兼業農民晴耕雨読

2016-09-25 晴れ間

久しぶりに太陽が少し顔をのぞかせた。

雨の降らない日。一気に洗濯

乾かない泥うけど、室内干しが続いていたから

ちょっとでも気持ちがいい。

そして掃除

なんだかあちこち、カビっぽい。

今日は、娘Мが、打ち合わせのため、

もう過ぐ身内になる客人を呼ぶ。

せっかくの楽しい時間なのに、

まだお年頃かなあ。

気持ちが落ち着かないなあ。

晴れてきたら、セミが鳴きだした。

やっぱり、雨で、動けなかったのかな。

困難で、7年後、蝉が少なかったりしないのかとちょっと心配

異常気象は、いろんなところに影響するかもしれないのですね。

今日言葉

辛抱辛抱で、辛抱辛抱しよるうちに身についた。

        鳥取の桐箱職人 大谷耕象さん





・・・・・過去ブログ

2015-09-25

プランター大根


朝、雨っぽかったので、

ファーム休みました。

銀杏の整理をすると先週言っていたので、

気になってしょうがない。

来週もお休みする都合もあるし。

で、千石で、店のほうを、サポート。

最近は、だいぶ運転をさせてくれる。

少しは認めてくれているのかなあ。

もしかして、夫、疲れているから?


ガタガタの年頃。

もう少し頑張りたいんだけどね。

母のところでも、

プランター大根を、播いてみました。

ゴーヤの植えてある後なので、

肥料分はあまりないみたい。

追肥で育てればいいっかあ。

今日言葉

仕事は2割楽しかったらいいんじゃないですか?

                 柄本さん


・・・・・過去ブログ

2014-09-25

休みしました。


・・・・・過去ブログ

2013-09-25

イタリアンパセリ


夏を越せると、イタリアンパセリは、

この時期すこぶる元気を取り戻します。

上部の痛んだところを思い切って切ったら、

いっぱい、あちこちから、芽が吹いてきました。

父に付き添って、根津病院今日検査だけ。

この次、術後の経過が分かります

病院はなかなかなれませんねえ。

この辺の神社は、お祭りが終わり、一休み。静かです。

ご飯がおいしくなってきました。

やっと、料理を作る意欲も、出てきました。

だって、この夏暑くって、何も作る気になれなかったんですもん。

太るな、きっと。

今日言葉

名誉挽回 汚名返上     なんか汚名挽回ばかりしている気がする。


・・・・・・・・・過去ブログ

2012-09-25

コガネタヌキマメ


検診のため、病院へ。

ちょっと気になるようだったけど、

おおむね良好とのこたえ。

ほ〜っとしました。


病院には、早く着きすぎたので、

勉強道具を持って。

はかどるはかどる。


ほ〜としたついでに、娘Mを誘って、ちょっと外食

一人よりおいしいね

帰り道、一緒に友人のところで、ナスピーマンと、モロヘイヤの収獲。

娘Mは、大の虫嫌い。

蚊の襲来に、困っていたようですが、

ね、収獲は、楽しいでしょ。

夕方、むらさき幼稚園会議に出席。

お母様方の悩みに、

うそう、私もそうだった。

仲間に入っているつもりが、

園児だった、息子も、もうお父さん。

昔の人になっているのねえ。

写真は、

黄金狸豆  コガネタヌキマメ

緑肥にも使えるらしい。

けど、これ、強そう。

野生化しないかな。


乾くと、マラカスや、赤ん坊の、

がらがらに似ているところから

クロタリアというのだそうです。

何語かな?

ガラガラ意味があるそうです。


うそう別名といえば、メキシカンスイートハーブは、

リッピアという、学名のほうで、

観葉植物として、出回っていることも多いらしく、

市中に出回っているのに、手に入りにくいみたい。

暑さには、強いけど、極度の乾燥には、へたってしまます

気をつけてください。


後は寒さ対策をして、越冬で切れば後はどんどこ増えます

で、コガネタヌキマメは、食べられないみたい。

こういうさやににたので、

かりっとした、チーズ味のお菓子がすきだった。

いまだと、ジャガリコかなあ。

もっとソフトなんだけど。

祖母のところへ行くと、都電停留所へ行く途中、

勉強堂というお菓子屋さんで、買ってくれるのがうれしかった。

なんて名前だったんだろう。

祖母は、細かい砂糖のまぶしてある、かりんとうか、

菊見せんべいか、あとになって、登場するカッパエビセンを、

家に帰るときお土産に持たせてくれた。


カッパエビセンが登場する前まで、

この鞘に似た感じの、塩味お菓子だとうれしかった。

菊見せんべいは、子供には、つまらなかった。

かりんとうは嫌いじゃないけど、

口に入れるまでがなんか嫌なお菓子ひとつ

雷おこしもそう。

実際おいしいんだけど、

口に入れるまでがどうもためらいがある。

あとらっきょも。


今なら菊見せんべいダントツ

昔とちょっと、食感が違う気もするけど。

な わけで、コガネタヌキマメの鞘を見るたびに、

お菓子が食べたくなるのです。

今日言葉

まず相談です。


・・・・・・・・・過去ブログ

2011-09-25

連休最終


電気屋さんに来てもらい、

10アンペア落としました。


シルバーウイーク墓参りに、力を入れ、

せっかくの連休だけど、

連休前に、借金してでも行きたかったところへ、

先に、休みをとてしまったので、

最終日は、ずっとおろそかにしていた家の片付け。


老い支度というわけでもないのですが、

汚いものをそのままにしているのはいろいろなことに、

良くないのです。

はいっても わかっていても、

今まで長年できずにいて、

やっと、少しずつ動き出しているところです。

これも魔女修行になります


で、今日写真の整理。

10年以上分、全く整理しないで、溜めこんでいたものです。

いつか、いつかと思って今日まで、

本当はなかったことにしたいものです。


まず年代別に分け、なるべく1月から順番に。

アーその時々に、整理していれば、何なくできるものなのに。


半日もあれば軽く終わると思っていたのに、

10時ごろから始めて、夫がアルバムを買いに行き

終わったのは、夕方7時近く。


労働は、身体を動かすものと思っていたけど、

頭脳労働していたのですね。


もんのすごくつかれた〜。

屋久島写真の整理もついて、

出来上がったもの

楽しみにしていました。

う〜ん、今は見たくない…。


あ〜終わった。

一つ整理がつくと、とてもすっきりする。

そしてやることがあるのは、

あんまりやりたいとは思っていないのだけれど、

悩み多きお年ごろには、

いくらか気がまぎれるのです。

頭脳労働って、とっても疲れるけど、

消費カロリーは少ないらしい。

いいぇ、合間合間になにか口に入れていたのかな。

何か一日で太った気がする。

培養土のサカタのスーパーミックスAは、玉ねぎにも、サンチェにも、

とても、いい成長を促してくれたけど、

パンジーには、ダメみたい。

この間のシソ科のものにも、あまりいい結果が得られなかったから

こう極端だと、ちょっと使いにくい。


やっぱり、バーミキュライトと、赤玉土の方が万能かな。

ものすごく成長がいいわけでもないし、肥料分がないから

モヤシになりやすいけど、そのへんのところを、頭に入れておけば、

ほとんどのものは、無理なく発芽する。


パンジー高いタネだったんだけどなあ。

から、根はでてくるんですよ。

そのあとがよくない。かれてしまう。


それとも私の技術不足か…。

まだまだわからないことがいっぱいです。

今日言葉

魔女修行が済むころ、

あいう風貌になってしまう。


・・・・・・・・・過去ブログ

2010-09-25

種を買いに


いまさらなんですけど、

ビューティフルライフ

はじめて見て、涙しています

もう10年も前のドラマなんですね。


都内の知っている場所が出てくるのもちょっとうれしい。

障害を持った人のちょっと僻みっぽいところも、

気の使いすぎ、気の回しすぎのところも、

胸にドキンと来ます

まだ見て無い人は、

いいドラマなのでお勧めです。

友人の畑に植える作物の種を買いに

氷川台農協まで行ってきました。

大根ほうれん草品種が多すぎて、

どれを選んでいいかわからないほどです。

新春においしかった菜花と、おふくろ大根

むさしという品種ほうれん草

赤い花と、つる梨の、えんどう豆。

水菜の種も買いました。

ここのおうちは年明けに大根ができるように、

少し遅く種を播きます

栗の実をいただいたのですが、

せっかくいただいたのに、

なんといっていいか、

言葉に詰まりました。


小さいのです。

いつもなら、

はねてしまうくらいのものです。

選りすぐってくれているのだろうけど、

え、え、エーってくらい小さい。


今度の木曜に、

栗の、渋皮煮を予定しているのだけど、

栗が手に入るかなあ。

本当に心配になってきたぞ。

夕方から同窓会の打ち合わせに

巣鴨までいってきました。

新しい顔もみえて、

だんだんと、気合が入ってきました。

帰りは午前様にならないように、

がんばりました。

余裕を持って出たのに、

接続が悪くて、

ひにちをまたいでしまいそうで、

ひやひやしました。


名簿の打ち合わせだけで、

かなり時間を費やし、

再開の喜びはほんの少し。

本番うまくいけばいいかあ。

楽しみなんだけど、

それまでにくたびれはてそう。

今日言葉

同じ時をすごす


・・・・・・・・・過去ブログ

2009-09-25

一週間のごぶさたです。


シルバーウイークは、いかがでした?

