おはようからおやすみまで くらしに競馬を広げる

2017/06/11 (日) エプソム☆エプソム

[]POG2017-2018シーズン指名馬レビュー

1位:シルヴァースカヤ(牡 父ディープインパクト

ダービー馬を獲らないと優勝できない、というわけで昨シーズン2位の雪辱に燃える大振り1位指名。競合覚悟で書いたものの、見事に一本釣りに成功してあとは脚元の無事を祈るのみ。全兄のシルバーステートが新馬特別2連勝の後に怪我をして休養となって、4歳夏にようやく復帰という結果に終わっている。

ダービーを勝つディープインパクト産駒はディープブリランテ(496kg)、キズナ(478kg)、マカヒキ(502kg)といずれもそれなりの大型馬。シルヴァースカヤの2015も赤本計測時点で510kgと馬格は十分。脚元の感じもすぐに怪我しそうには現状映らず、全体のバランスも良く見えた。

最初はヒルダズパッションと迷ったものの、ちょっと抽象的な表現になるが馬体の第一印象の「派手さ」という魅力がシルヴァースカヤにあったためこちらをチョイス。ダービー馬になってくれることを祈る。

2位:リュヌドール(牡 父ディープインパクト

脚元のリスク高そうな「ホームランか三振か」という大鑑巨砲シルヴァースカヤが1位で獲れてしまったため、ここからしばらく護送船団的なディープインパクトを選んでいくことに。その護送船団の軽巡洋艦が本馬。

リュヌドールの2015は手塚厩舎の関東馬手塚厩舎・サンデーレーシングディープインパクト牡馬といえばハートレー指名した経験があるので、この馬もそれに負けず劣らずの能力を秘めているのではないかという馬体と見ての上位指名。1つ上の姉、ハーツクライのルヴォワールは2戦2勝でクラシック路線に名乗りを挙げるも頓挫で断念してしまったが、いずれのレースも強い内容でリュヌドールが産駒に伝える能力は間違いなく高そう。

3位:ドバイマジェスティ(牡 父ディープインパクト

シルヴァースカヤ護送船団・駆逐艦ドバイマジェスティの2015。言わずもがなの今年の皐月賞アルアインの全弟で、アルアイン皐月賞勝利時の馬体重が518kgとかなりの重戦車タイプのディープインパクト牡馬に対し、本馬は赤本計測時点で460kgと少々小柄*1。基本的にディープ牡馬は馬格あるのしか狙わない主義なのだけれど、この馬はさすがにアルアインよりは迫力は欠けるもののパーツパーツの作りと全体的なバランスはディープ牡馬の及第点。3位で獲るなら十分だろう。

4位:ゼラスキャット(牡 父ディープインパクト

シルヴァースカヤ護送船団・重巡洋艦はゼラスキャット号。アルアインダービー狙いだと思って獲ったディープ牡馬なんだけれど、こっちは安田厩舎ということもありマイル路線狙い。500kgでバランス良くてトモに力がありそうで脚元に狂いのないディープインパクト牡馬。とにかく基本のセンター返し、ヒットの延長戦ホームラン的な考え方でのここまでのディープ牡馬攻勢。

5位:ランニングボブキャッツ(牡 父ヘニーヒューズ

赤本で目についたからディープ牡馬軍団終わって5位で取ろうと思ったら、なんか凄いプロフィールだった的な。なるほどそりゃ良い馬体してますわ。アジアエクスプレスの全弟ともセレクトで1.5億とも知らなかったんですよ、本当に(それはそれでどうかと思うぞ)

大型を駆動しきるトモの容量、支える脚元、出たとこ勝ちに見える好仕上がり、信頼と安心の堀宣行厩舎。*2趨勢より上のほうでの獲得で自身有りだったんだけれど、これを書いている前日の新馬戦ではブリーズアップセール出身のヨハネスブルグ産駒にキレ負けして2着。まだまだこれからこれから、アジアエクスプレスダートからだし。


