ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

休日モード

2009-08-29 今年は早いぞ、ワークブーツの出番

ホワイツ セミドレス Whit's Boots Semi Dress

やっと足におさまったホワイツのワークブーツ セミドレス Whit's Boots Semi Dress

夏でも履きます?東京の夏は素足にサンダルが一番です。

そろそろ秋の気配がしております。ワークブーツファンの方々、オイルアップしておられるのではないでしょうか。イチローグラブ磨くように、我々もワークブーツを磨きましょう。

わたくしめのワークブーツもカビが生える前にオイルアップしておきました。手入れしないとホントにカビがはえますよ。


当方のひ弱な足と根性なしのおかげでワークブーツは履く履けないで博物館行きのものもあるのですが、見せびらかし用に履かなくてもワークブーツは綺麗にしときましょうね。

で、愛用の一足かつ生涯ともに歩く一足。ホワイツのセミドレスです。

f:id:annion:20090730212546j:image

f:id:annion:20090730212543j:image

1番のお気に入り、ホワイツのセミドレスはいろんな皮のバージョンがあるのですが、ワークブーツの革は牛か馬と決まっております。革はスモークジャンパーの革でソールはビムラム#430の薄いやつです。セミドレスのスモークジャンパー版みたいな物です。

おろしてから約1年と半年ほど。

春、秋と冬の土日しか履かないので使用頻度は少ないです。

f:id:annion:20090730212631j:image

f:id:annion:20090730212630j:image

セミドレスとはいえ、足の痛さは格別でありました。5インチ程度のセミドレスだとカットオフのトップでないとおかしいんですね。硬い革の角は家から駅まで約1000歩で足に血を滲ませてくれます。足首にタオルを巻いたり、登山用の靴下を履いたりして対応しておりました。

履き口の痛みは何とかなったのですが、なんともならなかったのは、右足のくるぶしの痛みです。特に内側のくるぶし。これが唸るほどの痛みでして・・。

骨が痛がるのです。歩けないくらいに痛くなり、足を引きずって歩くので一杯一杯です。

まいったです。この痛みだけは治まらず履けば履く程痛くなるわけです。

スモークジャンパーの悪夢が甦り、ラギッドな足元なんてもういらないワークブーツは足に合わないのだ、止めた。ってな調子でしばらくスニーカーでまたまた快適歩行を味わってました。

で、足の痛さも忘れた頃、オイルぐらい塗っておこうと思いオイルアップしました。箱に入れてしまってしまおうと思ったのです。

当分履かないので、履いてみようかと思いまして靴紐を最後まで通してしっかり結んで履きました。オイルアップ後の試運転じゃなくてちょっと試し履きです。

するとですよ、どっこも痛くないのです。普通に歩ける歩ける。今まで痛くて靴紐を最後まで結ばずに履き口をルーズにしていたのですが、それがいけなかったらしいのです。

半日歩いてもどこも痛くない。一度は富士見パノラマの入笠山の湿原をセミドレス履いて歩きまわりましたが、普通に歩けましたからね。紐を上まで通してしっかり結ぶ、これだけで履き心地が一変しました。

こんなことはあるのですね。まさに押してもダメなら引いてみろですよ。

ワークブーツは最後まで靴紐を通してしっかり結んだ状態が足にピタリと来るんですね。

それ以来、ちゃんと靴紐はきゅきゅっと締めて履いております。


f:id:annion:20090730213834j:image

で、くるぶしのあたり、型にはまってきています。これからどんどん履きやすいワークブーツに変身していく予定であります。

f:id:annion:20090730213833j:image

今年は冷夏。秋の訪れが早そうです。フライトジャケットなんてまだまだ汗だくですが、足元ぐらいワークブーツで地面を踏みましょう。

2009-08-28 銀ロウ付けで行うペトロマックスの修理

ペトロマックスのノズルの修理は銀ロウ付けで行う。

銀ロウ付けの材料を揃える

先週燃焼させたペトロマックスのノズルの裏側。なにやら粉が沢山付着しています。なんだろう?これ・・。まぁ、見なかったことにしましょう。

f:id:annion:20090828125500j:image

で、真鍮のロウ付けは銀ロウで付けるとは知っておりましたが、母材の使用が常温での話し。ペトロマックスのノズルは常温どころではないので、銀ロウで大丈夫なのかネットでちょっと調べてみました。

灯油は170度〜240度で気化するとものの本ではなくてサイトに書いてあります。ノズルはこれ以上の温度になるでしょうが、最低この温度でロウ材が溶けないことです。つまり、ハンダでは無理であります。また、真鍮の融点は900度であるとか。ということはペトロマックスのノズルは900度以上には絶対にならないということです。溶けちゃいますからね。で、ロウ材には銀ロウ、真鍮ロウなるものがあって、真鍮同士だから真鍮ロウがいいんじゃないかと思われますが、このロウ材、ロウ付けが難しいのだそうです。へたっぴぃがやると母材も溶かしてしまうとのこと。

じゃあ銀ロウでひび割れを塞ごうということになります。しかし、銀ロウには色々種類があるみたいで新富士バーナーのサイトを見ると一般銀ロウと強力銀ロウなるものがあります。一般銀ロウは745度で使用、強力銀ロウは780度で使用と書いてあります。真鍮の融点900度以下でなるべく高めとなると強力銀ロウということになりますので、この強力銀ロウを購入したしだいです。バーナーはとりあえず安いものを。いきなり高いの買って使えないと大変なことになりますからね。で、聞きなれないもの、フラックスという酸化皮膜を除去する融剤が必要とのこと。これがないとロウ材がはじかれるそうであります。

    • 銀ロウ付けの材料
      • 強力銀ロウ:新富士バーナー RZ-108
      • フラックス:新富士バーナー RZ-200

f:id:annion:20090828125458j:image

      • バーナー:新富士バーナー RZ-811(1400度から1600度)

f:id:annion:20090828125455j:image

で、手元にコールマンのバーナーありましたので、使ってみました。1300度まであがるというものです。でも、ダメ。いくら暖めても銀ロウは流れません。で、しょうがないので上の新富士バーナーを買った次第です。

f:id:annion:20090828125439j:image

で、材料は揃った、次は何をすればいいのだ?

ロウ付け場所を綺麗に磨く。これ、忘れずに。この穴の開いたプレートがガクガクしておりました。クルクル回るようになっています。ここらあたりもロウ付けしましょう。

f:id:annion:20090828125459j:image

フラックスを塗る。フラックスはよく振ってケチらずに十分に塗布します。

家庭で行う場合、フライパンでやりましょう。

f:id:annion:20090828125449j:image

バーナーでロウ付け箇所を暖める。ロウ付け場所は真鍮本体が赤くなるまで暖めます。あまり一箇所のみ暖めすぎるとこのようになります。

f:id:annion:20090828125445j:image

f:id:annion:20090828125547j:image

ロウ材をロウ付け箇所にくっつけて流れればOKです。バーナーの遠近距離を調整しながら炙りロウ材を流すように溶かしていきます。

で、やりました。こんな感じ。盛ってます。1個炙りすぎて駄目にしてしまいましたが、失敗は成功のもとであります。ロウ付けは母材の融点とロウ材の作業温度が離れていれば離れているほどやりやすいです。ですからあまり高温にならないような場所はより融点の低い銀ロウを使えばもっと綺麗にできるでしょうね。

f:id:annion:20090828125437j:image

燃焼テストは次回の富士見パノラマで・・。

ペトロマックスに関してエア漏れ灯油漏れピンホールの穴埋め等いつでもおいでであります。あっ、シルバーメッキされているものはメッキ剥がさないとロウが乗りませんよ。

f:id:annion:20090828125440j:image

2009-08-27 また、ダッチオーブンでパンとか焼きました。

またまたダッチオーブンでパンを焼きました。

ダッチオーブンでパンを焼く 二回目

過ぎ去ったことではありますが、先週の土曜日のことであります。

こういうひとりよがりなものは書くのに時間がかかりまして。

富士見パノラマでまたまた一泊してマウンテンバイクで遊んでおりました。当方遊んでばかりであります。

それもこれも高速のETC割引のおかげであります。

その昔ほどガッツリ走り込まないのでのんびりする時間がありまして、そんな時間に何をしているのかと言うとパンを焼いております。

武井バーナーでダッチオーブンが使えることがわかってからダッチオーブンを使って料理を作ることが楽しくなりまして。特にパンを焼くのが楽しいのです。

パンを焼くことの何が楽しいのかと申しますと、パンは出来上がったときにその姿を見て感動するところですか。達成感があるのですパン焼きには。パン生地を見ても出来上がりなんて蓋を開けるまで想像できないんですね。味もそうですが。そこが楽しいところです。

で、またパンを焼きました。

前回のクルミパンに続き今度はちょっと甘いバナナブレッドを作りました。

f:id:annion:20090824195651j:image

    • バナナブレッド 4人分
      • バナナ(熟したもの):1本
      • バター(無塩):140g
      • 砂糖:140g
      • ヨーグルト:大さじ2杯
      • 卵黄:2個分
      • レモン絞り汁(粉末で可):大さじ1杯
      • ラム酒:大さじ1杯
      • 薄力粉:200g
      • ベーキングパウダー:小さじ1杯
      • ベーキングソーダ:小さじ1杯
      • 塩:小さじ1/4杯
      • クルミ:75g
      • メレンゲ
        • 卵白:2個分
        • 砂糖:10g

