Hatena::ブログ(Diary)

日々:文音体触 〜compose&contact〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-12

[]午後2時半。自転車の往復。 22:07 午後2時半。自転車の往復。を含むブックマーク 午後2時半。自転車の往復。のブックマークコメント

◇娘を抱えながら、息子の自転車が行ったり来たりするのを眺めていた。

一家全員風邪気味である。

 水曜日から幼稚園を休んでいる息子は、比較的元気ではあるものの、咳と鼻水が長引いている。今日微熱ちょっと出ていたため、自宅静養を選択。でもどうしても自転車に乗りたいということで、自宅前で30分だけ楽しんだ。他の家族は全員でそれを見守る。時折自転車を停めて見学をしている私達にタッチをしてくるのだが、妻が出した左手に絆創膏を認めると、反対の手を出せという。タッチをするときに痛くなってしまわないようにとのこと。最近はそういう行動が増えてきた。

 見学中、私は蚊に刺された。

◇兄が自転車を乗りこなす様子に触発されたのか、妹の方は黙々と寝返りに挑戦している。息子が鼻歌まじりに自転車を漕ぐ代わりに、娘はたくましいかけ声とともに体を返す。基本的な体の動きが全て直線的というか、グリッドが粗いので、ふと電池が入っているのではないかと思うことがある。そして寝返り成功するたびに、またかけ声に似た声をあげて笑う。

音楽それ自体自律しているという考え方はコンサートホールという集中的に音の美を享受する空間を用意したりもするわけだけれども、それはやっぱり記譜を経た音楽だからだろう。

 ヒップホップのような音楽は、便宜上リリックを書き留めたりもするわけだが、基本的にその通り発声することはなく、50音に明確に区分されない曖昧な音を使ってラップする。そのとき文字上では異なる母音を持った単語同士であっても、無理矢理押韻してしまったりする。アメリカ場合もっとそれが激しく、名詞の末尾に「~ly」をくっつけて他の副詞形容詞と踏むことすらあって、ようするにヒップホップは記譜と限りなく無縁な音楽といえる。

 ヒップホップは、音楽的な評価とは別の評価軸を常に用意していて、同じ音楽でも鳴らされる場所や状況によって全く異なる価値を生む。もちろん音楽的な——普遍的評価をそこに与えることも可能だろうが、その一方で極めて即時的な評価も下され続ける。これはおそらく、鳴らされたそばからすぐに消えていく音声、物質としての音であり、本来消えていく筈の音が記録されてしまう、ということの二重性みたいなものなのかもしれない。

文字の記録がもたらす近代化と、音声の記録がもたらす近代化比較するにあたって、「エクリチュール」と「存在の声」を咀嚼することが必要になってくるのだろうなと思っている。だから東浩紀を読む。

クラフトワーク好きの息子が、iPod操作して居間を盛り上げている。

D

父と母と妹を呼び寄せ、自らもステップを踏むなど大変盛り上がっているわけだけれども、全然静養にならない。

 案の定、夕方疲れてからはささいなことで泣き出し、妹に助けを求めていた。娘はとにかく嬉しそうに笑顔を返すだけである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/andoh3/20160612

2016-05-30

[]午後5時。寝起きの娘と妻の会話。 01:06 午後5時。寝起きの娘と妻の会話。を含むブックマーク 午後5時。寝起きの娘と妻の会話。のブックマークコメント

◇声がほとんど一緒。

◇朝7時、息子は従兄弟運動会を観るために、祖父母に連れられて出掛けていった。妻と5ヶ月になる娘と、3人で過ごす土曜日はとても穏やかで、あまり週末のような気がしなかった。

◇今年の春から幼稚園の年中になった息子は、集団生活のなかで、自分を相対化することを覚えた様子。相変わらず幼稚園が楽しくて仕方がないというのは変わらないようなのだが、しかし最近給食を食べるのが遅いとか、あいうえおが読めないとか、そういったことがストレスになっているようである。

