Hatena::ブログ(Diary)

編む夢日記

2016-09-20 外国人の人権無視を許さない! SYI法務省前抗議行動&申し入れ

SYIによる法務省行動です。

みなさん、ご参加を。

==========================

外国人の人権無視を許さない! SYI法務省前抗議行動&申し入れ

とき  2016年10月7日(金) 16:30〜18:00

ばしょ 法務省(東京都千代田区霞が関1-1-1) 正面玄関前(日比谷公園がわ)

よびかけ SYI(収容者友人有志一同) http://pinkydra.exblog.jp

    freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318


昨年、シリアの難民問題が世界的なニュースとなり、日本でも難民の受け入れが議論されました。

しかし忘れられがちなことですが、日本にも難民はすでに来ています。

また近年、将来的に減っていく日本の人口を移民で埋め合わせよう、という議論も起きています。

しかし忘れられがちなことですが、日本にも移民はすでに数多く定着しています。

ところが法務省入国管理局は、こうした人々の多くを、

不法入国者」「不法滞在者」「にせ難民」などとみなして、自由と権利を奪っています。


以下のような入国管理局の人権侵害に、わたしたちは反対します。

1. 収容に反対!

入管の収容施設は、法的地位を認められない外国人を、

裁判なしに、無期限に閉じ込め、刑務所と同じやりかたで自由を奪います。

収容者の多くは、拘禁ストレスや持病により、心身の健康を悪化させていきます。

ところが入管施設は、まともな医療を収容者に提供しません。

そのせいで、収容施設での病死や自殺が、これまでになんども起きています。

収容を解かれたあとに、健康状態が回復せずに亡くなる人もいます。

収容者の抗議行動もしばしば起きています。

入管収容は、外国人の自由と生存権にたいする侵害です。


2. 強制送還に反対!

法的地位を認められない難民や移民に、入管は強制退去を命じます。

多くの人は、自費の出国に同意するまで、収容施設に閉じ込められつづけます。

それでも出国できない人は、入管職員が大人数でとりおさえ、むりやり飛行機にのせます。

最近では、チャーター便による大規模な強制送還もおこなわれています。

送還された人々のなかには、人生の大半を日本でくらし「帰国」先の言葉すら話せない人もいます。

送還中に職員の制圧によって亡くなってしまった方もいます(国家賠償訴訟中)。

強制送還もまた、人の自由と生存権を脅かす行為なのです。


3. ビザ(在留資格)のない難民・移民の放置に反対!

難民として入国した人々の大半は、数年以上におよぶ審査手続のあいだ、

ひじょうに不安定な在留資格しか与えられません。

しかも99パーセントに近い数が、難民申請を却下され、ビザを奪われてしまいます。

このきわめて低い認定率は、日本政府の認定基準や手続に問題があるせいです。

他方で、非正規滞在またはビザを取り消された移民のなかにも、

出国できない理由がある人、帰る場所がない人は、とても多くいます。

こうした人々はビザのないままに放置され、

ほとんどの権利や公的サービス(住民登録や健康保険など)から排除されています。

難民や移民にたいして在留資格を認めないことじたいが、人権の否定なのです。


こうした数々の人権無視をいますぐやめるよう、

わたしたちは上記の日程で法務省への抗議・申し入れを行います。

ぜひご参加を!

2016-09-10 古民家でお話ししました

昨日、古民家カフェで15分ほどですが、難民問題についてお話しさせていただきました。

最初に私が

「日本に難民がいることをご存知の方はいますか」

と質問したところ、手を挙げたのは2人くらいでした。

ちょっとショックというか

こんなにも知名度が低い・・・と、自分は今まで何やってたのだろうと

反省が沸き上がりました。

ただ、関心の高い人ばかりだったので、話した後に

「難民の事、今まで知りませんでした、貴重な話が聞けました」

など、感想をいただきました。

まったく知らなかった人にお話しするのはかえって

良い機会だったのかもしれません。

今度、自分のイベントでお話しませんか?

というお話もいただいたので、とても嬉しいです。

もうちっと、この問題の知名度あげていかんとなーと気持ちを新たに?

