Hatena::ブログ(Diary)

休日モード

2012-03-31 オリンパス OM-Dを手にしてみた感想

Olympus OM-Dのレビュー・・・外観など

Olympus OM-Dの外観レビュー

ヨドバシカメラに取りに行きました、オリンパス OM-D。

f:id:annion:20120331203315j:image

箱から取り出したのですが、小さい。とにかく小さい。

スケールダウンした精巧なオモチャのようです。

そして軽いです。

f:id:annion:20120331203314j:image

本体:380g

レンズ(Olympus M.Zuiko DIGITAL 12-50mm):212g

バッテリー:51g

フラッシュ:31g

では、外観と触った感じなど

f:id:annion:20120331205242j:image

気になっていたダイヤルですが、モードダイヤル

ここの文字はプリントだと思っていましたら彫り文字です。

クリック感はあります。誤って違うモードに簡単に切り替えられるような軟なクリック感ではありませんが、親指で切り替えられます。

モード切替ダイヤルにはPentax K-7のように中央のボタンを押しながらダイヤル回すと言うものではありません。

f:id:annion:20120331205645j:image

で、設定ダイヤル

ここもクリック感ありますが、親指で簡単に回ります。

素材はアルミの削り出しで黒のアルマイトです。

で、モードダイヤルも設定ダイヤルもグラつきます。Oリングで水封しているような感じのグラつきです。

カメラは精巧なメカニズムの集合体という思いがあるのですが、やはり、OM-Dのダイヤルはチープな感じです。

実機を触った時にも感じたのですが、製品レベルでどうなっているのか分からないので少し期待しておりましたがダメでした。

惜しいです。外観でこのダイヤルが全体の雰囲気を崩していると思います。

f:id:annion:20120331205647j:image

で、EVFのあるペンタプリズム形状の部分

カバーを外すと外付けのフラッシュを取り付けるホットシューがあらわになります。

このカバーはなくさないように注意です。

f:id:annion:20120331211429j:image

どうしてもいつもの癖で覗いてしまいます。電源入れないとEVFなのでレンズ通した世界見れません。

形状はフィルムカメラですが、当たり前ですがこれは完全にデジカメです。

僕はミラーレスはデジカメ一眼では理想的なシステムだと思っていました。

デジカメでミラーに拘る理由がどう考えてもないと思っていました。レンズを通した世界よりデジカメはセンサーを通した世界でなくてはいけないのではないだろうかと思っていました。

しかし、MFでのピント合わせはEVFや液晶ではまだ解像度不足に感じます。レンズの特性も分からないし、なによりセンサーを通した画像になじめないのです。

当たり前なんですが、ミラーレスで出来ないことはレンズを通した世界を人間の目で見ることでした。

ちょっと寂しく思いました。

f:id:annion:20120331211428j:image

背面の各種ボタン。

デジカメにしては少ないです。そのぶん、タッチスクリーンで色々出来ます。

ただ、各種ボタンの操作感覚にプッチっとした押した感覚がありません。それはシャッターボタンにも言えます。

シャッターボタンもグラつきます。真っ直ぐに下に押すという感じの操作感ではありません。

普通シャッターボタンは二段押しですが、残念なことにOM-Dの操作感覚はシャッター半押しと、最後まで押してシャッターを切る境目があやふやです。

実際、間違うことはないのですが手袋はめての撮影は押す力加減に慣れが必要です。

OM-Dのダイヤル、操作ボタン全てにいえますがシャープ感がありません。

f:id:annion:20120331213804j:image

デジタル一眼では理想的だと思っていたミラーレス。

でも、実際はレンズを通した世界を目で見たいという思いが強いということに気が付いてしまいました。

f:id:annion:20120331214701j:image

う〜ん・・・複雑な思いだ。

f:id:annion:20120331214700j:image

レンズを付けてみました。

さすがに形はフィルムカメラらしい形しています。

オリンパスはよくこのコンパクトなボディーに5軸手ぶれ補正、秒間9コマ撮影、フルタイムAFなど、あれだけの機能を詰め込んだなと感心します。

f:id:annion:20120331215135j:image

f:id:annion:20120331215134j:image

f:id:annion:20120331215759j:image

横幅が薄いです。デジタル一眼では最近みたことのない薄さです。まるでフィルムカメラのような薄さです。

f:id:annion:20120331215758j:image

底板はアルミの押し型のような感じの作りです。

で、三脚用のネジ穴はレンズの中心ではありません。

f:id:annion:20120331220039j:image

バリアングル液晶パネル

きっちりしています。この液晶の外枠は樹脂製です。

f:id:annion:20120331215610j:image

f:id:annion:20120331215609j:image

外付けのフラッシュ

よくあるパカって開くものではありません。

一眼レフで不要なものって内蔵フラッシュだと思います。

思い切って外付けフラッシュにしてしかも別売りにしなかったことは僕的には評価高いです。

f:id:annion:20120331220448j:image

f:id:annion:20120331220446j:image

フラッシュを付けてみました。

f:id:annion:20120331220815j:image

f:id:annion:20120331220814j:image

f:id:annion:20120331220813j:image

で、愛機Pentax K-7との大きさ比較

f:id:annion:20120331221115j:image

f:id:annion:20120331221114j:image

f:id:annion:20120331221113j:image

Pentax K-7がおデブさんに見えます。いえ、完全なデジカメらしい形です。

オリンパス MO-Dはフィルムカメラの面影をきっちり引き継いだデジタルカメラです。

言い方変えると、変えなくてもそうなんですが形がフィルム式一眼レフカメラに酷似したレンズ交換式デジカメEVFが擬似ペンタプリズム部分に埋め込まれたミラーレスのもっともデジカメらしいデジカメです。