6位:アドマイヤセラヴィ(牡 父ルーラーシップ

この馬の1つ上の全兄がキャロットに出ていて、ルーラーシップ産駒は評判が良かったので狙っていて、募集馬リストのプロフィール見た瞬間に「これだ!」と思ってカタログを心待ちにしていたんだけれど、いざカタログで脚元見てみたら一瞬で興ざめするタイプの脚元で、げんなりして出資は見送り。それでもキャロットで人気するほどの好馬体で、脚元がなー、脚元さえまともならなーと思ってたんだけれど、その「脚元がまとも」版の生き写しのような感じの本馬。

ルーラーシップ産駒の傾向としては、イブキダンビュライトが470kgくらい、キセキが480kgくらい、アディラートが490kgくらいと、ヒットゾーンはこれくらいでこれより上は重くて特に3歳のうちは加速がききづらいんじゃないかと読み取ってる。本馬は赤本計測時点で492kg、仕上がればそのヒットゾーンあたりで出走してくるのではないか、と。もちろん、3歳の傾向を見ながら育成方針も変わってくると思うので、500kg超えからバシバシ重賞で勝負になる馬が出てくるかもしれないけれど。

7位:Eden's Causeway(牝 父Frankel

去年はこれくらいで1頭Frankelを獲っておこうと思ってはいて、候補ミスエルテだったんだけれど、獲られてしまったので違うのを選んだ結果がファヴォーラ号(期間内未勝利)でした。本来であればソウルスターリングミスエルテの馬体見てから今年のFrankel牝馬漁りをすべきだったんだけれど、この馬はそういうタテの比較ではなくヨコの比較で目を引かれて選択。去年もそれでミスエルテをリストアップできてるんだからヘーキヘーキ。

8位:Believe(牡 父Kitten's Joy)

ノースヒルズG1勝ち牝馬横文字種牡馬シリーズから。赤本でも目立つところに載せてあった通り、他のノースヒルズ馬と比べて抜けて良い馬体に映った(他のノースヒルズが……という説も)。Kitten's Joyはダッシングブレイズが本稿を書いた日にエプソムCを勝つなど、徐々に日本でも結果も出てきている。重そうな血統なんだけれど、母ビリーヴのスピードが活きれば。

9位:クリソプレーズ(牝 父ディープインパクト

キャロット馬1頭も引かないのはどうかと思い、自分のフェルミオンPOG向きではなさそうなので安定のクリソプレーズから。クリソプレーズの産駒はマリアライトリアファルクリソライトと、出世は遅い。能力はあったとしても全姉マリアライトと似たような成長曲線をたどるとPOGシーズンには間に合わないんだけれど、前にも書いたように「育成側の変化」が最近は著しいように思えるので、その可能性を注視してみたい。

マリアライトくらい強ければ、来年のオークスを勝っている馬は本馬であろう。

10位:ピクシープリンセス(牝 父Shamardal

この馬は馬体ノールックで選出。それなりに実績のあるディープ牝馬Shamardalを持ってくるとどういう化学変化があるのか、楽しみな1頭。モハメド軍団は今年の3歳のベストアプローチでデボネア以来のダービー出走を果たすなど、日本でもまたクラシック戦線に返り咲きつつある。自己資本の新しい育成もできたそうで、その効果にも期待したい。

トレーニング施設【ダーレー・ジャパン・ファーム】 - BOKUJOBブログ

リストアップしたけど獲れなかった馬たち

2位リッチダンサー(競合ハズレ)

書いたけど競合抽選で外れてしまった。発達した前脚の筋肉、すでにかなりメリハリのついた容量のありそうなトモ、筋肉が勝ちすぎない燃費のよさそうなまとまった体躯。あとは、リッチダンサー牡馬といえば気性面が課題なのだが、そこさえクリアすれば大きなタイトルも手が届くポテンシャルは秘めているだろう。うーん、残念。ハーツクライは1位で書くの難しいですわ。

