Hatena::ブログ(Diary)

休日モード

2011-12-31 釜山へ行く・・歩いてわかるいろんなこと(その4)

釜山旅行・・・金剛公園にある日帝蛮行犠牲者慰霊碑のはてな

釜山旅行・・金剛公園から

今回の釜山旅行で唯一観光地らしい訪問先です。

金剛公園は広大なハイキングコース、寺院や城壁などの歴史的遺跡もあってここでまる一日過ごすことが出来るような場所です。

f:id:annion:20111229053110j:image

園内は禁煙です。

f:id:annion:20111229053325j:image

韓国の民家を模したミニチュア

f:id:annion:20111229053405j:image

ガラスケースの中には保存期限が切れているようなフィルムとカメラがわんさかあります。

多分、今の時代はフィルムなど誰も利用しないと思います。

f:id:annion:20111229053404j:image

園内には遊園地があります。

f:id:annion:20111229054353j:image

日帝蛮行犠牲者慰霊碑

ロープウェイに行くには必ず目にする日帝蛮行犠牲者と書かれた慰霊碑

しかも漢字ですから日本人向けの慰霊碑です。面白いですね〜こういうのって。

ここは韓国人だけではなくて中国人も来れば欧米人も訪れる場所ですが、これから先は日本人だけは入ってはならぬ・・と言われているようでした。

慰霊碑とはこの場所で多くの人民の犠牲があった場所に置かれるものだと思います。

じゃあ、一体この金剛公園や金井山で何があったのか、日本人による虐殺でもあったのか・・ちょろっと調べてみましたが何にも出てきません。

良心的に考えて金井山城の城壁跡は高句麗百済新羅三国時代の戦での要塞であった。

豊臣秀吉による韓国で言う壬辰倭乱、丁酉再乱での対日防衛の要所として存在していたことを考えると、この場所は外敵からの侵略を守る戦の要とした歴史的背景があって、さらに韓国で言う日帝強占期に日本軍によって破壊された経緯から、これが転じてこの地が抗日運動の象徴としてとらえられているのかもしれません。

この場で多くの人民が国を守るために犠牲になった、だから慰霊碑なんだ・・仮にそうだとしても日帝蛮行犠牲者慰霊碑というのはおかしな表現で忠烈祠と同じく李 舜臣の銅像でも建てたらいいのではと思います。

日帝蛮行という具体的表記をするのであれば歴史的根拠の文言の日本語の立札を建てるべきです。

何の目的で何の意味があってこの慰霊碑があるのか?ここに何が眠っているのか?

僕が韓国語が堪能であれば公園の人に聞いていたところです。

しみじみと考えてしまったのですが、日帝蛮行犠牲者慰霊碑の立つ場所に多くの日本人観光客が訪れ写真を撮りつつマッコリを飲む姿を見る釜山人はどのような感情を抱いているのでしょうか?

近くて遠い国といわれた韓国ですが、では、日韓基本条約によってもたらされた漢江の奇跡と呼ばれる韓国の高度成長の背景を韓国人はどの程度理解しているのか、だからと言って日本で言う文禄・慶長の役日韓併合で受けた韓国の傷は癒えない、日本の蛮行は言うに及ばないであろう、確かにそうです。

韓国人の傷は恐らく侵略された経験のない日本人には永遠にわからないです。

韓国の今の繁栄は日本とアメリカ、これがどのようなかかわり方であったにせよ両国間との関係を無視して語られることはできません。

ただ、いくら活字で読もうが、こういう慰霊碑を当事国で見ると何も言えなくなるのは事実でした。

f:id:annion:20111229054352j:image

表が日本語で裏側にはハングル文字が・・こういうのがおかしなことだと思います。

f:id:annion:20111229054351j:image

で、しばらく歩くとロープウェイ乗り場があります。

f:id:annion:20111230103418j:image

f:id:annion:20111231151314j:image

f:id:annion:20111231151447j:image

f:id:annion:20111230103801j:image

f:id:annion:20111231151628j:image

f:id:annion:20111231151627j:image

f:id:annion:20111230103800j:image

待合室に入れてくれました。クリスマスツリーが飾ってありますし、壁かけTVもありました。

f:id:annion:20111230103759j:image

f:id:annion:20111231154632j:image

ロープウェイは綺麗でした。

車内もゴミ一つなくて、おじさんが磨いていました。

f:id:annion:20111230103758j:image

f:id:annion:20111230103853j:image

f:id:annion:20111230103946j:image

f:id:annion:20111231151817j:image

ロープウェイは裕昌索道とういう会社でした。

f:id:annion:20111230104105j:image

ロープウェイから見た釜山の街並み

ゴミゴミ、ゴチャゴチャしていたものも遠くから見ると理路整然として見えます。

こうして見ると、今後行かなきゃいけない場所が沢山あると思いました。

釜山韓国ではソウルに次ぐ第二の都市で面積は766.12 km²で、口密度:4,457.5 人/km²です。

ちなみに東京の面積は2,187.66km²で、人口密度は6,030人/km²です。人口密度から一概に人の多さを推し量ることはできませんが、韓国は世界の人口密度ランキングでは10位以内にランクイン、日本は18位程度です。

ちなみにソウルの人口密度は世界第3位だそうです。

ただ、釜山は平地はすでに建物だらけで隙間ありません。マンションの密集具合を見るといかに人が住んでいるか分かります。

山の多いの釜山の平地での人口密度は軽く東京を超えてているばかりか、ソウルも超えているのではないかと思います。

釜山の歩道には日本のように街路樹というものを滅多に見かけません。つまり、都市計画なるものがついていっていないような感じですね。

f:id:annion:20111231150239j:image

f:id:annion:20111231150311j:image

f:id:annion:20111231150611j:image

f:id:annion:20111231150344j:image

f:id:annion:20111231150446j:image

f:id:annion:20111231152027j:image

f:id:annion:20111231150546j:image

ロープウェイ終点

f:id:annion:20111231153236j:image

f:id:annion:20111231153235j:image

f:id:annion:20111231152709j:image

f:id:annion:20111231153005j:image

f:id:annion:20111231153007j:image

f:id:annion:20111231153006j:image

行は時間が早かったせいもあってお客は自分たちだけでした。

スキー場のような寒さでしたが次回はハイキングしてマッコリ飲みたいですね。

f:id:annion:20111231153234j:image

f:id:annion:20111231153004j:image

これから温泉場駅までタクシーで戻ってHOME PLUSで買い物したのち東菜駅まで東菜ハルメパジョンを食べに行きました。

チジミの豪華版みたいなものですが、美味かった!

2011-12-30 釜山へ行く・・歩いてわかるいろんなこと(その3)MTBショップ

釜山旅行・・・南浦駅から地下鉄1号線で温泉場駅まで・・偶然見つけたMTBショップ

釜山旅行・・地下鉄など

釜山 南浦駅

この時間で誰も駅に入る人がいませんでした。逆に駅から出る人が多いです。

やはりナンポドンはそういう街なんです。

f:id:annion:20111228194812j:image

釜山地下鉄は日本と同じです。

ただ、券売機探すのに少し苦労するかもしれません。

釜山地下鉄の他国鉄が走っています。2004年には韓国新幹線であるKTXが開通して国鉄釜山駅が近代化されて、タクシーの中から見ただけですが国鉄釜山駅はガラス張りの近代化された駅になっているようでした。

釜山から他の都市へいくには利用するでしょうが釜山で移動するには国鉄は使いません。

f:id:annion:20111228182909j:image

f:id:annion:20111228182908j:image

f:id:annion:20111228182907j:image

切符売り場は日本の券売機と全く違います。コインロッカータッチパネルのようなものです。

ちなみにコインロッカーは日本と全く同じデザインです。

f:id:annion:20111228183115j:image

で、これが券売機です。券売機にはスイカのようなカード式とお金式があります。

カード式券売機

f:id:annion:20111228183341j:image

お金を入れる券売機

f:id:annion:20111228183340j:image

タッチパネルで日本語表記の画面を選べます。

切符を買うときはあらかじめ何号線の地下鉄に乗るのか決めておくとまごまごしません。

ただ、駅員さんって見かけなかったのですがどこにいるのでしょうか?

乗車券はただみたいな値段です。ちなみに一日乗車券があって3,500ウオンですから250円くらいで一日乗り放題です。

安いな〜

f:id:annion:20111228183513j:image

改札はなんか渋滞しそうなメカニカルな改札です。

子供は下くぐれます。

f:id:annion:20111228183644j:image

日本のKIOSKのように7-11のコンビニが改札横にあります。

f:id:annion:20111228183643j:image

ちゃんとトイレもあります。

f:id:annion:20111228190701j:image

地下鉄駅のホーム

f:id:annion:20111228183837j:image

WiFiスポット

f:id:annion:20111228183836j:image

駅の落書きとか

f:id:annion:20111228183835j:image

地下鉄吊り輪です。

f:id:annion:20111228183834j:image

何気なく車内広告みると・・・?

f:id:annion:20111228184255j:image

広末涼子!?

f:id:annion:20111228184254j:image

BVD!?

f:id:annion:20111228184253j:image

そうこうしているうちに温泉場駅に到着

f:id:annion:20111228192946j:image

f:id:annion:20111228192149j:image

f:id:annion:20111228192148j:image

f:id:annion:20111228193042j:image

f:id:annion:20111228192147j:image

正面に見えるのが「HOME PLUS」日本で言うところのサミットオリンピックみたいな総合スーパーマーケットです。

「HOME PLUS」は地下にあるのですが、ビルの中は映画館や家具屋などのちょっとしたデーパートのような感じです。

f:id:annion:20111228192146j:image

f:id:annion:20111228192727j:image

f:id:annion:20111228192726j:image

渋い散髪屋さん

f:id:annion:20111228192141j:image

で、これからタクシーに乗って今回の釜山旅行では唯一の観光地である金剛公園に行くのであった。

ただ、この温泉場駅・・近くにMTBショップがあったのです。しかもちょっとコアなショップです。う〜っつ!

