アニオタ保守本流 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2100-04-01 アニオタ保守本流&渇動報告告知ページ

アニオタ保守本流&渇動報告告知ページ 03:54 アニオタ保守本流&渇動報告告知ページを含むブックマーク アニオタ保守本流&渇動報告告知ページのブックマークコメント

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/

===================================

ブログのすべての記事を時系列順にご覧になりたい場合はこちらから御覧下さい

全記事一覧

===================================

aniotahosyuaniotahosyu 2010/09/27 07:12 ★こちらの記事は告知用記事ですので、コメントされないようにお願いします(コメントすると過去記事スペースが圧迫の為)★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/21000401

2014-08-28 チャンネル桜に関連する私の一連のツイートについて このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

チャンネル桜に関連する私の一連のツイートについて

 

 ここ数ヶ月、日本文化チャンネル桜(以下チャンネル桜)と同社社長である水島総氏に関連した私のツイッター上でのつぶやき(以下ツイート)に関連し、私のツイート曲解した一部のユーザーが、チャンネル桜事務局などへ「古谷がチャンネル桜批判している」「古谷がチャンネル桜を裏切った」「古谷とチャンネル桜が仲違いしている」などの不可解な問い合わせが相次いだ、とのご連絡を、チャンネル桜関係者の方から頂戴しておりました。

 事ここに至り、こういった一部のユーザーが、私のツイート曲解して所謂下衆の勘繰りに近いような動きを益々苛烈に行なっている事を鑑み、チャンネル桜関係者ともお話し合いをしました結果、このような一部のユーザーによる曲解等の誤解を正し、また、私のツイートの内容がこのような曲解を惹起させるに足る内容を含んでいたことを反省して、この場を借りて説明に及ばんとする次第であります。

 まず、特に問題と指摘されました2つのツイートについてご説明申し上げたいと考えます。一つ目は、2014年8月15日の02:29:26に私が投稿した以下のツイートについてです。

”録画していたNHKの『狂気戦場ペリリュー〜忘れられた島の記録〜』を観ました。第一級のドキュメント。「NHK解体!」とか言ってる連中は、まずこれに匹敵するドキュメントを撮ってから、何か言ったらどうか。自己満足政治動画ばかり作っていないで、少しは「NHKの本気」を見習えと言いたい”

 これは、同8月14日夜にNHK総合放送された『狂気戦場ペリリュー〜忘れられた島の記録〜』のドキュメントとしての瞠目するべき秀逸性を論評したものに過ぎませんが、続けて

”「NHK解体!」とか言ってる連中は、まずこれに匹敵するドキュメントを撮ってから、何か言ったらどうか。自己満足政治動画ばかり作っていないで、少しは「NHKの本気」を見習えと言いたい”

という部分を指して、「古谷はチャンネル桜批判している」という苦情が多数寄せられた、という事がありました。

 このツイートの真意とは、NHK解体或いは破壊標榜して劣悪な動画等をつくり、ユーチューブニコニコ動画投稿している一部の一般不良ユーザーに対する苦言に過ぎませんし、もとより私は2013年12月に出版いたしました『反日メディアの正体』(KKベストセラーズ)の中に詳述しておりますように、既存大手マスメディアに対しては解体ではなく進化を求める、というのが私のメディア論原理原則でありまして、このような質の低い、二元論を唱えるユーザーに対しては懐疑的立場を貫いている、というその私の立場を再度ツイートにて表明したに過ぎません。

 しかし、NHKに対しては、2009年4月に同局で放送されました『ジャパンデビュー アジアの一等国』について、その内容が取材対象者である台湾の山地系原住民の子孫の名誉を著しく傷つけている、などの主張から、チャンネル桜が中心となって計1万人に及ぶ原告団形成して、NHKを相手取り訴訟(1審原告敗訴、2審原告勝訴、現在最高裁係争中)に及んでいるのは事実であり、私のツイートが劣悪な動画生産する一部の不良ユーザーに対して向けられたものが真意だったにせよ、第三者からすればそれはチャンネル桜を中心とした一連の訴訟活動を指していると誤解されても致し方なく、これについては思慮に欠けたツイートであったと反省し、このツイートを取り消します。



 またもう二つ目は、2014年8月24日の00:24:57に私が投稿した以下のツイートについてです。

”ありがとうございます。誤解の無きように申し上げますと、私と水島氏は「いち出演者」と「CS放送社長」の関係以上でも以下でもなく、「仲違い」という前提がそもそも存在しません。宜しくお願いします。 RT @XXXXXXXX 水島社長と仲たがいされたように。 そうなのですか?” 

 これは、ツイッター上で或るユーザー配慮の関係上、上記引用においてはXXXXXXXXと表記します)が、

「古谷さん、普段応援させていただいています。 ところで、「荻窪ベルベットサン」の動画を偶然見ました。 あの動画によれば水島社長とは仲たがいされたよう見えました。 そうなのですか? (そうであれば残念です)」

 という私への質問に対し行われたものです。便宜上この質問者をX氏としますが、X氏のいう”「荻窪ベルベットサン」の動画”というのは、私が東京都杉並区ライブスペース「荻窪ベルベットサン」に於いて2014年7月20日日に行われた当方の出版記念トークイベントの際、出席者の田中秀臣氏(上武大学教授)と私、と共に、トークイベントの後半30分程度にのみ、特別サプライズゲストとして新規に登場した倉山満氏(憲政史家)による、一連の雑談トークを「当時生放送していたUstream動画から民生ソフトを用いて録画、切り抜き」、著作権者の許可無く無断ユーチューブアップロードした、たった10分に満たない動画部分のみを「偶然見て」、それを「水島氏と古谷が仲違いした」などと勝手に解釈した上での質問だったのです(*これらの違法動画投稿行為は到底許容できませんが、さりとて私が目くじらを立てていちいち、法に訴えたり削除撤回を求めることはありません)。

 元来、この動画は私と田中秀臣氏、そしてゲストにてお越しいただいたファイナンシャルプランナーの方を交えて、日韓関係について行われた都合2時間弱に及ぶトークの文脈を全く無視し、後半の更に10分のみを切り抜き、あまつさえそれを違法にアップロードされた一片の動画に基づいて、まるで「下衆の勘繰り」の如くゴシップ的関心から投げかけられた質問であるのは明白であり、私はこの質問者の不誠実な態度に怒りを禁じえず、

”私と水島氏は「いち出演者」と「CS放送社長」の関係以上でも以下でもなく、「仲違い」という前提がそもそも存在しません”

という冷徹な物言いに終始した、というのが、実相です。

 私の率直な意見を申し上げますと、私とチャンネル桜との邂逅は2010年の8月下旬であり、それ以来同社社長水島総氏の強力なイニシアチブのもと、2010年の11月からは早くもインターネット動画番組さくらじ」が私の司会という形で開始され、以後2014年5月の終了をみるまで都合3年半にわたって数次の改変を伴いながらも、その大任を任せていただいたという、私からすれば大恩義に感じているのは当然のことであり、またこのインターネット動画番組さくらじ」の放送の終結(2014年5月)は、私の体調不良などを勘案して、水島氏と協議の末、円満的に終結が決定されたのであり、もとより「仲違い」をする前提など有りません。

 過去にも、現在にも、原子力政策メディア論、若者論などで多少の意見の食い違いはありましたが、チャンネル桜及び水島氏と私の間で係争事案は一切存在しておりません。私のこの様なツイートで以って、いかにも「水島総氏と私に間に不和があるのではないか」という古典的ゴシップ的興味」で以って、私のツイートを全て曲解する人々の存在は極めて遺憾に思います。

 しかしながら、私の生来の性格的歪み、世の中を斜めに捉える偏屈頑迷な正確が災いして、水島氏を絶賛する事に一分の気恥ずかしさ(照れ)を感じ、

”私と水島氏は「いち出演者」と「CS放送社長」の関係以上でも以下でもなく…”

という極めて突き放した表現を採ったことは、上記のような曲解を招来する原因が私の側に存在していることは事実であり、曲解・誤解を招く表現を用いたことを反省し、このツイートを取り消します。

 チャンネル桜とは現在、近々に刊行予定の『言志』に拙稿を寄稿させていただいており、もとより私は当該紙の電子版のデザイン、或いは構成の一部を担当するという仕事を受注していた関係ですから、「不和がある」「古谷がチャンネル桜を裏切った」などという指摘は全くの「下衆の勘ぐり」でありますことを再度ここに強調いたしますが、重ね重ね、そのような誤解を惹起させるに足る表現を私がしましたことは、訂正し取り消します。

 水島氏は、こういった番組執筆以外の分野にも2010年の10月以降、チャンネル桜出演者の中では最も再若年に当たる私を厚遇して頂きましたのは、当然のこと事実であります。さらに私が一時期、国民運動体頑張れ日本全国行動委員会」へのデモ活動等に参加していたときには、弁士としての機会を活発にお与えになり、さらにそれら国民運動に関する各種様々な事案・懸案に際してその都度激励、説得、交渉など、関係各所に東奔西走されました(現在でも)ことは、周知の事実であります。また、これ以外にも当然有形無形の私への支援存在しましたが、それらの支援は、私の現在に至る言論活動の基礎となっているのは当然のことであって、私が水島総氏に感謝の念は感じようとも、「不和」「裏切り」「非難」などという要素が、私の中の何処にあるというのでしょうか。そんなものは存在しておりません。

 今回のこの声明が、何事もすべて「ゴシップ的な興味」で消化しようとする一部の不良ユーザーに対し、さらなる”燃料投下”に繋がるというのは重々危惧されるところですが、これ以上の曲解を食い止めるためにも、ここに私の真意・見解を記するのが正当行為と考え、起草に及びました。今後共、何卒よろしくお願いいたします。

2014年8月28日 古谷経衡

 

@SAKEBUKODAMA@SAKEBUKODAMA 2014/09/05 06:16 相わかり申した。
益々勉励して御活躍いたされたし。
なお、”偏屈頑迷な正確が災いして”の正確は性格の誤変換であろう。正確に書こう。

マチュピチュマチュピチュ 2014/10/14 21:35 著述家なのに誤解を与える表現力はどうかと思う

醤油戦士亀甲マソ醤油戦士亀甲マソ 2014/10/18 08:00 バカッター民のリテラシーにあわせてツイートするのは難しいと思いますよ。
ってかニュータイプでもない限り100%の意思疎通なんてできないし、ツイッターは文字数制限厳しいから尚更誤解される事は多いっす。

醤油戦士亀甲マソ醤油戦士亀甲マソ 2014/10/18 08:00 バカッター民のリテラシーにあわせてツイートするのは難しいと思いますよ。
ってかニュータイプでもない限り100%の意思疎通なんてできないし、ツイッターは文字数制限厳しいから尚更誤解される事は多いっす。

.... 2014/11/14 07:22 倉山氏は安倍政権の8%への増税で水島氏と決別したらしい

あの違法な動画では古谷氏は水島ヒロから倉山氏への内容証明の付いた
ハガキについて,肯定的にも否定的にも意見は言われていなかったと思う.

表に出ていないさまざまな事情があるのでしょうね.
いちいち弁解しなくてはならないのもつらいですね.

先鋭的な意見は,聞いている分には面白いけど
世の中を動かす力はない.三島由紀夫事件のような影響力がせいいっぱい.

ある程度の妥協をしながら,政権を取りに行く勢力を作ろうとしている水島ヒロの方がはるかに大人で怖い.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20140828

2013-12-16 「利休にたずねよ」は薄っぺらい日韓友好映画なのか?

[]利休にたずねよ」は薄っぺらい日韓友好映画なのか? 15:13 「利休にたずねよ」は薄っぺらい日韓友好映画なのか?を含むブックマーク 「利休にたずねよ」は薄っぺらい日韓友好映画なのか?のブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20131216142138j:image

一部で話題になっている映画利休にたずねよ』を観てきた。なぜ話題になっているのかといえば、「作中で描写される歴史捏造がはなはだしい」というものである。こういった批判をまとめると、


・ 作中で韓国国花である槿(むくげ)がフィーチャーされているが、利休が愛したのは京椿。槿ではない。

日本人李氏朝鮮の姫を拉致した事実はない。青年利休との心中フィクション

李氏朝鮮の姫に利休が唐辛子を買って、料理に使い喜ばせる演出があるがこれも嘘。朝鮮唐辛子が広まるのは、秀吉朝鮮出兵で防寒用に持ち込んだ後

・ 作中では日本人職人(長次郎)が利休の思い描くものを作れなかったことになっていて、高麗物の小壺(香合)を見せているが、緑釉は朝鮮にはなく、そもそも長次郎は交趾焼の工人の父を持つ瓦職人である。

・ 作中に登場する高麗物の緑釉はフィクション。当時の高麗では貴人は景徳鎮に似せた白瓷を追い求めており、白瓷器が主流。

・ 作中で麗しい衣裳としてチマチョゴリが登場するが、チマチョゴリ授乳着であり、乳が丸出しだった。これが現在の形になったのは日韓併合以後。

茶道朝鮮半島を経由せず支那より直接渡来したが、それは喫茶法であり、点前の式法ではない。式法は中尾真能によって能や弓道、礼法を参考にして、日本 で独自に定められたもの。

・ 当時李氏朝鮮では、日本で持て囃された井戸などは雑器であり、貴人が用いないことが、秀吉が謁見を許した通信使の発言で分かっている。つまり、李氏朝鮮の姫が利休に井戸などの良さを教えることは出来ない。

出典*表千家都流茶道教授 月甫宗地氏のエントリー「利休にたずねよ の嘘を暴く」より


 ということである。正直、私は、上記の指摘がすべて正しいとしても、それは映画の完成度やクオリティとあまり関係がないと思っている。なぜなら、時代を扱った映画ドラマが、その時代に忠実であるかどうか、つまり歴史考証に忠実な作品が良い映画かというとそういうことではなく、また歴史考証がでたらめな映画は駄作なのか、というとそんなことはないのである。

 たとえば、スピルバーグの『シンドラーのリスト』はそもそも舞台ドイツなのに全員英語をしゃべっている時点で時代考証無視している。リュックベッソンンの『ジャンヌダルク』はジャンヌフランス人だが「フォロミー」などと平気でいっている。ハリウッド歴史ものに良くありがちなこの「言語問題」は、しかしその矛盾を補って余りあるほどの映画的完成度を保っているからこそ許される歴史改ざんである。

 私が大好きなタランティーノの(最高傑作と思っている)、『イングロリアスバスターズ』は、あんなもの全部嘘っぱちだが最高にクールだ。当時の言語を忠実に再現したという『アポカリプト』もたぶん細部には創作と嘘が混じっているだろうが、すばらしい作品である。そして黒澤明『乱』架空の大名家の戦いだし、そもそも当時を忠実に再現しようと思えば『暴れん坊将軍』とか『遠山の金さん』とか『水戸黄門』とか、ほとんど全部創作なのであるから、作り変えなければならない。女優がお歯黒を塗っていない、武士競走馬みたいな背の高い馬に乗っている、ガス灯が開発される以前の江戸の町が妙に明るい、妙に標準語でしゃべる代官とか、時代映画ドラマ「嘘」をあげていけばキリがない。我々は、現代人の感覚でしか歴史を再現することはできないのである。当時を忠実に再現した作品は、たぶん映画的な「エンターテイメント性」とは全く合致しないからだ。だから歴史映画というのは、常に当時の史実現代風にアレンジした上で、我々の感性との妥協点で作られているし、またそう作るしかないということをまず、押さえておかなければならない。重要なのは、時代考証がしっかりなされているかではなく、映画的な完成度が高いか否か、という部分だ。

 それを踏まえたうえで、私は「利休にたずねよ」の数々の歴史「嘘」を点検することよりも、この映画脚本、演出、その他の「映画的」な構成要素をことさら重視して鑑賞に望んだ。正直言って、伊勢谷友介が演じる信長とか、大森南朋豊臣秀吉も、基本的には年末年始とかにやる5、6時間モノの「民間大河」のレベルを出ていない、安直でオーソドックスなものだ。

 しかしこの映画が重視しているのは歴史映画重厚感ではない。冒頭、満月の夜信長が各地の茶人を呼んで、茶器を値踏みするシーンがある。おのおのが壮麗な名物を持ち寄る中、利休だけがお盆を持参する。「あのような(粗末な)ものを」と嘲笑される中、利休は盆に水を注ぎ、水面に夜空の満月を映し出す。盆の模様とあいまって、そこには見事な名月が映し出され、周囲は感嘆する…。

 この冒頭のシーンが、利休という人間とこの映画テーマのすべてを語っているといってよい。つまり、物質、金銭、地位、名誉・・・といった「世俗」的なものと全く違う次元に利休が存在することを示し、「世俗」と「美」を明確に対峙させ、美にこそ生きる人間が利休であり、その利休の世界観に、当時の武士階級のみならず一般庶民までが惹かれていく様子が描写されるのである。

 しかし、この映画の全く残念なことは、途中から高麗李氏朝鮮)の姫が登場する段である。利休は茶人になる前、全くの遊び人として描かれるが、その姫に「美」の何たるかを学び、「世俗」から足を洗って一人前の茶人へと変身する場面なのであるが、利休が究極の「美」を教わったとされるその高麗姫は、基本的に茶人でもなければ芸術家でもなく、結局のところ単なる色恋沙汰の一種の域を出ないものであり、なぜこの高麗娘が利休に「美」を授けたのか、利休がこの高麗娘から何を学んだのか、全く意味不明で説明不足なのである。