ちょっとふくよかになりました。


一週間ぶりの畑、

思ったほど銀杏が落ちていなくて、

今年は風がないのですね。


お天気がよすぎて、

一週間前に播いたほうれん草

ぜんぜん、芽が出ていないし、

今日の講習では水撒き指導しないといけないほどです。

雨がほしいです。

体験農園野菜教室

今日明日講習会です。


今日の講習で、

秋の作付けは終わりになります

後は収穫を待つだけ。

だったらどれだけ楽か・・・

虫取りがまっています


ほうれん草と、小松菜の種まきです。

小松菜には、寒冷紗をかけておいたほうがいいでしょう。

大根に、カブラバチの出ている人、

芯くいムシの出ている人がいました。


カブラバチは、真っ黒のイモムシなので、

見つけやすいのですが、

取ろうとすると、地面に落ちて、取りにくいので、

下に、新聞紙などを強いて、わざと、葉に刺激を与えると、

面白いように、地面に落ちてきます

それを退治したほうが、

一匹ずつ捕獲しようとするより、簡単です。

キャベツと、ブロッコリー

コナガは、まだまだ発生しそうです。


寒冷紗をかけているところと、

そうでないところとではだいぶ、

ムシのつきが違います

去年は寒冷紗をかけていなかった人が

今年のムシの少なさに、びっくりしていました。


でもアブラムシ大発生の人もいるし、

寒冷紗の中で、

モンシロチョウの蛹を4つもある人もいました。


寒冷紗をかけていても安心しないで

よく見てください。


体験農園野菜教室以外の

キャベツブロッコリー白菜の苗

椿やかりんなどに、

ディオンとディプテレックスをまきました。

野菜がたーくさん取れました。楽しかったー。

ピーマンの葉、案外じゃなくて、とてもおいしかった。  野菜教室の人の言葉


・・・・・・・・・過去ブログ

2008-09-25


写真は、ハヤトウリの雌花。

雄花がまだ無いので、

実らないで落ちてしまます

母が昨日 帰りがけに、

栗を買ってきてくれた。

アーもうそんな季節ね。

でも、今栗を、処理したくない気分。

とりあえず茹で栗で食べようかな。


のものの帰りが遅く、

ポツポツ剥いていたら全部剥いてしましました。


1時過ぎてるじゃない。

今朝は、栗おこわ。

弁当に、栗おこわなんか作るうちって、めったにないぞ。


日ごろの、貧相な弁当の、

埋め合わせには、ならないようで、

まりいい顔されませんでした。

私の栗おこわは、

薄く味付けした米をたいて、

栗も、薄く味付けをして 別にゆでて、

後であわせます


混ぜご飯もこの方が、

味にメリハリが出来、

塩分も少なくて済みます

今日は 花とみどりの相談所で、お菓子つくり。

自分たちが育てた植物を使って、

クッキー作りました

洗練されたお料理教室とは違いますが、かなり好評。


前回の、バジル料理にいたっては、

家族の、大絶賛をいただけて、

大事に使っているとか。

そういうことが聞けるのも、

教室を始めてよかったです。

夕方、無選別の栗をたーくさんいただきました。

よくばって、みんなもらってから

秋の夜長、誰か手伝ってくれない・・・よね。

数日かかりそう・・・


実りの秋のうれしい悲鳴です。

作っている顔が見えるから

少しだって無駄にしたくないし。

農作物は、植え付けなどの世話とともに、

収穫期も忙しくなります


喜びの季節なのです。

それなのに、うんざりしないように。

大変でしょうが

体を壊さないように。

昔、栗を使った、講習をしたことがあったっけ。

この大量の栗で、今年もうひとつ講習しちゃう


・・・・・・・・・

2007-09-25

月の光


今日十五夜

煌々と光るお月様にまもまれて、

夜道を、自転車こいでいると、

北海道で、ランプが切れた自転車で、日が暮れてしまい、

電灯なんてない国道を、

本当に、お月様だけが頼りだった心細さを思い出しました。


たまに通る車はあるのですが、民家もなく、

国道から奥まったところに、人の住む明かりが、ぽつんとあり、

携帯電話もなかったので、

やっと見つけたその明かりに向かっていって、

電話を借りた覚えがあります


もう25年も前の話ですが、

たぶん、今も、あの道は、そんなに変わっていないかもしれません。


東京にいると、月の光がありがたいという、

暗闇の経験はなかなか、ありません。

高速道路を走っていて、感じませんか。街路灯の、多さ。

地方に行くにしたがって、なくなっています


東京道路

車が多い上に、あんなに、明かりが必要なのでしょうか。

写真は、白菜が上手に出た人のところ。

見えにくいかしら。

なかなかこういう風にはえそろった人はいません。

何が違うのでしょう。


・・・・・・・・・

2006-09-25

収穫時?。


にんじん大きくなれなれ。

地面の中ではにんじんがどんどん大きくなっています


ここのところ雨が降らないせいか、

地面が割れるように育っているのもあります

収穫までは、もう少し。

寒くなると、甘みも増すようです。

いくつか抜いて、店の厨房に。

あしらいやサラダに使ってもらえるようです。

新鮮な安全ものを使ってもらえるのはとてもうれしいです。

ちなみに、小さいときに、1度薬をかけています

そろそろキャベツアブラムシが出てきています

特に寒冷紗をかけている人は

油断しないで葉の裏をよく見てください。

収穫はいつですかという質問をよく受けます

初めのころはえっ、何いっているの。

と、質問意味がわからなかったのですが、

結構多くの人がいつ収穫していいかわからないのです。

中には、言われるまで、収穫しない人も。


小さければ小さいなりに、大きければ大きいなりに、

そんなの自分で考えたらわかるでしょ。


なんて、内心思ったりもしたのですが、

この判断、難しい人が多いらしい・・・

・ 

スーパー八百屋さんで、目にするサイズがめやすでしょうよ。

わかんないかなー。

という私の常識に反して、

いつも八百屋さんにいっている方ならともかく、

そうでない人が多い。

それと果たして

店に並んでいる状態ベストかというと、

実はそうでもない。

見栄えがよくて、買いやすサイズと、

おいしい時期は確かに違う。

これも皆さんとの話の中で、

勉強させられたことです。

>実りすぎてパリンと悲しい音でわれたてのキャベツ。おいしい。


>袋に入れたら、形になりにくい、

茎の短い柔らかい芽だけのモロヘイヤ

から葉をはずさなくてもいいから調理も楽。おいしい。


>きゅうり八百屋さんでみるサイズより、

実る半日前のサイズがおいしい。



>にんじんは葉っぱが霜に当たって、

あかちゃに変色したころのもの

ただし、割れる前がおいしい。



>小松菜ほうれんそう八百屋さんで見るサイズより、

味が物足りない人もいるかもしれないけれど、

小さめがおいしい。

大きいとえぐみが出てくる。

ほうれん草は霜に当たったほうが甘みは出るけど、

小松菜の大きすぎはよくない。


>ブロッコリーつぼみの粒が小さいほうがおいしい。


>大根は大きすぎても小さすぎてもだめ。

その品種の最適な大きさがわかるといいけれど。

毎回品種が違うことがあるから、食べて、試すしかない。


>トマトは木で完熟。

ここのところ品種改良で、完熟でも流通できるようなのもあるけど、

まだ、多くは、色がつかないうちに収穫するのが多いと思う。


白いうちにとっても数日すると、真っ赤になるのです。


>ナスレギュラーサイズより小さいほうがおいしい。

ただし、品種によって、かなり大きさが違う。

書き上げてみると、

いい加減な感じで収穫していたことに気がつきます

もちろんその時々の事情で、

一番おいしい時期に取れないことがあるのですよ。

第一、おいしい時期にとろうとしたら、

みんないっせいに実るのですから

ある程度種の播く時期をずらすことができても、

大根いっぺんに食べなければならないより、

おいしくないのはわかっていても早めに食べ始めるし、

おいしいじきに食べ損なえば大きくなってもしまうのです。

こうしてみると皆さんの収穫期に対する不安

もっともです。

もっと勉強して、うまくお伝えできればと思っています

今日は実習地の整備と、

銀杏の皮むき。

兵器機械が導入されるかもしれません。

そうすると私失業


ぶどう棚を壊す準備。

葱50本収穫。


店の人に、ねぎは、まだ短いから使うところが少ないから

もったいないといわれました。

もう少し土寄せをして、白い部分を、多くして店に出したいですが、

これも、いっぺんに大きくなってしまうより、

から少しずつ使ってもらえたほうがいいのかな。

収穫の適期ではないですけど。

今日言葉

どんな業種でも一工夫二工夫できる。 豆腐ジョニー言葉

2016-09-24 歩み

叔母たちが千石に来て、仏壇にお参り。

ということで、母を手伝いに行きました。

姉もいるので、手伝いというよりは、叔母たちの仲間に入りたい。


姉と、歩いて巣鴨地蔵通りまでお菓子を買いに行きました。

プラプラとありきながらのおしゃべりも楽しいものです。

でも、姉の歩きは、早い。

山口の姉は、もっと早い。

私が遅いのかあ。

叔母たちの昔のお話もたくさん聞けて、

本当に楽しい良い時間となりました。

またこんな時間が持てるといいです。


帰るころ、雨が降ってきて、

上野まで送っていきました。

本当に、名残惜しく、

後姿を、見えなくなるまで、見送りました。


あちこちで、ヒガンバナが咲いていました。

今日言葉

子供たちに誇れる仕事を   清水建設





・・・・・過去ブログ

2015-09-24

第二農場草だらけ


広尾段々畑

第二農場の草取り。

草の中からかぼちゃの小さいの発見

今日担当のタッコ先生にお会いできて、嬉しい気分。

学生は、今日は2人。

古い大根白菜みんな播いちゃいました。

出ないかと思うけど、出たら、大変なことになるかも。

モロヘイヤとなすくらいしか収穫はないけど、

草取りを終えてさっぱりするのは気持ちが良いです。

とおりがかりの夫に拾ってもらい、

車の中には先客が3人も。

浅草経由で、妹達が日光に帰ります

ニッシンで、買い物。

喜んでもらえたかな。

今日言葉

私たちには、まだ、あと30年位あるのよ。

               タッコ先生


・・・・・過去ブログ

2014-09-24

休みしました。


・・・・・過去ブログ

2013-09-24

ブルーベリーの整枝


広尾段々畑ブロッコリーはすっかり根がついたのですが、

葉っぱがいっぱい食われていて。

イモムシかなあ。

バッタって、キャベツ食べます

今年すごい量のバッタです。

ブルーベリーの枝の整理をしました。

まず、ことし実のなった枝を、切る。

もっと早くやっておけばよかったんだけど。

実を取った後があるから、分かりやすい。

内向きの枝も、取り除く。

こういうのは、冬の剪定でもいいんだけど、

