Hatena::ブログ(Diary)

時速3m

2018-06-20 思うようにならない

ノー残業デーは徹底されないのに

プレミアムフライデーは徹底されないのに

ライトダウンは徹底される不思議!

18:30過ぎると電気消されちゃうので

帰らねばーねばー


そして明日は人間ドックのため

21時以降は飲まず食わずです、つらい・・・


必ず提出しなければならない例のモノが


ない!!!!


どーしよーどーしよー(汗


5日間、お腹がしーんです

お宝出てこーい(兆候なし

2018-06-19 文明の利器

会社のPCにはBusiness Skypeチャットみたいなの)が入っており

ちょっとした確認をするには電話やメールよりもとても便利だと思います


ただ、たぶんLINEの傾向だと思いますが

仕事上のやりとりに関しても、「1行ずつ」文章を送ってくる人がとても多くて

この手のやりとりに慣れてない私には、なんだかすんごいストレスです(LINEやってない・汗


例えば

「今いい?」

「明日の会議」

「資料って」

「3ページ目の数値」

「自分が聞いてたのは」

「あ、○○さんが言ってたんだけど」

「××ってことじゃなかったっけ?」

「ごめん、あんま覚えてなくて」

「ちゃんと説明するためにも」

根拠を教えて」

「すぐじゃなくていい」

 ・・・エンドレス


私はとにかく簡潔に済ませたいんですよ(`´)

