andalusiaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-10-03 マカオのカジノの話 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20131002/1380696734

どう見てもラスベガスのほうが規模がでかそうな印象があるんだが

私もそう思います。Revenue/Visitor と Revenue のグラフがあるので推測できる通り、Visitor 数はベガスのほうが多いです。なので、今でもベガスのほうが大きいと言っていいんじゃないでしょうか。

あと、EBITDA で、VIP と Mass Market を比べて Mass Market のほうが儲かる、と Economist の元記事にも書いてありますが、ここでなぜ EBITDA を用いるのかは疑問です。税率や償却等の制度が異なる国同士で同業種を比較するのには EBITDA は向いた指標ですが、この場合は同じマカオの中の比較ですからねぇ。

むしろ、VIP は、VIPのご機嫌伺いや、(元記事中で言う)intrepid junket operators に気前よく金を払う必要があるので、費用がかさみますが、この費用は多くが非償却性のものでしょう。対して、Mass Market の集客には、豪華な設備*1が重要、すなわち装置産業の傾向が強くなると思われます。そういう背景があるのであれば、減価償却費金利費用を認識しない EBITDA での比較は Mass Market が過剰に有利に見えるという点で不適切な気がします。

プライベートバンキング装置産業ではないけど、セブン銀行はとっても装置産業*2、というのに似てるような気もしますね。

*1ベネチアっぽいやつとか、エジプトっぽいやつとか。

*2:日本の銀行で、売上高減価償却費比率は断然トップのはず。