Hatena::ブログ(Diary)

ヘコー! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007年06月22日(金) このエントリーを含むブックマーク

扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル)

扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル)

 倒叙形式のミステリで結構面白かったです。血の通っていない登場人物ライトな会話のためスラスラ読めました。ロジックもきっちり積み上げていってるなぁと関心しましたが、如何せんキャラに魅力が全く感じられません。

くらのかみ (ミステリーランド)

くらのかみ (ミステリーランド)

 あまり印象に残りませんでした。期待ほどでもなく。

紅楼夢の殺人 (本格ミステリ・マスターズ)

紅楼夢の殺人 (本格ミステリ・マスターズ)

 世界の崩壊。とかいう文句が大好きなので読んでみました。最初は登場人物一覧を見たところで一度諦めたんですが、奮起し再読。

 これは、面白くない!

 世界の崩壊らしきシーンも、なるほどねぇそういうもんかぁ、といった感想にしか至らず衝撃も何もなかったです。これで衝撃を受けるのはミステリ中級者以上でしょう。慣れると言われた複雑な人間関係や登場人物も結局自分ん中でほとんど纏まりません。名前が似ているから容姿や性格と一致せんのだよ。とゆうわけで、高い評価を得ているようですがのめり込むことが最後まで出来ませんでした。海外ミステリの登場人物の名前に違和感を持つ人には確実に向かないでしょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/analjustice/20070622