 本人が一体どのような気分で言ったのかは不明だが、あるとき別のことで叱られている最中、突然「なんにもできないんだよう」と言って泣きだしたことがあった。これには妻も私も少なからずショックで、こんなに幼いうちから劣等感のようなものを感じてしまうのかと、いたたまれない気持ちになった。しかしよくよく考えてみれば、これは「できないこと」が自覚できているという意味でもある。その意味で、実はわかりやすくチャンスにもなり得るものかもしれない。

 本人に周囲がしてやれることは、具体的な体験までの誘導だけである。「できないこと」が「できること」に変化する瞬間に訪れる喜びそのものは、本人が自力発見するしかないのである。息子はすでにそのコードまでは発見しているので、その意味で私達のやるべきことは明確であった。そして息子は、「できないこと」に戸惑いながらも、別にそれを遠ざけようとしているわけでもないのである。

 私達夫婦は、ちょうど今、息子が嬉々としてチャレンジしている自転車のことを思い浮かべた。自転車はそうした知的な喜びに満ちた乗り物なのである。自転車の補助輪を早い段階で外した息子は、そのことが大きな自信になったようで、今日も眠りに落ちる直前まで自転車のことばかり話していた。

現在0歳児である娘は、知らない人に話しかけられても堂々と笑顔を返し、あまり泣いたり怒ったりということもない。常に抱っこをしていなければ怒って泣き出していた同じ頃の兄とはまるで違っている。時折姿勢を変えたいときに不満の声をあげるくらいで、いつも基本的に機嫌よく過ごしている。両親や兄のちょっかいにも余裕の笑顔で応え、立派な体格でどっしりと構える娘を見ていると、0歳児を一括りにすることの難しさを実感する。

 自分の子供をみているくらいで「一般的子育て」を想像することなど不可能だし、ひいてはそれは「一般的な家庭」など想定できないことに連なっていくのだろう。

古谷実の新連載『ゲレクシス』は、ここに来てようやく様子が見えてきたというか、古谷実流のファンタジーor冒険譚になっていく気配が濃厚に。

◇しかしまずいのは、『サルチネス』は『僕といっしょ』の続編だっていう話と、それがどうやって帰結したのかをまとめる前に、『ヒメアノ〜ル』の映画化があって、ここに来て新連載……。古谷実論を進めなければ。

コーエン兄弟『バートンフィンク』。音とその聴取という問題を考えるうえでも良い材料になるような。

 これがコーエン兄弟リメイクした『シャイニング』だというのは以前ここにも書いた記憶があるけれど、音に対するアプローチも同様だと思う。劇中鳴っている音が、ストーリー上で実際に鳴っている「客観的な音」なのか、主人公にしか聞こえていない「主観的な音」なのか、不明瞭になっているという部分も共通している。『バートンフィンク』の場合はおそらく、両者の区別曖昧さそのものをかなり誇張/強調していて、それは心理的効果を狙うというよりはむしろ、明確にテーマとして前に出してしまったような気がする。

D

 主人公があのホテルで聞いている音は、すべてがどちらともつかない。隣室からは笑っているのか泣いているのかわからない声がする。反対側の隣室からはアベックの営みが聞こえる。仲良くなった客との会話ではつい興奮してしまい、相手の話を遮って自分の声を張り上げてしまったりもする。主人公がある女性と一夜をともにするとき、その声は部屋の排水溝から下水道へと落ち、ホテル生活音の一部として回収されていく。その直後、主人公は決定的におかし事態に巻き込まれる。

 私達は日常ノイズを含んだ音のなかから、なんらかの意味役割を付け加えられる音にのみ注目し、それを声として扱っている。その意味ではフロントベルの音も広義の声(「誰かいませんか」という言葉を持っている)であるし、アベックの営みは間違いなく声であるだろう。しかしそのように声と明確に位置づけられない音が、印象的に描かれる。ひとつは、隣りの客の「泣いているのか笑っているのかわからない声」であり、もうひとつが「下水道にこだまする主人公行為中の声」である。これらは明確な意味役割を担った声としては機能せず、単なる音でしかない。主人公は最終的に「because you didn't listen」と指摘されるが、そのとき彼は、音を自分勝手に都合のいい声に変換してきたことに気がつくのである。