この1行ずつにまた数秒のブランクがあるので

果てしなく続くメッセージから

結局、何を求められているかを把握するまで

ずーっと待ってないといけないわけです

だったら電話かメールで聞いてくれーーーーー!!!!って本当に思う

上の会話だったら

「3ページ目の数値の根拠を教えて」だけで済むじゃん


相手が全部書き終わるまで放置しておけばいいのかもしれないのですが

その間アイコンが点滅しっぱなしで、

メッセージも巻き物みたいにどんどん長くなっていくので

気になるんですーーーーーーーっ


しかもこれが雑談だったりすると

仮に悩みごとだったとしても、親身になれない・・・

「だから何????」という気持ちの方が先に来てしまう私は

心が狭いのでしょうか

メールで伝えてくれた方が、時間のあるときにしっかり返信しよう、とか

後で電話してみよう、って気になれるんですよね


最近新聞で、

相手の状況お構いなしの「電話」は最も失礼、メールやLINEの方が親切

みたいな記事を読みましたが

よっぽど電話の方が親切だと私は思います

「今手が離せないんで折り返しで!」というのも直接会話だと角が立たないので


ということで、最近私は自分のSkypeをずっと「取り込み中」にしています

そうすると、急ぎの用事以外はだいたい避けられます

ただ、それを見た後輩たちが

「ナオミさんには今聞いちゃいけない」って思っちゃうみたいで

私に聞いてくれればすぐ済むことを、一生懸命他の人にあたっていたりするのを知ると

自己嫌悪になります

彼女たちには、「いつでもいいんだよー」と言ってあるものの

本当のことは言ってないので、やっぱり遠慮してるようです(彼女たちはとても気遣いがある

うまくいかないなー


文明の利器って必ずしもすべてが便利になるわけではなく

面倒なことも一緒に増えるから悩ましい

2018-06-18 コンプライアンス

今日はちょっとこれで一日振り回されました


パワハラを受けていると、ある社員からのフィードバック(記名式

コンプライアンスに関する記事に対するものです


そこに書いてある内容は、誰から見ても同情に値するもので

一刻も早く何か手を打たなければという気になります


がしかし


コンプライアンス部と人事部に確認すると一転します

この人はいわくつきの社員で、過去に数々の問題を起こしているとのこと


すべてにおいてそうですが

物事を一方向から見てはいけない、ということを痛切に感じますね

2者で揉めている場合、Aさんの言い分だけで絶対に判断してはいけない

Bさんの言い分も聞いて、ようやく客観的な視点が持てます

たとえAさんの方が好きで、Bさんのことが嫌いであっても、

やっぱり、両者の話を聞かないと真実は見えてこないわけです


世間に流れているニュースもそうで

マスコミから流れてくる情報は、その多くが

インパクトのある部分のみを切り取って報道されている

この人を徹底的に叩こう!という悪意さえ感じるときがあります


だからこそ、感情のまま短絡的に発言・行動してしまうのはとても危険で

誰かにとって正しいことは、誰かにとって間違いであるということも

常に意識しておかなければなりません

すべての思い込み刷り込みが、次の悲劇を招いてしまうのだと思います


冒頭の案件については、

人事やコンプライアンスからいろいろ「こうしてください」という指示がありました

プロの助言なので、本来なら「承知しました」と、その通りに対応すべきだと思います


が、なにか引っかかる・・・


私がその社員だったら、こんな返信じゃ納得できないんですよね

私はこういうところで、「物申す」自分を

良いのか悪いのかいつも悩みます

それが自分の長所だと思っている部分もありますが、

この一言が災いして痛い目に遭うことも多いからです


結果的に私がとった対応は

思いつく限りの想定をした場合、懸念されることを全部抽出し

それを人事やコンプラときっちり話し合って、納得した上で返信をしました

相当めんどくさいヤツと思われたと思いますが(汗

胸騒ぎがあるときに「ま、いっか」で過ごすと

だいたい、後で大きな問題になるんですよ

専門家の言葉だからって、鵜呑みにするのも危険なわけで

やっぱり最後は両者の言い分を総括して

自分で決断しないと責任とれないですからね(人のせいにしちゃうから


これが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが

後悔はないです(炎上したら謝るかな・・・

一番怖いのは、

「おかしいかも」「これって変じゃないかな?」って疑問に思う感度を

失うことだと思います

2018-06-15 ロートルがんばる

最近ホント体の調子が悪くて、

突然発熱したかと思いきや、今度は偏頭痛

また体のあちこちが痛く、気を抜くと崩れ落ちそうなほど

疲れを感じるお年頃です(汗


品川への出張にもとうとうヒールを断念するようになってしまいましたorz

いやね、自分の戦闘服みたいなものだったんですけど

動きやすさ重視です、というか体力温存です


というのも、品川駅には昇りの階段(20段くらい)があるのですが

先月出張の帰り道、両腕に重たいPCと一眼カメラをさげた私は

その階段を見上げて「のぼれない・・・」と感じました

そのために、50mも離れたエスカレーターまで歩いたんです

たった20段なのに、一歩ものぼれなかったんです


だみだなーわたし、って思いました


今回はぺったんこの靴にしたけど

やっぱり20段はきつかったです(汗


新幹線は、物騒な事件があったばかりなので

絶対に起きていよう!と思ったのに

爆睡してしまいました・・・(乗り物はよく寝れる

へたすると新大阪まで行っちゃうところでした(シャレにならない・汗


養命酒飲んでも、セサミン飲んでも、なかなか元気になりません

唯一、誰からも「めっちゃ元気そうに見える」ってのだけが

良いことなのかな・・・(しょぼくれてないのは幸いです


すっかりスカイツリーの方が定着してきたけど

相変わらず、眼前にそびえる東京タワーが好きなのは

ロートルでもがんばれよ!と勇気づけられている気が

するからかもしれません

2018-06-13 他人という恐怖?

今日は発行した1週間分の記事に対するアンケートをチェック

自分的に、こんな反応があるとは!?と驚いたのを一つ紹介します


うちのグループ会社では、全国各地でファミリーウォーキングみたいな

イベントを年に1回開催しています

(中京地区でいうと、リトルワールドとか、明治村とかを貸し切ります

今回、関東圏であったそのイベントの記事を発行しまして

その中に、新しい取り組みとして

謎解きしながらウォーキングをし、到着した人から順番に

グループでカレーを作って食べよう!という企画が記載されていました

特派員の方が作ってくれたドラフト記事を見たときは

特に何も感じなかったのですが

掲載したところ、あまりの大きな反響にビックリ!!


参加した人、そしてこれから他の地区で参加する予定の人から

「こんな企画、今すぐ止めてくれ!」のオンパレードなのです


知らない家族となんで一緒にカレー作らなきゃいけないんですか?