フィルムの巻上げレバーのある部分にはあえて液晶画面つけていません。

懐古主義的なカメラという評価で終わることは出来ないです。オリンパスミラーレス一眼では歴史に名前を残すカメラだと思います。

このカメラのイマイチなダイヤル、操作ボタンのモサット感がなくなれば100点満点です。

2012-03-28 iPad2が新品になった・・。

iPad2 修理完了・・・修理交換から戻ってきたiPad2は?

iPad22011年3月に発売され2012年3月で生産終了です。
    • 主なスペックです。
      • CPU:Apple A5 1.0GHz 2Cores
      • RAM:512 MB
      • Camera front:0.3 (VGA) Megapixel
      • Camera rear:0.7 Megapixel (720p recording)
      • Battery:- 25Whr Lithium Polymer

iPad2が突然充電出来なくなってアップルに電話したのが土曜日、日曜日にクロネコが回収して火曜日に手元に戻ってきました。

非常に迅速です。

アップルは修理ではなくて交換になります。

僕の愛用していたiPad2がどのような運命になるのかは非常に興味あります。

で送られてきたiPad2は当然ですがシリアル番号が違っています。

おおきな違いはDN→DKになったこと。DKというのは「Refurbished」、つまり「リニューアル」ってことです。

これは新品交換なのだろうか?それとも他のユーザーが使っていたものを修理した整備完了品なのだろうか?

修理品は中国に送られてそこで部品交換してDKで始まるシリアル番号のついたケースに入れられてアップルストアに送られ、アップルはそれを修理交換品としてストックしているのでしょうか?

それとも、DKで始まるiPadは予め修理交換用に生産されていてアップルストアにストックされているのでしょうか?

iPad本体に傷が着いていたり、水没、液晶破壊は当然有料修理で交換には応じられないようです。

その場合でもシリアル番号は変わってしまうのだろうか?

まあ、なんにせよ使った物には愛着があって、もし本当に新品なら得した気分になるかも知れないが、愛用した物ならそれを修理されたほうがいいと思う人もいます。

僕が使ってたiPadの保護フィルムは2,000円以上もした気泡も抜けやすいという高級品なんで、また買わなくてはと思っています。

ipadのシリアル番号を確認

ここでシリアル番号を確認しました。

今年の1月に買ったもの修理(交換品)
Name: iPad 2Name: iPad 2
ModelCode: ipad_2ModelCode: ipad_2
Group1: iPadGroup1: iPad
Group2: WiFiGroup2: WiFi
Generation: 2Generation: 2
Machine Model: iPad2,1Machine Model: iPad2,1
Model introduced: 2011Model introduced: 2011
Production year: 2011Production year: 2011
Production week: 53 (January)Production week: 53 (January)
introduced test: GOEDintroduced test: GOED
Family name: Become a pro user to see this information. (sorry)Family name: Become a pro user to see this information. (sorry)
Screen size: 9 inchScreen size: 9 inch
Screen resolution: 1024x768 pixelsScreen resolution: 1024x768 pixels
Colour: WhiteColour: White
Capacity: 64GBCapacity: 64GB
Factory: DN (China, Chengdu - Foxconn)Factory: DK (Refurbished)

Model introduced: 2011は発売された年で、iPad2は全て2011です。

Production year: 2011は生産された年です。

Production week: 53 (January)は生産された週で53週、ということで2011年の最後の週から2012年の最初の週の生産ということです。

交換品も同じなんですね。これって偶然の一致かな?

で、つぶさに観察しました。

f:id:annion:20120328211303j:image

f:id:annion:20120328211302j:image

f:id:annion:20120328211301j:image

シートに包んでありました。

f:id:annion:20120328211300j:image

コネクタ口も新品

中古品はここに必ず傷(コネクターの爪による傷)がついています

f:id:annion:20120328211259j:image

2011年12月15日

f:id:annion:20120328211258j:image

中国

f:id:annion:20120328211257j:image

紛れもなく新品でした。

これからまた設定しなくては・・・。

2012-03-27 Nikon Fのダイヤルが格好良い

奇跡の逸品 Nikon F

Olympus OM-Dは今週末土曜日の発売ですが、なにやら3月31日には予約数が予想以上に多くて生産が間に合わないそうです。

人気あるんですね〜。

で、このカメラどのような層のかたの人気を博しているんでしょうか?

で、オリンパスのオンラインショップでは、今予約しても4月以降の順次発送になっています。

しかし、家電量販店ヨドバシカメラの力。メーカー脅してでも予約台数の確保はしているようです。

そんななか、どうしてもOM-Dのダイヤル形状がチープに見えてしまう件、どうにかならないのか?

f:id:annion:20120226232124j:image

でが多いですが、で、名機Nikon Fの登場です。

f:id:annion:20120325152344j:image

見よ、このダイヤルの精巧さ・・・全てのダイヤルに筋が入っている。

何故、こういうの作れないのか?このダイヤルですとあと1万円高くなってもいいと思う。

僕はカメラは見てくれ重視で選びます。まぁ、小さいというのも大事ですが、見てくれよければ少々大きくても我慢します。

センサーとかオートフォーカスとかどうでもいいのかと言われそうですが、しかし、あえて言いますとカメラは見てくれです。

色々と矛盾や悩みに満ちた人間が作る物というのはわりと理想に向かって一貫していて、見てくれが格好良ければ必ず中身も最高のものを作ろうとします。

物つくりには人間の崇高な部分が現れてしまいます。

このNikon Fのようにです。

で、このボディーの中にデジカメの基盤埋め込んでくれないだろうか?

