの静かだが確信にみちた語り口は非暴力の明日の世界を予感させる。
   上質で感動的な作品だ (東大阪市 藤田なぎさん)

  □『今こそあらゆる闘いをひとつにつなぐ時』というアーロンの呼びかけが
   ストレートに伝わってきます。イラク戦争を体験したひとりの青年が
   正義をもとめて奔走する姿に本当に感動しました。(大阪市都島区 垣内由香さん)

  □『戦争』と言う出口の無い残酷な闇に対する光。未来への希望を予感させてくれる。
   日本が今こんな時だらこそ多くの人にみてほしいと思う。(豊中市 小城聡子さん)


アメリカ反戦・占拠運動速報】

f:id:american_antiwar:20111125145332j:image:w360:left ウォール街にはじまったオキュパイ運動が全米各地に広がる中、11月15日、アメリカ西海岸の拠点となっているオークランドがらバークレーまでのデモが行われ、オキュパイ運動支持・警察の介入許すな、の声が大きく響き渡った。この日二つのオキュパイ運動が合流し、共同のゼネラル・アッセンブリー(大集会・写真)が開催。舞台は1960年代フリースピーチ運動の歴史的広場となったカリフォルニア大学スプロール・プラザ。10000人とも報告される参加者が州政府・大学理事会に対する公開書簡を採択した。スチューデントパワーは見事に復活していた。(現地取材=マブイ・シネコープ 木村修)

 昨日お伝えした通りアメリカの今、の一端を報告します。

 ◇バークレーでのオキュパイが始まったのは丁度一ケ月前の
  10月15日、バークレー校スプロールプラザ前と市議会
  広場にテントサイトができている。63〜64年全米に公民権
  運動の広がりをバックにバークレー民主主義の原型を
  作ることになったフリースビーチ・ムーブメント。その同じ舞台の
  石段に『これがわれわれの歴史だ』『歴史は今繰り返す』と書か
  れたパネル、当時と今の写真が並べられている。

f:id:american_antiwar:20111125144955j:image:w360:left ◇11月15日、オークランドからのデモを迎えて5時からゼネラル
  アッセンブリー。この時点で会場は若者たちで埋め尽くされる。
  集会は夜に続き、8時半からクリントン政権の労働長官で現
  バークレー校教授のロバート・レイヒ氏が記念演説をすると
  いう。夜には屋根に登る学生も。レイヒ教授は伝説的学生
  リーダー、マリオサビオと同じ石段に立った。

 ◇当日の教授の熱い演説の結びを紹介しましょう。『もっとも根本的問題は
  等しく与えられるべき機会の均等が破壊され、この国の建国の礎となつた
  道徳が踏みにじられていることにある』『しかし、The Days of Apathy are Over
  、諦観と無関心の時代はもはや終わったのだ』と。

 ◇翌日話をするとほとんどの学生がこのフレーズを覚えていた。


f:id:american_antiwar:20111125145010j:image:w360:left訪米報告を続けます。

 ◇今回のオキュパイ運動で、参加者全員の意思決定の場として出現した
  ゼネラル・アッセンブリー。15日UCバークレー校でのゼネラル・アッセンブリーは
  州政府・大学理事会あての公開質問状を採択した。その要求を紹介します。学生たちの
  運動の勢い・気運をつかんでいただけると思う。


 ◇決議は冒頭に『行き届いた公教育は特権ではなく根本的権利である』と宣言して

  公教育の削減=授業料値上げ、大学職員・教員のレイオフをやめ、諸条件を
   2009年の水準にもどすこと
  △修虜盡擦箸靴読挈擬圓抜覿箸紡个垢増税を当てること
  6軌蕕砲ける差別を停止する明確な行動をとること
  じ析澄集会の自由を尊重し、大学内でり暴力の行使を認めないこと
  
  以上について、十分な回答がなされないならわれわれは波状的行動
  (2012年 2月1日以降はストライキも含めて)を展開すると。

  日本では、今回の占拠運動を政治目的が不明確で組織的でないとして、 
 運動の意味・実勢を低める報道が躍起になってなされている。しかし、この一実例だけで
 多くのことを感じとっていただけると思う。

                        木村 修・記

(以上、レイバーネット日本MLへの投稿より)

f:id:american_antiwar:20120123123603j:image:w360:left『IVAW・明日へのあゆみ』(60分版)完成










お問い合わせ:マブイ・シネコープ
Tel/Fax 06-6786-6485
(MA)mabui1101@nifty.com
(HP)http://homepage2.nifty.com/cine-mabui/
(Blog)http://mabui1948.seesaa.net/