つぼみの着いた枝を払うのは、なんか、もったいなくって。

それに、栄養がそっちに行ってしまうより、切った分、

残った枝に、冬より早めに回るような気がして。

この考えは間違っているかもしれないけど。


枝先の芽の先を切るような、剪定は、もうやらない。

9月には、枝先には、花芽分化がもう始まっている。


冬でもいいんだけど、古い枝を、根元から、切りました。

ヤブガラシに覆われていた株は、払ってみたら、だいぶ、小さい。


株元から、新しい枝が、いくつも出ています

だいぶいい株になりました。


お礼肥をやりたいところだけど、我慢。

これから育った枝には、実がつかない。

冬になったら、元肥をやりましょう。

根元には、刈り取った雑草がいっぱい。

これのおかげで、真夏の暑さを防ぐのと、

水分の、保持が出来たみたい。

潅水装置も無いけど、

段々畑で、排水がとてもいいところだけど、

本当にいい株に育ってくれました。


ほうれん草の種を播きました。

大根を間引いて、小松菜も若干収獲。芯くい虫が寒冷紗の中で発生。

厄介だなーこれは。

悪いところだけ、取り払いて、

虫の食われた痕があるところには、オオ、いたいた、隠れておる。


虫退治と、間引きをかねて、収獲。

また大きくなったら、収獲間引きしましょう。


段々畑はお隣がお寺。

お墓が一気に花畑に変わりました。

お彼岸です。

今日言葉

交通安全


・・・・・・・・・過去ブログ

2012-09-24

プロの技


保育専門学校の花壇整備。


今日の仲助っ人は、ハシ。

ハシには、春に、生徒たちに切ってもらった、

木の手入れをたのみました。


生徒に頼んで、

これ以上切ると、枯れてしまうのではないかというくらい

春にばっさり胴切りにしたままの木々

何段階かに分けて、整えたかったのだけど、

初心者には、細かなところが、やっぱり、ハードすぎる。

それに、椿の仲間が多く、この時期虫もいる。

生徒が刺されたら、大変。

ハシが懸念したとおりチャドクガ発見


こういう作業を、「ここやっといてね。」で頼めるって、

簡単に頼んでおきながら、いうのもなんだけど、

つくづくすごいなーと思う。

で、とてもかっこよくすっきりしました。

サツマイモの葉っぱをひっくり返し、草をとって、

サトイモの周りに置きました。

大根の葉っぱは、何とか、芯くい虫も下火になってきたようで、

これなら、大きく育ちそうです。


ブロッコリーも、芯くい虫の洗礼は受けたけど、致命傷には至らず、

また、ここの場合、併設する幼稚園の、園児の観察という観点から

青虫ちゃんとの共存を、考えなければいけないのが、

目下、悩みの種です。


ローズマリーは、ポット苗のまま、花壇に、仮植え。

新学期に、土つくりからハーブガーデンに取り掛かり、

その後、定植します。


写真は、ハーブガーデン建設予定地。

石だらけのすごいところです。

夏は、根元だけ、石を取り除くという、

即席の挿し木から作ったトマト畑でしたが、

まだまだ開墾しなければなりません。


ガーデンの様子は、

随時報告いたします。

今日言葉

桃栗3年柿8年


・・・・・・・・・過去ブログ

2011-09-24

悩み多き年頃


ひとりで過ごす土曜日

みんなが出て言った途端

早く誰か帰ってこないかと、

ちょっとだけ不安気持ちが出てくる。

まったく、この「お年頃の、障害」は、困ったもんです。


この不安感は、今までに経験したことのないようなことなので、

なかなか、ほかの人にはわかってもらえない。

なにしろ不安の原因というのが、これといってないのですから


で、どうでもいいようなことを思い出す。

昔の ちょっと間違えたこととか、

人に、迷惑をかけたこととか

ズルしたこととかが、頭のなかを駆け巡る。

頭の引き出しが少しずつ開いているような感じでしょうか。


ああ、だから行方正 清廉潔白に、

過ごさないといけないんだな。

こんな年になって、思い出して、苦しむなんて。


それでも、何もしたくなくなるような不安とき

何もしないのがいいという人もいるけど、

紛らわすことがあると救われます

そんなわけで、ここのところ、家事、頑張っています

魔女修行にもなっているかも。

起きていると、不安になるので、早く寝るし。

魔女修行の基本は、規則正しい生活


読む本があるというのもいいです。

「十歳の君へ」という本はとても、いい本でした。

読み終わりました。もう一度読み返せるかな。

でも、ちゃんと子育てしてきただろうか…と、また、落ち込んだりして。


日野先生の、年までは、これからは加速していくのだろうけど、

まだ、間がある。先生ほどの活躍はできないにしても、

ちゃんと伝えたいことを、後世に伝えないと。

ちゃんと挨拶のできる子に育っているだろうか。


以前は、若くして、社長になったような人がすごいと思っていたけど、

日野先生だけでなく、

年を重ねた人がまだまだ現役で活躍していたり、

新しいことをしようとしている人がいると、

こういう先輩がいるとが、本当に励みになる。


もう少し頑張れるかな。

友人の畑にいって、台風状況を聞いて、

少しだけ、葱の土寄せをして雑草を少しだけつまんだりして、

区民農園にもいってきました。

区民農園ピーマンはたくさんなっていて、

全体に、化成肥料をまいて、

葱の土寄せをして、ニンジンを間引いたのをいただいてきました。


しその葉をとってきて、

先日作った胡桃味噌冷蔵庫にあるので、シソ巻きを作りました

家の、壁面緑化ゴーヤを収穫して、

ゴーヤーチャンプルー


そうこうしているうちに、

おひさまが傾き、誰か帰ってくる時間

何度か、誰かに電話したくなったけど、

何とか一日過ごせました。


一日過ごせたのはいいけど、

年をとる方に、向かっていると思い、また落ち込む。

ああなんて面倒な年頃。

今日言葉

今日の一日(ひとひ)の幸(さち)静かに思う


・・・・・・・・・過去ブログ

2010-09-24

バラ園


急に寒くなりました。

そろそろ、ねぎの土寄せをしましょうか。

バラ園の、草取り。

小さなスペースなんだけど。

とげが多くて、時間がかかってしまいました。

またひとつエプロンだめにしそう。

カギ裂きがあ・・・

バラは、駐車場の隅で、ホウって置かれて、

まりいい調子じゃない。


肥料をまきました。

ちょっと本気出して、復活させようかと、

来春に向けて、がんばろうかな。

火曜に播いた金盞花と、

ヒメキンギョソウの芽が

金曜の今日出ていました。

ポピーは暑すぎるのかな。まだみたい。


大根間引きしました。

おいしそうでした。

水場の堀をユンボで、

深く掘ってもらいました。

ゴミ捨て場も、

踏みつけてもらったり

重機があると便利です。

白菜の植え付けが始まっています

早く植えた人のはしっかり根ついていました。

彼岸花が咲き出しました。

蕾があがってきたころ、

草が生えないように、

カーペットが敷いていたところを、取り除くと、

何も無かったのですが、

しばらくして、蕾の芽が出てきました。

ちょっと抑制栽培になっていました。

まだ咲くのに数日かかりそうでした。

今日言葉

40歳以上はテレビお話ができるんだね。   息子  

     ・・・あなたもたまにつっこんでると思うけど。


・・・・・・・・・過去ブログ

2009-09-24

栗剥き


栗の渋皮煮の講習を、しました。

今日は、自宅です。

単純作業なので、こういうお料理教室は、

まりないのではないかと、思います

こういうのが さすが生活改良普及員。


講習会というよりは、

世間話をしながらの楽しい時間です。


今日はほとんど一日栗の皮むき。

指先が痛いです。

渋皮煮、おいしくできました。


栗ご飯用に剥いたのは、

明日食べます


秋ってちょっといいな。

娘の要らなくなった衣料品

ドオンと、「捨てといて。」と持ってこられて、

ちょっとむっとする。

中に高校生のトレパン。

ちょっとはいてみたら、

これ、ラクチン

農園でもはこうかと思ったら、

部屋着でもNGだそうで、

「やめてよねー」と怒られてしまいました。


ウエストゴムが心地よい年頃になってしまいました。

今日言葉

命というのは今という時間日野先生言葉


・・・・・・・・・過去ブログ

2008-09-24

ブルーベリー福田さん


昨日あれからサンチェの種を買いに、

自転車で、渋谷園芸に行きました。

その途中にあるはずの家、

ずっとご無沙汰して

ブルーベリーで有名な福田さんの家が

からなくなっていたのです。

が、

夫が、この辺りのはずと言うところに、

あったー。


失礼だとは思ったのですが、アポなしで、

突然、うかがってしまいました。


今話題のフクベリーを撮影したつもりが

苗場しか写っていないのが残念でしたが、

これが今話題のフクベリーの苗です。

わかんないですよね。


福田さんブログには、

私と一緒に、

フクベリーの立派な原木が写っています


今の時期にもまだ実がが膨らんでいました。

晩生で、しかも大きく皮が薄い。

とても面白い品種でした。

お仕事中に、押しかけたにもかかわらず、

とても親切に、説明していただき

変わっていないことに、安心しました。


ブログにも何度か登場する福田さんですが、

ブルーベリー研究ではその道ではとても有名な方です。


とても気さくな方で、

こういう方が、近くにいらっしゃるのはとても、心強いです。

ほぼ毎日福田さんブログを拝見させていただいています

からまりご無沙汰しているつもりは無かったのですが、

だいぶ不義理をしてしまいました。


ブルーベリーだけでなく、

有機肥料無農薬野菜についても

実践を重ねていらっしゃるので、

皆さんもよろしかったら、

参考になさるととても面白いと思います

ブルーベリー 福田

または  T&F

検索するとたぶん見つかると思います


・・・・・・・・・

2007-09-24

夜盗虫


夜盗虫発見


今年初めて、見つけました。

が、

結構いっぱい見つけました。注意してください。

コナガの卵から孵化したばかりの幼虫も見つけました。

まだ一塊だったので、

退治は簡単でしたが、

傷ついた、葉があったら、

裏に、べったり、卵や、幼虫がいるので、

今のうちに、つぶしてください。

涼しくなるにつれて、虫は減ってきますが、

それまでは、まめに、見に来てほしいです。

片付け作業が、あります

雑草も、まめに取ってください。

アファーム、20リットル用意しました。


・・・・・・・・・

2006-09-24

葱の収穫


にんじんに、おおきなイモ虫がいて、

びっくりしました。

なかなか慣れません。


もうあまり見かけませんが

たまにひょっこり

いることがあります

ホワイトボードより。

植え床の間の通路ごとにに、

バケツ1杯の腐葉土と缶1杯のぬかをまいて下さい。

草をはやさないためと、来年への準備です。

 