と思うのは僕だけではないと思います。いいものに古いも新しいもないです。

フィルムカメラの頃はカメラは金属とガラスのニオイぷんぷんでした。そういう名機にあこがれていたのです。

で、何が言いたいのかと言うと、数十年後、デジカメの中からNikon Fのように歴史を刻む名機になるモデルが出てくるのだろうか?

やっぱり、こういうダイヤルの形状とか重要なんではないかと思います。

持っているだけで誇らしい気分になれるMade in Japan

D

2012-03-26

バナナマン的 開業マニュアル自転車屋編

自転車屋開業マニュアル

テレビで放映していました、自転車屋開業マニュアル

自転車好きが高じてお店を開店してしまう。ということは趣味が実益に繋がることで、夢一杯ですね。

そのためにはどうすればいいのか・・

自転車屋さん開業基礎情報

f:id:annion:20120325141257j:imagef:id:annion:20120325141255j:image

    • 一店舗あたりの車種別年間自転車販売台数(平成20年〜22年)
      • ホーム車:平均90台
      • シティ車:平均60台
      • スポーツ車:平均20台
      • 電動アシスト車:平均18台
      • 子供車:平均17台
      • 折りたたみ自転車:平均8台

自転車のジャンルごとの販売台数はほぼ変わらない

しかし、自転車屋店舗数は減少している

個人経営の店舗数が減少している。

f:id:annion:20120325141817j:imagef:id:annion:20120325141816j:image

店のコンセプトを明確にする

f:id:annion:20120325141950j:imagef:id:annion:20120325141949j:image

修理・メンテナンスなどアフターフォローや充実したサービスで量販店と対抗する。であるそうです。

ショップごとのイベントで新規客層の開拓をする

f:id:annion:20120325141554j:imagef:id:annion:20120325141553j:image

f:id:annion:20120325141552j:imagef:id:annion:20120325141548j:image

よくプロショップは他店購入品お断りなんて店ありますが、そういう店は新規顧客の開拓が無理ってことでしょうね。

ここらあたりはインターネット利用や様々な方法があるので腕の見せ所でしょうね。

    • 自転車屋さんの一日
      • 開店準備(自転車を道路に出す)
      • ほとんがパンク修理
      • メーカーから来た自転車の組み立て
      • ネットで情報収集とか

週に3から4台売れるか売れないかであるみたいで、自転車屋さんの一日はほとんがパンク修理なんですね。

f:id:annion:20120325142419j:image

自転車屋さん開業のための資格や許可について

特に無しです。

    • でも、あったほうがいい資格
      • 自転車技士(自転車の組み立て・調整のための技術者・・・JISマーク・SGマークのついた自転車はこの資格がないと組み立て調整は行ってはいけない)

二年間の実務経験し、実技試験と自転車の構造・安全基準の学科試験に合格する

f:id:annion:20120325142638j:imagef:id:annion:20120325142637j:image

f:id:annion:20120325142636j:image

      • 自転車安全整備士(自転車技士と同じであるが指導が可能となる)

二年間の実務経験後、実技試験と自転車の構造・安全基準の学科試験、面接試験に合格する

f:id:annion:20120325142907j:imagef:id:annion:20120325142906j:image

f:id:annion:20120325142905j:image

合格すると自転車安全整備店(TSマーク)の登録申請が可能となります。

f:id:annion:20120325143429j:imagef:id:annion:20120325143428j:image

TSマークが付いた自転車で交通事故を起こした場合、被害者側に保険がおりる・・・これポイント高いです。ピスト車や多摩川ローディー車には是非ともTSマークを。

自転車安全整備店への申請場所:日本交通管理技術協会に申請し審査を受ける

で、審査基準は店舗のレイアウトになります。

    • 審査基準
      1. 自転車安全整備士の資格
      2. 自転車整備する作業場(5平方メートル)の確保
      3. 作業場が自転車を道路から容易に持ち込める場所にある(1階ってことでしょうね)
      4. 作業場には自転車整備に必要な工具および検査器具が備え付けられてあること

f:id:annion:20120325143551j:imagef:id:annion:20120325143550j:image

f:id:annion:20120325143549j:imagef:id:annion:20120325143548j:image

自転車防犯登録所への認可

公安委員会都道府県ごとに指定した機関に加入すれば登録可能

審査基準は店舗をかまえていることで、通販専門店では許可されないです。

f:id:annion:20120325143726j:imagef:id:annion:20120325143725j:image

防犯登録は乗る人の義務であるらしいです。義務っていったって、防犯登録しても警察動きませんけどね。

立地条件

お店のコンセプトにもよりますが、自転車人口の高い県は埼玉であるようです。

人口100人あたりの自転車台数

f:id:annion:20120325144138j:imagef:id:annion:20120325144137j:image

では、自転車をオープンするのに必要な資金

立地条件:平塚駅前よりバスで8分

702万円だそうです。

f:id:annion:20120325145748j:imagef:id:annion:20120325145747j:image

f:id:annion:20120325145746j:image

自転車大好きとしては自転車で食べていくのは夢一杯です。

でも実態自転車操業といわれるもので全然夢とはかけ離れているのは事実です。

どこの世界でも厳しいのは同じですね。

田舎で暮らしたい。

2012-03-25 RAW現像・編集ソフトLightroom 4はいかに?