何かあったらどう責任とるんですか?

相席でも嫌なのに、赤の他人とご飯作るのなんて信じられない

他人が触った肉や野菜を口に入れるなんて想像を絶する

イベントには一人で参加してる人もいますよね?そういう人ほどやりたがるんですよ、気持ち悪い

 →これ、一人で参加する人に失礼じゃなくね??


時代を象徴してるなあって思いました

確かに、無差別テロ的な事件がいろんな場所で相次いでいるし

不審者も多いこの時代に

同じグループ会社であろうと、自分の意思ではない人と一緒に過ごすのは

苦痛と恐怖でしかないのかもしれない

また昨今の潔癖ブームもありますよね

人の家のご飯食べれません、みたいな・・・


私はあんまりそういうの気にしないのですが、

(友だちの家で、ワンちゃんと人が同じお皿のご飯食べてた時はビックリしたかな・苦笑

後輩に聞くと、やっぱりお子さまを持つ身としては心配とのこと


じゃあ、これが通常の感覚だとしたら

このカレー企画を考えた人たちは、なぜ気づかなかったのか?

(私みたいな人ばっかなのかな・汗

参加人数や回数を考えると、かなりのお金がかかっていると思うので

単独で勝手に進められるものではありません

これが大企業病ってヤツなのか・・・


この企画、とりあえず1回は各地域で行われると思いますが

広報がこれを事務局にフィードバックしたら

来年からはなくなるかな・・・

もちろん、喜んで参加した人もいるので、

本当に嫌がられているかの真意ははかりかねます

(どんなアンケートでも、よかった人は何も書かなくて、批判的な人ほど書く場合が多いので


しかし、知らない人同士が触れ合うってことにこんなに抵抗を持ちながら

一方で、SNSでは気軽に友だち申請して、プライベートを公開しちゃったりと

よくわかんない時代ですな、まったく

2018-06-11 Creation Soup

このほど、東海フェニックスTVさんに

ALICEのビデオ(5/27 ライブ)を制作いただきました!

もう1曲「How much your pain?」も近々アップされますので

ご期待ください!


東海フェニックスTVさん

https://www.youtube.com/watch?v=z2LJZC6xyXc&app=desktop


こんなふうにね、

HellRiseとコラボしたい!と自ら名乗り出てくれる方がいるのは

バンドマン冥利につきます

個性と才能あふれるクリエイターさんばかりなので(人としても素晴らしい

私たちからできるのは、この人たちの作品・活動をもっと知ってもらうこと


ということで今日は、お世話になってる方々ご紹介!

たっくさんいるのですが、

今回は形(デザイン)としてHellRiseの世界を創ってくれている人たちです


f:id:and_yourName:20180611160700j:image

まずは、写真家 アワシマさん!

HellRiseの世界観を何倍も広げてくれる人

写真を撮るときは一心不乱

水浸しになっても泥んこになっても

なんならご飯食べずに丸一日でも被写体を追い続ける情熱

こっちを“その気に”させるのが上手です

ときどき、個展も開かれてます!


f:id:and_yourName:20180611160651j:image

公開絵師 人骨さん

HellRiseのバックドロップを制作いただきました

人骨さん vs HellRiseのコラボをした際

その絵の雰囲気と、HellRiseの音楽がとてもマッチして

周りからの評判もすごくよかったんですよね

すでに、このバックドロップなしでは

うちらのライブは成り立たない!とすら感じます(3人目のHellRise!


f:id:and_yourName:20170724223820j:image

HellRiseのロゴは暗黒電波美術家 ボブ山さんです

そもそも、すべての始まりはこのボブ山さんから

それくらいボブ山さんが持つ作家さんとの人脈パイプは太く、広い

ボブ山さん自身、つかみどころのない人ですが

周りを楽しませるサービス精神にかけては天才

作品はシュールな可愛さで、なんとも言えない中毒性ありw

HellRiseは今年もボブフェス出演するよー


f:id:and_yourName:20180611160656j:image

衣装でよく人から注目されるのは

琴子さんのタイツ!