釜山の温泉場駅にあったMTBショップ

Home Plusを正面にして右方向に歩いて3分ほどのところにあります。

釜山 温泉場駅近くのMTBショップ

このショップはロードも販売していましたが、ほぼMTBがメインのようです。

そういえば、釜山の街を歩いていて自転車に乗っている人をあまり見かけませんでした。

釜山は坂道が多いのと、あの交通事情ですから自転車は危険極まりない乗り物かも知れません。

今の季節は寒いですしね。

ナンポドンあたりで自転車の駐輪もあまり見かけませんでした。

ここ、温泉場駅あたりでは自転車の駐輪しているのは数台見かけましたが、日本で言うパパチャリみたいなもので、特にロードバイクが走っていたのを見掛けた記憶がありません。

あまり、自転車に注目していたわけではなくで可愛い女の子ばかり注目していたので自転車のことなど忘れていたからでしょうが、しまったことしました。

釜山自転車事情をしっかりと見てこようと成田空港で考えていましたが、飛行機の客室乗務員も美人でしたし、釜山も結構いましたからね〜

次回は自転車事情をしっかり見てこようと思っています。

f:id:annion:20111229191138j:image

f:id:annion:20111229191137j:image

f:id:annion:20111229191136j:image

f:id:annion:20111229191135j:image

それほどのパーツはありませんが、安かったら買おうかと思っていました。

でも、定価販売でほとんど日本と変わらない値段でした。

JIROの今はないチンガードのついたクロカン用ヘルメットありましたので欲しいなと思ったんですが、日本円で28,000円もしていました。

f:id:annion:20111229191134j:image

二階にはがちがちDHバイクはありませんがFR系のMTBがずらりならんであります。

f:id:annion:20111229191133j:image

二階に吊るしてあるバイクで美味しい臭いがするなと思ったら、Intense SlopeStyle2がありました。

f:id:annion:20111229191132j:image

f:id:annion:20111229191644j:image

釜山は山だらけですがどこらあたりで走っているいのでしょうかね!

末政実緒が2002年の釜山アジア競技大会で優勝していますので、そういうフィールドが近くにあるはずです。

ちなみに二位が増田まみ

男子二位が 塚本 岳

男子三位が 内嶋 亮

でした。

2011-12-29 釜山へ行く・・歩いてわかるいろんなこと(その2)

釜山旅行・・・ソムジンガンのシジミ汁を食し、朝の南浦洞(ナンポドン)を徘徊しつつ光復路通りを歩き、そして地下鉄に乗るまで

今回の釜山旅行で一番楽しかったのは実は早朝の南浦洞(ナンポドン)あたりの散歩でした。

シジミ汁(チェチョプクク)

まず、公衆電話

携帯電話の普及から姿を無くした公衆電話ですが、釜山ではまだまだ街のあちこちに公衆電話があります。

f:id:annion:20111228115927j:image

ソムジンガン(蟾津江)のシジミ

ほんとうは「シジミスープ専門店」という日本語表記されたナンポドンにあるソムジンガンのシジミ汁にくはずでしたが、タクシーの運ちゃんがここに連れてきてくれました。

f:id:annion:20111228120634j:image

おじさんがシジミを洗っています。ソムジンガンというのはシジミが獲れた河の名前です。

シジミの産地を店名にしています。まるで産地が商品名になる日本の米と同じなので、それほどシジミ汁は釜山の名物料理ってことだと思われます。

f:id:annion:20111228120633j:image

こういう機械の中に入れて大量のシジミを洗っています。

f:id:annion:20111228120632j:image

で、定番の前菜です。

韓国で食を注文すると必ずミッパンチャンという前菜が付いてきます。

キムチナムル等々ですがこれをおかずにしてご飯を食べることが出来ます。

韓国では料理を残すことはあまり悪い印象ではないようです。

それより料理を残したというのはお腹いっぱいになったのだなという、料理を差し出す者側からすると前向きな考えがあるようです。

こういう考え方って日本と韓国を知る大きな文化の違いの根底にあるものだと思います。

料理を残す・・・美味しくなかったのかなと思われる、あるいは思われたくないから残さず食べるという日本の習慣

料理を残す・・・あぁ、お腹いっぱいになってくれたのだなという作り手の考えと、もうお腹一杯食べましたありがとうという食する者の意思表示が韓国

これって両極端な人への配慮のしかただと思います。

後ろ向きな配慮から生まれる日本の習慣と前向きな配慮から生まれる韓国の習慣の違いですね。

f:id:annion:20111228120631j:image

シジミ

見ての通りです。栄養というか滋養強壮満点です。

シジミのエキスがフンダンにあふれていてこれこそ寒い日にフーフーしながら食べるには最高の料理でした。

釜山の名物ですよ〜

f:id:annion:20111228120630j:image

早朝の南浦洞(ナンポドン)界隈と光復路通り

楽しかったです。外国の街を堪能しました。今回は民家の周辺を探索しませんでしが、次回は是非密集する民家や路地を歩いてみたいです。

多分自動車関連の日本的には町の自転車屋さん的な整備工場です。

シャッターが開いていたりしますが、ちゃんとまだ開店していません。

しかし、余計なお世話ですが、このハッキリ言ってガラクタ的な店舗、悪く言うと貧しさの溢れた店舗、営業は大変そうです。

でも、看板は立派だと思いますが、この店とは違う看板のような気がするのです・・。

f:id:annion:20111228140732j:image

f:id:annion:20111228140731j:image

車庫証明がないので路駐ではなくて歩道駐車です。

あちこちで歩道駐車をみることが出来ます。このヒュンダイ軽トラックは良く見かけるのですが、いい感じではないでしょうか?

f:id:annion:20111228141212j:image

f:id:annion:20111228141211j:image

シジミ汁は当初予定していた店とは違っていたので自分のいる場所がイマイチわからない。

とりあえず一番近い駅を通行人に聞いてそっちの方向へ行くことにしましたが、シャッターが閉まっていたため、

南浦洞(ナンポドン)の街中から昨晩寒い思いをして歩いた光復路通りを通って南浦洞の地下鉄駅まで歩きました。

昨晩の煙草やチラシの散らばった汚い街並みが朝には綺麗に掃除されていました。

ちょくちょく見かけたのですが、箒を持った街を掃除する人たちがいたのです。

f:id:annion:20111228153507j:image

f:id:annion:20111228153506j:image

f:id:annion:20111228153505j:image

f:id:annion:20111228153504j:image

f:id:annion:20111228153503j:image

f:id:annion:20111228153502j:image

f:id:annion:20111228153501j:image

f:id:annion:20111228153500j:image

通行人に教えてもらった地下鉄1号線のどこかの駅と思っていた入口。

日本語では国際地下ショッピングセンターって書いてありますがそんな駅ありません。

ここは地下鉄の駅ではなく、国際地下ショッピングセンター街の1番出入り口でした。

位置的には最寄りの地下鉄の駅がチャガルチですぐ隣が国際市場ってことになります。

別名「アートストリート」って呼ばれていて美術品とかの店があるようです。

f:id:annion:20111228153459j:image

f:id:annion:20111228153458j:image

f:id:annion:20111228153653j:image

f:id:annion:20111228153652j:image

f:id:annion:20111228153651j:image

f:id:annion:20111228153650j:image

ここから昨晩歩いた光復路通りです。

ここまで来れば南浦駅の位置もわかってきます。

昨晩のお祭り騒ぎもなく閑散としています。歩道のゴミは綺麗に片づけられていました。

ナンポドンは一見歌舞伎町のような雰囲気もあるのですが、ここは一般庶民が寄り集まって自由な商店街を作り上げているような街です。

今回の釜山旅行はナンポドンを中心にしてあちこち回ったという感じです。

これから地下鉄1号線で南浦駅から温泉場駅まで直行です。

日本では見られない釜山の街並みはよく写真で撮りました。目で見る全てが楽しくて面白かったです。

写真で見るとどれもこれも原色の激しいハングル文字の看板です。この看板のおかげでどこがどの通りなのかさっぱり分からなくなります。

通りごとの特色は出店が出るとなんとなくわかるのですが、街並みだけではまるで迷路の世界です。

恐らくですが、そのうちこの人がいないのにうるさい喧騒が聞こえてきそうな街並みも慣れて当たり前のように感じるのだと思います。

釜山旅行で旅情を感じることが出来たのか・・多分、出来ました。

人との交わりから感じる旅情、物や景色から感じる旅情、というのは感じることは出来なかったかもしれませんが、韓国人の暮らしっぷりを外野から見て感じた旅情というのは感じることが出来ました。

つまり、韓国人にとって、特に日本と歴史的に深い関わりのある釜山に住む韓国人にとっての日本人は必ずしも好きな民族ではないということです。

むしろ、ソウル韓国人のほうが友好的に思いました。

そういうと語弊がありそうですが、確か、初日の焼肉食べた時に隣に座っていた学生さん達・・・僕らが日本語しゃべっていると、グループの一人の男性が女性に日本語しゃべれる?っていうことを聞いていました。

おそらくその女性は日本語の勉強をしていたのでしょう。もっと勉強していれば話かけてきたかもしれません。

焼肉の注文でこちらがまごついていると助けてくれましたので、意識の中に日本人観光客があったのだと思います。

外国に行くとその国の言葉で話すのが最低の礼儀かと思います。

日本でアメリカ人から平気な顔して英語でペラペラ話してくると日本語しゃべれって思いますよね。

ただ、話せても相手の言っていることがよくわからないのです。

f:id:annion:20111228153649j:image

f:id:annion:20111228153648j:image

f:id:annion:20111228153647j:image

f:id:annion:20111228153812j:image

f:id:annion:20111228153811j:image

f:id:annion:20111228153810j:image

f:id:annion:20111228153809j:image

f:id:annion:20111228153808j:image

f:id:annion:20111228153807j:image

f:id:annion:20111228153806j:image

f:id:annion:20111228153805j:image

f:id:annion:20111228153906j:image

f:id:annion:20111228153903j:image

f:id:annion:20111228153902j:image

f:id:annion:20111228153901j:image

f:id:annion:20111228153900j:image

f:id:annion:20111228153859j:image

f:id:annion:20111228153858j:image

f:id:annion:20111228153857j:image

f:id:annion:20111228154017j:image

f:id:annion:20111228154016j:image

f:id:annion:20111228154015j:image

f:id:annion:20111228154014j:image

f:id:annion:20111228154013j:image

f:id:annion:20111228154012j:image

f:id:annion:20111228154011j:image

f:id:annion:20111228154010j:image

f:id:annion:20111228154009j:image

f:id:annion:20111228161713j:image

f:id:annion:20111228154008j:image

f:id:annion:20111228154039j:image

f:id:annion:20111228154038j:image

f:id:annion:20111228154037j:image

というような街でした。

時間は8時くらいです。でも、誰もいません。

ナンポドンは人が住んでいない、人が集まってくる街なんですね。

2011-12-28 釜山へ行く・・歩いてわかるいろんなこと(その1)