Adobe Photoshop Lightroom 4購入

Adobe Photoshop Lightroom 4

ちょっと気になっていました市販のRAW現像、RAWデータ編集ソフトなんですが、このたびAdobe Photoshop Lightroom 4を購入しました。

f:id:annion:20120325073100j:image

僕のノートPCはCOREi5の8Mbですが、このソフトは結構重いソフトになります。

f:id:annion:20120324205318j:image

では、好評なハイライトとシャドーの復元です。

Lightroom 4のシャドー部とハイライト部の復元

元画像

僕のようなローアマチュアはこういう写真ばかり撮ってしまうのですが・・

f:id:annion:20120324205317j:image

シャドー部とハイライト部をノイズが気にならない程度に復元

f:id:annion:20120324205313j:image

実際はこれくらの明るさでしたが、シャードー部のノイズが凄いです。

ノイズリダクションはかけていません。

f:id:annion:20120325000905j:image

ブログ程度では気になりませんし、これでノイズリダクションかけると多少ましになるかと思います。

ただ、今までハイライト部の復元って不可能だろうと思っていましたが、このソフトは色情報は飛んでしまっていますが、何があるのか程度の復元はしてくれます。

窓の外のマンションの壁は白色でマンションの壁自体が白飛びしていますのでそこまで復元は出来ません。

スライドバーで調整するのですが、だんだんとハイライト部の輪郭がでてくるあたりまさにフィルムの現像している感覚です。

で、同じ写真をPENTAX Digital Camera Utility 4でハイライト・シャドー部の復元してみました。

どんなに頑張っても時計の木目は出せませんでしたし、窓ガラスのメッシュも消えてしまいました。

立体感もありません。

ノイズリダクションはかけています。

f:id:annion:20120325085100j:image

僕のようなローアマチュアはこんな写真も撮ってしまいます。

窓の外はピンボケですが、露出が窓の外になんとなく合っています。

f:id:annion:20120325072708j:image

で、シャドー部の復元

f:id:annion:20120325072707j:image

ノイズリダクションかけました。

ここまで酷いとこんな写真は削除してしまえと言うことになります。

でも、時間はわかります。

f:id:annion:20120325072706j:image

で、PENTAX Digital Camera Utility 4でこの写真の復元は無理でした。

ノイズリダクションは最高にかけています。

f:id:annion:20120325094600j:image

PENTAX Digital Camera Utility 4は躊躇なく削除しました。

カメラ側のセンサーの性能も影響しますが、OM-Dはどんなものなのか楽しみです。

次はノイズリダクションの程度を調べてみたいと思います。

2012-03-24 ipad2・・充電できない

iPad2 充電が出来ない

iPad2の充電が出来ない

本体リセットしても何してもダメです。

f:id:annion:20120324095704j:image

充電器とコードはiPhoneでテストして問題ないのですが、アップルのサポートに電話したところ本体修理ということになりました。

疑いやすい箇所としてipad2のメインコネクタ部分

このようにデザイン的にラウンド形状になっているので

f:id:annion:20120324095811j:image

充電器側のケーブルを差し込むと半分ほど金属部分が露出してしまいます。

その分、差し込んだ状態でのホールド性はiphoneと比べて劣りますし、結構この部分は充電しながらipad使うとストレスかかります。

f:id:annion:20120324095810j:image

接点のある側は露出した金属部分側ではないので本体とちゃんと接続されているはずです。

でも充電されません。

f:id:annion:20120324100420j:image

f:id:annion:20120324101843j:image

メインコネクターのパーツ

f:id:annion:20120324095809j:image

形状的なものであるのでしたら修理してもいずれ同じ症状がでるのでしょうね。

あまりいじくるとユーザー側の過失とかになりそうなので諦めてアップルに送ることにしました。

ただ、最近はネットはipadで見ることが多いので、しばらくの間ipadが使えないのはちょっと困ります。

補足ですが、アップルのサポートの対応は大変親切でした。

2012-03-23

最近よくみるMTB系の写真がHDR(ハイダイナミックレンジ合成)な処理になっている

プロが撮影した写真はプロらしく色々と手が加えられています。

で、日本のMTB雑誌なんかでは皆無ですが、その前に日本でMTBの雑誌自体が皆無ですが、海外のMTB系の写真にはよくHDRな写真が最近多くなったような気がします。

雑誌にあるHDR写真

f:id:annion:20120322155451j:image

雑誌にあるHDRでない写真

f:id:annion:20120322171640j:image

HDRに加工してみた写真

f:id:annion:20120322171637j:image

雑誌にあるHDRでない写真

f:id:annion:20120322172331j:image

HDRに加工してみた写真

f:id:annion:20120322172348j:image

雑誌にあるHDRでない写真

f:id:annion:20120322172833j:image

HDRに加工してみた写真

f:id:annion:20120322172832j:image

HDRって面白いのでついついやっちゃうんですが、適材処理というのか、HDRは写真加工の最たるもので明らかに現実の世界ではない写真です。

言い方をかえれば雑誌のJPEG写真のコピーでもこれだけの暗部での情報が詰まっていたのかということになりますが、RAW現像からHDRすると凄いことになります。

f:id:annion:20120322162622j:image

f:id:annion:20120322163643j:image

f:id:annion:20120322163642j:image

HDRのような極端な画像処理はほんとにセンスだと思います。

望遠で富士見のダウンヒラー撮ったらHDRして遊びましょう!

2012-03-22 29erでダウンヒル

29erのダウンヒルバイクはどうなのか・・・29ers in Downhill Racing?

XCでは当たり前になってきた29erバイクでのレース参戦

THE ONLY FULL-SUSPENSION 29ER XC WORLD CUP WINNER S-Works Epic Carbon 29 XTR

f:id:annion:20120322132234j:image

2011 World Cup - XC - Nove Mesto

D

ダウンヒルではどうなのかということですが、まだこれからのようです。

The Question: 29ers in Downhill Racing?

翻訳ソフトで訳してみたところ・・・

現在、29erはリジッドやショートストロークなバイクで市場に出回っている。

では、ダウンヒルではどうなのか?