の私であります。

ZauberbergZauberberg 2016/09/11 16:43 古民家でお話をうかがったものです。実は私、ずいぶん前に中東から来た同性愛男性の難民認定のための支援団体にしばらくカンパをして、ニュースレターもらっていました。結果的には、確か、第三国に出国できたのだと思います。それから日本の入管行政がまったく改善していないことを考えると、いやになってしまいますよね。日本人難民のお話も興味深かったです。みんな、そうして自分も難民の立場になるかもしれない、と考えたりしないのが一番いけないことですね。また少しずつアクションを起こそうかしら、と思わせられました。ありがとうございました。

ammamm 2016/09/20 21:47 お話を聞いていただいてありがとうございます。関心を持ってくださる方がいてとても嬉しいです。

2016-08-28 古民家で高江の話をしませんか 9月9日(金)

メインは高江のお話ですが、私も難民問題の話を少しだけ、お話しさせていただけることになりました。

少しでも、とてもありがたいです。

お声をかけてくださった主催者さまに感謝です。

クルドのオヤ(アクセサリー)も持っていきます。

買っていただけると嬉しいです。

みなさま、ぜひいらしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

古民家で高江の話をしませんか

9月9日(金)18:30〜20:30

シェアサロン古民家asagoro

(中野区若宮3-52-5)

参加費500円

今高江で起きている事をONELOVE高江のメンバーさんにお話ししていただきます

https://twitter.com/yoshikonatu/status/763742103826419713

2016-07-03 くるどっこと上野動物園

f:id:amm:20160703114013j:image

くるどっこ11名+わが娘を連れて、上野動物園に行ってきました。

大人4人が引率しましたが、まあみんな好き勝手の方向に行くので大変だし、炎天下だし・・・。

おなかすいたー、お菓子ー、と要望を聞くともうきりがない。

結構がっつり動物を見て回りました。

もう疲れたとしか言いようがない。

くるどっこたち、一番ヤギとニワトリにテンション上がっていました。

さわれるのもあったし、クルドを思い出すみたい。

楽しんでもらえてよかったけどね、もうひたすら疲れた・・・・。

2016-06-21 見送り

f:id:amm:20160621235345j:image

政治犯としての罪を着せられ、日本へ難民して15年目。

やっと無実が証明され、晴れて母国に帰ることができる。

羽田へ友人の見送りに行ってきました。

突然のお別れでびっくりですが、新しい門出を祝う事ができて良かった。

日本で難民として認められず、収容もされ、働く事も出来ず苦しい15年でした。

後1〜2年帰れなかったら、頭がおかしくなってた。帰れてうれしい。

母国に帰ったら難民支援のNGOをそのうちやりたいと言っていた。

彼が、入管に帰ることを伝えると、職員はニヤニヤ。

なに?嬉しいの?と聞くと。

「そりゃ、そうさ」

人でなしめ。

さらに

「また遊びにおいでね」

と、彼をからかった。

下衆すぎる、本当に入管は許せない。

母国に戻り、失った15年を取り戻してほしい。

口で言うのは簡単だけど、彼は本当に強く耐え抜いてきた。

幸せになってほしい。

結婚するときは、そっちまで行くと約束した。

2016-06-20 今日は世界難民の日

6月20日は世界難民の日だよ。

f:id:amm:20160620213911j:image

2016-06-18 たこくせき☆交流会

世界難民の日企画 たこくせき☆交流会、無事終了しました。

過去の世界難民の日企画の映像を流したり、難民のかたの歌や踊り。

当事者のスピーチはやっぱり心に響きます。

毎度ですが、くるどっこ演劇もやりました。

練習した甲斐もあり、なかなか良い出来だったと思います。

演劇も今年で5年目、いくつの台本をつくったことやら。

今年は、わが娘も演劇メンバーに加わってしまいました。

みなさん、楽しんでいただけただろうか・・・。

意義のあるイベントに出来ただろうか・・・?

