英語教育2.0 〜my home, anfieldroad〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

*英語教師による、英語教師のためのブログ。
*授業で使えるアクティビティの紹介、ハンドアウトのダウンロードも。
*ライフハックス、文具、デジタルガジェットなどについても徒然と。

2017-07-04

[][] 2017年7月例会のご案内

 気がつけば7月になってました。

 早めにご案内したほうが、多くの方に来ていただけるだろうと、部屋は早めに予約するのですが、内容を決められないまま、いつも月をまたいでしまいます。というわけで、7月の例会のご案内です。

 7月は、スピーキング・テストを考えましょう。

 期末テストも終わり、この時期にALTやJTEとの面接テストを実施している学校も多いかと思います。あるいは、音読テストだったり、暗唱テストだったり、教師の前で生徒が何かしらのパフォーマンスをするテストもあるでしょう。

 今月に例会では、そんなパフォーマンス・テストの実例を共有し合って、それぞれが2学期以降の参考にできればと思います。評価用紙や準備段階でのワークシートなどがあれば、それらもぜひお持ちください。

 ちなみに私はというと、来週「ALTにインタビューするテスト」を実施予定です。どんなテストなのかは、例会でご紹介しますね。お楽しみに。

 少人数でやっている、アットホームなサークルです。初めての方も、お気軽にご参加くださいね。

SETC&ASTEK 2017年7月例会

日時:2017年7月15日(土)

15:00〜18:00

会場:春日部市中央公民館

東武野田線「八木崎」駅下車1分

2F 多機能学習室

テーマ:「スピーキング・テストを共有しよう」

会費:100円

(最近の授業で使ったプリントを10部コピーしてお持ちいただいた先生は無料!)

※会の終了後、お時間のある方はよかったら近くでお食事にいきましょう! 会では話せなかった悩み相談、雑談もできて楽しいですよ。

出欠席のご連絡は下記登録フォームからお願いします。

登録フォーム http://bit.ly/ohUVez

2017-06-18

[][]「じゃ、いつ使うの?」を考える

 昨日は今年度最初のサークル例会でした。

 ご案内がギリギリになってしまいましたので、少人数での例会となりましたが、その分たくさんお話をして、いろいろ考えることができたと思います。

 今月のテーマは文法指導。特に導入から練習、解説までの流れに悩んでいる若手の先生方のために、何のためにその活動をやるのか、という意味を一緒に考えてみました。最終的に「その新出文型を用いて、自分の言いたいことを言えるようになって欲しい」ということが目標なのだとすると、どんなステップでどんな練習をさせる必要があるのかを整理しました。

 「内容」ベースの導入から、既習表現との「形式」のギャップに気づかせ、必要な解説をしてから練習、なんていうのがPPP的な流れでは一般的なんでしょうけど、意外と「内容」ベースでやっている段階で形式のことに話を振ってしまったり、全体の流れを考えていないと指導がブレてしまいがちです。また、その段階で何を「解説」で伝えるかも精選が必要ですね。語形変化などは音だったり文字だったりいろいろありますから、学習者が混乱しないようにしたいですよね。

 さて、休憩時間にそれぞれの部活指導の話に花が咲いてしまって、作業をしようと思っていた後半の時間があまりなくなってしまったのですが、この部活指導のプロセスが文法指導と重なるところがあって、そのまま「喩え話」に。

 ボレーの技術を教えて、何度も反復練習はさせるけど、それだけで試合でボレーを使えるようになる生徒ばかりではありません。試合形式の練習の中で「あ、今ここでそのボレーを使うんだ!」という指導を、繰り返し繰り返しやるはずです。もしくは、試合の一場面を切り取って、「こういうプレーのあとは、ボレーのチャンスだ」という「ディスコースのパターン」を身体に覚え込ませているはずです。部活では絶対やってるんだけど、文法指導ではそういう練習が足りない(というかほとんどやってない)よね、という話になりました。

 不定詞を教えたからって、すぐに不定詞が使えるようになるわけじゃないけど、せっかく導入したその日のうちに、「不定詞ってこんな場面で使えるんだ」というイメージは、explicitであれimplicitであれ提示しておく必要があると思います。そして、そのレッスンのまとめの段階でもいいし、後々のスピーキングやライティングの指導場面でもいいので、amazon風に言えば「この文法を使った後に使っているのは?」とか「この文法をチェックした人はこんな文法もチェックしています」的な、他の文法や語彙表現との組み合わせを学んでおくといいと思うんですよね。(その点、エイゴラボの作文問題は、新出文型だけでなく、関連する既習表現を書かせる問題を設定してたりします)