最近の極端なエクストリームマウンテンバイクの波の中でフォークやホイール、タイヤの強度が問題になっているなか、今年のワールドカップのファーストラウンドで29erのDHバイクが現れるのだろうか?

クロスカントリーの世界ではここ数年29erのバイクは投入されてきており、XCO Pietermaritzburgのような比較的単純でペダリング重視なレースにおいて、29erは確かに速かった。しかし、同じことがダウンヒルレースでも言えることなのか?

29erはペダリング重視なコースでは確かに速くなります。

仮定ではあるが、トップレーサーのAaron Gwinや他のトップライダーが今年の南アフリカワールドカップで29erなダウンヒルバイクで走れば、それは容認できるのか?あるいは「29erなバイクこそ」と考えるのか?または29erはダウンヒルレースでは禁止にするべきだと考えるのか?

Aaron Gwin

f:id:annion:20120322103614j:image

Intense、GT、Yetiに聞いています。


インテンスIntense 29er Downhill Bike Prototype

D

29erのダウンヒルバイクはいいものだと考えている。2951で2年ほどダウンヒルレースで実験を重ねており、29erのダウンヒルでは経験を持っている。また、現在M29を開発している。

インテンスは積極的で2010年より29erホイールに対応した倒立フォークであるマニトウ「ドラド」をフロントフォークにインストールした「2951」を開発しています。

f:id:annion:20120322095443j:image

また、インテンスがスポンサードしているSuspension Centerで走るFlorent PayentライダーにM29の準備をしている。

DH 29er rumours

f:id:annion:20120322112136j:image

Florent Payent

f:id:annion:20120322112802j:image

f:id:annion:20120322112800j:image

インテンスでは29erでのダウンヒルレースの参戦は実現可能な段階であるということみたいです。

またGTやYETIもスポーツにおける技術革新は必要なものであり、それがレース界を活性化するという考えを持っていて、29erDHを禁止する理由はないと答えています。

一方でGTはSkinsuits(水泳やはてはスキーのジャンプ競技でもあった競技用のスーツにおけるレギュレーションの問題)や26インチと29インチの混在は低予算のチーム運営を余儀なくされるチームや、あるいはトップレベルではないエントリーライダーにとって「持てる者と持たざる者の間でも大きな格差」が発生すると言う問題提起も行っています。UCI DHのルールの検討が必要だと言っています。

Yetiは29erがレーサーに優位性を与えるのかどうかはまだわからない、しかし、29erをレースで使用することは許可されるべきであるという意見を持っています。

クロカンレースでは26でも29でも混在して走っているのを富士見でみかけました。

あまり深いことを考えない観客としてはクロカンレースで26と29が戦うという構図はエキサイトします。

コンシューマー向けのクロカン系のバイクは29erはもう一つのジャンルになっています。

でも、一歩間違うと死んでしまいそうなダウンヒル系はまだそこまで行っておらず、機材が激しいライドに耐えうるための発展途中でもあるようです。

ボクシングや2輪レースでは体重や排気量等でレギュレーション決まっていますが、個人的には天候や気温、走行順でも順位が大きく変わってしまうダウンヒルの難しいコースに厳密なルールを適用するのって意味ないと思います。

同じコース状況はダウンヒルレースではない、サスペンションストロークもまちまち、なかにはダウンヒルバイクでないリジッドで全日本参戦する人もいます。

速く走るためのサスペンションストローク競争があったのと同じように29erが出てきたのであればレース界も盛り上がるだろうし、下り系においてホイールの径の大小でどれだけ優劣がつくのかということは見てみたい気がします。

よりテクニック勝負になるのか、より身体能力(体力・体格)勝負になるのか、興味深々です。

僕的には29erのダウンヒルは早く来いと願います。

Twenty Nine Inches

D

2012-03-21 MTBはインテンス

Intense Tracer VPだ・・ではなくてIntense Carbineになっていた

われらがインテンス

INTENSE VTOPO Crew : 2012 Acte 1でご紹介しましたが、この3月にActe 2が出てました。

で、Carbineが仲間入りです。

形とかTracer VPに似ているのでまあいいとして、Slopetyle2もあります。相変わらず綺麗な動画です。

楽しそーだねー

INTENSE VTOPO Crew : 2012 Acte 2

INTENSE VTOPO Crew : 2012 Acte 2 from Éditions VTOPO on Vimeo.

Intenseの工場見学です!

こういうところに連れて行ってもらってほしい物があれば売ってあげるよって言われたら、多分、カードで50万円くらい使ってしまって後でカード破産するんだろうなと思います。

INTENSE CYCLES USA : visite de l'usine

INTENSE CYCLES USA : visite de l'usine from Éditions VTOPO on Vimeo.

気になるのはー、最後のほうでドラドはいた29erな951あります。

いよいよDHも29erなのかなー

やっぱり、Intense最高です!