釜山旅行・・夜の南浦洞(ナンポドン)光復路通り

釜山旅行…釜山タワーからナンポドン光復路通りを歩く。

ナンポドンの光復路通りは日本でいうところの原宿や青山みたいなところです。

南浦洞では「クリスマスツリー文化祭り」が行われていました。

この「文化」という言葉、中国でも良く使われる言葉ですが、日本ではまず使われません。

この言葉の響きにはどうも「体制」というニュアンスが感じられるのです。

韓国は映画「殺人の追憶」にも描かれていましたが軍事政権の時代があったのです。

f:id:annion:20111228081626j:image

この日はイヴイヴイヴでしたが、カップルも多くなんら日本と変わりません。

ここの街並みが日本と変わらない理由は・・ここには屋台がありません。それと、看板にハングル文字が少なくほとんどが英語表記です。

しかし、この光復路通りから国際市場、食のアリラン通り、露店のB&C通りなどのコアな韓国らしいスポットが隣接しています。

通り一本隔てて景観はガラリと変わるので自分がどこにいるのかわからなくなります。

前を見ると原宿、横を見ると巣鴨みたいな、いやそれ以上の強烈な、に近い軽いカルチャーショック覚えます。

ナンポドンは本当に面白い街です。

f:id:annion:20111228081625j:image

真ん中の道、ここ車が通ります。

釜山を走る車はたまにBMW見ますが日本車は皆無です。ほとんどがHYUNDAIヒュンダイ)です。

ヒュンダイはちょっと前までは日本でも販売していましたが、いつしか撤退しているようですね。

間違ってもトヨタ車なんか乗るかっていうわけでもないでしょうが、外車はあまり見かけませんでした。

車種はセルシオタイプの高級車っぽいセダンが多く、たまに冬ソナのカン・ジュンサンが乗っていたパジェロのような4WD見かけます。

ソウルのように冷え込まない釜山ですから4WDは必要ないのかもしれないですね。

日本のファミリーカーの代表であるミニバンワンボックス車はあまりというか見かけたことがありません。

車のサイドやバックがへこんだ車も見ますが、夜のナンポドンではおおむね新車のような車が走っていました。

日本では違反となる運転席と助手席のスモークは標準で貼られています。

たまにクラクション鳴らされてムカッとするのですが、日本では運転席のスモークはその道の方々が乗ってらっしゃる場合が多いのでちょっとひるみます。

また、インチアップも普通ですから若者の車のドレスアップは日本と同じでした。

あぁ、そういえば韓国って、10年前に行ったソウルもそうでしたが釜山には本屋を見たことがないです。

これもネットの普及率の高さの影響でしょうか?

地下鉄乗ってても本を読んでいる人はあまり多く見かけませんでした。

で、本屋の少ない釜山ということは日本のようなアニメ文化がまだまだ根付いていません。

興味のあるところは、痛車を走らせるとどういう反応されるか見てみたいです。

個人的には韓国ってアニメ文化が根付く国であるのでなないかと思っています。

f:id:annion:20111228081624j:image

f:id:annion:20111228081623j:image

f:id:annion:20111228081701j:image

少女時代」のユナの看板。

光復路通りは化粧品店が多くありました。化粧品メーカーは違っていましたがユナとソヒョンがそれぞれのイメージガール務めていました。

少女時代」は一つのグループなのでライバル会社のイメージキャラクター務めるってどうなんだろうと思うのですが、個人の名前ではOKってことなんでしょうね?

f:id:annion:20111228081700j:image

f:id:annion:20111228081659j:image

f:id:annion:20111228081658j:image

しばらく歩くと絵描きさんが軒を連ねています。

上野西郷さんの階段近くもそうですが、結構お客さんがついていました。

f:id:annion:20111228081731j:image

f:id:annion:20111228081730j:image

ただ、寒いので帽子とかマフラーでお客さんの顔、隠れています。

f:id:annion:20111228081729j:image

で、光復路通りのメインに到着。

ここは、写真スポットでした。

綺麗とかそういうのよく解らないです。クリスマスシーズンの電飾は日本のイルミネーションのほうがはるかに綺麗です。

だからと言ってつまらないとは全然思いません。

それはここに訪れる人がこういうイルミネーションを楽しんでいるからかなと思います。

やはり、楽しい、楽しくないとか綺麗、綺麗でないは観客の「わー」という場の雰囲気なんですね。

ただ、クリスマスって万国共通の飾りつけなんですが、個性が感じられません。と思いつつ気が付かなかったのですがこの電飾の下にはキリストの像が飾ってありました。

クリスマス宗教色を出すというのは日本ではありえないのですが、韓国儒教の国のほか、意外に教会が多いのです。

この季節、日本のあちこちの交差点で「キリスト信じない=地獄に落ちる」みたいなありがた迷惑なアナウンスは釜山にはありません。

f:id:annion:20111228081728j:image

f:id:annion:20111228081928j:image

で、このメイン広場を過ぎてチャガルチ方面にすすむとだんだん韓国らしい屋台の姿がチラホラと・・に従ってゴミが多く道はチラシとたばこの残骸だらけになります。

f:id:annion:20111228081927j:image

f:id:annion:20111228081926j:image

釜山の若者のマナーですが、あまり他人には興味はないようです。

正面の自分の連れの人だけ見るという、人が他人の顔見るということはあまりないような感じがしました。

ただ、若い人のたばこのポイ捨ては良く見ました。しかも靴で火を消さない人も。

道にはポイ捨てされたタバコが多いです。

しかし、不思議なことに食堂で煙草を吸う人はあまり気にならなかったです。

じゃあどこで吸っているのか、外で一人の時ですよね。

韓国は年上の人を敬う儒教精神があります。人前ではあまりタバコ吸わないのかもしれません。

日本では必ず聞かれる喫煙席、禁煙席釜山では一度も経験ありません。

それと、女性が煙草を吸っている姿は一度も見たことがありません。

このあたり、何度も釜山に行けば自然とわかってくるのかもしれませんね。

僕は外国人でカメラを首からさげてウォッチング丸見えでしたからすぐに日本人とばれました。

ただ、写真を撮ってくれと二度ほど頼まれたのでそれなりにこの社会に溶け込んでたのかなと思います。

f:id:annion:20111228081924j:image

f:id:annion:20111228081923j:image

トイレ休憩でサンマルクのような喫茶店に入りました。23時頃でしたが満席です。

トイレは鍵がかからなかったようです。

コーヒーとビスケットのようなものを食べました。

f:id:annion:20111228081922j:image

f:id:annion:20111228081921j:image

で、光復路通りを抜けて帰宅の人が道路でタクシーの奪い合いです。

すでに屋台を片づけている人もいます。

f:id:annion:20111228081920j:image

ホテルに着いたのが24時近く、翌日は朝7時に出発ということでバタンキューでした。

釜山iphone使える

釜山ではWiFi使えます。自動的に海外パケ放題に対応した釜山の通信網を拾いますが、SKTになりました。しかし、これが遅い・・。

アンテナは立ちますが、遅くて途中で諦めてしまい釜山ではほとんどネットに繋げていません。

釜山の人達を見ているとほぼ100%がスマホです。あちこちにスマホショップが立ち並んでいました。屋台でもスマホのカバーが沢山売られています。

スマホ普及率は日本より高いですね。

f:id:annion:20111228081919j:image

翌朝は6時に起きてシャワーを浴びていよいよ釜山名物シジミ汁(チェチョプクク)を食しに行きました。

2011-12-27 釜山へ行く・・定番の焼肉食べ放題

釜山旅行・・・夜の西面(ソミョン)から捕盗庁(ポドチョン)という焼肉屋に行き、たった5分の釜山タワーの夜景を楽しむ

釜山旅行・・捕盗庁(ポドチョン)という焼肉屋

焼肉を食べるは韓国旅行では外せないです。

当日は寒かったですが、陽が暮れるとさらに寒さが増しました。釜山は緯度的には大阪と同じなので氷点下まで下がることはあまりないそうですが、本当に寒かったです。

店内はヒーターを炊いていましたが、入口近くの席でしたので隙間風で結構寒かったです。

焼肉は寒い思いをして食べるものではないと思いました。

f:id:annion:20111225191155j:image

f:id:annion:20111225191154j:image

まず、前菜が運ばれてきます。前菜は全てお替り自由です。

キャベツのサラダが美味かった。

f:id:annion:20111225191153j:image

f:id:annion:20111225191152j:image

韓国コカコーラ

f:id:annion:20111225191151j:image

テジスップルカルビ(甘口のタレつけカルビ)

f:id:annion:20111225191150j:image

火は完全な炭火オンリーです。

f:id:annion:20111225191149j:image

網の上に載せてはさみで切って食べます。

f:id:annion:20111225191148j:image

焼肉は日本の焼肉のようにトロリと口中で溶けるような和牛とかじゃありませんが、タレが美味しくて僕は3人前食べました。

値段も日本の1/3程度で腹いっぱいになります。

そしてサンチュシソの葉のようなエゴマの葉なのど野菜はお替り自由です。もちろんキムチも。

食に関しては本当に慈善国家といってもいいくらい財布にやさしいです。

僕は釜山では財布の中身を心配した時が一度もありませんでした。

韓国旅行の魅力は、いくら食べても飲んでも遊んでもお金が減らないことです。

焼肉屋で後ろ髪を引かれつつ今日の最後の訪問地釜山タワーへタクシーで移動します。

釜山タワー

ただ、釜山タワーは22時で終了です。釜山タワーに着いたのが21時50分前・・急いで長距離階段を駆け上りチケット買って夜景の写真を撮ろうと思いましたが、時間が無くて買ったばかりの一脚は使えません。