この鱗タイツ以外に、退廃蝶のタイツも琴子さんのデザインです

髪飾りや着物等、幅広く手がけていて

どれもため息が出るほど美しいものばかり

アンドロイドかと思うほどの美人さんなので、この人自体が作品だなあと思う

HellRiseの音楽をこよなく愛してくれる人



興味を持っていただけたら、

ぜひこの方達の作品を見に行ったり、ゲットしたりしてもらえるとうれしいです!

2018-06-07 悲しいデビュー

右眼に異物が入りまして

自分でいろいろ調べても存在を確認できず

しかし

あまりの痛さで業務に支障をきたすため

仕事中に眼科へ行ってきました


初めて行く病院なので最初は検査

で、

異物自体は、先生がちゃちゃっと

目の奥から取ってくれました

あっと言う間に終わった治療

しかし、おもむろに先生が


「あなた老眼ひどいでしょう??」と


さっきの検査でそこまで分かっちゃうの!!??



「ほとんど勘で字を書いてます・・・」



と正直に答えます

すると


先生「今のままじゃ眼精疲労がどんどん進んじゃうから、すぐに老眼鏡買いなさい!」

ナオミ「だって、老眼鏡かけると度がきつくて疲れるんです〜」

先生「そんなのは毎日使えば慣れる!疲れ目の方がよくない!!」


で、しゅ〜りょう〜


異物が痛くて行ったのに

渡されたのは

「老眼対策」に関するいろんな資料とかパンフレットばっかりでしたorz


先生が言うには、字を書くときだけでなく、

とにかく本を読むにも、スマホ見るにも老眼鏡を使わないと

目の疲れが激しいですよと


そういえば最近、肩こりひどくなってるな・・・

でもこれが、視力は両目とも1.5あるんですよね

だから、かけたり、はずしたりですごくやっかいです

チェーン付の、“ざます”おばさまみたいなのにしないと


ナオミ、とうとう会社で老眼鏡デビューです・・・

2018-06-06 HellRiseレコ発やります!!!

HellRiseの5thアルバム「KillKillers」もようやく完成が見え

このたび、レコ発ライブが決定しました!


■「差し込む光」

8月11日(土)

栄TIGHT ROPE

17:00open 17:30start

前2000円/当2500円(D別)


HellRiseのレコ発も兼ねたイベントとなります(全6バンドくらい

詳細は決まり次第、どんどん告知していきますので

予定を空けておいていただけるとうれしいです!


と、われわれHellRiseは自分たちの活動もさることながら

HellRiseのための個人活動にも勤しんでおりまして

前にも書いた通り、

フルカワ君は6月10日(日)ヘルプリセットでのライブがUKであります

HellRiseの新曲もやっちゃうらしいよー


で、私はONIORNさんアルバムへの参画


実はこれが大変苦戦しておりまして(汗

とってもテンション上がる↑↑かっこいい曲なのですが


メロが・・・・メロがもんのすごい難しい・・・


ONIORNさんみたいな若い世代の人って

やっぱ複雑なメロに慣れてるんだろうなあ

私みたいに歌謡曲で育った人はさ、Aメロ、Bメロ、サビ

ホップ!ステップ!ジャーンプ!って単純明快なのしか対応できなくって(汗

メロが6パターン、7パターンもあるともー

どこがどう違って、どう動くのかがさ

うおおおおおおおお!!!!なんじゃこれーーーーーー???みたいなw

(フルカワ君のメロも難しいんだけど、シンプルではある


歌詞もね、きっと私なら5文字くらいのところに

ONIORNさんは25文字くらい入れるからね

読めん漢字もいっぱいあった!(ライターなのに!!


大変良い修行になります

最初はどうしよーーーーむりむりむりーーーって不安だったけど(いつものダメナオ

こういうのってなかなか機会がないし、

若い人の感覚を直に体感できるっていうか(年寄りくさいw

すごいすごい!!って感心しちゃう

これ歌えたら、またパワーアップしそう!!