では、パン生地を作ります。

1.バターを外気温度で柔らかくする。この季節はすぐに柔らかくなります。

2.薄力粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩を混ぜる。網でこしておく。

3.ボールにバターと砂糖140gを入れて白くなるまで混ぜる。

f:id:annion:20090824200646j:image

4.白くなったらヨーグルトを加えて混ぜる。

f:id:annion:20090824200740j:image

5.卵黄を1個入れて混ぜる。

f:id:annion:20090824200800j:image

6.混ぜたらさらに卵黄を1個入れて混ぜる。

f:id:annion:20090824200933j:image

7.メレンゲを作るためにボールに卵白と砂糖10gを入れて泡立てる。

f:id:annion:20090824201013j:image

8.角が立つまでひたすら混ぜる。

f:id:annion:20090824201046j:image

9.ダッチオーブンのポットとリッドを熱々にプレヒートする。

f:id:annion:20090824201107j:image

10.バナナの皮をむいてボールに入れ、ペースト状に潰す。

f:id:annion:20090824201127j:image

11.ペースト状のバナナにレモン汁とラム酒を加える。

f:id:annion:20090824201152j:image

f:id:annion:20090824201214j:image

12.バターと砂糖をまぜたボールにペースト状のバナナを半分づつ入れてよく混ぜる。

f:id:annion:20090824201253j:image

f:id:annion:20090824201327j:image

13.そこにメレンゲを半分入れてよく混ぜる。

f:id:annion:20090824201349j:image

14.さらに薄力粉類の粉を加えてよく混ぜる。

f:id:annion:20090824201406j:image

15.薄力粉を全部混ぜたら砕いたクルミを混ぜる。

f:id:annion:20090824201428j:image

16.残りのメレンゲを入れて切る様に混ぜ合わせる。

f:id:annion:20090824201443j:image

17.パン生地の出来上がりです。薄力粉やベーキングパウダーなどの粉類はあらかじめ家で混ぜておくと簡単です。

f:id:annion:20090824201535j:image

ダッチオーブンでパンを焼く

アルミの丸型にクッキングシートを敷く

f:id:annion:20090824201601j:image

パン生地を丸型に流して平らにしてダッチオーブンに入れる。

f:id:annion:20090824201646j:image

中火で約60分焼く。

f:id:annion:20090824201706j:image

焼き時間は武井バーナーで60分でしたが、途中、箸で刺して何もついてこなければ焼き上がりです。

f:id:annion:20090824201724j:image

今回は行いませんでしたが、リッドに焼いた石を乗っけてたまにバーナーで石を焼いていくと上下ともにこんがり色になります。これは是非紅茶で楽しんでください。自分で作ったパンを紅茶をすすりながら食する。庶民の幸せを感じる一時であります。

f:id:annion:20090824201732j:image

このようにダッチオーブンがあればものの一時間少々でパンが焼けます。火の番はしなくてはいけませんが、出来上がりが近づくと香ばしいパンの焼く匂いがしまして、ここが駐車場であることを忘れさせてくれますヨ。

2009-08-26 ペトロマックスのノズルの補修が失敗

ペトロマックス 500CPのブラス製ノズル

ペトロマックスのノズル

先日陶器製のノズルが割れて予備で買っておいたブラス製のノズルを使いましたが、ブラス製のノズルにひびがありましたので、再度ブラス製のノズルを注文したのですが、届いたノズル、同じ所に同じ亀裂があるのです。

こういう場合の消費者の取る態度は許せないぞ、返品だ!派か、あるいはこれはこういうものなんだよ、しょうがないよの泣き寝入り派に別れるでしょうが、消費者はちゃんと検品して出荷しない店に対してクレームを付けるべきであります。店は余計な誤解を招かないように、ひび割れあるかもしれませんが機能に問題ありませんの一文添えるのが優良店と言えますね。楽天アマゾン経由でしたら店の評価をイマイチと評価する手もあります。お金払って悩まなくてはいけないなんて、許しちゃダメであります。

しかし、気の弱い私は泣き寝入り派なのです。

これ、いつかこの部分からポロリと落ちてしまいますよね。燃焼中にポロリとなると、火炎放射器状態・・ですか?寿命が短くても陶器製のノズルがいいのではないか。いやいやいくら燃料代安くても維持費がかかるでは意味ないではないか。なんか、心配しながら点灯させなくてはいけないではないか。なんとかできないのか。ペトロマックスはそういう手間のかかるところが魅力だといいたいのだろうか。でも、買ってしまったのだからなんとかしなくてはいけないのであります。

f:id:annion:20090823150433j:image

ということでひび割れにパテでも盛ろうかと耐火パテ買ってみました。マフラーとか煙突に使える1100℃でも燃えないというパテです。

f:id:annion:20090823150432j:image

ノズルのひび割れ部にすり込んで肉盛りして半日静置。

f:id:annion:20090823150431j:image

一晩点灯後、様子をみるとパテが綺麗に形を残したままポロリと落ちてしまいました。このパテ真鍮にはくっつかないらしいです。真鍮は非金属だもんなぁ・・では許されないぞであります。

f:id:annion:20090823150430j:image

銀ロウ付けじゃないとダメなのかな・・。ということで、銀ロウ付けの世界に入るのであった。


武井バーナーとかランタン作ってくれないでしょうか?

2009-08-25 小川キャンパル アルバーゴ45-IIの追記

小川キャンパル アルバーゴ45-II 盲点

小川キャンパル アルバーゴ45-IIの前面パネルに雨がたまる

アルバーゴ45は今までに使ったテントの中では最高のテントだと思っています。というと語弊ありますね。今まで使っていたテントはワンタッチテントとか全て2万円程度ですから、アルバーゴが最高でなくてはいけません。難点はポールが曲がることのみです。張った姿に高級感があって、暑い夏でも熱がこもらず、開放感のあるキャンプサイトを作ることが出来ます。

前パネルはロールアップして使っていましたが、WILD-1の簡単タープに付属している180cmのアップライトポールを使って全面パネルを張り出して使いましたら、これがまた快適で単に屋根らしきものがあるだけで居住スペースを確保出来るのかと実感した次第です。

これまでアルバーゴでの雨キャンプは二度ほどあります。全面パネルを張り出してわかったことですが、このパネルは雨には弱い部分があります。しかもちょっと致命的かもしれません。雨がもれるとかではなくて、前面パネルの水はけが出来ないのです。

f:id:annion:20090823174440j:image

アルバーゴ45の前面パネルはメッシュとフルフラップの状態にすることができます。

f:id:annion:20090823172848j:image

蒸し暑い夏の夜の就寝時などは前面パネルをメッシュにすることで涼しい風を得ることが出来るので便利なんですが、ポールで前面パネルを張り出した時に、雨がフラップに溜まってしまいます。小川キャンパルの推奨は170cmのポールですから、全面パネルはやや前下がりの張り出しとなります。

f:id:annion:20090823172847j:image

これは雨が降っても雨を前に流すためなんていうことではありません。自分が立っているほうに雨を流さないためです。つまりフラップがメッシュの内側でロールダウン式に収納するために、フルフラップにして全面パネルを張り出すと前面パネルのメッシュとフラップの間がポケット状態になっていまい、雨が溜まってしまうのです。こうなるとパネルが前上がりですと雨は前にも横にも流れず、人間の立つ後ろに流れてきてテントの前室が放流口となり、最悪、溜まった雨水をかぶりかねません。特に最近のゲリラ豪雨なんか要注意です。

この間から雨がこちらに流れてきます。

f:id:annion:20090823172846j:image

全面パネルが少々前下がり程度でも雨水は前に流れてくれません。一度雨がフラップに溜まると雨水の逃げ道は塞がれてポケットとなってしまいフラップを下げるか前面パネルを下ろさないと雨水を逃がすことができなくなります。これは非常に面倒くさいです。

雨の日は全面パネルはロールアップしてタープを張るか(目指すコンパクトキャンプから遠ざかってしまう)あるいは150cm程度の思いっきり低いポールを使ったほうがいいです。

f:id:annion:20090823172840j:image

ただ、雨の日のテント生活も楽しいもので、キャンプの思い出はほとんどが雨の日のキャンプです。

f:id:annion:20090823172839j:image

2009-08-24 リアサスペンション Fox RP23の調整

インテンス Intense Tracer Vp Fox RP23のサグの調整

Intense Tracer Vp リベンジ

先週に引き続き今週も富士見パノラマに行きました。

天気は朝まで雨が降っていました。それも結構本降りの雨です。天気予報は肝心なときに外れます。

f:id:annion:20090823121657j:image

f:id:annion:20090823121802j:image

あぁ、今日はダメかなと半分諦めておりましたら、太陽が顔を出してどんどん気温が上昇してきました。

f:id:annion:20090823122041j:image

先週のお盆富士見パノラマ、Intense Tracer VpでCコースを走るとリアが跳ねて地面をトレース出来ないことについて、サグに原因があると思いサグの調整をしてもう一度走ってみようというのが今回の狙いです。

前回はサスペンションポンプ忘れたためサグの調整が出来ませんでした。今回忘れたらバカなので寝る前にサスポンプを車に積み込んでおきました。FoxのサイトでRP23の設定をおさらいしておきます。そんなに理解不能な内容でもありません。

プロペダルはこの状態でONになります。プロペダルの強弱は1〜3までの3段階を選ぶことができます。富士見パノラマではプロペダルなんていう機能は使いません。リアサスはちゃんと最大限に動けばいいです。ペダリングロスなんて余計なことこと考えなくていいです。第一下りで漕ぐなんて無理。でありますから。

f:id:annion:20090823123519j:image

プロペダルはこの状態でOFF。富士見ではOFFの状態で走ります。赤いノブがリバウンドダイヤル。今回は開放から2クリック閉めこんだ状態で走ります。

f:id:annion:20090823123516j:image

で、前回のサスペンションの圧力はというと160psiです。サグはこの程度。

f:id:annion:20090823123842j:image

これだとリアが跳ね上がりダメでありましたし、トラベル量は半分も使用しておりませんでした。

これを120psiまで落として走りました。サグはこの程度です。

f:id:annion:20090823123719j:image

この程度…?今度はメジャーを忘れました。当方はバカでなければマヌケですね。こういう奴、いますよね。使えない奴です・・。

で、走りましたCコースを。朝方まで雨が降っていましたのでコンディションはウエットであるとのこと。でも、カーッと晴れ上がりましたのでコンディションも昼前には走りやすい路面に変わっていました。

サグを2倍以上取った結果は・・・なんと、ベリー・グッドです。前回とはリアの動きが明らかに違います。前回と全然違うというのが使えない奴にでもハッキリと分かるのす。ちょっとエア圧落としただけでですよ。いやぁ〜!サグ恐るべし。ブレーキの回数があきらかに減りました。で、前回は超初心者レベルの走り、今回は初心者レベルの走りでこの程度のトラベル量使ってます。

f:id:annion:20090823124016j:image

まだ余裕じゃんてなことで、さらに105psiまで減圧。サグはこの程度。これが効きました。

f:id:annion:20090823124158j:image

久しぶりにCコースが面白いと思いましたね。スピードが出ました。初心者に毛が生えたレベルの走りで、ムチャし出す頃の走りです。一番怪我しやすい頃ですが、フロントが木の根っ子に滑って左に転倒。体でTracerを保持し守りました。こけても自転車の問題ではありません。当方の未熟な腕が問題であります。サグ調整万歳であります。調子に乗った走りでこの程度のストローク量使いました。フロントサスペンションの調整が終わればもっとスピード上がるでしょうから、これ以上は限界かと。あとはストリーク量を6inchに伸ばすしかないでしょうが、当面のレベルはそこまで必要ないです。上手く行くと欲が出るものです。しかし、Fox RP23はコンプレッションの調整は出来ないのですね?そのためのプロペダルなのかな?まあ、難しいことはいいではないか、出来たって猫に小判であるのは間違いないのであるから。

f:id:annion:20090823124214j:image

体重65kgで初心者の方、富士見パノラマのCコースでのFOX Float RP23のエア圧は110〜105psiあたりで走りましょう。

一方がよければもう一方に不満が出る。

フロントサスペンションの調整がイマイチであります。ストロークの後半の戻りが跳ねるような感じがし、スピードを出したときにフロントが跳ねてコントロールが難しくなります。それはお前の腕だろう、というのも事実でありますが、事はやってみなくてはわかりません。前回のリアサスでの不満点が今度はフロントサスで感じましたので、もしかしたらフロントサスペンションンのセッテイングが仕上がれば、もっと攻めた走りが出来てライン取り失敗して転倒も少なくなるのではないかと淡い期待に胸を膨らませるのであります。