で、この有様です。手ブレまくりの窓越なのでガラスの映り込みがあります。

f:id:annion:20111225193226j:image

f:id:annion:20111225193225j:image

f:id:annion:20111225193426j:image

龍頭山公園(ヨンドゥサン公園)

これもそうです・・・手振れは仕方ないのですが、仕方なくないのは気温です・・氷点下まで下がったのではと思える気温(実際氷点下だった)でした。

僕はホテルが暑かったという理由でジャンパー合わせて3枚の軽装でした。いやぁ、スキー場でTシャツ一枚で投げ出されるのと同じで心底寒かったです。

ここは、昼間来て周辺を散歩して夕刻に日の入りの写真を撮りに来るのが正しい選択かと思います。

f:id:annion:20111225193427j:image

f:id:annion:20111225193424j:image

今回はタクシーで釜山タワー麓まで登りましたが時間があればこのようにナンポドンからエスカレーターで釜山タワーまで登れます。

f:id:annion:20111225193423j:image

そうしてすでに夜中にさしかかろうとしているナンポドンストリートを歩いてコーヒー飲んで初日のスケジュールが終了します。

夜遅くであるにもかかわらず、しかも、マジで寒かったですがクリスマス電飾されたナンポドンは人が一杯で熱かった・・です。

確か、ソウル南大門あたりも夜は活気があったような記憶があります。

帰りはタクシーでコモドホテルに帰ります。

今回、ホテルの役目は寝る、トイレ、風呂のためだけです。

ロビーでのんびり・・部屋でTV観てのんびり・・そんな暇ありませんでした。

ただただ、精力的に歩く、食う、買うであります。

ちなみに一般タクシーは初乗り2km1,800ウォン、その後は169m毎に100ウォンずつ加算されます。

日本円で初乗り2kmが約122円程度、後は169mごとに7円くらい上がって行きます。

日本だと2kmの初乗り料金が710円、以降288mごとに90円加算されます。

10km走って韓国の一般タクシーですと450円くらいです。

それが日本ですと3210円になります。

一人で利用しても格安、じゃあ3人で利用すると・・・タクシー使いたくなりますよね!

で、夜のナンポドンストリートへ続く・・

2011-12-26 釜山旅へ行く・・やはり買い物が楽しい

釜山旅行・・・夜の西面(ソミョン)シンナラレコード店を探す・・少女時代のDVDがあった!

釜山旅行はロッテデパート免税店から始まった

コモドホテルからタクシーで地下鉄「中央駅」へ行って地下鉄一号線で「西面駅」で下車しそのまま地下を歩いて観光客は必ず行くロッテデパートの免税店へ直行し「ロンシャンのトートバック」他を購入

日本で買うより4000円程度安いとか。

免税店らしくモンブランやらエルメスやらローレックスやら色んなのが安く売られているようですがどれもこれもドル表示。しかもゼロが一つ多い。

今回はツアーではないのでスーパーコピー品を見ることはできませんでした。

しかし、ツアーでスーパーコピー品を買う行為が果たしていいのかと思いますが・・。

免税店は本物の証しです。

f:id:annion:20111225143727j:image

普通の百貨店ですからなんてことないです。日本や中国の旅行客が沢山います。

ただ、消火器が赤ではなくて銀色でした。韓国消防車は銀色なのかというとそうではなく赤です。

唯一今回の釜山旅行で一番欲しいと思ったのはこの消火器でした。

ただ、売っているかも知れないですが、こういう高圧ボンベは機内持ち込みは厳禁です。

で、消火器に後ろ髪を引かれつつ地上に出ます。

西面(ソミョン)の街

今回、初めて見た釜山(西面)の街並みです。

感想は、街全体が道路工事中に見えました。よくあるオリンピックで道路拡張工事を行っている最中の雰囲気です。

とにかく車道と歩道の区別がつかないばかりか、韓国は左側通行ですが、その区別すらわかりません。

日本の道路事情との一番の違いは信号機が圧倒的に少ないことです。

片側二車線道路が互いに交差する場所は信号必要でしょ?と思ってしまいます。

ロッテデパートの看板

ロッテデパートは高級百貨店です。

ただその周りに出店だとか、所々に見え隠れする「土」だとか軽トラックだとか、なんかゴミっぽいのだとか、そういうのがあります。

別にそういうのが高級店を台無しにすることはないと思いたいですが、要因の一つではあるのは確かかなーと思います。

f:id:annion:20111225144442j:image

路地に出ると屋台が連なっています。

木の電飾ですが、ここはロッテデパートの裏側になりますが、一本だけです。どうして中途半端なのだろうと思いますが、屋台や出店が邪魔なんです。

f:id:annion:20111225144441j:image

釜山の郵便ポスト

ポストですが、赤なんですね~、消火器と同じで銀色かと思っていました。

触りませんでしたが多分金属製のもの。しかし集荷時間の案内板が剥がれそうです。

集荷時間は一日に一回、12:00です。

こんな繁華街なのに少ないなと思いますが、日本以上に韓国ネット社会ですからみんなメールなんでしょう。

韓国では拾得物はポストに入れる習慣があるらしいです。住所が書いてあれば郵便配達人がそのまま送り届けてくれるのでしょうか?

粋と言えば粋な計らいです。

f:id:annion:20111225144440j:image

で、西面方面へ

少女時代」のDVDを買いに釜山唯一のレコードショップである「シンナラレコード」を探しまくりました。

f:id:annion:20111225144439j:image

ソミョンの街は物があふれてる!

道を歩くと嫌でも気が付くのですが、歩道のある道には必ず出店が連なっています。

出店のスペースが考えられて歩道の幅を決めているんじゃないかと思われるくらい型にはまった歩道への止め方ですが、ある意味歩行者はこの出店のおかげで車道の車から守られているのかなとも思います。

人が多く感じられるのもこの出店の影響です。

また、車庫証明のない釜山路駐天国です。片側二車線以上の車道は一車線が車やオートバイ、出店用の車の路駐で潰れてしまいます。

じゃあ、片側一車線の道はどうなのかというと歩道に堂々と車が止められ、オートバイは歩道を普通に走ってきます。

有料駐車場という場所もあるようですが、日本での路駐と言う言葉は韓国では全く違ったものとしてとらえられているとしか思えません。

「なぜ、公共の場所に車を止めてはいけないのか、みんなの道でしょ」という感覚なんでしょうか?

さらに、駐車場では邪魔な車は手で動かせばいいという考えがあって、サイドブレーキはかけずにニューラルで車を止めるそうです。

韓国の車ってニュートラルでエンジンが切れるんですね!って、驚くこともないですが。

坂道駐車はさすがにそうもいかないと思われますが、車に関しては日本人はなんと礼儀正しい国民かと思いますし、恐らく、韓国で車の運転をすることは危なくて不可能に近いのではないかと思います。

f:id:annion:20111225151033j:image

f:id:annion:20111225151032j:image

f:id:annion:20111225151031j:image

f:id:annion:20111225151030j:image

f:id:annion:20111225151029j:image

f:id:annion:20111225151207j:image

f:id:annion:20111225151206j:image

f:id:annion:20111225151205j:image

f:id:annion:20111225151202j:image

シンナラレコードを探す

このハングルの乱雑した看板のなかから「シンナラレコード」を探し出すのは至難の業です。

西面のマップを見てもわからない。

f:id:annion:20111225151307j:image

通行人に聞いて場所が分かりましたが、雑居ビルの中の2Fにありました。

で、やっとみつけた「シンナラレコード

少女時代」のDVDは「ファーストアジアツアー」と「ALL About Girls' Generation 'Paradise in Phuket'」の二種類のみ。

ALL ABOUT GIRLS GENERATIONS」はリージョンコード3なのでリージョンフリーの再生機でしか見れませんが、まあそういうのってこの世の中どうにでもなります。

f:id:annion:20111225151305j:image

で、ゲットしたのがこれ

少女時代 " ALL About Girls' Generation 'Paradise in Phuket' "」

豪華なDVD6枚組ですが、プーケット島での映像、メイキングビデオ、PV、映像クリップ、ショー関係のDVDです。

まぁ、アマゾンでも買えるんですけどね・・韓国で買うと2000円くらい安いです。

f:id:annion:20111225160410j:image

f:id:annion:20111225160409j:image

内容はまだ見ていないので分かりませんが、韓国ってブルーレイが普及していません。

確か、LG電子サムスンはBR対応プレイヤーを出していますが、SMエンターテイメント会社をはじめとする韓国エンタメ企業がBR市場に参入していないのだと思います。

いずれ、時間の問題かとも思いますが。

コモドホテルにはDVDプレイヤーがないのでちょっと残念でした。

で、シンナラレコードで買い物して、韓国に行くと誰でも必ず食する焼肉屋へ行きました。

2011-12-25 釜山へ行く 1日目は夜が寒かった

釜山旅行・・・釜山コモドホテル

釜山旅行

韓国は二度目です。

10年程前にソウルに仕事で行きました。

仕事なので定められた場所しか行かなかったので印象もなにもないのですが、車の運転が恐ろしい、道路が汚い、街並みが都市計画からかけ離れたハリボテのような街作りだなという印象でした。