すぐ克服できないところに、よけい負けん気が出るというかw(まだ2割くらい・・・


ONIORNさんの期待に応えられるよう、

そしてなにより、それがHellRiseにとっての成長になれば最高


やることいっぱいで、なかなか時間がない中ではありますが

HellRiseもONIORNさんの方も

精一杯がんばります

2018-06-05 ブログである意味

日記を書いてるのに

なんでブログも書くの?と自分でもときどき思います


読んで!読んで!というわけでもないんですよね

考えてることをすぐ文字に起こしたくなる衝動があるのと

書くことがストレス解消ということくらい


ただ、やっぱり読者が一人でもいるのは励みになります

仕事でも切実に感じています

とはいえ、文字だけですべてが伝えられるわけではないので

ハイリスク/ハイリターンです

特に、自分の主観を書けば

激しく共感してもらえることもあれば

いろいろと間違って理解されることもあると思う

書けば書いただけ、いろんな反応がある

そういうことが分かっていながら

じめじめした話ばっかりですいませんー


自分のことなら誤解されてもいいんですよ

伝わったことが伝えたことなんで

自分の伝え方が悪かったのだと、勉強になります

それで嫌われても仕方ないという覚悟はあります

(そうじゃなきゃブログなんてやめた方がいいですね


誰かを故意に傷つけない、ということだけは肝に銘じながら

あとは人にどう思われようと

思ったことを書いていきたい、というのが本音

私は立派な人間ではないので

悩むし、つまづくし、グチるし、ひがむし、浮かれもする



ああ、そういう意味では、

私、いい人じゃありませんってのを本当は伝えたいのかもしれないな



オールマイティなんてもってのほか

大いに偏ってるってことを


そんな偏った人間が、一般社会に適合するための奮闘を

痛々しくも、バカバカしくも、必死で乗り切っていく様を


それが誰かにとって

「こんな人でもなんとかなってるんなら、自分でも大丈夫かもw」になったらいいなって

そういう思いは

少なからず持っています

2018-06-04 悩むという特技

占いに依存するタイプではないのですが

好きな占い師さんはいて

気持ちを前向きにもっていくための拠り所とすることはあります


特に、自分なりの腹落ち感があったのは


「答えはなくとも、答えを探し続ける」


という天秤座の性格を表すフレーズを見つけたとき

自分という人間の本質を的確に表した言葉だと思いました


私は常に悩んでいます、

というと大丈夫??と周りから心配されてしまうのですが

悩むことがもうライフワークなんですよ(笑

ブログを見ても分かると思いますが

普通の人が「どーでもよくない?」と思うことでも深刻に考える


自分でもめんどくさいなあとか、しんどいなあとか、思うものの

「それが私」、ということを認識しているので

半ば呆れながらも、そういう自分を受け入れ、

大人になってからはそれを楽しむだけの余裕もできてきました


思えば、子どもの頃から考えすぎる性格だったように思います

例えば、昭和から平成に変わるときには(このときは10代

とてつもなく動揺し、日記を10ページも書いています(今は自分のその心情が理解できない・・・

平成が終わっても、たぶん何も書かないと思いますがw


そういう意味で、悩むことには慣れているため

レジリエンス(しなる力)も強いと思っています

折れそうで、折れないんです


答えはない、と分かっていても

答えを探してしまう

毎回、「ある一定の答え」を見つけては

「でも、これじゃないかも?」と気持ちは揺れ続け

また違う「その時点での答え」を探す

答えはないのだから、これは一生続く永遠のテーマです


そういう性格だから

書く、と言う仕事に対しても、毎回疑問や聞きたいことが尽きないし

音楽に対しても、どうしたら?何をすれば?ばかり考えるので

飽きることがないのだと思います


あ、でも、自分ではどうしようもない、相手・他人に関することは

悩まなくなりましたよ

例えば、相手が心変わりしたらどうしようとか、あの人の考え方を変えてやりたい!とか

人の気持ちに関しては、自分ではどうすることもできないですからね

そういうのは腹をくくれるようになりました


んじゃ、会社で「無能だと思われてるのでは?」というのだって

同じように考えればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが

これは「自分の心の問題」なので(自分が実際無能だと思い込んでるところに問題

ちょっと違うんです(めんどくさいw



まあ、とにもかくにも

今日も元気に悩んでいます