MTBサスペンション調整はフロントとリアサスのシーソーごっこのようなものです。次回はフロントサスペンションの調整を行いたいと考えております。今回はNIXONの取り扱い方法調べておりませんので。

f:id:annion:20090823124226j:image

富士見パノラマのCコース、整備されていました。そういえば、この週末は野沢温泉でのダウンヒルマラソンの日でしたね。富士見パノラマは空いていました。

2009-08-23 去勢手術

チワワの去勢手術

うちのチワワ去勢手術をしています。生後9ヶ月で行いました。

最初の発情期の後に行いました。去勢手術は発情期の前に行う方がいいと言われることもありますが、だいたい生後7ヵ月前後になりますでしょうか。

去勢手術はわんこを飼う前から考えていましたが、いざ飼ってしまうとあまりの元気良さから去勢手術を行うことに躊躇してしおりました。

病気でもなんでもなく、こんなに元気なんだから手術なんてしなくていいじゃないかと思うのです。

あれこれ悩んだのですが、去勢手術を行うことで予防できる病気のことを考え、自分のお気に入りのクッション相手にマウントする姿やマーキング行為を見るうちに決心しまして動物病院に連れて行き去勢手術の予約をしました。

手術前日に検査入院、翌日の夕方に手術、手術の翌日に退院の二泊三日。費用は検査入院含めて28,000円程度でした。

手術が上手く行くようにお茶断ちし、月曜日の退院を待ちに待っておりました。わんこが居ない生活のなんと味気ないことか。たった3日間でありますが、毎日を持て余しておりました。

ようやく、月曜日の夕方、手術箇所をナメないようにラッパのようなケープをかぶってわんこが帰って来ました。

抜糸が二週間後ですから二週間の間ケープはずっと付けてなくてはいけません。

f:id:annion:20090821092649j:image

f:id:annion:20090821092619j:image

可哀想なので、病院からレンタルされたものではなくて、ちょっとは軽快に動けるケープを買ってあげました。

f:id:annion:20090821092720j:image

f:id:annion:20090821092721j:image


去勢手術前、家具をかじる事もありました。

テーブルの足、壁、家具にマーキングしてました。

その都度家具やテーブルを移動させてフキフキしておりました。市販のマーキング防止スプレーなんて全く効きません。

室内でマーキングするしないは散歩の回数には関係ありません。散歩中も片足上げてチョロチョロします。オシッコ沢山したから大丈夫だと思っても部屋の後ろの片隅でチョロチョロとします。習性ですから怒ってはダメです。

去勢手術後、マーキングは徐々にしなくなり、今では全くしません。散歩中もマーキング行為はなくなりました。

マウントの回数も減り殆どなくなりました。

去勢手術を行うことで、飼い主にとっての悩みと心配の種は完全に無くなってしまったと言っていいです。

f:id:annion:20090821092851j:image

2日程おとなしくしておりましたが、再び元気を取り戻しやんちゃぶりを発揮しておりました。

f:id:annion:20090821092850j:image

2009-08-22 キャンプは食事が終わったら静かに過ごすのがいい

富士見パノラマの夜は更けていく

富士見パノラマ滞在その7

いやいや、富士見パノラマお盆在日記もその7です。ネタをありがとう。っていうことではありませんが、辺りが暗くなったキャンプサイトはこのまま時間よ止まれと思うことが多々あります。それもほんの小さなことであってもです。そよ風が森のほうから吹いてきたとか、流れ星を見たとか、突然訪れる夜のしじまとかです。虫の鳴く声も遠くの車のクラクションの音も一瞬消える時があります。そういう時に時間よ止まれと思います。かすかに聞こえる列車の走る音でしじまから蘇ればなおいいです。

f:id:annion:20090817161443j:image

食事が終わりテーブルの上を片付けた後のひと時を、ペトロマックスの光を眺めながらコーヒーをすするのは至高のひと時です。しかも自分の好きなものを照らし、変化するシルエットを楽しむことが出来れば他に何を望めばいいのでしょう・・という気持ちになります。

夜は昼間見えない様々な光が見えます。写真で撮るのは困難ですが、このような光が我が家のキャンプサイトを彩ります。

武井バーナーのプレヒート

f:id:annion:20090817161420j:image

ダッチオーブンを焼く火口

f:id:annion:20090817161419j:image

更けてゆく夜 Intense Tracer Vpもやはり格好いい。

f:id:annion:20090817161245j:image

f:id:annion:20090817161244j:image

f:id:annion:20090817161243j:image

f:id:annion:20090817161240j:image

このようにして今年のお盆富士見パノラマ滞在は終了しました。


富士見パノラマ長野県にあります。このお盆に行きました富士見パノラマの近場にある風光明媚な場所をちらほらと紹介いたします。

2009-08-21 お盆の富士見パノラマ その6 キャンプの夜は食べるしかない

武井バーナーを使いまくる、で晩飯

富士見パノラマ滞在その6 武井バーナーの本領発揮

お風呂から帰ると食事の準備です。夏の空は夕方6時を過ぎてもまだ明るいです。

f:id:annion:20090817124543j:image

朝が明けていくスピードとは対照的に夜はゆっくりと更けていきます。

f:id:annion:20090817124542j:image

では、夜の部です。

晩飯はバーベキュー? 違います違います。ステーキです。ダッチオーブンスキレットです。ステーキ屋で焼くステーキがこんな所で出来てしまいます。

ステーキだけではお腹一杯になりません。

味付けご飯の魅力

ホタテの炊き込みご飯
  • ホタテの炊き込みご飯 4人分
    • 米:3合
    • 椎茸:4個
    • にんじん:1本
    • 油揚げ:1枚
    • ホタテ水煮缶詰:2個
    • だし汁:米3合分の水(醤油とみりんの分、野菜から出る水の分を少なくします。ダッチオーブンで炊く場合はさらに水は少なめにします。大さじ6杯分くらい少なくします)
    • 醤油:大さじ3
    • 塩:小さじ1
    • みりん:大さじ2
    • 酒:大さじ1

米を洗って水切りをします。米は最初の洗いを手際よく行います。さっと洗ってさっと水を捨てます。その後よくといで水洗いをします。水洗いの時間が少ないほうがいいです。

にんじんの皮をむいて短冊切りにします。油あげは細切りにしてお湯で油抜きを必ず行います。椎茸は軸を切って、細切りにします。

f:id:annion:20090817122305j:image

米を炊飯器に入れてだし汁に醤油、みりん、塩、酒を入れてよく混ぜます。

f:id:annion:20090817122304j:image

具とホタテの水煮缶詰を中の汁ごと入れます。この汁が美味しいので捨てないでください。ちょっと汁の味見をして醤油などお好みで加えます。

f:id:annion:20090817122303j:image

カセットガスコンロに乗せて最初は強火、沸騰してカタカタ蓋の音がする手前当たりで弱火で湯気がなくなるまで炊きます。火を止めて5分程蒸らします。

f:id:annion:20090817122302j:image

蒸らしが終わったらヘラでほぐしておきます。美味しいですよ。

f:id:annion:20090817122301j:image

野菜炒め

スキレットをプレヒートがてら野菜炒めを

スキレットのプレヒートが目的です。ですから強火でただ炒めるだけです。

f:id:annion:20090817122708j:image

ステーキをスキレットで焼く

ダッチオーブンで料理を作る人は誰でも推奨するスキレットスノーピークの和鉄ダッチオーブンにはスキレットが最初からついて来ます。

  • ステーキ
    • ステーキ:予算の許す範囲の和牛
    • 塩・こしょう:適量
    • もやし:適量

今晩のメイン、和牛霜降りひれ肉です。

f:id:annion:20090817122953j:image

スキレットとリッドは熱々にして武井バーナーは最高火力にしておきます。牛油を落として煙が出るまで待ちます。肉の片面に塩・こしょうします。塩・こしょうした面を下にしてスキレットにジュワッと入れます。熱々のリッドでスキレットに蓋をします。

f:id:annion:20090817122952j:image

肉の半分まで色が変わったら塩・こしょうして肉を裏返しにします。再び蓋をして暫く待ちます。心配でしたら肉を切って、火の通りを確認してみましょう。少し赤い状態で結構です。火を止めてあとは予熱で焼けばミディアム程度に焼いてくれます。

f:id:annion:20090817122951j:image

f:id:annion:20090817122950j:image

蓋を取って肉を取り出したら、あわてずに武井バーナーを再度プレヒートして点火、肉汁でもやしを炒めます。肉に添えて美味しいステーキの出来上がりです。

もう、ステーキ屋に行く必要ありません。ステーキ屋の半分以下の値段でお店と変わらないステーキを食べることが出来ます。炭火で焼くステーキなどスキレッドを前にするとかすんでしまうくらい美味しいです。