5位リュシオル(父オルフェーヴル

オルフェーヴルで一番良いと思った馬で、赤本でも目立つところに掲載。上位をディープ牡馬で固めて、5位にランニングボブキャッツを書いてる間に持っていかれてしまった。当たり前だ……。

7位イタリアンレッド(父ノヴェリスト

ノヴェリストなんて人気しないだろうし、下のほうでさらっと、と思っているうちに7位でかっさらわれてしまった。ノヴェリスト自体がまだまだ怪しまれMAXの中で、この馬はハービンチチカス労働局っぽくない、スッキリと能力を出せそうな馬体に見えた。まだ出ないと思っていても、相手次第で取られるものはとられる。

ガールオンファイア(父ロードカナロア

ロードカナロアの「ロードカナロア感」とても走りそうなんだけれど、数いるロードカナロアのカナロア軍団の中でもこのロードカナロアは良かった。でも、馬は良いけど藤岡厩舎は書けないまま、指名終了。

カリ(父ハーツクライ

正直この馬なんでこんなに人気ないんだろうと不思議なくらい良い馬体に見えた。謎度が高いハーツクライ牡馬だから? スワーヴリチャードはセレクトで高額だったくらいわかりやすかったんだろうから、そういう手応えみたいなものはそろそろ信じられるようになると思うんだけれど、ハーツクライの評判馬は特に牡馬はこれまでイマイチ。ということは、牧場サイドからラッパが聞こえない本馬も……?

ベルアリュール2(父ハービンジャー

春の府中適性が囁かれているハービンジャー牝馬の中でも光る1頭。ハービンジャー牝馬は今年モズカッチャンが走ったので、上位指名が上手くいかなかった際には出番あるかなと控えておいたものの、出番なし。

ガラディナー(父ノヴェリスト

こちらはノヴェリストの、牝馬赤本では良さそうに見えたものの、情報が探せなかったので出番のないまま指名終了。

ハンターズマーク(父ノヴェリスト

ブリーズアップセールの最高価格のノヴェリスト。セールの騎乗供覧では、騎乗者のJRA職員のゴーサイン(舌鼓?)に応えて抜群の反応から好タイムをマーク。「ブリーズアップに大当たりなし」のジンクスを崩すかに思えたものの、本当にこの馬が日本で走るのか自信がなかったので指名終了まで見送り。ノヴェリスト好きだなぁ……。

ブルーメンブラット(父キングカメハメハ

ボリクリチチカスハービンエンパメ、ここまでのラインナップからついにキングカメハメハを父に持つブルーメンブラットの産駒が登場(12年産スウィートテイルズはキャロットに出てこないタイプなのでお察しください)。まともなら走るでしょう。

ヴィートマルシェ(父ロードカナロア

キャロット枠で悩んだ1頭。似たような(全然似てない)ところで堀厩舎のランニングボブキャッツを獲得したため、こちらは見送り。アヴニールマルシェの妹なんだけど、ダイワメジャーのサンブルエミューズは2歳OP勝ちと速かった。でも、気性がね……。

以上、指名漏れも10頭書いておいたので、これも集計して反省材料にする予定でございます。

*1:とは言え父ディープインパクトよりは目方があるわけだが

*2POGだぞ

2016/06/10 (金) おキャロ

[]ノーザンファーム天栄が10日競馬をするようになって(少なくともキャロットサンデーRでは)結果が出ているというお話

キャロット馬主関東馬の動向を会員ページのコメントで見ていると、ノーザンファーム天栄から美浦トレセンに入ってからルール上最短の10日でレースに使う、いわゆる10日競馬をする馬が増えている気がしたので数字を取ってみた。当初はレース数だけ比べて「数を使うために天栄側で10日競馬を主導するようになった」という結果が出るものかと思っていたら、意外な(?)結果が出てしまった。

