アニオタ保守本流 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-06-04 釧路に行ってきたど〜写真集と解説、そしてジャスコ帝国の誕生〜

[]釧路に行ってきたど〜写真集と解説、そしてジャスコ帝国誕生 01:34 釧路に行ってきたど〜写真集と解説、そしてジャスコ帝国の誕生〜を含むブックマーク 釧路に行ってきたど〜写真集と解説、そしてジャスコ帝国の誕生〜のブックマークコメント

 社団法人釧路青年会議所JC)さんの招聘により、「領土なくして国家なし、領土領海問題フォーラム」に行って来ました。ここでは現地で撮影した写真と解説を記します。往路*羽田釧路ボーイング737-800)、復路*釧路羽田ボーイング737-800)

 さて第一日目はJCさんと打ち合わせ、翌日はフォーラムまで市内中心部を散策。第二日はフォーラム、第三日目で再び市内散策、帰路についた。

f:id:aniotahosyu:20120604004309j:image

ホテルから撮影した釧路市中心部、左が幣舞橋

f:id:aniotahosyu:20120604004308j:image

釧路

f:id:aniotahosyu:20120604004307j:image

釧路市中心部の道路標識

f:id:aniotahosyu:20120604004306j:image

釧路警察署の標語。やはり土地柄、北方の脅威を感じるのであろうか

f:id:aniotahosyu:20120604004803j:image

釧路市中心部にある、自衛隊帯広地方協力本部自衛官募集ポスター

やけにアニメ絵が目立つが、作者は道東出身漫画家岩原裕二氏(『いばらの王』など)によるもの。

f:id:aniotahosyu:20120604004333j:image

釧路駅前交番にはロシア語表記が目立った。やはりロシア人が多いのだろうか(しかし私が滞在した間、ロシア人は一人もおらず、中国系の観光客が居た)

f:id:aniotahosyu:20120604004301j:image

北海道警海上保安庁の募集ポスター

f:id:aniotahosyu:20120604012238j:image

北海道新聞釧路支店釧路市官庁街にある。

f:id:aniotahosyu:20120604012237j:image

地元新聞社釧路新聞

f:id:aniotahosyu:20120604015634j:image

道東経済センタービルの1Fにあった、北方領土返還署名コーナー。

f:id:aniotahosyu:20120604004304j:image

広瀬隆講演会が丁度釧路で開かれていた。そこで会場が近かったので行ってみたところ、当日券1,200円だといわれて馬鹿らしくなり引き返した。釧路市民も放射線原発については関心が高いようである。

f:id:aniotahosyu:20120604004335j:image

釧路市は海抜が低く、北海道東方震源とした数々の地震による津波浸水被害を被っている。3.11時も釧路港周辺の施設が被害にあった模様だ。

f:id:aniotahosyu:20120604004341j:image

△これれが釧路港。中心に聳える黄色いタワーは釧路ランドマーク釧路全日空ホテル。その手前の横に長い建物商業施設だが、3.11時に津波を喰らい、電源喪失の被害を受けたようだ。

f:id:aniotahosyu:20120604004300j:image

△幣舞橋を背景に著者近影

f:id:aniotahosyu:20120604004340j:image

日銀釧路支店

f:id:aniotahosyu:20120604004303j:image

△和商市場(実は去年も、根室領土フォーラムの際、釧路に寄ったので行ったのだが)で食べた海鮮勝手丼。はっきりいって物凄く美味い。写真はご飯(小・100円)を入れてしめて700円也。

f:id:aniotahosyu:20120604004305j:image

△さてここからが本題。釧路市の中心部はしかしとてつもないシャッター街であった。釧路人口は18万人で、最盛期は80年代の22万人である。20年で4万人減ったからといって、この廃れ様は凄まじい。地元の方も中心部の寂れ様を何とかしなければならないと危惧されていた。

f:id:aniotahosyu:20120604004302j:image

△土曜日の昼過ぎ、普通であれば買い物客や家族連れで賑わう、市中心部の商店街が全てこの有様である。営業しているのは、ラーメン店居酒屋のみ。行政機関地元銀行信金不動産屋だけが残っているという印象だ。パチンコ屋ですらも潰れていて跡形もない。

f:id:aniotahosyu:20120604004337j:image

△右が複合商業施設的なものだが、閉鎖されている。失礼な形容だが、ジョージ・A・ロメロゾンビ映画に出てくるゴーストタウンのようである。

f:id:aniotahosyu:20120604004332j:image

△では釧路市民は何処に行ったのかというと、郊外にあるジャスコである。釧路市にはジャスコが2店舗存在し、私はそのひとつ、イオン昭和店に向かったが、中心部の活気が全て吸収されているといった感じである。正にジャスコ帝国誕生である。