気になるところは山ほどありますが

くるどっこたちが全力で楽しんでいたのは間違いないようです。

駱 2016/08/12 11:33 永年微力ながら難民を支援してきたが赤羽駅で起こした2人の事件はかなりショックだったしけして許すことができない。被害者はもちろんだが彼らの同胞たちにもに与えた悲しみは計り知れない。

2016-05-26 【告知】世界難民の日関西集会2016

大阪では世界難民の日関西集会があります。

私も一度は行ってみたいとおもいながら、なかなか都合がつきません。

関西のほうで行ける方は是非こちらに。

東京はもちろん世界難民の日企画たこくせき☆交流会6.18をよろしくです。


 2016年6月26(日) 13:30〜16:30

  大阪市立住まい情報センター 3F ホール

   アクセス

     大阪市北区天神橋6丁目4-20  TEL. 06-6242-1160

【集会内容】

  *主旨説明 日本の難民の現状 実行委員会より

  *講演 「ようこそと言えるように!」 難民ナウ 宗田勝也氏

  *基調講演 「大難民時代と日本の在り方」

          難民支援協会(JAR)常任理事 なんみんフォーラム(FRJ)副代表 石井宏明氏

  *難民からの声

  *難民裁判事例報告 「国際基準の難民裁判を!」

           アフガニスタン難民不認定取り消し訴訟Rさん担当弁護士 仲 晃生氏 ほか

  *写真展、NGO紹介ブースなど

  ※ 当日の様子はUstreamにて中継! (難民ナウ!TV)

★ 賛同・ご協力のお願い

    賛同・チラシ配布・当日のブース出展・当日ボランティア募集など

    難民のことを知り、考え、行動するチャンスを提示しています。

    ぜひ、ご協力下さい。

★ 過去10年の集会

   2006年から在日難民の状況を知ってもらおう、一緒に行動しようと取り組んでいます。

   Webでは1年ごとHPを作っています。ぜひ、参考にして下さい。


大阪では世界難民の日関西集会があります。

私も一度は行ってみたいとおもいながら、なかなか都合がつきません。

関西のほうで行ける方は是非こちらに。

東京はもちろん世界難民の日企画たこくせき☆交流会6.18をよろしくです。


 2016年6月26(日) 13:30〜16:30

  大阪市立住まい情報センター 3F ホール

   アクセス

     大阪市北区天神橋6丁目4-20  TEL. 06-6242-1160

【集会内容】

  *主旨説明 日本の難民の現状 実行委員会より

  *講演 「ようこそと言えるように!」 難民ナウ 宗田勝也氏

  *基調講演 「大難民時代と日本の在り方」

          難民支援協会(JAR)常任理事 なんみんフォーラム(FRJ)副代表 石井宏明氏

  *難民からの声

  *難民裁判事例報告 「国際基準の難民裁判を!」

           アフガニスタン難民不認定取り消し訴訟Rさん担当弁護士 仲 晃生氏 ほか

  *写真展、NGO紹介ブースなど

  ※ 当日の様子はUstreamにて中継! (難民ナウ!TV)

★ 賛同・ご協力のお願い

    賛同・チラシ配布・当日のブース出展・当日ボランティア募集など

    難民のことを知り、考え、行動するチャンスを提示しています。

    ぜひ、ご協力下さい。

★ 過去10年の集会

   2006年から在日難民の状況を知ってもらおう、一緒に行動しようと取り組んでいます。

   Webでは1年ごとHPを作っています。ぜひ、参考にして下さい。

2016-05-13 チラシ

チラシができたようです。

f:id:amm:20160514005801j:image

2016-05-11 Multicultural Mixer for World Refugee Day 2016

Multicultural Mixer for World Refugee Day 2016

-- In Dreaming of a Conviviality World --


13:00, 18 June 2016

You-I Hall in Waseda Hoshien

Address: Nishi-Waseda 2-3-1, Shinjuku, Tokyo

Access: 20 minute walk from JR Takadanobaba Sta. or 5 minute walk from Metro Waseda Sta.

Map: http://www.hoshien.or.jp/images/map/map_150406.jpg

No Entry Fee


World Refugee Day, 20 June every year, is coming soon.

The number of refugees of the world is drastically increasing today.

Japan is also the place where refugees stay, but since the government refuses to recognize most of them, they are forced to survive with hardly any legal protection of their rights.

What we need to do is to to find a way to live with refugees in equality and solidarity.

For this purpose, we will have a mixer this day.

Let's have fun in multicultural atmosphere!


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)

http://pinkydra.exblog.jp

freeimmigrants@yahoo.co.jp

080-8844-7318