英語教育2.0 〜my home, anfieldroad〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

*英語教師による、英語教師のためのブログ。
*授業で使えるアクティビティの紹介、ハンドアウトのダウンロードも。
*ライフハックス、文具、デジタルガジェットなどについても徒然と。

2018-02-10

[][] I like ◯◯ because I like △△.を抜け出す

 2月に入ったので、3年生の授業も終盤。

 この時期は、受験対策もしたいけど、3年間の集大成として英作文や英会話などの表現活動にもじっくり取り組みたい。というわけで、先週から今週にかけては私の中ではこの時期定番の「ペンタスロン」に取り組んでいました。(ペンタスロンの詳細はこちら

 その前にやっていた高校先取り講座「訳読体験レッスン」が眠かったためか(笑)、ペンタスロンには活き活きと取り組んでくれています。

 で、Writingのテーブルでは、高校入試の過去問題や、こちらも定番となりました「20年後の自伝を三人称で書く」に取り組んでたんですけど、今日はそんな入試問題のお話。

 埼玉県の公立高校入試問題の最後の英作文問題は、「合計5文以上書く」というのがもうすかり定着していますが、その問題形式はだいたい3年ごとに変わります。平成24年度〜平成26年度の3年間は、

(1)1文目はseasonという語を使い、「日本には四季がある」という文を、

(2)2文目はbestという語を使い、自分が一番好きな季節を伝える文を、

(3)3文目以降は、その季節がなぜ一番好きなのかが伝わるように

みたいな文ごとに縛りがあるタイプの問題でした。和文英訳のような、ちょっと違うような不思議な問題。当時ブログでもいろいろツッコミを入れた記憶があります。

 もっとも、それより前は、キーワードを3つ提示して(例:enjoy, have to, with)指定されたテーマについて(例:楽しかったこと)書けという問題だったから、埼玉県ってこう手足を縛ってこんな風に書けと誘導する問題が根本的に好きなんですね。キーワードからいろいろ「忖度」しなくてはいけない感じがつらい感じでした。

 それが、平成27年度にタイプを変えたわけですが、その問題がこちら。

[意見] We should read books.

[条件] 1文目はthinkという語を使い、[意見]に対する自分の考えを、

     2文目以降は、なぜそのように考えるのかが伝わるように、

 これは、今までのより難しいですよね。「自分の考え+理由」という構成は変わらないですけど、「自分の考え」の部分が単なる好き嫌いではないからです。こういう問題だと、

 私は本を読むのが好き → みんなも読むべき

にはならないわけで、それなりの「理由」が求められます。英検の大好きな、I like ◯◯ because I like △△.みたいな無限ループでは切り抜けられない問題になっています。

 実際、この問題は難しかったようで、県教委が発表している結果分析では、正答率は5%(得点計を人数×配点で割った通過率でも40.9%)でした。

 これには県も焦ったようで、翌年からはお題が"Which month do you like the best?"になり正答率は7.3%、通過率は46.9%、その翌年(つまり昨年度)は"Which do you like to do in your free time, stay at home or go out?"で正答率8.5%、通過率50.4%と、昔の定番の「好きなもの+理由」に戻して、通過率を上げる方を選んだようです。

 確かに平成27年度は急に変わって難しかっただろうし、あらゆる習熟度の中学3年生が受験することを考えると考慮が必要だけど、I like ◯◯ because I like △△.の再生産を抜け出すためには、いい問題だったんじゃないかな、とも思いました。だから、28年度の入試前には類似問題で練習させたんだけど、結局逆戻りで肩透かしを喰らった思い出があります。

 で、今年も3年生を指導しているので、やはり今年の出題が気になります。

 3年ごとに形式が変わるという流れを考えると、今年はまたスタイルを変えてくるかな? でも埼玉県は昨年度から難関校向けに学校選択問題が始まったので、今年一般問題を変えると毎年コロコロ変わる印象になるから、そういうのを避けるかな? なんて勝手に考えています。

 で、その学校選択問題の英作文問題はというと、

Some people say that students in Japan should study abroad when they are young. What do you think about this idea?

という問題。ああ、そうか、上位層には27年度版のようなReasoningを求める形で、一般層にはライト版で「好きな理由」という棲み分けで行くのかなぁ。別にライト版でもいいんだけど、like以外のちゃんとした理由付けを求める問題ができないものですかね。これは、自分でもどんな問題が可能か考えてみようと思います。

 さて、昨年度嬉しかった変化は、学校選択問題の方は「5文以上」ではなく「40語以上50語程度」という語数指定になったこと。この形式は、一般問題の方にも降りてこないかなぁ、と期待しています。25語程度でいいですから。これはありえるかな?

 この記事で英検3級の英作文問題との比較なんかについても考えたかったけど、今日は時間がないのでこの辺で。(正確にいうと、昨日から何度か修正しながらダラダラかいてしまった記事でした)

tmrowingtmrowing 2018/02/10 20:16 明日「お題」と「テクスト」について話をするので、タイムリーな記事でした。ちょうど、「英検」と埼玉県の2017年の問題も取り上げる予定でしたてので、当日の反響があれば、またご報告したいと思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20180210/p1