おもてなしの空間 このページをアンテナに追加 RSSフィード





このページの情報が多少なりとお役に立てれば、相応の寄付を頂けますと励みになります。 ソフトウエアの改訂や機能追加などのご依頼があれば、寄付をはずんでいただけますと、その気になるかもしれません。(無保証です)
寄付のお願い
メッセージ

2005年04月22日(金)

[]cdrecord-ProDVD

忘れたことに作業する必要があり、毎回忘れて困るのでメモ、と思ったのだが、思わぬ泥沼にハマってしまった。

	$ cdrecord-wrapper.sh -scanbus			# SCCIなデバイスの検索

	# ↓のように出力されるから、デバイスは dev=0,0,0 と指定すればいいことが分る
	scsibus0:
        	0,0,0     0) 'HL-DT-ST' 'DVDRAM GSA-4163B' 'A100' Removable CD-ROM

	$ cdrecord-wrapper.sh -scanbus dev=ATAPI	# ATAPI なデバイスの検索
							# dev=ATAPI:1,1,0 とかする

	$ dvdbackup -n"work" -M -i /dev/sr0 -o .;\
	  mkisofs -R -r -dvd-video -input-charset euc-jp  -o ../image.iso work; \
          cdrecord-wrapper.sh -sao -v dev=1,0,0  driveropts=burnfree ../image.iso ;\
	  rm -r work ../image.iso

ウチの環境では、TAO(Track At Onece)モードが使えない?前は使えたのにおかしい

cdrecord-ProDVD は、2.6.8-1 以降のカーネルでは カーネルバグの為に suid root しても一般ユーザでは書き込めない。 sudo するか ide-scsi を使う必要がある。

/tmp に tmpfs を使用している場合は、/tmpに中間ファイルを置くと、当然 DVD イメージメモリを圧迫することになる、ということを忘れてはならない。

僕は↓のような alias で使っている。
この作業には、当然のことながら DVD容量の2倍以上のディスク容量が必要になる。ウチの環境では片面単層一杯の複製に50分弱、但しかなりの部分がディスクIOであるので高速なディスクをお使いの方はもっと早いだろう。

alias mydvdcopy='cd ~/work/video/dvdbackup;dvdbackup -n"work" -M -i /dev/sr0 -o .;mkisofs -R -r -dvd-video -input-charset euc-jp -o ../image.iso work;cdrecord-wrapper.sh -sao -v dev=1,0,0 driveropts=burnfree ../image.iso ;rm -r work ../image.iso;cd -'


    • DVDの複製(省ディスクスペースだが低速なのでお話にならない、参考程度に)
	$ dvdbackup -n"Title" -M -i /dev/sr0 -o .
	$ mkisofs -R -q -print-size # ↓はここの出力が 2229229 だった場合
	$ mkisofs -R -r -dvd-video -input-charset euc-jp  work | \
	  cdrecord-wrapper.sh -sao -v dev=1,0,0  - tsize=2229229s \
	  driveropts=burnfree 
	$ rm -r Title

こうすると安全第一で一倍速になっちゃう。で、speed指定しても無駄

	$ mkisofs -R -r -udf -input-charset euc-jp  -o ../image.iso . ;\
          dvdrecord -sao -v dev=0,0,0  driveropts=burnfree ../image.iso;\
	  rm ../image

	$ cdrecord-wrapper.sh -dao  blank=fast -v dev=1,0,0	#TOCだけ消去
	$ cdrecord-wrapper.sh -dao  blank=all -v dev=1,0,0	#必要ないけど全消去 

-dao オプションを付けないと、次の書き込みが追記になってしまうことに注意。

これも同様に、ローカル環境専用に alias を作っておく。

alias mydvderase='cdrecord-wrapper.sh -dao blank=fast -v dev=1,0,0'

  • 評価
    • mkisofs の出力をパイプで渡す場合一倍速で動作するので遅くってやってられない。
      ディスクスペースを喰うけど、中間ISOイメージを書き出した方がいい
    • いつの間には TAOモードが使えなくなっている。マルチセッションで書けないのか。
    • 余談だが、知らぬ間に、dvdbackup が劇的に高速化されている。
      半年前は CPUを目一杯使って、一枚の 片面単層DVD を処理するのに、3時間程度を要したが、同じマシン(AthlonMP 2500+)で20分程度で済む。それも殆どが DiskI/Oの待ち時間だ。
      ウチは静音化のため、シーケンシャル書き込み4MBPS 程度のとてつもなく遅い Disk を使っているけれど、早いディスクに換装すると、数分で済むだろう。

ATAPIDVDライタへの書き込みが、一般ユーザから出来ない件は カーネルバージョン 2.6.8-1で出現したバグらしい。ide-scsi 経由にすれば解決する。
リヌスと cdrecord メンテナの諍いを聞いて、よく分らずに ide-scsi を捨てた僕は愚かだった。
現状では DVD ライタを使うのには、まだ、ide-scsi 経由のほうがよろしいようである。という訳で、リヌスに盲従するばかりでは駄目という教訓。

[]dvd+rw-tool

上述の cdrecord-ProDVD をちゃんと動かすのに苦労したので、一旦断念した折に、/usr/share/doc/cdrecord/README.DVD.Debian に cdrecord-ProDVD の次にリストアップされている dvd+rw-tool浮気を試みた。

まずは、file:///usr/share/doc/dvd+rw-tools/index.html を読むのだが、このドキュメントの出来が悪いというか酷い。言語明瞭意味不明瞭のお手本みたい。大体ドキュメント下手な奴はプログラム上手い訳ないので不安を感じる。