ただ、十年前だし今のソウルの印象は違うかもしれません。

ソウルにも再度訪れようと思いますが、この季節のソウルは凍え死ぬので一度は行きたかった釜山へ行きました。

で、釜山の印象はソウルで感じた車の運転、道路が汚い、都市計画が死んでいる。と同じでありますが、港湾都市で発展しているためにコンテナを積んだ大型トラックが多く走り、港湾労働者物流従事者、漁港でもありますから漁業者が多く生活しています。

おかげで独特な雰囲気があります。

一方で釜山大学などの教育施設も複数存在しているので学生も多く、山肌には高層マンションが密集しニューファミリー層も多く存在し、なをかつ、リゾート地も隣接し、釜山国際映画祭なと文化芸術も充実していて、さらに文化財遺跡、寺院も多くあって歴史をも感じさせてくれる街でもあります。

実に、種々雑多な人種が狭いエリアにウゴウゴ集まっています。

そのおかげか、ソウル以上に道路は汚く感じますし、あちこちゴミゴミしています。

しかし、食に関しては豊富で安くてしかも美味いです。

街に出ると綺麗でお洒落な街並みもありますが、やはり表面的で場の雰囲気も統一感もないです。

若者と中年層とはあきらかにジェネレーションギャップがあって、ある時期から歴史が二分されているのではないかと思ってしまいました。

多分、戦争経験や高度成長を担うための韓国の国をあげた受験や進学制度の影響だと思います。

まず生活をしなくちゃいけないという世代と、受験からドロップアウトした世代、進学制度に乗った人達が作りあげたいろんな矛盾や無駄が存在する混沌とした街です。

若い文化のすぐ路地裏には空気感の異なる露店の世界が広がっていますし、場末的な場所もすぐ近くで見ることが出来ます。

そこを若い人達が行き来している。

釜山漁港であり海運の港街なので朝が早くて夜は遅いです。

大衆食堂は朝早くから夜遅くまで営業していて、店先から湯気がたちのぼっています。

そこに港湾で働く人達と初電で帰るような若い人達が食事をしています。

多くの階層の種々雑多な職業に携わる人々の要求を満たすあらゆるものが凝縮された、この小汚いごちゃごちゃした、それでいて活気のある山あり海ありの街並みになんとも言えないDEEPさがあって初日で惹かれてしまいました。

で、釜山旅行をレポートします。

釜山行、成田空港13:55発 エアプサン航空(A737)

まず、成田空港の搭乗手続きの女性係員に美人(日本人)が一名います。

目を奪われる美人です。残念ながら写真はありません。

成田の天候は曇りで寒かったのですが、釜山は晴れの予報。天気図みても高気圧に覆われていました。

f:id:annion:20111225110526j:image

f:id:annion:20111225110525j:image

で、離陸し雲の上に

f:id:annion:20111225110918j:image

f:id:annion:20111225110917j:image

機内食はクロワッサンサンド、パイン(缶詰ではない)、ヨーグルトに希望する飲み物、食後にコーヒーです。

f:id:annion:20111225110916j:image

スチワーデスは全て韓国乗務員です。ソウルに行ったときは途中の機内販売の時にチョゴリに着替えていましたが、ここはそんなサービスありません。

あの時は大韓航空機だったかな?

そうこうしているうちに約1時間50分後、釜山の金海空港に到着。

f:id:annion:20111225111839j:image

釜山の金海空港

f:id:annion:20111225111838j:image

f:id:annion:20111225111959j:image

釜山に到着した時に感じたこと・・日本から旅立って再び日本に戻ったような感じでした。

気温が変わらない、空港の人は日本語話す、姿恰好が日本人、山の風景も日本的であったからです。

初日はまずホテルにチェックインして薄暗くなってからロッテホテル免税店へ直行し、なんかフランスパリジェンヌに人気の「ロンシャンのトートバック」を安く買い、僕は「少女時代」のDVDを買いにレコード店探しに行き、焼肉を食べて釜山タワーで夜景を楽しむという物凄い凶行スケジュールでした。

では、まず宿泊したホテルなどを

釜山コモドホテル

たいして期待していませんでしたが、予想を裏切り高級感たっぷりの特2等級のホテルです。

コモドホテル外観

f:id:annion:20111225121306j:image

コモドホテル ロビー

もちろん日本語OKです。

無理に韓国語でしゃべるのもいいですが、相手の言っていることがまずわからないので日本語で応対可能な場所は日本語使ったほうがスムーズです。

最後に「カンサムニダ」というと喜ばれます。

釜山は英語も若干通じます。ソウルでは通じませんでしたが・・。

f:id:annion:20111225121859j:image

お土産売り場・・高いですから買ってはいけません。

マグカップが15,000ウォン(日本円で1000円程度)

f:id:annion:20111225121858j:image

f:id:annion:20111225121857j:image

f:id:annion:20111225121856j:image

コモドホテル 1Fトイレ入り口

ちゃんと日本語表記です。

韓国のトイレは当然ですがウオシュレットではありません。

客室のトイレはウオシュレットではない普通の洋式。

ここの1Fのトイレはウオシュレットでしたがお湯ではなくて水でした。

ここのホテルでは流せますが、一般のトイレでトイレットペーパーは流せません。下水道管が詰まるからです。

日本でも山とかに上るとトイレットペーパーが流せないところがありますが、便器横にトイレットペーパー入れがあります。

使用するにはかなり抵抗ありますのでなるべくトイレはホテルで済ませます。

で、困ったことにトイレットペーパーも日本のものより横幅が狭いです。

便座は洋式の他に和式もあります。

f:id:annion:20111225122707j:image

f:id:annion:20111225122706j:image

来年は辰年

とりあえず地下にいく階段の手摺が竜です。ここのホテルは家具調度品が凝っていましたよ。

f:id:annion:20111225123856j:image

f:id:annion:20111225123855j:image

コモドホテル廊下

f:id:annion:20111225124146j:image

コモドホテル客室(デラックスツイン)

部屋が一杯だったのでデラックスツインに一人で宿泊という豪華バージョンです。

f:id:annion:20111225124145j:image

f:id:annion:20111225124144j:image

ここにある歯ブラシとか髭剃りやスナック菓子にアルコール類は全て有料ですから持って帰ってはいけません。

韓国のホテルは大抵歯ブラシとかは有料になりますので、シャンプー以外のものは持参します。

インターネットLANで使用可能(有料)

洗面台に115V電源が2系統ありますのでトランスなど不要です。

粗悪なホテルはよく漏電起こします。

f:id:annion:20111225124143j:image

何故か日本のTVが映ります。

f:id:annion:20111225124543j:image

NHKも映っていましたが、韓国のTVはほぼ金正日死去のニュースです。

ホテル周り

コンビニがあります。

部屋には500ccのミネラルウォーターありますが、水道水は飲まないほうが良いのでコンビニで水は買います。

f:id:annion:20111225125203j:image

お土産店と大衆食堂がありますが、こういう場所では買わないですね。

釜山駅方面

f:id:annion:20111225125321j:image

釜山タワー方向

f:id:annion:20111225125320j:image

宿泊は615号室でした。

ホテルから見える夜景

f:id:annion:20111225130501j:image

ホテルから見える早朝

f:id:annion:20111225130500j:image

エントランスのタクシー乗り場兼観光バス乗り場

f:id:annion:20111225130459j:image

釜山の移動はタクシーと地下鉄がメインです。

タクシーは黒い模範タクシーというのがありますが、慣れると値段の安い一般タクシーが便利で、むしろ一般タクシーを利用しないと街での気軽な移動はまず無理です。

地下鉄に乗って目的地近くまで行き、タクシーに乗るという手段が安くて便利です。

タクシー料金は死ぬほど安いので気軽に利用できます。

で、ホテルにチェックインしてこれから移動を始めました。

2011-12-22

釜山へ行く・・・犬猫の夜間展示販売禁止

とうとう犬猫の夜間展示販売が禁止になります。

2012年6月施行、違反業者は営業停止処分も

動物愛護法の施行規則などを改正し、来年6月の施行を目指す。

 新規則では、午後8時〜翌午前8時は、不特定多数の客が見るところに、業者が犬や猫を置くことを禁止する。また、長時間の展示を続ける場合は、ストレス軽減のため人目に触れない時間を設けるように求めている。また、業者が違反を繰り返した場合は、営業停止などの行政処分も可能になる。

 同省によると、生まれて間もない犬や猫が健康に育つためには1日12時間以上の睡眠が必要で、睡眠時間が足りないと病気がちになったり、落ち着かない性格になったりするなどの問題点が指摘されているという。」

よかったですね。

ただ、ザル法になる要文も含まれていることからあーだこーだなるのではないかと思います。

しかし、動物愛護団体は待ちに待った法令であることから通報という形で締め上げられる可能性のあるペットショップは戦々恐々状態になるかもしれません。

何事も始まりはゴタゴタですが、いよいよ生き物に対する対応がようやくヒューマニズム先進国の入口に立ったといえます。


で、竹島であーだこーだ言われ、少女の銅像であーだこーだ言われ、しかし一方では日本の巷では韓ドラとK-POPが溢れ、怒涛の如く韓タレがジャパンマネー求めて日本に押し寄せる。

ウォン安で韓国旅行が日本のTVで宣伝され、日本人観光客で生活する韓国もある。

あれっ?東北復興の為に今こそ東北観光の特集を組むのが正しい日本のTVの姿ではないのか?と思います。

そうはいいつつ、何しに行くのかわからないけれど、よんどころない事情で釜山へ行きます。

2011-12-17 少女時代のブルーレイを見て一日を過ごす

少女時代のブルーレイ JAPAN FIRST TOUR Girls' GENERATION(豪華初回限定盤)が届いた

少女時代 JAPAN First Tour

日韓関係が微妙な中、K-POP少女時代ブルーレイが届きました。

f:id:annion:20111218003223j:image

少女時代の初のブルーレイ画質のコンサートなので楽しみにしていましたが、色々カットされていて残念です。

チョコレートラブはなかったようですが、目の前でチョコレートラブ踊られたら鼻血ぶーになります。

僕は2008年の頃の初々しい少女時代がいいなと思っているのですが、全米進出とか色々活動がワールドワイドになると髪が金色になったり、メイクが派手になったりしていますし、スタイルもよりウハウハスレンダーになったり、衣装のキラキラが増えたり、そういうのはいいのですが、もうちょっと見せる内容があってもいいのではないかと思います。