 少し前に『終戦のエンペラー』という映画があった。主人公ボナー・フェラーズという米軍准将が、戦争中に静岡を爆撃リストからはずすように、と指示していたことが明らかになるシーンがある。なぜかというと、恋仲にあった日本女性静岡に住んでいるから、という理由。「何だ、結局、こいつが好きなのは日本じゃなく女か」という当時のがっかり感と『利休にたずねよ』のそれは、図らずもシンクロする。

 物質、金銭、地位、名誉といった世俗的なものと、最も遠いところにある美を追求していたはずの利休は、結局「痴情」という最も世俗的なものに縛られていた、という脚本からは、結局千利休という人は単なる俗人だったのか、という風にしか解釈できない。この映画テーマであるはずの、世俗から超越した「美」というもののテーマが、変に唐突の感がある高麗娘との色恋エピソードが入るものだから、全くもってぼやけているのである。ここに「日韓友好」のイデオロギー的感情が、もし入っているのだとしたら、あまりにも薄っぺらい映画的演出だ。

 失礼を承知でつらつら書いたが、私は本作の原作山本兼一氏)の小説を読んでいないので、原作はこのあたりがもっと補完されているのであろう。ただ、あくまで映画としてみた場合、この作品は全く凡庸クオリティしかない。

利休にたずねよ』という本作のタイトルは、「利休さん、結局あなたが好きなのは美なのですか、昔の女だったですか」という皮肉なのか。そう解釈されても仕方ないほど、脚本力も監督力も弱い。映画としての完成度が高ければ、私は日韓友好でも歴史捏造でも、なんでも喜んで受け入れるが、残念ながら本作は、そもそも映画として全く面白くない。




---------------------------------------------------------

さる2013年12月14日に発売されました小生5作目の著作『反日メディアの正体 戦時体制に残る病理』(KKベストセラーズ)発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

外山外山 2013/12/24 20:46
 メリークリスマス

いつか、『李垠殿下にたずねよ』という伊藤博文公絶賛の日韓友好映画、副題「〜韓国は日本がつくった〜」を韓国につくらせたいものです。

りきゅりきゅ 2014/10/20 14:27 「茶道の韓国起源説」を映画にしちゃった。
 
エンターテインメントではあっても史実の基本は押さえないと駄目でしょう。
「事実を棚上げして、感情を優先する人治国家・韓国のプロパ映画」と揶揄されても仕方ない。

ニートな午後3時ニートな午後3時 2016/06/11 18:44 勿論ドラマであるから嘘や捏造はある。「しかしそんな事はどうでもいい」ちっとよくない。嘘や捏造は無作為になんとなくするものでは無いからだ。面白くしたいのか、思想を込めたいのか、起源説を主張したいのか。当時を忠実に再現する事に意味はないが、例えば信長は本能寺で光秀に裏切られ死んだ、という歴史的常識は変えられない。勿論それを踏まえて、実は秀吉の謀略だった、或いは信長は地下から逃げ死んではいなかった、というドラマにしてもかまわないが、そこには作者の思いや歴史観が反映される。どう作り変えたか、極めて重要な事である。あらゆうドラマの捏造を混ぜこぜにして無意味にしてしまったツネヘラ君、君に映画を語る資格は無いよ。茶道の始まりは韓国であり、利休に伝えて日本に広まった、という捏造は作者の思想が込められている。月甫宗地氏が反論するのは当ったり前である。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20131216

2013-12-14 「ニート株式会社」の気持ち悪さ

[]ニート株式会社」の気持ち悪さ 06:22 「ニート株式会社」の気持ち悪さを含むブックマーク 「ニート株式会社」の気持ち悪さのブックマークコメント

 先日、日本全国のニートからなる「NEETニート株式会社」というモノが出来、12月10日に設立記者会見を開いたという。正直な処、第一印象でこのニート株式会社に感じるのは「気持ち悪さ」しかない。日本中のニート達が集まってその全員が取締役に就任した、ということらしい。搾取・被搾取上下関係を造らないためだとか。この「ニートが集まれば文殊の知恵」みたいな起業話って、神山健治監督が『東のエデン』(2009)で既にやっているし、元をたどれば村上龍の『希望の国エクソダス』(1999)とかで、もうさんざん出尽くしたネタだと私個人では思っているから、今更の感はある。

 ともあれ、このニート会社に感じる気持ち悪さというのは、同社の設立理念を謳ったこの部分。

「ぬるくて気だるい、成熟し閉塞した日本社会を少しでも面白くしていくには、現状に違和感を抱きはみ出してしまったアブノーマルマニアックな少数派が、新しいビジネスやワークスタイル実験的に模索していくことが必要」(マイナビニュースより引用

 彼らの言いたいことは分かる。しかし、彼らが最も勘違いしているのは、”成熟し閉塞した日本社会”というのが自分たちの外側の、ここではない、どこか遠くに存在するもので、自分たちはその中に包摂されていない存在であるか、若しくはその”成熟し閉塞した日本社会”の犠牲者こそが自分達である、という隠しきれないニュアンスが含まれていることだ。これこそがニート株式会社が抱える最大の矛盾であり自己欺瞞だ。

 何故なら、”成熟し閉塞した日本社会”が産み出したものこそが彼らニートであり、”成熟し閉塞した日本社会”の分身こそが彼らそのものだからである。成熟社会とか閉塞社会と、ニートは不可分ではない。彼らは戦後空間という日本のある種の成熟が産み落とした申し子そのものだからである。戦後レジュームの脱却を、戦後体制その物である自民党が声高に叫ぶのと同じかそれ以上に馬鹿げていて滑稽である。ニートは甘え、などというつもりはない。ただ、自分たちが成熟や閉塞の犠牲者だという考え方はやめてもらいたい。


<全員取締役>雇われたらニートではなくなってしまうので、雇用された従業員は一人もいない。

<全員平等>全員が平等に株主で、搾取する第三者はいない。

本名を知らない>本名は知らせず、これまでの自分は忘れて、お互いにハンドルネームで呼び合う。

<楽しむ>すぐに儲(もう)かるか分からないことも、楽しければやる。あくまでニートらしく!


上記はニート株式会社の特徴とやららしいが、なんかここまで来ると原始共産制臭いすらする。どうりで山本太郎三宅洋平投票する若者が多いわけである。彼らは、自らが成熟した戦後日本病理の一部であり、そこと癒着していることを自覚するところから始められてはどうか。



---------------------------------------------------------

さる2013年12月14日に発売されました小生5作目の著作『反日メディアの正体 戦時体制に残る病理』(KKベストセラーズ)発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

NEET株式会社からの刺客NEET株式会社からの刺客 2013/12/15 00:24 弊社取締役に、あなたのブログを発見した者がおり、反論を要請されました。
一読しましたが、ネットの誤情報に踊らされただけの、無知に基づく見解です。
そもそもタイトルからミスがあり、反論する価値もないと判断しました。
そこで、一言だけ残しておきます。
【「古谷経衡」の気持ち悪さ】
正直な処、第一印象でこの古谷経衡に感じるのは「気持ち悪さ」しかない。

通りすがり通りすがり 2013/12/16 06:52 NEET株式会社からの刺客さん
うまいこと言ったつもりかもしれませんが、あなたの文章を読んでもコメントの趣旨が全くわかりません。
この記事に書かれている誤情報とは具体的に何ですか?
タイトルのミスとは何ですか?
あなたは何者ですか?NEET株式会社は全員の立場が平等なのに、誰かが誰かに指示をすることが出来るのですか?それともNEET株式会社の外部の人間ですか?
何も語らずにこの記事は誤情報に基づいているとレッテルだけ貼るならば、議論から逃げているようにしか見えません。

内部者内部者 2013/12/16 16:18 内部者が一言。
報道上では本気かつ真剣に取り組むニートについて一切報道されていませんよ。

にこまつにこまつ 2013/12/23 23:17 はじめまして。
私もニート株式会社という言葉に違和感を感じているものです。

ニートと言う言葉には若年無業者に対するレッテル貼りでしかなく、そのような差別用語を嬉々として自分から名乗るなんてアホかと。

ニートが仕事始めたら自営業だろ!

ニートのネットスラングとして自宅警備員なる言葉がありますが、同じ意味だとしても社会に対しての抵抗感が感じられて好きです。

ヤフルヤフル 2013/12/28 12:34 また自称古谷ツネヒラの同族嫌悪がはじまったね。古谷くんも半分ニートみたいなものじゃん
自分の気に入らないものを叩いて優越感に浸る・・典型的なネトウヨで安心したよ

楠乃小玉楠乃小玉 2014/10/09 21:01 ネトウヨってのも差別用語だけどね。
批評することは言論の自由の範疇だし、
自分の気に入らない書店を襲撃して謝罪文まで出させる左翼よりいくぶんマシだと思うけど。
ちなみに、俺はニート株式会社は応援する。
どんな形状であっても成功した奴が勝者だ。
ようは勝てばいいだけよ、やり方は問題ではない。

ニートな午後3時ニートな午後3時 2016/06/11 18:16 まずにこまつ君、差別用語てのは誰かが差別用語だ、と勝手に決めたから差別用語なんだぜ。勝手に差別用語にすんな。ツネヘラ君、考え過ぎなんだよ、気色悪い。「俺には面白くない」でいいだろ。「ああそうかい」で終わる話。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20131214

2013-07-22 「若者が保守化している」という大嘘〜そして山本太郎の当選〜

[]若者保守化している」という大嘘〜そして山本太郎当選 05:01 「若者が保守化している」という大嘘〜そして山本太郎の当選〜を含むブックマーク 「若者が保守化している」という大嘘〜そして山本太郎の当選〜のブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130722042704j:image

若者保守化した、という願望

 参議院選挙ですべての議席が出揃った。結果は、やはり従前の予想通り自民党の圧勝。そしてこうも自民党が勝つと、若い世代愛国心保守に目覚めて自民党投票した、とすわ思いたくなる。事実上ネット選挙運動が解禁されて初めての国政選挙で、いわゆる「ネット保守」の訴えや拡散が、若者に広範な支持を得て、自民党が躍進した、とどうしても「保守」は思いたくなる。そういう言説は「保守派」にとって実に耳に心地よい。

 しかし実はこれは「保守」の願望ではないのか。私は今回の選挙で、自民党の圧勝よりも、東京選挙区における山本太郎当選に衝撃を受けた。

 山本太郎は、大学生20代を中心とした若年層のボランティアなど、草の根の組織力で(勿論、過激組織も入っているだろうが)当落線上にあるという事前の予想(しかしこれも、当初はトンデモと思われていた)を裏切り、定数5の内、4位で当選した。TBSの調査によると、東京選挙区での出口調査の結果、無党派層投票行動トップ山本太郎、次点が共産党吉良佳子である。共産党は15年ぶりに東京議席を回復した。この両者とも、積極的なインターネットの活用を行なっている。吉良はともかく、山本の支持者は圧倒的に若年者が多い。この衝撃は計り知れない。

 「保守派」は、国政選挙や或いは大型地方選で、保守系の候補が競り勝つたびに、「インターネットの力」「インターネットによって感化された若者が支持した」という説を繰り返す。つまり、若者保守化愛国者化しているので、自然保守系候補(自民)が当選している、という論調に走りやすい。繰り返すように、自民党の圧勝を受ければ、この様に考えてしまうのも当然だが、少なくとも東京選挙区の情勢を見れば、この「若者保守支持」という構図は全く適当ではない。勿論、いわゆる「ネットの力」で当選効果があった候補者もいるとは思うが、少なくとも大勢には成っていない。

 「保守」が繰り返す「若い人が愛国心保守に目覚めている」というのは、今回の山本太郎当選無党派の動向によって全く瓦解してしまった。若者保守化しているというのは大嘘どころか、むしろ右も左も分からないような若年層の大学生ギャル(山本や吉良の背後で嬉々としてテレビに映っていた人々)は、どんどんと左傾勢力に取り込まれている、というのが実相である。若者保守化」は保守の願望であり事実ではない。


ネット保守の中核は30代後半

 私は、いわゆる「インターネット保守(批判的な論調ではネット右翼と呼ばれる)」に対し、恐らく我が国で初めて統計調査を試みた。詳細は拙著『ネット右翼の逆襲 嫌韓思想と親保守論』(総和社)に詳しいが、その結果、圧倒的に自民党支持が多い彼らの平均年齢は、38歳程度で、お世辞にも「若者」とは言えないことが判明した。もっとも、政治世界では30代後半とて若造ではあるが、本当の意味での若年層(20歳前後)とは年齢層が圧倒的に異なっている。

 ここにいつも誤謬が発生する。保守」のいう「若者」とは、20代のことではなく30代後半がボリュームであること。そしてそれをあたかも20代の、うら若い大学生からの広範な支持であるように誤解してしまっているところだ。確かに、「保守」に10代、20代はゼロとは言わない。3年、5年前と比べれば絶対数が増加しているのは間違いはない。しかし、結句の投票行動が、その多くが保守党ではなく、山本太郎に流れたのは、今回の選挙では紛れも無い事実である。いまだ保守党の票田は、中高年に支えられているのだ。ここは揺らがない。

 じっさい、私が参加する「保守」の集会やデモ講演会に、20代なんてほとんどいやしない。更に10代ともなるとまるで”希少生物”である。繰り返すがその数はゼロではないが、圧倒的にマイノリティなことには変わらない。それをして「若者政治に無関心」という結論に達するが、本当はそうではない。

 若者政治に関心がないのではなく、単純に「保守に関心がない」のである。政治に対しそもそも無関心だから若者が来ないのではない。若者保守ではなく山本太郎の方に魅入られたのだ。ある種オルグられたといっても良い。そうして山本は当選した。若者保守化しているのなら、山本や吉良が当選するなどあり得ない。

若者左傾化リベラル化していて、保守に興味がない」というのが私の実感に近い。そして、保守」が想定している若者とは、実際は大学生とかギャルのことではなく、30代中盤から40代前半の有権者のことだ。もちろんこれすらも相対的には若いことは事実だが、いつも、常に、ここに誤解が存在する。


・「保守」はいまだ若者に対しあまりにも無力だ

 右も左もわからない様な大学生ギャルが、リベラルに回収されている。その原因は、俳優としての山本に知名度があるとか、そういうこともあると思うが、実際は違うと思う。右も左もわからない無知な大学生とかに、無理やり教育勅語を覚えさせるような、或いは徹底してまず様式美を求めるような、上からの近代化、或いは権威主義的な姿勢を「保守」が取り続けていたのにも大きな原因があるのかとも思うが、それも全部の理由ではないだろう。

 きっと人間は年齢を重ねると保守化する、というのが正しいのかもしれない。右も左もわからない無知な人間に、日本国のすばらしさを伝えるには、大前提的に受け手が若いことに起因する無教養経験値の少なさ、という構造的な問題があるような気もする。詳細な分析はこれから更に時間をかけて行わなければならないだろう。

 ともかく、「若者保守化している」とか「若者右傾化している」という論調自体がそもそも間違いで、仮に正しかったとしてもそこで定義される「若者」というのは30代後半がボリュームだという事を忘れてはならない。右からの「若者保守化」は願望に過ぎず、左からの「若者右傾化」は単なる事実誤認レッテルである。

 若者の心は、着実に保守から離れたところにある。それを自民党の圧勝で、まるで「若者からも支持を得た」と誤解してはならない。この誤解は慢心を産み、やがて次の選挙に影響するだろう。今回の選挙での影の勝利者とは、山本太郎吉良佳子に象徴される革新リベラル勢力だ。無償ボランティアに集った20代若者は、5年10年と経たぬ内に、今度は第二の山本や第二の吉良となって、或いは党幹部候補や市民運動家の予備軍となろう。今回の選挙で、左翼勢力は次世代の育成を盤石に行う体制を整えることができたのである。

 一方の「保守」側は、大都市部の、無党派の、若者20代の…)がインターネットを駆使して保守派の勝利に貢献したと本気で信じている部分がある。繰り返し繰り返し言うが、保守が想定する「保守的な若者」の実際は30代後半であり、本当の意味での若者ではない。

 山本に代表される選挙結果は、「保守」の訴えや浸潤が、本当の意味での「若者」に対し、あまりにも空振りであったことを象徴するものとして象徴的だ。スマホを使いこなし、クラブで遊んで、なんだかよくわからないけど地球環境とか大事だよね〜という、本当の意味若者に対し、「保守」の訴えは全く無力である事を知らなければならない。まだまだ前途は多難である。「勝利の美酒」などにとても酔えるものではない。

---------------------

さる2013年4月26日に発売されました小生4作目の著作『ネット右翼の逆襲 嫌韓思想と新保守論』(総和社)好評発売中です。増版しました。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

レイラレイラ 2013/07/22 12:28 恥ずかしながら私は、山本太郎なんぞの話に感銘を受けて票を投じる人なんて、ごく一部の情弱だけだと思っていました。
ところが実際はそうじゃなかった。
フォロワーを保守で固めてTwitterをやっているだけでは絶対にわからない現実がそこにはあると思いました。
選挙前も、山本太郎に期待を寄せる声は多かったです。それはベジタリアンの人だったり、動物愛護の人だったり、はたまた政治には無関係な感じの若者だったり。
「こいつら本当情弱だよなー」と鼻で笑って一蹴できるはずが、どうもそんな風にバカにも出来ない勢いを感じておりました。
古谷さんの仰る通り、若者は保守に傾倒してなどいないのです。
20代の私としては実に哀しいことです・・・

三笠三笠 2013/07/22 14:35 永田町入り前に公職選挙法違反による逮捕を期待。まぁ、でもないんだろうな〜。
一体どんな馬鹿なんだこんな絵空事ばっかくっちゃべるやつに票を入れるやつは。

るるるる 2013/07/22 15:36 市民活動家、菅直人2世の誕生と言ったところでしょうか。

農民農民 2013/07/22 19:37 今30代保守の私が20代最初に投票した国政選挙でどこに入れたかというとなんとなく自民以外という理由で民主でしたからね。
ただ2000年代前半と現在では反日国の脅威度が桁違いですから。
現実に早い段階で気づきやすい環境だと思いますよ。
目に見える脅威がなかった団塊世代は戻れないとこまで行ってしまいましたが。
選挙を見れば3.11後乱立した反原発政党はほとんど沈没したのも事実。
山本に入った票の本質はお笑い百万票ではないかという気が。
共産の躍進も左翼の票が民主や社民から移動しただけでは。

追伸
これ画像認証難しすぎるw

harurunrurunharurunrurun 2013/07/22 20:45 私、20代で保守ですけどね。
若者が右傾化しているってのが願望に過ぎないってのはわかるけど、
左翼化しているってのにはちょっと疑問。
私のまわりは保守が多いかなと。
確かにまわりの教養レベルは高い。
低い人は左翼に流れるのかも。

げんげん 2013/07/23 03:09 山本太郎は, これまでは個人的には好きな役者・タレントではあったけど, 
震災後の反原発に対する言動はいただけないと感じていました.