  • dvd+rw-toolsの使い方
    • ビデオDVDのISOイメージを焼く
      • $ growisofs -dvd-compat -Z /dev/hdd=image.iso
    • 最初のセッションを焼く
      サイズ超過の場合、しっかりディスクを駄目にしてから書けないことを教えてくれるので注意
      • $ growisofs -Z /dev/hdd -R -J /some/files (20050508 追記これだとISO9660になる)
      • $ growisofs -udf -Z /dev/hdd -R -J /some/files (20050508 追記 これだとudfになる)
    • 追記する(20050808追記 追記についてはDVD-Rへの追記の項にて詳述)
      • $ growisofs -M /dev/hdd -R -J /some/files
    • DVD+RWの消去
      通常は、特に blanking の操作は必要なく普通に上書きすればよい。データを跡形なく抹消する場合は↓のようにする。
      • $ growisofs -Z /dev/dvd=/dev/zero

man に -R オプションや -J オプション意味が書かれていないのに、極めてよく使うだろう例に出てくる処なんかは、神経を逆撫でられるようだ。僕には向いていない。(20050508 追記 これらは、mkisofs のオプションである。ちゃんと man にも書いてあったが、あんな書き方じゃ分らんのが普通。拙者はソースを読むまで分らなかった。これは冗談ではない。)

また、ウチで使っているようなメディアでは一倍速でしか動作してくれないのも難。
これじゃ使えん。

コンソールに表示されるログも、利用側からしたら無用に詳細なのもセンスの悪さを感じる。CUIプログラムは、人間が実行するもんじゃない、という発想なのかもしれんが、それもまた気分が悪い

こいつのGUIフロントエンドになっている k3b も見掛けがケバい上に kde なんで、僕の環境じゃコンソールに訳わかんないメッセージを大量に吐いてくれるんで嫌い。

frowisofs は、ATAPI でしか試していない、ide-scsi で動くかどうかは確認していない。

(20050508 なんかよう分らんけれど、ドライブを DVR-109に変えると、LG と違って性能低下もなく快調に動くようになったので、あっさりこっちに乗り換える。アプリドライブの相性ってあるのね)

[]dvdrecord

次は、dvdrecord 。

僕の環境では、最近のカーネルでは、3.5G以上のデータを書き込めないようだ。消去に使う分には問題なさそうなのでそこだけメモ。このツールも out of date ということ

      • $ dvdrecord -dao blank=fast -v dev=1,0,0 #TOCだけ消去
      • $ dvdrecord -dao blank=all -v dev=1,0,0 #全消去
      • $ dvdrecord -dao blank=fast -v dev=ATAPI:1,1,0 #ATAPIの場合

[]JFSは脆い?

シーケンシャルに大量なディスクの書き込み性能が高いのは jfs か xfs ということなので、ビデオデータを扱う作業領域はこれまでとりあえず何となく jfs にしていたが、上の作業で、DVD書き込みを C-c で中断という荒っぽい作業をやっていると、JFS が簡単に壊れてマウント不能な状態になる。
という訳で、XFS に乗り換えてみることにした。

ファイルシステム修復の手順

$ sudo umount <デバイス>

$ jfs_fsck -v -f <デバイス> # 修復

$ jfs_fsck -n <デバイス> # 修復後の検査

[]GSA4163Bの故障?

上記メモを書いている途中 grosisofs での書き込みの最中に C-c で実行を中断すると、システムフリーズした。再起動をかけると、次のような現象が確認された。

    • 実行中断時にリードしていたファイルを含む jfs なパーティションマウント不能
    • cdrecord-ProDVD では GSA4163Bへの書き込み開始時にフリーズ
    • cdrecord-ProDVD で DVD-RWブランクは正常に終了する
    • growisofs (ide-scsi)では、GSA4163Bへ書き込みを試みるとメディアがレコーダブルでない、と怒られる。
    • growisofs (ATAPI)では、 書き込み開始時点で1分程書き込めない状態が続いた後、書き込み動作が正常に進行した。



[http://d.hatena.ne.jp/amt/mobile/:barcode]
■--このページについて--■

○日記開設以来のページビュー::7473146
○書いた人::逸見研一(いつみけんいち)
○mail::itsumi @ gmail.com
↑の@を半角に変更

○Skype(Voicemail)::itsumiken
いつみのカレンダー
いつみの進行管理New!
いつみの掲示板New!
ラジオ英会話上級公開ノート近日再編成
このページへリンクしているページ
このページを参照しているページ

アクセスログ

■--今読んでるモノ--■


※過去に読んだもののメモは こちら

■--今書いているモノ--■

external-filter-el20061224 着手
※過去に書き散らかしたものは こちら

■--謹製ソフトウエア--■

cmd2ftp20070118 公開
mininova_get20070102 改訂
del2bk20061223 改訂
Up2PB20061223 改訂
conv-el20061006 改訂!
pirate_get20060912 公開!
hatenahelper-mode.el

■--ほかのページ--■

おもてなしの空間 為替編20080428 発進!
アフィリエイト研究20061018 発進!
借りやすい消費者金融New!
中国株投資の証券会社選びNew!
おいでやすWiki
いつみの思いつき
いつみの予定
いつみのオープンノート
使ってみた Firefox extension
はてなフォトライフ(シンボリックな画像の倉庫)
del.icio.us
flickr
Orkut
Mixi
Facebook(実名で検索するとヒットします)New!

<< 2005/04 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
■ 過去記事一覧 ■

■--お役立ち情報--■

html-helper-mode キーバインド
hatena-mode のキーバインド
はてな記法一覧
はてなダイアリー利用可能 html タグ

↓は、検索結果に、検索語に関連する広告が付いてくる検索窓です、面白いですよ

Google

. FLASH フラッシュ制作 携帯フラッシュ フラッシュゲーム