ここでいう見せるとはムラムラ露出度ではなくてショー的なものです。少女時代ってやっぱりダンスだと思っています。

例えば

2008年少女時代のまた巡り逢えた世界

D

2011年少女時代のまた巡り逢えた世界

D

この曲は激しいダンスが魅力なんですが、テンポも若干遅くなり曲の構成が少し変わっていますが、シンクロ率も下がっているし、慣れが入っているというか、このままいくとSMAP的な力の抜いたダンスになるのではと思います。

そうなると魅力なくなってしまうんですねー。

はつらつとした少女時代から少し斜めな大人時代、しまいにマニアックな熟女時代になってほしくないです。

とはいいつつ、内容の濃いライブで、見ると恐らく三日三晩熱出して寝れないと思います。

今回はジェシカとテヨンがいい感じですよ。

そういえば今日はWOWOWドリカムのワンダーランド 移動遊園地2011を放送していましたが、なんと落ち着いたワンダーランドであったことか。

僕は1995年のワンダーランド見に行ってあまりの凄さからちびってしまいそうになったのですが、あれから16年経過しています。

つまり、吉田美和も歳とったんですから仕方ないのですが、息を切らしていました。

あぁ、僕も100m全力で走ったら2度ほど転ぶかもしれませんが、少女時代はまだ3年目ですからもっと踊らなくてはと思います。

で、少女時代のジャパン・ファースト・ツアーの内容ですが、間が多いような気もします。

やたら映像とかレーザービームで間を作るのもなんだかなーと思います。

それにしても、ますます美しくなっておられるので許すか。

で、初回限定盤にはおまけが付いてくるのですが、おまけはなにかというとピンバッチです。

f:id:annion:20111218003244j:image

何に使うかというとMTBヘッドチューブに付けます。

しかし、出来ればフィギュアにして欲しいというのは僕だけではない希望だと思います。

2011-12-16 バランスド・アーマチュア カナル型イヤホン

Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10 PRO イヤホンはたかがイヤホンではない。

で、イヤホンですがちょっと値崩れしましたのでGetしました。

Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10 PRO

f:id:annion:20111216093342j:image

個人輸入品です。

値段はさておいて、イヤホンってヘッドフォンに比べて限界早いだろうと思っていました。

痴人・・失礼しました、知人からそれはダイナミック型しか知らんからだと言われて、なんだろうと思っていたらバランスド・アーマチュア型とかいうものがあるそうです。

なんだそれは?で教えてもらい理解したのは音の鉄砲のようなものであると。

それがいいのか悪いのかわからないけども、高級品になるとフルレンジ用のドライバの他に高音や低音に特化したドライブなどを複数搭載してイヤホンで苦手な低音も鳴らすことが出来るというものであるらしいです。

イヤホンカナル型で耳の穴に突っ込むタイプで、パイプのような筒から音を鼓膜に直接届けるのです。

カナル型のバランスド・アーマチュアイヤホンの生れはステージミュージシャンが自分のパートの音を正確に聴き取ることができるようにという要望から生まれたそうですが、普通iPodでそんな音の聴き方するのだろうかという疑問がありますが、JAZZなんて聴くとギターのパート聴き取りたいという欲求はあります。

じゃあ、僕にピッタリなのかなと思ったしだいです。

何を言いたいのかわかりませんが、だいたいがあんなに小さい体でいい音を再現するなんて神業でしょうと思っていて期待なんてしていません。

で、その痴人のSHUREのバランスド・アーマーチェアイヤホンで音を聴いたのですが、正直にいいますとアルトリコーダーのような音に聴こえました。

音源が聴いたことないようなよくわからない音源でしたが、上手なクラリネットですね。スーッとした音です。

音なんて言葉で表すのは難しいのですが、空気を振動させてそれが鼓膜を振動させて音として認識するという中間の空気を振動させる部分が端折られて電気信号をそのまま脳に伝達しているような感じです。

甲殻機動隊」の草薙素子ってきっとこんな感じの音を聴いているのだなと思いました。

試聴した手前、いい音ですね〜って言いましたが、特別こういうイヤホンにお金をかけるより(この10 PROって4万軽く超えています。)ヘッドフォン買ったほうがいいだろって思います。

そういいつつイヤホンを買っているんですが、何故買ったのかっていうと夏暑いからです。

ヘッドフォンを夏使うとイヤーパットが汗だらけになります。音の出る耳あてですから暑いんですが、ちょっと我慢できなくてイヤホンを買おうとした時にバランスド・アーマチェアドライブのカナル型イヤホンのことを思い出して安いの探してたらみんな高いんです。

しょうがないので海外通販で安く買ったということです。

知人のSHUREでもと思っていましたが、痴人の前で同じイヤホンで聴いていてどんなもんだい顔されたくないのでUltimate Earsを。


で、iPodで聴きました。

Cannonball Adderley "Somethin'Else"

BA型イヤホンってエージングが必要なのかと思うのですが、いい音です・・だと思います。

僕はこれまでそれなりの音でしか音楽を聴いたことがないので、すっげーいい音っていう感覚が贅沢ですがありません。

でも、このUltimate Ears 10 PROはドラムスティックのワイヤーブラシの音の粒が分かります。

イヤホンの宿命ですがイヤホンの挿入位置で音変わりますが、すぐにポジションは見つけました。

それと、iPodイヤホンジャックからの再生でもおそらく格段上の音を再生しているはずです。

これまでそれなりの音でDAPを聴いていた僕的にはこんなものかなと思うのですが、多分標準イヤホンで聴きなれている方がこのイヤホンで聴くと涙流すかもしれません。

そうこうしている間に曲が色々変わりまして、Fourplay "Between The Sheets"とかはちょっと驚きました。

ダイナミック型のようにダイヤフラムを振動させているのではなく、このバランスド・アーマチェアドライブってやっぱり直接鼓膜を振動させている感じです。

Gontitiなんかはしばし無言に聴き惚れててしまい・・あれー買って良かったかもと思いました(笑)

ちょっと好きかもしれません。

こんなところですが、エージングが出来るまで少し聴きこんでまたレポートします。


しかし、こんなことでちゃらちゃらしていてはいけません。

オーディオの世界って結構モンスターなんですが、やはりモンスター級のイヤホンってあります。

例えば日本のメーカーfinal audio design

Piano Forte Xっていうダイナミック型のイヤホンあるんですが、¥220,000します。

f:id:annion:20111212162547j:image

この中に何が入っているんだと驚くばかりです。しかも、買って音を聴いている人がいます。

例えば同社のOPUS204という専用アンプ+スピーカーセット・・・50,000,000円です。

f:id:annion:20111212164554j:image

f:id:annion:20111212164933j:image

さすがに個人で買っている人はいないのか、レビューは出てきません・・いやそういう人はレビューなんてしない人なんでしょうね。

原音に近い音を追求するととんでもないことになるといいますか、じゃあ、原音っていったいなんだと思ってしまいます。

多分・・毛の密度が1cm四方で100本の人と105本の人がいて、遠くで見ても近くで見みても違いが分からないその5本に20万出すのと同じだという言い方をすると、二位でなにがいけないの?と言っているのと同じなのでやめます。

ネットで検索するとOPUS204号室という空き部屋情報がヒットされるのが面白いですが、こんなお金があればコンサートに行きましょう。

チケット1万円のビップ席でも5000回いけます。

2011-12-14

カーボン製の一脚 SIRUI(シルイ) P-326

SIRUI(シルイ) P-326

f:id:annion:20111211183240j:image

そろそろ空気が乾燥して夜景の写真にはベストなシーズンになりました。

街の夜は綺麗な明かりだらけです。よし、夜景を撮るぞと寒い中カメラを持って街に出かけましょう。

で、手振れ防止用の一脚買いましたのでご紹介いたします。

定価:¥17,325です。

アマゾンで:¥9,978。実に42%オフです。

三脚を買った時もそうでしたがカメラの周辺機器ってなんでこんなに値引き率いいのでしょうか?

半値の6掛けの世界は実際あるのですね。

SIRUI三脚って実はPENTAXのオンラインショップでも買えます。

レビューはすこぶる良的なものが多く、ちょっと気になっていましたので購入してみました。

で、スペックが価格に対して高レベルなんです。

素材:カーボン(8層構造)

これってカメラの世界では高級カーボンパイプになります。

ジッツオなどはカーボン6層です。カーボンの積層が多ければいいというわけでないことは自転車好きな人はわかりますが、まあ、数字が多いいということはなんか特した気分になります。

アルミ部分:アルミ削り出し(アルミダイキャストではない)

