英語教育2.0 〜my home, anfieldroad〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

*英語教師による、英語教師のためのブログ。
*授業で使えるアクティビティの紹介、ハンドアウトのダウンロードも。
*ライフハックス、文具、デジタルガジェットなどについても徒然と。

2011-10-01

[] 第2回「英文法指導」まとめ

 第1回に引き続き、多くの方が企画に賛同してくださり、お忙しい中それぞれの記事をアップして下さいました。本当にありがとうございます。今回も読み応えのある記事が集まりました。また、中高以外の環境で英語に関わる方々による記事もあります(これが今回の収穫のひとつでもあります)

 今回はテーマごとに複数の記事に分けてアップしてくださった方もいらっしゃって、トラックバックだとリストがわかりにくい。ということで、下にトラックバックしてくださった方の記事をまとめてみました。

 一応10月1日が「更新規準日」は過ぎておりますが、まだまだ受付中です。お時間のあるときに、あるいはみなさんの記事を読んで刺激を受けて、「書いてみたよ!」という方はよかったらトラックバックやメールなどで管理人までお知らせ下さい。随時下記リストに追加させていただきます。

 

 この企画の詳細は9/18付の「みんなで書けば怖くない!企画第2回のご案内」を参照のこと。具体的なトラックバック方法については9/25付けの「トラックバックの送り方」という記事を御覧ください。

JoanTaurusJoanTaurus 2011/10/10 21:24 この連休中、柳瀬陽介先生のtwitterを読んでいてこの企画のことを知りました。随分遅ればせながら、コメントをさせてください。
高校で教えているのですが、今年つくづく、文法テキストと問題集は、文法項目を学ぶことが最終目的になっているようなものが多いと感じています。意味があるのだろうか、と思わず考え込んでしまう書き換え練習なども多く、そしてその自分が疑問を持つ書き換え練習が定期考査に出るというその理由で、授業の多くの時間をその練習に費やすという悪循環。読んで聞いて理解できるため、書いて話して、表現できるようにするため、という本来の目的がないがしろにされているようなテキストが多いなあ、と感じてしまいます。(勉強不足かもしれませんが)
今年高校一年生を教えていて、彼らの素朴な疑問「目的語って何?」「なんで関係代名詞って名前なん?」「受動態は今のことでも、be動詞と過去分詞を使うのは何で?過去分詞って過去のことだけ話すんやないと?」には考えさせられます。こういった質問を聞くと、文法用語の改訂が求められているなと思うのです。以前の私は「どうしてすんなりそのまま用語を用語として受け入れないのかな」と思っていましたが、実はそういう疑問を持つ子どもたちは「なぜ、どうして」を繰り返し考えている賢い子どもたちだと考えるようになりました。彼らを必要以上に混乱させずに、読めるよう、聞けるよう、書けるよう、話せるよう、文法の指導がしたい、と今年痛切に感じています。使用している文法教科書があまり使いやすいものではないので、自作のプリントで授業を進めています。なるべく生徒の身近な話題をとりあげること、また、会話文を用いた練習など(生徒が作った会話文も練習します)、既習の文法項目でこういう表現ができる、といったことを生徒にわかってほしいと思っています。また、最近ペーパーバックを読んでいたら、最近教えた文法項目が満載のページがありました。語彙リストがあれば生徒は読めるなあ、と思い、語彙リストをつけてそのページを紹介したら、クラスの3割の生徒がこの本が読みたいから購入したい、と言いに来ました。こんなことは初めてだったので(その中には英語が嫌いな生徒もいたので驚きでした)、題材の持つ力がいかに大切か実感しました。
この生徒たちの疑問を大事にしながら、今年はできるだけ生徒が「習ったことを使って表現する、英語が理解できる」ように文法を教えたいと思っています。何か参考になる本や理論があれば教えてくださいませ。
どなたかVan Patten の理論のことを書いていらっしゃいましたが、理論と実践がまとまった本や論文があったら教えてください。
それにしても、生徒の疑問を真剣に考え始めたら、実は自分も文法は分かっていないのだという結論にいたりました。
さまざまな文法項目を皆さんがどう教えているか、どんなプリントを使っているかを共有できたら、さらに議論が深まっていくような気がしました。
とりとめなくすみません。また色々と参考にさせてください。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20111001/p1