 例えば"I'm going to do my homework tonight."という文の前後には、どんな文が並ぶ可能性があるだろう、それはどんな場面なんだろう、と考えてみるような作業ですね。キーセンテンスを書かせる作文指導はよく見かけますけど、キーセンテンスを与えておいて、その前後を考えさせるような作文練習も必要だろうと思います。

 サークル後は、食事に行ってまだまだお話に花が咲きました。部活に、教科に、校務分掌に忙しい若手の先生方のご苦労も聞きながら、でも意欲やアイディアに溢れた勢いも感じながら、私も刺激を受ける例会になりました。

 サークルには毎月、その日のテーマに関連した書籍をうちの本棚から持っていくようにしています。ご希望の方にはお貸しすることもできますので、遠慮なくお声掛けくださいね。ちなみに昨日持っていったのは、こんな感じ。

「フォーカス・オン・フォーム」を取り入れた新しい英語教育

「フォーカス・オン・フォーム」を取り入れた新しい英語教育

大修館 英語授業ハンドブック 中学校編 DVD付

大修館 英語授業ハンドブック 中学校編 DVD付

英語教育 2017年 07 月号 [雑誌]

英語教育 2017年 07 月号 [雑誌]

 ↑

今月は「ワーク」の話を書かせてもらってます。そして表紙がMINIだ!

2017-06-12

[][] 2017年6月例会のご案内

 さて、4月、5月は都合により開催できてませんでしたが、今月からまた毎月のサークルを再開します。ご案内が遅くなり申し訳ありませんが、次の週末6/17(土)です。

 今月は文法指導を考えます。新文法を導入して練習、説明につなげる流れって、難しいなぁと今でも悩みます。説明ばっかりになってしまったり、導入に無駄に時間をかけすぎてしまったり、なかなかうまく行きません。

 今回は、2学期に扱いそうな文法を取り上げ、参加者で導入から練習、説明への流れを考えてみて、実際にやってみるようなワークショップ形式でやってみようと思っています。日頃の授業でなかなかうまくいかないなぁと悩んでいるみなさま、ぜひ一緒に「練習」してみませんか。

SETC&ASTEK 2017年6月例会

日時:2017年6月17日(土)

16:00〜19:00

会場:春日部市中央公民館

東武野田線「八木崎」駅下車1分

3F 中会議室

テーマ:「文法指導を練習しよう」

会費:100円

(最近の授業で使ったプリントを10部コピーしてお持ちいただいた先生は無料!)

※会の終了後、お時間のある方はよかったら近くでお食事にいきましょう! 会では話せなかった悩み相談、雑談もできて楽しいですよ。

出欠席のご連絡は下記登録フォームからお願いします。

登録フォーム http://bit.ly/ohUVez

2017-03-05

[][] 2016年3月例会のご案内

 さぁ、年度末です。1年の締めくくりを最後まで頑張ると同時に、新年度のことに思いを巡らす季節です。サークルでも、新しい一年間の授業をイメージしていただこうと、副教材見本市を開催しています。今年で3回目になります。

 忙しい4月の第一週では、積まれた副教材見本を紐解いてゆっくり眺める時間もありません。3月のうちに、せめて副教材について少しでも情報を集めておけば、同僚との打ち合わせ時にも「これなんかどうですか?」と新しい提案ができると思います。

 取次の代理店さんのご協力で、一足先にワークやドリルなどの副教材見本をお借りします。じっくり眺める時間も取りますので、どうぞお気軽にご参加ください。もし可能なら同僚の先生と一緒にご参加いただけると、プチ教科会が実現しちゃいますね。今年は広めの部屋をお借りしましたので、ぜひ多くの方にご参加いただきたいです。

f:id:anfieldroad:20170305095653j:image

(昨年度の副教材見本市の様子)

SETC&ASTEK 2017年3月例会

日時:2017年3月19日(日)

15:00〜19:00

 15:10〜16:00 フリー閲覧タイム(出入り自由)

 16:00〜19:00 例会「副教材活用法を考えよう!」

15:10からの50分間は出入り自由で、好きな時間に来て見本だけ見て、お帰りいただいても結構です。アンケートのみご協力をいただくかも知れませんが、参加費は無料です。

16:00からは通常のサークルです。リスニング、ワーク、ノートなどジャンルごとにどんな副教材が欲しいか、どんな使い方ができるかをみんなで話し合います。16:00に来ていただいても、見本を眺める時間はお取りします。会費は100円ですが、授業のプリントなどをコピーして15部お持ちいただいた方は無料になります。

 

