ふつうの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-09-07 Solaris 10をインストールしてみた

aminosaibo2005-09-07

ログインシェルの変更 ログインシェルの変更を含むブックマーク

Solarisは初期状態でシェルshになっている。tabキーによる補間が使えなくて不便なので、Linuxで標準のBashに変更する。

# bash

これで、bashになる。始めっからbashにしたいので、chshでログインシェルを変更しようと思ったが、入ってないようだ。passwd -e で変更できるみたいだ。

# passwd -e
古いシェル: /sbin/sh
新しいシェル: /bin/bash
passwd: root のパスワード情報が変更されました

サービス再起動とか サービスの再起動とかを含むブックマーク

同じUnixOSだけど、Linuxとは結構違う。とりあえず、sshで接続できるようにしてみる。

やってはいけないと思うが、sshrootログインできるようにしてみた。

# vi /etc/ssh/sshd_config

PermitRootLogin yes

この後、Linuxだと、

# /etc/rc.d/init.d/sshd restart

# service sshd restart

などでサービス再起動するが、Solarisは、

# svcadm restart ssh

すべてのサービスを確認するには、

# svcs -a

サービスの状態を確認するには、

# svcs -x ssh
svc:/network/ssh:default (SSH server)
 状態: 2005年09月07日 (水) 16時02分42秒 以降onlineです
   参照: sshd(1M)
   参照: /var/svc/log/network-ssh:default.log
影響: ありません。

だが、従来の起動スクリプトも、

 /etc/init.d/
 /lib/svc/method/

等にあるみたいだ。

shutdownの仕方 shutdownの仕方を含むブックマーク

shutdownのやり方もLinuxと違う。

Linuxだと、

# shutdown -h now

だが、Solarisは、

# shutdown -y -i 0 -g 0 

だ。

-yで問い合わせをすべてyesとし、-iでinitステータス(Linuxにおけるランレベル)を0にし、-gで実行までの時間を0秒にする。

解像度の変更 解像度の変更を含むブックマーク

640*480で起動して、それ以外に変更できない場合。コンソールでログインして、

# kdmconfig

"Xsun server"

を選択。

Change Video Device/Monitor

を選択。適当に設定して再起動する。あと、キーボードがUSになっている場合はJP106にする。

VMwareインストールして気づいたこと VMwareにインストールして気づいたことを含むブックマーク

  • メモリは256MB以上にしないとインストールでXが起動しない。スワップが発生してすごく遅い。
  • 仮想ハードディスクは10GBくらい
  • ネームサービスはなしにチェック
  • 地域はアジアを選択
  • 製品の選択はSolaris Software Companion CDにチェック
  • 追加製品の指定はなしにチェック
  • 再起動後、NFS version 4 domain nameがどうたらこうたらと出るが、noと入力してEnter。しばらくするとXが起動する。

昨日のドォーモなぞなぞの答え 昨日のドォーモなぞなぞの答えを含むブックマーク

  1. 副操縦士(服装重視)
  2. つばめ(スワロウ)
  3. 外交官(「が」「い」交換)
  4. 腹(腹が立つ)
  5. すすき(す、好き)
  6. 手探り
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aminosaibo/20050907