今育てている作物が収穫し終わったら、

随時、同じように腐葉土をまいていく予定だそうです。

 

皆さんに集めていただいた落ち葉は、

よくこなれた2年物の腐葉土になっています

落ち葉の季節になります

できれば落ち葉を集め隊に参加してください。

白菜のうまくいかない人が続出。

やはりじか植えに無理があるのではないかと。


苗を作ってみようかと思っています

来週の講習会ときに、

何か違う種を考えています


そう、来週は小松菜ほうれん草の種まきの講習会

予定しております

畑のはずれに

小松菜の種を播きました。

青首大根マルチの穴ひとつあたり

1本にしてください。

銀杏の出荷。

今日干したものは夕方には、

店に。

初物です。

葱は30本店へ。

その後さらに土寄せ。

まだまだ白いところは長くなるから

から収穫だと、ちょっともったいないかも。

にんじんの間引いたもの

べビ−キャロットとして

お店で使ってもらえるかも。

試しに厨房へ持っていったのですが、

明日反応を聞いてみます

おとなりの佐久間さんちでは、

大根寒冷紗をはずしていました。


結構大きくなっていて、そろそろ出荷かな。

間引き白菜?が売られていました。

これを植えたら、育つかなあなんて、

考えてしまいました。

 

佐久間さんちには野菜スタンドがあって、

新鮮な取たて野菜が手に入るので、結構人気です。

白菜カブのところ、

土が硬くなっている人は

少し崩すようにするといいです。

根は傷つけないように、

気をつけて下さい。

今日言葉

週に1度しか来られないと、いわれたことをやるのが精一杯。

                      農園の人の話。

2016-09-23 よく降りますこと。

得体のしれないキノコにお目にかかる機会が多い。

ずっとしけっているからかなあ。


しばらく青空見ていないけど、どれくらい前からなんだろう。

今日も雨。


ファームに行こうかどうか迷ったけど、いざ出勤!

いちごハウスを作っています

今日は説明があり、水耕栽培用土を入れ、

どんどん準備が整っています

来週あたり、苗の植え付けだそうです。


手の届くところに、

いちごの実が取れるような台がセットされているのだけど、

ここに用土を入れて、均す作業。

土は、業者さんがいれてくれるんだけど、

それでも、腕を上げる作業は、きつい。

渡辺さんと乾さんが、頑張ってくれました。


雨の中、ブルーベリーに、魚粉の施肥。

やっちゃわないと、湿っているので、虫が来る。

土に埋めておくと、分解が早くにおわない。


銀杏が落ちているけど、

もう少したまってから皮をむこうかな。

今年は去年少なかったのよりなお少ない。

2年連続の不作。

異常気象でないことを願います

大根がそろそろ間引きが出来そう。

みんな食べてね。

今日言葉

あわてない





・・・・・過去ブログ

2015-09-23

先祖を敬う日


お彼岸中日連休最後の日。

浦和の父と母と、

西巣鴨のお墓で待ち合わせ。


お参りのあと、千石まで来てもらって、お食事。

子どもたちも揃って、楽しいひと時。

事務所に行って、お茶にして、

浦和に送って行きました。


建物の、玄関においた、月下美人は、昨晩、見事に咲いて、

咲き終わった鉢を 母が、部屋まで運んだとか。

重いから、持って行こうと思っていたのに。


皆さんに見てもらえたかな。

香りが強すぎたりはしなかったかな。


また来年も、見てもらえるといいね

レモンの木にイモムシ

子育て不動産に、もって行きました。

さなぎになりそうです。

今日言葉

もったいない


・・・・・過去ブログ

2014-09-23

休みしました。


・・・・・過去ブログ

2013-09-23

人生色々


写真は、このあいだのの台風の次の日のものから

空が抜けるように青い。

お堀がきれいで、写真を取ろうとしていると、

なかなか、車が止まらず、

第一生命ビルまで、行ってしまうことって多い。

本駒込西日暮里蔵前六本木と、お墓の梯子をしていると、

すっかり変わった東京を懐かしむ、父母の話が始まる。


80歳を過ぎ、戦火をくぐってきた人たち。

すごい経験をしています。父母だけではないけど。

皇居前では、車がひっくり返されて、燃やされているところを見たとか。

これは戦後の話。


日比谷公会堂冷房は、最上階の屋根裏に、

氷が置かれていたとか、

ファイナンスビルで働いていたとか、

三菱メイン、服部和光で働いていたとか、

星条旗新聞社や、進駐軍の話も、興味深い。

六本木で、お昼。西麻布になるのかな。

餃子のおいしいという、初めてのお店。

翠園。小さなお店ですが、

餃子。とてもおいしかった。オススメです。

日進の店の前に、矮性のシュウメイギク

かわいい色で、ちょっと迷った。


昨日帰りに寄った農協には

ヒコーキ草というのも、

買おうかどうしようか迷った。

結局買わずに帰ってきたのだけど、


ヒコーキ草は、とても珍しい、葉っぱだけど、

しろ、このうちは、冬は、寒い


それに、いくら人目を引きそうな草でも、

ちょっと私の趣味にあわない。


シュウメイギクは、買っても良かったんだけどなあ・・・

どっちも、しばらく、買わなかったことを後悔するんですよこれが。

今日言葉

飛びこむ前に色々考えたって、どうせその通りにはなんねえ。

だったら何も考えずに飛び込め。何とかなんべや。

死にだくねぇからなぁ。          天野夏


・・・・・・・・・過去ブログ

2012-09-23

ああ終わっちゃった


写真の花は、卒業式謝恩会でいただいたもの

また挿し木で育たないかと、考えています


挿し木は、法律規制されていることもあるんだけど、

植物を育てる醍醐味ひとつ

守らないといけないのは分かるけど、

これが無かったら、つまんない。

いろんなことに、決まりごと多すぎ。

雨の日曜日

夜中もよく降っていました。

今日趣味の園芸ビギナーズの、12の扉 最後の日です。

ああこんな風に、編集されたんだー。と、その技術に、感動してしまます

そんなところに感動しているのは、余裕がやっと出てきてのことかな。

毎回 もう、ハラハラし通しだったから。


何人ものから、「もう緊張が伝わってきちゃって、内容わかんなかった。」

といわれたっけ。


いっぱいNGを出して、

迷惑いっぱいかけどおしだったと思うけど、

面白い仕事が出来ました。

多くのスタッフのおかげ。

また、ああいスタッフの人たちと合えるといいなあと思える仕事でした。

今度は、そういう感動を、提供できるようにな人になれますように。


保育専門学校では、ハーブガーデンを作るつもり。

はじめは、保育に、ハーブ必要とされるか

ちょっと自信が無かったのだけど、

今回の仕事で、改めて、ハーブ面白さ、伝えたくなったし、

サムデイのイタムラサンが、

練馬区さくら幼稚園で、園児たちに、ハーブの魅力を教えたとか。

ああ、やっぱりいいものは、いいんだなーと、ちょっと自信をもらいました。


都内の気候に合ったものを選んで、

いいガーデンが出来ますように。

午後から浦和の父と母の顔をみに行きました。

お初のマツタケご飯を用意していてくれまました。

自分ではなかなか作りません。

千石の母が、以前作ってくれたのですが、

母は、マツタケアレルギーになってしまいました。

食べると、かなりの吐き気と腹痛があるのだそうで、

それっきり、作ることが無くなり、

おこぼれが来ることもなくなってしまいました。


ですから今日は、何年ぶりかのマツタケご飯でした。

おいしゅうございました。

今日言葉

物を作るのではなく、人を作るのです。松下幸之助


・・・・・・・・・過去ブログ

2011-09-23

東京だよおっかさん


墓参り今日は父母を誘って、

都内ドライブ

西巣鴨本駒込西日暮里蔵前六本木、のお墓巡り。


都内中を営業していた父。

父母は町の変わりように、

どこを走っているのか分からない様子でした。


建物を目印にしていたのに、

次に来たときはなくなっちゃって。

あっても同じようなのばっかりで。

へ〜。を連発していました。


六本木ではヒルズで、ランチと、アイスつき。

と書くとちょっとカッコいいが、

ここは日本か?

早く日本に帰りたい。

と思うほど、何が何だかからない町。

便利に、便利に、考えた挙句

高齢者には、不親切になっているような街。

ここは何階?

LLって何階よお?

で 同じ階が他のエレベーターでは違う表示。

そもそも私たちは どこにいて どこに行きたいの?