アルミの素材はわからないのですが削り出しに適した高密度のアルミということなので6000番台のアルミと思われます。

積載重量:10kg

これが本当かどうかはわかりませんが、10kg乗せられて重さが400gです。これはカーボンが8層構造だから可能だと言われています。

10kgのカメラ機材はこの先持ちそうにないので過剰スペックではありますが、まあこの軽さとコンパクトな380mmというたたんだ時の長さは魅力満点です。

では、実際の重さをとかです。

重さ:417g(ストラップ込)402g(ストラップ無)

f:id:annion:20111211183308j:image

足の部分

段数は6段です。

f:id:annion:20111211183326j:image

それぞれ、32mm、28mm、25mm、22mm、19mm、16mmのカーボン径でちょうど3mmずつ厚くなっています。

最後まで伸ばして1540mmですが、16mmの部分が不安であるのであればこの部分を縮めて使用すると1466mmになります。

1540mmの高さは身長170cm程度ですと直立して写真が撮れます。

1466mmですと少し腰をかがめる形となりますが一番使うあたりではないでしょうか。

一脚なので雲台とかわかりませんが、足の部分だけ見ると僕が持っているVelbon Neo Carmagneよりしっかりしています。

ゴムと爪の間にはアルミのインサートがあります。

結構しっかりしています。

f:id:annion:20111211183524j:image

f:id:annion:20111211183523j:image

ストラップ

f:id:annion:20111211183348j:image

ストラップ自体は薄っぺらいですが、カラビナ付き方位磁石がついています。

カメラを乗せる部分

f:id:annion:20111211183417j:image

f:id:annion:20111211183416j:image

f:id:annion:20111211183415j:image

UネジはU1/4と雲台を乗せるためのU3/8に切り替えることができます。

ちょっと不安なところ

f:id:annion:20111211183451j:image

f:id:annion:20111211183450j:image

雲台を別途取り付ければ問題ないかと思いますが、一脚に雲台ってどうなんだろとも思いますが、カメラを乗せる部分が滑ります。

普通、コルクシートとか貼り付けてあると思うのですが、アルミの梨地処理です。

で、このボルトの締め付けトルクのかかる部分ですが、頑丈なアルミの削り出し加工されたインサートがカーボンに打ち込まれています。

これが打ち込みなのか、ねじ込みなのか、接着なのか不明ですがあまりトルクをかけてカメラにねじ込むとカーボンが割れそうな気がします。

そういう不安な部分もありますが、一言で言って高品質な一脚でしたので、このメーカーのメカニカルな三脚が欲しくなりました。

三脚と言えばSLIKだとかVelbonだと思っていましたが、そうではないです。

Velbonの三脚買ってあまり満足はしていません。

どうも上下に動く部分とかお辞儀の部分や回転の部分の動きと操作感覚がイマイチなんです。

折角お金出して買うのでじっくりいろんなものを見て買うべきでした。

実際の使用感は釜山で試してみようと思っています。

2011-12-13 サブバッテリー、いくらかかるのか?

サブバッテリーのパーツの選定

さて、快適な車中泊のためにサブバッテリー計画の第一段階です。

f:id:annion:20111212222317j:image

サブバッテリーのパーツ選定

車中泊で使う電力は最大で150W程度です。

    • 内訳
      • ノートパソコン(最大87W〜23W):平均で55W
      • LED照明7W×2個:14W
      • 電気毛布:50W(寒い時だけ)
インバーターの選定

正弦インバーターは効率があるので150Wを連続使用する場合効率が80%だとすると

180Wクラスのインバーターが必要になります。で、余裕をもって300Wクラスのインバーターを選定します。

ヒューズの選定

バッテリーからインバーターに流れる電流は

150W/80%/12V=16A

突入電流もあるだろうから50Aのヒューズを選定

ディープサイクルバッテリーの選定
バッテリー充電器の選定
連続使用時間

115Ah×バッテリー効率70%=80.5Ah

ディープサイクルバッテリーの容量計算は20時間率を使うということなので

80.5Ah/20h=約4A

4Aの電流を20時間消費することが出来ます。

インバーターに流れる電流は150Wで16Aなので

16A/4A/20h=5h

5時間流せます。

照明とパソコンや電気毛布を同時に使うことはないでしょうから1泊程度の車中泊なら余裕です。

これまでの合計¥72,380

この他にケースやらブレーカーやら入れるとやっぱり8万円くらいなります。

買えないじゃん!

計画の第一段階で大きな壁で頓挫してしまいそうです。

f:id:annion:20111212223039j:image

2011-12-12 車中泊とサブバッテリー

楽で楽しいキャンプ・・・サブバッテリーの計画

キャンプという意味を調べてみた。

{CAMPはラテン語で、「平らな」を表す言葉。その昔、平らなところに砦のようなものを築き、そこに兵隊を置き訓練を行った。

そして、いつのまにか「共に生活しながら、兵隊の訓練をするところ」をCAMPと呼ぶようになり、さらに転じて「仲間と共同生活をする」という意味になった。

大学の構内を「CAMPUS(キャンパス)」と呼ぶようになったのも、CAMPの跡地にローマ大学を建てたことが始まりだともいわれている。

また(CHAMPION)という言葉も、もともとはCAMP内の強い兵隊のことだった。}


キャンプ(英: camping)は、保養、あるいは野外での休息などを目的とした、野外での宿泊行為である。露営、野営、宿営ともいう。何らの屋根もなく夜を過ごす場合でもキャンプという。英語では、日本語の「キャンプ」に当たる宿泊行為を指す言葉は camping であり、camp は「キャンプする土地」という意味になる。

オートキャンプは狭義では車がキャンプサイトの中まで乗り入れ、車のすぐ横にテントやタープなどを張るキャンプ。広義では交通手段として車を使うだけのキャンプも指す。」・・ウィキペディア


車中泊キャンプなのかというとキャンプです。

キャンプはこれまで富士見パノラマ自転車に乗るための宿泊手段でしたが、キャンプ自体が楽しくなり色々なキャンプ用品を揃えるようになりました。

そこで、荷物が大所帯になり簡素なキャンプを目指してワンタッチなどの言葉に騙されてあれ買いこれ買いを繰り返し結局落ち着いたのが今のケロシンをベースにしたキャンプスタイルです。

      • テント:小川キャンパルアリバーゴ45
      • ケロシン系ランタン:3個
      • 武井バーナー:2個
      • カセットコンロ:1個
      • テーブル:2台
      • 椅子:2脚
      • カーサイドタープ(車中泊の場合)

で、今興味を持っているのがサブバッテリーです。エンジン式発電機はうるさい臭いでNGです。

走行充電を考慮しなければサブバッテリーの構成はとても簡単です。

      1. ディープサイクルバッテリー
      2. インバーター
      3. バッテリー充電器
      4. 接続コード(ヒューズ付き)

この中で一番値段の高いのがインバーター

インバーター正弦インバーターがいいです。

例えば疑似正弦インバーター携帯電話とかの充電は出来ますが電源としてパソコンやiphoneで使うと変な動きをします。

600Wクラスの正弦インバーターですと5万円近くもします。

次にバッテリー充電器

充電器はバッテリーの容量に合った充電器を使用しますが2万円程度です。

なんだかんだ言ってトータル10万円近くもします。

サブバッテリーで何をするのかというとノートパソコンを動かしたい。

我がノートパソコン:87W(最大)23W(標準)

LEDの照明を付けたい(2個)

LED電球:10W×2

寒い時は電気毛布をつけたい

電気毛布:50W

合計すると最大でも120W程度です。

バッテリーが115Aですとインバーターの変換効率(80%)とバッテリーの効率(70%)を考慮すると

最大電力使用で約6.5時間連続使用出来ますので一泊のキャンプOKです。

使い方によっては2泊程度でもOKってことになります。

      • G&Yuディープサイクルバッテリー115A:330×173×220(重さ24kg):16,000円程度(充電時間は20時間もかかる)

f:id:annion:20111211222723j:image

f:id:annion:20111211222737j:image

f:id:annion:20111211222755j:image

      • 50Aヒューズ:3500円程度

f:id:annion:20111211224105j:image

f:id:annion:20111211224930j:image

ということで少しずつヤフオクで安いの見つけて揃えていきましょう。と考えています。

2011-12-11 カーボン製一脚を選ぶ

カーボン製の一脚にはどんなものがあるのか?

カメラ機材についてはコンパクトで軽いほうがいいです。

電車で移動してとぼとぼ歩きながら写真でも撮ろうと思うと1gでも軽いほうがいいです。

レンズもF値の明るい大口径レンズより少々暗くてもコンパクトな軽いレンズがいいと思うようになりました。

最近は早くレンズの世界もプラスティック製のレンズにならないだろうかと思います。

カメラバックに一眼レフ、レンズ2本、三脚入れると優に4kg超えます。

これに財布とかスマホとかDAPとか入れると5kgになります。5kgっていうと結構重いです。

で、軽量化の消去法で行くと一番かさばって重い三脚持っていくのやめようと思います。

でも、昼間はいいですが夕方とか夜になると三脚が必要になります。

三脚使う時は写真撮影の一番最後のほうに使います。

それまではただ持ち歩くだけになりますし、一番最後のほうは一番疲れてる時なので今日は疲れたから帰ろうという気持ちになります。

そういう萎えた気持ちに何度も負けて、立派なカーボン製の三脚買いましたが街撮り写真で三脚使ったのは一回のみです。

ただ、言えることは三脚は軽ければ軽いほどいいのですが、三脚の用途からするとチャチくて軽いと三脚の役目果たしません。

雲台とか足のヒンジの部分とかどっしりしていたほうがいいですし、重くないとダメです。

わざわざ三脚に重しを付けるパーツもあるくらいです。

三脚に関しては足をカーボンにしたってたかが知れていて雲台とかをチタン削り出しとカーボンパーツで決めていかないと軽くなりません。

あ、軽いとダメです。

使い勝手からするとどっしりしているものは重い、大きい、通行人の邪魔になる、目立つことになります。

三脚ほど使い勝手と性能を両立させることが難しい機材はないのではないかと思います。

通行人の邪魔になる、これ結構大事な要素で、カメラを趣味としていない時に、彼女と夜景を見に行って夜景のポイントに三脚たてて神経質に写真撮ってる人が邪魔で、向こうもこっちを邪魔と思っているようなので、何度か海に突き落とそうかと思ったことがありました。