噂では, 中核派とも結びついているという話もある. 
このご時世に,「革命的マルクス主義・全世界共産主義同時革命」でもないとは思うが,
組織票を固めるのには役に立ったのかもしれない.


保守というのは,元々変化したくないという勢力だと思うので,
若者が保守化するというのは,定義的におかしい感じがする.
若者に守るものはないでしょう.

山本太郎の持つ,人懐っこいフレンドリーな風貌と,中核派の組織力,反原発勢力
が同床異夢でくっついた結果当選にこぎつけたものに見えます.

しかし,矛盾するようですが,レッテルを張って差別視する気はないです.
どんな人でも,選挙で選ばれたからには,国民全体に奉仕する公僕. 特別公務員.
今後の活躍に期待したいです.
これがゴールではなく,まさしくスタートと思います.
私の先入観を打ち破るような活躍を期待しますね. 
いろんな意味で今後注目していく必要があると思います.

ゲルゲル人ゲルゲル人 2013/07/25 12:33 まえから20代で保守ってのはいまいちピンと来なかった。20代なんてのは危なっかしいもんだし夢や理想で凝り固まっている融通の利かない時期だと思っているからだ。
20代で保守という時点で夢や理想で凝り固まっているようにおじさんには写るのだが、そういう固さ自体が若さなんだろうし結局どちらにもなりきれない若者らしさなのだろう。
社会に貢献できるのは30代からという話を聞いた事があるがそれは30にならないと解らない事だし20代だってやっているんだ!20代だって保守だ!という人も当然いるだろうからそれはご立派ですねと言うしかないがやはり30代にならないと実感できないというのも事実である。
中学生だけど僕には人格があるんだという台詞がいかにも中学生らしいように20代で保守というのもなんとなくピンとこないのである。

正直山本太郎が当選したことには非常に驚いたし、今更彼ら三宅洋平・山本太郎の演説を聞いてみたところ内容はともかくとしてもし自分が20代で彼らの話を聞きその場に居合わせtiwwterなんかを駆使する若者だったとしたら彼らの熱烈な支持者になったであろうそれくらいの熱さがあった。
20代の政治に無関心なノンポリの若者を取り込むには十分な受け皿であるし、旧世代の左翼とも違うものがあると感じた。

彼らの主張は非常に稚拙で結局はいいとこどりなのだがその辺りも普段選挙についてゆけない若者たちには心地よいものなんだろう。

20代で保守という連中はどこか意固地でオタクっぽい雰囲気がある。怒るかもしんないけどごめんね。どちらにしろマイナーである以上そこにある意固地さは感じてしまう。大人という線引きはいつからか解らないが周りが大人として扱うことによって大人になるもので大人というものはやがてなるものである。自分で宣言して今日から大人です!というものではない。
20代なので保守を勉強中です。というのなら話は分かるが20代で保守ですというのは15歳ですが立派な人格者ですというのと同じように頑なさ、偏屈という印象しか持てない。

この三宅・山本という人間は当然脱原発論者なのだが一つ感心したのは有権者に(自分で調べて自分で考えて自分で決めろ)というメッセージを言っていることである。それは他の共産党や社民党といったあからさまに嘘を言い民意を誘導する輩ではない。そこの受け皿が保守にはあっただろうか?というと無かったと思う。
というかそこの受け皿は未来永劫保守には無いのだしこんな感じの人は常にいるものだ。意見の違いこそあれそういう声の代弁者であることは民主主義である以上受け止めねばなるまい。
反日と自虐で若者を取り込む左翼のおっさんおばさんに騙されないように彼らの動向を見守ろう。
自分は保守なんだから保守だけいればいいなんてのはそれこそ理想論でいかがわしい。
それこそ若者が理想と現実で苦しまないなんて不健全だよ。
反日と自虐。国家解体。それが本当の敵だよな。

kamomekamome 2013/08/01 10:49 インターネット、ツイッター、Facebookなど情報が新聞だけではなくなった分、真実に目を向ける部分も出てきた方もおられるかもしれないですがこの情報媒介を利用して山田太郎当選というバグを生んでしまったしこういうことも起こりえるということはなんとく想像していました。
 しかし、これからは違うのではないか??安倍さんの掲げる教育改革の元で、選挙権をえるにふさわしい文民がこれから出てくると期待しています。

tokunagamotozitokunagamotozi 2013/08/04 14:15 本当に若者が左傾化しているなら何故社民党がこれだけ凋落するんだよ。どうすれば票が集まるのか教えてくれよ

あおいあおい 2013/08/11 20:53 古谷さんがこよなく愛する京都府亀岡市にて先日、花火大会があったんですよ!
来年はぜひお越しくださいね!

kwmt3056kwmt3056 2013/09/13 17:59 こんばんは。始めて投稿させて頂きます。僕は20代前半ですが、安倍さん支持、自民党支持です。ですが還暦近い内の親父は共産党支持です。僕の個人的な経験から見れば今回のエントリーは少し捻れを感じます。年配層ならば頑固な所もあるし説得しても無駄だと思いますが、所詮若者というのは熱しやすく冷めやすいのが気質です。今の年配層だって若者の時は学生運動なり労働運動なりしてやんちゃしてた時代も有りましたからね。しかしかつてと今の違いは冷戦が集結して左翼そのものが力を失っていると同時に安全保障無しに国政与党の議員には成れないということを国民自身は認識し始めたということは間違いありません。こういう山本太郎のような人物が今後一人や二人出てきたとしてもスパイ防止法が制定されればあっという間に力を失うと思うし。勢いで勝った生き物は勢いで負ける。マドンナ社会党、小泉自民党、民主党、維新の会、そして山本太郎。歴史が証明していますよ。社会人経験しても内の親父のように変わらない人間もいるし、経験してなくても分かる人は分かっている。人それぞれですよ。記事によっては自民党も最近は若い世代を中心に新しい支持者を開拓し始めていることが書かれているし、これからです。

animentaryanimentary 2013/10/20 20:56 【聖書】 ネトウヨ雑誌は内容もキモいが、表紙がマジでキモい。これ買った時点で逮捕でいいだろw 【定期購読】
http://ninjyaoh.blog.fc2.com/?no=5900

いつも疑問に思うけど、何で萌え絵の表紙なの?
そうしないと売れないの?

真っ当な日本人真っ当な日本人 2013/11/03 13:21 あなたはには命をかけて日本を安心して住む事が出来る国にしようと頑張っている山本さんを批判する資格は微塵もありません。
もっと物事の本質を見抜く力を養ってください。

一市民一市民 2013/11/03 13:25 安倍政権自民党は4月28日の主権回復の日に天皇皇后両陛下を出席させて万歳三唱した。立派な政治利用ですね。山本太郎さんを批判する前に自分らの行いを反省しなさい‼

真っ当な日本の一市民真っ当な日本の一市民 2013/11/17 22:51 「命をかけて」いる割に、福島の汚染問題は手紙で天皇に丸投げなんだな。
本来自分たち政治家が率先して解決すべき問題なのに、天皇に頼り切ってる時点で何の覚悟も責任もない証拠。
山本太郎は自らの政治力や実行力の無さを露呈してしまった。
ああ、情けない。

21才の愛国者。21才の愛国者。 2013/11/19 14:38 僕が思うに、同年代の人達は政治について知らなすぎます。
慰安婦問題、尖閣・竹島・北方領土問題など聞いたことはあるけど詳しくはわからない、知らない人が多いのです。
ネットではテレビでは報じられない真実など数多くの情報がありますが、あるだけで調べていないのでそうなるのだと思います。
要はうわべしか見ていなくテレビが発信していることは全て正しい。という風になっているのだと思います。
スマホを使っている人は多いですが、それはゲーム、ライン、SNSなどを使っているのであってネットというものはそれほど活用されていないと思います。
もっと調べる力をつけない限り本質は見抜けないのではないでしょうか?

m9m9 2013/11/30 06:59 21才の愛国者。 2013/11/19 14:38

>要はうわべしか見ていなくテレビが発信していることは全て正しい。という風になっているのだと

21才の愛国者さんもどうせネットに騙されてるでしょ?こいつら都合悪い情報全部隠してスパイだよw完璧にブログにまとめてあるから読んでみな。一発で正体わかるぞwこの古谷って人もスパイだかこいつw↓これ全部隠してるのが証拠w何も誰も言い返せないから

安倍が山口組のヤクザとアメリカ共和党の3人で仲良く
写ってる写真とパチンコは趣味で国家間の問題じゃないとか言って、
違法化も課税化すらも断った小坂議員のソース、福島第一原発の安全装置は
小泉政権が撤去していた原口動画と原発設計者の記者会見動画、不正選挙

な 2014/02/01 22:28 都知事選で左翼がどのくらい増えているのかが分かりますね。
桜井会長も言っていたように左翼は若者層を取り組むのが上手

ネットで情報を得ているのなら中核派との繋がりも分かっていると思う
だが保守にも安倍や麻生の韓国関連を工作員のレッテルを貼り、見ないようにする人達もいる

葵 2014/04/26 07:27 ちょっと古いスレッドのようですが気になったので書き込みます。
まず、このテーマは相応しくなく、明らかに保守と右翼を混同しているようです。
右か左かはスタンスの問題で保守か革新かはアプローチの問題です。
保守というのは、現在の状況で満足しているから余計なことをするなよと、変化を欲しない層に共通するアプローチです。まあ、アプローチと言うより何もしないと言うのが適切な表現かも知れません。昔で言えば貴族や王族、現代では大企業の経営者や長老格の政治家でしょうか。
一方、右翼と言うのは左翼の反意語です。愛国的、国粋主義的と言うイメージがありますが、左翼と違って政策的なバックボーンが存在しないので、政党ととして成り立ちません。
さて、右傾化しているかという問題ですが、私は否定したいと思います。
右傾化ではなく、ノンポリ化です。つまり、政治的無関心層の増大化です。
例えば、安部首相が靖国神社に参拝した翌日には、韓国や中国の反応がテレビで流されます。日章旗や旭日旗が燃やされます。そして、ネット上でも日中韓で激しいやり取りが繰り広げられます。しかし、これって、政治的行動でしょうか? 愛国心は認められますが、これをもって政治に関心があるとは言えません。それはネット上の書き込みで判断できます。真に政治的な書き込みなど、非情に少ないのです。間違った情報、間違った認識などにお構いなく、罵るだけの書き込みです。これは、40年前と大違いです。
安倍首相や菅直人を口汚く罵ったところで、そう言うのを政治的に関心があるとは言いません。では、昔は違ったのか?
 はい、全く違いました。それ故政党政治が成立していたのです。一杯飲み屋でも居酒屋でも集会所でも大いに議論沸騰していたものです。時には口汚く罵ることもありましたが、とにかく、よく調べて議論していたものです。佐藤栄作のノーベル賞は不適切だろうと誰かが言うと、自民党の強硬な支持者が受賞に相応しい事実を調べあげて来るんです。悪口で終わってしまうネット掲示板は単なる鬱憤のはけ口にしかならず、人間同士が影響し合っていくには不向きな存在なのでしょう。
右翼、左翼、安倍、菅直人、フジ、朝日、団塊世代などを差別用語としてか扱うことのできない人が増殖しているのが悲しい。まさに差別主義者です。残念です。
真の政治的関心が若い人に芽生えることを祈っています。毒づくのも程々に願いたいものです。

2013-07-21 「風立ちぬ」批評〜宮崎駿が描いた美しい日本/宮崎駿は左翼ではない

[]風立ちぬ批評宮崎駿が描いた美しい日本/宮崎駿左翼ではない〜 15:28 「風立ちぬ」批評〜宮崎駿が描いた美しい日本/宮崎駿は左翼ではない〜を含むブックマーク 「風立ちぬ」批評〜宮崎駿が描いた美しい日本/宮崎駿は左翼ではない〜のブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130721144019j:image

※当記事に基本ネタバレはありませんのでご安心を(笑

・光と闇の戦前日本こそ美しい

風立ちぬ」を公開初日に観た。この作品の中で、宮崎駿戦前日本を実に美しく描いた。それは、青々とした水田であったり、日本家屋で統一された町並みであったり、レンガの橋梁や或いはまだ戦災で焼ける前の帝都東京の姿であった。

 しかし、宮崎は本作の中で、戦前日本の暗部をも見事に描き出している。美しい田園のすぐ傍らに存在する都市貧民や失業者関東大震災での破壊と、金融恐慌の只中で不安に揺れ動く大衆達。「どうしてこの国はこんなに貧しいのだろう」という主人公の台詞の通り、「風立ちぬ」の中には、眩しく光る戦前日本と、陰惨な闇の戦前が見事に同居している。

 宮崎駿の一貫したテーマは、『風の谷のナウシカ』の時から普遍である。特に漫画版ナウシカがそうであるように、「人間文明は美しくなければならない」という設計主義的な考えを全否定し、善と悪、光と闇、明と暗が混濁(カオス)する存在こそ、実は最も人間的であり、だからこそ人間は美しいのだ、と。だからこそナウシカは、設計主義的なものの象徴であるシュワの墓所破壊し、カオスの中で生きる道を選択して物語は終劇する。

 本作「風立ちぬ」にも、宮崎駿が一貫して持つこの哲学踏襲されている。戦前を光と影の両面で描いた。そして主人公二郎と奈緒子のつかの間の逢瀬の中には、一見美しさの中に常に死の影が忍び寄っている。本作の中で、イタリア設計士・カプローニは繰り返し「空を飛ぶ夢は美しいが、同時に魔性でもある」というニュアンスの台詞を繰り返す。

 光と影、明と暗、そして生と死…。いくつもの軸で語られるこの二面性の同居」の象徴的な存在こそ零戦であった。零戦は、世界一美しい航空機としてかつて大空を舞った。しかしその一方、圧倒的なアメリカの物量の前にやがて敗北していった、悲劇戦闘機としての側面を持つ。

 宮崎駿は、この零戦という航空機が持つ栄光悲劇二面性を、堀越二郎という若き設計家の夢の延長の中に同居していることを描く。美しい飛行機が空を舞う一方で、そのエンジン音は人間の声でアテレコされた不気味な効果音があてがわれている。本作では、関東大震災の地響きと、飛行機エンジン音が、同じ人間発声によるおどろおどろしい効果音による演出がなされているのだ。

 それは、航空機の中に、魔物のような暗部が同居していることを表現しているに他ならない。低く唸る人間の地鳴りの声と、夢を載せた人類最先端科学の結晶であるはずの航空機エンジン音には、実は同じ破壊という魔物が住み着いているのである。

 宮崎駿は、戦前日本零戦を実に美しく描いた。それも、涙がでるほどに、である。しかしそれは、単に繊細な美しさを評価したものではなく、そこに光と影の二面性が存在するからこそ、宮崎はそれをもっとも美しいものとしてアニメーションで再現したのである。希望の塊のような光と、そのすぐ裏側に存在する魔性の暗部が同居する世界こそ、宮崎は最も魅力的に、最も美しい世界として描いたのである。

宮崎駿左翼ではない

 宮崎駿が「憲法9条」を守る旨(そして慰安婦問題に関する)の寄稿をしたとかで一部が盛り上がっている。イデオロギー的に宮崎左翼であるからけしからん!という人がいる。私にとって、そんなことは実にどうでも良い問題だ。彼のイデオロギーが左傾的なのは疑わないとしても、少なくとも宮崎駿という存在イデオロギーの中で語るには大きすぎるし、また当然のことながら彼の作品を見てもその文脈はそぐわない。

 「右」は戦前の光の部分のみを捕まえて、「戦前は良かった」「戦前には失われた日本の心や道徳があった」などと形容する。一方で「左」は、戦前の闇の部分のみを捉えて、「戦前は悪かった」「戦前軍国主義で閉鎖的で悲惨だった」と形容する。どちらも正しくはない。そしてどちらも正しいのである。真相は、その両者が混在しているからこそ、この国は美しかったのだ。希望の光と魔性の悪とか同居しているからこそ、そこに限りない、人を引きつけてやまない美が生み出されたのである。

 宮崎駿反戦平和主義者なのに軍事オタクである−。という一見矛盾した批判がある。なるほど矛盾に違いないと思うが、実は宮崎駿が魅せられた航空機戦車兵器の数々は、金属としての美しさとその裏側にある戦争悲劇としての魔性の二面性を兼ね備えている存在であるから、彼が愛してやまなかったのだろうと、この作品を見て改めて納得した。宮崎は、ナウシカの時から一貫して、人間兵器の悪を、ことさらに憎悪し、そしてことさらに愛していたのである。なぜなら繰り返すように、その二面性こそが美だからである。

