Hatena::ブログ(Diary)

annashippo* shippo note

2014-09-04

23:37

2014-03-15

2013-11-13

ひっこしました

04:33

http://annashippofoto.hatenablog.com/

ひっこしました。気に入るデザインもあって、よかった。

新しい思考

03:10

何か覚悟が決まったような気がしたのでブログを引っ越そうと思ったら今までやっていたものはそもそもブログではなかった(ダイアリー。)ようで、さらにはてなブログというのがつくれる模様。いってきます。(まだ何も書いていない。)

http://annashippofoto.hatenablog.com/

2013-10-22

【死者・写真・生者〜メキシコ・死児写真から考える】Workshop & Lecture &Exbition

19:27

10月23日から30日まで、東京造形大学内CSラボにて、

【死者・写真・生者〜メキシコ・死児写真から考える】Workshop & Lecture &Exbition企画が始まります!写真を使って初対面の人たちと話します。

メキシコの死児写真を見てもらい、また話します。どんなことが起きるか、楽しみです。


////Exbition////

期間:2013.10.23-10.30(土・日曜休廊)

時間:11:00-18:00

*初日は16時40分のワークショップ時間内からの展示公開となります。

場所:東京造形大学CS-Lab内ギャラリー

////Workshop////

【写真との距離―感じてみよう】

日時:2013.10.23

時間:16:40-

場所:東京造形大学CS-Lab

あなたにとって、写真とは、どんな存在でしょう。 家族の写真、恋人の写真、友達の写真、好きなひとや憧れのひとの写真、ペットの写真、思い出の写真、自分の写真。 なんでもかまいません。できるだけ物ではなく人物などで、思い入れのある写真を選び、一緒に写真を撮ってみてください。自分撮りだとポーズが限られてしまうので、できるだけ、セルフタイマーまたは誰かにシャッターを押してもらってください。 写真は、プリントして持参してください。 写真と撮った写真。その写真を(自分で、そしてお互いに)見る時、どんなことを感じるでしょうか。 この経験を共有して、わたしたちにとって写真とはどんな存在なのか、考える入り口にしたいと思います。

////Lecture////

【死者・写真・生者〜メキシコ・死児写真から考える】

日時:2013.10.30

時間:16:40-

場所:東京造形大学CS-Lab

http://www.zokei.ac.jp/cs-lab/category/events/

2013-10-01

森の中、かけっこ、金メダル

12:22

運動会だった。ピカピカに晴れたけど、森の中の広場は日が遮られてひんやりと寒い。半袖の腕に時折鳥肌。親たちは、ぞろぞろとピクニックシートや折りたたみ椅子や、アウトドア用のテーブルなんかを出しておばあちゃんやおじいちゃんがその椅子にゆったりくつろいで一日駆け回るこどもらを眺めていた、のをわたしは眺めていた。アナウンス係をしたので真正面の席からこどもらを眺めながら、時々ビデオを撮った。こどもらは白い体操服に紺色の短パンをはいて、色とりどりの靴下をはいて、靴をはいて、はしったり、飛んだり、おどったり、虹色の円形の布を協力して膨らませたり花のようにしたりするバルーンのダンスを披露したりした。大きな子がかりんのような小さい子の面倒を見て、小さい子がルールを無視して反対に走ったり、真ん中でたちどまったりしてものんびりとレースは進んだ。周りに配慮して音楽とマイクの声は小さめだった。周りは森でとても静かだった。以前ほうほうどうが踊るのを見たあたりだったかもしれないと途中で気付いた。その時もとても不思議な感じだった。森の中で原色のほうほうどうのふたりの服が揺れていた。森の中の運動会は、万国旗、入場門、園児席、体操服と本当にありふれた運動会の様子なのに、緑が濃い分、幻想的だった。かりんは全員に配られた金メダルをいつまでもしげしげ、うっとり眺めていた。金メダルがずっしり重いピカピカメダルだったのが意外だ。折り紙やドングリや葉っぱでできたものなんかを配られてもおかしくないような雰囲気だったので。

Connection: close