会場:春日部市中央公民館

東武野田線「八木崎」駅下車1分

3F 大会議室

テーマ:「副教材見本市」

※会の終了後、お時間のある方はよかったら近くでお食事にいきましょう! 会では話せなかった悩み相談、雑談もできて楽しいですよ。

出欠席のご連絡は下記登録フォームからお願いします。

登録フォーム http://bit.ly/ohUVez

2017-02-17

[][] 2017年2月例会のご報告

 さて、もうひとつのご報告がサークルの2月例会。

 今月はご案内も遅かったですし、前回からの間隔も短く、あまり人が集まらないかなと思ってましたが、予想通りの少人数。しかも初めて来てくださった方々ばかりで、いつもとちょっと違う雰囲気のスタートでした。でも一度始まってしまうと、いつもと変わらぬ熱い会になりました。

 今月のテーマは、パフォーマンス・テスト。スピーチやALTとの面接など、現場でおこなっているテストの課題を整理しながら、実際に「ALTとの面接テスト」を設定して、タスクと評価基準を考えてみよう、ということになりました。参加者のみなさんが、まるで同僚になって、一緒に教科会をやっているような気分で話し合いをしてみました。

 これが結構難しい! でも面白い!

 まず、タスクの難易度設定が難しいです。実際にやってみると採点が難しかったり、時間が短すぎたり、なかなかお題が定まりません。お互いにアイディアを出し合いながら、少しずつ修正して最終的に現実的なテストが1つ完成しました。

 採点基準も、実際にやってみると、「こういう場合はどうする?」という具体的な課題が次々と浮上します。別の教員が別のクラスで同じ課題に取り組んだとしても不公平にならないような仕組みづくりの難しさを感じました。ポイントは、できるだけシンプルにすること、でしょうか。観点も絞って、できたかできなかったかをゼロイチで測るようなものじゃないとダメですね。

 ということで、3時間が本当にあっと言う間でした。現実の勤務中には、同僚とこんなにじっくり打合せができないと思うので、本当に貴重な機会になったと思います。(このくらいしっかり時間をかけて準備できれば、授業も評価も実りあるものになるのになぁと思います。)

 その他、全体でのスピーチ指導や、そのための英作文指導などについても話は広がりました。みんなで考えていたら、私もひとつ面白そうなネタが思い浮かびました。

 よく2年生の最後には「私の夢」なんてお題でスピーチを書かせたりしますが、そのままやるのは面白くないので、「私の夢」を語ると同時に「夢の実現に向けて、もし100万円もらったら何に使うか」を提案させてみたらどうでしょう。そして、それをみんなの前で発表させて(あるいは原稿を回し読みさせて)、誰を一番応援したいかを選ばせる企画です。

 サッカー選手になりたいから、1ヶ月間スペインに留学する。ケーキ屋さんになるために、専門学校の入学金にする。ラーメン屋を始めるために、まずはあちこち食べ歩く。などなど、100万円の使い途はいろいろだと思います。

 聴衆にシールを10枚渡して、掲示されている原稿の中から気に入ったものにシールを貼らせるのも面白いかも知れません。1つに10枚貼ってもしい、1枚ずつ10個に貼ってもいい。1枚1万円と想定すると、まるでクラウドファウンディングのためのプレゼン大会のように盛り上がりそうです。

 スピーチや英作文を書かせる際には、こんなふうに読み手や聞き手が主観的に内容をジャッジする仕組みが大切だと思っています。そうすれば、書き手(話し手)はよりしっかりと伝えようと内容や表現方法を真剣に考えるようになるからです。テスト、とはいえ、生徒が夢中になる「仕掛け」があるといいと思います。

 というわけで、私にとっても収穫の多かった2月例会。こんなふうに、参加者の皆さんと具体的に何かを作り上げる例会を、またやってみたいです。

 さて、来月のサークルは前にもお伝えしているかも知れませんが、準拠ワークやリスニングテストなどの学校納入の副教材見本をみんなでじっくり吟味する会です。これも本来は勤務時間内にやりたい作業ですが、現実には忙しい時期にパッと見本を見て(場合によっては見ないで)選定していることも多いと思います。ぜひこの機会をご活用いただけると幸いです。3月19日(日)15:00〜の予定です。

2017-02-06

[][] 2016年2月例会のご案内

 早くも2月例会のご案内です。

 公民館の部屋の都合で、前回から2週間での開催となってしまいます。直前のご案内となってしまって慌ただしいのですが、もしご都合がつきましたら、お越しいただけたら嬉しいです。

 今月は、「パフォーマンス・テスト」をみんなで考えましょう。学期末、そして年度末が近づいてますので、この時期に何かしらのパフォーマンス・テストを生徒に課している方も結構いらっしゃるかと思います。

 この学期の評価材料は?