 「風立ちぬ」をイデオロギーで見ることほど愚かなことはない。本作にはイデオロギー存在していない。戦闘シーンもなければ、直接的な戦争の描写もない。「プロジェクトX」を思わせる技術者達の奮闘と、その傍らにあった絶望時代希望時代を交互に描き出す。

 これこそが美しい日本だったのだと、私は「風立ちぬ」で落涙した。我々はつい、この国の歴史の中に光の部分を見つけては喝采を送り、闇の部分を見つけては隠蔽・あるいは封印するか逆に糾弾しようとしてきた。美しい日本とは、様式美に満ち溢れた、歴史に裏付けられた、完璧な光の部分であると信じてずっとそれを探し求めていた。

 しかしそれは違っていた。美しい日本とは「甘くて残酷な」日本の姿そのものであった。宮崎が一貫して描き続けた、カオスの中の一縷の光こそ、本作では最も偉大な美であるとして締めくくっている。そしてそれは、日本自身に他ならない。

 青い水田の上を、まるでトビウオのように零戦が飛ぶ。栄光悲劇の二つを有した零戦こそ、もっとも美しい航空機であると宮崎駿ははっきりと明言した。日本や人に対する愛が無ければこのような描写は出来ない。日本の闇のみを捉える自虐史観論者にもこんな描写は出来ない。鈴木敏夫は本作を「宮崎駿の遺言」といったが、その真偽はともかく、「風立ちぬ」から私は宮崎のこの国に対する愛を、ほとばしる愛を感じずにいられなかった。

 大震災経済不況。はな現代日本にも重なる時代を、おそらく意図的に選択したであろう宮崎には、現代日本カオスの中にも、果てしなき美を見出しているのか。歴史は虹である、とよく言われる。虹は近くにいると気が付かないが、遠ざかってみると初めてその存在に気がつく。歴史もそれに似ているという。本作にも虹が登場する。はな「風立ちぬ」にシンクロする現在、遠ざかるとそれが美しい時代であった、と回顧することができるのだろうか。だからこそ「生きねば」の台詞が胸に深く深く、突き刺さる。宮崎駿の新しい代表作、いや日本アニメ史に残る不朽の大傑作がここに現出した。


---------------------

さる2013年4月26日に発売されました小生4作目の著作『ネット右翼の逆襲 嫌韓思想と新保守論』(総和社)好評発売中です。増版しました。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

いちじくいちじく 2013/07/24 00:24 僕もこの映画、初日に見に行きました。
率直に言って、良かったと思う。宮崎駿という人間がこの作品を描けたことに。
「アニメーションは子供のものである」という自論にすら「矛盾」させて描いただけはあったと思いました。

kuppokuppo 2013/07/24 11:32 古谷先生のブログを読んで、衝動的に昨日この映画見てきました!!!私も古谷先生と同意見です。色々と左巻きな政治発言をされて多くの
方はがっかりしてると思いますが、この作品内容と左翼発言に私はギャップを感じました。思うに、宮崎駿監督はかなり変わった偏屈な方で、ものの見方が
他の人と違うからこそ作品がリアリティを帯びて面白いものになっていると思っております。型にはまった様式美と言うかそういうものを嫌う人なので、声優さんも
俳優とか今回は庵野監督の起用とか型からの脱皮を試みていると思います。しかしながら、この政治的発言については、あまりに常識的範疇で
言っては悪いのですが、陳腐です。様式美を嫌う偏屈な人ならもう少し違った視点がありそうですが、ありきたりの左翼プロパガンダそのもので、
独創性が見当たりません。そこで思うのですが、なんとなく良い子ぶって言ってるだけじゃないかと思うのです。数年前に外国の記者から、宮崎作品の
町並みは西洋風でとてもリアリティがありますが、何故ですか?と質問され、かなり強い口調でこう答えていました。『日本はそういう西洋的なものを受け入れざるを得なかった。押し付けられた歴史があるのだ』こんな趣旨だったと思うのですが、ここに監督の相反する感情が込められているように思います。
間違いなく宮崎駿監督は愛国者です。古谷先生ご指摘の通り作品に日本国への愛があふれていると思います。が一方で左巻きな歴史観を押し付けられたと言わざるを得ないと
監督自身が考えているのではないか?と思いました。私にとっては、この映画が左翼映画には到底見えませんでした。すばらしい映画をご紹介頂き有難うございました!

marukomaruko 2013/07/25 22:09  ファイスブックでコメントを読むと、サヨク=悪=宮崎氏の作品すべても悪という極端な思考と、その思考の押し売りに愕然としてしまいました。なんかそれって、サヨクの偏狭で単純な思考と変わらないんじゃないのかと思えてなりません。
風にそよぐ木々の動きまで背景の細部にまでこだわるほどの完全主義に、いいものは良いという、本来のアートとして評価してほしいものです。ヨーロッパの小さな国も田舎住まいで私はタイムリーで見れませんが、古谷さんがかなり褒めれいらっしゃるのを呼んで、出来るだけ早く観たいと思います。

イイヨリヒコイイヨリヒコ 2013/07/26 10:17 初めまして。いつも応援しています。
この案件について、ネットで色々盛んに取り上げられていますが、
古谷さんもこの記事の序盤に書いているように、
宮崎氏個人のイデオロギーが左傾化していると解釈しておられるのであれば、
記事のタイトルそのものが、語弊を生むのではないでしょうか。
正確には、『宮崎駿作品は、左翼的ではない』とか、
少なくとも『宮崎駿作品を通して見る宮崎駿像は、左翼的ではない』にするべきでは。
そうでないと、「宮崎氏本人が左翼ではない」と間違って受け止めてしまい、
その上、序盤で、「彼のイデオロギーが左傾的なのは疑わない」と書いてあると文面と
矛盾してしまいます。

加えて、作者本人の信条・思想と、作品評論・解釈などは、冷静に分別し、捉えるべきものであると思いますので、
もし、そこを一緒に語る場合は、読者が勘違いしないような慎重な表現が必要かと思われます。

あこあこ 2013/07/27 19:01 韓国から右翼認定をされて、あたふたして
「従軍慰安婦の謝罪と賠償を」とか言い出しましたね。
頭おかしい韓国からの批判は織り込み済みだと思っていたので驚きました。
彼は韓国のことが何もわかってなかったのですね。

げんげん 2013/07/28 08:00 宮崎駿が韓国に対して会見で発言したのは,
韓国で9月から「風立ちぬ」が公開されるから. これは配給会社に対しての誠意だと思う.
風立ちぬを見に行った人が攻撃されて被害をこうむる恐れがあり,それを少しでも軽減するためだ
自己防衛のためではないと思う.

戦争を肯定している内容ではないが,ゼロ戦が関係しているだけでこの反応.
理性的な話し合いは無理だ.

今回の会見も無駄だと思う.韓国・中国は日本のことになると常軌を逸した行動をとるから
韓国・中国での公開はやめた方が良いと思う.

韓国・中国で見たい人は後でDVDでも借りてこっそり見ればよい.
こういうのを見ると, 日本は自由の国だと思う.

げんげん 2013/07/28 08:00 宮崎駿が韓国に対して会見で発言したのは,
韓国で9月から「風立ちぬ」が公開されるから. これは配給会社に対しての誠意だと思う.
風立ちぬを見に行った人が攻撃されて被害をこうむる恐れがあり,それを少しでも軽減するためだ
自己防衛のためではないと思う.

戦争を肯定している内容ではないが,ゼロ戦が関係しているだけでこの反応.
理性的な話し合いは無理だ.

今回の会見も無駄だと思う.韓国・中国は日本のことになると常軌を逸した行動をとるから
韓国・中国での公開はやめた方が良いと思う.

韓国・中国で見たい人は後でDVDでも借りてこっそり見ればよい.
こういうのを見ると, 日本は自由の国だと思う.

げんげん 2013/07/28 08:02 このサイトの反応が鈍いため,Enterキーをたたかなかったと錯覚して,
ダブって投稿してしまいました.(それも二回目) すみません.

たろさたろさ 2013/08/05 11:20 こんにちわ!今更ではありますが、宮崎駿監督が日経新聞のインタビューでの言葉を読み大変面白かったです。

宮崎駿監督「その一方で戦前は灰色の世界だと長く思い込んでいたが、そうではなかったことに気づいた。民主的という意味では(戦前の日本を舞台にした)『ノンちゃん雲に乗る』に出てくる家庭の方がはるかに民主的。戦前、戦後とすっかり分けるのではなく、連続しているものなんだと考えるようになった。(今回の映画では)自分のおやじの世代の思いも入れているが、おやじより少し上の堀越二郎、堀辰雄の生きた時代とおやじの時代、そして今。(これまで自分の中では)ブツブツに切れていた歴史の流れが(今回の映画で)つながったような思いがする」

宮崎駿監督もこの映画を作る過程で、戦前は軍国主義、戦後初めて民主主義を米国から教えて頂いたと言う
GHQの東京裁判史観から本能的に脱却したのじゃないかと思います。自分が言っている事と作品が全然
矛盾してしまっているのですが、自分自身、矛盾しているから人間は面白いとも言っています。
頭の中で東京裁判史観を構築しつつ、体や感性はまったくの愛国溢れる作品の数々が生まれてきてしまった
のでは無いでしょうか?なんだかまとまりありませんが、古谷さんのブログ動画を見て思いました。

zames_makizames_maki 2013/08/21 20:05 ああ、アニオタってブランド指向だったんですね、宮崎駿が作れば何でも名作、普遍的に作品を評価する基礎知識がないから、こんな酷い間違いを犯すのでしょうね。
 戦争がどうとか関係なく、こんなに盛り上がりに欠け、ツマラナイ映画はそうそうないでしょう。

慧青い愛阿慧青い愛阿 2013/09/05 00:15 初めて書き込みさせていただきます。
世の中の風立ちぬ評論のほとんどが私とはあまり一致しない中、古谷さんのご意見はとても私と一致する部分が多かったのでコメントさせていただきました。
この作品というか、宮崎監督をイデオロギーというもので囲ってしまうこと自体がとても不毛で虚しいことではないかと思っています。
彼のこれまでの言動も何もかもがこの映画のためにあったのではないかと思えるような作品でした。
この作品の描いた日本は私たちが本当に保守しなければならない日本そのものだと思います。それが戦前のこの風景の日本であろうと、生きるのに精一杯にならざるを得ない国であろうと、これが日本の全てですし本質だろうと感じました。
ラストシーンは今までの宮崎作品にはない高揚感と絶望感を縫い合わせたようなそんな作りになっており、映画としての出来も大満足でした。

miyazaki miyazaki 2013/12/01 17:52 風立ちぬ、は宮崎監督の遺言であるといわれている。
遺言というところで、もう一度この映画をみてもらえませんか?
主人公の声優は同じアニメ監督を使用されている。いわば同業者、宮崎監督本人が声優をやるわけにはいかない理由があったのだ。理由はジブリが収入をえるため、映画が韓国などで放映させるためである。ジブリの内部には創価の方が入り、電通には韓国が入っているのはご存知であると思う。放映、宣伝、収入の面で内容に反日の内容を盛り込まなくてはならなかったのである。本当に反日であれば、ゼロ戦の映画は作りません。ただ、宮崎監督本人の遺言が、主人公の言葉となって現れている。
少年が飛行機を作る夢みているシーンは宮崎監督がアニメの作成を夢みていた少年とかぶっている。
飛行機の作成を、アニメの作成に置き換えて見て欲しい。飛行機は美しいが悪にもなるというメッセージがあるが、あれはアニメは美しいが、創価、韓国の手先にもなるということを表していると思われる。旧日本軍が変な要求をしてくるシーンもあるが、これは、創価、韓国、電通からの要望を受けて、アニメの内容が変な方向に向かっていることを示している。旧日本軍の要望を創価、電通からの要望と置き換えてみて欲しい。主人公にはこんなシーンもあります。
「この飛行機は設計通り作成すれば、スピードが出せるはずだ、機関銃をのせなければ、www」
この言葉は、
「このアニメは自分の思う通り作成すれば、きちんと面白い作品ができるはずだ、創価、電通さえなければ、」
宣伝、経営などを考えて、自分が思い通りアニメを作成できない宮崎監督の心の訴えがある。
主人公を宮崎監督に、旧日本軍を創価、電通などのアニメをゆがませる存在に、
飛行機をアニメに置き換えてみると、この作品は宮崎監督の悲痛な叫びが聞こえてくる
作品となっております。
飛行機が殺人道具となるように、アニメもプロパガンダとして使用されている、
これを警告し、今までの自分の作品がプロパガンダを含めた内容であることを
視聴者に訴えている作品です。切ない映画です。

外 山外 山 2014/01/03 03:24
 
 いろいろ(『紅の豚』の歴史観に束縛されながら、守る心と不戦の間で)あって、ようやく今『進撃の巨人』となったと思います。

 戦後レジームに知らぬ間に苦悩しているところ(宮崎監督世代の葛藤)から、日本主義の世代になってようやく今、反撃の嚆が放たれています。

 今、こうして、色々な意見を交わすことができることこそ、映画の根底を成すレジームとは別のものが育ってきていることの証だと思います。

名無し名無し 2015/09/11 02:01 あのさ。何を勘違いしてんだか知らんが、
右翼と左翼の違いは、護憲派か改憲派かの違いしかないからな。
そりゃ、こいつ左翼じゃ無いだろw
そもそも、そこ勘違いすんなよと。

皇紀二千七百年戦闘機皇紀二千七百年戦闘機 2015/10/30 21:37 ジブリは基本的に私は感銘を受けない。絵は綺麗でアニメ技術には感動するも結局何を言いたいのか分からない作品が殆どで心に打つものが何もない。
圧倒的現実逃避神秘世界に引きずりこんで現実社会や国家、政治、経済、外交、国防、戦争を思考回路から外させて、蔑んだつまらない否定的な目線で見ていてもいいような甘くナメた平和ボケ意識を知らぬ内に植え付けられてはいないか……
この映画よりも零式艦上戦闘機の現実の写真や史実、証言に数多く触れて 現実の零戦と当時の日本をめぐる世界を勉強する方が遥かにこの先の国益だろう。

ジブリを見ている暇は無い。

皇紀二千七百年戦闘機皇紀二千七百年戦闘機 2015/11/01 12:30 宮崎駿の脳内インタビュー


戦闘機なんて……

あぁおぞましい…

こんなものを優れているだの美しいだの究極のスポーツだの、人類英知と科学の結晶だの……何を言っとるんだ馬鹿者どもが……

戦闘だぞ戦闘………
こいつの同類には攻撃機なんて輩もいるんだぞ……攻撃だぞ攻撃……
しまいにゃ爆撃だぞ爆撃………分かってるのか?
結局は人殺しの道具だぞ人殺しの……

人殺しなんだぞ人殺し………ひ・と・ご・ろ・し…

こんなものはいらねぇ……絶対にいらねぇ……

無くせ無くせ………

いらねぇいらねぇ……

何が日本らしさだ……

何が「風たちぬ」が如しの繊細にして高貴な航空機だ……誉高きだとォ?…………

そんな考えは潰してやる……ぶっ潰してやる……根底から無くしてくれる……

和の美と心、機織りの音にも似たエンジン音から分かる日本人の機敏勤勉さや日本農村の原風景……日の本もののふの何たるかまで表現された奥の深さ……
故郷や家族、愛する者を残して戦う日の本搭乗員の気持ちと誇りと士気をも考えて造りこまれたと思われる和みあるフォルムと機敏繊細に動くも扱いやすさを備えた気配り…………か。

ふっ…小癪な……

いらねぇいらねぇ何もかもいらねー

搭乗者や燃料タンクの防弾対策もしないで軽量化だの、運動性能極めて先手必勝だの、曳いては資材節約も両立だの……結局は日本人お家芸の確信犯的手抜きと無責任が露呈しただけだろ。

だから負けたんだ……

だから日本は戦争に負けたんだ……


続く………

皇紀二千七百年新型零戦皇紀二千七百年新型零戦 2015/11/01 12:45 続きだよ〜〜


だから日本は戦争に負けたんだ……

負けたんだ負けたんだ負けたんだァ…………
ああぁあぁァァァァ

宮崎〜駿だよ〜〜

だから戦争は嫌いだ。

零戦が好きだとか言ってる奴は何処のドイツだい?………

お前だよ!!!!!!

お前らの心の零戦なんてこうしてくれる………

同じ殺しあいの道具だからドイツユンカース機と同じガルウィング翼に改竄してやる……ナチスみたいで侵略戦争大好き的になってるだろ?

これでいいだろ?……
ワイルドだろ〜?