以下のデータはTARGET調べ、キャロットクラブとサンデーレーシング美浦所属馬で堀宣行厩舎以外の馬の成績を、ダービーからダービーまで区切りで集計すると2016年ダービーシーズンはどちらも飛躍的に上昇が見られている。

ダービー区切りにしたのは今の時期に集計する都合上、堀宣行厩舎の成績を除外しているのは堀厩舎は天栄じゃなくてしがらきを外厩として使っているから。2〜3歳馬だけではなく、古馬障害も含めた全レース。

とりあえず3年分だけ出しているんだけれど、かなりわかりやすい結果が出た。

2014ダービーシーズン(2013/05/27〜2014/06/01)

キャロット422戦36勝8.5%
サンデー466戦42勝9.0%

2015ダービーシーズン(2014/06/02〜2015/05/31)

キャロット394戦43勝10.9%
サンデー462戦44勝9.5%

2016ダービーシーズン(2015/06/01〜2015/06/29)

キャロット427戦57勝13.2%
サンデー422戦60勝14.2%

驚いたのはレース数よりも勝率・勝利数だ。サンデーキャロットともに明確に上向いていることがわかる。馬の質が急激に良くなったとはちょっと考えづらく、ここまで成績が向上しているということは、少なくとも育成・外厩の質は向上してると言えてしまいそう。今ちょうど天栄不信なので言いたくないんだけれど、何か明確に施策をしているのであれば、それは成功していると言わねばならない。なんてことだ……。

そういうわけで、社台サンデー2015年産募集の時期ですね。結果が出ている天栄を使う予定のサンデー関東馬(堀厩舎以外)に皆さん出資してみてはいかがでしょうか。キャロットの募集もあと3ヶ月もすればやってきますね。関東馬(堀厩舎以外)、関東馬(堀厩舎以外)ですよ皆さん。

現場からは以上です。

2016/05/29 (日) 今年のダービー回顧

[]2016年 第83回東京優駿日本ダービー) レース回顧

第83回 日本ダービー 結果 - JRAオフィシャル

「レベルの高い世代」と言われているだけあって、上位は本当に強かった。レース展開、位置取り、仕掛けどころ、1つのピースが噛み合うかどうかでいくらでも違う結果になりそうな今日のダービーは、本当に終わってほしくなかった。来週も、また次の週も「今年のダービーは何が勝つか?」という話をしていたかった。それほど魅力的なメンバーが揃った競馬の祭典については、ちゃんと自分の言葉でレース回顧を残しておこうと思って珍しくキーボードを執ってみている。

有力各馬の調教や当日の気配についてを中心に書いていこうと思う。

勝ち馬マカヒキは本当に素晴らしかった。最終追いきりは坂路コースで、まったくブレずに真一文字に足並みも綺麗に駆け上がる様は圧巻の一言。当日も馬体の見栄え自体はリオンディーズにやや見劣りするものの、後肢のパワーが変な方向に分散することなくしっかり前に伝わるパドックの気配。500kg前後のディープインパクト牡馬のほぼ理想形とも言えるバランスの良い体型に、仕上がりきった質の良い筋肉、そしてパドックから馬場入場まで堂々と落ち着ききった立ち居振る舞いは、チャレンジャーでありながら王者の風格を感じさせるものがあった。あとは、本当に川田騎手がどう乗るかであったが、残り200、その不安は杞憂であった。

2着のサトノダイヤモンド。最終追いきりは栗東のCWコースで、僚馬を置き去りにする好反応。皐月賞の時点では少し仕上がりが足りない気がしたものの、ここに来てピッチを上げて仕上ようという意図だったのだろうか。当日は想像通りの惚れ惚れする好馬体で出てきたものの、少し仕上がりが足りない気がした。マカヒキとは違って、サトノダイヤモンドの方が少し柔らかいというか、悪く言うとフニャっとした印象を受けた。きさらぎ賞当時の「まだきさらぎ賞で馬体はこれから仕上がっていく」という印象から、あまり変わってきていない印象で、キャリアを積むごとに「ダービー馬」へと近づいていったマカヒキには相対的に遅れを取っているように思えた。結果的に、サトノダイヤモンドはトップスピードの維持能力で最後また盛り返していったが、一瞬内を開けた隙にマカヒキ抜け出され機動性とトップスピードの差で写真判定スリット1枚分届かなかった。