 彼はそうして、部屋に飾られた風景なかに閉じ込められてしまう。音のない絵のなかで、永遠に続く波の音を聴き続ける。

◇昨日シャワーを浴びていると、トイレである筈の隣室から4歳児の声が聞こえてきた。

音楽の外側から音楽アプローチする方法論として、ヒップホップ有効なのだろう。ダウンタウンGEISHA GIRLSヒップホップ様式を借りたことにも納得がいく。

 GEISHA GIRLSとほぼ同時期にスタートした「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」もまたその実践だったのだろうけど、それのひとつの完成型が、20周年特別番組内で披露された『Wow War Tonight 〜時には起こせよムーブメント〜』だったんじゃないか。

D

 この番組は、非音楽番組としての「トーク」パートと、音楽番組としての「演奏パートを厳格に区別してきたが、それが融解してしまった瞬間だったのかもしれない。ただのカラオケ大会だが、テレビ芸能史、もしくはJ-POP史として観ると、強度を持ってしまう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/andoh3/20160530

2015-11-21

[]午前9時。二度寝の妻。 09:34 午前9時。二度寝の妻。を含むブックマーク 午前9時。二度寝の妻。のブックマークコメント

◇息子は小学生の従兄弟の学芸会を観に、祖母と電車の旅に出た。妻は朝早くに息子を実家に連れて行き、帰宅するなりすぐに布団に潜り込んだ。入れ替わりに遅く起きた私は、久しぶりに妻の朝の寝顔を観た。

更新していないうちに、気付いたら息子は4歳になり、近いうちに娘も生まれそうになっている。

◇ここまでしっかりハマる理由がやっとわかった。

D

 加山雄三ヒップホップをつなぐレコード。この一曲が示すのは、単純に共通するメディアを持つという意味だけではなく、「もしもロック(ユースカルチャー)がなかったら」という仮定を可能にする。ロックの目指すところは、やがてハイファイなCDというメディアに結実し、そしてここ日本においてCDと蜜月を過ごしたのはJ-popであった。

 北斎漫画今日マンガの間に戦争が挟まるのと同じように、日本の歌謡曲ヒップホップの間にJ-popを挟まずに語ることは不可能である。このpunpeeのリリックにB'zの引用が含まれているのは、けして偶然ではない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/andoh3/20151121

2015-07-04

[]午前7時。豆腐の多いパンケーキ23:23 午前7時。豆腐の多いパンケーキ。を含むブックマーク 午前7時。豆腐の多いパンケーキ。のブックマークコメント

◇うちのパンケーキには豆腐レーズンを入れる。今朝は期限の近い豆腐を使い切る必要があって、いつもよりひとサイズ大きいものを使った。これはこれでおいしかったが、ちょっと重たかった。

 レーズンを入れる係の息子は、いつも通りたっぷりレーズンを入れ、結局あまり食べずにごちそうさまをした。

◇息子は月曜からずっと体調が悪く、結果的金曜日まで、幼稚園を一週間お休みすることとなった。症状としてはマイコプラズマを思わせるのだが、検査の結果は陰性。しかし検査のタイミング等で結果も変るらしく、陰性だからといって即マイコプラズマを否定できるものでもないらしい。でも結局抗生物質をもらうことはなく、対症療法のみに留まり、咳と熱の薬をもらった。自然治癒もある、とのこと。

 私は転職してまだ間もないこともあり、新しい職場休みが取れず、息子の看病は全て妻に任せてしまっていた。妻によると、息子の食欲はないものの、しかし機嫌が大変よいらしく、それがせめてもの救いである。とはいえ妻も疲れていることに変わりはなく、この一週間はほとんど、私が帰宅した頃には既に寝てしまっていた。