零戦なんてこんなもんよ………この程度だったんだよ………あっはっはっはっは………
馬鹿で愚かな日本人よ
よく見ろ……

これが零戦なんだよ……信じろ!……私を信じるんだよ〜〜
零戦よりも高貴で神秘で美しい吾が輩のジブリアニメでそう信じてしまえ……

あっはっはっはっは〜
あっはっはっはっは………………

ピー…………ブツ………
これ以上は日本国家の歴史と誇りと先人達や戦没者の尊厳に関わる為、
打ち切りとさせて頂きます。

宮崎先生…あ否、
宮崎専制……
とても有り難くございませんでした。

二度と戯けた作品を世に晒さないで下さい。


以上、宮崎駿の脳内インタビューでした。

2040年新型零式戦闘機2040年新型零式戦闘機 2015/11/01 14:43 もとい……

作品なんかじゃない………とても呼べない………
「策品」です………

三菱零式艦上戦闘機より「ジブリ式零点煽闘機」の方が巧緻で優れているよと、おかと違いも甚だしい喧嘩を「零戦」にふっかけ、愚かにも「自画自賛」して実際の時代と世相と戦争と零式「艦上戦闘機」をしっかりと忘却させて観客を「昔を知ったか風の上から目線」に立たせて差し上げた上で、「反戦非武装侵略受けたら即降伏」の左翼思想を何気に刷り込むという「策品」です。

「左翼の風たちぬ」が正式名称です。



宇宙戦艦ヤマト2199も同じような改竄と「策」がてんこ盛りになった左翼化促進目的の贋作です。

波動砲が(核兵器みたいで)危険だと封印したり、乗組員が二次元オナ女だらけになったり、ガミラスやデスラーは統率も秩序も規律も無いオタワールドに弄り倒したり、古代、森、島、沖田、真田、徳川、加藤、山本は言うに及ばず、相原、南部、太田までもが気概も気骨も魅力も一切表現しない無地無味無臭無色キャラに改悪した挙げ句、余計な新キャラと要らない愚設定だけは多数捏造してねじ込み、松本零士・西崎義展両名の「原作」を破壊して商業権、版権を略奪しつつ、オタ化を隠れ蓑に左翼思考へ偏向……
宇宙戦艦ヤマトから保守的要素を完全に抜き去り、骨抜きにして左翼から見て無害化するという……厚かましく、浅ましく、浅はかな意図以外は何一つ感じられず、見るに耐えません。
「宇宙船姦ヤメテ1919」が正式名称です。


こうした視点で最近のアニメをよく見てみましょう。これからの日本に必要なものが逆に見えて参りまる。「愚かの極み」には「何とか詐欺」同様、
努々、くれぐれも騙されぬように………

零式艦上戦闘機零式艦上戦闘機 2015/11/02 03:14 補足……


堀越技師と切っても切れない筈の零式艦上戦闘機を切り離し、「忘却置き去り」、「語るに及ばない存在」、「登場させるまでもなく余裕綽々で反戦左翼結論」の形にすべく、
堀越技師とは関係の無い別の小説の設定とごちゃ混ぜの夢架空物語に改竄、それを隠れ蓑にした形でぬけぬけと「左翼的でっち上げ話」を誂えると云う手の混んだ策謀をやりつつ………、

試作ガルウィング(正確には逆ガルウィング)の九試単座戦闘機の方が零戦なんかより格好いいし…
吾が輩(宮崎駿)の趣味なんだよな……

ドイツやアメリカでは逆ガルウィングが実用化した事を考えると零戦なんて半端で劣ってるんよ………
おまけに敗戦の一翼(まさに一翼)を担った象徴的存在だしジブリ的には零戦なんて特攻をも煽った憎き零点煽闘機でしかないのよ……


みたいな個人的嗜好や主観までも暗に刷り込まれ押し付けられた感じがして何とも不審不快である。

九試戦やユンカースJD87急降下爆撃機も零戦否定と左翼的戦争反対の出汁に使われてしまい、とんだ迷惑を被った形になっているのだ。

バカ過ぎるバカ過ぎる 2016/01/17 15:54 監督の政治スタンスでしか作品を評価できないなんて
何のアニメ(映画)見てもつまんねぇだろうな…

バカ過ぎるバカ過ぎる 2016/01/17 15:54 監督の政治スタンスでしか作品を評価できないなんて
何のアニメ(映画)見てもつまんねぇだろうな…

2013-06-01 渡邉美樹はなぜ参院選に出馬してはならないのか。

[]渡邉美樹はなぜ参院選出馬してはならないのか。 22:16 渡邉美樹はなぜ参院選に出馬してはならないのか。を含むブックマーク 渡邉美樹はなぜ参院選に出馬してはならないのか。のブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130601212646j:image

デフレ居酒屋の代表格である「ワタミ会長渡邉美樹が、今度は懲りずに7月参院選に正式に自民党から出馬が決定したという。私は、繰り返しTwitterなどでこの渡邉出馬について絶対反対の意思を示してきたが、いよいよ正式決定とのニュースを前に腸が再度煮えくり返っている。

居酒屋チェーンワタミは、299円や169円などの激安メニューでデフレ下の日本繁華街や街頭に急速に浸潤したが、一方従業員の過労死民事訴訟を提起されたり、労働基準監督署から賃金未払い事件を指摘されたり、複数の食中毒事件を起こしたり、また系列介護サービスではネグレクトを匂わせる入居者の死亡事例が複数発生していたりする(その他不祥事多数)、いわくつきの企業である。2012年にはぶっちぎりで、ブラック企業No.1に選ばれている。

この会長である渡邉美樹は、過去に東京都知事選出馬した経験落選)などがあり、ここ2,3年の間、急速に政界への野心を隠さないで居た。と、ここにきて参院全国比例で自民党からの出馬決定で、渡邉政界進出への野望はついに結実するかに見える。

私は、渡邉美樹が最も許せないのは、「人が働くのはお金を儲けるためでなく人間性を高めるため」などという数々の嘘・虚言を堂々と放言し、今回の参院選では「満ち足りた生活希望を失った日本若者に、再び希望を持たせたい」などというニュアンスの持論を展開して政界進出の野欲を剥き出しに隠さない点である。

勿論その根底には、ワタミとその関連会社周辺の数々の不主事と、渡邉美樹自信がことあるごとに語っている「美辞麗句」があまりにもかけ離れているから、ということもある。しかし私が渡邉激怒する本質は「実態と建前が乖離しているから」という性質のものとは少し違っている。

渡邉美樹は、ワタミという会社の実態と、自らがテレビ雑誌で放つ様々な美辞麗句の「乖離」に些かのためらいも感じていないように思える。その証拠に幹部社員に「窓から飛び降りろ」などという脅迫を言うことが、さも「ビジネス上の成功の秘訣」とでもいいたそうに、何のためらいも恥じらいもなく雑誌や取材で応えるのである。

つまり、渡邉美樹の「人が働くのはお金を儲けるためでなく人間性を高めるため」に代表される建前は、最早建前ですら無く渡邉のなかで真実性を持って存在している強固な思想である、という点だ。本来であれば実態と建前の乖離を自覚した上で、幾ばくかの遠慮やためらいが存在する。例えばブラック企業経営者であっても、実態を隠して「お客様笑顔が唯一の喜び」という歯の浮くようなセリフをいおうとも、内心ではそれが美辞麗句に過ぎないことぐらいは当の本人がわかっている。しかし、渡邉美樹言葉からはそれを伺うことはできない。「社会貢献」「若者希望を」「仕事は金ではない」という、笑ってしまいそうな建前を、何のためらいもなく堂々と、まっすぐな目で公言することが出来るこの渡邉美樹という男の中には躊躇を感じない。他人からすれば「偽善者」と名指しされる渡邉は、実際は「善を装うことすらせず」心の赴くまま、自分世界に忠実な弾丸としていま、政界に進出しようとしているのである。

もうお分かりだろうが、こういったある種の信仰心を持った人間政治家になることは最も危険なことだ。「若者希望を」などという馬鹿の一つ覚えの台詞を本気で信じている渡邉だからこそ、いくら自分がこきつかって過労死している人間であっても、何ら良心の呵責を感じることはないのである。良心の呵責を感じないからこそ、「偽善」と錯覚するような「本心」を常に堂々と垂直に放ち続けるのである。

私は、なにも資本家が悪いとか企業経営者が悪であるとかそういった下らない話をしているのではない。最も重要な本質は、ワタミに代表されるブラック企業は、結果としてブラック企業になったのではない、という点である。つまり会社の業績が苦しく社員賃金未払いや過剰労働が発生している、という訳ではない。そういう会社は単なる赤字会社であってブラック業とは異なる。ブラック企業社会的糾弾されなければならないのは、ブラック企業は仕方がなくブラック経営に陥っているのではなくて、最初から従業員を使い捨てにして踏み台にすることで高収益をあげている、というシステムを前提としているからだ。つまり、ブラック経営であることが成長の源泉であり、発展の前提なのである。

繰り返すが普通、こういった会社は巧妙に本音と建前を使い分けている。社員奴隷のように扱う一方で、外部には「夢のある職場」などと喧伝する。しかし、本音と建前を使い分けるということは、それを使う側に一分の罪悪感が存在するということだ。しかし渡邉美樹はもはやそれすら通りすぎている。渡邉はそういった意味で表裏のない人間なのかもしれない。うら若い未来ある従業員が寝る日まもなく働き、やがて過労で血反吐を吐き死んでいくことこそが、「社会人としてほんとうに正しい」と心の底から感じているからこそ、だれがどう考えても反感を買いそうな言葉を、平然とのたまう事ができるのである。損得を考える狡猾な経営者は、あからさまに反感を買うような言動を決して取らない。その計算すらしない渡邉美樹は、本当に自らの世界観を信じ切った信仰心の塊という他無い。だからこそ怖いのである。

この手の人間政治家にしたが最後、「社会貢献」「若者希望を」「仕事は金ではない」などを引用して自らの信仰心世界観に忠実なトンデモ提言とやらをどんどん提唱しだして手が付けられなくなる。その中には当然、若者による無償労働が含まれている。軍事的には何の意味もない徴兵制を支持する佐川急便出身人間が共通して持つ価値観なのだろう。しかもそれらは、彼が裏表なく本心で本当にそう思っていることなので手のつけようがない。この手の信者は、喫茶店コーヒーを飲むのと同じ感覚で、人を死に追いやったり人生を台無しにしたりすることに何の呵責も感じないであろう。それどころか、「自分は良いことをしてやったのだ」と喜びや充実感さえ感じているのである。繰り返すが、渡邉美樹は「偽善者」ですらない。本当にそれが良かれと心の底から思っているからこそ彼は何の躊躇もなく政治家になろうと思っているのである。過労死等々で死んでいった社員に何の罪悪感もないからこそ、未だに渡邉美辞麗句をこれほど堂々と言い続けることが出来るのである。普通の精神ではこんなことはできない。渡邉には何の計算も思惑もない。心の底から本当にそれが善だと信じている。心の底から本当に。


---------------------

さる2013年4月26日に発売されました小生4作目の著作『ネット右翼の逆襲 嫌韓思想と新保守論』(総和社)好評発売中です。増版しました。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

AQUARIUS ( KYOTO )AQUARIUS ( KYOTO ) 2013/06/02 06:18 人を不幸にする会社の代表に
国会議員に成る事は、許されない!
なんとか阻止しなければ!

アンノウンアンノウン 2013/06/02 08:45 文章読む限りだとこの渡邉美樹という男は一種のサイコパスのように感じれますね(笑)
人の人生を踏みにじることに何の罪悪感もなく自分自身の価値観の為なら幾数の人間を犠牲にすることを何の躊躇もない。
しかし世の中は民衆は時にこんな異常者に権力を与えてしまう。
ヒトラーしかり毛沢東しかりポル・ポトしかりスターリンしかりetc・・・
人を引きつける人間には一歩引いてその人間性を見つめ、人に危害を与える危険性を感じたらそれに力を与えぬよう全力で防ぐよう行動する(古谷さんのように)。
多くの人々に”それ”に気づいて欲しい行動して欲しいと思う今日この頃です。

naranara 2013/06/05 14:43 これがサイコパスと言われる所以ですね。生放送動画でやたらとサイコパスだとのコメントが流れていたので、ブラックな人だけれどサイコパスとはこれいかに?と少し思っていたので大いに納得です。

チャンネル桜はどうなんでしょう?TPPに反対しながら自民推し安倍首相推しは悪意はないですよね?
自民党の政策はなんだかんだで保守のように見せかけた極左に見えるのですが・・・。

げんげん 2013/06/19 06:39 たしかに,ワタミの創業者は,ある種の飛び抜けた思考の持ち主であると思う.

だが,この停滞した日本は,こういったすこし狂った人を求めているのではないか?
管理人さんが警鐘を鳴らすのは間違っていないが,表現にすこし行き過ぎの感はある.

優しい経営者が赤字を垂れ流し,社員を路頭に迷わし,あげく税金の助けを借りるのが正しいことなのかどうか
ワタミの経営はブラックだけど,それが世の中の実情で,世の中が求められていることではないかと私は思います.
そうでなければ,年間3万人も自殺で死なない.
本当にブラックなのは,ワタミを利用している名もなき多数の人々ではないか.


今は,民主主義の時代,資本主義の時代.
情報の非対称性は存在するが,低くなってきている.ブラックな企業だと認識されてもなおそれを
進めているのならば,すでにそれは社会秩序の一つになっているともいえる.

このような人物に危機を感じるのは,有権者の意識が低いためだ.
実際かなり低い.

だから,ちょっとおかしな人物でも為政者になってしまう危惧があるのであろう.

問題があるのならば落とせばよいだけだ.

本当に問題なのは,有権者だと私は思います.
ヒトラーだって,民主的に選出されたわけで,それを総括せずにいまだに個人の悪行としてしか語られていない.

つまりは,主権者たる国民が投票行動をもって判断することではないですか.
出馬前にああだこうだいうのはあまり意味がないし,有効でもないと思う.

ゲルゲル人ゲルゲル人 2013/06/25 17:26 昔この人の番組で(退職金などない。みんな社長になれ。みんな経営者になれ)とのたまわっていたのが印象的だ。みんな社長になったらワタミグループの経営・運営は誰がやるのだろうと思った。
で、実際にグループ内で独立し居酒屋の経営者になった20代夫婦の生活は朝の6時から夜中の2時まで働きづくめという現実だった。そんな生活3年はなんとかこなせたとして5年10年と続くのだろうか。
そして夫婦は子供をもうける事も出来ず、ささやかな旅行にすら行けず、何のために生きて行くのだろうと思った。近所のチェーン系の焼肉屋でとても元気で溌剌とした店員の方がいた。しかし、何カ月と時間をおいてゆくたびに目の奥に光が消え喪失してゆく感じがした。
飲食業は若い人を安い賃金で雇い何年続けたところでなんのスキルも身につかない。
そのくせ休みは無いに等しく一日中拘束されている。常に人手不足で追い立てられているので体を壊すまで辞める事は出来ない。で、やっとの思いで辞める事が出来たとしても年齢的にも厳しい条件になり、昼も夜もない生活が本来のリズムを忘れてしまう。そんな調子で体の変調が心にも影響を及ぼす。過労自殺か廃人か。飲食業は(お客様の為に全てを犠牲にしろ)(修行させてやっているのだから給料が出るだけでありがたいと思え)という考えが横行している。毎年2万人調理学校の卒業生がおり、1年後にその職業を続けているものは1000人。10年後には10人。1000軒の出店の後一年後に存続している店は3軒。5年後10年後は一軒もしくは0という非常に厳しい世界ではあるが、それゆえにそこで生き残った人間のプライドの高さは尋常なものではない。皆宗教のような高揚感でいるのは仕方のない事なのだ。
飲食業には人格者などいない。人格破綻者やその家族は犠牲を強いられ破綻している。どこかネジが外れた連中の集まりである。
渡辺氏のような類の経営者は案外多いが、あのような人間は理想との折り合いがつかず権力者になるには至らなかった。
従業員は根性がないという独り言を言いながら町の小さな店を夫婦で切り盛りするくらいで収まりがつくのだ。
なにがなんでも渡辺氏は政治家に成りたいのだろうしまた政治的にもならざる得ないのかもしれない。そうなれば貴重な国会答弁の時間が共産党や社民党のワタミグループの糾弾と人権問題と安倍総理の任命責任になり政権のアキレス腱にもなるだろう。
どのみち比例で落ちようがなく、もうどうにもなるまい。
渡辺氏の言動や思想は維新(橋下寄りの)にぴったりだと思うのだが。
自分の力。自分の努力。弱者不要。自己責任。
若者を低賃金でつかい潰し、自分の安い居酒屋に来させる人間とアベノミクスはまるで逆であるし、アベノミクスはロイヤルホストのようなお店に家族で行けるようにするのが目的ではないのか。
家族を壊し、将来働けない体にし、結果本来ならば税金を納める側になれるのに税金を使わせる人間を増やす。
やはり、この渡辺氏は保守ではなく共産主義であると思う

えーとねえーとね 2013/07/01 16:57 うん。悪意の無いヒトラーだね。怖いねぇ

モルモル 2013/07/02 05:57 げんさん:
> 問題があるのならば落とせばよいだけだ.

この人は比例代表候補者であることをお忘れなく。
有権者は「この人を落とす」ことはできない。
「この人を落とせ」というのは「自民党を落として民主か維新か共産かに政権を与えろ」というのに等しい。

かめかめ 2013/07/02 07:32 不勉強、厚顔無恥。
デフレ居酒屋として台頭したのはワタミではなく、三光マーケティングフーズという企業。もう少し勉強してから、文章を書くべきです。

さわださわだ 2013/07/02 09:08 渡邉美樹が政界に欲があるのはわかっていたことで、問題は脱デフレを公言している自民が彼を推薦していることでは?

111111 2013/07/02 18:42 著者は直接本人と対面したのでしょうか?
直接、対談したのでしょうか?

もし、そうでもないのにこの記事を書いているのであれば、著者自身の人間性に疑いを抱きます。

メディアに出ている人間を批判するのは自由ですが、その批判を公然で批判するのは如何でしょう?この記事によって、渡邊氏を知らない方々に先入観を抱かせてしまいます。

メディアやマスメディアに記事を出す方々は、その社会的役割を考えるべきではないでしょうか?

げんげん 2013/07/16 19:53 参議院選挙は,衆議院選挙とは異なり,「非拘束名簿式比例代表」です.
つまり,自民党と書くか,渡辺美樹と書くか選べます.
候補者の名前を書かなければ,名簿の当選順位が下がります.
渡辺美樹を落としつつ,自民党に入れたければ,自民党と書けば良いです

つまり,渡辺美樹をねらって落とすことはできます.

