ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

講義日誌 yasuyuki shinkai 明治学院大学文学部フランス文学科 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018年4月18日(水)

[]サバティカル 10:50 サバティカルを含むブックマーク

2018年度、慎改は特別研究年(サバティカル)のため、授業の担当はありません。その間、この「講義日誌」には、主に研究にかかわること(出版や研究発表など)を不定期的に掲載していきます。

なお2019年度からは通常どおり、学部のゼミや語学、大学院のゼミを担当する予定です。

2018年3月9日(金)

[]朝日新聞 06:09 朝日新聞を含むブックマーク

本日の朝日新聞朝刊にて、フーコー『性の歴史』第四巻『肉の告白』がとり上げられました。「ジェンダー研究史」に関する話題の一部として、記事の後半に置かれています。

https://digital.asahi.com/articles/photo/AS20180309000198.html

2018年2月23日(金) 『性の歴史』第四巻『肉の告白』概要

[]ミシェル・フーコー『性の歴史』第四巻『肉の告白』概要 10:22 ミシェル・フーコー『性の歴史』第四巻『肉の告白』概要を含むブックマーク

先日フランスにて、ミシェル・フーコー『性の歴史』第4巻『肉の告白』が出版されました。その構成および内容を日本語で簡単に紹介しましたので、よかったらご覧ください。

ミシェル・フーコー『性の歴史』第四巻『肉の告白』概要


※ 誤字や体裁など細かい点について修正を施しました(2月26日)。

※ 引用箇所(一箇所)を訂正しました(修正前:「意志的なものそれ自身の無意志的なもの」→修正後:「意志それ自身の無意識的なもの」。原語では "l'involontaire de la volonté elle-même")(2月28日)。

2017年12月15日(金)

[]フーコー(1) 06:33 フーコー(1)を含むブックマーク

フーコーの第一回目。今日は『監獄の誕生』から、「規律権力」にとっての「試験」の重要性に関して述べられた箇所を紹介しました。できるだけ具体的な例を出して説明したつもりですが、どうだったでしょうか。

[]レジオン・ドヌール(2) 06:33 レジオン・ドヌール(2)を含むブックマーク

第11課を終了し、後期の試験範囲を無事終えることができました。試験対策プリントを参考にして、しっかり復習しておいてください。

[]第13課(1) 06:33 第13課(1)を含むブックマーク

単純過去と前過去を終えて、直接話法と間接話法の時制の一致まで進みました。次回でいよいよ教科書をすべて終了することができそうです。

2017年12月11日(月)

[]卒論発表&フランス語レジュメの書き方 16:05 卒論発表&フランス語レジュメの書き方を含むブックマーク

本日はサドについての発表をやってもらった後で、フランス語レジュメの書き方について説明しました。レジュメはとにかく、簡単な表現を使って通じるフランス語を書くことを第一に考えてください。

[]刑罰制度と告白 16:05 刑罰制度と告白を含むブックマーク

先日質問の出たカントの道徳法則に関して簡略に回答した後、テクスト講読は11ページ7行目まで。このあたりは『監獄の誕生』やコレージュ講義の内容にかかわるので、時間があったら詳しく説明するつもりです。

[]Mané, Thécel, Pharès (3) 16:05 Mané, Thécel, Pharès (3)を含むブックマーク

前回仏作文の正解から。

Il n'y a guère d'homme assez habile pour connaître tout le mal qu'il fait.

今回課題はこちら。

「若さは持続的な酩酊である。それは理性の熱病なのだ。」

テクストは136ページの下から2行目まで読了。次回は次のテクストへと進みます。

2017年12月8日(金)

[]サルトル(2) 05:10 サルトル(2)を含むブックマーク

サルトルの第2回目は「実存は本質に先立つ」ということについて。「自由の刑」よりも受け入れやすかったのではないかと思います。

[]レジオン・ドヌール(1) 05:10 レジオン・ドヌール(1)を含むブックマーク

第11課を19行目まで読了。来週には試験範囲を終えられそうです。

[]第12課(2) 05:10 第12課(2)を含むブックマーク

第12課をEn plusまで終了。次回でできるだけ進めて、教科書が終わったら復習の時間にあてたいと思います。

2017年12月4日(月)

[]卒論発表(5) 09:29 卒論発表(5)を含むブックマーク

本日の発表は、マリー=アントワネット、シャネル、カミュ、ベルクソンについて。もう締め切りまであと1ヶ月と迫ってきたので、まずは文字数クリアを第一目標に書き進めることが必要です!

[]真理陳述をめぐる批判哲学 09:29 真理陳述をめぐる批判哲学を含むブックマーク

10ページ14行目まで読了。カントのコペルニクス的転回を簡単に解説したところ、道徳の問題に関しても質問が出たので、来週説明することにします。

[]Mané, Thécel, Pharès (2) 09:29 Mané, Thécel, Pharès (2) を含むブックマーク

仏作文前回課題の正解はこちら。

La petitesse de l'esprit fait l'opiniâtreté; et nous ne croyons pas aisément ce qui est au-delà de ce que nous voyons.

今回課題はこちらです。

「自分がしている悪の全体を知りつくすほど抜け目のない人間はめったにいない。」

テクストは135ページ下から11行目まで終了。残り3回で読めるだけ読もうと思います。

2017年12月1日(金)

[]サルトル(1) 15:39 サルトル(1)を含むブックマーク

本日よりサルトル。「人間は自由の刑に処せられている」という記述について発表してもらいました。実存主義に賛同できるかどうかは別として、具体的なイメージを持つことはできたのではないかと思います。

[]主日の安息(2) 15:39 主日の安息(2)を含むブックマーク

32ページExercices?の(1)まで終了。次回は残りをやって、第11課レジオン・ドヌールへと進みます。

[]第12課(1) 15:39 第12課(1)を含むブックマーク

本日は第12課の接続法現在まで終了。この調子なら、なんとか年内に教科書を最後まで終われそうです。

2017年11月27日(月)

[]卒論発表(4) 10:02 卒論発表(4)を含むブックマーク

今回は、ファッション、イスラーム、アイドル、実存主義、恋愛論について。いつもながらバラエティに富んだ発表でした。

[]告白と哲学 10:02 告白と哲学を含むブックマーク

9ページ12行目まで読了。批判哲学や超越論的主体の問題が出てきたのでちょっととっつきにくかったのではないかと思います。来週、カント哲学について簡単に説明する予定です。

[]Mané, Thécel, Pharès (1) 10:02 Mané, Thécel, Pharès (1)を含むブックマーク

仏作文前回課題の正解はこちら。

Le plaisir de l'amour est d'aimer; et l'on est plus heureux par la passion que l'on a que par celle que l'on donne.

今回課題はこちらです。

「精神の小ささは頑迷さをもたらす。そして我々は、自分の理解を超えるものを容易には信じない。」

討論の続きをやって、途中のあらすじを簡単に紹介した後、『バルタザール』の謎がいよいよ解き明かされる場面へ。134行目下から12行目まで進みました。

2017年11月24日(金)

[]ベルクソン(2) 15:47 ベルクソン(2)を含むブックマーク

『物質と記憶』のなかの二種類の記憶に関する一節を紹介。二種類の時間の話と同様、日常的な経験から理解できる箇所だと思うんだけど、言い回しがちょっとわかりにくかったかもしれませんね。

[]主日の安息(1) 15:47 主日の安息(1)を含むブックマーク

第8課を18行目まで終了。次回は練習問題まで進みます。

[]第11課(2) 15:47 第11課(2)を含むブックマーク

第11課をen plusまで終了。次回は第12課です。