◇金曜の夜に熱が下がり、土曜の朝は雨の降らないうちに近くの公園で遊んだ。雨でぬかるんだ地面の上を滑り、尻を泥まみれにして楽しんでいた。私はその公園の向かい、曇天田んぼに伸びる稲を見ていた。息子といっしょに幼稚園に行かなくなって3週間ほど、稲がどんどん伸びて青さを増していることに気付いた。私は通勤時も同じ道を通るのだが、ひとりで歩くときほとんどこの田んぼを見ていないのであった。

◇大変ありがたいことに、お声かけいただき、人前でお話をする機会をいただきました。

http://www.nadiff.com/gallery/thecopytravelers.html#event

美術に関しては全くの門外漢ヒップホップに関しても確実に外側から観察している身分ですが、自分なりに参加させていただけたらと思います。

ヒップホップの4要素に共通するポイントを乱暴にいうと、「上塗りする」「重ねる」「乗せる」といったようなことなのだが、その塗られ方、重ねられ方は、グラフィティ、ブレイキングDJイング、MCイングのそれぞれにおいて、微妙に異なってくる。

 二つ以上のものひとつメディアの上にパッケージされるとき、それらはミックスされるのか、単に並列されるのか。おそらく両方だが、ミックスか並列かの度合いは、キャンバスとなるメディアが持っている特徴に左右される場合もあるし、あるいは作家性に依る場合もあるだろう。要するにミックスされるというのは作品化する、それ自体ひとつ文脈を持ち得るという意味で、当然、完結性という点では、きちんとミックスされていた方が高められるのは事実だろう。作品に向かい合うとき、彼は表現者ではなく鑑賞者となるが、それは作品が完成していればいるほど、その役割分担は強固なものとなる。しかしヒップホップにおいては、この表現者/鑑賞者の境界曖昧な状態が非常に多く、そしてそれが致命的な欠点になるとはほとんどの場面で思われていない。完結性の低い作品であっても、そのなかにフレッシュな切り口があれば、それは新たに次のプレイヤーによって育まれていくことになる。その意味では、メディアのうえに乗ったものが、充分にミックス、洗練されていないことも多いのである。

Summer City - パブリック娘。

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/andoh3/20150704

2015-06-05

[]午前9時。胡瓜の花と葱坊主22:18 午前9時。胡瓜の花と葱坊主。を含むブックマーク 午前9時。胡瓜の花と葱坊主。のブックマークコメント

◇登園中は、専ら通園路の微細な変化を話題にしている。道すがら出会動植物の様子と、踏切を通る電車の車型と、近所で行われている工事の進み具合である。主題はほとんど変らないが、対象が日々変化していくので、話す内容もそれに合わせて変化していく。

 いつも水を張っていた田んぼからカルガモつがいが姿を消していた。カルガモ夫婦はどこへ行ったのだろう、おそらく近所の公園に移っただけだろう。そう話しながら幼稚園に着いた息子は、同じくらいの園児達の列に並び、元気に登園していった。帰り道、カルガモの居なくなった水田を見れば、田植えが始まっている。まだほとんど黄色に近い、小さな稲が整然と並んでいく。

◇5月の末に退職を申し出ると、そのままほぼその日中に退職となってしまった。転職先は決まっていたが、入社時期はこれから詰めるという段階であった。退職の一月前の申請が義務づけられていたが、会社も相当苦しいのだろう、私はその条件を呑むかわりに、私が仕事を依頼したスタッフさんへの支払いが遅れないよう、一筆書いてもらった。それにしても、収入の面もそうなのだが、それ以上に健康保険が心配である。調べると、20日以内に申請すれば、退職後も現在の健康保険組合を任意継続できるらしい。つまり、20日以内に新しい職場に入れるのか、交渉してみる必要がある。

