ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ベルどうぶつクリニックのブログ とと太のつぶやき

★・・・ お知らせコーナー ・・・★


   10/29(日)臨時休診します。



注目のオゾン療法を導入しました!おためし体験価格540円です



ノミ・マダニの飲む予防薬がでました。フロントラインよりもききめが早いです

おかげさまで、当院は、14周年を迎えました。


当院のトリミング・シャンプーは 泥パックとマイクロバブルのシャワーヘッドと 重炭酸泉イオンシャンプーで洗っています!ぜひ、おためしください。

クレジットカードお支払いはVISA、マスター、DCのみ、1万円以上のお支払いに限定させていただいております。
ネット販売の動物ナビでは、 病院コード49404を入力してください。 2000円以上送料無料です

  ブログ、ほぼ毎日更新中!


お問い合わせアドレスは、
support@beru-petclinic.comまでお気軽にどうぞ

2017-10-20

マラセチアとは

マラセチアとは、皮膚や耳の表皮表面に定着している共生酵母菌です。
つまり、どの犬ももっています。ほかの犬からうつったとか、サロンでうつったとか、そういうものではありません。
アトピーの犬は、ほかの犬よりもマラセチア皮膚炎にかかりやすいといわれています(マラセチア特異的血清IgG、IgEが高い)


常在菌なのですが、菌がたくさん増えてしまって、マラセチア皮膚炎になります。

1)原因は

・湿度  むしむしした梅雨時は夏に多いです
・内分泌疾患がある
   甲状腺機能低下症、糖尿病など
アトピーなどで掻き壊したりして、ブドウ球菌(常在菌)が増えてしまった
免疫学的変化
   アレルギー、腫瘍
・遺伝的素因
   バセットハウンド、ウエステイー、アメリカンコッカなど

2)症状
  皮膚が赤くなったり(紅斑)、鱗屑(フケ)、脂漏(べたべたした皮膚)、痂皮(かさぶた)
 慢性的になると苔癬化し、黒くなる色素沈着

とにかく、痒いです

3)好発部位
 口唇、耳、鼠蹊部(おまたのところ)、首(頸部の腹側)、太もも(大腿部の内側)、肛門周囲、指の間
下顎のざ瘡、顔面皮膚炎

4)治療
抗菌剤クリーム
薬用シャンプー(クロルヘキシジン、セレン、ミコナゾール、酢酸、石灰硫黄など)
抗真菌剤の内服(慢性化したら、週1−3パルス投与など)

症状は消えても7-10日間は継続治療、だいたい4週間かかります。でも、再発しやすいです。


よく、ペットショップで売られている製品はどうなのかというおたずねがありますが、ショップ製品はつかったことがないし、また、犬猫用の製品ははっきりいって、玉石混交なので、
どうなんでしょうかねー
信頼できるメーカーを選ぶしかありません。動物用医薬品を選ぶことが一番です。それこそ、安全性試験をして、効果効能もはっきりしているからです。でも、薬には副作用というものがつきものですから、、

山中湖のワフのドックラン
f:id:anbeto:20170926141453j:image:w360
ドングリを食べると下痢嘔吐をおこしますので、
ご注意くださいね
f:id:anbeto:20170926125926j:image:w360

2017-10-19

ついにアドバンスメンバーに

たいしたことではないのですが、
昭和記念公園のセグウエイツアーに3回参加したので、
アドバンスメンバーになることができました。
何が違うちがうかというと

セットアップコースとは違ったオフロードを走れるそうです
楽しみです!!
夢はセグウエイツアー発祥の地の北海道十勝平野で思いっきりセグウエイすることです。エゾシカやキタキツネにも会えるそうです、、

来年の6月に、、行こうかなーって思っています。1泊2日で、、

アンデイくん
f:id:anbeto:20171019100110j:image:w360
ミデイくん
f:id:anbeto:20171013223856j:image:w360
ますます、ミニアンデイみたいになってきましたーー
性格は違いますが、、
ちょっと、すかした犬になってきました、、、

2017-10-16

特発性てんかん発作

昨日、麻生大学の夜のセミナー「てんかんの診断」にいってまいりました。近くで貴重な夜のセミナーは、本当にありがたいことです。
麻布大学の神経外科内科の齋藤先生の講義でした、。


特発性(脳に異常がない、原因不明)のてんかん発作というものがあります。犬では、全体の41-48%といわれています。
腫瘍は11-16%、脳炎10%、

では、特発性てんかんだと診断するには

1)MRI検査で脳の異常がないことを確認している
2)てんかん発作以外の異常がない
3)発作の初発年齢、生後半年から6か月齢から6歳

 つまり、シニアになってから、何度もてんかん発作がおきたとしたら、なにか原因があるはずなのです。

猫は特発性てんかん発作は、全体の2割くらいなので、年齢に関係なく、てんかん発作を繰り返すならば、詳しい検査が必要です。

f:id:anbeto:20171010100434j:image:w360

2017-10-15

散歩に行くから元気?

「食欲ないけれど、散歩にいくから、元気です、」、

と、おっしゃる方が多いですが、


皆さま、体調が悪くても好きなことはしますよね?
犬も同じです、熱があって、下痢して嘔吐しても、
散歩は喜んでいきます。。
それは、
自分のテリトリーの見回りですから、犬にとって楽しいことなのです。
いつもの食事を食べなくて、おやつだけ、食べる。
これも、具合が悪いのが推測できます。

散歩や、おやつ、ではなくて、
いつもの食事をいつもどうり食べる、食欲が元気のバロメーターです。
食べてなんぼ、、、、なんですよねえー


f:id:anbeto:20171010110544j:image:w360

2017-10-14

てんかん発作の診断の決め手

昨日、麻生大学の夜のセミナー「てんかんの診断」にいってまいりました。近くで貴重な夜のセミナーは、本当にありがたいことです。
麻布大学の神経外科内科の齋藤先生の講義でした、。


そのなかで

てんかん発作かどうかの診断は
MRIの画像診断でわからない。
MRIはあくまで、脳の病気や奇形を調べるもので、てんかん発作の原因を調べる検査であるということ。
てんかん発作かどうかは

発作のはじまりから終わりまでの、一部始終を記録した動画と
でも、動画だけではだめなのです
動画だけを専門医にみせたところ、診断の一致率は29%だそうで、動画だけで、てんかん発作かどうかの診断はくだせないそうです。

つまり

てんかん発作の診断は
・発作を実際にみたひとの問診(刑事の事情聴取みたいに、詳細にわたって聞く)
・発作をおこす前から発作がおわったあとまでの、一連の動画

ちなみに
てんかん発作  とは、病気の症状
てんかん  とは、脳の病気の病名(疾患)

では、
てんかん発作の原因はいろいろあります。

1)脳の病気以外の原因
    腎臓肝臓の病気、低カルシウム、低血糖電解質異   常 これらは血液検査でわかりますので、発作をおこしたら、まずは、血液検査をします。
  
2) 中毒
 有機リン、エチレングリコール、など

3) 血液検査でまったく異常がなかったら、次のステッ プ
   全身麻酔でMRIをとって、脳の病気を探ります
  脳炎、脳の腫瘍、脳の奇形、頭部外傷など

てんかん発作の原因検査は
 血液検査
 問題なかったら、MRI検査
 さらに脳波検査

というステップになります。

ドックランにいくと、満面笑顔
f:id:anbeto:20171010125920j:image:w360