食後は味噌汁

諏訪で買った味噌で味噌汁作りました。マジで大変美味しかったです。

f:id:annion:20090817123346j:image

武井バーナーが1つしかないために忙しい夕食でした。でも、これでいいのです。これから食後のくつろぎタイムが始まります。

f:id:annion:20090817125454j:image

いつもは真っ暗でありますが、ナイトゴンドラやっていまして夜遅くまで駐車場の照明が明るかったです。おかげで虫が少なくて助かりました。

f:id:annion:20090817125645j:image

2009-08-20 お盆の富士見パノラマ その5 暑い昼は木陰で涼む

武井バーナーを使いまくる、で昼飯

富士見パノラマ滞在その5 スノーピークの和鉄ダッチオーブン24のお出まし

いい天気に恵まれました。気温も耐えられない酷暑ではなく、一昔前の夏の陽気です。

f:id:annion:20090817101115j:image

八ヶ岳もくっきり見えます。

f:id:annion:20090817101117j:image

MTBで走った後は、冷たいお茶でも飲みながら青空を眺めるのです。普通なら昼寝タイムですが、今回はパンを焼いてみようと思っておりました。

f:id:annion:20090817101116j:image

ダッチオーブンでくるみパンを焼く

全ては武井バーナーのプレヒートから

f:id:annion:20090816194751j:image

プレヒートの初期はこのように灯油のガスが出ています。このガスが炎になるまで燃料バルブを開にしてはいけません。火柱が立ち上がりますから。私は完全に炎になっても10数えてバルブを開にしています。バルブとプレヒートバルブは同時に開け閉めすると火柱見ることなく燃焼できます。

夜だとこの程度のプレヒートです。

f:id:annion:20090816195309j:image

昼飯はダッチオーブン念願かなってのパン作りであります。正確に言うとパンではありませんがパンに類するものです。パンは叩いたり、こねたりしますよね。これはそんな必要ありません。

f:id:annion:20090816164105j:image

  • イースト菌を使わないクルミパン 4人分
    • クルミ:100g
    • 干しぶどう(好み)
    • 薄力粉:75g
    • 全粒粉:75g
    • ベーキングパウダー:小さじ2杯
    • 三温糖(茶色い砂糖です):大さじ2杯
    • 卵:2個
    • サラダ油:大さじ2杯
    • 牛乳:50cc

まず、卵と牛乳、サラダ油をボールに入れてかき混ぜ、刻んだクルミを混ぜ合わせたものを用意します。

クルミは粉々にせず5mm程度のブロック状にします。もちろんお菓子用のクルミです。塩味とか付いているものはダメです。

f:id:annion:20090816164106j:image

卵に牛乳、サラダ油入れます。

f:id:annion:20090816164107j:image

クルミを入れてよく混ぜます。

f:id:annion:20090816164109j:image

薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダー、三温糖を混ぜ合わせます。粉ふりボトルで薄力粉をまぶせば団子がなくなります。なければパーコレーターのストレーナーでOKです。

f:id:annion:20090816164110j:image

これをクルミの入ったボールに少ずつ混ぜ合わせていきます。これがパン生地になります。くれぐれも薄力粉類の塊が出来ないようにしっかり混ぜましょう。

f:id:annion:20090816164112j:image

混ぜ合わせたパン生地を18cmの丸型に入れていくのですが、丸型にはアルミホイルを敷き、クッキングシートを敷いておきます。そうすることでパンの剥離がよくなります。

f:id:annion:20090816164113j:image

丸型にパン生地を入れたら暫く底をトントン叩きながら放置して空気を抜きます。これで下ごしらえの完了です。

この間にダッチオーブンを十分に暖めておきます。

f:id:annion:20090816164114j:image

武井バーナーに使うダッチオーブン用の五徳

武井バーナーの五徳に5kgを超えるダッチオーブンを直接乗せることは出来ません。そのため、ホームセンターで何かいいものがないだろうかとウロウロ物色してまして、建材売り場でいいものを見つけました。耐震用の補強金具です。

もちろん、高さ調整可能です。この上に網を敷いてダッチオーブンを乗せます。

f:id:annion:20090816164115j:image

膨らむかもしれないと思い、蓋はスキレットを裏返して高さを確保しましたが、それほど膨れませんでした。ダッチオーブンスキレットもポットも十分にプレヒートしておきます。

f:id:annion:20090816164117j:image

中火で40分〜45分程度焼きます。この長時間の燃焼は武井バーナーが得意とするところです。気にせずガンガン燃焼させましょう。

f:id:annion:20090816164118j:image

割り箸を二箇所程度刺して、粉が付いてこなければ焼き上がりです。

f:id:annion:20090816164120j:image

パンと言うよりパンケーキのようなもの。クリーム付けて食べても、干しぶどうを混ぜて甘味を出して食べてもいいかもと思います。このクルミパンは冷えても美味しいです。

f:id:annion:20090816164123j:image

ダッチオーブンでとうもろこしを蒸す

富士見パノラマ農園のとうもろこしは生で食べても甘いです。それを蒸します。水を使わないで蒸せるのはダッチオーブンならでは。

野菜の水分のみで蒸せるから美味しいのなんのって。

f:id:annion:20090816164119j:image

f:id:annion:20090816164122j:image

この後、醤油で焼くと焼きとうもろこしです。

f:id:annion:20090816164124j:image

ゲレンデでは台風なみに風力があるというスノーマシンの風の体験などのイベントやっていました。

f:id:annion:20090817165158j:image

最近、朝、昼と自炊の回数増えましたのでゲレンデに行く機会がなくなりました。

2009-08-19 お盆の富士見パノラマ その4 朝はのんびりとしたい

武井バーナーを使いまくる、で朝食

富士見パノラマ滞在その4 スノーピーク トラメジーノで悩む

頭が固いと色々なことで限界を感じることが早くなります。頭が柔らかくなる時は1日のうちでほんの数分です。この数分が毎日あるのではなく、週に1回とか、月に1回とか、数ヶ月ないとか、きっかけはたわいないことから始まります。日常ある面倒くさい色々なものをポイして何かに対して心が開くきっかけです。何気なくTVから流れる音楽の音符が三個並んだ音にふときっかけを得ることもあります。

俺って天才かもって思えるようなひらめきなど、せっかくの恵みも明日のことを考えるとまたもとに戻るのですが。

f:id:annion:20090817090221j:image

富士見パノラマの朝は鳥の囀りで目がさめるのですが、夏は蝉の鳴き声のほうが大きいです。太陽が射すと一段と声が大きくなります。5月の春にはカッコウの鳴き声も聞こえてきます。あれ、カッコウの鳴き声ですが、音に空気感があって神秘的ですね。

f:id:annion:20090816144446j:image

キャンプ場の朝と同じく富士見パノラマの朝は早いです。朝の6時にはすでにコーヒー一杯飲んでいます。朝の澄んだ空気の中でコーヒーを飲むのが一番気持ちが良く心豊かになれます。

どんなにいい天気でも早朝は霧がかかっています。太陽が昇るにつれて霧は消えてしまいますが、富士見パノラマの駐車場も霧まみれになる時があります。そんな霧の中で椅子に座ってじっとしているのですが、これが駐車場にいるとは思わせない独特な気持ちになります。早起きは三文の徳とはこのことです。

富士見パノラマのロケーションは八ヶ岳を正面に向かってみることが出来ます。太陽は八ヶ岳方面から昇って、入笠山方面に沈んでいきます。霧がうっすらと消え始めた頃に朝日が木洩れ日となって射してくるのですが、いやぁ、最高な気持ちになりますよ。そのような朝は年に数回ですがね。

f:id:annion:20090817101118j:image

夏は太陽が木々から顔を出す朝8時までの限られた時間が命なのです。太陽の顔を見たとたんカーッと暑くなりますから。しかし、今年の夏はどうしたことか、このお盆中とても涼しく過ごすことができました。


前回の雨の富士見パノラマではトラメジーノでベーコンエッグでした。今回はホットサンドクッカーらしくホットなサンドを作りました。

マフィンを半分に割って、バター、バナナを挟みココアパウダーを多めにまぶします。

ココアパウダーとバナナは多めが美味しくなります。バターは無塩バターがお勧めです。

f:id:annion:20090816130042j:image

マフィンで挟んで上にバターを塗って暖めたトラメジーノで挟みます。結構厚さがあるのですが潔くパタンと閉めましょう。横からはみ出すこともなく、あっけなくペタンコになります。

f:id:annion:20090816130041j:image

両面こんがりと焼き色がつくまで焼けば出来上がりです。簡単で非常に安上がりです。

f:id:annion:20090816130040j:image

味はですが、不味くはありません。かといってこれ、いける!っていう味でもありません。微妙な味です。コンビニに売っている菓子パン的な可もなく不可もない味です。何がいけないのか、マフィンにすでに塩味がついているのです。これが邪魔していました。じゃあ、もう作らないのか?ってことになるとイヤ、作ります。翌日も同じもの食べてました。手軽に出来ることはやはり重要なことなんです。

f:id:annion:20090816130039j:image

スノーピークのコロダッチポット

で、マフィンサンドだけでは淋しいので、我が家のキャンプでの定番、焼きりんごです。ちょっとりんごに赤みが足りないか・・。

f:id:annion:20090816130038j:image

焼きすぎ防止のために前回はユニフレームのダッチオーブンの蓋を五徳として利用していましたが、今回は焼き網を使ってみました。

f:id:annion:20090802141144j:image

ちょっと火口からの距離がありすぎますね。焼きりんごが出来上がるまで時間が50分近くもかかってしまいました。りんごの下に焦げ目は出来ませんが改善の余地ありです。

f:id:annion:20090816130037j:image

りんごは富士。りんごの種類は星の数程ありますが、焼きりんごに富士はあまり合いません。色がちょっと赤くないのと、皮が(柔らかいより硬いほうが焼きりんごにはいいのですが)ちょっと固めです。

f:id:annion:20090816130033j:image

スノーピークのトラメジーノでホットケーキを作る

試しに焼いてみました。朝食ではなくて間食です。これは出来て当たり前ですし、準備も牛乳入れて混ぜるだけです。朝から小麦粉とかをコネコネするのは大草原の小さな家みたいです。

f:id:annion:20090816135839j:image

フライパンで作るよりスピーディーですし、サイズも程々でちょうどいいです。3人分で5枚程度作れます。

f:id:annion:20090816135756j:image

トラメジーノは何でも網焼き的に焼こうじゃないかのバーベキュー版のようなもので何でも挟んで焼こうじゃないか的なものです。バーベキューのように大袈裟でなく手軽に挟み焼きが可能でひっくり返すのも簡単。また熱が食材全体に回り、焼き過ぎたなどといったものがありません。これは、ステーキもいけますよ。

と、良いことばかりではありません。

まあ、こういう器具ですが、頭使えよと試されているのです。何でもという表記ほど想像力に乏しい私のような凡人にとっては言い換えれば無責任で便利さとは程遠いものになりうるものなんです。何でも使えますよという物に限って、実際もてあますことがよくあります。かえって使用用途限定のほうが使い道が広く考えられるのかも知れません。特に料理はそうなんだと、器具を前にして何を作ろうかと悩んでいるときに思います。