 果たして本日先ほど、6月の半ばに入社が決定し、胸を撫で下ろした。今回の転職は、万事こんな調子で、全て唐突に始まり、全てギリギリのタイミングで決まっていった。

 ところで、30歳の妻子持ちというカードは、転職市場においてはなかなか引きがあるんじゃないだろうか。つまり、後がなく、踏ん張ることが見込まれ仕事上はまだ伸びしろを期待される年齢、ということである。そしてそれはそのまま、おそらく私に注がれる世間の目という奴になっている。

◇5月6月は小学校時代からの腐れ縁達が、立て続けに結婚式を挙げた。4人のなかで最も早かったのは私だが、結局30歳で全員結婚していた。バンドを組んでいた私達は、かつて熱狂した音楽達が披露宴のところどころにBGMとして使われているのに気付くと、目を合わせてにやりとしながら、しかし同時に寂しいような気分にもなった。ただそんななかでも、なんとなく、この曲だけは結婚式には使用しない、という曲がある。

D

『How Many Times』は、ボブ・マーリーがスカを演奏していたstudio1時代には既にあった曲だが、後年、ドゥーワップ調のレゲエとして歌い直されてもいる。おそらくそちらの方が有名だろう。失恋の痛みを甘く軽やかに歌い上げていて、レゲエバージョンでは甘みが増している。ただ、私が初めてこの曲を聴いたのはこのスカのバージョンで、繰り返されるサックスフレーズに顕著だが、全体的な軽やかさがとても好きだった。

 失恋の曲だから結婚式にそぐわないのは当然だが、しかし私達のうち二人はこの曲の歌詞を全く理解していなかった。だからきっと、この曲をかけない理由は、リリックだけではないのだと思っている。

ヒップホップのいうリアルは、常にハスリングとともにある。ものすごく単純な言い方をしてしまえば、彼がリアルであるかどうかを問われるときハスラーとしてサバイブしているかどうかが問われているのである。そのヒリヒリした切実さを喪えば、彼はきっとセルアウトしてしまう。商業主義に陥ること自体が悪いのではない。それによって自分自身の切実さから目を逸らすことが問題なのだ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/andoh3/20150605

2015-04-11

[]午後4時半。水に浮く。 02:25 午後4時半。水に浮く。を含むブックマーク 午後4時半。水に浮く。のブックマークコメント

家族全員で水泳。初めての経験

◇息子と私は、先月末頃に近所の市民プールに一度行っていた。今日はそこへ水着を新調した妻が加わり、三人で水泳を満喫した。息子はスイミングスクールの短期体験3日間コースで身につけた技術を見せたいらしく、水に入る/水から出る動作と、座ったままのバタ足、かべの伝い歩きを、得意げに何度も繰り返していた。しかしスイミングスクールの通常授業に通うかと訊ねると、ちがう!と短く答え、両親とこうやって週末に市民プールで泳ぐからいいのだと言う。

 短い間、私は妻に息子を任せ、500メートル程度泳いだ。妻はほんの少し、2〜3往復ほど泳いだ。息子は二の腕につけるタイプの浮き輪を使って、なんとなく水中を移動した。

木曜日は息子の入園式。人見知りを心配する両親の緊張が伝わったのか、息子も少しナーバスになっているようで、当日朝は出発時間が近付いてもなかなかプラレールを停めたがらず、大好きな制服も来たがらず、しかし幼稚園に行かないとは言わず、というなんとも複雑な気持ちが見えるようだった。結果的に彼の背中を押したのは、生まれた直後から一緒にいる「ベン」である。手を入れて動かすことのできるシロクマぬいぐるみで、「ベアオ」という名前なのだが、いつのまにかベンと呼ばれるようになった。彼といっしょに幼稚園に行くのだと言い張る。こんなことを言うのは初めてである。

 登園途中、息子は「ベンを連れて外を歩くのははじめてのことだよ」とあらためて両親に語り、結局ベンを抱きかかえたまま、他の園児たちに紛れていった。先生もこういった事態はよく心得たものらしく、ぬいぐるみを抱えて両親と離れる息子を、慣れた調子で誘導していった。果たして式本番には、息子はベンと別れ、他の園児たちと電車ごっこをしながら会場に入ってくる。私の小さい頃とは似ても似つかないスリムな体型の息子は、おとなしく真顔を崩さずに式をつつがなく終えた。