若い人はすぐに理解できるのかなあ。

でも、おいしいランチになんとかありつけました。

慣れてきたら、もう少しスマートに、ふるまえるかな。

半年にいっぺん、通いますか。


遠回りして、大久保を回って、チャンジャを買う。

ここもすごい人。

大久保の駅だけが変わらず、

ちょっとほっとする様子でした。

ゴーヤに、ミョウガが合うと母が教えてくれました。

ちょうど、ミョウガの最盛期。

ファームでいただいたのと合わせて、

おいしくいただきました。

おひたし、酢のもの

おいしいです。


ファームミョウガは今年満作です。

焼肉店の前でも、販売しています

上手くあるときにいらっしゃれるといいですね。

今日言葉

へ〜、こんなになっちゃったの?


・・・・・・・・・過去ブログ

2010-09-23

雨の墓参り


雨のお彼岸

墓参り。それも豪雨


彼岸の入りが20日で、お休みだったから、

その日にいらした方も多かったと思います

暑い日が続き、上がっているお花は、

なんだか、元気が無かったけど。


先日書いた、温泉博士という雑誌

今日もそれを持って、出たので、

墓参りが終わって、蒲田駅前温泉に、

いってきました。

真っ黒のお湯。楽しんできました。


町の街路樹

やっぱり今年の夏、暑すぎたよね。

あちらこちら、赤くなって、枯れています

かわいそうに。


山は大丈夫かな。

今日言葉

夢はあきらめない


・・・・・・・・・過去ブログ

2009-09-23


友人のところで栗拾い。

案外手間のかかるものです。

イガのときはたーくさんなのに、

栗になったら、アレレと思うほど。

上を向きっぱなしのキウイも大変だけど、

腰をかがめる仕事だし、

指にはとげが刺さってしまうし。

農作業ってどうしてこんなに大変なの。


栗って、どういう進化過程をたどったのでしょう。

こんなにまでして、身を守らなくてもいいし、

守った割には虫に食われているし。

ドングリ程度で、十分だったと思うけど。

イガを猫よけにしたいという人がいるそうです。

本当に効き目あるのかなあ。

今日言葉

生活改良普及委員なんて、言わないほうがいいよ。娘の言葉


・・・・・・・・・過去ブログ

2008-09-23

生活改良普及委員


写真は、チョウチョに選ばれたブロッコリー

久しぶりに朝から家にいます

天気がいいので、ファームに行ったら、

皆さんに会えるかなーと思いながら、

洗濯が終わったところです。

今度の木曜に

花とみどりの相談である

ハーブを使った、

お菓子の講習があるので、

悩んでいます

農家の、加工食品なんて、興味あるかしら?


光が丘で、ハーブ教室をしていた頃は、

農家との架け橋になりたかったのです。

各地の友人から分けていただいたもので、

保存食などを、自宅で、

いろいろやっていたのです。


もう少し、工夫が出来たら

もっと充実した教室になるのだけれど、

できるといいなあと思っています


そうそう、私、

生活改良普及委員の資格があるのですよ。

農作物の加工も保存もいっぱい勉強しました。


でもこの資格 廃止されました。

戦後 農村都市格差があったころに、

農村生活向上のために

作られたものです。


廃止は、もう格差がそうないだろう。

ということでしょう。

こういうのが必要なくなるということは、

たぶんとてもいいことだと思います


でもね、ことによると、

都市の人にこそ必要な、

農村に学ぶ生活改良があるのではないかと

常々思っています


なーんて、

夫は、家の生活改良が一番必要だといってます・・・


・・・・・・・・・

2007-09-23

小松菜時間差まき。


9月15日に播いたほうれん草は、

まばらに、芽が出てきました。

やはりまだ暑すぎのようで。

9月3日にまいた小松菜は、

2日後くらいには、芽が出て、

そろそろ間引きをしながら収穫が出来そうです。

小さいけどね。


トマトが終わって、畑の準備に、

2週間くらい間をあけけて、

寒冷紗をしっかりかけておけば、

高温でも、小松菜の種をまくことが出来るかもしれません。

上手にやれば、夏まいた、ものを収穫した後に、

10月くらいに、もう一度、種が播けるかもしれません。

上級生で、気の早い人は、小松菜の種を播きだしました。

結構うまく育っているようです。

正月用よりは、だいぶ早い仕上がりになると思いますが、

いっぺんにできるより、いいかもしれません。


今後、播く時期を、検討していきたいです。

写真から、畑の様子が、

夏とは、一変していることが分かると思います


ナスをまだかた付けていないのは、

どこのどいつだ〜い。


・・・・・・・・・

2006-09-23

お供え物 食べる


墓参り


何年か前に、

ボスのお母様から

今日自分たちがあるのはご先祖様がいるから

というお話を伺い、

甚く感銘を受けまして・・・

 

たいした信心があるわけでもないのですが、

手を合わせることが、とても気持ちが落ち着くこともあって、

又、季節の変わり目に、

こういうイベントがあるのは

外へ出るきっかけにもなり、

最近では、結構楽しみにしています

ただ、

年をとってきたせいだけかもしれませんけれど。

お墓に行くと

お供えおはぎがおいてあったので、

いただいてしまいました。

 

お供え物を食べると風邪を引かない。

などという自分勝手言い訳を信じて、

数日前のお供えだったら、

風邪は引かなくてもおなかを壊すかもしれないと、

一抹の不安を抱えながら、

おいしくいただきました。

皇居のお堀の彼岸花を横目に見て、

白い彼岸花が何箇所か植えられているようでした。

ここも彼岸花の名所です。

墓参りの前に

農園の方から呼び出し。

薬が無くてみんな困っている。

せっかく作っても虫に食われていたのでは、

張り合いがない。と。

薬は使わないようにといったものの、

今日一日中、気にかかってしまいそうだったので

出かける前に農園へ。

農薬は、アファーム用意しておきました。

くれぐれも使い方には、気をつけてください。

使わないで済ませたい人は、

無理に使わないでいいです。

からないことがあれば聞いてください。

今日言葉

曼珠沙華ひとむら燃えて秋陽つよし

そこすぎてゐる 

       しづかなる径      木下利玄


        昔、教科書で習った。

       晩年の句だったと思います

2016-09-22 ポピーの種まき

西巣鴨のお寺に、お墓参り

降りしきる雨。

こんなに雨が降っている中のお彼岸も珍しい。

他の地方でも、被害が大きくないといいけど。


おひるを一緒に、楽しい時間

事務所が近いので、

子供たちと、そちらでお茶しました。

16日にまいたジギタリスと、

ポピーの芽がやっと出ました。


ジギタリスのほうが少し、早かったのですが、

ポピーは、発芽に土を選ぶらしく、

ちょっと心配していたのですが、

発芽は、とりあえずクリア

うまく育ちますように。


こぼれだねでも育つものなのに、

不思議です。

過保護なのかなあ。


今回の種は、バーミキュライトを中心の、土にまきました。

肥料分がないので、

液体肥料で、育てます


娘の、水耕栽培用の、

光が、なかなか具合がよい。


液体肥料で済む、水耕栽培が嫌で、

この機械あんまり好きではないのですよ。


水耕栽培ではないけど、

なんか、このお手軽さ、やっぱり悔しい…。

今日言葉

考えるだけ無駄





・・・・・過去ブログ

2015-09-22

水のトラブル


キンモクセイ香りが漂ってきました。


台所の蛇口が壊れて、そろそろ、買い替えかなあと思っていたところ、

夫が少しの部品と、お隣からプラスドライバーを借りてきて、直してくれた。

ん万円得したことになるのかな。

といって、工賃が出るわけでもないけど。

お父さんありがとうございます


あと、網戸と、障子も治さないといけないんだけど。

ヨロシク。

朝がまだ苦手で、なかなか、調子が上がってこない。

それでも家にいれば、洗濯機は3回 回すし、

洗いあがった洗濯物もたためるし、

掃除機だって、かけられるし。

家にいるから、布団だって干せる。

久しぶりにさっぱりしました。

娘Nが冬に引っ越し以来始めて一泊帰ってきた。

何を特別するわけでもないけど、なんかいいね

夕食は要らないといっていた娘Mが

帰宅前だけど、おやすみなさい。

今日言葉

やさしいのが一番


・・・・・過去ブログ

2014-09-22

園芸療法


保育専門学校で、園庭整備。

本当は生徒とやりたいところだけど、夏休み

夏休みはいっても、みんな実習などで、とても忙しいらしい。


トマトの支柱の片付けと、フェンス作り。

フェンスに何を這わせようか、楽しみ。

といいたいけど、実は、今、園芸が楽しくない。

なんか空しくてねえ。


この空しさは、お年頃のせいか、父のせいか?

今だけ、今だけと、

心に言い聞かせて、草取りに励むのでした。


とった草は穴を掘って埋める。

だんだん土がふかふかになってくる。

ほら、こういうのも楽しいでしょう?