これがたとえば,拘束名簿式比例代表で,名簿の順番が1番だと,
ご指摘の通り,事実上落とすことはできなくなります.

げんげん 2013/07/16 19:53 参議院選挙は,衆議院選挙とは異なり,「非拘束名簿式比例代表」です.
つまり,自民党と書くか,渡辺美樹と書くか選べます.
候補者の名前を書かなければ,名簿の当選順位が下がります.
渡辺美樹を落としつつ,自民党に入れたければ,自民党と書けば良いです

つまり,渡辺美樹をねらって落とすことはできます.

これがたとえば,拘束名簿式比例代表で,名簿の順番が1番だと,
ご指摘の通り,事実上落とすことはできなくなります.

2013-05-31 「伏 鉄砲娘の捕物帳」評

[]伏 鉄砲娘の捕物帳」評 21:22 「伏 鉄砲娘の捕物帳」評を含むブックマーク 「伏 鉄砲娘の捕物帳」評のブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130601205638j:image

文藝春秋万歳!ということで、「伏 鉄砲娘の捕物帳」評である。本作は2012年10月公開であるが、劇場で見ようと思っていて逃したのでつい最近リリースされたばかりのDVDで鑑賞した。

本作は非常に不幸な作品である。同年の7月には細田守の「おおかみこどもの雨と雪」が公開されたばかりで、犬獣+少女という図式で、「おおかみ〜」の追従作品乃至二番煎じと捉えられかねなかったためだ。

「おおかみ〜」旋風も過ぎたこの時期だからこそ、この作品を冷静に見ることができたのかもしれない。さて私は原作を読んだことはないのだが、なんというかその、つくづく文化庁が好きそうな作品(第16回文化庁メディア芸術祭審査員特別推薦作品)である。「伏」という獣人に恋した少女の浜路が、キスをするわけでもなく最終的には「文通から始める」というなんというかこのストイックさが堪らない。官も納得の安定感という訳だ。

無論、意図的に脚本を抑えているわけではない。本作の最大の白眉は、時代考証意図的に無視しまくった世界観の構築である。本作を見て「何故江戸時代なのに現代語で手紙を書いているんだ!」とか真っ赤になるのはもう本当に野暮なツッコミとしか言い用がない。本作なりの江戸時代の再構築を見事に完成させている点は秀逸だ。

が、やはりなにか足りない。徳川家をまるで悪辣な支配層と捉えるニュアンスの部分は、あたかも階級闘争史観が紛れ込んでいると言え無くもないが、そんな事は置いておくとしてもともかく、官納得の安定感からか、映画的な一応の見せ場はあるものの、どれも優等生的でこれといったカタルシスに欠ける。大友克洋の「大砲の街」的な色彩の世界観はたしかに美麗だが、「ああ綺麗だね」という感想に終始する。

やはり脚本がいけなかったのか。あそこまで接近したのに何故文通から始めるのかが納得できない。いっそのこと省略法で1年後に、浜路の腹が大きくなっていて「伏」の血脈が脈々と続いていくことを暗示させたほうが、筋的にも良かったのではないか。

悪い作品では決して無いし、たまたま設定が似通っただけで「おおかみ〜」の追従作品というわけでも無い。充分に良作だが、なにぶん心が擦れてしまった齢30歳の私からすれば、優等生が創った手頃な完成キットを観たような気がして少し消化不良である。

---------------------

さる2013年4月26日に発売されました小生4作目の著作『ネット右翼の逆襲 嫌韓思想と新保守論』(総和社)好評発売中です。増版しました。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130531

2013-05-22 「イムリ」考

[]「イムリ」考 21:54 「イムリ」考を含むブックマーク 「イムリ」考のブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130522214204j:image

 今さらながら最近になって三宅乱丈の『イムリ』(最新13巻)を読了した。無論、数年前から一部の好事家の間では話題になってはいたが、なかなか通読する機会がなかったためである。

 改めて読むと、ある種の異常性を感じさせる漫画である。勿論良い意味でだ。私は三宅乱丈の作品を初めて読んだのでそう思うのかもしれないが、女流作家らしい線の柔らかさと作品の世界観があまりにも乖離していて、ちょっと一見さんを寄せ付けない異常性を放っている。しかし、3巻くらいまで進むと、三宅乱丈タッチがこの異世界空気と実にシンクロしている事に気が付かされるのである。

 作品に重ねるのならば、3巻くらいから読者が三宅乱丈精神世界と「でろでろする」という感じになるのだが、兎も角、昨今の軽薄な萌え系のSFアニメばかり見ていると脳が腐りそうになる現状からすると、「イムリ」の世界は異常なほど突出した輝きと妖しさに満ち満ちている。

 「イムリ」の世界観は、白人インディアンの対立をオマージュしているようにも思えるし、その中間者である主人公・デュルクはナウシカのようでもあり「もののけ」のサンの様でもあるが、事はそう単純ではない。とにかく、この作品の魅力は読者が三宅乱丈世界と「でろでろする」事ができるかどうか、という一点に尽きよう。でろでろできれば熱心なファンになるし、出来なければ獣化…もとい「なんか好かんわ」という風になる。かなり読者を選ぶ作品であることは間違いはない。

 「でろでろ」って何?と強い関心を持った方は、是非本作を通読されたい。

---------------------

さる2013年4月26日に発売されました小生4作目の著作『ネット右翼の逆襲 嫌韓思想と新保守論』(総和社)好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130522

2013-05-21 東京のインド人街「西葛西」を行く

[]東京インド人街「西葛西」を行く 22:17 東京のインド人街「西葛西」を行くを含むブックマーク 東京のインド人街「西葛西」を行くのブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130522220703j:image

 東京江戸川区西葛西付近日本有数のインド人街になっているというので行ってきた。何故西葛西インド人が多いのか、という直球の質問についての回答はこちら

【江戸川区】西葛西がインド人街になっている件 何故西葛西にインド人が多いのか?

 等を参照されるとして、一節にはこの地区だけで2000人ものインド人が暮らすという街。西葛西と言えば地下鉄東西線の一駅としての印象しかなかったのだが、たしかに降りてみるとインド系が多い気がする。

 そんな中、最も有名(?)と思われるインド料理店・スパイス・マジックカルカッタ本店に行くが、テレビ報道の影響か満員(写真)で入店を断念。代わりに南口のハリ に行った。ここはインドでも北インド料理の店。しかし私には、広大なインド亜大陸の、東西南北で料理がどう変化するのか知る由もない。店員さんも正真正銘北インド出身者で固められているようだ。在日インド人にも地域によって若干派閥があるのであろうか。この店はボリュームの割に安い。非常に美味い。おすすめである。

 定住外国人というと中国韓国常套句のようになって久しいが、西葛西インド人街も忘れてはいけない。私は暫く、西葛西に通うことになりそうだ。

f:id:aniotahosyu:20130522221537j:image

店内に掲示されたカシミールがちゃんとインド領の「真性インド地図」。

---------------------

さる2013年4月26日に発売されました小生4作目の著作『ネット右翼の逆襲 嫌韓思想と新保守論』(総和社)好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

レイラレイラ 2013/05/23 01:37 行きたいなー、インドカレー大好きなんですよ。
インド人のカレー屋さんばかり沢山あるなら本当行ってみたい。
仲町台にも美味しいインドカレー屋さんあります。金曜日はベリーダンスが無料で見れる。
あと、チャイが美味しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130521

2013-02-27 あの糞映画「アルゴ」がアカデミー賞をとった件について

[]あの糞映画アルゴ」がアカデミー賞をとった件について 00:34 あの糞映画「アルゴ」がアカデミー賞をとった件についてを含むブックマーク あの糞映画「アルゴ」がアカデミー賞をとった件についてのブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20121101070946j:image

 2012年10月30日エントリー映画アルゴ」を酷評したが、この映画が第85回アカデミー作品賞に輝いたというのだから驚きである。

http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20121030

 「アルゴ」は1979年アメリカ大使館占拠事件を元にした実話。事実上人質と成った6人を映画ロケハンに扮して救出するという話である。以下、10月30日エントリーを一分引用して構成しよう。

 この映画を観ていて徐々に怒りが湧いた。なぜならこの映画では徹底的にイラン人を土人、野蛮人として描き、アメリカ人無辜犠牲者、として描いているからだ。さすがベン・アフレック、「パール・ハーバー」の日本人描写から進歩がない。

 なぜホメイニイラン革命を起こしたのか。なぜイラン民衆がそれを指示したのか。パーレビをアメリカが支援したのはなぜか。このへんの説明が全くないまま、「野蛮で馬鹿イラン人に捕まった6人を救え」という筋書き。たしかに空港でのシーンはハラハラどきどきするが、そうまでしてイラン人を追いやったアメリカ帝国主義には一言の言及もないのか。「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」で感じたアメリカ人無謬性を疑わないあまりにも傲慢な描写に吐き気。こんな考えだから後の9.11に繋がるんではないのか?その異教徒イラン人を見下した思想こそが中東反米、反イスラエルの旋風が巻き起こった温床なのではないのか?

 挙句の果てにこの映画の最大の失点は、カーター英雄視しているところ。あのう、カーターってこの事件の救出作戦が失敗して大統領再選できなかったんですけど。作戦失敗の経緯はとことん無視である。韓国並に都合の悪い所は黙殺の歴史観か。

 ベン・アフレックは脳みそまで筋肉でできている典型的なアメリカ馬鹿の象徴のよう人間だということだけは分かった。のにもかかわらず、今回本作が作品賞に輝き、会場ではオバマ大統領夫人が作品賞受賞を読み上げるという「政治的」なパフォーマンスすら加わっている。醜悪の度合いが増している。明らかにアメリカの対イラン政策を反映したもので、本日の朝日新聞でも「史上最も政治的なアカデミー賞であるとイラン当局が皮肉った」と出た。

 アカデミー賞政治に屈したのか、はたまた別の理由があったか。勿論、映画作品を政治的な色眼鏡批評するのは邪道である。邪道ではあるがしかし、それを覗いたとしても「アルゴ」は映画的にそもそも陳腐である。6人の軟禁状態に置かれた米国人映画役者に扮するために色々と嘘の脚本を暗記したりするのだが、結局それをしようとしまいと空港での脱出劇は一か八の運否天賦で、アフレック扮するCIA工作員が何のために演技指導を熱心に施したのか意味がわからない。三谷幸喜だってこのへん、もっと面白おかしく脚色するはずだが、それもない。結局、「イラン人の馬鹿を運良く騙した話」それ以上でもそれ以下でもない。

 特定の国や国民をこれほどまでに馬鹿にし、卑下するような描写はそもそもアカデミー賞理念に反するのではないか?こんな糞映画が作品賞を記録するとは、今回のアカデミー賞、後世の歴史家が「世紀の誤審」と記憶するに違いない。


---------------------

さる2012年11月16日に発売されました小生3作目の著作『竹島に行ってみた!マスコミが敢えて報道しない竹島真実』好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

ずっとウド編ずっとウド編 2013/02/27 19:08 以前、アメリカのコメディ映画見たときベンアフレックはレイシストとしてネタにされてました。あれは、笑ったな〜。

多々見 一郎多々見 一郎 2013/04/04 04:59 おっしゃる通りだと思います。アメリカのお馴染みの広告映画でしょう。テロリストを擁護するつもりは全くありませんが、なぜテロ行為に及んだのかを考える事が重要だと思います。持ちつ持たれずの関係のアメリカとイスラエル、それに追従せざるを得ない我が日本。まぁ中国よりかはアメリカにリーダーでいてほしいと思う自分が悔しいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130227

2013-02-14 バレンタインは「非常時思想」で乗り切れ!

[]バレンタインは「非常時思想」で乗り切れ! 02:14 バレンタインは「非常時思想」で乗り切れ!を含むブックマーク バレンタインは「非常時思想」で乗り切れ!のブックマークコメント

まあた嫌な日がやって来たと悶々としている男子諸君も多かろうと思う。そう、今日バレンタインである。バレンタイン明治製菓CIA陰謀であるとかそういう事を書くつもりはない。例えそれが事実であったとしても、日本国憲法と同じく嫌でも押し付けでも、慣習として機能しているものを打破するのは現実的ではないし、第一疲れる。バレンタインという制度そのものを消極的に是認した上で、それをどう乗り越えるかを考えたほうが建設的ではないか。

私が高校時代バレンタインの前2日が慌ただしくなった。例えば2月14日が日曜日や祝日だったりすると、実質的な「ばれんたいんでー」は銀行営業日と同じく繰り上がるからである。そういった暦の上での偶然は1回だけあったと思うが、ほか2回は学校の登校日と重なった。

不肖私など、放課後無意味に校内をウロウロするなど、「哨戒」と称した期待行動をとっていたわけだが、今思うと実に馬鹿馬鹿しい、本当にどうでも良い思い出である。

現在、会社学校バレンタインのその日を迎えている男子諸君、何の苦労もしないのにチョコレイートで両手がいっぱいになるような不逞の輩は、どうせつまらない女と結婚して、倖田來未CDをかけながら夜な夜な家族ドン・キホーテに向かうような休日を過ごすタイプになるのだから心配しなくとも良い。若しくは住宅ローンで酸欠状態の金魚のように水面付近でアップアップしている様な無味乾燥人生を送る程度の人間だと考えれば気も楽になるであろう。

必要なのは「非常時思想」である。中国軍火器管制射撃レーダー照射事件を筆頭に、すわ戦争かいま戦争かのこの非常時にバレンタインデーなどやっている暇があるのか。いや無いのである。

「ぶゎれんたいんでぇー??この非常時に何事か!」の精神こそ今最も求められる姿勢だ。明日にでも、今日にでも敵の銃弾でやられると考えてみよ。後数日で敵軍が浜辺に強襲上陸してくると考えてみよ。チョコなど食っている場合ではない。もし貴殿の周辺の女子がチョコが云々の話をしているならすかさず割って入り、「この非常時に何事か!」の一喝で四海波静かである。常に常在戦場の決意で居なければならない。(…などとケンペーくんならいいそうである)

ならやたかし ケンペーくん より

---------------------

さる2012年11月16日に発売されました小生3作目の著作『竹島に行ってみた!マスコミが敢えて報道しない竹島真実』好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

小野正生小野正生 2013/02/14 11:37 「哨戒」と称した期待行動・・・・・クソワロタwww

ケンペーくん懐かしいな。中曽根大勲位に召喚された人だったよね。

小野正生小野正生 2013/02/14 11:45 ああ、そうだ思い出した。
女に現を抜かしそうになっていた柔道部の若者の根性を叩き直して、「お前たちは国の宝なのだ」とか宣うシーンが好きでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130214

2013-02-03 AKBは日本の癌である

[]AKB日本の癌である 04:28 AKBは日本の癌であるを含むブックマーク AKBは日本の癌であるのブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130203034757p:image

丸刈りにして男性交際を謝罪する峯岸さん

f:id:aniotahosyu:20130203034811j:image

ナチス占領下のフランスナチ将校と交際関係にあった女性を解放後に「懲罰」と称して丸刈りする民衆


怒りで頭が切れそうになった。AKBの峯岸ナントカさんが、エグザイルイケメン俳優とお泊りしていたことについて、丸刈りで謝罪する映像Youtube投稿あまつさえAKB公式サイトにその動画転載されていた一連の問題である。

事の経緯は他のサイトのほうが詳しいので省く。動画を見て真っ先に思い出したのがナチス占領下のフランスで、ナチ将校と交際関係にあった仏人女性を解放後に「懲罰」と称して丸刈りする民衆映像である。峯岸さんは「(丸刈りは)自発的に決めて行ったこと」としているが、それがAKB公式サイト転載されている時点でAKBとその首領秋元某がこの行為を追認し、動画が公開された後の反響も含めて黙認することにGOを出したと容易に想像できるではないか。そして一寸考えたらわかるが、なまじ売れっ子のスターが誰に許可を取ること無く丸坊主にするわけがない事など大人の常識でわかろう。この騒動は個人のした奇行とか、最早そういう問題ではない。

あまりのネガティブ反響に件(くだん)の動画2月2日公式サイトから削除されたそうである。アイドルが男性と交際することの是非とか、今日日(きょうび)の20歳位の女子がどうのとか、アイドルに求められる処女性がどうだのとかそういう事を言っているのではない。こんな、如何に芸能人といえど日本女性人権と誇りを平然と蹂躙する動画が載せられているAKBという団体そのものに、余りにも禍々しい狂気を感じたのである。「この動画公式サイトに掲載されたら、世界の人々はAKBを異常と思わないのだろうか」という想像力が秋元やその周辺に無いところが益々その異常性を際立たせている。その思考の垂直性が益々カルト臭を醸し出している。

早速海外から反響があった。「AKB48の峯岸みなみさんの謝罪を報じた外国ニュースへの海外での反応」というのがわかりやすくて良い。その反応は一言で言うと、「日本はどうかしている、怖い」というもので、日本が狂った国だと自ら進んで国際的に宣伝・認知させているようなものだ。他の先進国アジアを除く)でアイドルが男性と交際することはスキャンダルにはなっても何か懲罰を受けるということはない。万が一あったとしてもそれは「丸刈り」という恥辱を伴った行為には発展しない。あたり前のことだが、異性との交際は「罪」ではないからである。罪ではない事に「罰」を以って報いる、という発想は「ユダヤ人存在自体が罪である」といって強制収容の罰を与えようとした(実際に与えた)ナチの思想と重なる。反ドイツ的だとか退廃的だとか難癖をつけて、罰を与えようとする。本来はそれ自体が価値観道徳モラルや或いは民事上の問題(ですらない場合も多い)なのに、なにか刑事犯罪であるかのような印象を植えつけて「懲罰」を与える。恐ろしいファシストの思想だ。この本来は罪に当たらない行為に「懲罰」という概念をまだ幼さの残る若い女性に課して、何か得意満面になっている連中がいるのだとしたらそれは余程歪んだサドか丸キ以外の何者でもない。