 翌日金曜日は、もうベンの助けは借りずに、元気よく登園していった。見送った私は、無造作に床にうつぶせに置かれたままのベンを抱き上げた。

◇3月はアラザルメンバーの西田さん、諸根さん、黒川さんとともに作ったユニット「何某」の初ライヴがあった。東京と大阪で開催されるpre-の新作展示である。pre-は、これまたアラザルのほぼ全てのデザイン作業を一夜で終わらせる豪腕デザイナーとそのご主人が運営する服のブランドで、我々はそのライヴ中、pre-の新作を着て舞台に立つモデルでもある。対バンはju sei。何某のデビューを、pre-とju seiは温かく見守ってくれた。

◇電化をしない声というのは、音とその出所を分解しない。つまり言葉はそのまま距離であり、音として伝えることが、意味を伝えることよりも自然と前に来る。だがいま、録音や通信技術等も含め、電化を経ないまま、プリミティヴなままの声を鑑賞に晒そうとするとき、それは必ず電化を経た耳に聴き取られることを前提としなければならない。つまり、実体を持つ言葉が示す距離という側面に対して、それを無視しようとする耳と、あるいはそれに対して過剰な期待を寄せる耳と、いずれにせよ電化以前とは決定的に異なった聴こえ方をするはずの声として、それを提出しなければならない。それは結局、レコーディングマイクに向かうときの心境なのではないか。全ての耳を、レコーディングマイク見立てて声を発していかなければならない。

◇何某のデビューしたイベントの前だったか後だったか。息子とふたりで遊んでいた公園に、自転車に乗った幼稚園の年長さんくらいの男の子二人組と、その後を歩いたりしゃがんだりしながら続く、彼らよりももう少し小さな子供たちの一団が居た。どうも弟や妹らしい。息子は彼らに目をやり、その弟妹たちが何かを拾っている様子を観ながら、何してるんだろうねえと私に訊ねた。この頃の息子は、こうやって何かを指して、それについて私や妻に訊ねるという行為自体がなにか面白くてたまらないようで、いまにも笑い出しそうな大声でそんなことを言う。妻から息子の人見知りを心配する声を聞いていた私は、息子の質問に直接答えることはせず、じゃあ何やってるのか訊いておいで、と返した。妻から心配されている息子は、しかしそこで、一番年齢が近いらしい男の子に向かって、相変わらず爆笑をこらえるような調子の声のまま「なにしてるの?」と走っていった。相手の迫力に気圧された男の子は、一瞬後ずさりするも、自分がやっていることの説明をするでもなく、なんとなく持っていた木の枝を貸してくれた。私にとっても、息子のこの行動はちょっと意外だった。私の知っている息子は、両親以外のほとんどの人とは、直接会話を交わそうとしないのである。

 木の枝を受け取って私のところまで戻ってきた息子に、今度は「ありがとう」と「いっしょに遊ぼう」を伝えるように言った。また息子が走っていき、遠くの方で息子が何かを話し、その一団に混ざって何かを散策し始める様子を眺めていた。少ししてから、彼らは亀を見つけたようだった。

◇Tyler, The Creator - Fucking Young

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/andoh3/20150411

2015-03-01

[]午前9時。食卓脇、静かなプラレール00:34 午前9時。食卓脇、静かなプラレール。を含むブックマーク 午前9時。食卓脇、静かなプラレール。のブックマークコメント

◇息子が矢来の従兄弟の家に出掛けると、両親は何をすればいいのかわからなくなってしまった。

◇先週の水曜日のこと。祖父母が週末に従兄弟の家に出掛けると話すと、息子もいっしょに行くと言い出した。両親は留守番をしていれば良い、とも言う。その後、木金土と、両親はしつこく何度も息子に確認するが、別に気分が変わることもなく、そのまま今朝、義父の運転する車に乗り込んで出掛けていった。元気よく手を降っていた。