2009-08-18 お盆の富士見パノラマ その3 ペトロマックス壊れる

ペトロマックス 500CPの災難

富士見パノラマ滞在その3 ペトロマックスどうしたのだ?

f:id:annion:20090817161607j:image

ペトロマックス 500CPのノズルが壊れました。まだ半年も使っていませんが、この通り根元でボロリです。締めすぎていたのでしょうか?

f:id:annion:20090817141355j:image

前回の大雨の時は大丈夫でしたし、昨晩一晩燃焼させた時も大丈夫でした。今夜の点灯準備しようとマントル付けたらボロリです。

備えあれば憂いなしとはペトロマックスのためにある言葉だと骨身にしみました。ブラス製のノズルを予備で買っておいたのが幸いです。

いや、こんな所でペトロのノズルなんて、パーツで売っている所なんてありませんよ。

f:id:annion:20090817141356j:image

しかし、この時は気がつきませんでしたが、ブラス製のノズル、少し亀裂があるのです。

f:id:annion:20090817141357j:image

これです。一晩燃焼させていますが、新品の時からあった亀裂です。黒くなっているところです。この黒ずみは亀裂が原因でしょうか?燃焼には問題ありませんでしたが、ちょっと心配です。

f:id:annion:20090817141358j:image

家に帰ってさっそく予備のブラス製のノズルとついでにホヤも注文しておきました。ペトロマックスを使う場合、予備部品は必ず持っておきましょう。

異常を発見するために、昼間の空いた時間にケロシン系を綺麗に掃除したほうがいいですね。

f:id:annion:20090817141359j:image

我が家のキャンプでなくてはならない道具達です。

f:id:annion:20090817141400j:image

相変わらず、灯油の中には細かいゴミが・・。ペトロマックスのタンクから出ているのですが。

f:id:annion:20090817141401j:image

ペトロマックスの前はコールマンのノーススターのホワイトガソリンタイプ使っていました。ノーメンテで6年使って異常無しです。しかし、ペトロくん、肝心なところが壊れるのですか?

予備を持っていたからよかったものの、なければランタン買いにいく羽目になっていましたよ。

バルブを開のままプレヒートするとこうなります。必ずニップルからノズルが顔を出していることを確認して加圧してからプレヒートしましょう。すすだらけになります。マントルつける時にノズル下げますよね、上げるの忘れてしまうのです。

f:id:annion:20090817161631j:image



  • ペトロの予備品として持っていたほうがいいもの
    • ホヤ
    • ブラス製ノズル
    • ニードルニップルキット
    • ポンプバルブ
    • ガスチャンバー
    • ワッシャーキット

2009-08-17 お盆の富士見パノラマ その2 Intenseのトホホなデビュー

インテンス Intense Tracer Vp 富士見パノラマデビュー

富士見パノラマ 滞在その2 INTENSE Tracer Vpがいよいよ富士見デビューであるが・・。

f:id:annion:20090816214119j:image

これまで何度か富士見にTracer Vpを持って行こうと思っていましたが、ロード用のタイヤがなかなか外れなくて持って行くことが出来ませんでした。トホホです。

タイヤはIRC メトロのワイヤービートのものですが、ホイールのビートがはまる溝が深くて一度はまるとなかなか外れないのです。

しょうがないので、近所のショップで外してもらいました。500円+チューブ代金です。プロの方が結構時間かかって苦労してましたので安心です。これがスパッと外していたらあれ?ってなものですから。IRCのメトロはこのホイールには装着出来ても外すのに前後で1000円かかってしまうことがわかりました。

f:id:annion:20090816214121j:image

タイヤはKENDA NEVEGALがAS-Xでのフロントの使用感がイマイチでしたのでBlue Grooveの2.1インチです。

で、走りました。まずは駐車場走りから。舗装路は何度か走っているのでなんのことなくシートポストの高さ調整とディレイラーの調子見で終了。シートポストがある所から下がりません。あれ〜っ?微妙に湾曲してるのかな?ゴンドラ乗り場まで走りましたが、チケット売り場奥の登りも平地のごとくスイスイ走ります。いや〜いい調子と気分も上昇気流に乗ってダウンヒルバイクを2台追い抜きました。

f:id:annion:20090816214120j:image

装備も軽装であります。まず、ヘルメットが違う。フルフェイスではなくてクロカン用の涼しくて軽いやつです。プロテクター?そんなものしません。エルボーとニーシンガードのみの軽装です。夏の富士見はトレーサー VPだよ!ゴンドラの乗り口ですでに汗だくなんてもう止めたであります。この時にすでに年間スケジュールが頭の中で決まってしまいました。ガチガチのダウンヒルは涼しい春と秋、夏の灼熱の太陽はTracerで涼しく行こうよです。

ゴンドラ降りて、階段のスロープ下りてB・Cコースのスタート地点まで軽いラフ道をゆっくりと走ります。軽いジャブですね。お尻と手首に響いたのは。心地よい地面の凹凸を感じます。いやぁ、初めてサスペンションバイクで土の上を走った感覚です。あの頃は凸凹道を走るのが楽しかった。

それからCとBコースに入るシングルトラックを走りました。坂道は軽々登ります。前を走るダウンヒルバイクが邪魔であります。今までのダウンヒルバイクは何だったのだというくらい別次元の登りです。

それと、軽い。登りで普通に漕いだだけでフロントが上がるようなくらい軽いのです。リヤも軽く振れます。これはイケルカモと気持ちのボルテージは益々うなぎのぼりです。そのままBコース行こうかと悩み始めたのもつかの間、最初の平坦&登りの区間のみ。いざ下るとアレ?自転車をコントロール出来ません。最初の幅の広いカーブがいつものように曲がれません。リヤが滑るのです。どうしたんだろうと悩んでいるうちにCコースとBコースの分岐まで来ました。Bへ行こうかとの慢心は捨て、Cを軽く流そうと別の慢心でCコースのシングルトラックに進入しました。ところがであります、いつものスピードに乗れません。ロースピードですでに視点が上下にガックンガックン来ます。ダメだ、スピード出せない。リヤタイヤがぴょんぴょん跳ねるのです。

Cコースの最初のカーブの手前でなんと、大スリップしてしまいました。あやうく転倒ですよ。大事なTracer Vpです。傷なんて絶対に付けられません。ありったけの筋力使って足停止です。

プロペダルレバーはオープンにしてリバウンドは開放で走っていました。リバウンドを2クリック閉めて走るもダメ。リバウンドを3クリック閉めてもダメ。リバウンドをそれ以上閉めて走るのもどうかと思いましたし、この頃頭にちらほらしていたのがサグです。大島さんのブログにはサグがいかに大事か書いてありました。ただ、大島さんのブログは難しくて半分しか理解できません。これまたトホホですが。確か、フロントフォークが変わると当然、リアのセッティングも変わるとか書いてありました。サグはフロント・リヤ共に10mm取っていましたが、もっとサグを取らないとダメなのかなと思いながら走っていました。フロントフォークはまだ余裕があるように感じます。しかし、リヤはフルストロークしていないのに限界が来ているように感じます。まだストロークの半分程度しか使っていません。バランスを取るのが精一杯です。スピードを出すとフロントフォークも追従できなくなってしまい、リヤサスどころではありません。まいった・・です。タイヤが滑るのではなくて、タイヤが地面をトレース出来ないのです。え〜っ!?トレーサーという名前が泣いてんじゃん!

リヤサスとフロントサスのバランスも悪いのかもしれません。確か、ショップの人が平地でサスを上下に動かしてフロントとリアがほぼ平行に上下すればいいと言っていたな。フロントのエア圧が弱いのかもしれない。駐車場でエア圧調整するかとこの時思っていましたが、実はサスペンションポンプを持ってくるの忘れておりました。

f:id:annion:20090816214122j:image

これまで乗りなれたサスペンションは全てコイルサスペンションです。しかも懐の深いFOX 40RC2とDHX 5.0です。多少のギャップは踏み潰して走りました(コイルの長いストロークサスペンションは素人レベルの走り程度では全ての未熟を包み込んでくれるのです)が、Fox FLOAT RP32はそうはいきません。はたと考え込んでしまいました。ショートストロークのバイクで思い出すのはFoesの2:1レシオの4Xですが、カーナッツの100mmストロークでもCコースはもっと早く走れましたし、Bコースも普通に走っていました。あのサスペンションはスピードが出ると結構いい動きしているのです。サスペンションのいい動きとはサスペンションの存在が消えることです。えっ!?これ100mmストロークだったのっていうのがセッティングが出ている証拠なんでしょう。

インテンスのTracer VPはストロークは145mmもあります。しかも素人レベルのスピード域ですよ。サスペンションの限界ではなく単にセッティングが出ていないのです。何をいじくればいいのでしょう?プロペダルは開放ですよね?あとの調整はエア圧とリバウンドのみですよ・・。

今まで乗ったどのバイクより危ないと思います。1つ1つ変化させて確認するしかないのでしょう。今回はサスペンションポンプ忘れてしまったのでエア圧はさわらないでリバウンド調整のみで走りましたが、多分、サグをもっととらないとダメなのでしょうね。

次回はリバウンドを開放から2クリック閉めこんで、サグを5mmずつ変化させながら走るようにしましょうか・・。エアサス恐るべしです。コイルサスのTracer Vpネットで見ました。最後はコイルに行くのか・・。

f:id:annion:20090816214124j:image

次回、サスペンションポンプを忘れずに持って行きます。また今度であります。

f:id:annion:20090816214123j:image

ということで、いいのか悪いのかわかりませんが、めでたくインテンス Tracer Vpの富士見パノラマデビューは終了しました。サスペンションのセッティングという課題は残りましたが。何か大きなものをコース上に落としてきた感じです。

Cコースはすでに初心者レベルを逸した超上級コースであります。

で、Cコースですが、軽い気持ちで走っていました。が、とんでもないです。あのコース、長雨で傷んでいるのはわかりますが初心者が走れるコースではありません。多分、ショップの初心者講習はCコースでは出来ないのではないでしょうか。カーブのさしかかりにちょうどタイヤがはまる程度のブレーキ痕のギャップに跳ねられてしまいます。あるいはカーブのドリフト痕でフロントもリアもタイヤが取られてしまいます。小学生の男の子や女の子が24インチのストローク50mm程度のハードテイルバイクでは走れるレベルではありません。カップルでの走行はもはや夢のまた夢のコースになっているように思います。Cコース下部でパトロールの人がコース整備をしていましたが、追いつかないのでしょうね。まだ、8月中旬です。あと半分MTBシーズンは続きます。今後、どのように荒れていくのか、楽しみと言えば楽しみではありますが・・。カップルライダーや親子ライダー富士見のCコースで増えることを祈ります。