100歩譲ったとて、峯岸さんの「単独犯行」だったとしても、逆に自ら進んで「懲罰」に帰依し、進んでAKBという団体に帰順する態度をビデオに撮らなければならないと20歳女性に思わせるという程、AKB同調圧力は異様に強いと推察される事だ。まるでオウム信者尊師に許しを乞うために行う激しい荒行や自傷行為と瓜二つである。単独であろうが半強制であろうが、どちらの説をとっても「団体規制法」の適用があってもおかしく無い程、やはりこのグループとそれを取り巻く周辺環境は病的な異常性を醸し出している。

我々は常日頃中国民度が云々、韓国民度が低い等といっているが、海外から見れば「嗚呼野蛮な東洋の国、人権意識の低いアジアの国なんだな」と思われても致し方ない。こういう狂ったアイドルグループとその首領秋元を、我々はテレビメディアなどを通じて、有形無形の声援で以って増長させてしまったことについて深く反省しなければならない。

UHA味覚糖の「ぷっちょ」のCMは気持ち悪いという程度のものだった。小林よしのりが「AKB大東亜共栄圏!」と言い出した時には「遂におかしくなったのか」という程度だった。流石に今回の丸坊主は「その程度」とかで簡単に括れない日本の恥であり、最早AKB日本の癌であることを認めなければならない時期に来ている。


---------------------

さる2012年11月16日に発売されました小生3作目の著作『竹島に行ってみた!マスコミが敢えて報道しない竹島真実』好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

aa 2013/02/03 14:42 AKBって隠語はBAKAだろうね

AKBオタクAKBオタク 2013/02/03 19:09 AKB48は日本のアイドルではありません。
AKB48をプロモートしている電通の元最高顧問、成田豊は韓国の天安市出身で、韓流ブーム捏造の仕掛け人。
週刊AKBのプロデューサーは在日韓国人の金 永振。AKB48のコンサート舞台演出はユン・ヘソンという韓国人。AKB専用劇場があるドンキホーテは在日韓国系企業。
AKB48のスポンサーはパチンコ京楽。パチンコ業界は90%が朝鮮・韓国系。

AKBオタクAKBオタク 2013/02/03 19:14 AKB48人気1位とされる大島優子はサッカー日本対北朝鮮戦を朝鮮側スタンドで観戦。
19枚目シングルでセンターの内田眞由美は、実家が焼肉店をやっていますが焼肉業界の6割は在日系。
内田眞由美が小5から通っていた空手団体は、創始者が崔 永宜(チェ・ヨンイ)。
AKBに在籍していた星野みちると大堀恵の事務所AZ-ENTERTAINMENTは事業内容が「在日韓国人タレントマンージメント」。大堀恵のマネージャーは金 成徳という在日韓国人。
日テレ24時間テレビではAKB指原莉乃をフィーチャーしたPVから日本の国旗がなぜか消される

AKBオタクAKBオタク 2013/02/03 19:23 AKB商法とは知的レベルの低い若者をだまして儲ける詐欺商法です。

当然、AKBを好きになるような連中には選りすぐりのバカが集まっています。

問題なのはこういうバカがAKBに金をつぎ込み、
その背後にいる朝鮮・韓国に流れ、反日工作に使われること。

社会の害悪になっていることです。

AKBオタクAKBオタク 2013/02/03 19:26 AKBはこれまでも様々な批判を受けてきましたが、
彼らにはなぜ批判されるのかが理解できません。
理解するだけの知能もモラルもないからです。

こういった連中にはやはり法規制しかないと思います。

あこあこ 2013/02/04 19:41 秋元、AKBの卑しい話題作りのせいで、日本のイメージ悪化ですね。
本当迷惑な話だわ。

1111 2013/05/29 14:01 おまえらのほうが異常だよ

三太郎三太郎 2013/10/11 07:36 AKBは確かに、日本の「癌」と言っても良いと思う。

峰岸みなみの丸刈りにしても、別に二十歳前後の女の子がイケメンとエッチしたって、法律に引っかかるわけじゃ無し、指原梨乃をHKTに移したのだって、総選挙でセンターにしたのだって、ヤラセだろうし、「潰すつもりで、かかってきて下さい、私はここにいます」と言ったマリコも台本通りな訳で、ヤラセ・話題づくり・売名行為...etc

あの手この手で、人気を保持する、金をむしり取る・・・

あの、乃木坂46も、PVでスカートを捲り上げるフリつけが風紀を乱す的な記事が出たけど、実際、見てみたらぜ〜んぜ〜ん大した事なくて拍子抜けした。

オニャンコ・クラブもなんか自然消滅したけど、この連中も、秋元のさじ加減一つで、いつどうなるか???わからん・・・その時、バカ見るのは、踊らされていたファンの方だね。

古谷ファン古谷ファン 2014/05/28 21:52 SKEのリーダーがキルラキルのコスプレしてますよね。
私の基準では、キルラキルが「本当に良いアニメ」に該当するので、
よければ何か感想をお願いしたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130203

2013-02-02 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の異常さ

[]ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の異常さ 02:13 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の異常さを含むブックマーク 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の異常さのブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130202015553p:image

現在絶賛公開中の3D映画ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」について。観ました。異常です。何が異常かというとそれは虎の可愛さ。3Dの虎が異様に可愛い。堪らない。ミーアキャットも出てくるのだが、これも堪らなくカワイイ。顔をペロペロしたり耳を舐めたり一緒にお風呂に入ったりしたい。基本、海も動物も全部CGなのだが本当に素晴らしい技術動物好きには堪らない一作である。

さて作品の出来はというと、さすがアカデミー賞11部門ノミネートだけある。「アカデミー賞最有力」は頷く。実は本作、観た人ならわかるのだが「虎と漂流する話」ではない。そんな簡単な話ではない。

人は、世界は、驚くほどの残酷さと残虐さで満ちていると思う。時としてそれを率直に表現するのがためらわれる程に。神も仏も居やしないのか。そう絶望する人を我々は責められようか。しかし、本作が示す「それでも人に、微かな希望がある」というテーマに私は涙した。

繰り返すがこれは少年が虎とサバイバルをする話ではない。我々はここまでの経験はしなくとも、自分の住む国の中にすら凄惨残酷があることを知っているし、そしてまだ知らぬ地獄存在も予感することができる。ただ、そこに寄り添う希望存在にも私は目を向けたい。結局、光は人の中にしか無いのだ。

本作のタイトル、「ライフ・オブ・パイ」に2つの意味がある。主人公少年がパイという名前なのでその伝記。もうひとつは円周率のパイだ。割り切れぬ、延々に答えのない物語。その一方で、ずっと続く、終わりなき旅物語でもあろう。私は人の持つ、か細くも限りなく続く希望の光を本作で信じた。

---------------------

さる2012年11月16日に発売されました小生3作目の著作『竹島に行ってみた!マスコミが敢えて報道しない竹島真実』好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130202

2013-01-11 医薬品ネット販売判決から考えるネット蔑視思考

[]医薬品ネット販売判決から考えるネット蔑視思考 18:25 医薬品ネット販売判決から考えるネット蔑視思考を含むブックマーク 医薬品ネット販売判決から考えるネット蔑視思考のブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130111134116j:image

 医薬品ネット販売訴訟について最高裁で国の上告が棄却され、確定した。*:title=記事 2009年の改正薬事法施行以降、3年ぶりにして事実上ネットでの医薬品販売が復活する。既にヤフーなどが販売復活に向けて動いていると言う。時間は掛かったが素晴らしい判決だと思う。

 2011年だったか、TBSラジオのdigで、評論家荻上チキ氏の回でこの問題が話題になり、薬剤師の堀美智子という人がゲストで呼ばれていた。彼女は元薬剤師理事経験もあり、終始徹底してネットを見下した意見を口にしていたのを今でも覚えている。要するに、「ネット情報を得るような奴は馬鹿が多いので、我々薬剤師という専門家が彼らの危険な行動を諭し、教導しなければならない。だからネット規制は必要だ」という論を展開していて、流石の見下し思考に荻上氏も反論していたように思う。

 堀のような思想は単なる専門屋の思い上がりという範疇ではなく、「上からの近代化」がまだ有効だった石炭時代根本的な発想と同じである。要するに、少数の教育を受けたエリート階級存在して、そのエリートたちがその他の大多数の愚民に、良質で洗練された情報や知識を上から普及することによって国の発展を計る、という思考である。大学進学率が1%とか5%だった昭和初期や高度成長時代なら兎も角、国中に高度ネットワークが張り巡らされ、大学進学率も50%を超え全入時代と言われ、学ぶ意欲があれば社会人入学放送大学本屋図書館がある現在、堀の言う「洗練された一部のエリート専門家集団」と「ネットで1類医薬品ショッピングカートに入れる人」の差は縮まってきている。「ネット情報だけで薬を買う奴は馬鹿だから」という理屈は、基本的にこの石炭時代エリートを基調としている思考だ。

 そもそもかつて「先生」や「聖職」と言われた政治家学校教員に目も当てられぬほどの馬鹿と、人格性癖が歪んでいる奇形犯罪者が溢れかえっているのだから最早、石炭時代エリート論は何処にも通用しない。

 最近、ネット馬鹿にするのが流行っているようだ。SAPIOの「ネトウヨ亡国論」とか、週刊朝日の「安倍晋三ネトウヨ」とか、小林某の「2ちゃんねる便所の落書き」「ネット社会的底辺」とかいうのがその典型だ。そういう事をいう人はどこか自分のことをエリートだと思いたいのだろう。しかし本当のエリートは人を馬鹿にしたり見下したりはしない。なぜなら圧倒的に優れているから、人を貶したり人と比較する必要がないほど強者だからである。富裕層が「私は大変な金持ちです」と叫んだりしないのと同じである。中途半端な貧乏人ほどブランドに拘るのに似ている。

 自分は本当のエリートではなく、本当のエリートにはなれない中途半端な二流であるというコンプレックスが何処かにあって、どうしても「ネット馬鹿」だと言わなければ精神のバランスが崩れるのであろう。適度ならば良薬だが、過度なコンレックスは人を歪める。青春時代、目立たず辛いことが多かったのだろう。人を見下すことに快感を覚える人間ほど、哀れな人はいないと思う。


---------------------

さる2012年11月16日に発売されました小生3作目の著作『竹島に行ってみた!マスコミが敢えて報道しない竹島真実』好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

j 2013/01/13 11:27 対面販売だと買い難い物も有りますしねえ・・・
こんなの思い出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=P7sTOAM6LAo
まあ関係ないんですけど。

ミッフィーXミッフィーX 2013/01/13 11:39 結局情報リテラシー能力が我々国民には必要でしょうけれども、最近の「インターネットで得られる情報はダメ、テレビ・ラジオなどの大手メディアの情報はまだまとも」という風潮はどうにかなりませんかねー・・・確かにインターネットにもデマゴーグも少なくありませんが、一方で既存メディアが発信しない貴重な情報も提供してくれます。テレビやラジオを視聴していると、いかにもインターネットの言論界が我が国とは何光年も離れ
た別次元にあるかのような話をよく聴きます。日本のネット利用者数がすでに9000万人を超え、普及率も80%を超える状態でなぜネットが異端扱いされなければいけないのでしょうか。

なしなし 2013/01/19 10:39 玉石混交と言うのもやめて欲しい。
ネットには情報を一本化する人々もいるので
散らかった情報も並べて有意義なものになっていく

ドラチュウドラチュウ 2013/02/03 02:59 一般の人を見下す薬剤師・・・変にプライド高い先生?いますよねぇ。
どんな人か知らないけど、同じ薬剤師として感じるのは
多くの顧客を持ってる薬剤師には、そういう上から目線の人はいないです。
(態度でかい薬剤師にお客さんはつかない)

薬のインターネット販売に反対する人って、
・ネットに疎い人!(ネットができない人)
・環境の変化を嫌う(関係行政機関にもいる)
・スイッチOTCが増えると調剤が減ると考えている???
・おいしい部分を持っていかれてムカついている(配置薬・ドラッグストアなど)
・その他(誤解かなあ?)
こんなふうに感じますね。

実際、OTC(特に漢方系)やってる薬剤師は、
大抵、通販もやってて(しかもインターネット普及以前から!)
来店客以外にも、全国に顧客を持っています。
厚生労働省が推進するセルフメディケーションに
ずいぶん貢献してるんですけどね。

結局は、
・自分で理解できない世界(この場合、ネット社会)が気に入らない
・自分とこの利益が侵される
のどっちかが理由で反対してるんじゃないかなあ。
ご指摘の通りエリートの思考じゃないですね(笑)

それに取り締まるなら、中国とかから入ってくる「健康食品」「サプリメント」でしょ。
あっちの方がよっぽど危ない。事故おきているのに野放しでしょ!

調剤薬局でも、その薬局にお客さんが多くついてる薬剤師なら
エリートといえるとは思いますが
全国に多くの顧客を持ってる(顧客から信頼されている)薬剤師こそ
本物の薬剤師のエリートだと私は感じてます。
実際にスキル・キャリアが豊富ですし、
調剤も漢方もやってて半端ないキャリア感じる薬剤師もいます。
そういう薬剤師は仕事にインターネットを駆使してますよ。

私はエリートは望みません、プロと呼ばれるようになりたいです。
でも全然その領域に達してないですが(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130111

2013-01-10 愛ある体罰など存在しない

[]愛ある体罰など存在しない 21:12 愛ある体罰など存在しないを含むブックマーク 愛ある体罰など存在しないのブックマークコメント

f:id:aniotahosyu:20130110210919j:image

大阪府桜宮高校MSN産経より)

 今日朝日新聞(2013.1.10)の”天声人語”では、10年前にイギリスで行われた子供たちの体罰反対デモに言及されていた。「愛の鞭は存在しない」などという内容の手紙を英首相に手渡すなどし、その後英国では体罰法律違法化されたという。今回、大阪市桜宮高校バスケットボール部に所属する男子校自殺事件を受けてのコラムだったが、朝日新聞ながら良いコラムだと感心した。何より、体罰当事者である学童が自ら体罰の禁止をデモで訴えることができる環境を羨ましく思った。

 体罰、の問題には必ず「肯定派」側から「愛ある体罰は肯定されるべき」との意見が出される。実際、桜宮高校加害者教諭(47歳)の体罰経験した周囲からも、少ないながらも肯定的とのニュアンスを訴える生徒なども居たとされる。

 しかし、体罰根本的な問題はそれが圧倒的な上下関係者を根拠に行われる、という点だ。「私のほうが上で、君は下」というそんな生やさしいものではなく、支配者と被支配者という、圧倒的な力関係の範囲内で行われる暴力を「体罰」と形容している。それはオランダ植民地にされたインドネシアの関係や、イスラエルガザ地区の関係性と似ているが、植民地の住民やガザの住民は人口が多いので、時として徒党を組んでその暴力に抵抗することが出来るが、中学生高校生は個人なので連帯することもできない。圧倒的に弱い個人に行われる専制的な暴力は、単に「体罰」と形容するのを躊躇われる程の暴虐性を含んでいる。

 桜宮高校自殺事件で、加害者である47歳の教諭は、例えばもし彼が大学講師教授(そんな教養スキルもないと思うけれども)であったとしたら、同じように「体罰」をゼミ講義のお教え子に下していただろうか。答えは絶対にノーだ。中学・高校では教員暴力が問題になるのに、大学学部(院については私は進学していないからわからない)で物理的な暴力という形での「体罰」問題をついぞ聞いたことはない(セクハラを除く)のは、大学生高校生と違って体に訴えなくても頭で理解できる学力を有しているので体罰の必要はないとか、そういう理由ではなく、単に中学生高校生に比べて学生立場が圧倒的に強いからだ。

 中学生高校生は、不登校で周囲から白眼視されたり、内申書や大学等への進学があるので、とりわけ教諭教員に対して立場が圧倒的に弱い。大学生のように嫌なら授業を変えるとか単位を落とすとか学校に行かないでバイトに励む、という逃避の手段が殆ど無い。「霧島部活やめるってよ」(吉田大八監督)に描かれた地方の進学校ですらも、いじめ体罰は描かれないが、独特の得も言われる閉鎖性・ムラ性のようなものに満ちている。それが高校までの日本教育環境だ。

 そういった逃げ場のない、抵抗の手段が皆無であることを確認して、「体罰」は行われる。要するにこいつは絶対に反撃してこないことを周到に計算した上で暴力が振るわれる。自分が圧倒的な上下関係の頂点にいるということを十分に自覚し、確認した上で暴力を振るう。何のことはない、「いじめ」と同じ構図である。いじめをする加害者は見境なく暴力を振うわけではない。かならず自分より圧倒的に弱く、反撃の可能性がほぼない人間に絞って暴力に訴える。要するに品定めし、攻撃可能かをじっくり調査している。

 この様な人種のことを私は「屑」「ゴミ」と呼ぶが、もしそれでも「愛のある体罰必要悪」であるというのなら、是非その体罰とやらを上下関係の枠の中ではない、自分よりも目上の人間に対しても同様にやっていただきたい。愛とやらは上下関係の中だけに適用される形容詞なのか。おかしいではないか。愛は上にも下にも平等のはずだ。今回、加害者となった教員は、同じ高校の教頭学校長や、教育委員会人間に対しても同じように「愛のある体罰」「教育的指導AKIRA風)」とやらで彼らの不正や姿勢や怠慢に義憤し殴りかかるのであれば、体罰正当性証明されると言えよう。それをやるんであれば私はこの教員を擁護する。しかしそれができないのであれば、やはり「体罰」は圧倒的な強者弱者を一方的に虐げる悪逆な植民地総督の残忍性と何ら変わることはないだろう。

f:id:aniotahosyu:20130110210920j:image

ドイツ映画es」(2002)