園芸療法かあ。

植物に触るんじゃなくって、土に、力があるのかなあ。


レモングラスもここでも使い切れない。

大きく育ちましたもの

大きい株のほうは、数センチ残して収穫。

でも多すぎて、使い道がないので、敷き藁にするのでした。

ゼイタクというか、もったいないというか。

近くに、タイ料理屋さんがあったっけ。

売り込みに行こうかなあ。


・・・・・過去ブログ

2013-09-22

墓参り日和


ブルーベリーの葉がね、こんなに黄色いの。

クロロシス

それで、イオウを撒いて、pH調節しているのです。

うまくいくといいのですけど。

お彼岸で、お墓参り

出不精の夫を、この気候のいい時期に、外へ連れ出すには、

いい口実です。


誰かに感謝する。

それがご先祖様ならなおのこと。

いいイベントです。


今日は娘Nが一緒。

普段なかなか、行動を共にすることが少ない娘ですが、

たまに、ふっと、くっついてきてくれる。

面白いんだかソウでもないんだか分からないけど、

くっついてくるだけでも、なんかいいかなって思う。

西巣鴨のお寺さんでは、ちょうど良く、彼岸花が咲いていました。

彼岸に咲くのがヒガンバナだけど、

こんなに、きれいに咲くところを見るのは、珍しかったです。

墓参りが終わって、お昼は、本駒込フローラ ディ マーレ

こういうお店は振り仮名振ってほしい。

覚えられない。

イタリアンのおいしいお店でした。

とても感じのいいお店です。


父は、おはしのお店のほうが良かったらしいですけど。

今日言葉

皆さん変わりは無いですか。


・・・・・・・・・過去ブログ

2012-09-22

ローゼル収獲。


昨日の金曜日ファームに行かれなくて、今日の出勤。

肥料をまいたり収獲したり、

ねぎの無い人や苗のだめになった人に、交換。

たいしたことをしているわけでもないのに、

時間ばかり過ぎていくような一日でした。


寒冷紗の上から、ツボチャンが、

この時期、キャベツと、ブロッコリーに、薬を撒いています

まり効き目が無いとかで、

店長が、倍の濃さにするようにと。

如雨露でやっても1000倍は1000倍で良いとか。


実際のところ、撒いても撒かなくても、

同じように、芯食い虫の被害が出ているような気がします。

たぶん卵には、効かないのかもしれない。

撒き方がいけないのかな。


同じようなら やらなくても良いかと。

保育専門学校のも、広尾段々畑のも、

薬はかけずにそのまま育てています


商売ものは、そうは行きませんもんねえ。

夕方、11月に学校保護者対象の、講習の打ち合わせ。

ハーブを使った内容になりそう。

お母様方は、何がやりたいかな。楽しみです。

ローゼルの実が大きくなりだして気になっていたので収獲。

これ酸味がある。

へ〜、こういうすっぱさなんだ。

この赤さ、体によさそう。

ビタミンCも多そうだけど、

熱を通したらどうなるかな。


ガクを取って、ジャムにしてみようかと思います

全部で、80グラムくらいになりました。


おいしかったら、まだたくさん実がなっているから

もっと作ってみようと思います


ハーブティーもいい色が出そう。

乾燥させてみようかな。

ルバーブよりおいしかったら、これはまるかも。

皮を剥くのに、もっと効率の良いやり方はないかなあ。

指先が痛い。


ジャムつくりは、これから

じゃ!

今日言葉

下ばかり見ていないで、上ばかり見ていないで。


・・・・・・・・・過去ブログ

2011-09-22

台風の爪痕


胡桃の大きな枝が折れていたり、

大きな枝も、細かな枝も、いっぱい落ちていて、

店長に頼まれた、

駐車場落ち葉はきも、

全面に散らばった青い葉っぱに、

どこから手をつけたものかと、

うんざりしてしまいました。


寒冷紗がかなり飛んでいます

天気が悪くて収穫できなかった方もいるようです。

なすは、肥料をやってから

グンと、成長しています


チョウチョは、元気に飛び待っているから

寒冷紗が飛んだ方は、かけなおす前に、

葉っぱの裏表の確認しましょう。


とにかくファームに来て下さい。

日蔭の冷たい風に癒されながら、

葱とピーマンと、シシトウと、

なすが少し収穫できて、厨房へ。

掃き掃除に、寒冷紗直し。

久しぶりだと身体が痛い。


掃きながら銀杏拾い。まだ皮が固いので、追熟

来週ぐらい皮がむけると思います


植えようとおもた、

サンチェが発砲スチロールの箱ごとなくなっていた。

もやし気味になってはいたんだけど、

大きくなりすぎて、溶けちゃってたかなあ。

で 処分されちゃった?


店が定休ができて、

月曜来ないようになって

一週間に、一度しか

ファームこれないと、

ボスファームけがからないです。 

娘Nは昨日のうちに帰ってくることができました。

山手線が動き出したものの、

ホームに入ることがなかなかできなかったそうです。

心配おかけしました。

今日言葉

ゆくりでいいの 続けることが大事。 陽子先生


・・・・・・・・・過去ブログ

2010-09-22

憧れの人


暑さ寒さも彼岸までというけれど、

本当に暑さが彼岸まで続いてしまいました。

あーっつい!

10月に、中学校同窓会を、企画しています

穴があったら入りたい思い出ばかりのところです。

卒業以来、同窓会が無いので、

卒業当時の、名簿から

連絡を取っているので、

行方不明者ばかり。

ここで、卒業年を書いて、

探そうと思ったけど、

簡単に、年が分かってしまうので、やめます


いい歳になりました。

坂本竜馬生き方のうえで、

いい言葉を残していますが、

33歳でなくなっているのね。

33歳に、分かることって、どんだけだろう。


私、小さいころ、無口な子でした。

よくしゃべらないで、

母に怒られるような子だったのです。

ホントです。恥ずかしがり屋で、

人と、話をすると、涙が出てくるような子です。

信じられないでしょう?


まちでみかけるおばさん、

おばさんっていいな。

誰とでもお話ができて。

しらないひとともおはなしができて

と思ったものです。


おばさんがうらやましいって、

変な子でした。


先日、夏の思い出の話を、

娘の友達が来たときに、話をしていたら、

夫に、口をふさがれました。

オンステージ、ワンウーマンショー!


知らないうちに、

あこがれの おばさん になっていました。


そういうおじさんおばさんが集まるのです。

セーラー服と、詰襟しか覚えていないのにね。


憧れのおばさんになった私は、

中学生のころには、

憧れの人も、いたはずなのに、

なんかそんなのは、どうでもいい感じになってしまい、

とにかく、みんなその日には元気であえたらいいなあと、

健康のほうが気になる年頃になっていました。

銀杏は、まだ落ちてこないし、

きんもくせいもまだ香らないみたいです。


今年は、鈴虫をいただいたので、

かわいい声を楽しんでいます

そろそろ少しかすれてきていますけど。

今日言葉

まだまだ青春


・・・・・・・・・過去ブログ

2009-09-22

虫を飼う


ブルーベリー福田さんのところでは、

ハチを飼っていて、

蜂蜜の収穫ができたそうです。


こういうのを聞くと簡単そうに思えて、

やってみたくなります

鈴虫カブトムシは飼ったことがあって、

次の年も成虫になり、面白かったです。

その次の年になるとなんだか、数が減るのは

育て方が悪いのか

それとも交配に、問題が出てくるのか不思議です。

大根の葉が、

そろそろ食べごろになっていると思います

毎回、間引きそこなう人がでてくるのですが、

マルチの穴ひとつ当たりに、1本にして

ほかのものは、間引いてください。


まり大きくなりすぎたものは、

硬くておいしくなくなります

おいしいうちに食べましょう。

夫の実家浦和へ、行って来ました。

浦和駅前は開発が進み、

行くたびに、町が変わっています

いいことなのでしょうが

似たような町が多くなりました。

今日言葉

豊か ってどういうこと?


・・・・・・・・・過去ブログ

2008-09-22

来春の用意


写真は、どこに卵を産もうかと、

飛び回っているちょうちょ


畑を、見回って、芋虫発見してはつぶしています

かなり目が慣れてきました。


キャベツが巻き始めました。

中に、芋虫が入ると、ちょっと厄介です。

寒冷紗をかけておけば大丈夫です。

雨が降っていたので、ハウスの整理。

きれいになったら、

ハウス内でサンチェを作る予定です。

風鈴草はハウスの外へ。

去年の秋は、播く時期が遅く、

花は、少ししか見られませんでしたが、

今度の春には、花が見られると思います


ジギタリスも夏を越すことができたので、

来春は、いい株になりそうです。


この2種は、ボーダー花壇の、

後のほうに、むいているものです。

また、ポピーなどの花が栽培できるとうれしいです。


コスモスは、やはり難しかったです。

少しは咲いてくれるものの、

うまく成長していません。

サンチェの種をまきました。

古い種のようなので、

新しく求めないといけないのですが、

近くでは売っていません。

早く手に入れたいです。

今日アンジェラ・アキ

手紙~拝啓 十五の君へ~」が

から離れずにいました。

みんなの歌でもやっています


15歳の頃のみっともない

自分が思い出されて、

切なくなります

穴があったら、

ふかーくもぐって出てきたくなくなるくらい。


・・・・・・・・・

2007-09-22

チョウチョが6・・・


写真は、芯くい虫に、芯をやられた、キャベツです。

成長点が傷つき、葉の脇から、たくさん、芽が出だします。


もう少し育ってきたら、いい芽をひとつだけ残して、

ほかは、掻き取ります

何とか、そこそこのものは、出来ます


植え替えるより、この方法のほうが、

育ちがいいかもしれません。

コナガの卵を見つけました。

寒冷紗のかかっていないところです。


かけてあるところの人は、

はじめに、モンシロチョウの卵が付いていたところは、

虫かご状態で、網の中で、チョウチョが飛び交っていました。6匹も!