 この学年のゴールは何か?

 音読テスト、面接テスト、プレゼン、Show&Tell、スピーチ、いろいろなパフォーマンス・テストがありますが、みなさんが具体的に取り組んでいるいろいろなパフォーマンス・テストを持ち寄って、アイディアをシェアしましょう。(この時期に実施しているものに限らず、年間を通してどんなテストを実施しているか、話題にする予定です)

 今月も、みなさんのお越しをお待ちしております!

SETC&ASTEK 2017年2月例会

日時:2017年2月12日(日)15:00〜18:00

会場:春日部市中央公民館 3F 小会議室

テーマ:「パフォーマンス・テスト」

会費:100円

(最近の授業で使ったプリントを15部コピーしてお持ちいただいた先生は無料!)

※会の終了後、お時間のある方はよかったら近くでお食事にいきましょう! 会では話せなかった悩み相談、雑談もできて楽しいですよ。

出欠席のご連絡は下記登録フォームからお願いします。

登録フォーム http://bit.ly/ohUVez

2017-01-30

[][] 2017年1月例会のご報告

 放課後の職員室で若手の先生とお話していると、「昨日練習試合をした学校の先生が、センセのセミナー?みたいなの行ってみたいって言ってましたよ」という嬉しいご報告。いや、最近結構こういうお話をいろんな先生から伺うことが増えました。ありがたいですね。ということで、まだサークル未体験のみなさまも、今度ぜひ遊びに来てくださいね。お待ちしております。

 さて、そんな今月のサークルのご報告です。

 今月は英作文をテーマに、前半は私が持参した定期テストの英作文問題を検討してもらいました。場面絵つきの和文英訳、グラフ解説パタプラ問題、そして授業と連動している旅行ガイドと、ありのままを見ていただきました。

 シンプルな和文英訳でも、場面絵があると、印象がずいぶん変わりますね。そして、漫画を使った英作文も話題になりました。でも、共通している課題が、学習素材としての漫画の問題。やっぱり、「英作文のための漫画集」がないと広がっていかないなぁ。誰か作ってくれないかなぁ(他力本願)

f:id:anfieldroad:20170130203523j:image

 後半は、埼玉県の高校入試の英作文問題を検討しました。2年前から質問に答えたり、意見に賛否を示したりするタイプになりました。全部で5文書きますが、その際1文目は「thinkという語を使い」とか「likeという語を使い」と何故か語彙縛り(というか誘導)がある問題です。みんなで中学生になりきって「回答例」を作ってみましたが、中学生の力だとかなり難しい。特に2年前の「We should read books.」という意見に対する自分の考えを書く問題は難しい。どうしても無生物主語か従属接続詞を使いたくなります。

 >>埼玉県 2015年入試問題(英作文)問題模範解答

 埼玉県の発表した模範解答を見ても、やっぱりそういう感じになっています。作り手は、ああいう英文を書く中学生がどのくらいいると想定しているんだろう? そして、あまり書けなかった受験生の多い高校はどんな風に採点したんだろう?

 もう1つ気になるのは、そう考えた理由を2文目以降に書くように問題文で指示されているので、2文目にBecause書き出しの文が続出しただろうな、ということ。話し言葉の代用としてのライティングと割り切って減点はしないのかと思うけど、問題がわざわざ導かなくてもいいのにと思います。

 個人的には、2コマ漫画の内容を40語程度の英語で書かせる群馬県が、結構進んでいるなぁといつも感心しています。文数指定ではなく、語数指定というのがいいですね。接続詞や副詞を使いたくなります。ああ、でもやっぱり素材としての漫画なんだなぁ。

 >>群馬県 2015年入試問題(英作文)

 その他、家庭学習として英語を書かせている場合のいろいろなアイディアなどについても話が盛り上がりました。みんないろんな工夫をしているんですね。とても参考になりました。

 ほら、楽しそうでしょ? いいなぁ、サークル行ってみたいなぁ、と思ったあなた、次回は2月12日(日)15:00〜18:00です。もうすぐですので、予定を空けておいてくださいね。

2017-01-19

[][] 2017年1月例会のご案内

 さて、ご案内記事が続いていますが、今月のサークル例会のご案内です。新年1回目の例会は、来週末1/28(土)16:00からの開催です。

 今月は「英作文力UP!」をみんなで考えようと思います。ふだん授業等で生徒に書かせている英作文のお題や、それに向けて積み重ねている地道な練習などをシェアし合いましょう。また、県立高校入試の英作文問題予想や教科書のプロジェクトの扱いなども考えられたら、と思っています。

 今月も、みなさんのお越しをお待ちしております!