 お言葉に甘えて、私と妻はふたりで何をしようか考えたが、特に何が変るわけでもなく、少し手持ち無沙汰な日曜日になっただけだった。

◇と思ったのもつかの間、16時頃に帰宅した息子はおそろしいほど上機嫌で、年上の従兄弟たちにかわいがってもらった余韻を反芻していた。移動は全て駆け足で、その間も話が途切れることはない。一瞬だけ眠い、と漏らしたので一安心して寝床へ連れて行くと、寝た振りをする両親に構わず、歌や踊りや器械体操を延々と繰り返す。年が少し上の従兄弟たちと遊ぶたび、語彙や修辞を爆発的に増やすらしく、それを使い回す快楽に浸っているのかもしれない。こんな言い回しをいつの間に覚えたのだろうと思いつつ、笑いをこらえているうちに、ようやく寝息が聴こえてきた。果たして23時。疲れた妻は、息子より先に寝入っていた。

◇2月が過ぎるのは早かった。ただでさえ日数が少ないうえ、息子が高熱を出して、調子の悪い日が月の半分ほども占めた。普段体調を崩さないせいで慣れていないのか、高熱にぐったりとしていた。両親もまた、初めてみる息子の様子に狼狽えた。川崎病をはじめとする、重篤な病気も疑いながら複数回診察を受けた結果、遅ればせながらの突発性発疹だったようだ。

◇1月は、私と妻の5回目の結婚記念日を迎えたり、新しい職場を早速休んでディスニーランドへ出掛けたりと、それなりに慌ただしく過ごした。気付けば息子も4月から幼稚園に通う。夫婦であったり両親であったり、私達ふたりにも色々な種類の役割が与えられ、そのたびごとに新しい関係が切り結ばれているのかもしれない。

サンプリングはパクリである、というのは事実だと思うし、それを肯定的に捉えていいとは思うけれど、最近思うのは、元ネタ暴力的に切断したり引き延ばしたりしているうちに、元ネタが持っている、いわば無意識みたいなものを汲み取っているケースもあるのではないか、ということ。それは、作者の意図を汲む「引用」と呼ぶには突飛過ぎるし、単に暴力で奪い取る「剽窃」と呼ぶにはもうすこし誠実なのかもしれない。あるいは、オリジナルの強度が、そうした誠実さを強制しようとするのかもしれないけれど。

◇KOHHの実弟、Lil Kohh主演のDVD『日本の小学生』が、ノーカット完全版でyoutubeにupされていた。

D

Lil KohhがイベントフライヤーポスターなどでKohhの姿を発見するたびに、「お兄ちゃんだ!」と嬉しそうにはしゃぐ様子が大変愛らしく、ファン的には大変和む作品なのだけれども、見所は318氏がはじめてラップをする小学生たちを相手に、ディレクションをしているところ。驚くほどの上手さに舌を巻く。

 街のこどもたちの面倒を見るちょっと悪そうだけどやさしい兄貴、318氏の姿を見ていると、ベッドタウンとは違う下町の地力みたいなものを感じる。と同時に、スパイク・リー『クロッカーズ』に出て来る床屋の親父にも似た雰囲気を感じとって、やっぱり一筋縄ではいかなそう。

島田紳助自分の進むべき道をあらかじめ計画し、その通りに実行することに命をかけるように見える。その彼の事業計画書のなかに「ロック」はあっても、「ラップ」はなかった。彼にとっての「ロック」は、おそらく情動の発露であり、また同時に制御でもあったのだと思う。ある種の物語に情動をはめこんでいくための、話芸の一種であったのかもしれない。そして島田紳助がそのツール足り得ないと早々と見切った「ラップ」は、ゲイシャガールズによって見事に昇華され、事業計画書を書かない松本人志によってひとつの達成を見る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/andoh3/20150301