2012-03-20

レンズ用フィルター ケンコー Zeta 保護フィルター

そもそも、レンズはフィルターを付けての光学設計をしていないのでフィルター、特にレンズ保護用フィルターを付けていい利点はレンズ(前玉)を傷から保護するだけです。

特に安物の保護フィルター。

安物の保護フィルターをビデオカメラに付けて撮影したところ、光が斜めから入る普通の撮影条件でゴーストが発生しました。

特にビデオ撮影は右から左に流したりして撮影するので光が徐々にレンズに向かってくるときがあるのですが、もう見てられない映りになります。

ですから、意図的にPLフィルターやNDフィルターを付けて作画目的がない限り保護フィルターなんて付けてもいいことなんて一つもありません。

とはいいつつ僕は保護フィルター付けています。

    • 何故、保護フィルター付けるのかというと・・・
      • 一度レンズを地面に落としたことがある
      • ワンコがレンズをなめた
      • やはりレンズに傷を付けたくない
      • 絶えず保護キャップ付けるのが面倒で、保護キャップはよく無くしてしまう
      • レンズのクリニング回数を減らして前玉のコーティングをいつまでも新品のままにしておきたい
      • とっさの雨でレンズ内に水分を呼び込みたくない
      • カメラの取り扱いが結構ラフである。カメラを一日外で使ってみると結構フィルターが汚れている
    • 保護フィルターいらない
      • 夜景写真ではフィルター外したほうがいい
      • レンズの色特性が失われてしまう
      • 望遠側で使えない
      • ハーレーション・ゴーストが光の加減で影響する

で、よくよく考えてみると保護フィルターをつけなくてはいけないような絶対な理由は見当たりませんが、保護フィルター付けてしまうのはやはり傷を付けたくない、ただそれだけです。

こういう「いる、いらない」は頭の中で堂々巡りなのですが、僕はレンズ買うと保護フィルター買ってたりします。

レンズにフィルターを付ける人と付けない人、人間の性格が現れてるような気がします。

つける人

優柔不断、とりあえずが好きな人、傷が付くと魅力が半減して捨ててしまう人

つけない人

理論的な人、徹底的に物を使い倒す人

フィルターメーカーもフィルターを付けるデメリットを認めています。

で、デメリットを改善するために色々なコーティング技術を駆使して光の乱反射を抑えた高級な保護フィルターが世の中にあります。

ただ、シグマの広角レンズなんてフィルター径が82mmもあるので保護フィルターとて侮れない値段します。

多分、ケンコーのZetaなんて使うとレンズの前玉一枚の値段に匹敵するのではないかと思うと、ここでもいらないよねと思ってしまいます。

ケンコーZetaシリーズの性能

ケンコーのZetaシリーズは光の反射は片側で0.3%以下であるようです。ということはPLフィルターは0.6%以下ということなのかな?

この「以下」という文字になんか自信があるような感じがします。

ただ、0.3%がいかなるものかは分かりませんが、僕は安物保護フィルターで痛い目あっていますので、単なる保護フィルターを付けるんでしたらいいものを付けた方がいいかと思いますよ。

f:id:annion:20120320203325j:image

f:id:annion:20120320203324j:image

f:id:annion:20120320203323j:image

f:id:annion:20120320203313j:image

2012-03-19

こういう写真を見るとでかいレンズかなと思う

f:id:annion:20120320011304j:image

Nikon D3S(ISO 6400)

Barney Britton


撮影データはISO 6400だけ

フルサイズなセンサーにでかいレンズ。

あまり人物写真って興味ないのですが、見とれてしまった写真です。

このギタリストBiffy Clyroさんです。

munen_macさんに教えていただきました。

55mm,F3.5,1/320

55mmレンズなんだー

2012-03-13

フィルムカメラもいいもんだ…

f:id:annion:20120311185031j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

f:id:annion:20120311181209j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

ただ、フィルムスキャナーはあったほうがいいと思います。

それも結構いいやつ。

2012-03-12 デジカメはフィルムにはかなわない

フィルムカメラもいいもんだ…光学レンズはフィルムのためにある

写真を撮る

フィルムを現像に出す

出来ましたよという電話を受ける

写真をみてガッカリする。

物凄く個人情報をオープンにしていた時代です。

f:id:annion:20120311014958j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

f:id:annion:20120311014730j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

f:id:annion:20120311181206j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

写真をスキャンしているので解像度は著しく落ちますが侮るなかれフィルムは捨てたものではない。

デジカメはフィルムには及ばない。

デジタルか銀塩か

フィルムの解像度

今でもデジカメでなくフィルムにこだわる人が多いというのも頷けます。

それと、フィルムを巻き上げる操作が面白い

2012-03-10 銀塩カメラとは、和訳なのか?

フィルムカメラもいいもんだ

銀塩・・・銀塩(塩化銀)を感光剤に使用していることに由来する。

f:id:annion:20120310171516j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

f:id:annion:20120310171515j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

少女時代 まんせー

2012-03-09 OLYMPUS OM-D 予約してしまった・・。

OLYMPUS OM-D E-M5・・・予約した。

ヨドバシカメラで。

カメラ予約して買ったの生まれて初めて。

レンズキット。

M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mm F3.5-6.3EZっていうレンズは動画専用で使おうと思っています。