SETC&ASTEK 2017年1月例会

日時:2017年1月28日(土)

16:00〜19:00

(いつもより1時間遅いスタートです)

会場:春日部市中央公民館

東武野田線「八木崎」駅下車1分

3F 中会議室

テーマ:「英作文力UP!大作戦」

会費:100円

(最近の授業で使ったプリントを15部コピーしてお持ちいただいた先生は無料!)

※会の終了後、お時間のある方はよかったら近くでお食事にいきましょう! 会では話せなかった悩み相談、雑談もできて楽しいですよ。

出欠席のご連絡は下記登録フォームからお願いします。

登録フォーム http://bit.ly/ohUVez

2016-11-14

[][] 2016年11月例会のご案内

 ということで、引き続き11月例会のご案内です。なんか最近サークルの記事しかアップできていませんね(汗) 些細なことでも記録として綴っておきたいと思ってはいるのですが、研究発表会シーズンで、準備やらいろいろに追われています。でもちょっと頑張って更新していこうと思います。

 さて、今月はビデオによる授業研究会です。

 春日部市立H中学校のT先生が、校内研の一環としてビデオ撮影したふだんの授業をサークルで公開してくださいます。ありがとうございます!

 単元としては学校図書TOTALのLesson 5の本文理解です。教科書の内容理解の後に、どのような表現活動ができるか、というテーマで授業に取り組んでいただきます。参加者のみなさんで、「普段教科書使ってどんな活動しているの?」というところを考えていきたいと思っています。

 どんな立派な研究授業の後でも、「で、普段教科書はどう使ってますか?」という質問が出ることが多いですから、みなさん一番気になるところなんだと思います。ぜひお誘い合わせの上、多くの方にご参加いただければと思います。

SETC&ASTEK 2016年11月例会

日時:2016年11月27日(日)

16:00〜19:00

(いつもより1時間遅いスタートです)

会場:春日部市中央公民館

東武野田線「八木崎」駅下車1分

3F 中会議室

テーマ:ビデオ授業研「教科書活用授業」

春日部市立H中学校 T先生

会費:100円

(最近の授業で使ったプリントを15部コピーしてお持ちいただいた先生は無料!)

※会の終了後、お時間のある方はよかったら近くでお食事にいきましょう! 会では話せなかった悩み相談、雑談もできて楽しいですよ。

出欠席のご連絡は下記登録フォームからお願いします。

登録フォーム http://bit.ly/ohUVez

2016-11-13

[][] 2016年10 月例会のご報告

 遅くなりましたが、10月例会の様子をお伝えします。

 10月は小さなお部屋での開催になってしまったので、参会者が入りきれるか心配だったのですが、結果的にはちょうどいい人数。濃い話し合いが出来ました。

 今回の話題づくりはS山先生。なんと今年度のソフトテニス全中優勝校の顧問の先生で、土日は練習試合や大会のために全国を飛び回る超多忙な先生です。そんな先生でも英語教師なら(当たり前ですけど)毎日の英語授業をおこなっているわけで、日々悩みながら奮闘されている様子を伺いました。ちなみに、S山先生は学生時代からうちのサークルに顔を出してくれているんですよ。

 さて、今回はディベート授業に挑戦ということで、2年生のリーディングの単元を素材にディベートまで持っていきたい、というプランです。S先生が考えている活動を実際にやってみて、参加者からフィードバックをもらう、という形でやってみました。

f:id:anfieldroad:20161030162124j:image

f:id:anfieldroad:20161030162131j:image

 で、実際にやってみると、2年生ということでまだ使える表現も限られること、生徒の習熟度に差があることなど、不安な点も浮かび上がってきました。そして参加者からいろいろなアイディアを出し合いました。2年生ということも考慮して、ALTと生徒(グループごと)でディベート対決する、なんて案も出ました。小学校の先生からは、小学校の国語教育との連携についてもお話がありました。S山先生は、これらのフィードバックをもとに、自身の指導案を再構築していくことと思います。

 実はS山先生は、近々年次研の研究授業を控えていて、今回の授業プランはその時におこなう予定もののです。地元のサークルとして、地域で頑張っている先生をサポートするという意味で、今回は「S山先生応援企画」として実施してみました。サークルって、こういう役割も大切だと思うんです。なので、「近々研究授業を控えているんだけど…」という方、いつでもご相談ください。みんなで一緒に考えて、その人らしい授業ができるように応援したいと思っています。

 ということで、10月も楽しい例会になりました。近々ご案内しますが、今月は27日(日)に、ビデオによる授業研の予定です。お楽しみに。