2009-08-16 お盆の富士見パノラマ その1 諏訪湖あたりでブラブラ

富士見パノラマ滞在その1 インテンス Tracer Vpの準備 

お盆休み、快晴の天気の中8月13日〜15日富士見パノラマに行ってきました。

諏訪湖花火の前日あたりのこと

その昔、富士見パノラマではウエハラサイクルというサイクルショップが現在の足湯のある場所に派出所店のような感じで営業しておりました。

f:id:annion:20090816091231j:image

現在は富士見パノラマの店は閉めてしまっています。旬の野菜が安くて美味しい足湯に変わっています。

f:id:annion:20090816091625j:image

で、インテンス Tracer Vpのチェーンステイのチェーン傷防止用にロード用のバーテープ探しに諏訪市をウロウロしておりましたら、偶然に見つけてしまいました。

f:id:annion:20090816091723j:image

ウエハラサイクルの店主さんは体を壊してしまい富士見パノラマの店はたたんだとのこと。現在はbghになっています。でも、どんな修理でも対応するので気軽によってくれとのことでした。

国道20号線を諏訪方面へ諏訪二丁目の交差点を左折、末広交差点沿いにお店はあります。

JR上諏訪駅あたりは高島城があるのですが、ちょっと変わった店があります。紙細工ばかり売っている店や

f:id:annion:20090816093125j:image

金物屋

f:id:annion:20090816093120j:image

鋳鉄製の大きなやかん

f:id:annion:20090816093119j:image

ショーウインドウ越しには日焼けで色褪せしたおもちゃのディスプレーが・・G・Iジョーではないですか!お宝ですよ・・。ここのお店、やっているのかな?ちょっと中に入ってみたい気がします。

ここらあたりは少し根を詰めて歩けば、掘り出し物がみつかりそうな雰囲気のある街道沿いの町であります。

f:id:annion:20090816093126j:image

街道から一歩奥に入った町並みはどうかというと、温泉が各家庭に引かれているのですね。

f:id:annion:20090816093123j:image

f:id:annion:20090816093122j:image

また、ここらあたりは酒倉が沢山あります。

f:id:annion:20090816092955j:image

無添加の手造り味噌屋の伊藤味噌醸造店

ここで、1年ものの味噌と3年ものの味噌を買いました。1kgで450円。スーパーで買うより安く美味しいです。あの、本当に美味しいです。

f:id:annion:20090816093124j:image

で、諏訪湖です。まあ、生活排水が流れ込んでいたわけですから汚いですね。諏訪湖花火大会、ここら当たりの花火大会用の臨時駐車場は3000円ですよ。

f:id:annion:20090816093121j:image

諏訪湖といえばすわっこランドがあります。入浴料600円ですから、ゆーとろんに飽きたらちょっと足を伸ばしてすわっこランドにどうぞ。

インテンス Intense Tracer Vpのチェーンステイ傷防止にはロード用のバーテープ

ウエハラサイクルで買ったバーテープ。1400円弱だったか。なるべく薄いほうがタイヤに干渉しないので便利です。バーテープは二巻き入っているので結果的に安いですね。

f:id:annion:20090816095951j:image

f:id:annion:20090816095942j:image

で、乗る準備OKであります。

f:id:annion:20090816115645j:image

2009-08-12 オアシスという韓国映画

韓国映画 オアシス

韓ドラブームと言われるなか、韓国映画は面白いです。

日本の昭和の時代を彷彿させる映像に惹かれる部分もあるのですが、男優が素晴らしい。ペ・ヨンジュンとか、チャン・ドンゴンとか、芸能人っぽいのもいますが、それはさておいて、中年のおじさん役者が味わい深いのです。

オアシス oasis

例えばオアシスと言う韓国映画ソル・ギョング、この役者は実に素晴らしい役者です。

この男優を追っかけて韓国映画をたどっても損は有りません。

ソル・ギョングを追いかけているうちにオアシスという映画にたどり着いのですから。

この映画のもう1人の主役で脳性麻痺の女性を演じるムン・ソリという女優。

最初は本当に演技なの?って目を疑ったくらいです。

f:id:annion:20090812113448j:image

劇中ソル・ギョングの心の目に映る健常者として登場するムン・ソリ脳性麻痺を演じる同一の女性とはとても思えないくらい美しく見えます。

ムン・ソリが見るソル・ギョングの姿、ソル・ギョングが見るムン・ソリの姿、一体人は人の何を見ているのか、それはパッケージの写真を見てはっとするのです。

オアシスという映画は、一言で言ってしまえば頭の回転が鈍い不器用で知能の低い男性と脳性麻痺の女性との恋愛映画です。しかし、実は純で心優しい男性と清らかな女性の純愛映画なのです。

見ている私の価値観などソル・ギョングムン・ソリの周りにいる人たちとなんら変わりがないとハタと気がついてしまいます。

映像の空気感、少し色合いを抑えた乾いた空気感が世間の冷たい疎外感を表現しているようにも感じてしまいます。

他人の痛みを理解する優しい心、そういう失ったものを認識させてくれるのが映画であったりします。

この二人の住んでいる世界は私たちの住んでいる世界と比べて天国であると、オアシスとはそういう意味かと思いました。

監督・脚本のイ・チャンドンと女優のムン・ソリとともにベネチア国際映像祭で賞をとっています。

f:id:annion:20090812113438j:image

韓国ならではの映画ともいえますが、いい映画でした。

2009-08-10 お風呂でシャンプー

愛犬チワワ、シャンプーで大暴れ ノルバサン シャンプー0.5

チワワのシャンプーは週一回

台風9号で大雨、びしょ濡れになりました。うちのチワワは週に一度のシャンプーでびしょ濡れです。まだまだ水に慣れていません←情けないョ〜

泡だらけでじっと5分の我慢、その後シャワー攻撃、そのまた後にタオル攻撃、最後にドライヤー攻撃を受けます。

f:id:annion:20090810193131j:image

今年の6月頃、耳の後ろにおできがポツリと一つ出来ました。ちょうどドッグフードを幼犬用から成犬用に替えた時期であったことから、ドッグフードが原因ではないかと思いドッグフードを替えたりしましたが、おできの数は増えるばかりです。医者の診断では原因はドッグフードではなく暑くなる時期に多いという膿皮症という皮膚炎にかかっているのではないかとのこと。

それから抗生物質と薬用シャンプーで地道に治療を行い1ヶ月半かかって完治いたしました。しかし、9月一杯は週に1回のシャンプーは欠かせません。

ダニやノミ除けのフロントラインフィラリア予防藥は定期的に投与しておりましたが、流行りの病気への知識が足りなかったようです。病気に関して知識は予防になるのですね。

飼い主としてお恥ずかしい限りです。

膿皮症は毎日のブラッシングと暑くなる季節の前から週1回程度の薬用シャンプーを続けることで防げるとのこと。

薬用シャンプー:ノルバサン シャンプー0.5

f:id:annion:20090810193127j:image

もちろん、サマーカットも効果的な手段です。

今後、うちのチワワ、苦手なシャンプーを毎週1回課せられるわけです。


ところで、この8月すっきりとした青空はいつ来るのだ?富士見パノラマには行けるのだろうか?

2009-08-09 INTENSE TRACER VP用の富士見向けシートポスト USE SUMO

USE SUMO シートポスト

USE SUMO シートポスト

f:id:annion:20090809205815j:image

インテンス INTENSE TRACER VPの富士見パノラマデビューに向けてシートポストを新調。

PMPチタンシートポストはもったいない!?

富士見パノラマではシートポスト上げたり下げたりするので、PMPチタンシートポストよりアルミのシートポストにしようと思っておりました。

インテンス Intense Tracer Vp用ですからアルミシートポストとはいえそれなりにこだわるのです。

チタンポストは傷がつくので街乗りのように高さを固定するときにのみ使用するのです。チタンに傷つけるなんてもったいないですからね。

USEはALIENシリーズでロードファンが多いいと聞きます。ALIENはアルミ、カーボンチタンポストがあります。1度クロカンMTBにアルミバージョンのALIENを買ったことがありますが、調整が難しく、また調整用のネジが細いためネジ穴が弱くて駄目になってしまった経験があります。

ただ、出来は大変よくて、パーツマニアの心を十分に掴む精巧さを持っているシートポストです。

待望ではりませんが、USEからちょっとハードなライディングに耐えるシートポストのSUMOが発売されました。

7075 T6アルミ製。φ31.6mmポスト長300mmで226gの重量です。PMPより8g重くなります。8gですよ。しかしPMPのシートポスト長は250mmですから実質は変わりません。

価格は1万円もの差がありますが。

f:id:annion:20090809205817j:image

SUMOは日本の国技、相撲のことです。タフさを表すためにSUMOとネーミングされています。

f:id:annion:20090809205819j:image

文字は全てレーザーエッチング。さすがHOPEと同じイギリス製です。漢字で相撲とエッチングされていればなをよろしかったのではと思います。

f:id:annion:20090809205816j:image

シートポストです。乗り味なんて変わりません。変わると言えば、きっちりシートポストをクランプ出来ることぐらいでしょうか。ただ自己満足の世界ですよね。

f:id:annion:20090809205818j:image

2009-08-08 10インチのダッチオーブンで名シェフになれる・・はずだ。

snowpeak スノーピーク 和鉄ダッチオーブン24

お盆富士見パノラマ滞在に向けてのダッチオーブンの準備

料理の上手い下手を器具のせいにしたくないということで、ダッチオーブンスノーピークの和鉄ダッチオーブン24です。

前回の雨の富士見パノラマで武井バーナーはダッチオーブンに使えるかもしれないと見通しがつきましたので買いました。ほとんどのダッチオーブンって足がついているのです。置くには便利であっても調理にはちょっと邪魔であります。第一、家で使えないですからね。足のあるダッチオーブンは全て視界から消えます。多分、全てのダッチオーブンに足がついていれば買わなかったと思います。物を買うということは、買う理由と買わない理由、どちらに正当性をより多く付け加えることが出来るのか、そういうレベルなんですね。

f:id:annion:20090808075225j:image

f:id:annion:20090808075237j:image

スノーピークダッチオーブンはただの鍋だけでなく組み合わせて色々な用途に使用できるのが他社のダッチオーブンと違うところです。足がないのはユニフレームかスノーピークしかなく、ユニフレームにしようかなと思っておりましたが、やはり和鉄の響きにコロリと逝きましてスノーピークであります。フライパンとしても使えるってところがダメ押しです。