3着のディーマジェスティ。当日の馬体重は同じディープインパクト産駒のマカヒキ502kg、サトノダイヤモンド500kgより少し軽い472kgで、前の2頭と比べても確かに多少コンパクトで引き締まった馬体。この辺りが皐月賞ではサトノ・マカヒキよりも功を奏したのか、ステイゴールド産駒的ないわゆる「回り脚の速さ」で出し抜けた印象を持った。馬券ディーマジェスティを避けるように買って馬連安目引いて盛大なトリガミになるほどパドックでの評価は「普通」だったし、追い切りもこのレベルにしては平凡だったと思う。それでも最後に前2頭を脅かすかのような末脚で突っ込んできたのだから500kgのディープ牡馬教だけが正義というわけではないということだし、純粋なトップスピードだけならこれくらいの馬体重のほうが乗りやすいのかもしれない。

5着のリオンディーズ。4着エアスピネルは都合により後回し。「サラブレッドとは走る芸術品である」という言葉が最も似合う馬。漆黒の馬体が好天で輝き、筋肉量、体型の美しさ、見栄えだけなら完全に他を圧倒していた。顔まで含めたトータルでは「馬体詐欺師」ことエイシンフラッシュには叶わないものの、その完成されたパーフェクトな仕上がりは「ザ・角居勝彦厩舎の馬」という感じの伝統工芸品のようなビジュアルであった。が、競うのはあくまでレース、競走。見栄えがそのままイコール競走能力ではないというのを、この馬は物語る。上がり最速で突っ込んできてはいるものの、ミルコ・デムーロの導きも噛み合わずに引っかかり通し、ダービーでついにエアスピネルに先着を許してしまう。

4着のエアスピネルは、リオンディーズの均整の取れた美術品のような馬体とは違い、少しゴテっとした筋肉をまとっての当日の気配だったものの、リオンディーズとの比較でムキッとして見えるものの、フラッとに見れば良く仕上がった好馬体であることには間違いはない。「生まれた年が悪かった」とはレース後の武豊騎手のコメントだが、どの年に生まれても何かにやられてそうな気はする決め手のなさは、好馬体ながらも爆発力を感じさせない印象由来なのだろうか。朝日杯での2着、弥生賞での3着とリオンディーズにやられ続け、皐月賞でも進路妨害を受け先着を許す(着順はエアスピネルに軍配)。ついにはダービーでも隣り合わせの着順となってしまい、この2頭は不思議な縁でもあるのだろうか。

6着のスマートオーディン。当日の馬体重は480kgながらも、お父さんのダノンシャンティを髣髴とさせるケンカしたら一番強そうな「ザ・松田国英厩舎の馬」的な馬体。毎日杯京都新聞杯と他の馬よりも詰めて使って来ている分もあってか、カリカリにチューンナップされている印象。だが、リオンディーズの項でも触れたが「競うのはあくまでレース」であり、ダービーはケンカの強い馬ナンバーワン決定戦ではない。最後外からよく伸びては来ていたものの、末脚は届かず6着までであった。キズナと同じ臨戦過程ではあったものの、キズナ毎日杯京都新聞杯は「ダービー馬だ!」という印象のパフォーマンスであり、正直スマートオーディンの場合は偉大なるダービー馬様と比べるとやはりどうしても見劣りする毎日杯京都新聞杯のそれではあった。その分届かず。

今年のダービーは終わってしまったけれど、また来年のダービーに向けて次の土日から2歳の新馬戦が始まる。来年のダービーでは、またどんな名勝負・ドラマが見られるのか。

さて、また来年のダービーが終わるまで、楽しみで死ねなくなってしまった。