これでPentaxOlympusの二台持ち。

CanonNikonが入っていないのがおかしいだろうと思うのですが、僕はカメラは外観で買う人間なんだとつくづく思いました。

今はマグネシュームボディーばかりですが、Canonが真鍮ボディーのブラック出せば、全てを売り払ってあっさりとCanonを買うと思います。

多分、Pentaxの出番少なくなるだろうとオリンパスプラザで実機触って思いました。

そう言えばipad3が発表されたそうです。

いやipad3ではなくて「新しいipad」が正式名称です。と書いてあった。

アップルはなんか全てオブラードに包んで市場の反応楽しんで、いざ発表したのが「新しいipad」です。

ipad3でいいじゃんと思いますが。

こういうのとても「お高くとまっている」感がして笑ってしまいます。

で、何が「新しい」のかというと、Retinaディスプレイと日本ではまだまだ未対応の4G LTE

CPUApple A5X(グラフィックのみクアッドコア)というもの。

でも、出来ることってipad2となんら変わりありません。ハードがちょこっとグレードアップしました。

ipadで写真撮るくらいならiphoneで撮りますからどうでもいいのですが、500万画素だそうです。

iPad2は16GBモデルのみの販売だそうです。

2012-03-08 銀塩カメラ

Canon F-1・・・フィルムカメラもいいもんだ

ずいぶん前に友人からいただいたカメラ Canon F-1

ずっしり重くて、真鍮で、塗装が厚くて、丸くなくてカッコイイ。

f:id:annion:20120310162521j:image


フィルムは超メンドクサイですが、一枚一枚大切に撮るので真面目な人間になったようです。

f:id:annion:20120310161751j:image

Camera Canon F-1 FD35-70mm F3.5-4.5

2012-03-05 遠くの美女を確認するときに必要なRAW現像

付属のRAW現像ソフトはどうなのか・・・?OLYMPUS OM-D E-M5購入に向けての覚書5

OM-D発表後、カメラばかりです。

で、些細なことですが、RAW現像時の画質劣化がカメラ付属ソフトで顕著だ、とかあるのかと思います。

いや、些細でない事かも知れません。

JPEG:8bit

RAW:12bit

この数字の差はデカイですから。

Pentax

PENTAX Digital Camera Utility 4

f:id:annion:20120304170821j:image

Pentaxユーザーはお世話になりますが結構評判の悪いソフトです。

確かにRAWデータを加工する用途では使えないソフトなんですが、そこそこのJPEG編集ソフトとRAWデータを単に現像するソフトで、加工はカメラ本体で行ってソフト側のRAW加工はおまけ機能程度と割り切って使えばいいです。

僕はフォトショップのほうがはるかに使いやすいので使っていません。結構これ重いですし。

幸い、Pentax K-7RAW現像は独自のPEF以外にフォトショップで使えるDNG選べます。

いろいろDigital Camera Utility4の評価は価格コム等で参考になりますが、ここのサイトは写真付きでわかりやすいです。

ここではDigital Camera Utility4で現像した時とフォトショップRAW現像した時の比較を行っています。

PENTAX 645D オーナーサイト

でも、645DはちゃんとしたRAW現像ソフト付いているのかなと思ったら、同じなんですね!

あくまでも付属ソフトはRAW 現像に対応するJPEG画像管理ソフトと考えておきましょう。

で、Digital Camera Utility4単体でRAWデータをJPEG、TIFF8bit、TIFF16bitで現像した時の比較をしてみました。

オリジナル(640に縮小)

f:id:annion:20120304195309j:image

上左:JPEG、上右:RAW/JPEG現像、下左:RAW/TIFF8bit現像、下右:RAW/TIFF16bit現像

(クリックするとオリジナル表示になります)

f:id:annion:20120304195446j:image:w640

モニター上で300%拡大したときの写りですが、仕上がりみるとJPEGで現像したほうが効率的です。

サイズ的はJPEGが9.25MB、RAWファイルが15.5MB、JPEG変換ファイルが12.2MB、TIFF8bitが41.6MB、TIFF16bitが83.1MBでした。

まあ、3倍拡大なんて普通しませんが、等倍でも違いはわかりますよ。

(クリックするとオリジナル表示になります)

f:id:annion:20120304195644j:image:w640

多分、他社の有料現像ソフト使うともっと違いが顕著なのかと思います。

Olympus

OLYMPUS Viewer 2

f:id:annion:20120304170918j:image

コンデジについていたソフトがOLYMPUS Viewer 2でしたので入れてみました。

オリンパスRAWデータがないのでわかりませんが、見た目はペンタックスのほうが分かりやすいですが、操作は完全にオリンパスが上だと感じます。

どのあたりかというとペンタックスはカスタムイメージでコントラスト調整はスライドバーで、調整幅も±4段階という大雑把ですし、数値を入れられない。オリンパスは入れられるし±100段階です。

この違いはとても大きいです。フォトショップはスライドと数値入力可能ですから。

OLYMPUS Viewer 2はJPEG用とRAW用、人物写真用にインターフェイス変えています。それぞれカメラ側の機能に依存します。

こちらのほうが良いような感じがしますね。

あまり悪いレビューもありません。ただ全てのアートフィルターがRAWデータに対応というのが多いいのですが、肝心のRAW現像した時の画質劣化に関しての評価があまりないです。

ということは、PENTAX Digital Camera Utility 4のように目立つほど悪くは無いということでしょうね。

OLYMPUS Viewer 2とLightroomとの比較

OLYMPUS Viewer2の不思議

オリンパスペンタックスほど気にすることないようです。

JPEGRAW現像したJPEGでは等倍程度で違いがわかります。

通常は1600万画素もの写真データを等倍で表示させることもないでしょうが、なんといいますか街撮りとかしていると遠くの看板の文字とか、ビルの窓の中とか、陸橋を渡る人の顔とか、高層ビルの階数数えたりするときに写真の一部を600%とか普通に拡大しますので、そういうときに気になります。


RAWファイルは現像して初めて写真になりますので、それなりの画質を求めるのでしたら付属ソフトではなくてお金出してそれなりのソフト買いましょうということです。

付属ソフトに多くは求めませんが、RAWデータはメーカーごとに違うのでせめてメーカーからのRAWに特化した有料ソフトの提供があってもいいのではないかと思います。

2012-03-03 Pentaxのフルサイズの可能性

OLYMPUS OM-D E-M5・・・購入に向けての妄想 補足

Pentaxのフルサイズ機は興味のあるところです。

妄想なのでろくなこと書いていません。

おいおい・・APS-Cを使いこなせなくてフォーサーズに逃げようとしている者がフルサイズとは何事だと思うわけですが、PentaxファンとしてPentaxのフルサイズ機ってそんなこと関係なく興味深々ですよねー。

