Hatena::ブログ(Diary)

狐に背中を飛び越されまして このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-30

Opera でバックアップしておいた方がいいファイル (operaprefs.ini からパスを指定できるファイル)

| 10:53 |  Opera でバックアップしておいた方がいいファイル (operaprefs.ini からパスを指定できるファイル)を含むブックマーク

時々、Opera の設定をクリアにして再度インストールすることがあるけど、その時、Content Blocking や 上記の override.ini などは大切な資産なんで残して再利用したいもの。

また、設定によっては、指定した場所にあるファイルを読みにいくようにすることもできるので、設定をきちんとすれば管理も楽になる。

おいらはドライブを別にして、特定のファイルのみを指定しています。これなら OS ごと入れ変えても大丈夫。

絶対バックアップしておいた方がいいもの

万人に共通するもの。

Hot List File Ver2 (bookmarks.adr, opera6.adr)

opera:config#UserPrefs|HotListFileVer2

ブックマークのこと。お気に入り。

まあ、基本と申しますか。ブックマークの整理画面でファイルへの書き出しもできる。

Overrides File (override.ini)

opera:config#UserPrefs|OverridesFile

今回、上のエントリーで説明したサイトごとの設定をまとめたもの。

必要性は説明の通りなので、必要と思ったら。

URL Filter File (urlfilter.ini)

opera:config#Network|URLFilterFile

Content Blocking の設定まとめたもの。

これもちまちま一から構築するのは大変なので。

Wand Storage File (wand.dat)

opera:config#UserPrefs|WandStorageFile

パスワードの設定。

これも吹っ飛ばすとあとで面倒。

search.ini

設定で指定したパスにすることはできないけど、これもバックアップした方が後が楽なはず。

なんでこれだけ設定できないか不思議。

多くの人がバックアップした方がいいもの

人によっては滅茶苦茶改造させられているファイル。

Keyboard Configuration (standard_keyboard.ini)

opera:config#UserPrefs|KeyboardConfiguration

キーボードショートカットの設定。

id:edvakf様の設定は凄まじいと御聞きしていますが、これも人によってはバックアップが必要なくらい改造されているのが多いファイル。

おいらのは、元の "standard_keyboard.ini" が 約24KB だったのに対して、1750Byte と肉どころか骨も削るようなダイエットに成功しましたが、元気に動いています。困ることはないです。ただ、おいらにしか使えそうにない設定です。

Toolbar Configuration (standard_toolbar.ini)

opera:config#UserPrefs|ToolbarConfiguration

Opera の外観を設定したファイル。使い易さに直結するので、バックアップは取っておいたほうがいい。

元ファイルは 33KB に対して、おいらのは 1300Byte ほど。因みに、たった今 1KB 切って 915Byte になった。

Menu Configuration (standard_menu.ini)

opera:config#UserPrefs|MenuConfiguration

メニューからポップアップメニューまで、メニューという名前がつく全ての設定のファイル。

おいらのように独自ポップアップなどを作成したり、右クリックメニューを弄っている方も多いので、要バックアップな方は多いはず。

ただ、Opera Unite など新機能によってメニューが追加されたり、それでなくてもちょくちょく変わっていることがあるので注意が必要。

Mouse Configuration (standard_mouse.ini)

opera:config#UserPrefs|MouseConfiguration

マウスジェスチャの設定。マウス派の人のはすごそうです。

おいらのは元が 1318Byte に対し、401Byte。6行 だけ。

Skin Directory (スキンのファイル)

opera:config#UserPrefs|SkinDirectory

スキンのファイルを全てまとめたフォルダ。

スキンくらいなら消しても問題ないかもしれないが、ファイルに独自にアイコンを埋め込んだり (http://d.hatena.ne.jp/ampll/20090706/1246902906 ) していたりすると、ちょっと寂しい気分になる。

なお、スキンそのものの指定は "Button Set" (opera:config#UserPrefs|ButtonSet) で。前回の記事の通り、iniファイル そのものの指定でも可能。

人によってはバックアップした方がいいもの

お好みで。

Speed Dial File (speeddial.ini)

opera:config#UserPrefs|SpeedDialFile

Speed Dial の。

おいらはオフなんで。

Windows Storage File (autosave.win)

opera:config#UserPrefs|WindowsStorageFile

前回の Opera 終了時のタブの復元などの情報をまとめたもの。

大量にタブを開いたまま再インストールした際は嬉しい。

Dialog Configuration (dialog.ini)

opera:config#UserPrefs|DialogConfiguration

全ダイアログの設定。

しかし仕様が全く分からないため、弄る人もいないし、あえてバックアップする必要もないだろう。

もうとりあえず全部のディレクトリとファイルをバックアップしたいよ

  • Opera Directory: opera:config#UserPrefs|OperaDirectory
  • Opera Local Directory: opera:config#UserPrefs|OperaLocalDirectory

この二つを丸っと適当な場所にバックアップして、フルパスを指定しておけば全部の設定が引き継がれるはず。

まとめ

search.ini のパスの指定の設定ができるようになって欲しい。