三脚をたてる立場になるとそういうことも気になってしまい、写真撮影には消極的になったります。

そこで、一脚の登場です。

そんなに一枚に時間をかけたシビアな写真撮らないし、一脚の効果は手持ちに比べる歴然としているので買おうと思っています。

一脚は人間と一緒に支持しあうので軽いほうがいいですからはなっからカーボンです。

自転車やっているとこういうの躊躇しません。

アマゾンで買えるカーボン製一脚
velbon(ベルボン)Geo Pod E44Geo Pod E54Geo Pod E64
重さ314g371g458g
全高1480mm1590mm1670mm
縮長482mm510mm532mm
荷重2.5kg3kg4kg
段数/脚径4段/22mm4段25mm4段/28mm
値段¥17,220(¥10,500)¥21,525(¥13,400)¥26,250(¥15,800)
外観f:id:annion:20111210071156j:imagef:id:annion:20111211091802j:imagef:id:annion:20111211092224j:image
velbon(ベルボン)Geo Pod N64Geo Pod N74Geo Pod N84
重さ485g622g768g
全高1540mm1700mm1890mm
縮長495mm545mm595mm
荷重4kg5.5kg7kg
段数/脚径4段/28mm4段/32mm4段/36mm
値段¥18,215(¥14,900)¥(¥17,500)¥38,155(¥20,602)
外観f:id:annion:20111211081916j:imagef:id:annion:20111211093338j:imagef:id:annion:20111211093442j:image
SLIK(スリック)カーボンポッド372FLカーボンポッド382FLカーボンポッド392FLカーボンポッド382PRO
重さ455g535g615g430g
全高1500mm1547mm1660mm1632mm
縮長500mm520mm556mm507mm
荷重-kg-kg-kg5kg
段数/脚径4段/25mm4段/28mm4段/32mm4段/28mm
値段¥17,220(¥8,800)¥26,775(¥16,000)¥32,760(¥19,600)¥24,990(¥13,960)
外観f:id:annion:20111210073048j:imagef:id:annion:20111211095529j:imagef:id:annion:20111211095827j:imagef:id:annion:20111211100551j:image
VANGUARD(バンガード)Elite CP-284Elite CP-324Elite CP-364
重さ460g550g640g
全高1580mm1670mm1760mm
縮長515mm535mm560mm
荷重8kg10kg12kg
段数/脚径4段/28mm4段/32mm4段/36mm
値段¥17,325(¥9,979)¥32,001(¥18,720)¥35,100(¥17,628)
外観f:id:annion:20111211122908j:imagef:id:annion:20111211122854j:imagef:id:annion:20111211122701j:image
INDURO(インデューロ)CM-14CM-24CM-25CM-34
重さ330g399g399g531g
全高1470mm1565mm1473mm1590mm
縮長480mm505mm430mm515mm
荷重8kg12kg10kg18kg
段数/脚径4段/25mm4段/28mm5段/28mm4段/32mm
値段¥17,325(¥9,979)¥21,735(¥14,278)¥24,360(¥15,706)¥29,715(¥18,405)
外観f:id:annion:20111211130351j:imagef:id:annion:20111211130209j:imagef:id:annion:20111211130030j:imagef:id:annion:20111211125847j:image
BENRO (ベンロ)C28TC29TC38TC48T
重さ410g410g550g680g
全高1565mm1475mm1600mm1695mm
縮長510mm435mm540mm570mm
荷重12kg10kg18kg20kg
段数/脚径4段/29mm5段/29mm4段/32.5mm4段/36mm
値段¥11,500¥10,500¥15,400¥17,300
外観f:id:annion:20111211133656j:imagef:id:annion:20111211133419j:imagef:id:annion:20111211133130j:imagef:id:annion:20111211132628j:image
品名GITZO 6X GM5561TGITZO 6X GM2561Trollei Tribute Monopod 0605rollei Tribute Monopod 0805
重さ750g450g415g475g
全高1555mm1430mm1600mm1700mm
縮長415mm360mm520mm540mm
荷重25kg4.5kg6kg8kg
段数/脚径6段/-mm6段/-mm4段/-mm4段/-mm
値段¥52,500(¥38,850)¥35,700(¥24,481)¥13,000¥15,000
外観f:id:annion:20111211134924j:imagef:id:annion:20111211135514j:imagef:id:annion:20111211140734j:imagef:id:annion:20111211141011j:image
品名SIRUI(シルイ) P-326manfrotto(マンフロット) 695CXmanfrotto(マンフロット) 694CX
重さ400g600g590g
全高1540mm160.5mm1650mm
縮長380mm475mm540mm
荷重10kg5kg5kg
段数/脚径6段/32mm5段/-mm4段/-mm
値段¥17,325(¥9,979)¥29,820(¥21,090)¥24,780(¥17,622)
外観f:id:annion:20111210072214j:imagef:id:annion:20111211142039j:imagef:id:annion:20111211142434j:image

で、安くてコンパクトで軽いものというと、SIRUI P-326という一脚が際立っています。

中国製ですが、レビューもなかなかよかったのでポチっとしてしまいましたが・・良かったのかな?

2011-12-10 ヘッドポーター ブラウニー ギンガム ワンショルダーバック

HEADPORTER BROWNIE ヘッドポーター ブラウニー ワンショルダーバッグ 偽物疑惑

ヘッドポーター偽物?

みんなが持っている吉田カバン

僕が一番初めに買った吉田カバンはLUGGAGE LABELのRESCUEです。

当時のカバンとしては珍しいミリタリー系でカバンの素材も聞いたことがないような素材で、素材マニア、ミリタリー好きの僕は飛びつきました。

日本語個人名のカバン屋がこんなカバンを作っちゃってと違和感だらけでしたが、雑誌でも取り上げられて山口幸一というデザイナーの名前を知り、吉田カバンのLUGGAGE LABELはブームになりました。

現在の吉田カバンの基礎を作った山口幸一が吉田カバンをやめて「ハーベストレーベル」を立ち上げ「OUT OF THE BLUE」、「WELD」、「Steel Buffalo」と続いていますが、ハーベストレーベルまでは山口幸一が作る鞄は買い続けていました。

ポケットが沢山ある、素材にこだわっていてタフで軽くて水に強い、どこかにミリタリー的な要素があるなど、嫌いな要素がなにもないカバンということで山口幸一の新作を待つというほどに入れ込んでいました。

最終的にはカバンではなくて山口幸一が作る物に興味があったということだったかもしれませんが、カバンを好きになったのはこの方の影響が大きいです。

ただ、カバンも増えるとカバンとして日常的に使う場面が全然ないのでデッドストックになってしまっていて、よっぽどのものでない限り買うのはやめました。

で、このカバンはHEAD PORTERというブランドのワンショルダーです。

PORTERという名前がついているので吉田カバンなのかというとそうではなく、ヘッドポーターというのはブランド名で、製造を吉田カバンに依頼しています。

Made in Yoshidaにこだわってるというか、吉田カバン製ということでブランドのイメージを上げることができるという、考えてみると吉田カバンって凄いんだなと思いますし、ヘッドポーターを立ち上げた藤原 ヒロシさんはプロデューサーだけあって商売うまいです。

ヘッドポーター ブラウニーワンショルダーバッグ

f:id:annion:20111210220047j:image

自転車に乗るように買いました。

ヘッドポーター直営店で買っていません。通販です。

偽物が多いというヘッドポーター

今まで疑いもなく使っていたヘッドポーターですが、ちょっとネットでヘッドポーターのワンショルダーを検索していたらなんか僕の持っているのと違うのですよ。

これは本物だったのか検証してみましょう。

ヘッドポーターはこれしか持っていないので比較対象がありませんので、吉田カバンとネットで調べたヘッドポーターの偽物情報で検証します。

まず、手触りから

本物はシルキーな柔らかさがあるといいます。

で、僕の持っているのはシルキーな柔らかさだといえばそうですが、シルキーとはもっとすべすべですよというのであれば違うかもしれません。

PORTERのマーク

所有しているマーク

f:id:annion:20111210221125j:image

本物のPORTER

f:id:annion:20111210221126j:image

違いはわからない・・。

こういう場合、寸法、ステッチの数、折り返し部分を数えます。

HEADPORTERのマーク

所有しているもの

f:id:annion:20111210222519j:image

本物

f:id:annion:20111210222117j:image

縫い付け方が違うのでなんとも言えない気がする・・。

ギャランティーカード

所有しているもの

f:id:annion:20111210222804j:image

本物

f:id:annion:20111210222805j:image

プラスティック製です。ちなみに裏はこうなっています。

f:id:annion:20111210222953j:image

本物と偽物の区別はつきません。

ファスナー

YKKです。

ただ、この白いマークが剥がれやすいんです。

f:id:annion:20111210223244j:image

いいのか、剥がれやすくて。このカバンは2万円以上、3万円近くもするのですが・・。

一番の違い・・・その1

PDA入れるポケット

所有しているもの

f:id:annion:20111210223635j:image

本物

f:id:annion:20111210223636j:image

あれっ!違うぞ、それも全然違うぞ!

一番の違い・・・その2

生地が変?!

所有しているもの

f:id:annion:20111210224148j:image

本物

f:id:annion:20111210224149j:image

なんだろう?この違い・・。ひょっとして僕のは偽物か?

しかし、偽物にしてはわかりやすくないですか?

あるいは、ロット別で違うのかなとか、こんなの売っていたのかな?という素朴な疑問から、このバックの存在自体が偽物ではないかという疑いに・・。

やっぱりこの程度のもので3万近くするっておかしいだろうという別の疑いまで。

で、結構真剣に調べました、その結果、ヘッドポーター ブラウニー ワンショルダーバックではなくてヘッドポーター ブラウニー ギンガム ワンショルダーバックというものでした。

ギンガム?そういうのあったかな・・。

Head Porter Brownie Gingham One Shoulder Bag

ヘッドポーター ブラウニー ギンガム ワンショルダーバック

f:id:annion:20111210225023j:image

f:id:annion:20111210225024j:image

f:id:annion:20111210225025j:image

で所有しているもの

f:id:annion:20111210225651j:image

f:id:annion:20111210225652j:image

ちなみにこのジョイントの裏には

WOO JIN D-FLEX

BIG-DOG 25mm

Pat.Pending

と書かれてあります。

中国製です

f:id:annion:20111210225653j:image

このワンショルダーがヘッドポーターから発表されたときは欲しいなーと思っていましたが、ちょっと値段が¥27,000位だったか、物に対して価格設定が滅茶苦茶高すぎないかと思っていました。

まあ、しかし、大きさがジャストで形状がコテコテしていないのでずっと気になって買ってしまっていたのですが、ふとしたきっかけで沸いた偽物疑惑に2日間ほど悩んでしまいました。

2011-12-02

色々なPerfume

なんでこんな所で、と思いましたが、

コメントを読んで大変印象に残ったPerfumeです。

D