半日かけてシーズニングを済まし(この時期暑いから大変です)野菜の煮込みを作りました。

いや、美味しい。なぜか作り方がワイルドになるのはどうして?ってなものです。

f:id:annion:20090808075230j:image

蓋、フライパン、鍋の組み合わせで三通りの使い方が出来るのです。スキレットとかリッドとかいう名称があるみたいですが。

f:id:annion:20090808075226j:image

スノーピークって全ての部品に社名いれています。

f:id:annion:20090808075231j:image

一番背丈の高い状態

f:id:annion:20090808075228j:image

普通の鍋の状態

f:id:annion:20090808075227j:image

フライパンの状態

f:id:annion:20090808075229j:image

取り扱い説明書通りに油塗って焼いてを繰り返しました。最後にたまねぎ炒めて鉄臭さを抜いて捨てようと思ったのですが、鉄臭さとはどんなものかと思い食べたわけです。なんと、これが甘くて美味いかったのです。

f:id:annion:20090808075232j:image

食材です。トマト、ズッキーニ、なす、パプリカピーマン、たまねぎ、トマト缶、コンソメオリーブオイルバジル塩コショー

f:id:annion:20090808075233j:image

物騒なアウトドアナイフで適当な大きさに切ります。包丁でいいではないかと思われますか?やはり。10年前に買ったアウトドアナイフです。ずっと眠り続けておりました。ワイルドっぽいダッチオーブンには包丁ではなくてアウトドアナイフだとダッチオーブンが届く前にふと考えてしまって、あちこち探し出して、シャープナーで研ぎやっと切る相手を見つけたってことです。でも、使いづらいですね。

ダッチオーブンオリーブオイルたまねぎ炒めます。油が回ったら残りの食材入れて炒めトマト缶入れて中火で20分程度煮込みます。味付けはコンソメ塩コショー入れます。炒めて煮るそれだけです。まあ、それが難しいのですが。

f:id:annion:20090808075234j:image

途中、コンソメ入れるの忘れてお湯で溶いて入れました。そんな大雑把であっても、甘酸っぱくて美味しいラタトゥーユラタトゥイユ)です。ごはんのおかずというよりスパゲティーに合いそうです。冷やすと美味しいですよ。

f:id:annion:20090808075235j:image

で、シーズニング終了、煮込み料理終了しました。ちょっと手提げが低くい気がしますが、次回は富士見パノラマで、ちょっと豪華なおかずを作りましょう。

f:id:annion:20090808075236j:image

2009-08-07 TV 自転車に懸ける男たち

自転車に懸ける男たち

8月4日火曜日ですが日テレで「自転車に懸ける男達」というTV番組を放送していました。

放送時間帯が午後4時からということもあって録画を見たわけですが、競輪虎の穴と呼ばれている闘心会の選手達と俳優の鶴見辰吾さんがグランフォンドレースに挑戦したというドキュメント番組です。メインは全日本選抜競輪決勝戦の模様のようです。

グランフォンドレースの為に用意したピナレロロードバイクも凄いと思いましたが、このレースを完走したってことがどでかいことであると思います。マシントラブルで20分のロス、レースにタラレバはありませんが、目標とした5時間台でのフィニッシュもいけそうであったのではないかと思わせてくれました。

紹介されたバイク PINARELLO DOGMA 60.1 ホイールがDURA-ACEです。このホイールにしとけばパンク修理も簡単であったのではと思います。

f:id:annion:20090807154917j:image

実際乗車したバイクです。

f:id:annion:20090807154907j:image

まあ、完走しないと番組にならないのですが、ゴールした後、自転車に乗ってカメラから走り去る姿が次の目標に向かっているみたいでカッコイいではないか。

番組中のイタリアの風景、自転車のステイタスは日本とは随分違うのですね。日本は人種的にイタリアのように自転車は受け入れられない国なんでしょう。


初代自転車名人が忌野清志郎さんで鶴見辰吾さんは二代目であるとか。

体つきも完全にツール選手のようにシェイプされて、いかに乗り込んでいるのかわかります。

鶴見辰吾さんがロード初めたというは雑誌で知っていましたが、ロードが好きな俳優さんが雑誌のモデルとして出ているのだろうと思っていました。自転車復興のためには、それはそれでいいことだと記事を読んでいましたがここまで本格的であったとは知りませんでした。

レース中の苦しい表情が嘘のようにレース後はさらりとしていまして、現役レーサーにとって終わったレースはあっさりと過去のものだと潔くポイしてるクールさが爽やかでした。

自転車は人生の一部になりうるのですね。

2009-08-06 チワワの休日

チワワがくつろぐ

愛犬チワワのコッピ

2008年7月18日に家にやって来ました。

f:id:annion:20090803221611j:image

一応チワワでありますが、中に誰かオヤジが入っているようです。

2009-08-05 富士見パノラマはやまない雨でありました。

雨のち曇りの富士見パノラマの最終日

どうせやまない雨、撤収です。

楽しみだった8月1日2日の富士見パノラマは一度も走ることなく終了

ずっと夜中は雨でした。ポチポチ雨の音聞きながら携帯いじくったり、PSPで音楽流したり、ゲーム画面見てるうちに寝てました。

朝のヤフー天気予報では昼ごろから強雨の予報。もうダメだ。高速が混む前に帰ろう。日曜日の富士見パノラマ、いつもは賑やかですがさすがに閑散としていました。

f:id:annion:20090802191331j:image

アウトドアで音楽を聴く

テントやタープの中でですが、アウトドアで音楽聴くなんてと思いますでしょうか?木の葉のそよぐ音や鳥のさえずり、夏の蝉の音、秋のコオロギや鈴虫の鳴き声、十分であります。でも、まあ音楽もいいもんです。今回は大活躍でした。

ただ、ご近所さんにご迷惑かけない音量で、出来ればいい音で聴きたいです。

クリエイティブメディア トラベルサウンド Creative TravelSound

クリエイティブメディアと言えば、パソコンの音源ボードであるサウンドブラスターで有名です。このメーカー結構いい音造りします。安価なスピーカーとアンプでも1クラス上の音を再現します。

人の耳にいい音だと感じる音を知っているのです。今、コンパクトスピーカーはほとんどiPodをターゲットにしています。iPodを持っていない、今後持つ予定のない者としては残念な限りですが、ずっとこのクリエイティブのコンパクトスピーカー使っていました。iという頭文字が付くのでiPod用なんでしょうが、単三電池4本駆動でAC電源にも対応します。AC電源用アダプターは別売りにすることで本体価格を安くしています。こういうコンパクトスピーカーをAC電源で駆動する人はまずいないであろうというメーカーの配慮です。おおいに歓迎できますよね。音は低音もよく出す澄んだ音色で満足しておりました。他社のコンパクトより断然いい音ならしています。ただ、ルックスがコンパクトっぽくないですね。あまり売れなかったのではと思います。

f:id:annion:20090802135044j:image

f:id:annion:20090802135046j:image

JBL オンツアー JBL on tour

f:id:annion:20090802135042j:image

さらにいい音ということでJBLです。両者聴き比べてみると、TVでいうところの解像度の違いです。音色は音楽としての心地よさはクリエイティブ、音の粒が際立っているのがJBLだと感じます。よく音の良し悪し判定で家電売り場で大音量にする場合がありますが、大音量にすると音の迫力から良い音だと錯覚してしまいますから、小さい音量での聴き比べをしましょう。

単4電池4本で駆動。こちらはACアダプター付属です。そこらへんのオーディオプレイヤーの最大音量を持ってしてもなを余裕あるスピーカーです。クリエイティブは音を広げて再生するWIDEボタン付いてますが、JBLは飾りボタンなど一切無し。この大きさで、この音量を考えればさすがJBL、ブランド負けしていません。残念なことに生産終了となっております。

f:id:annion:20090802135041j:image

PSPを鳴らしています。ワンセグもゲームもDVDもアウトドアでのマルチメディア系はこのPSPです。それにしてもPSPのスピーカージャック、どうして下からなのでしょう?

f:id:annion:20090802135040j:image

などと茶を濁していますが、雨のおかげでのんびりと涼しい2日間を過ごしました。

また今度、であります。

f:id:annion:20090802143539j:image

2009-08-04 雨の夜、夕食はレトルトカレーでした

雨のち曇りの富士見パノラマの夜

ランタンは今年二度目のペトロマックス CP500

ペトロマックスの動作しない圧力計交換後、初の野外使用。しかし、ペトロマックスのプレヒートは豪快です。火炎放射器ですね。圧力計の目盛どんどん下がります。これ絶対マントル破りますよ。

f:id:annion:20090802143501j:image

点灯後はまばゆいばかりの明かるさです。欲を言えばテーブルランタン欲しいですが、この程度の狭いキャンプエリアはペトロマックス1つで十分であります。

f:id:annion:20090802143500j:image

夕食を何にするか迷ったあげく、雨も心配であったので我が家の定番、レトルトカレーです。

f:id:annion:20090802143254j:image

武井バーナーで鮭のホイル蒸し

武井バーナーのプレヒート。まだ予熱不十分の時は灯油が霧状に出てきます。プレヒートを続けることで、下のほうからも炎が出てきます。ここまでプレヒートすれば大丈夫です。バルブをさっと開くと同時にプレヒートバルブを閉じます。

なんとなく火使いにも慣れてきて様になったかもと思いたい程、手際良いです。

f:id:annion:20090802143459j:image

するとこのように炎が見えてきます。昼間は見えないんですね。この火口が太陽のようにカーっと赤くなるのです。これがバルブ全開の様子。バルブを閉めていくと炎が強くなるのです…

f:id:annion:20090802143545j:image

ご飯を炊きながらダッチオーブンをプレヒートします。レトルトカレーのおかずはこれもダッチオーブン初めての料理ではよくある鮭のホイル蒸しです。

f:id:annion:20090802143458j:image

鮭のホイル蒸しなどダッチオーブンレシピ集にはあまり出てきません。それくらい簡単なのです。ホイルに生鮭、お酒、塩コショウ、きのこ、レモンを添えてホイルで包む、これでOKです。

ただ、6インチなので1人分しか出来ません。やはり6インチのダッチオーブンなど使えないのです。

f:id:annion:20090802143454j:image

で、ご飯が炊き上がりました。炊飯器はユニフレームのfanライスクッカーDXというもの。アルミにテフロン加工しているものです。最初は強火、蓋がカタカタなったら湯気が無くなるまで弱火で炊きます。で、湯気が無くなると火を止めて5分程蒸らします。