 2002年ドイツで公開され、世界的にヒットしたB級映画es」(エス)を観たことのある人が多いと思う。1971年スタンフォード大学で行われた監獄実験モチーフにした映画だが、数十人の被験者無作為に「看守」と「囚人」に別け、彼らの感情の変化を追うフェイク・ドキュメント映画の一種だ。「看守」役になった被験者たちは、やがて傲慢になり、囚人役の被験者に暴言や暴力を振るうようになり、秩序は崩壊、本当の殺し合いに発展するというストーリーだ。

 この映画で重要なのは「極限状態で人間はどうなるのか」とかそういったことではなく、人間の最も強い快感は、他人をコントロールすることである」という人間本能の部分を提示したことである。私には、桜宮高校加害者教諭に、この映画es」の看守役の姿がフラッシュバックして悪寒がした。高校というムラ的な閉鎖空間の中で、圧倒的な上下関係の頂点に位置する学校教員は、やがて暴言を吐き、平気で平手打ちや暴行を加え、そして流血の惨事に発展するまで自らの異常性を疑わない「es」の看守役の男たちと重なる。

 しかし本当に恐ろしいのは、「es」に登場する看守役は、一度実験場の外に出れば、スーツを着てネクタイを締めて、ビジネスバッグを持って地下鉄に乗るような、ごく普通の平凡な市民に過ぎないという点である。「他人をコントローすることがもっともな快感」という人間性の本性は、実はしごく普遍的な闇として我々のすぐ傍らに横たわっていることを示している。

 私が通った小学校中学校・高校には本当にゴミのような教員が多かった。私自身、残虐な体罰を直接受けたことはないが、やはりきわどい事例は何度も経験した。特に悪かったのは中学校時代で、人間のカスのような教員が平気で教壇にたって、些細なことで男子生徒を日常的に蹴ったり、あまつさえ体育教師が女子生徒に平手打ちを食らわせているのを目撃したりした。その教員の顔も名前も今でも覚えていて、検索するとまだ札幌市内の別の学校にいるらしいが、今でも早く死ねばいいのにと思う。

 しかしそんな彼らの態度がころりと変わる日があった。学校の開放日(参観日)で父兄が訪れる日は、まるで聖人君主のような柔和な顔つきになり、怒鳴ったり蹴ったりはしない。本当に「愛ある体罰」が存在するのなら、誰にはばかることもなく父兄の前で行えば良い。しかし自らにこそ最大のやましさがあるから、学校が閉鎖性を解放するときに限ってかれらは大人しくなるのである。自らのやましさを自覚しつつも、圧倒的な上下関係の中で、自分より下の人間をコントロールする快感に、彼らは逆らえなかったのである。戦中、学校教員は自ら率先して教え子を戦場に送り出す先鋒に立った、と日教組は自ら反省している。それが本当かどうかはわからないが、「他人をコントロールする快感」に日常的にいる学校教員が、翼賛体制の一翼を担ったという理由は分かる気がする。戦後反戦平和に変わった学校現場だが、彼らは「他人をコントロールする」という基本的な快感は変わっていないような気がする。実は中学・高校の教員と、ファシズム根本的に親和性が高いのかもしれない。勿論私はそうではない良心教員をたくさん知ってはいるが。

 繰り返すように、私は学校教員を全てゴミだとか屑だとか言っているわけでもないし、「es」のように、教員ではなくとも誰しもが残忍性をむき出しにする普遍的な危険性を有しているといえる。しかし繰り返すように、「体罰」が「自分より圧倒的に目下の人間に対して行われる残忍な暴力」である以上、絶対にそれを肯定することはできない。「体罰」は学校空間という特異な閉鎖性を伴った空間だから発生する人間の残忍性であり、決してそこに「愛情」などは存在していない。

 体罰を受けた側が「嗚呼先生が殴ってくれてよかった」等と思うのは、余程その程度が軽いか、それともマゾ性を有しているかのどちらかで、ほとんど被害者は例外なく報復感情を覚える。私は今でも、大きな体罰ではないが言葉暴力を受けた中学校教員に対して、法が許すのであれば何処かでばったり合う偶然を装って半殺しにしてやりたいという報復衝動に駆られることがある。暴力が生むのは愛ではなく報復と恨みだ。

http://www.kiyotakumap.com/arti_img/1001/121756/0.jpg

※思い出の北大学力増進会

 私は中学生の時に、地元学習塾北大学力増進会という所に通っていた。当時から札幌市内では大手地元学習塾で、それなりの月謝もするので主に教育熱心な家庭の子供が通っていた。高級塾というイメージがあった。その頃から本州に進出してはいたが、近年では東証1部に上場まで果たし、私が通っていた頃とは比べ物にならないほど規模を拡大しているという。そんな「増進会」の中でひとつエピソードがある。毎回、生徒にヤクザ調の暴言を吐きチョークを飛ばすアルバイト講師Aが居た。北海道大学卒の若い男で、地元では北海道大学以上の偏差値大学が無いので、北大卒者は東大京大と同列に近い権威性があった。

増進会」が関心なところは、当時既に、毎週一回か毎月一回か忘れたが、生徒たちに指導している講師を採点させるという逆アンケート評価システム採用していた点である。狭義の「体罰」とまではいかないが、暴虐無人な彼の振る舞いに我慢できなくなった私は、同じクラスの級友2〜3名をオルグって、「アンケートにあの講師Aがしている暴力的な振る舞いを書いて告発しよう」ということになった。すると、投書からものの数日と立たず、幹部の講師が教壇にたち講師Aは我が塾の指導者にはふさわしくないと判断し、解雇しました。みなさんは気にせず、新しい先生のもとで勉強に励んで下さい」というような結末になった。生徒の声を聞いて、きちんと調査してくれたのだと感動した。

 「増進会」は私の成績向上には役立たなかった(塾が悪いのではなく私がサボっていたので)が、実にこの点は今でも素晴らしいと思っている。要するに、オープン市場原理採用されている現場では、「体罰」も「暴言」も淘汰されるということを言いたいのである。本当に愛のある暴言や威圧であれば、この講師罷免されることはなかった。単に上下関係を借りた居丈高行為、と認定されたからこそ彼は解雇された。実に客観的な判断だと思う。講師Aはきっと学歴だけが誇りの、塾の一歩外に出たら平凡なおとなしい男だったのだと思う。自分の言いなりになる、圧倒的に目下の中学生を前に、「他人をコントロールする快感」に目覚めてしまったのだろう。無垢な中学生を相手に、ヤクザのような口調で威圧したり激昂したりするのは、外から見ると本当に恥ずかしいことだが、「看守」役になりきっている当事者の彼には分からなかった。本当に哀れな男だと思う。

 「他人をコントロールする快感」の虜になった人々の中に、特に中・高校の教員が多いというつもりはないが、市場原理が働く民間の学習塾と違って、公教育現場は特に根が深いと思う。今回、桜宮高校暴行罪が問われている教諭は、きっと自らが実刑判決を喰らった後、薄暗い監獄の中で、初めて自らが「コントロールされる側」の悲哀を味わうであろう。出来ることなら刑死を以って償うべきである。


---------------------

さる2012年11月16日に発売されました小生3作目の著作『竹島に行ってみた!マスコミが敢えて報道しない竹島真実』好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

minamikeminamike 2013/01/11 15:54  古谷さんのエッセイを読み、冷静に考えてみると大阪の体罰教員と自分に似ているところがあると感じ、怖くなると同時に常に様々な視点から自分を見つめなければならないと思いました。
 自分を客観的に観る、少し俯瞰して観察するということが出来なければたちまちバランス感覚を失い、容易に暴力教員的なモノに堕落してしまう。
 バランス感覚を失わないよう常に考える。冷静である。このことを改めて強く意識して生きていかなければならない。そのように思いました。

外 山外 山 2014/01/01 23:18

   謹 賀 新 年

  あるべきスパルタ教育の姿を描いているのがアニメ映画の『おおかみこどものハレとアメ』だと思います。

  作中、都会から田舎へやってきた畑仕事初心者の新参者に、村の長のような爺さんが厳格だが大変丁寧に土作りと植え方を教えてやります。この時の教え方が、思い切り軍隊の教官のする新兵訓練のようで可笑しかったです。それは、下の畑で新参者が耕しているのを見降ろせる場所から厳しい顔で一定の距離を行ったり来たりしながら、(いま、ジャガイモを植えてるんだから!光が当たって毒の芽が出ないよう、暗室にするため←頑固なのでここは言わない)「畝は高くッ!(土を沢山もれ!)」と叱り、もう『巨人の星』ですが、これ以上ない至れり尽くせりの指導が内包されています。

  また、映画後半では、広大な範囲の山を住処とする山の主にオオカミが弟子入りするストーリーが描かれます。これを見て思うのは、山は「神様だ」と崇められるだけあって厳しいから、少しでも気を抜くと死んでしまう。そういう緊張状態では、体罰なんかやっている余裕はない。死ぬかもしれない環境で死なないには、真剣さが必要であり、そこで成長すると眼光がとても鋭くなる。主を継いだオオカミが見せる孤高の王者の姿は勇壮であるし、その眼は威厳に満ちています。

  「学校」とか「都会」や「平和」という、死なない環境が無数の面倒を引き起こしていると思いました。これは『進撃の巨人』でも、戦場から離れるほど軍紀(軍人の真剣さ)が落ちる様子として描き出され、とても面白い。両者に共通するのは、生きるのに必死に成った時、やっと目覚めるということです。それでようやく命をかけてやるようになってくる。それが、とっても面白い2つの作品です。

  教育における指導とは、王さんと荒川博さん。ミスターとゴジラ松井秀喜選手。魂の交流ある、美しい師弟愛。話は変わるけれども、おそらくこういう心の美しさに審美眼をひらいたのが茶の利休さんであると信じます。国風の「君民一体」と、御茶の「主客合一」は同じことであり、師弟合一というか魂魄一体なのが、厳しさの根底を支えるべき「愛」であると感動的です。こんなだったら良いなあ。

  意見を聞き入れる方ならば、きっと子供達の心の成長を良くするはずです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130110

2013-01-06 ぼっち飯の楽しさ-「孤独のグルメ」と孤食万歳

[]ぼっち飯の楽しさ-「孤独のグルメ」と孤食万歳 00:14 ぼっち飯の楽しさ-「孤独のグルメ」と孤食万歳を含むブックマーク ぼっち飯の楽しさ-「孤独のグルメ」と孤食万歳のブックマークコメント

 久住昌之原作の傑作漫画、「孤独のグルメ」を読んだことがある方は多かろう。最近では松重豊主演でドラマテレビ東京)となり、シーズン1と2を消化したところだ。ドラマの方も中々良くできている。Blu-rayDVDも発売されるそうだ。

 「花のズボラ飯」と併せて、最近久住昌之原作の作品のブレイクが著しい。私は「孤独のグルメ」には数年前に出会ったが、未だに事ある毎に読み返すほど好きな作品である。個人事業で雑貨商を営む男・井之頭五郎が、一人で大飯を食って店を出ていくという1話完結の作品である。作品の高い完成度の割に、続編が出ることもなく、「孤独のグルメ」シリーズは漫画1冊のみで完結している。このコンパクトさもこの作品が親しまれている理由かもしれない。

f:id:aniotahosyu:20130107001315j:image

 つとに最近、「孤独」が悪いかのような風潮が出回っている。一人で飯を食うことを個食ならぬ「孤食」と言ってネガティブイメージを付加させようとしている。「便所飯」「ぼっち飯(ぼっち)」という単語も流通するようになった。漫画僕の小規模な失敗」では作者の福満しげゆき大学生時代経験した便所飯の描写が克明に描かれているので読んでみると良い。

 一方、「大人数で飯を食う事」「大人数で酒を飲み交わすこと」が善とされ、その最たる象徴がここ数年のBBQの流布であろう。アングロサクソンの風習が、広い庭が存在しない日本の狭小な住宅環境で普及したのは、輸入肉が安く手に入るようになったとか、国産炭火の性能が向上したとかそういう事ではなく、単純に「俺は(私は)決して一人ではないんだ」というアリバイの為に開発された、「孤独でいることは悪だ」という強迫観念を打ち消す集団心理行動のように思える。

 「孤独」という言葉に死のイメージが付きまとうようになったのは、ここ数年の「孤独死」という単語の誕生と関係している。老朽化した公団住宅に、誰知られることはなく高齢者が臨終を迎える。これをNHKなどが大々的に社会問題であるとして取り上げ、「孤独」という単語と「死」が結びついた。最後には「無縁社会」などと四文字熟語も創りだす始末だ。私は個人的には「孤独」は「孤高」と同義と思っているが、ここに「死」や「無」という一文字が付加されるようになってから、「孤独」にはひときわマイナスのオーラがつきまとうようになった。人々は必死に、自分孤独ではないことのアリバイ証明をしようとする。その最たるものがBBQの隆盛であろう。

 本作「孤独のグルメ」は、井之頭五郎という中年男が、場末の定食屋や路地裏の小料理店で誰とも交わらず黙々と飯を食う事に終止する作品だ。五郎が一滴の酒も飲まない、下戸という設定がこの作品の白眉なところである。一人の酒は哀愁と侘しさを感じさせる。少なくとも漫画の中で男が一人で酒を呑む描写は、寂しさと逃避を彷彿とさせる。そうしないために、あえて「孤独のグルメ」は五郎から酒を遠ざけている。五郎は決して寂しいわけでもなく、世の中の何かから逃避しているわけでもない、という強い漫画的演出に貫かれているのだ。五郎は劇中で過去に女優との交際関係が描かれ、経済的にも決して貧しくはなく、営業的なことをしている設定からも社交性もきちんとある。何かが辛くて一人で食べているわけではない。五郎は「孤食」に追い込まれているのではなく「孤食」を自ら選択しているのだ。「孤独のグルメ」で描かれる孤食風景は、決して寂しいものではなく、寧ろ人生の余裕と食への喜びに満ちている。

孤独死」という言葉にはそもそも矛盾がある。高齢者公団住宅の中で誰知らず死んでも、家族や孫に恵まれた老人が病院のベッドの上で臨終を迎えても、それら両者は同様に孤独である、という点を無視している。つまり死とは常に一人で迎えるものだという事実無視している。沢山のチューブと点滴につながれて死を迎えるベッドの上でも、死ぬ時は一人で死ぬ。友人や知人に恵まれた若者でも、ある時突然、脳出血心不全で一人死ぬ場合もある。人は常に孤独なのだという事実を「孤独死」という言葉は誤魔化している。

 本来全員「孤独死」であるはずなのに、なぜか「一人で生活していた事」のみが不幸の主因として強調される。要は関係性の希薄を不幸だ、問題だといっているのである。「死」が問題なのではなく、「孤独」こそが問題なのだといっているのである。そこには「孤独死」した老人たちは、実は生前幸せで充実した人生だったのではないか?という想像力はない。「孤独死」を迎えた老人の何割かは自らの「孤独」を問題にしなかった人々もいて、井之頭五郎のように「孤食」のグルメ年金で楽しんだ人々もいるだろう。そういう視点が全く抜け落ちている。とにかく「一人で居ること」こそ最大の悪だといっているのである。実に滑稽な問題提起だ。

 「孤独のグルメ」の五郎は、そういった「孤独」への定説を小気味良く覆してくれる。ともすれば「一人で居ることは悪だ」とされがちな風潮の中において、寂しさのかけらもない「孤食」を貫く五郎のグルメ譚は、「一人で飯を食ったり飲んだりすること」が白眼視されがちな同調社会の中にあって、一縷の希望といっても差し支えないだろう。

 私は大学生の時、友達がいなかったので必然的に一人で飯を食うしか無かった。リア充どもでごった返す同じ大学内の他学部の食堂の中で、一人もぐもぐと飯を食うのを誰か知っている人間に見られやしまいかと気恥ずかしさを感じながら生活していた。こういう経験は誰しもが持っていると思う。誰かと一緒に居ないと「ぼっち」だと言われる。そういうレッテルを貼られうことが何よりの恥辱だと考えていた。

 しかし青春をとうに過ぎたいま、私は一人で飯を食ったり飲んだりすることこそ実は最高の至福なのだとだいぶ前に気がついた。寿司居酒屋焼肉映画ショッピングドライブも時としてカラオケラブホテルへの宿泊も、特段約束デートがなければ常に一人で済ませている。自ら進んでそうしているのだ。一人で居ることが何よりも好きだ。「孤独」は「孤高」と同義だと書いたが、それと同時に何者からも自由だからである。「孤食」を楽しむことが出来る人間が多くなればなるほど、「孤独は悪である」ことを煽るメディアの影響力の低下と、それに同調しなければ不安になる哀れな患者の数も減少することに寄与するだろう。多分それは、ムラ的なこの国の何かに苦しめられている人々の希望に繋がっていくと思う。そしてその、「ムラ的な何か」の最大のものこそこの国のメディアだからである。


---------------------

さる2012年11月16日に発売されました小生3作目の著作『竹島に行ってみた!マスコミが敢えて報道しない竹島真実』好評発売中です。

NEW私の公式サイトが出来ました!

古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

レイラレイラ 2013/03/03 04:42 私も学生時代、一人を好んでいながらも恥ずかしさを感じた日々がありました。社会に出てからは堂々と一人を楽しんでいます。とても共感致しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20130106