f:id:aniotahosyu:20120604011220j:image

ベビーカーを連れた家族連れ、若いカップルファミリーが多く、中心部の寂れ具合とは正反対である。ドーナツ化現象ジャスコストロー現象)は地方都市ではどこも深刻であるが、釧路市もその例外ではない。

f:id:aniotahosyu:20120604011252j:image

△明るく開放的なイオン昭和店。

f:id:aniotahosyu:20120604004418j:image

イオン昭和店2階にあるヴィレッジヴァンガード釧路店に入る。

f:id:aniotahosyu:20120604004417j:image

△なんと私の本が置いてありました!(1冊だけですが)

f:id:aniotahosyu:20120604004334j:image

△さて中心部に戻り食べた釧路ラーメンの名店『河村』。さっぱりとした昔風の正統派醤油味とちじれ麺が特徴。650円也。

f:id:aniotahosyu:20120604004414j:image

釧路不動産事情を覗いてみた。ご覧のとおり、3LDKが55,000円である(駐車場無料)。ただ、正直札幌郊外でもこのレベルの賃貸マンションは沢山あるので、人口が減っている地方都市にしては一寸高めかなという印象。逆に言うとこれ以上下げられないのだろう。

f:id:aniotahosyu:20120604004339j:image

△著者近影

f:id:aniotahosyu:20120604004336j:image

△これが泊まった部屋。スウィートをとって頂き、JCさん本当にありがとうございました。しかし部屋でテレビを見たら全部、札幌地方局の放送で、CMも全部札幌札幌、お店紹介もグルメ紹介も札幌札幌、出演者も札幌のご当地タレント北海道は全てが文化的に札幌を向いている。これは良いことではない。

f:id:aniotahosyu:20120604004416j:image

釧路空港の丹頂の剥製を背に近影。


 ということで釧路であった。フォーラムの内容については、また別媒体にて別貢を割きたい。



NEW私の公式サイトが出来ました!

⇒古谷経衡公式サイトhttp://www.furuyatsunehira.com/


アニオタ保守本流ブログランキング参戦中*木戸銭代わりにクリック願います!↓↓

banner_02.gif


貴方に是非ともやって欲しいアニオタ診断:

日本一硬派なアニメオタク診断 http://kantei.am/55866/

三重の小野です三重の小野です 2012/06/04 09:08 イオンモールの中の写真を見ると、三重県かと錯覚しますな。三重ではいたるところに同じものがあります。 
さあて、どこのモールに立て篭もろうかな。。。。。。。

宴 2012/06/04 09:31 こんにちは。my日本から来ました。
釧路在住です。
領土問題フォーラム参加 お疲れさまでした。
見慣れた風景ばかりなんですが UPして頂くとついついみてしまうものですね。
ロシア人は 基本、船の入港のあった日以外は見かけませんね。
それに彼らは ダイソー大好きなので 郊外のダイソーの方が遭遇確率高いです。
広瀬 隆氏の講演会は 友人が主催に加わって活動していたんですが 
私はお金払って不安を煽られに行くの馬鹿らしかったんで お断りしました。
行った方の話だと 入場者数は予想より多かったみたいですが 年配者が多数で 若い方はパラパラっとしか
いなかったそうです。若い方はジャスコでしょうか・・・^^
200海里で漁業が衰退し、炭鉱が消え、製紙工場も縮小され 寂れる一方の釧路。
市民の結束、向上心、文化レベル 言っちゃなんですが これすべて低いです。
その証拠に 郊外の大型パチンコ店は大盛況です。笑えませんね。。。
こんな街ですが 住めば都で 海産物の美味しさと 夏の涼しさは売りですよ。
古谷さんも 夏だけ移住しませんかぁ?熱帯夜なんてありません。毎日爆睡できますよ。

新刊発売 心待ちにしております。
お邪魔しました。

@usaginofun@usaginofun 2012/06/06 19:16 僕は以前北海道で働いていて、そこで釧路出身の今の妻と出会いました。出会った頃はまだ釧路のメインストリートにはデパートもあったし、人が歩いていましたが、今の現状は本当に寂しいです。

釧路に限らず、北海道全体が、10年前からは考えられないくらい寂しくなってしまっています。

以前であればそのギャップを日本人の観光客が埋めていたのに、所得が下がっては北海道旅行どころではないですよね。

でも僕にとっては大事な場所の一つです。息子は釧路で生まれましたし、訪れ続けたい場所です。

ロシア人はもうあまり見かけないですよね。

カニも今では中国に売る方が高く売れるみたいですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20120604/1338741242