でも、ほとんどの方は、寒冷紗をかけていたほうが、

虫がいないようです。

もう少し、

寒冷紗を、かけて置いた方がよさそうです。

チョウチョの数の単位を知っていますか。

正式には、1頭、2頭だそうです。


数え方をこだわりだすと、きりがなく、

101匹わんちゃんではないとか、

3匹の子豚もおかしいとか。


いかが、水を入れる入れ物にいているから、1杯で、

泳いでいるときは匹。開くと枚。

でも、たこも杯。


そういえば小学校国語教科書に、

10ぴきのぶた

というのがあったっけ。


川を渡って、数を数えると、

度数えても、9しかなく、

一匹足りないぶーぶーぶー。

自分を数えていないお話です。


アーどうしてまた、こういう、

どうでもいいことを鮮明に覚えているのだろう。


・・・・・・・・・

2006-09-22

芋虫注意報



農園には1週間のご無沙汰だったので、

すっかり様子が変わっていました。

まずはホワイトボードより。

ほうれん草小松菜のところには

石灰が4分の3缶ずつまいてあると思いますが、

肥料の、ほうれん草配合をさらに4分の3缶入れて、

よく耕しておいてください。

ねぎに土寄せをしてください。

1列につき4分の1缶

肥料の8・8・8を

15日ごとに追肥をしてください。

キャベツブロッコリーの虫をとってください。

青首大根を2本にしてください。       以上

キャベツブロッコリー、コナガがついている人が結構ます

新たに卵が産みつけられている人も。

もう少しするといっぺんに出なくなるのですが

それまでに勢いがなくなってしまうと、

後の生育に影響するので、見つけ次第つぶしてください。

やはり寒冷紗しているとかなり違うようです。

芯食い虫は、今年は、今のところ少なめです。

でも被害を受けている人います

芯くい虫にやられてしまった人、

定植してありますが、

7番横の苗を使ってください。

大根に黒い芋虫がいます

見つけやすいですが、

土の上にすぐ逃げてしまうので、

すばやくつぶしてください。


お隣の佐久間さんのところでは、

かなり大きくなっているのに、

寒冷紗がかかっていました。

農薬かなりかけずにすむと思います

白菜の育ちが今年もよくないですね。

なぜだかもう少し、研究してみます

これからにんじん間引きは、

大きいものからとって、いくと、長く楽しめます

今、小さいのをとっても食べるところ少ないです。

ねぎはそろそろ、

多めに土をかけても平気です。

大根間引きはそろそろですが

間引きの葉っぱも食べたい人は

来週位からでもいいかも。

収穫はこの時期

余りありませんがとにかく

虫が出るので、

見に来てほしいです。

ブルーベリーがまだ収穫できるのが驚きです。


銀杏の収穫始まりました。


店に出すのはもう1週間くらい先になりそうですが、

粒の大きなものが取れそうです。

キャベツブロッコリー畑中に植わっていました。

大根も新しく1列マルチがかかって、もう芽が出ていました。

ありがとうございました。

雑草取り研修の方が20人ほど

みえていたそうで、畑の中がとてもきれいになっていました。

又、みえるそうです。

今日言葉

飲酒運転厳禁

2016-09-21 ブロッコリーの植え付け

雨で流れ流れて、久しぶりの広尾段々畑

アスパラガスのちょうどいいのがあって、ピーマンは、沢山。

ミョウガもとれて、

二十日大根は、とりあえず順調に育っています。

(ヨトウムシの幼虫を、10匹ほど捕まえました。)


ニンジンは、ここでは、なぜかうまく育ちません。

発芽はするんだけど、

虫に食べられてしまいます。

ちゃんと、寒冷紗も張っているのに。

あきらめるしかないのかな。


遠くでツクツクボウシの声を聞きました。

雨続きで、穴から出られなかったのかな。

夏は、蝉時雨のすごかった、学校だったので、

寂しげに聞こえました。

学生が2人来て、収穫物を分けて、持って帰りました。

採り立て野菜、うまく料理してね。


今日水曜日

金曜日から新学期だそうです。

あっという間に学園祭。準備も忙しくなりそうです。


ブロッコリーの植え付けをして、寒冷紗をかけました。

小さな苗です。

年末鍋パーティーに間に合うかなあ。

今日言葉

溜息一つ





・・・・・過去ブログ

2015-09-21

シルバーウイーク


朝、といっていいかどうか3時起きして、4時出発。

相模湖まで、母を連れて行きました。

6時前に着いたので、一眠り。


娘Mは、ナンチャンがいないことを知り、

だまされて、ついてきたと文句を言っていました。


息子たちも途中参加。というか、

ここ、息子たちのうちなのですが、

娘Mがいることを知って、ナンチャンが来たがったとか。

双方思いが通じたようで。


ダヤンカフェで、待ち合わせをして、

マスターに、家まで便乗させてもらって、

息子たちに、昼ごはんバーベキューをしてもらい、

ソーメンスパゲッティーの夕ご飯を作ってもらい、

大好きな草刈が出来、

家のマエで、稲刈りが見られて

ポヤーっと昼寝も出来て、

夜7時過ぎに、帰宅。

9時半前には千石に着き、

10時前に帰宅。

よいシルバーウイークイベントとなりました。

今日言葉

ナンチャンが見つけたむかごおいしかった。


・・・・・過去ブログ

2014-09-21

短日性?


西巣鴨まで墓参り

天気はいいし。

心はもやもやだったけど、

弟と話をしているうちに、元気になってきました。


帰りに、父のところへいってきました。


月下美人の蕾が膨らんでいました。

うちのは、門灯の下においてあるせいか、秋は咲かないみたい。

今日言葉

平和は当たり前なんかじゃない。

そうじゃなかった時代を、私たちはずっと生きてきたのよ。


戦争は嫌です。絶対嫌です。

山口淑子


・・・・・過去ブログ

2013-09-21

町まで。



分かるかなあアスパラガス

広尾では、今頃最盛期なんですね。

昨日は会合。

幼稚園ののある光が丘に行きました。

隣町。以前すんでいた団地


今では、「光が丘に行く」ではなく、「町に行く。」といいます。

ここ高松より、都会です。

以前は、毎日のように、ここで買い物していたのに。

足が遠のいてしまいました。


久しぶりついでに、さくら幼稚園まで。よかった〜。

園長先生がいた。

突然行ったのにキウイや、ハーブガーデンを見せていただき

ちょっと興奮してしまいました。

教材がいっぱい。

今度の授業で使いたい。(ずるいかな)

今日うどん屋さん。

お彼岸家族でご来店される人が多かった。


ローゼルを店の前に、並べてみました。

知名度が低いかな。売れるかなあ。

今日言葉

夕方の風の変わることがわかる。いいよね。


・・・・・・・・・過去ブログ

2012-09-21

一人歩き


保育専門学校卒業式

こんな時期に?

と思うでしょうが東大よりも早く導入した、10月入学。

この学校の初めての、

10月生の卒業生です。


しっかりがんばっておいで。

どこかで、園芸の授業が役に立ってくれれば、

とてもうれしいです。


危なっかしい、顔だった生徒たちが、

今日は、社会人の顔になっていました。


来週から、現場に配属される人も多く、

私のかわいい教え子たちの輝く顔は、

頼もしいけど、

卒業は、なんだかちょっとさびしいね。

黄金狸豆の花が咲き、鞘も膨らんできました。

この花、黄色で、ひまわりの終わった後の、花壇に、いいと思う。

来年は、種もたくさん採れそうだし、

まじめにたくさん育ててみたいと思う。

それと、ローゼルのみが今年のヒット。

暑さに強く、実の赤さは、人目を引く。

暑い時期、手をかけずに、楽しめるものはなかなか無いので、

花ではないけど、これも来年がんばりましょう。


こぼれだねの、カレンドュラは、

別名冬知らず。金盞花の小さいやつです。

カレンドュラの語源は、カレンダー

カレンダーのもともとの意味は、月初め。1ヶ月。

つまり、1ヶ月くらい咲き続けている花という意味


で、この冬知らずの芽が今大量に、芽吹いてきています。

グランドカバーにも使えるのですが、

これもこぼれだねで、あっちこっちから、どんどん増える。

こうなるとちょっと厄介なのだけど、

来年の春花壇は、これでいっぱいにしたら、素敵かな。


これからまくのは、幼稚園で使えることも考えて、ラグラス。

猫じゃらしがいっぱいだからそれでもいいんだけど、

こんなのもあるよって言う紹介もしたい。


春花壇用に、

カレンドュラで間に合いそうだけど、ポピーの種もまいておきたい。

培養土スーパーミックス21は、この種には、向かないから注意。

卒業式の余韻に浸るまもなく、

次々と、やることがあるのは、ありがたいことかな。

新学期のことを考えると、楽しみでもあるけど、

う〜 おなか痛くなりそう。

これでも結構緊張するのですよ。

いい授業が出来ますように。

今日言葉

人生の表舞台に立つことも大事。

裏方に、気がつき感謝することも大事。


・・・・・・・・・過去ブログ

2011-09-21

台風直撃


台風が通過。ちょうど5時過ぎごろ。

スンゴイ風で、車体が揺れるほど。

千石から、練馬の自宅に帰るまで、

木が倒れているところに何度か遭遇しました。

傘もたくさん壊れていて、

傘をさすのをあきらめた人も多かったです。


品川に勤めている娘Nは、

10時、まだ、品川にいるようです。

山手線は動き出したようなのですが、

ホームにたどりつくのもやっとのようです。


これだけの雨と風はめったにないことです。

十歳のきみへ 日野原重明

今読み始めたところ。95歳の言葉はやさしく、

そして、重く、快く心に響きます。

とても読みやすいので、これお勧めの本です。


10歳くらいだったのでしょうか。

死ぬことが怖くて怖くて、

みんな死なないようにと、

布団の中で、声を殺して泣いていたころがあります。


最近それに似たような、

気持になることがあります。

感受性の強い「お年頃の障害」のせいなのでしょうが

ずいぶんと大人になったはずなのに、

なにもさとっていないようです。

街路樹銀杏もたくさん落ちていたから、

ファーム銀杏もたくさん落ちていると思います。

寒冷紗や、ビニールハウス大丈夫かな。


広尾段々畑も、寒冷紗飛んでないかな。


家の周りの植木鉢、

見たところ大丈夫だったみたいだけど、

せっかく伸びたナタマメの、

弦は切れていたみたいです。

朝確認しないと。

今日言葉

ほかの人のために

きみはどれだけの時間をつかっていますか?  