実際は蓋がカタカタなる前に(見極めが難しいのですが、ご飯を炊く時は目を離してはいけません。)弱火にするとおこげが出来ません。水はお米から1cm弱ほどの高さで入れます。おこげもなく米が立った美味しいご飯が炊き上がります。

こればかりはガスコンロのお世話になっています。

f:id:annion:20090802143450j:image

レトルトカレー野菜カレー、最近のレトルトカレーは本当に美味しいですよ。だいたいキャンプではカレー作りから始まりますが、カレー残るでしょ。翌朝もカレーなんて嫌ですよね。カレーを作る手間を省いた時間とカレーで塞がるコンロを有効利用したくなるほどレトルトカレーは美味しいです。

f:id:annion:20090802143443j:image

で、少し遅れて鮭のホイル蒸し。これは本当に美味しかったです。何気ない料理ですけどね。武井バーナーで鮭のホイル蒸しも出来ました。

次回はもうちょっとダッチオーブンレシピに挑戦します。

f:id:annion:20090802143544j:image

夜が更けてもペトロマックスは相変わらず轟々と明るいです。ちょっと燃焼音が脈動するのが気になるのですが・・。実は破れてたんですね、マントルが。

f:id:annion:20090802143541j:image

心配した夜の大雨もなく、しとしと程度の霧雨で済みました。

f:id:annion:20090802143543j:image

食事に費やした時間は3時間、作る時間が大半を占めてしまった理由は、やはりダッチオーブンが小さく1人分しか作れなかったことです。とうもろこし焼こうかと思いましたが、時間は夜の9時を回っていますし…次回は食後にパンケーキと紅茶の予定であります…

f:id:annion:20090802143542j:image

食事を終了しましたら、可能な限り後片付けは済ませておきます。朝、昨夜の食後の乱雑なテーブル見ると病んだ気分になりますからね。

コーヒー飲んで、外の空気吸ったらテントに撤収であります。一時、星も見えていましたが、また曇っています。

これからテントで寝転がって雑誌読んだりPSPでゲームです。これもまた楽しいのです。

2009-08-03 豪雨でもアルバーゴ45は耐えられます。

雨のち曇りの富士見パノラマの昼

武井バーナーBR-301

この世に灯油ストーブがあるとは今年の5月まで知りませんでした。ランタンしかり、せいぜいアルコールランプ程度の知識です。ランタンやストーブなどの灯油製品は燃料費が安く、操作性の楽しさと味のあるデザインにくわえ真鍮製という魅力的な素材を用いています。当方はMTB遊びで年間30泊近く野外泊しています。ホワイトガソリンの燃料費はバカにならないため、何の躊躇もなく灯油製品に走りました。

まだ灯油製品に慣れていませんので、これから色々試行錯誤しながら、ホワイトガソリン以上に活用して行こうと思っております。

で、家のガスコンロでは美味しく作れましたが、本日は不安要素一杯な武井バーナーで焼きリンゴであります。

まず、スノーピークのコロダッチポットを熱々にします。

f:id:annion:20090802134748j:image

その間にりんごの芯をくり貫いてバターとグラニュー糖入れてアルミホイルで二重に包んでコロダッチポットに入れます。

f:id:annion:20090802134747j:image

ユニフレームのダッチオーブンの蓋を鉄板代わりにして火加減を行い待つこと30分。

f:id:annion:20090802134746j:image

焼きりんごの甘酸っぱい匂いがしてきたところで火を止めます。

f:id:annion:20090802134745j:image

予熱で焼き上げ、シナモンパウダーふりかけて出来上がりです。焦げ目がなければ成功です。

f:id:annion:20090802134744j:image

武井バーナーですが、バルブを全開にすると火力が弱くなり、バルブを閉め加減にすると火力が強くなるのです。たまに灯油臭いと思ったら、バルブを閉加減にすれば灯油臭さが消えてしまいます。発見でした。

ストーブのメインを武井バーナーに決めてからベーコンエッグと焼きりんごを作りました。火加減の方法に課題は残るものの、いけるね!であります。

よし、ダウンヒルでもやるかと思っていたら、降り出しました・・雨。この雨、凄いことになってしまいました。

雨が降ったり

f:id:annion:20090802140210j:image

止んだり

f:id:annion:20090802140205j:image

今日はダメだ、明日の天気回復に期待しようと、自転車はあきらめてテントで昼寝していると雷とともに豪雨になりました。

f:id:annion:20090802140302j:image

凄い雨です。

f:id:annion:20090802140914j:image

滝のように雨が降り、地面は洪水状態になりました。富士見パノラマゴンドラも一時運転停止です。いや、ダウンヒル行かなくて良かった・・。

f:id:annion:20090802140909j:image

外に一歩も出ることが出来ません。でも、止まない雨はないであります。こんな大雨ですが、アルバーゴ45はいたって平然としておりました。雨漏りの心配なんてありません。

f:id:annion:20090802143257j:image

雨が止んだ後の雲はダイナミックであります。雨雲と青空の境目は雲の流れが激しく見ていて飽きません。

f:id:annion:20090802143258j:image

f:id:annion:20090802143306j:image

王者 ペトロマックス登場!?

近くの温泉でゆっくり汗を流した後、夜キャンプの準備です。

f:id:annion:20090802143302j:image

夜の食事はなるべく夕方には仕込みは済ませておくほうが楽しい夜になります。おかず何にしようかと夕食前まで考えなかったのが今回の反省であります。

夜はシトシト雨が降ったり止んだりしておりました。

2009-08-02 武井バーナーは富士見パノラマでのキャンプの主役です。

雨のち曇りの富士見パノラマの朝

いい天気になるだろうと淡い期待を抱いて富士見パノラマダウンヒルしに行って来ました。

8月1日富士見パノラマの天候はめまぐるしく変わっていきました。

f:id:annion:20090802133846j:image

ヤフー天気予報では土曜日はぐずついた天気であるが日曜日は晴れるとの予報が前日に日曜日は曇り時々雨に変わっていました。

準備万端でしたので天気回復するだろうと軽い気持ちで行ってしまいました。

ダウンヒルはむしろ雨が降ってる最中のほうが、雨が止んだ後のマッド状態より走りやすく汚れないのです。

まあ、こういうのは行く口実なんですが。

で、やはり雨。それも結構強い雨です。

アルバーゴ45の雨漏り検査してないから丁度いいやと腹をくくって、テントでまったりする事にしました。

八ヶ岳も見えないし・・。

後、タイヤです。今までKENDA Blue Grooveというドライタイヤ使っていましたが、今シーズンは同じくKENDA NEVEGALというセミウエットタイヤを前輪に入れて試してたんですが、ちょっとした木の根っ子や岩、乾きかけた轍でよく滑ってたんです。

ちょっとテストしてみるかと思ったわけです。結果、これも行く口実で終わってしまいましたが。

やることないので、コーヒーいつもより時間かけて作ったり、ベーコンエッグ焼いたり、ボケっと雨眺めたりしていました。

朝は雨 パーコレーターでコーヒー入れてトラメジーノでベーコンエッグ

MTBダウンヒルしに富士見パノラマに行っていますが、最近はスタイルが変わってきました。

1日に6本も走った絶頂期から、現在ではせいぜい4本程度。しかもBコースのみ。気が向けばAコースを邪魔にならない程度に走ります。最近、Bコースの最初のシングルトラックが閉鎖されたためにBコースを走る回数も減ってきました。ここんとこ1日3本がいいところです。そのあいた時間に今まで気にもしなかった、キャンプに興味が向いてきたわけです。自然の中でのんびりまったりし、気が向けばMTBに乗ると言う贅沢な時間の過ごし方が楽しくなりました。

ボーレックスのコーヒーミルチヌーク パーコレーター

朝、この前買ったコーヒーミルコーヒー煎って、パーコレーターでコーヒー作って飲みました。

武井バーナーに燃料入れます。燃料は必ずフィルター通しています。余った燃料はタンクに戻すのですが、結構細かいゴミが混じっているのです。

f:id:annion:20090802133840j:image

これが武井バーナーの中から出てきたゴミです。

f:id:annion:20090802174541j:image

コーヒーミルで豆を挽きます。何時もなら自転車組み立てて、ボルト類の緩みチェックして、コンタクトはめて、年間パスポート交換してと色々忙しいのですが、のんびり朝飯の準備です。まあ、何をやるにもコーヒーからです。今日はアウトドアでのパーコレーター初めてですし。

f:id:annion:20090802143831j:image

これくらいの荒さで挽いています。このボーレックスコーヒーミルは安いだけあってか挽いた状態の粒の大きさがまちまちです。コーヒーミルとはそういうものかもしれませんが、恐らく挽いたものが下に落ちる前にさらに挽いているのだと思います。細かく挽くぶんにはあまり感じないのですが、パーコレーター用に荒くコーヒー豆を挽く場合、コーヒー豆を少なめに入れて挽けば粒の大きさは均一になるように感じました。

f:id:annion:20090802133835j:image

家で何度か挑戦しましたので、噴水の色でだいたいのコーヒーの濃さがわかるようになりました。パーコレーターは薄めのアメリカンコーヒーが一番美味しいです。

雨は降っていてもやはり野外で飲むコーヒーは美味しく感じます。アウトドアの楽しさは自分で何かをして、自分で何かをした結果に満足することだとコーヒーを飲みながら感じた次第です。

f:id:annion:20090802133829j:image


スノーピークのホットサンドクッカー トラメジーノ

今回は色々なものの試運転です。前日買ったスノーピークのトラメジーノでベーコンエッグを作ります。

こういうの買ったら、一番最初にベーコンエッグ作りますよね。2人分しか作れませんが簡単ですよ。トラメジーノ付属のスノーピークのレシピ料理は作れませんが、普段家で食べる食事のミニチュア版が野外で食べられれば十分であります。しかも、家の中で食べるよりはるかにおいしいですから。

f:id:annion:20090802134437j:image

蓋をしてしばらくほっとくと

f:id:annion:20090802134436j:image

きっちり2人分出来てしまいます。美味しいですよ〜。

f:id:annion:20090802134435j:image

この大きさで挟んで焼けるものはなんでもOKです。

高いけど買ってよかったね〜と喜んでいましたら、天気も晴れてきました。

f:id:annion:20090802134434j:image

f:id:annion:20090802134431j:image

で、気温もぐんぐん上がりまして地面も早々に乾き、ひょっとしたら午後には走れるかもと・・。