風邪の高熱で頭の中が白くなっていましたが、ようやく目の焦点も合ってきました。

同時に色々なことが熱でリセットされたところ、OM-Dの発売は3月31日だということをネットで知りました。

曜日的に土曜日ですか・・。

新製品をハンズオンする場所であるいきつけのヤマダ電機に当日デモ機が店頭に並ぶかどうかわかりませんが、デモ機あれば触って感触良ければポイント付けてレンズつきセット品を買うかと、この12mm-50mmっていうキットレンズですが、あまり魅力的とは思えないのですが、唯一電動ズームってところに惹かれています。

一定速度でズームさせるのってかなり至難の業が必要で、動画撮影に電動ズームって必要不可欠ですから。

ただ、電動ズームボタンが当たり前ですけどレンズ側にあるのと操作方法が手動ズームとなんら変わらないようなので、ここらへんいかがなものかと思います。


で、(ペンタックスのミラーレスと35mmフルサイズ機)という記事があって、この記事ではPentax Kマウントのミラーレス一眼の噂は的中であります。ですから、単純な僕はPentaxのフルサイズ機もひょっとすると近いうちにアリかなと思ったりします。

Pentaxのフルサイズに関しては、APS-C用のDAレンズはフルサイズでは使えない(ペンタックスDAレンズのうちフルサイズで使えるのは単焦点レンズ5本とズームレンズ1本)ということを考えるとネックはやはりレンズです。

しかし、(ペンタックスはフルサイズ機をずっと検討しているが、いつになるかは分からない)の記事を好意的に考えると、Kマウントのフルサイズ対応ボディー開発の可能性も少しはあるのかなと、やはり単純に思うこともあってPentaxには物凄く期待していますが・・ただ、Kマウントが使えるミラーレス機の結果、K-01のボディーが分厚くなっているように、形状が645のミニチュア版みたいだとかなりがっかりです。

また、PentaxNikon D800やCanon EOS 5Dと同じ土俵(レフレックス)で戦うとなると勝負になりません。

Nikon D800

f:id:annion:20120303011457j:image

Canon EOS 5D

f:id:annion:20120303011732j:image

そこで、フルサイズなミラーレスなんですが、PentaxがようやくK-01というAPS-Cミラーレス一眼出しましたので、この勢いに乗じて国産フルサイズカメラ初めてのミラーレス一眼Pentaxなのかなと(フルサイズ、645Dのミラーレスを検討)を読むと単純でなくても期待しますよね。

また、この(記事内容)を読んでいると近い将来フルハイビジョンから4Kになる(4K動画記録に対応したデジタル一眼レフカメラと「645D」を東芝の4K2Kの裸眼3D液晶テレビ「REGZA 55X3」と組み合わせ)ことを考えるとセンサーの高画素数化(4K解像度は4,096×2,160画素)が必項で、そのためにはフルサイズは避けられないようなこと言っています。つまり動画はさておいて、カメラたるもの静止画もいよいよTVの大画面で高解像度で鑑賞できる時代になるということでしょうね。

開発者はユーザーが求めるものの一歩先、二歩先を見ているんですねー。

4K動画記録に対応したデジタル一眼レフカメラ

天下のキャノンはすでに発表。(キヤノン、4K動画撮影可能なデジタル一眼レフカメラを2012年に発売

f:id:annion:20120303012256j:image

645D」と東芝の4K2Kの裸眼3D液晶テレビREGZA 55X3」の組み合わせ

f:id:annion:20120303011957j:image

こう思ってしまうのも(ソニーの“ミラーレス一眼”から見えてきたもの)の過去記事がなんとなくK-01の発売で現実的になってきているというもあります。

非常に素人考えですが、この記事を読むとK-01の登場でもうK-5の後継機は無いと思います。(ペンタックスがコンシューマー用一眼レフへの注力を示唆

これからはカメラとビデオの境界が無くなってくるんだと思います。

Pentaxが4Kや8Kを見据えたフルサイズミラーレス一眼EVF付き)を出せば、CanonNikonが出してないミラーレス一眼フラグシップなカメラになりますし、PentaxはQマウントレンズを作ったり結構思い切ったことしているのでフルサイズミラーレス用のレンズ作るのもやぶさかではないとおもわれます。

当然、動画の画質も問われることになるでしょうから、強力な手ぶれ補正も登場です(^-^)/

で、こういうジャンルで気になるメーカーはパナソニックソニーですが、パナソニックのカメラはチョット無理っぽいですが、すでにAPS-Cミラーレス出しているソニーはフルサイズのレフレックスカメラであるα900(国内向け生産完了)の次はフルサイズミラーレスが1番近いメーカーのような気がします。

先をこされないように早めに発表しましょう。

SONY α900

f:id:annion:20120303011243j:image

で、マイクロフォーサーズマウントのOlympus OM-Dですが、

決め手はレンズやシャッタースピードに依存しない動画も対応した「5軸手ぶれ補正」です。

しかもゆっくり歩くような低周波な手ぶれも補正してくれます。

これで、どうしても克服できない夜間や夕暮れ時の撮影がちっとはマシになると思います。

多分、肉体的にカメラを構えた状態で立ち姿勢を動かないように保持させる能力に欠けていると思われます。

広角レンズでも普通に手ぶれていますし。

この過去記事でオリンパスの関係者がプロ&ハイアマ用のm4/3機の可能性について発言ハイアマ用のカメラは実現しましたので、次はプロ用です。

オリンパスの次のm4/3機はPENシリーズのカメラになるの記事からプロ用OM-Dの可能性はある。と示唆しています。OM-D E-M5の上位機種はちゃんと戦略にあるんですね。

マイクロフォーサーズレンズでのプロ用カメラってPentaxのフルサイズカメラと同様にこれまた興深々であります。