             十歳の君へより


・・・・・・・・・過去ブログ

2010-09-21

いい花材がない。


彼岸花、今年はまだ咲いていません。

こんなこともあるんですねえ。

昨日は大型スーパーというのかな。

ジョイフル本多にいってきました。

郊外には、こんな大きな施設があるんですねえ。

すごすぎて、何がなにやら分からない感じでした。


それで、その大型の園芸施設にもいったのですが、

今年の秋は、マリーゴールドとか、

サルビアとか、ベゴニアといったポット苗が全然無い。


気がつくと、町の人んちのお庭も、

すてき!と思えるところがない。


暑さのせいでしょうか。

産地にに異変が起きているのかな。

多分入荷が極端に、少ないのだと思う。

さもなければ、公園などの花壇がかれてしまって、

大口注文のほうにいいってしまっているとか。

温泉博士という雑誌を持って、

久喜のほうまで、遠出をしたので、

温泉に入ってきました。


この温泉博士というのは

400円するのですが、

使い方によっては

タダで、面白く温泉に入ることができます。

今日のお風呂電気のと炭酸のアワアワが面白かった。

おすすめ

今日は午前中だけファームお仕事

ファームでは、

金盞花と、姫キンギョソウと、アイスランドポピーの種を播きました。

いつもの年より早く播いたのが吉と出るか、凶と出るか。

白菜の苗をお分けすることができます。

ハウスから、数だけ、お持ちください。

あまり晴れている日は避けて、

晴れの日だと、

マルチに葉っぱがくっついてしまうことがあります。

土とか わらなどの、緩衝材をおくか、

とにかく直接触れないように工夫してください。


株の中心に土がかぶらないようにしてください。

葉と根の境が少ないので、

植えるときに気をつけてください。

水周りに植えてある。

ラベンダーの手入れをしました。

暑さが収まったこの時期、

かれてしまったところを、整理し、

咲き終わった花柄とともに、枝を刈り込みます。

さっぱりしました。

落花生の収穫は、10月半ば過ぎ。

と思っています。

様子を見ながら、考えましょう。

鷺宮の、イサオキッチンまで自転車で行ってきました。

自宅レストランで、またいきたくなるところです。

料理も丁寧で、おいしゅうございました。

今日言葉

おもてなしの心


・・・・・・・・・過去ブログ

2009-09-21

東京観光


今日はお墓参りに行ってきます。

今日は娘が同行。


お堀の彼岸花は、いつもより少ない気がします。

あちこちで、白い彼岸花を見かけました。

おまわりさんが多い。ああ、交通安全週間ね。


いつもの都心とはちょっと雰囲気が違う。

谷中の、人ではお墓参りだけではなく、

京都かどこかの、観光地のよう。


浅草の町も、六本木も。

全国から、これを見に来る ってものがある。

普段見慣れたところが観光地なんだ。

と思ってみると、

面白い発見も、あるものです。


せっかくだからと入ったおいしい店が、

「お母さん、この店なら、家の近くにもあるよ。」

なんって言われると、ちょっとがっかり

おいしいものが、ここにしかない。

というよりは、

いつでもどこでも味わえるほうが、

きっといいのだろうけれど。

外国食材が、沢山見られるので、

墓参りが澄んだら、麻布まで。

いろんな野菜やハーブが、売られているのは面白く、

ちょっと市場調査気分。


売り方や、パッケージの工夫も参考になります。

フレッシュハーブは、

ヱスビーやハウスでも出しているのね。


バジルレモングラスをかごに入れているお客様には、

ちょっと声をかけてあげたくなる。


あのーそれってー、

練馬ではやまほどあるんですよ・・・


このお店では、ベーコンの切れ端を、買います。

ベーコンって、端っこのほうがスモークが多いのに、

そこだけが売っているなんて、チョーラッキー

そして、安い。

甘みも程よく、

教えたくない、お気に入りです。


ハムを買って、

また、パンを買って、

今回は外苑で、ランチは無しだけど、


家に帰って、レタスを買って、

積丹町から届いたばかりの

にんじんたまねぎと、

ジャガイモ

ベーコンで、スープを作って、

先日作った、バジルペーストをほんのちょっと

入れて、ディナー。


とてもおいしかったらしく、

ほめ言葉に「やればできるじゃん。」

なんていわれて、どういう意味


講習会が終わるとひと段落

心を入れ替え、

魔女修行に、取り掛からないと。

今日の一言

おかげさま


・・・・・・・・・過去ブログ

2008-09-21

大根の葉の収穫


写真は、地面に落ちた青虫を運ぶアリ。

けっこう天敵がいるものです。

キャベツ苗に農薬がかかっていて、

がっかりです。

自分のところだけ、かけるのも、

ちょっとまずいかと思うのですが、

親切でやってくれたことと思いますが、

こまったなあ。


なかなか分かってくれない人だから・・・

塾長じゃないとダメかなあ。


勝手にやるというのは、どうでしょう

ルールは守りましょうよ。

で、薬をかけないでいるとどうなるかと言うと、

皆さん、芋虫を、つぶすのに、苦労しています。

でも自分の口に入るものをより安全に食べるために、

がんばっています。


大変だとは思いますが、

ツボカワサンも、塾長も、私も、見回っていますので、

安全な職場に、ご協力お願いいたします。


なんだか最近風紀委員みたいに、

注意事項ばかりいっている気がする。

体験農園がつまらなくなりませんように。

今朝、耕運機がかかって、野菜教室は、準備完了。

来週の講習で皆さんに、床を作ってもらえれば

ほうれん草と、カブと、小松菜の種まきができます。

これで、野菜教室のほうは、秋の作付けが終わります。


ねぎは、随時、成長に合わせて、

土をかけていきます。


そろそろ、大根の、間引きができる人も。

おいしいから、いっぱい食べてください。


トマトきゅうりやナスの収穫がないからといって、

安心しないように。

防虫のほかにも、

植物は、育っていますから。

ぜひ農園に、いらしてください。

体験農園の方は、

10月 3日(金)午前10時より 

10月 4日(土)午前10時より 講習があります。

そのときに、ほうれん草小松菜をまきます。


特に冬のほうれん草は、

土つくりが大切です。

深くなくていいですから、

よく耕して下さい。


特に、遅くまで畑に、なすや、ピーマンのあった人は、

うまくいかないことがあります。

農作業が一服付いたら、

飲みましょうか。

でも、銀杏も始まるし、

今年は、ブルーベリー移植あるかな

農閑期がなかなか来ない・・・

雨が思ったより早く降ってきたので、早上がり。

夕方には、大雨になり、

スーパーまで買い物に行って、

近いのに足止めになってしまいました。

階段が滝のようでした。


・・・・・・・・・

2007-09-21

小松菜の種まき準備


ギンナンを掃いていると、たくさんありますねぇ。

と声をかけてくださる方が。

いえいえ、本番は、まだまだこれからです。

キャベツ苗場の整理をして、

はずした、潅水装置は、雨の日のお仕事

やりっぱなしでごめんなさい。

葱に、8・8・8の化成肥料を、撒きました。

土寄せをしたいのですが、

最高気温が、まだ30度をくだらないので、

もう少し、様子を見ます。

ハウス内のトマトは、暑さのため、茎が茶色に、変色。

少し整理をしましたが、

涼しくなれば、いくらか復活してくれることを祈っています。

白菜は、来週の講習会のときに、

うまく育たなかった方には、

苗を、分けることにいたします。


大丈夫だと思います。

それでも足りないことがあれば、

ミズナの種を代わりに植えるつもりでいます。

ほうれん草と、小松菜を植えるところに、

ほうれん草配合 缶4分の3を、

入れて置いてください。


来週種を播く準備です。

9月3日にまいた、小松菜は、小さいけれど、

少し、混んだところの間引きをしました。

寒冷紗のお陰か、まったく虫が付いていません。


うまく育つようだと、来年

トマトと、きゅうりの植えた後の整理が出来たら、

すぐに、小松菜の種が播けるかも知れません。


そして、ことによると、2度播きできるかも。

でもこのあたりだと、

10月過ぎてから播くと、

暮れの需要の多いときに、

肉厚になって、おいしく使えます。

にらをいただきました。

どんどん刈らないと、硬くなってしまいます。

新しく出たところがやはりやわらかい。

この次は、月曜の24日に行きます。

会えるかな。


・・・・・・・・・

2006-09-21

彼岸花

彼岸花ほど名前のたくさんある植物

見たことがありません。

それほど、土地土地に、密着していたのでしょう。

彼岸に、花を供えずにすむから、墓に植えた説。

飢饉に、備えて、根のでんぷんをとるために、

身近なところに植えた説。

あぜ道の土留めに使った説。など、

里で、栽培されるわけはあったようですが、

反対に、独特の妖艶さに忌み嫌う要因もあった様で。

でんぷんを食べるにしても、

ヒガンバナにさえ手を出さなければならない生活は、

とてもひどかったでしょうし。

根に含まれる毒にあたった人も多かったようです。

戦時中は良質のでんぷん

落下傘ののりに使ったと聞いたこともあります。

面白い話がひとつ

いつも出てくる私の母校は、

キリスト教主義の園芸の学校だったので、

戦後、花を求める人には、

外国の人も多かったそうです。

ヒガンバナスパイダーリリーといって、

外国の方は、好まれ、

学校でできた彼岸花を出荷していたそうです。

当時、ある先生が入院なさったときに、

学生たちは、

花束を持って、お見舞いにいったそうです。


先生はわかっていらして、

感謝気持ちで、いっぱいだったそうですが、

同室のお年を召した方からは、

いやなことをする。といわれたそうです。

真っ赤な彼岸花を花束にしてお見舞いに行ったら、

多くの日本の人は、びっくりするでしょうね。

もうひとつ

今年なくなられた柳宗民先生講義の中から。

赤いヒガンバナが嫌だって言うんだったら、

白いのと、交互に植えればいいんですよ。

紅白でとてもめでたいでしょう。

まだまだ書き足りないけれど、又明日。

久しぶりに、宿題

知っている彼岸花の別名を

知っているだけ上げてください。

できればその地方名も。

回答はコメントを使ってね。

今日言葉

桃栗三年柿八年


[コメントを書く]

10

『畑に行った時にお聞きしたいと思いつつなかなかお会いできないので、

ここで失礼します。

キャベツが芯食い虫にやられているようなんですが、

虫をとりこのまま育てるしかないでしょうか?』


takahama

『ご無沙汰しております。

明日金曜には、行きます。

大きく育っていれば、

芽をひとつ残して育てるようにしますが、

たぶん苗に余分があるので、

まだ代えられると思います。

わかるように、仮植えしておきます。』


10

今日明日は行けるかわからないのですが・・

すみません 

ありがとうございます。』